弐代目・青い日記帳 

  
TB&リンク大歓迎です!
トークバトル 展覧会大総括2017
千代田区立日比谷図書文化館 日比谷コンベンションホールで開催された「日本美術応援団+西洋美術応援団トークバトル 展覧会大総括2017」に行って来ました。


http://www.museum-cafe.com/event20171212

山下裕二先生(日本美術応援団団長)と高橋明也館長(西洋美術応援団幹事長)によるトークイベント。司会進行はフクヘン。こと鈴木芳雄氏。

まず初めに、今年(2017年)に開催された展覧会の中で、入場者数の多かったベスト20が発表されました。

皆さんはいくつ観に行かれてますでしょうか。

【2017年開催展覧会 来場者数ランキング】

1位:「ミュシャ展」
2位:「国宝展」
3位:「深海2017」
4位:「運慶展」
5位:「草間彌生展」
6位:「マリー・アントワネット展」
7位:「怖い絵展」(開催中)
8位:「バベルの塔」展(東京)
9位:「アルチンボルト展」
10位:「大英自然史博物館展」
11位:「ボストン美術館の至宝展」
12位:「N・S・ハルシャ展」
13位:「バベルの塔」展(大阪)
14位:「怖い絵展」(兵庫)
15位:「北斎ー富士を超えてー」
16位:「ラスコー展」
17位:「ヨコハマトリエンナーレ」
18位:「茶の湯展」
19位:「安藤忠雄展」(開催中)
20位:「平安の秘仏展」

※美術館・博物館で開催したもののみで集計。廣済堂調べ。


このランキングを見ながら、高橋明也館長、山下裕二先生が、NHKの番組などでは決して言えない本音トークを繰り広げました。

期待していなかったけど、観に行ったらとても良かった展覧会として「N・S・ハルシャ展」を山下先生があげたり、観に行けなかったけど「アルチンボルト展」は良かったと高橋館長が熱く語ったりと、このまま90分話し続けるのではないかという勢い。


会場は大入り満員でした。

登壇者の2人が今年気になった(良かった)展覧会をそれぞれ発表していきます。ここからがまた面白いんです。

まずは、高橋明也館長のお気に入る展覧会から。

・「シャセリオー展」
・「よみがえる画家−板倉鼎・須美子展」
・「遥かなるルネサンス」
・「江戸の琳派展」
・「安藤忠雄展」
・「狩野元信展」
・「装飾は流転する」
・「北斎とジャポニスム展」
・「パリ・グラフィック展」
・「オルセーのナビ派展」



続いて、山下裕二先生の今年良かった展覧会。

・「N・S・ハルシャ展」
・「海北友松展」
・「不染鉄展」
・「運慶展」
・「池田学展」
・「驚異の超絶技巧展」
・「長沢芦雪展」
・「THE ドラえもん展」



壇上の話者と会場の聴講者が一体となっている感が半端ないのが、このトークイベントの一番大きな魅力かもしれません。

みな「うんうん。」と首肯しながらこの一年で出会った素晴らしい展覧会を反芻しているようでした。



フクヘン。こと鈴木芳雄氏の今年一年を振り返る4つのテーマは中々興味深いものがありました。

2017年 アートシーントピックス

1:地方芸術祭の当たり年
2:アーティストの個人美術館オープンラッシュ
3:日本の名品海を渡る
4:天正遣欧使節関連展マイブーム



あっと言う間に90分が過ぎてしまい、来年(2018年)の注目展覧会は駆け足で紹介。

来年も見逃せない展覧会続々です!

帰り際に出口でクリスマスプレゼントとして、封筒にランダムに入れられた展覧会チケットを頂きました。「熊谷守一展」のチケットを自分はゲット!もう一度どうしても観に行きたかったので有難かったです。

愉しいここだけでしか話せないトークが聴けて、さらにプレゼントまでもらえる超お得なイベントでした。来年も是非開催してください!


