弐代目・青い日記帳 

  
TB&リンク大歓迎です!
「ランス美術館展」
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館で開催中の
「フランス絵画の宝庫 ランス美術館展」に行って来ました。


http://www.sjnk-museum.org/

さえないフジタの作品がチラシに使われているのでスルーしようかな〜と思いましたが、「マラーの死」別バージョンが出ていると知り新宿まで。

歴代のフランス国王が戴冠式を行った大聖堂のある古都ランスは、今ではシャンパンの街として名を馳せています。

展覧会はいつでもそうですが、チラシや公式サイトに出ていない素晴らしい作品が待っていることがほとんど。やはり足を運んでみないと良し悪しは判断できません。

今回も同様にこんな素敵な作品と出会えることが出来ました。


ヨーゼフ・シマ「ロジェ・ジルベール=ルコント」1929年

Joseph Sima (1891〜1971)はチェコ生まれ、プラハで活動した後パリへ出てブルトンやエルンストなどといったシュルレアリスムの作家たちと交流した画家です。

「宇宙と人間との関係をめぐるシマの抒情的なヴィジョンが表現されている」とキャプションにあった言葉が余計にこの未知の画家の魅力を増幅させました。

これは生涯忘れられない作品となることでしょう。


ジャック=ルイ・ダヴィッド(および工房)「マラーの死
1793年7月13日以降
油彩、カンヴァス

ブリュッセルのベルギー王立美術館にあるオリジナル作品は観たことがあったのですが、こちらは初めて。

書き込まれている文字が違うとのこと。これはあとで何がどう違うのか調べてみようと思います。ベルギーで観た時もそうでしたが、思っていたよりも意外と小さく見える作品です。

取り合えず、この2点だけ観られただけでも十分に元は取れました。歴史のある美術館ですので他のコレクションも充実しており、見ごたえあります。


モーリス・ドニ「魅せられた人々」1907年
油彩、カンヴァス

三菱一号館美術館で開催中の「オルセーのナビ派展」で主役級の存在感を魅せるドニの優品。こちらは横幅が120cmもある大きな作品。

ベニスの風景を描いたものなのでしょうか。中央の男性が悪目立ちしていますが、観ているうちに気にならなくなり周辺に目が向くようになります。

展覧会の構成は以下の通りです。

1.国王たちの時代
2.近代の幕開けを告げる革命の中から
3.モデルニテをめぐって
4.フジタ、ランスの特別コレクション
「平和の聖母礼拝堂」のための素描



テオドール・シャセリオー
とらわれの女」1845-1850
バンクォーの亡霊」1854-1855

こちらも現在開催中の「シャセリオー展」から抜け出してきたような作品です。「シャセリオー展」で「バンクォーの亡霊」を観たかったな〜と思いつつもここで出会えたご縁に感謝。

2枚とも惹かれましたが特に左の作品はかなり魔性的な美しさを湛えています。

こうした珍しい西洋絵画に出会えることに加え、この展覧会ではランス市に縁の深いレオナール・フジタ(藤田嗣治)の作品群が後半に待ち構えています。

何十点という数の藤田作品がずらり。その中には、ランス市内にあるフジタの発案で建てられた「平和の聖母礼拝堂」の内壁を飾るフジタによるフレスコ画とステンドグラス。一度は訪れてみたいアートスポットです。

その「平和の聖母礼拝堂」のために描かれた素描も出ています。紙にボールペンで描いた作品の線に全くの迷いやブレガありません。


ポール・ゴーギャン「バラと彫像」1889年
油彩、カンヴァス

失礼を承知でよく「これは良いモネだね。」とか「うーーんモネにしてはいまいちな作品かな。」なんてことを思いつつ作品を観ていますが、このゴーギャンに関していえば「やったーー大当たり〜」と小躍りしたくなるほどの優品です。

