青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

「日本絵画の隠し玉」

大倉集古館で開催中の
「日本絵画の隠し玉〜大倉コレクションの意外な一面〜」展に行って来ました。


https://www.shukokan.org/

歴史ある大倉集古館の展覧会にこれまでほとんど出なかった(中には一度も出品されなかった)稀品をまとめて紹介する展覧会です。

狩野派や近世近代絵画の優品を多く所蔵する大倉集古館では極めて珍しい企画展。大倉集古館学芸部顧問(館長代行)として安村敏信先生が着任したからこそ実現しました。


二代葛飾戴斗「鐘馗図」1830年

安村敏信先生といえば先日まで江戸東京博物館で開催されていた「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」も担当されていました。

7月7日から山口県立美術館で、9月12日からはあべのハルカス美術館で開催されます。
https://kisai2020.jp/


「日本絵画の隠し玉展」展示風景

現在、大倉集古館で拝見できる「日本絵画の隠し玉〜大倉コレクションの意外な一面〜」にも、ユニークな作品が数多く出ています。

何故、今まで「お蔵入り」し陽の目を見なかったのか、考えれば考えるほど実に勿体ない作品ばかり。


虫太平記絵巻」江戸時代 18世紀

画像は小さくて分かりにくいのですが、太平記の登場人物が虫として描かれている絵巻です。非常にお金がかけられた美しい作品で、それ相応の身分の方が手元で広げ楽しんだものでしょう。

楠木正成は立派な?カマキリの姿をしています。現在の「昆虫」という枠には入らない蛇なども虫として登場。人物を具に特定していくと当時の人々のイメージも分かるかもしれません。

擬人化された虫ばかりに目が行きがちですが、風雨の様子など風景もとても丁寧に描かれています。これ本にしたら売れるんじゃないですかね。


「日本絵画の隠し玉展」展示風景

個人的に惹かれたのは、山口雪渓「十六羅漢図」。16幅すべて展示されいたのも迫力ありますし、1点1点それぞれ筆が走っていて見応え十分。

羅漢の顔もエグイし、一緒に描かれている動物たちも長谷川派から学んだとは思えない特有の表現をみせます。


山口雪渓「十六羅漢図」江戸時代 17〜18世紀

隠し玉展で本当に隠し玉に出会えると嬉しくなります。尤も、このエグミが際立ち過ぎているがゆえに、これまでの大倉集古館での展示にはまずだされなかったのでしょう。16幅全て展示したのも今回が初めてなのかしら。

この他にも、左右で大きさや絵が違う「扇面散らし屏風」や、絶対周文ではない伝周文の「寒山拾得図」(おかしなポーズ取っています)などなど。

大倉集古館の蔵の奥の奥から引っ張り出してきたような、珍品=名品がずらり。


扇面散らし屏風」江戸時代 17世紀

ただし、面白い作品が多いだけではないのがこの展覧会の魅力でもあります。

幕末から明治にかけ活躍し当時は大変名の知れた絵師だった塩川文麟など、現在ではすっかり忘れ去られてしまった絵師たちの作品を観ることが出来ます。

フリーア美術館やボストン美術館には沢山所蔵されている塩川文麟ですが、日本国内の展覧会ではあまりお目にかかる機会がありません。

そうした意味での稀品、珍品、名品を一挙公開している蔵出し展。安村先生自ら記したキャプションも読みごたえあります。

「日本絵画の隠し玉展」は7月26日までです。コロナの影響でこれまた会期が短くなってしまっています。すぐにでも観に出かけましょう。


「日本絵画の隠し玉〜大倉コレクションの意外な一面〜」

会期:2020年6月2日(火)〜7月26日(日)
2020年6月27日(土)〜7月26日(日)
開館時間:10:30〜16:30(入館は16:00まで)
休館日:毎週月曜日:6/29(月)、7/6(月)、7/13(月)、7/20(月)
会場:大倉集古館
https://www.shukokan.org/
主催:公益財団法人 大倉文化財団・大倉集古館

次回は大倉集古館の王道を行く展覧会です。こちらはこちらで楽しみですね。

企画展「近代日本画の華〜ローマ開催日本美術展覧会を中心に〜」
会期:2020年8月1日(土)〜9月27日(日)



『江戸絵画の非常識―近世絵画の定説をくつがえす』 (日本文化 私の最新講義)
安村敏信(著)

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5909

JUGEMテーマ:アート・デザイン



続きを読む >>
展覧会 | permalink | comments(0) | -

「ソール・ライター展」アンコール開催決定!