日経おとなのOFF 2018年 01 月号 (3大付録:フェルメールクリアファイル、美術展ハンドブック、名画カレンダー)


芸術新潮 2017年 12 月号 特別付録:芸新手帳2018

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=4948

JUGEMテーマ:アート・デザイン



| イベント | 23:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
ルーブル・アブダビが508億円で落札されたダビンチの「救世主」を展示
2017年11月15日。ニューヨークのクリスティーズで競売にかけられたレオナルド・ダ・ヴィンチ幻の名作「Salvator Mundi(救世主)」。

総額およそ4億5000万ドル、日本円にして約508億円で落札され、世界中の話題となりました。

史上最も偉大で有名なアーティストの1人が描いたサルバトール・ムンディは、イタリアのルネサンス期の巨匠が描いた20点に満たない現存絵画の1つ。1500年前後の作とされ、救世主キリストの半身像を描いた油絵で、正面を向いて流れるような青と深紅のローブをまとっている。この人物は左手に水晶球を持ち、右手を上げて祝福を与えている。
「男性版モナリザ」が508億円 幻のダ・ヴィンチ作品が史上最高額で落札

現存するダ・ヴィンチ作品が10数点しかないことを考えれば、これくらいの額になってもおかしくありません。

オークション終了後に真っ先に話題となったのは、金額ではなく、落札者は誰?!という点でした。ソフトバンクの孫さんの名前もあがるなか、ニューヨーク・タイムズは12月6日、落札者はサウジアラビアの王族だったと報じました。


Leonardo’s Salvator Mundi restored – timelapse video

3日後の12月9日に、アブダビの文化観光局は、レオナルド・ダビンチの傑作「サルバトール・ムンディ(救世主)」を獲得したと公式に発表しました。

過去100年で最高級の美術的再発見とたたえられるこの作品は、ダビンチのもう1つの傑作で現在ルーブル美術館から借り受けている「ミラノの貴婦人の肖像」とともに、ルーブル・アブダビ(Louvre Abu Dhabi)に展示するそうです。


レオナルド・ダ・ヴィンチ「ミラノの貴婦人」1496年 - 1497年頃
ルーヴル美術館蔵

美術館は、2017年12月21日開幕するオープン特別展「From One Louvre to Another: Opening a Museum for Everyone(1つのルーブルからもう1つへ:あらゆる人に向けた美術館の開館)」の準備も進めています。

展示会は18世紀パリのルーブル美術館の歴史をたどり、3つのセクションに分けられ、ルイ14世下のベルサイユの王室コレクション、アーティストの王宮と化したルーブルのアカデミーとサロンの常連、最終的なルーブル美術館の創設を観覧することができる展覧会です。

展示会では重要な絵画、彫刻、装飾美術、その他の作品約150点が展示されるが、その大半はルーブル美術館のコレクションで、ベルサイユ宮殿からのものも含まれています。


Louvre Abu Dhabi
https://www.louvreabudhabi.ae/en

ルーブル・アブダビについて
ルーブル・アブダビ(Louvre Abu Dhabi)(http://www.louvreabudhabi.ae/ )はサアディヤット島(http://www.saadiyatculturaldistrict.ae/ )にあるユニバーサルミュージアムで、文化の交流と多様性をたたえるため、古代から現代に至る美術品と工芸品を展示している。フランスの建築家ジャン・ヌーベル氏が設計したこの美術館は、23のギャラリーを擁するアラブ・マディーナ(シティー)、企画展スペース、子ども美術館、ホール、レストラン、売店、調査センターで構成されている。海に囲まれており、ビジターは美術館の見事なドームの下のプロムナードを歩き、ヌーベル氏の魅惑的な「光の雨」を体験することができる。それは旅行者が出会ったUAEの貴重なオアシスの重なり合うヤシの木蔭にヒントを得たという。

展示作品は世界中の文明に由来するもので、普遍的なテーマと同様の影響を強調するために集められた。これは、異文明の作品をはっきり区別する多くの既存の西側美術館からの脱却を意味している。ルーブル・アブダビのテーマは力の描写、神の肖像、未知の土地の探検、グローバリゼーションの夜明けなど。ルーブル・アブダビはこれまで、個別作品、シリーズ、コレクションを含む620点以上を取得した。その一部は、フランスの主要美術機関13カ所から借り受けた作品300点とともに展示される。

ルーブル・アブダビは2007年、アブダビ、フランス両国の政府間協定によって誕生した。協定は「ルーブル」の名前を30年間使用できること、常設コレクションの増加に伴い徐々に減少させながらフランス機関の芸術作品を10年間借用すること、15年間にわたる仮設展示の予定を規定している。



レオナルド・ダ・ヴィンチ論』 (ちくま学芸文庫)

