青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

「アーティゾン美術館」のここが新しい!

2015年5月から新築工事のため休館していたブリヂストン美術館が、2019年7月に竣工。美術館の名称を慣れ親しまれた「ブリヂストン美術館」から「アーティゾン美術館」に改め,2020年1月18日の開館を待つばかりとなりました。


https://www.artizon.museum/

内外装完成施設内見会に参加してきました。23階建ての「ミュージアムタワー京橋」の低層階(1階〜6階)を占めるアーティゾン美術館、完成したばかりですので全てが新しいのですが、今日はポイントを5つに絞ってご紹介したいと思います。

「アーティゾン美術館」のここが新しい!【その1】
展示空間が広い!


6階展示室


5階展示室(中央部分は4階との吹き抜け)

6フロアから構成されるアーティゾン美術館。そのうち展示室は4階から6階の3フロア。旧ブリヂストン美術館の約2倍の展示スペースを有しています。

展示室だけでも2100屐これにエントランスロビーなどの共有スペースを含めると実に延べ面積6715屬鮓悗蠅泙后まさに巨大都市型美術館の誕生です。

「アーティゾン美術館」のここが新しい!【その2】
日本美術にも対応!





西洋絵画や日本の近代洋画がコレクションの中心と思われがちですが、雪舟の「四季山水図」(重要文化財)や江戸時代の「洛中洛外図屏風」のほか、中国絵画や陶磁器も石橋財団コレクションには含まれています。

そうした日本美術を主に展示する空間を4階に新たに設けました。写真をご覧になってお分かりのように15mの巨大な一枚ガラス(継ぎ目なし!)を採用。

ドイツのGlasbau Hahn(グラスバウハーン)社による特注品です。床からガラス面がそそり立っている作りとなっており、ここに作品が入ると一体どのように見えるか楽しみです。

「アーティゾン美術館」のここが新しい!【その3】
危険物検知ゲートシステムを導入!


3階メインロビー


危険物検知ゲートシステム

鑑賞者に安心して作品鑑賞してもらうことと作品の安全を考慮し、3Fのエレベーター前に米国エボルブテクノロジー社製の危険物検知ボデイスキヤナーを導入。

金属系の危険物を検知するだけでなく、世界初のミリ波による非金属や液体の爆発物検知機能を搭載している超優れモノです。

都心にある美術館ゆえに、万が一に備えてこれだけの設備投資を行い人と作品の安全性の確保に努めているのですね。因みに展示空間を4階から上にしたのも水害に備えてのこと。非常用発電設備は更にその上の階にあるそうです。

「アーティゾン美術館」のここが新しい!【その4】
ピクトグラムにLED!





美術館施設の案内であり、建築の重要なアクセントとなるサインシステムを、ピクトグラムをはじめオリジナルで開発。

新機軸となる極細のLEDを用いた「スリットライト」により、文字やピクトグラムを浮き上がらせ、視認性向上と同時に空間に軽やかな印象を与えています。

デザインは、東京2020オリンピックスポーツピクトグラムをはじめとし、日本科学未来館、横須賀美術館、鉄道博物館、すみだ水族館、東京ステーションギャラリーなどのCIやアートディレクションを手がけたグラフィックデザイナー廣村正彰氏が担当しています。

「アーティゾン美術館」のここが新しい!【その5】
フリーWi-Fiで情報提供!


4・5階にある「ビューデッキ」。休憩しながらスマホに充電出来ます。画像では見えませんがコンセントが椅子に複数個所ついています。


6階エントランス

館内のWi―Fi化により、アーティゾン美術館のアプリ(無料)をダウンロードすれば、鑑賞者のスマートフォンで音声ガイドや作品解説を楽しめます。

画像データや作品解説が展示されている場所に来ると端末に表示される仕組みとなっているので、アプリ自体は非常に「軽く」鑑賞の妨げにならぬようサクサクと動きます。

またアーティゾン美術館が保有する作品や展覧会に関する、多様で高精細な画 像やデータを、4Fインフォルームの端末や4F・ 5Fに設置したデジタル・コレクション・ウォール(チームラボ)で自由に観られます。