新型コロナウイルスの影響を受け、Bunkamuraザ・ミュージアムの「永遠のソール・ライター」展が会期途中で閉幕となってしまいました。

個人的に大好きで応援していた展覧会だったのでとても残念で仕方ありませんでした。憤懣遣る方無いとはまさにこのことか!と地団駄踏んでステイホームしていました。

「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」展


ソール・ライター 《セルフ・ポートレート》 1950年代、ゼラチン・シルバー・プリント
ⒸSaul Leiter Foundation

ところが、今日になり急遽「ソール・ライター展」のアンコール開催が決定したとの連絡を受け、欣喜雀躍。思いもよらぬ知らせに出先で思わず大声を張り上げてたことは内緒です。

アンコール開催
「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」


開催期間:2020年7月22日(水)〜9月28日(月) 
※8/18(火)・9/8(火)のみ休館 
開館時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)
※金・土曜日の夜間開館はなし。
会場:Bunkamura ザ・ミュージアム
https://www.bunkamura.co.jp/museum/
主催:Bunkamura、読売新聞社
協賛・協力等:
[協力]ソール・ライター財団
[企画協力]コンタクト


『永遠のソール・ライター』
小学館


『永遠のソール・ライター』より。

ソール・ライターの「再発見」が特殊なのは、1950年代からファッション写真の第一線で活躍しながら、1980年代に商業写真から自ら「引退」を表明し、忘れ去られたこと。

更に、驚くことは83歳になってから再び脚光が当たり、今の大ブームへと結びついているところにあります。

きっかけは、この一冊の写真集でした。


『Early Color』
Saul Leiter (著), Martin Harrison (著)

2006年、ドイツの出版社シュタイデルから出版された『Early Color』は異例の大ヒットとなります。

一躍彼は「カラー写真のパイオニア」として、世界の注目を浴びることになり、見事「復活」を遂げるのです。

3冊の「ソール・ライター写真集」

「井津由美子 “Saul Leiter: In Stillness” 出版記念 写真展」開催


ソール・ライター 《バス》 2004年頃、発色現像方式印画
ⒸSaul Leiter Foundation

さて、東京で中止となってしまい巡回先の京都展も一日も開催できなかった「永遠のソール・ライター」展。

こちらも多くの方からの開催を望む声に応え、来年2021年2月13日(土)〜3月28日(日)美術館「えき」KYOTOにて、開催決定しました。

詳細は追って公式サイトにアップされるそうです。
https://kyoto.wjr-isetanco.jp/museum/


ソール・ライター 《赤い傘》 1958年頃、発色現像方式印画
ⒸSaul Leiter Foundation

「私は有名になる欲求に一度も屈したことがない。自分の仕事の価値を認めて欲しくなかった訳ではないが、父が私のすることすべてに反対したためか、成功を避けることへの欲望が私のなかのどこかに潜んでいた。」

「いちばん良いものがいつも見えているとは限らない。美術の歴史は、偉大なものが放置され無視され、粗悪で平凡なものが賞賛されてきた歴史なのだ。」

「重要なのは、どこである、何である、ではなく、どのようにそれを見るかということだ。」


心に響く:写真家ソール・ライターの言葉


ソール・ライター 《帽子》 1960年頃、発色現像方式印画
ⒸSaul Leiter Foundation

アンコール開催
「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」


開催期間:2020年7月22日(水)〜9月28日(月) 
※8/18(火)・9/8(火)のみ休館 
開館時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)
※金・土曜日の夜間開館はなし。
会場:Bunkamura ザ・ミュージアム
https://www.bunkamura.co.jp/museum/

復活!ソール、京都へ。
「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」

開催期間:2021年2月13日(土)〜3月28日(日)
会場:美術館「えき」KYOTO
(京都駅ビル内ジェイアール京都伊勢丹7階隣接)
https://kyoto.wjr-isetanco.jp/museum/


ソール・ライター 《『Harper's BAZAAR』》 1959年2月号、発色現像方式印画
©Saul Leiter Foundation

アンコール開催、復活開催を許諾して下さったソール・ライター財団と関係者の皆さまに感謝感謝です。

日本美術をこよなく愛したソール・ライターの没後、2014年に財団が設立された際、「日本での回顧展開催」が大きな目標だった財団が途中閉幕を余儀なくされた我々の気持ちを汲み、展覧会の開催を快諾してくれたおかげで、このたび、急遽アンコール開催が決定いたしました。