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=4947

JUGEMテーマ:アート・デザイン



| その他 | 23:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
「国立美術館オリジナルカレンダー」を今年も注文しました。
昨年、一昨年に引き続き今年も「国立美術館オリジナルカレンダー」を注文してみました。


https://www.comody.jp/nma/

「国立美術館オリジナルカレンダー」は、月ごとの作品を自分で選べるカレンダーです。パソコンやiPhone、スマホの画面で好きな作品を選び簡単に注文出来ちゃいます。

日本に5つある国立美術館=東京国立近代美術館(千代田区)、京都国立近代美術館(京都市)、国立西洋美術館(台東区)、国立国際美術館(大阪市) 、国立新美術館(港区)が所蔵する作品約160点の中から12か月分(または6か月分)をまず選びます。



国内作家、海外作家、写真、工芸、ミュージアム(建物)に分類された160点の中から自分の部屋に飾りたいものを12点選びます。

クリックするだけですから簡単です。


今年(2017年)の6月は、福田平八郎《雨》1953年 東京国立近代美術館 でした。

この選ぶ作業がとにかく楽しいんです。季節にあった作品にするのもよし。逆に季節感は無視して自分の好きな作品を12枚選ぶのもよし。

選んだ後で、確認画面が出ます。そこで入れ替えも簡単に出来ます。



世界遺産に認定されたので、国立西洋美術館の特徴的な内観の写真を加えてみたりと、自分の好みで12か月が作れるのが何よりも嬉しいポイントです。

カレンダーの種類も壁掛けタイプ(大判サイズ、A4サイズ)と卓上タイプから選べます。

そうそう、昨年までの作品に加え、今年は新たに20点の作品が追加登録されました。数年前に購入された東京国立近代美術館のセザンヌも今年から登場です。



来年(2018年)はこのラインナップに決めました!

1月:東山魁夷《たにま》1953年 東京国立近代美術館
2月:茂田青樹《虫魚画巻(部分)(アザミ)》1931年 東京国立近代美術館
3月:小林孝亘 《House Dog》1995年 国立国際美術館
4月:セザンヌ、 ポール《大きな花束》1892-95年 東京国立近代美術館
5月:カルロ・ドルチ《悲しみの聖母》1655年頃 国立西洋美術館
6月:ヤノベケンジ 《アトムスーツ・プロジェクト タワー3》2002年 国立国際美術館
7月:河井_次郎《草花扁壺》1952年 京都国立近代美術館
8月:東京国立近代美術館工芸館 内観 撮影:アロートワークス
9月:クロード・モネ《セーヌ河の朝》1898年 国立西洋美術館
10月:ヴォルス 《版画集『ヴォルス』より 船》1962年 国立国際美術館
11月:加山又造《春秋波濤》1966年 東京国立近代美術館
12月:竹内栖鳳《春雪》1942年 京都国立近代美術館



https://www.comody.jp/nma/

送り先を自分以外にも設定できるので、この時季、プレゼントとしても最適です。

今年のカレンダーももうすぐ、役目を終えますが、日本国内の印刷工場で高画質でプリントしているので、使い終えた後も、絵を切り抜いてデスク脇に飾るなど、利用範囲はぐんと広がります。



都内の印刷所でひとつひとつ丁寧に作られます。以前、オルセー美術館展のオリジナルカレンダーも注文し、作ってくれた同じ印刷屋さんでした。

印刷屋さんに突撃取材を敢行し、実際にオーダーを受けてからオリジナルカレンダーが完成するまでの過程を紹介したレポートはこちらです。
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=3695

めちゃめちゃ丁寧に、ひとつひとつ「手作り」しているのお分かりかと。今回の「国立美術館オリジナルカレンダー」も同じように丁寧に作製・梱包され発送されます。


https://www.comody.jp/nma/

世界に一つだけのオリジナルカレンダー。来年もまた素敵な一年になりますように。

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=4946

JUGEMテーマ:アート・デザイン




Art Gallery 2018 Calendar
| その他 | 21:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
行くぜ東北!びゅうたび総選挙 投票キャンペーン 北東北編
ライターが実際に旅した文化や歴史そしてその土地ならではの美味しいものなどを紹介する旅するメディア「びゅうたび