最後の小さめの展示室は、他とは違い吊り天井となっています。そう!かつてのブリヂストン美術館の展示室を思い起こさせるニクイ作りなのです。

アーティゾン美術館 開館記念展「見えてくる光景 コレクションの現在地」は、2020年1月18日〜3月31日開催予定です。

展覧会の詳細や年間スケジュール、気になる土曜講座や新たに導入される日時指定制チケットなどについては10月1日以降にあらためてご報告いたします。


アーティゾン美術館
https://www.artizon.museum/

尚、2024年には隣接する戸田建設ビルが全面的に建て替えとなり、アーティゾン美術館と合わせ「京橋彩区」という芸術特区が完成します。


左がアーティゾン美術館

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5611

JUGEMテーマ:アート・デザイン



その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

『Pen』 [ニューヨークを揺さぶった天才画家 バスキアを見たか。]

CCCメディアハウスより刊行となった『Pen(ペン) 2019年10/1号 [ニューヨークを揺さぶった天才画家 バスキアを見たか。]』を読んでみました。


Pen(ペン) 2019年10/1号 [ニューヨークを揺さぶった天才画家 バスキアを見たか。]

ここ数年日本のマスコミやwebでも頻繁に名前が取り上げられているジャン=ミシェル・バスキア(Jean-Michel Basquiat、1960年12月22日 - 1988年8月12日)の特集号です。

キース・ヘリング、バーバラ・クルーガーそしてアンディ・ウォーホルらと知り合い、当時のNYでアーティストとして精力的な活動をするものの、薬物の過剰摂取により27歳の若さでこの世を去ってしまったバスキア。


MEN SPRZ NY T(ジャン=ミシェル・バスキア・半袖)

UNIQLOのTシャツとして販売されており、身近な存在のようではありますが、バスキアの作品をまとめて観る機会はまずありません。

それ以上に、これだけ名の知れたアーティストでありながら、日本語の本が皆無というのも驚きです。(絶版となってしまったものはあります。Amazonでも探せます。)

今回発売となった『Pen(ペン) 2019年10/1号 [ニューヨークを揺さぶった天才画家 バスキアを見たか。]』は、バスキアをこよなく愛する人から、バスキアってどんな作家なの?というビギナーまで誰もが納得いく作りとなっています。

雑誌でこのレベルに持って行くのは相当大変だったことだったと容易に想像が出来ます。


バスキアを取り巻くクラブからアートシーンまでの幅広い交友関係も一目で分かります。ニューヨークの至るところで若きバスキアは「有名人」だったのです。

昨年(2018年)はバスキアが亡くなって丁度30年目にあたる年でした。日本でも映画『バスキア、10代最後のとき』が公開となり話題となりました。

それにしても、この映画でバスキアが活躍した現在とはまるで違う、混沌としたNYの様子は衝撃的でした。ああいったカオスの中から生まれた芸術がバスキアなのだと分からないと、真の理解にはつながりません。


バスキア、10代最後のとき [DVD]

Pen(ペン) 2019年10/1号 [ニューヨークを揺さぶった天才画家 バスキアを見たか。]』では、さらに踏み込んだ内容にも触れています。

バスキアがレオナルド・ダ・ヴィンチやレンブラントの手稿や絵画を本を通して目にし、大きな影響を受けたとあります。



特にレオナルドの手稿に描かれた人体の図は、バスキアの作品に直接反映されているほど傾倒していました。

こうした新たな知見に満ち溢れている『Pen』。間違いなく「買い」でしょう。サイトを見ると「デジタル版は、この号に限り2000ダウンロード限定での販売となります。」と明示されています。

ウォーホルもそうですが、この時代に活躍したアメリカのアーティストたちの作品に関する権利は異常なほど厳しいので、きっとそうせざるを得ないのでしょう。

勿論、紙媒体(雑誌)も出ているだけで終わりでしょう。これこそ早いモノ勝ちです。プレミア価格が付いてしまう前に『Pen(ペン) 2019年10/1号 [ニューヨークを揺さぶった天才画家 バスキアを見たか。]』手に入れておきましょう。


MEN SPRZ NY T(ジャン=ミシェル・バスキア・半袖)

しかし、そう考えるとUNIQLOのTシャツはとてもお得感があるように思えてきますね。

さてさて、『Pen』で知っているようで全く知らないバスキアについて予習したら、お待ちかねの「バスキア展」に出かけましょう。

そう!待望の日本初の「バスキア展」がもうすぐ六本木でスタートするのです!