バラの花びら一枚一枚の配色がそれぞれ微妙に違うところがたまりません。「好きな色で塗りなさい」と言い放っただけのことはあります。

「オルセーのナビ派展」に「シャセリオー展」と展覧会がそれぞれ横につながった時の心地よさは何とも言えないものがあります。

「ランス美術館展」は6月25日までです。大きな展覧会目白押しの中これ穴場です。間違いなく。


「フランス絵画の宝庫 ランス美術館展」

会期:2017年4月22日(土)〜6月25日(日)
開館時間:午前10時〜午後6時(入館は閉館30分前まで)
休館日:月曜日(祝日・振替休日の場合は開館)
会場:東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
http://www.sjnk-museum.org/
主催:東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館、東京新聞
協賛:損保ジャパン日本興亜
後援:在日フランス大使館 / アンスティチュ・フランセ日本
協力:エールフランス航空、G.H.マム
企画・監修:ランス美術館
企画協力:ブレーントラスト


感動! の美術展・美術館 (日経ホームマガジン)

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=4699

JUGEMテーマ:アート・デザイン



注:会場内の画像は主催者の許可を得て撮影したものです。
続きを読む >>
| 展覧会 | 23:52 | comments(0) | trackbacks(2) |
GW中に特別開館する都内の展覧会。
今年のゴールデンウィークは曜日の並びがよく上手く有給を取れば1週間丸々お休みなんてことも可能。普段仕事が忙しくて中々展覧会を観に行けない方にとってGWはお目当てのものをまとめて観られる好機です。



通常休館日としている美術館・博物館の多い月曜日・火曜日ですが、連休中の5月1日(月)と2日(火)は特別開館する展覧会が随分と多くあります。

書き入れ時ですので、休んでいる場合じゃないですよね。展覧会によっては開館時間を延長し対応するところもかなりあります。

都心の展覧会だけですが、以下まとめてみたのでご参考になさってください。なお詳細は各美術館や展覧会公式サイトで確認してください。

「茶の湯展」
東京国立博物館

5月1日(月)開館。
金曜・土曜は午後9時まで、日曜は午後6時まで開館。ゴールデンウィーク期間中の4月30日(日)、5月3日(水・祝)〜5月7日(日)は午後9時まで。
http://www.tnm.jp/
http://chanoyu2017.jp/


「大英自然史博物館展」
国立科学博物館

ゴールデンウイーク中の夜間延長について
4月28日(金)〜5月7日(日)は以下の通り開館します。
午後9時まで
4月28日(金)、29日(土)、30日(日)、
5月3日(水・祝)、4日(木・祝)、
5日(金・祝)、6日(土)、7日(日)
午後6時まで
5月1日(月)、5月2日(火)
曜日・土曜日は午後8時まで
http://treasures2017.jp/

「シャセリオー展」
国立西洋美術館

5月1日(月)開館。
金曜日は午後8時まで。
http://www.nmwa.go.jp/
http://www.nmwa.go.jp/jp/exhibitions/2017chasseriau.html

「雪村展」
東京藝術大学大学美術館

5月1日(月)開館。
http://www.geidai.ac.jp/museum/
http://sesson2017.jp


ブリューゲル「バベルの塔」展
東京都美術館

5月1日(月)開館。
金曜日は午後8時まで。
http://www.tobikan.jp/
http://babel2017.jp/

「茶碗の中の宇宙」
東京国立近代美術館

5月1日(月)開館。
金曜日は午後8時まで。
http://www.momat.go.jp/
http://raku2016-17.jp/

「草間彌生展」
国立新美術館

5月2日(火)開館。
金曜日は午後8時
※4月29日(土)〜5月7日(日)は毎日午後8時まで開館。
http://www.nact.jp/
http://kusama2017.jp/


「ミュシャ展」
国立新美術館

5月2日(火)開館。
金曜日は午後8時
4月29日(土)〜5月7日(日)は午後8時まで開館。
http://www.nact.jp/
http://www.mucha2017.jp/

「坂本龍馬展」
江戸東京博物館

5月1日(月)開館。
土曜は午後7時30分まで。
https://www.edo-tokyo-museum.or.jp/
http://ryoma2017.com/