行くぜ東北!びゅうたび総選挙 投票キャンペーン 北東北編が12月8日からスタートしました。


https://cp.viewtabi.jp/story/4435

あなたが行ってみたい旅を選んで投票するだけ。

1位の旅に投票された方の中から抽選で1組2名を1位の旅と同じコース(JR交通費+宿泊費)がプレゼントされます。


https://cp.viewtabi.jp/story/4435


エントリーされている6つのコースの中に、自分が体験しレポートを書いた「青森で現代アートを満喫する旅」も含まれています。

青森県立美術館と十和田市現代美術館の素晴らしさを伝える「青森で現代アートを満喫する旅」。

FacebookまたはTwitterで簡単に投票(いいね、ツイート)出来ます。是非是非清き一票を宜しくお願い致します。
https://cp.viewtabi.jp/story/4435

青森アートの旅へ出かけましょう!!
びゅうたびの記事には掲載しなかった写真を紹介しておきますね。


奈良美智「Miss Forest/森の子
青森県立美術館


青森県立美術館のスタッフの衣装はミナ ペルホネンなんです!!


青森といえば、「わだばゴッホになる」棟方志功


津軽三味線の生演奏を聴ける津軽じょっぱり漁屋酒場
http://marutomisuisan.jpn.com/isariya-tugaru/


今年(2017年)から写真撮影がOKとなった十和田市現代美術館
http://towadaartcenter.com/


十和田市現代美術館のどこかにいます。


美術館の周辺にもアート作品がたくさんあります。(右の建物は公衆トイレです!)




https://cp.viewtabi.jp/story/4435

行くぜ東北!びゅうたび総選挙 投票キャンペーン 北東北編
2017年12月8日〜2018年1月15日

個性派ライターが紹介する旅の中で行ってみたい旅に投票しよう。1位の旅に投票された方の中から抽選で1位の旅と同じコースをプレゼント!あなたが行ってみたい旅はどれ?FacebookまたはTwitterで参加可能です。


十和田、奥入瀬 水と土地をめぐる旅

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=4945

JUGEMテーマ:アート・デザイン



| その他 | 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
不動行光が約40年ぶりに展示!「上杉家の名刀と三十五腰」展を見逃すな!!
佐野美術館で「上杉家の名刀と三十五腰」展が2018年1月より開催となります。


http://www.sanobi.or.jp/

鎌倉時代以来の上杉家秘蔵の名刀が一堂に会す、初の展覧会です。

今までほとんど人の目に触れることのなかった名刀の数々を新春の三島で!


国宝 短刀 銘 備州長船住景光/元亨三年三月日 〈謙信景光〉 鎌倉時代(1323) 埼玉県立歴史と民俗の博物館蔵 撮影/要史康【展示期間:1月7日(日)〜2月5日(月)】


重要文化財 太刀 銘 一〈姫鶴一文字〉 鎌倉時代 米沢市上杉博物館蔵【展示期間:1月7日(日)〜1月24日(水)】


重要文化財 太刀 銘 守次 附 黒革包太刀拵 〈般若の太刀〉 鎌倉時代末期 文化庁蔵【展示期間:1月26日(金)〜2月18日(日)】

栃木県佐野市ではなく、静岡県三島市にある佐野美術館は、粒ぞろいの仏像や陶磁器他美術工芸品を有していますが、とりわけ日本刀のコレクションで有名な美術館です。

日本刀好きなコアなファンに密かに愛されていた佐野美術館ですが、「刀剣乱舞-ONLINE-」のヒットにより一躍注目される美術館となりました。

広報みしま12月1日号では、平成30年1月7日(日)から開催の佐野美術館展覧会「上杉家の名刀と三十五腰」、そしてこれに合わせて開催するPCブラウザ&スマホ向けゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」とのコラボレーション企画を特集!表紙を本ゲームの"刀剣男士"たちが飾ります。
佐野美術館だけでなく、三島市も日本刀展と刀剣乱舞のコラボを全面的にバックアップし盛り上げることに一役かっています。


重要美術品 短刀 銘 吉光 〈五虎退〉 鎌倉時代 個人蔵

【特別展示】

短刀 銘 行光 〈名物 不動行光〉 鎌倉時代 個人蔵

約40年ぶりに展示されるそうです!!
「特別展示 名物 不動行光」2018年1月7日(日)〜2月18日(日)

「上杉家の名刀と三十五腰」展では、戦国の雄 上杉謙信が、御堂参詣の際に腰にした短刀や、天皇や将軍から贈与をうけた刀剣の数々。その跡を継いだ景勝が、秀吉から厚い信任の証しとして賜った鑓。逼迫する米沢藩の財政を立て直した鷹山の愛刀などが一堂に会します。