Jean-Michel Basquiat Made in Japan
「バスキア展 メイド・イン・ジャパン」

会期:2019年9月21日 (土)−11月17日 (日) 
会場:森アーツセンターギャラリー
https://www.basquiat.tokyo/


宮下規久朗氏(「バスキア展」日本側監修、神戸大学教授/美術史家)

ウォーホルの本を書いたことがあり、バスキアをアカデミックに紹介をする機会ということで日本側監修のご指名を受けました。本物の作品の前に立つと凹凸がはっきりしていて、鮮烈な色が印象的です。アフリカの歴史や黒人の歴史も詰まっています。それ以前に作品の持っている力が圧倒的なので、ぜひ会場で本物を見ていただきたいです。


吉岡里帆さん(「バスキア展」音声ガイドナビゲーター/女優)

美術館には月1−2回行くこともあります。 バスキアという素晴らしいアーティストの展覧会で音声ガイドのナレーションをさせていただくことを光栄に思います。自分が音声ガイドを使う時、作品の魅力や新しい発見を聞くとワクワクします。バスキアの内面的魅力や作品のエネルギッシュさが伝わるようなガイドにしたいです。
東京会場だけでの展覧会なので、この機会を逃さずご来場いただきたいと思います。


前澤友作氏(株式会社ZOZO 代表取締役社長)

私が愛するバスキアの、日本初の大規模展覧会が開催されることを大変嬉しく思います。
作品の意味合いや創作技法などをアートに見出すことも楽しいですが、なんとなく気軽に観ていただくだけでも発見や感動があるのがバスキアの魅力でもあります。今回私が所有する作品も1点展示されます。ぜひ多くの方々に会場に足を運んでいただければと思います。生バスキア本当に凄いですから。


Jean-Michel Basquiat Made in Japan
「バスキア展 メイド・イン・ジャパン」


会期:2019年9月21日 (土)−11月17日 (日) 
会場:森アーツセンターギャラリー
https://macg.roppongihills.com/jp/
主催:フジテレビジョン、森アーツセンター
特別協賛:株式会社ZOZO   
協賛:損保ジャパン日本興亜
後援:アメリカ大使館、ニューヨーク市観光局、WOWOW
キュレーター:ディーター・ブッフハート
アソシエイト・キュレーター:アナ・カリーナ・ホフバウアー、小野田 裕子
日本側監修:宮下 規久朗(神戸大学教授/美術史家)
「バスキア展」公式サイト
https://www.basquiat.tokyo/


Pen(ペン) 2019年10/1号 [ニューヨークを揺さぶった天才画家 バスキアを見たか。]

ニューヨークを揺さぶった天才画家
バスキアを見たか。

ジャン=ミシェル・バスキアについては、インパクトのある頭部や王冠の絵、あるいはドキュメンタリーや映画を通して知っているという人も多いだろう。だが作品をじっくり見たことはあるだろうか?過去、日本での展覧会は数回きりだ。
ここ数年、欧米では画期的な回顧展が開かれバスキア再発見の機運が高まっている。なぜならシンプルで直接的に見える作品の背後にはさまざまな意味があり、黒人のアイデンティティをモチーフとした重要な作品であることが示されたからだ。
今年、待望の大規模展が日本で開かれる。バスキアを見る――いまこそ、その時だ。