「夜明けまえ 知られざる日本写真開拓史 総集編」
「山崎博 計画と偶然」
東京都写真美術館

5月1日(月)開館。
木・金曜日は8時まで
https://topmuseum.jp/


「アドルフ・ヴェルフリ 二萬五千頁の王国」
東京ステーションギャラリー

5月1日(月)開館。
金曜日は午後8時まで
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/


「オルセーのナビ派展」
三菱一号館美術館

5月1日(月)開館。
http://mimt.jp/
http://mimt.jp/nabis/


「日本、家の列島」
パナソニック 汐留ミュージアム

5月3日(水)開館。
https://panasonic.co.jp/es/museum/

「奈良 西大寺展 叡尊と一門の名宝」
三井記念美術館

5月1日(月)開館。
http://www.mitsui-museum.jp/

「燕子花図と夏秋渓流図」
根津美術館

5月1日(月)開館。
5月9日〜5月14日:午後7時まで開館。
http://www.nezu-muse.or.jp/


「写真家 ソール・ライター展」
Bunkamuraザ・ミュージアム

連休中無休
金・土曜日は21:00まで。
http://www.bunkamura.co.jp/museum/


「長沢節展」
弥生美術館

5月1日(月)開館。
http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/


「N・S・ハルシャ展:チャーミングな旅」
森美術館

無休
http://www.mori.art.museum/

「大エルミタージュ美術館展」
森アーツセンターギャラリー

5月2日(火)は午後8時まで。
http://www.roppongihills.com/museum/
http://hermitage2017.jp/

「絵巻マニア列伝」
サントリー美術館

5月2日(火)は午後8時まで。
金曜日・土曜日及び5月2日(火)〜4日(木・祝)は8時まで開館。
http://www.suntory.co.jp/sma/

「アスリート展」
21_21 DESIGN SIGHT

5月2日(火)開館。
http://www.2121designsight.jp/

「エリックカール展」
世田谷美術館

5月1日(月)開館。
https://www.setagayaartmuseum.or.jp/

ここ数年で図録(カタログ)を一般書籍として販売する展覧会が多くなりました。帰りの荷物のことを考えることなく、また事前に購入しておき予習もしっかり出来るなど多くの利点があります。

また写真が撮影可能な展示も増えています。カメラやiPhoneなど知らずにロッカーに預けてしまわぬように事前にその点もチェックしておきましょう。

さて、さて今年のゴールデンウィークはまずどの展覧会を観に行きましょうか!

【おかげさまで重版となりました】

カフェのある美術館 素敵な時間をたのしむ

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=4698

JUGEMテーマ:アート・デザイン



| 展覧会 | 23:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
「花*Flower*華」
山種美術館で開催中の
「花*Flower*華―琳派から現代へ―」展へ行って来ました。


http://www.yamatane-museum.jp/

花が好きでiPhoneで毎日いくつもの花の写真を撮っています。道端に咲く小さな花から咲き誇る桜まで四季を通じて実に様々な花が目を楽しませ生活に潤いを与えてくれます。

ともすれば忙しない仕事やスケジュールに忙殺され季節の移り変わりさえ気が付かないなんてこともある現代において、路傍の花を一瞬目にするだけで心が楽になるものです。


山元春挙「春秋草花」大正10-12年頃(部分)
山種美術館

近所にも菜の花やタンポポなど春の到来を告げる淡い黄色の花たちが咲いています。山元春挙のこの作品にはモンシロチョウも描かれ菜の花特有の香りまで伝わってくるかのようです。

花を描いた日本画が会場内を埋め尽くし実に幸せな気分にさせられる「花*Flower*華」展。展示も工夫され春夏秋冬それぞれ季節ごとに分けられています。


奥村土牛「醍醐」昭和47年
山種美術館

展覧会の構成は以下の通りです。

第1章:春ー芽吹き
第2章:夏ー輝く生命
第3章:秋ー移ろう季節
第4章:冬ー厳寒から再び春へ
「花のユートピア」
「魅惑の華・牡丹」


さて、突然ですがここで質問です。第1章から第4章まで春夏秋冬ごとに作品が展示されていますが、今回最も多くの作品が出ているのはずばりどの季節でしょう?