「刀剣乱舞-ONLINE-」がらみでは、五虎退と不動行光(2018/1/7〜2/18)、 謙信景光が(2018/1/7〜2/5)公開となります。

これは三島まで観に行く価値ありありですね。


泥足毘沙門天立像 鎌倉時代 法音寺蔵

静岡県三島市って遠そうに感じるかもしれませんが、東京から新幹線こだま号で1時間かからずに到着しちゃう距離です。熱海のちょい先程度です。

また、佐野美術館は素晴らしい日本庭園もお持ちです。展覧会を観たあとはこちらを散策してみましょう。少し時間に余裕を持たせて計画すると良いかもしれません。
http://www.sanobi.or.jp/teien/

刀剣ファンも、歴史ファンそして、とうらぶファンも必見の展覧会です。


上杉家の名刀と三十五腰

開催期間:2018年年1月7日(日)〜2月18日(日)
開館時間:10:00〜17:00(入館の受付は16:30まで)
休館日:木曜日
会場:佐野美術館
http://www.sanobi.or.jp/
主催:佐野美術館、文化庁、三島市、三島市教育委員会
後援:静岡県教育委員会
助成:三島信用金庫
協賛:伊豆箱根鉄道株式会社


日本刀の美しさがわかる本【オールカラー文庫】

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=4944

JUGEMテーマ:アート・デザイン



| 展覧会告知 | 22:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 素敵な時間を楽しむ』(世界文化社)好評発売中です。


青い日記帳(編集)『美術展の手帖』小学館より発売中です。


青い日記帳「出前ブログ」連載中


gooいまトピ連載中

朝日マリオン・コム「ぶらり、ミュージアム」


山下裕二&井浦新トークショー


青い日記帳コラボグッズ

「展覧会に出かける前に準備しておきたい5つのこと。」

「展覧会を何十倍も楽しむために心がけたい5つの秘訣。」

フェルメールへの招待
國學院大學文学部教授の小池寿子先生監修。不肖私(Tak)が編集と一部執筆しました。詳細はこちら

【展覧会レビュー】
山口晃 平等院養林庵書院奉納襖絵
ゴッホの幻の「ヒマワリ」
黒田記念館リニューアルオープン
日本美術ちらし寿司
「オスカー・ニーマイヤー展」
「ディン・Q・レ展:明日への記憶」
特別展「白鳳」
「森本美由紀展」
「クレオパトラとエジプトの王妃展」
「メカニックデザイナー 大河原邦男展」
「青樹うめ展」開催!
「藤田美術館の至宝 国宝 曜変天目茶碗と日本の美」
「伝説の洋画家たち 二科100年展」
「動きのカガク展」
「ボルドー展」
「シカゴ ウェストンコレクション 肉筆浮世絵」開催!
「芸術の秋」、「琳派の秋」。
特別展「蔵王権現と修験の秘宝」
「teamLab Exhibition, Walk Through the Crystal Universe」
特別展「生命大躍進」
「SHIBUYA」
「琳派と秋の彩り」
「箱根で琳派 大公開〜岡田美術館のRIMPAすべて見せます〜」
あなたは五姓田義松を知っていますか?
「風景画の誕生展」
「国宝 一遍聖絵」が全巻全段展示されます!
美術館でコスプレ!
Ingress(イングレス)でミュージアム巡り。
2015年、都内で観られる西洋絵画の展覧会
プロが選ぶ「2014年 ベスト展覧会」
かみさんが選ぶ「2014年 ベスト展覧会」
2014年 展覧会ベスト10


パリ行って来ました
オランダ行って来ました
 

BLUE HEAVEN(本館)