<目次>
27歳で世を去った、彗星のごとき天才の生涯。
出発点は、ストリートに描いたグラフィティ
クラブからアートシーンまで、幅広い交友関係。
初期に才能を認めていた、ギャラリストの証言。
ジャズにインスパイアされて、傑作が生まれた。
差別への怒りが、黒人アスリートを描く原動力。
力強い「肖像」に込められた、意味をひも解く。
人体への関心は、幼少期に見た解剖学書から。
レオナルド・ダ・ヴィンチの手稿が、心を捉えた。
観る者を圧倒する、絵画に描かれた言葉の意味。
憧れであり友であった、ウォーホルという存在。
日本との意外な関係を知る、大展覧会が開催。


Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5610

JUGEMテーマ:アート・デザイン



読書 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

「ぐるっとパス」で芸術の秋を満喫しましょう。

東京を中心とする95の美術館・博物館等の入場券・割引券が1冊にまとまったお得なチケットブック「ぐるっとパス」。


https://www.rekibun.or.jp/grutto/

使い方はとっても簡単です。美術館・博物館の窓口他で「ぐるっとパス」を購入したその日から利用可能。面倒な手続きは一切要りません。

有効期限は、最初に利用した日から2ヶ月間。1日に3,4つの展覧会掛け持ちしてもよし。2か月かけてじっくりと観てまわるのもよし。使い方は自由自在。

1冊2200円でほぼ全ての展覧会が無料(もしくは割引)で見られます。今日は、この秋に開催される展覧会の中からおススメ展をピックアップ。

以下の展覧会全て「ぐるっとパス」だけで入場できます。


特別展「高麗茶碗」
会期:2019年9月14日(土)〜12月1日(日)
会場:三井記念美術館
http://www.mitsui-museum.jp/


リニューアル記念特別展「桃源郷展」
会期:2019年9月12日(木)〜11月17日(日)
会場:大倉集古館
https://www.shukokan.org/


特別展「朝倉彫塑館の白と黒 CONTRAST:Color, Material and Texture」
会期:2019年9月7日(土)〜12月15日(日)
会場:朝倉彫塑館
http://www.taitocity.net/zaidan/asakura/


「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」
会期:2019年10月5日(土)〜12月15日(日)
会場:パナソニック汐留美術館
https://panasonic.co.jp/ls/museum/


「東洋文庫の北斎展」
会期:2019年10月3日(木)〜2020年1月13日(月・祝)
会場:東洋文庫ミュージアム
http://www.toyo-bunko.or.jp/museum/museum_index.php


アジアのイメージ―日本美術の「東洋憧憬」
会期:2019年10月12日(土)〜2020年1月13日(月・祝)
会場:東京都庭園美術館
https://www.teien-art-museum.ne.jp/


「線の迷宮〈ラビリンス〉 齋藤芽生とフローラの神殿」
会期:2019年10月12日(土)〜12月1日(日)
会場:目黒区美術館
https://mmat.jp/


「入門 墨の美術−古写経・古筆・水墨画−」
会期:2019年8月31日(土)〜10月14日(月・祝)
会場:静嘉堂文庫美術館
http://www.seikado.or.jp/


「チェコ・デザイン 100年の旅」
会期:2019年9月14日(土)〜11月10日(日)
会場:世田谷美術館
https://www.setagayaartmuseum.or.jp/
※割引でした。


「美人画の時代―春信から歌麿、そして清方へ―」
会期:2019年10月5日(土)〜11月24日(日)
会場:町田市立国際版画美術館
http://hanga-museum.jp/

意外と知られていないことですが、「ぐるっとパス」は数年前から都内の美術館・博物館だけでなく、近郊の埼玉、千葉、神奈川エリアでも利用できるようになりました。

ちょっと足をのばして横浜や千葉も「ぐるっとパス」片手にお出かけしましょう。


「不思議の国のアリス展」
会期:2019年9月21日(土)〜11月17日(日)
会場:そごう美術館
https://www.sogo-seibu.jp/common/museum/


「ミュシャと日本、日本とオルリク」
会期:2019年9月7日(土)〜10月20日(日)
会場:千葉市美術館
http://www.ccma-net.jp/
※半額でした。

以上、この秋おススメの「ぐるっとパス」だけで観られる展覧会(都内の展覧会10、東京近郊の展覧会2)をご紹介しました。

自分のあまり興味関心のない展示にも「ぐるっとパス」のおかけで観に行けることができ、新たな発見があること多々あります。


https://www.rekibun.or.jp/grutto/

食べ物と同じで好き嫌いせずにアートも幅広く観ていきましょう。「ぐるっとパス」をお伴に!