小林古径「菖蒲」昭和27年
山種美術館

「冬」は花自体が少ないので無いとして「春」や「秋」が多いと思いますよね、でも最も多く描かれているのは「夏」なのです。

しかも他の季節を圧倒する数字でダントツで夏の花が多いのには正直自分も意外でした。バラや菖蒲、向日葵といった花が描かれています。確かに夏の花って多いですよね。


田能村直入「百花」明治2年(部分)

こちらの作品は「花のユートピア」セクションにありました。

江戸から明治、昭和初期にかけての作品が大半を占める今回の展覧会。花屋に行けば一年中花が手に入る「便利な時代」に比べると季節の花々を描くことはまさにその時を描くことだったのでしょう。

そこには生の喜びが現わされているのです。

仕事帰りにへとへとで辿り着いて拝見した展覧会でしたが、展示室を出る頃には内から沸き起こる活力のようなものを感じました。元気をもらえる展覧会です。


渡辺省亭「牡丹に蝶図」明治26年
鈴木其一「牡丹図」嘉永4年 山種美術館蔵
安田幸彦「牡丹」昭和22年 山種美術館蔵

ショップ脇にある第二展示室がこれまた凄いことになっていました。「魅惑の華・牡丹」と題し全てボタンを描いた作品で埋め尽くされています。圧巻の「牡丹部屋」です。

花を毎日なぜ写真に撮るのか?と聞かれると決まってこう答えます。「花は正直だからです。」と。正直な花たちに真正面から向かい合い自分のものへ昇華させた日本画60点。たっぷり見応えのあるそして居心地の良い展覧会でした。

「花*Flower*華」展は6月18日までです。美しい花の命が決して長くないように、美しい絵画の展覧会も会期が短いので忘れぬうちにお早めに!


「花*Flower*華―琳派から現代へ―」

会期:2017年4月22日(土) 〜 6月18日(日)
会場:山種美術館
http://www.yamatane-museum.jp/
主催:山種美術館、朝日新聞社
開館時間:午前10時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:月曜日


コンパクトな図録やお洒落なグッズももちろんゲット!

【次回展】

「【特別展】没後50年記念 川端龍子 ―超ド級の日本画―」
会期:2017年6月24日(土)〜8月20日(日)

関連イベント
「川端龍子が目指したこと ― 「会場芸術」のド迫力」
講師:山下 裕二 氏(公益財団法人 山種美術財団 評議員・山種美術館 顧問・明治学院大学 教授)
日時:2017年7月8日(土)14:00〜15:30(開場・受付開始 13:30)
参加無料、先着順。


若冲の花

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=4697

JUGEMテーマ:アート・デザイン



注:会場内の画像は主催者の許可を得て撮影したものです。
続きを読む >>
| 展覧会 | 22:50 | comments(1) | trackbacks(0) |
「Rhizomatiks 10」
スパイラルガーデンにて開催中の
「Rhizomatiks 10」展に行って来ました。


http://www.spiral.co.jp/rhizomatiks10

Rhizomatiks(ライゾマティクス)の創立10周年を記念した展覧会。

メディアアート、大規模なライブ公演の技術演出、企業のクリエイティブやコンサルティング、さらにはまちづくりまで、あらゆる分野のクリエーションを世界に先駆けたテクノロジーを駆使した表現で開拓し、その活動が世界から注目されるRhizomatiks(ライゾマティクス)。



凄い仕掛けがスパイラルの会場で展開されていると思い込んで行ったのですが、10周年記念展ということでこれまでの足跡を紹介するアーカイブが中心でした。


ライゾマといえばPerfume

一点、大掛かりな特別展示がありました。


border installation ver.

ヘッドセット型VRディスプレイを装着して、AR/VRを通じてダンサーの登場しないインスタレーション空間で起こる出来事の全体を様々なアングルから眺めることのできる展示。

この画像だとなんともシュールですが、実際に装着してみると、色、形、そして会場の形態がまるで生きているかのように変化する姿を観ることが出来ます。

少し混雑していても並んで観る価値はあります。(無料です)

派手さはあえて出さずにこれまで成し遂げてきた仕事を淡々と見せるあたりがライゾマのライゾマらしいところなのかもしれません。

「Rhizomatiks 10」は4月30日までです。


「Rhizomatiks 10」

会期:2017年4月19日(水)〜30日(日)
時間:11:00〜20:00 会期中無休
会場 :スパイラルガーデン(スパイラル1F)
〒107-0062東京都港区南青山5-6-23
東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線「表参道」駅
入場:無料
URL:http://www.spiral.co.jp/rhizomatiks10
共催:株式会社ライゾマティクス、株式会社ワコールアートセンター
企画制作:株式会社ライゾマティクス
企画協力:スパイラル