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5908

JUGEMテーマ:アート・デザイン



続きを読む >>
展覧会告知 | permalink | comments(0) | -

「画家が見たこども展」

三菱一号館美術館で開催中の
「開館10周年記念 画家が見たこども展―ボナール、ヴュイヤール、ドニ、ヴァロットン」に行って来ました。


https://mimt.jp/kodomo/

西洋絵画の世界では幼子イエスやキューピットがしばしば描かれていたので、子どもが絵画に登場するのは特段珍しいことのように感じないかもしれません。

ただそれは神話やキリスト教の世界のこと。日常生活を営むフツーの子どもが登場するようになったのは17世紀、風俗画が多く描かれるようになってからのことです。


ウジェーヌ・カリエール「病める子ども」1885年
パリ、オルセー美術館蔵

そもそも「子ども」という概念が生まれたのもまだそれほど昔のことではありません。

子供は長い歴史の流れのなかで、独自のモラル・固有の感情をもつ実在として見られたことはなかった。〈子供〉の発見は近代の出来事であり、新しい家族の感情は、そこから芽生えた。

フィリップ・アリエス『〈子供〉の誕生―アンシァン・レジーム期の子供と家族生活



今回の展覧会では、中世から近代への移行期における「子ども」の存在に関しては触れずに、近代化を成し遂げた19世紀末パリで主に描かれた子どもの作品が主体となっています。

主に、ボナール、ヴァロットン、ドニ、ヴュイヤールらナビ派の画家たちが描いた子ども像は、今の我々がイメージするものとほぼ同じ。難しいことは抜きにして鑑賞できます。

ただし、子どもはいつの時代でも「恐ろしい」ものです。その視点を忘れずに「子ども展」を観て行くのが大切です。


『恐るべき子供たち』

「画家が見たこども展」展覧会の構成は以下の通りです。

プロローグ:「子ども」の誕生
1:路上の光景、散策する人々
2:都市の公園と家族の庭
3:家族の情景
4:挿画と物語、写真
エピローグ:永遠の子ども時代



ピエール・ボナール「乳母たちの散歩、辻馬車の列」1897年
ボナール美術館蔵

コロナ禍前に訪れたので、時間をかけ会場をゆっくりと3周しました。

興味深いことに、それぞれで気になる作品が変わってくるのです。また感じ方にも変化がみられました。通常の展覧会ではあまりこうしたことは起こりません。

同じ人間が同じ日に観て違いが生じるのですから、他の人と比べれば猶更です。作品リストにどの作品に惹かれたかチェック入れながら鑑賞し、カフェでお茶しながら語り合うにうってつけの展覧会です。


モーリス・ブーテ・ド・モンヴェル「ブレのベルナールとロジェ」1883年
オルセー美術館蔵

第1章にあるこのとてもインパクトのある作品。どことなく変であるゆえに気になり、ついつい見入ってしまいます。

直立不動でまるで仁王像のように立つ兄弟。折角描くのですからもう少し洒落たポーズでも取らせるのが普通ですよね。これだとなにも野外にいる必要はありません。

と思い、背後や足元に描かれている風景に目をやると結構丁寧に表現されていることが分かります。それにしても地平線が高いですね。

そして右の子が手に持つ植物(一本の枝)が全体のバランスを図るのか崩すのかどちらとも受け取れる微妙な役割をになっています。


モーリス・ドニ「子ども部屋(二つの揺りかご )」1899年
個人蔵(モーリス・ドニ遺族)

モンヴェル作品とは場所が離れていますが、このドニの作品も二人の子どもが横並びに描かれ、縦横のラインが画面上に活かされています。

一見何の関連性もないような作品も観る視点やキーワードを持ちながら鑑賞していると、見えなかった糸が急に繋がり、電気が走るような感動を受けます。

3周目に「2人の子ども」というテーマを勝手に設定し、「子ども展」を拝見すると新たな発見の連続でとても刺激的でした。皆さんもどうぞお試しあれ!


ピエール・ボナール「歌う子どもたち(シャルルとジャン・テラス)」1900年
ボナール美術館寄託D


エドゥアール・ヴュイヤール「乗り合い馬車」1895年頃
ハマー美術館蔵

世界巡回展としてこの後、ボナール美術館(南仏・ル・カネ)へ巡回する予定だった「画家が見た子ども展」ですが、再来年以降に展覧会を延期となったため、東京での展示期間が当初より大幅に延びました。

6月7日終了予定でしたが、何と9月22日(火・祝)まで開催されることに!