美術展ぴあ2019-2020 (ぴあ MOOK)

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5609

JUGEMテーマ:アート・デザイン



その他 | permalink | comments(1) | trackbacks(0)

「Musee du ももクロ(ミュゼ・ドゥ・モモクロ)」」に出演しました。

ももいろクローバーZのメンバーがアートについて掘り下げるテレ朝動画で配信中の番組「Musee du ももクロ(ミュゼ・ドゥ・モモクロ)〜アートの学びをデザインする〜」に出演しました。


https://www.tv-asahi.co.jp/museedumomoclo/

「Musee du ももクロ」とは?!

ももいろクローバーZ(百田夏菜子、玉井詩織、佐々木彩夏、高城れに)の各メンバーがMCになり、「芸術」における様々なジャンルを探求、リポート。

各ジャンルにおける有識者と共に現場を訪れたり、メンバーの興味の赴くまま自由に、各ジャンルの入口を、補助線を引くように分かりやすく解説。アートの魅力を味わい、学び、真剣に語ります。




今回は都内で開催中の3つの展覧会を、ももクロの佐々木彩夏さん、モデルの高橋ユウさん、テレビ朝日アナウンサーの池谷麻依の3人の美女に交じり黒一点的な存在で出演しています。

こちらで予告動画が見られます。
https://www.tv-asahi.co.jp/douga/museedumomoclo/62

今回訪れた展覧会は以下の3つ。それぞれ別個の動画番組として配信中です。単話でも視聴可能なので気になる展覧会があれば是非!!

東京オペラシティアートギャラリー
ジュリアン・オピー展



"省略の美"で知られる、ジュリアン・オピーの展覧会。最後に佐々木彩夏さんが何とオピー風の作品を描きます!
https://www.tv-asahi.co.jp/douga/museedumomoclo/63

真夏に撮影だったので、オピーのTシャツを着て行きました。

東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
みんなのレオ・レオーニ展


小学校2年生の国語の教科書にも掲載されている超有名絵本「スイミー」の原画に一同大興奮!まさに大人も子どもも楽しめる展覧会です。

https://www.tv-asahi.co.jp/douga/museedumomoclo/64

来年から新しい建物へ移転する損保ジャパン美術館での最後の特別展の様子やゴッホの「ひまわり」などはこちらで紹介しています。

https://www.tv-asahi.co.jp/douga/museedumomoclo/65

三菱一号館美術館
マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン展


他の美術館は担当学芸員さんが案内してくれましたが、三菱一号館美術館は高橋明也館長直々にお出ましに。

初めて展覧会を観たモデルの高橋ユウさんのリアクションが「フォルチュニ展」で最高潮に達しています。


https://www.tv-asahi.co.jp/douga/museedumomoclo/66

高橋明也館長が、ももクロの佐々木彩夏さん、モデルの高橋ユウさん、テレビ朝日アナウンサーの池谷麻依の3人を満面の笑みでエスコートしている姿をとくとご覧あれ。

地上波やBSで展覧会を紹介する番組よりも確実に面白く分かりやすい「Musee du ももクロ(ミュゼ・ドゥ・モモクロ)」」
https://www.tv-asahi.co.jp/museedumomoclo/

今回ご一緒した、ももクロのあーりんこと佐々木彩夏さんは美術にとても造詣が深く、様々な展覧会へも個人的に通っているほどのアート通です。

自分が一部執筆した『「フェルメール展」公式ガイドブック」でも見開きでフェルメールへの想いについて、驚くほど深く、そしてしっかりと語っています。

『フェルメール展』公式ガイドブック (AERAムック)

「ジュリアン・オピー展」「レオ・レオニ展」「フォルチュニ展」とそれぞれ全くタイプの違う展覧会を一緒に観てまわり、佐々木彩夏さんのアートに対する見識の深さを肌で感じ取りました。

一枚の作品を前にして有り体の感想しか中々言えないものですが、あっと驚くような発言が矢継ぎ早に出てきます。頭の回転がとても早く、お仕事ではなく本当にアートが好きなんだな〜と感じました。佐々木さん本も書けるのでは?!