《プロフィール》
Rhizomatiks
2006年に設立。Webから空間におけるインタラクティブ・デザインまで、幅広いメディアをカバーする高い技術力と表現力を併せ持つ組織。アーティストのほか、ハードウェア/ソフトウェアのエンジニア、デザイナーやプランナーなど、幅広い分野のスペシャリストが在籍し、メディアアートで培った知見と高い技術力・企画力をエンターテイメントや広告といった多分野において展開。プランニングから制作までフルスタックで手がけ、海外においてもその名を知られる数少ないプロダクションである。アルスエレクトロニカ、文化庁メディア芸術祭、カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバルなど受賞歴多数。



美術手帖 2017年1月号

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=4691

JUGEMテーマ:アート・デザイン



続きを読む >>
| 展覧会 | 23:23 | comments(0) | trackbacks(1) |
「ウォルター・クレインの本の仕事」
千葉市美術館で開催中の
「絵本はここから始まった−ウォルター・クレインの本の仕事」展に行って来ました。


http://www.ccma-net.jp/

ヴィクトリア朝の絵本画家ウォルター・クレイン(Walter Crane 1845-1915)の全貌を紹介する日本で初めての展覧会が千葉市美術館で開催されています。

これまでは親友であったウィリアム・モリスと共に「デザイナー」としての側面を紹介する展覧会は多くありましたが、文字と絵が一体となった「絵本」をはじめに作った絵本作家としてのクレインを体系的に見せるものはありませんでした。

ディズニーの人気コンテンツである『シンデレラ』や『眠り姫』、『美女と野獣』などを誰よりも先に絵画化し絵本として世に最初に送り出したのがクレインなのです。


ウォルター・クレイン『シンデレラ』1873年 
鶴見大学図書館蔵

何事もゼロから創り上げることは大変なことです。クレインの美麗な絵本も始めはまるで違うものでした。

1865年に手掛けた、全ページカラー刷りのトイ・ブック(簡易なつくりの絵本)が人気を博し一躍有名になったクレイン。ABCから諺まで挿絵入りの本で子どもが覚えやすいような工夫がされています。

ラファエル前派のバーン=ジョーンズや社会主義者のモリス・ウィリアムたちと交流をするようになるのもこうしたトイブックの成功があります。


ウォルター・クレイン『眠り姫』1876年 
個人蔵


エドワード・バーン=ジョーンズ「眠り姫―連作『いばら姫』」1972〜74年頃
ダブリン市立ヒュー・レイン美術館蔵

三菱一号館美術館で拝見したバーン=ジョーンズの作品かと見間違えるほど似ていますね。ともに刺激しながら作品を築きあげて行ったのでしょう。

展覧会の構成は以下の通りです。

第犠蓮.レインのトイ・ブック
1 カラー絵本の始まり
2 様式の確立と6ペンス・シリーズ
3 円熟期のシリング・トイ・ブックと合本
第蕎蓮.ラー絵本の仕掛け人エヴァンズとコールデコット、グリーナウェイの絵本と挿絵本
1 エドマンド・エヴァンズの木口木版多色刷の仕事
2 ランドルフ・コールデコットの全トイ・ブック 
3 ケイト・グリーナウェイの創作絵本と挿絵本
第III章 本をデザインする――クレインの挿絵本の仕事
1 初期の児童文学の挿絵
2 「幼子」3部作と『パンの笛』 エヴァンズとともに
3 子どもの本のデザイン
第IV章 クレインの素顔
1 クレインのポートレートと詩集・著作
2 自筆書簡とドローイング 
3 クレインと家族
4 デザインの仕事 
5 クレインとジャポニズム
6 社会主義の普及活動とモリスとの友情


この中で、クレインとともに絵本黄金時代を築いたケイト・グリーナウェイとランドルフ・コールデコットの作品も紹介されているのも見どころのひとつです。比較してみると色々と観えてきます。


ウォルター・クレイン『長靴をはいた猫』1874年
個人蔵

イギリスの知らない昔話が絵本として多数紹介されています。どれも日本語訳がイマイチなのかそれとも元々の話自体が支離滅裂なのか判断つきかねますが、つっこみどころ満載で全て読んでしまいました。

また、ディズニー映画でお馴染みの「アラジン」(アラビアンナイト)がこちらです。


ウォルター・クレイン『アラディンと魔法のランプ』1875年

こんなの「アラジン」じゃな〜い!と叫んでしまいそうになりますが、原作では主人公のアラジンは中国人で、魔法使いはアフリカ出身ですのでこれが正しいのです。ディズニーの影響を受けすぎてしまっている我々には色んな発見のある展覧会でもあります。

最後にあった「社会主義の普及活動とモリスとの友情」も非常に興味深く、また初期のころ浮世絵に接したことが彼の作風を大きく変えたという点など、諸々引っ掛かりのある事柄の多い充実した内容でした。

「ウォルター・クレインの本の仕事」展は5月28日までです。是非是非!