コロナ禍にあって色々と大変ですが、大幅会期延長は非常に嬉しいことです。違う感動を得るためにまたあらためて観に行きたいと思います。


あやちょと巡る。画家が見たこども展
https://radiotalk.jp/program/37484

和田彩花さんに話しかけられながら美術館巡りができる「あやちょと巡る。画家が見たこども展」。コロナ禍前までは、三菱一号館美術館 館内限定で聴けるコンテンツでしたが、どこでも聴けるように設定変更となっています。

勿論無料です。パソコンやスマホで聴けるので予習にピッタリです!

「画家が見た子ども展」は会期延長となり9月22日までです。是非是非〜〜


「開館10周年記念 画家が見たこども展―ボナール、ヴュイヤール、ドニ、ヴァロットン」

会期:2020年9月22日(火・祝)まで
※当初の会期:2月15日〜6月7日
※延長分の会期:6月9日〜6月21日(日)→9月22日
開館時間:10:00〜18:00 
※会期延長内での夜間開館は全て中止させて頂きます。
休館日:月曜日(但し、祝日・振替休日、6/29、7/27、8/31は開館)
※会期延長内での「トークフリーデー」は設けないことにさせて頂きます。
会場:三菱一号館美術館
https://mimt.jp/
主催:三菱一号館美術館、ボナール美術館、日本経済新聞社
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
協賛:大日本印刷
協力:日本航空、ヤマトグローバルロジスティクスジャパン株式会社


ミュージアムショップ「Store1894」内に大人も子どもも楽しめるガチャガチャが設置されています。

おススメは、こども展サコッシュとこども展ピンズです!!


『かわいいナビ派』
高橋 明也 (著), 杉山 菜穂子 (著)

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5907

JUGEMテーマ:アート・デザイン



続きを読む >>
展覧会 | permalink | comments(0) | -

アートなエコバッグ

容器包装リサイクル法の改正により、2020年7月1日よりレジ袋の有料化が義務付けられることになりました。

スーパーでの買い物はもうエコバック利用なれましたが、コンビニも1日からレジ袋もらえなくなるのはちょっと面倒です。


https://www.loqi.jp/

レジ袋削減により、廃プラスチックの削減がどれだけ進むのかイマイチ疑問な点は残りますが、意識向上につながることは間違いありません。

当たり前のことがそうでなくなる時こそ意識改革の時です。


LOQI(ローキー) エコバッグ Museumコレクション"ゴッホ/星月夜" (VG.SN)

折角なので、アートなエコバックを使うことにしました。「LOQI」ミュージアムシリーズはミュージアムショップやデパートなどでもよく見かけます。

西洋絵画から浮世絵まで種類も豊富で、お値段も1000円ちょっととお安いのもポイントです。


LOQI(ローキー)エコバッグ Museumコレクション"フェルメール/真珠の耳飾の少女" (JV.GI)

LOQI(ローキー)のエコバッグ ミュージアム コレクション
【仕様】
縦:約69cm(袋部分:約42cm、持ち手部分:約27cm)
幅:約50cm
付属の「ジッパー付きポーチ」:約11.5cm×11.5cm
耐荷重:20kg
持ち手が6.5cmと幅広



スーパーでの買い物にも全く問題なく対応できる大きなサイズ。使わない時は小さく折り畳んで付属のポーチに収納。

鞄の片隅やポケットに入る程のコンパクトサイズになります。スーツケースに入れて旅行先で荷物が増えた時にも使っています。

そういえば、最初にこの商品を見つけたのは確かトラベルグッズコーナーでした。


LOQI(ローキー) エコバッグ Museumコレクション"モンドリアン/赤黄青と黒のコンポジション" (PM.CO)

そしてもう一点嬉しいことに撥水加工もされているので、雨の日も心配無用。

好きなアート作品のエコバッグをその日の気分で変えてもいいですね。これだけ種類が豊富だと、あれもこれも欲しくなってしまいます。


普段はこんなにコンパクトになります。

エコバック需要を見越して同じような商品も見かけますが、LOQI(ローキー)の上をいくものはありません。

気軽にファッショナブルにエコバッグを使ってもらおうと2012年ドイツ(ベルリン)で生まれたLOQI、丈夫で使い勝手がよく、そしてアート愛に溢れています。


LOQI(ローキー) エコバッグ Museumコレクション 抱擁(GK.TF)

さぁ、どのエコバッグにしましょうか。お手頃価格なので2,3つまとめて買って街へ繰り出しましょう〜(海外旅行また行けるようになった暁にも!)