『文藝春秋』に寄稿しました。

『AERA』に載りました。

「マウリッツハイス美術館展公式ガイドブック」編集・一部執筆しました

「ザ・シネマ」に寄稿しました。

トークショーに出演しました

日経に掲載されました

朝日新聞に掲載されました

再び日経に掲載されました

「美連協ニュース」寄稿

『アートコレクター』で紹介されました

Yahoo!カテゴリ絵画に登録されました

+ CATEGORIES
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
moon phases
 
   
+RECOMMEND
  
ロマネスク美術革命 (新潮選書)
ロマネスク美術革命 (新潮選書) (JUGEMレビュー »)
金沢 百枝
11~12世紀のロマネスクこそは、ヨーロッパ美術を大きく塗りかえる「革命」だった。宮廷文化から民衆文化への流れのなかで、知識より感情を、写実よりかたちの自由を優先する新たな表現が、各地でいっせいに花ひらく。古代ギリシア・ローマやルネサンスだけがスタンダードではない。モダン・アートにも通じる美の多様性を、豊富な図版を例に解きあかす。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
若冲の描いた生き物たち
若冲の描いた生き物たち (JUGEMレビュー »)
小林 忠,小宮 輝之,湯浅 浩史,佐々木 猛智,本村 浩之,秋篠宮 文仁
若冲と学研がコラボした画期的な若冲本!レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
叢 小田康平の多肉植物
叢 小田康平の多肉植物 (JUGEMレビュー »)
小田 康平
「人の間にあるサボテン−自由な美しさ、見たことのないトーン。自然と人との関わり、その不思議を小田康平さんは知っている。とても豊かだ」レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ)
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ) (JUGEMレビュー »)
岡田 裕子,阿部 謙一,松下 学
現代美術家岡田裕子が主宰、会田誠顧問による謎の人形劇団「劇団★死期」の伝説の公演を小説化。アートの知識を楽しく学べる児童文学。

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
名画のネコはなんでも知っている
名画のネコはなんでも知っている (JUGEMレビュー »)
井出 洋一郎
ゴッホ、ミレー、ゴーギャン、ゴヤ、ルノワール、歌麿、北斎、国芳などの天才画家たちの思想を、まさかのネコ目線でひも解く、新感覚な名画解説書。
+RECOMMEND
  
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ) (JUGEMレビュー »)
オノユウリ
アートに囲まれて働く美術館学芸員。優雅な職業のイメージだけど、実際は日々、ドタバタの連続なのです!? 展覧会の舞台裏から、学芸員のお仕事のリアルまで。美術館の知られざる一面を描くコミックエッセイ!
+RECOMMEND
  
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556)
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556) (JUGEMレビュー »)
山本 聡美
腐敗し白骨化してゆく亡骸の様子を克明に描く「九相図」。仏教とともに伝来し、日本に深く根を下ろしたこの図像には、生と死、そして肉体の無常をめぐるいかなる想いが秘められているのか。豊富な図版とともに探る。
+RECOMMEND
  
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル)
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル) (JUGEMレビュー »)
谷口 ジロー
ルーヴル美術館とビッグコミックオリジナルの共同企画。オールカラー豪華版。
+RECOMMEND
  
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス)
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス) (JUGEMレビュー »)
黒田 いずま
美術館で働く学芸員の近江さん。個性豊かなメンツが解説、展示、監視などの仕事を通して、日々様々な工夫をしながら楽しく来館者をお出迎えする日常をユーモラスかつ鋭いツッコミで描いた作品。
+RECOMMEND
  
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡 (JUGEMレビュー »)

普段は単眼鏡で済ませていますが、どうしても隅々まで観たい作品の場合はこの双眼鏡を使ってます。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書)
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書) (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
美術史の実践方法が最後にまとめられています!世界が変わる、名画の見方。前作「西洋美術史入門」からさらに一歩奥へ。池上英洋 著

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection)
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection) (JUGEMレビュー »)
川端 康雄,加藤 明子
夏目漱石をイチコロにしたウォーターハウスの文学性と蠱惑的な魅力を余すところなく紹介!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福 (JUGEMレビュー »)
池永康晟
日本画の異才“池永康晟”がベールを脱ぐ!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
すゞしろ日記 弐
すゞしろ日記 弐 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
画家・山口晃のエッセー漫画第2弾。

面白きことも無き世を、面白く!