「絵本はここから始まった−ウォルター・クレインの本の仕事」

会期:2017年4月5日(水)〜 5月28日(日)
開館時間:午前10時−午後6時 (入場は午後5時30分まで)
金・土曜日は、午後8時まで開館 (入場は午後7時30分まで)
休館日:毎月第1月曜日(祝日の場合は翌日)
会場:千葉市美術館
http://www.ccma-net.jp/
主催:千葉市美術館
後援:一般社団法人 日英協会
企画協力:マンゴスティン


ウォルター・クレインの本の仕事 絵本はここから始まった-

千葉市美術館が最後の巡回地です。千葉までちょっと遠くて行けないわ〜という方に朗報です。青幻舎さんが一般書籍としてカタログを販売してくれています。

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=4690

JUGEMテーマ:アート・デザイン



続きを読む >>
| 展覧会 | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 素敵な時間を楽しむ』(世界文化社)が2月18日に発売になります。


青い日記帳(編集)『美術展の手帖』小学館より発売中です。


青い日記帳「出前ブログ」連載中


gooいまトピ連載中

朝日マリオン・コム「ぶらり、ミュージアム」


山下裕二&井浦新トークショー


青い日記帳コラボグッズ

「展覧会に出かける前に準備しておきたい5つのこと。」

「展覧会を何十倍も楽しむために心がけたい5つの秘訣。」

フェルメールへの招待
國學院大學文学部教授の小池寿子先生監修。不肖私(Tak)が編集と一部執筆しました。詳細はこちら

【展覧会レビュー】
山口晃 平等院養林庵書院奉納襖絵
ゴッホの幻の「ヒマワリ」
黒田記念館リニューアルオープン
日本美術ちらし寿司
「オスカー・ニーマイヤー展」
「ディン・Q・レ展:明日への記憶」
特別展「白鳳」
「森本美由紀展」
「クレオパトラとエジプトの王妃展」
「メカニックデザイナー 大河原邦男展」
「青樹うめ展」開催!
「藤田美術館の至宝 国宝 曜変天目茶碗と日本の美」
「伝説の洋画家たち 二科100年展」
「動きのカガク展」
「ボルドー展」
「シカゴ ウェストンコレクション 肉筆浮世絵」開催!
「芸術の秋」、「琳派の秋」。
特別展「蔵王権現と修験の秘宝」
「teamLab Exhibition, Walk Through the Crystal Universe」
特別展「生命大躍進」
「SHIBUYA」
「琳派と秋の彩り」
「箱根で琳派 大公開〜岡田美術館のRIMPAすべて見せます〜」
あなたは五姓田義松を知っていますか?
「風景画の誕生展」
「国宝 一遍聖絵」が全巻全段展示されます!
美術館でコスプレ!
Ingress(イングレス)でミュージアム巡り。
2015年、都内で観られる西洋絵画の展覧会
プロが選ぶ「2014年 ベスト展覧会」
かみさんが選ぶ「2014年 ベスト展覧会」
2014年 展覧会ベスト10


パリ行って来ました
オランダ行って来ました
 

BLUE HEAVEN(本館)