「Musee du ももクロ」動画コンテンツにしておくのは勿体ないです。テレ朝さん地上波とはいかないまでも、まずBSで放送して下さい。もっともっと多くの方に見てもらいたいです。


取材後に拙著『いちばんやさしい美術鑑賞』を佐々木彩夏さんに差し上げました。いつか読んでくれることを願い。

「Musee du ももクロ(ミュゼ・ドゥ・モモクロ)」」
https://www.tv-asahi.co.jp/museedumomoclo/

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5608

JUGEMテーマ:アート・デザイン



お知らせ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

「浮世絵とスポーツの和」

千葉市美術館で開催中の
「ZOZO×CHIBA FRIENDSHIP DAY」企画第1弾「浮世絵とスポーツの和」に行って来ました。



http://www.ccma-net.jp/

株式会社ZOZOによる現代浮世絵の展示が千葉市美術館1階さや堂ホールにて開催されています。

千葉市プロスポーツ3球団(野球の千葉ロッテマリーンズ、サッカーのジェフユナイテッド市原・千葉、バスケットボールの千葉ジェッツふなばし)に所属する人気選手を現代の浮世絵師・三巴彫ひろ氏が描いた作品を中心に展示。



スポーツ球団とのコラボ浮世絵の他にもこれまで三巴彫ひろ氏が手掛けてきた現代版浮世絵が展示されています。

初めて拝見しましたが、とてもウィットに富んだ作品ばかりで観ていて飽きさせません。



彫師でもあるということで、とりわけ刺青の入った人物像は迫力満点です。

ここ数日何かと話題の株式会社ZOZOですが、千葉市に本社を置くだけでなく千葉のスポーツと積極的にコラボし、こうしたイベントを無料で開催してくれるのはとても有難いことです。


昇竜と対峙するお風呂用おもちゃのアヒルがとってもいい感じです。


ZOZOTOWN内でコラボアイテムも期間限定販売しています。(会場では販売していません)
https://zozo.jp/search/?p_tpcsid=1014437

千葉市美術館で開催中の「ミュシャと日本、日本とオルリク」展、新収蔵作品展「蕭白と鉄斎、一村と魁夷−収集をめぐるいとなみ」と併せて是非!

「浮世絵とスポーツの和」展、入場は無料です。

頑張れZOZO!!


「浮世絵とスポーツの和」

開催期間:2019年9月14日(土) 〜 9月16日(月) 
開催時間:10:00〜18:00(14日のみ20:00まで)
開催場所:千葉市美術館1Fさや堂ホール
千葉県千葉市中央区中央3−10−8
入場料:無料
来場者特典:各日先着100名に千葉市3球団浮世絵オリジナルポストカードをプレゼント



<千葉市美術館 河合正朝館長のメッセージ>
千葉市美術館は、浮世絵から現代美術までを継続的にコレクションしています。さや堂ホールで今回、現代の浮世絵師である三巴彫ヒロ氏の原画が展示されることは、美術館のファンにとっても市内3球団のファンにとっても興味深い試みだと思います。美術館の所蔵作品は、市民の財産でもあります。文化財はそれを安全に保存することも重要ですが、見て頂くこと、知って頂くためにも有効な活用が望まれます。
この度は展示会場としての協力でしたが、ZOZOとは、作品を活用したコラボレーションを展開するなど、今後とも協力関係を続けていければ幸いと思います。


JUGEMテーマ:アート・デザイン



Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5607

続きを読む >>
展覧会 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)