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5905

JUGEMテーマ:アート・デザイン



その他 | permalink | comments(0) | -

「ピングー展」開催!

「ピングー展」が、松屋銀座8階イベントスクエアにて2020年8月12日(水)より開催されます。


http://www.pingu.jp/40th/

スイスの映像作家オットマー・グットマンによって誕生したストップモーション・アニメーション。

1980年に「ピングー」の原型となるテストフィルムが制作されてから40周年を迎えました。2017年10月からは13年ぶりの新作となって「ピングーinザ・シティ」がNHK Eテレで放送され話題となりました。



1990年以降、TVシリーズは世界155以上の国と地域で放送され、ペンギンの男の子「ピングー」と仲間たちが繰り広げるあたたかでユーモアある物語は、世界中の人々に愛されています。

個人的にもピングーは大好きで、職場の机の上にはぬいぐるみやスタンプなどピングーグッズで溢れています。



「ピングー展」以下の構成を予定しているそうです。今から楽しみですね〜

(1)エントランス
ピングーのオリジナルアニメーションでお客様をお出迎え!南極に住むピングーと仲間たちの世界にご案内します。

(2)第1章 ピングー誕生秘話
原作者のオットマー・グットマンにまつわるエピソードや制作資料や絵コンテやなどの初公開資料を展示します。オットマーとスタジオのスタッフがどのようにしてピングーを生み出していたのかを紹介します。

展示物:オットマー直筆の字コンテやメモ表、絵コンテ、クレイフィギュアやジオラマ、パイロット版映像など



(3)第2章 ピングースタジオとピングーのこだわり
ワンシーンを再現したジオラマやピングースタジオで使用していた撮影台の模型を展示し、制作過程や撮影方法を紹介します。

また、ピングーと仲間たちの無邪気で多彩な表情を集めた「ピングー百面相」や、アフレコシーンを映像で展示し、「表情」と「声」という3DCGアニメにも引き継がれている「ピングーのこだわり」を紹介します。

展示物:クレイ人形やジオラマ、撮影台の模型、クレイ制作に使われた道具や資料、撮影フィルム、ピングー百面相(ピングー顔のフィギュアと仲間たちの表情集)、アフレコ収録シーン映像など

(4)第3章 クレイの部屋
ピングーの伸縮自在で愉快な体の動きは、クレイならではの特性を活かした表現で、物語をより豊かにしている要素の一つです。グーンと伸びたり、平たく潰れたり、自由に表現された体の動きを「時間オブジェ」として紹介します。

また、作品を彩るクレイの小道具も展示し、ピングースタジオのスタッフ手作りのクレイを一堂に展示します。

展示物:時間オブジェ(変形するクレイフィギュア)、小道具やのクレイ作品、ピングースタジオの内部映像など



ピングーアニメ公式サイト:
http://www.nhk.or.jp/anime/pingu/
ピングーキャラクターサイト:
http://www.pingu.jp/
ピングー公式Instagram:
https://www.instagram.com/pingu_jp/
Instagramアカウント名:@pingu_jp

「40周年記念 ピングー展」

主催:ピングー展実行委員会
期間 2020年8月12日(水)〜8月24日(月)
時間:営業日、開場時間は松屋ウェブサイトをご覧ください。
※最終日は17:00閉場
※入場は閉場の30分前まで
会場:松屋銀座 8階 イベントスクエア
所在地:東京都中央区銀座3-6-1
URL:http://www.pingu.jp/40th

画像クレジット (C)2020 JOKER

ピングー展 アートディレクター 祖父江慎さんコメント(本展の展示構成・メインビジュアル制作担当)

スイス、イギリス、日本へと国境を越えて作り続けられているピングーの初の本格的な展覧会です。

なぞのピングー語、コミカルな動きとストーリー、落ち着くことのないユーモアの原点にたっぷり触れていただけるように時間や笑いを丁寧に分解して、ハッピーに展示いたします。

撮影に使われたたくさんの本物ピングーとともにお待ちしていますので、ぜひ遊びに来て下さいね。

祖父江慎



ピングーをさがせ!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5906

JUGEMテーマ:アート・デザイン



続きを読む >>
展覧会告知 | permalink | comments(0) | -