『文藝春秋』に寄稿しました。

『AERA』に載りました。

「マウリッツハイス美術館展公式ガイドブック」編集・一部執筆しました

「ザ・シネマ」に寄稿しました。

トークショーに出演しました

日経に掲載されました

朝日新聞に掲載されました

再び日経に掲載されました

「美連協ニュース」寄稿

『アートコレクター』で紹介されました

Yahoo!カテゴリ絵画に登録されました

+ CATEGORIES
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
moon phases
 
   
+RECOMMEND
  
ロマネスク美術革命 (新潮選書)
ロマネスク美術革命 (新潮選書) (JUGEMレビュー »)
金沢 百枝
11~12世紀のロマネスクこそは、ヨーロッパ美術を大きく塗りかえる「革命」だった。宮廷文化から民衆文化への流れのなかで、知識より感情を、写実よりかたちの自由を優先する新たな表現が、各地でいっせいに花ひらく。古代ギリシア・ローマやルネサンスだけがスタンダードではない。モダン・アートにも通じる美の多様性を、豊富な図版を例に解きあかす。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
若冲の描いた生き物たち
若冲の描いた生き物たち (JUGEMレビュー »)
小林 忠,小宮 輝之,湯浅 浩史,佐々木 猛智,本村 浩之,秋篠宮 文仁
若冲と学研がコラボした画期的な若冲本!レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
叢 小田康平の多肉植物
叢 小田康平の多肉植物 (JUGEMレビュー »)
小田 康平
「人の間にあるサボテン−自由な美しさ、見たことのないトーン。自然と人との関わり、その不思議を小田康平さんは知っている。とても豊かだ」レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ)
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ) (JUGEMレビュー »)
岡田 裕子,阿部 謙一,松下 学
現代美術家岡田裕子が主宰、会田誠顧問による謎の人形劇団「劇団★死期」の伝説の公演を小説化。アートの知識を楽しく学べる児童文学。

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
名画のネコはなんでも知っている
名画のネコはなんでも知っている (JUGEMレビュー »)
井出 洋一郎
ゴッホ、ミレー、ゴーギャン、ゴヤ、ルノワール、歌麿、北斎、国芳などの天才画家たちの思想を、まさかのネコ目線でひも解く、新感覚な名画解説書。
+RECOMMEND
  
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ) (JUGEMレビュー »)
オノユウリ
アートに囲まれて働く美術館学芸員。優雅な職業のイメージだけど、実際は日々、ドタバタの連続なのです!? 展覧会の舞台裏から、学芸員のお仕事のリアルまで。美術館の知られざる一面を描くコミックエッセイ!
+RECOMMEND
  
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556)
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556) (JUGEMレビュー »)
山本 聡美
腐敗し白骨化してゆく亡骸の様子を克明に描く「九相図」。仏教とともに伝来し、日本に深く根を下ろしたこの図像には、生と死、そして肉体の無常をめぐるいかなる想いが秘められているのか。豊富な図版とともに探る。
+RECOMMEND
  
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル)
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル) (JUGEMレビュー »)
谷口 ジロー
ルーヴル美術館とビッグコミックオリジナルの共同企画。オールカラー豪華版。
+RECOMMEND
  
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス)
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス) (JUGEMレビュー »)
黒田 いずま
美術館で働く学芸員の近江さん。個性豊かなメンツが解説、展示、監視などの仕事を通して、日々様々な工夫をしながら楽しく来館者をお出迎えする日常をユーモラスかつ鋭いツッコミで描いた作品。
+RECOMMEND
  
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡 (JUGEMレビュー »)

普段は単眼鏡で済ませていますが、どうしても隅々まで観たい作品の場合はこの双眼鏡を使ってます。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書)
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書) (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
美術史の実践方法が最後にまとめられています!世界が変わる、名画の見方。前作「西洋美術史入門」からさらに一歩奥へ。池上英洋 著

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection)
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection) (JUGEMレビュー »)
川端 康雄,加藤 明子
夏目漱石をイチコロにしたウォーターハウスの文学性と蠱惑的な魅力を余すところなく紹介!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福 (JUGEMレビュー »)
池永康晟
日本画の異才“池永康晟”がベールを脱ぐ!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
すゞしろ日記 弐
すゞしろ日記 弐 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
画家・山口晃のエッセー漫画第2弾。

面白きことも無き世を、面白く!