画家・山口晃の“どーでもいいけど楽しげなこと”満載
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
OLYMPUS ダハプリズム防水単眼鏡 ギャラリースコープ Monocular I 6×16
OLYMPUS ダハプリズム防水単眼鏡 ギャラリースコープ Monocular I 6×16 (JUGEMレビュー »)

観劇・美術鑑賞・セミナーなどの知的シーンや、コンサート会場・ファッションショーなどで大活躍!
軽いのでいつも持ち歩いています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫)
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
宮下規久朗
宮下規久朗先生の最新刊!絵画に描かれた代表的な「モチーフ」を手掛かりに美術を読み解く、画期的な名画鑑賞の入門書。カラー図版150点を収録した文庫オリジナル。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工 (JUGEMレビュー »)

「これ一冊で日本美術を鑑賞する際の知識が全て揃う」
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
アイテムで読み解く西洋名画
アイテムで読み解く西洋名画 (JUGEMレビュー »)
佐藤 晃子
西洋絵画を鑑賞する際に必要となる宗教画,神話画の50のアトリビュートを紹介。ありそうで無かった絵画ファン待望の一冊。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術鑑賞手帳
美術鑑賞手帳 (JUGEMレビュー »)

美術鑑賞の楽しみをさらに広げるこれまでになかった手帳です。ミニガイドと書き込み式の鑑賞の記録ページが一緒に。

自分もお手伝いさせて頂きました。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
画家の食卓
画家の食卓 (JUGEMレビュー »)
林 綾野
画家たちが楽しんだ26のレシピを再現。クレー、フェルメール、セガンティーニ、メムリンクの暮らしと創作現場を巡る旅。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い (JUGEMレビュー »)
サンディ ネアン
とかく扇情的に扱われる美術品盗難。だが実際は、麻薬や犯罪に絡む危険な裏社会と結びつく場合が多い。事件に巻き込まれた学芸員の立場からその実態を訴え、問題点を考察する一書。 レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
江戸の献立 (とんぼの本)
江戸の献立 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
福田 浩,松井 今朝子,松下 幸子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻))
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻)) (JUGEMレビュー »)
長岡 龍作
法隆寺金堂内陣は、普段は大変暗い上に太い円柱に加え、金網が廻らされており、その詳細はなかなか見ることができません。今までに撮影された写真も鮮明さということでは満足のゆくものではありませんでした。今回は最新の撮影技術により、南面(正面)のみならず、北面(背面)からも撮影。その結果、全く見たことがない写真を目の当たりにすることになりました。仏像の質感と量感、豊かな色彩に感嘆し、感動をおぼえる一冊となっています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
山口晃 大画面作品集
山口晃 大画面作品集 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
8年ぶり、待望の最新作品集。11月26日発売!予約しないと!!

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本)
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
山本 勉,ヤノベ ケンジ,橋本 麻里,みうら じゅん
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
知識ゼロからのキリスト教絵画入門
知識ゼロからのキリスト教絵画入門 (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
池上英洋先生が易しく紐解く『聖書』の世界。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
芸術家の家: 作品の生まれる場所
芸術家の家: 作品の生まれる場所 (JUGEMレビュー »)
ジェラール=ジョルジュ ルメール,ジャン=クロード アミエル
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
フェルメールへの招待
フェルメールへの招待 (JUGEMレビュー »)

不肖・私がフェルメール30作品の解説執筆と全体の編集に携わった一冊です。オールカラーB5版。96ページから成る、これまでにないフェルメールパーフェクトガイドです。主に「フェルメール初心者」に向け丁寧に噛み砕いた表現で綴られているので、美術の専門用語を知らずともフェルメール作品について一通りの知識を得ることが出来ます。

お手に取って頂ければ幸甚です。よろしくお願い致します。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件 (JUGEMレビュー »)
レニー ソールズベリー,アリー スジョ
来歴さえあれば、たとえ贋作でも「ほんもの」になる。詐欺師は驚くべき方法で美術史を捏造した。美術界を震憾させた事件を追うドキュメンタリー。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース)
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース) (JUGEMレビュー »)
林 綾野
林綾野さんの待望のフェルメール本!レビュー&インタビュー→こちら
+RECOMMEND
  
ヴァチカン物語 (とんぼの本)
ヴァチカン物語 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
塩野 七生,藤崎 衛,石鍋 真澄
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
野兎の眼
野兎の眼 (JUGEMレビュー »)
松本 典子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105 (JUGEMレビュー »)

掌に収まる単眼鏡は、必要なときにサッとポケットなどから取り出して使える便利な、美術館・博物館必須アイテム。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術のことば案内
日本美術のことば案内 (JUGEMレビュー »)
日高 薫
レビュー→こちら
日本美術鑑賞の際に、よく出てくる言葉を満載。絵画、彫刻、工芸品などの具体的な写真をふんだんに使い紹介
+RECOMMEND
  
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS

 1/969PAGES >>

このページの先頭へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...