画家・山口晃の“どーでもいいけど楽しげなこと”満載
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
OLYMPUS ダハプリズム防水単眼鏡 ギャラリースコープ Monocular I 6×16
OLYMPUS ダハプリズム防水単眼鏡 ギャラリースコープ Monocular I 6×16 (JUGEMレビュー »)

観劇・美術鑑賞・セミナーなどの知的シーンや、コンサート会場・ファッションショーなどで大活躍!
軽いのでいつも持ち歩いています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫)
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
宮下規久朗
宮下規久朗先生の最新刊!絵画に描かれた代表的な「モチーフ」を手掛かりに美術を読み解く、画期的な名画鑑賞の入門書。カラー図版150点を収録した文庫オリジナル。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工 (JUGEMレビュー »)

「これ一冊で日本美術を鑑賞する際の知識が全て揃う」
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
アイテムで読み解く西洋名画
アイテムで読み解く西洋名画 (JUGEMレビュー »)
佐藤 晃子
西洋絵画を鑑賞する際に必要となる宗教画,神話画の50のアトリビュートを紹介。ありそうで無かった絵画ファン待望の一冊。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術鑑賞手帳
美術鑑賞手帳 (JUGEMレビュー »)

美術鑑賞の楽しみをさらに広げるこれまでになかった手帳です。ミニガイドと書き込み式の鑑賞の記録ページが一緒に。

自分もお手伝いさせて頂きました。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
画家の食卓
画家の食卓 (JUGEMレビュー »)
林 綾野
画家たちが楽しんだ26のレシピを再現。クレー、フェルメール、セガンティーニ、メムリンクの暮らしと創作現場を巡る旅。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い (JUGEMレビュー »)
サンディ ネアン
とかく扇情的に扱われる美術品盗難。だが実際は、麻薬や犯罪に絡む危険な裏社会と結びつく場合が多い。事件に巻き込まれた学芸員の立場からその実態を訴え、問題点を考察する一書。 レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
江戸の献立 (とんぼの本)
江戸の献立 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
福田 浩,松井 今朝子,松下 幸子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻))
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻)) (JUGEMレビュー »)
長岡 龍作
法隆寺金堂内陣は、普段は大変暗い上に太い円柱に加え、金網が廻らされており、その詳細はなかなか見ることができません。今までに撮影された写真も鮮明さということでは満足のゆくものではありませんでした。今回は最新の撮影技術により、南面(正面)のみならず、北面(背面)からも撮影。その結果、全く見たことがない写真を目の当たりにすることになりました。仏像の質感と量感、豊かな色彩に感嘆し、感動をおぼえる一冊となっています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
山口晃 大画面作品集
山口晃 大画面作品集 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
8年ぶり、待望の最新作品集。11月26日発売!予約しないと!!

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本)
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
山本 勉,ヤノベ ケンジ,橋本 麻里,みうら じゅん
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
知識ゼロからのキリスト教絵画入門
知識ゼロからのキリスト教絵画入門 (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
池上英洋先生が易しく紐解く『聖書』の世界。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
芸術家の家: 作品の生まれる場所
芸術家の家: 作品の生まれる場所 (JUGEMレビュー »)
ジェラール=ジョルジュ ルメール,ジャン=クロード アミエル
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
フェルメールへの招待
フェルメールへの招待 (JUGEMレビュー »)

不肖・私がフェルメール30作品の解説執筆と全体の編集に携わった一冊です。オールカラーB5版。96ページから成る、これまでにないフェルメールパーフェクトガイドです。主に「フェルメール初心者」に向け丁寧に噛み砕いた表現で綴られているので、美術の専門用語を知らずともフェルメール作品について一通りの知識を得ることが出来ます。

お手に取って頂ければ幸甚です。よろしくお願い致します。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件 (JUGEMレビュー »)
レニー ソールズベリー,アリー スジョ
来歴さえあれば、たとえ贋作でも「ほんもの」になる。詐欺師は驚くべき方法で美術史を捏造した。美術界を震憾させた事件を追うドキュメンタリー。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース)
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース) (JUGEMレビュー »)
林 綾野
林綾野さんの待望のフェルメール本!レビュー&インタビュー→こちら
+RECOMMEND
  
ヴァチカン物語 (とんぼの本)
ヴァチカン物語 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
塩野 七生,藤崎 衛,石鍋 真澄
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
野兎の眼
野兎の眼 (JUGEMレビュー »)
松本 典子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105 (JUGEMレビュー »)

掌に収まる単眼鏡は、必要なときにサッとポケットなどから取り出して使える便利な、美術館・博物館必須アイテム。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術のことば案内
日本美術のことば案内 (JUGEMレビュー »)
日高 薫
レビュー→こちら
日本美術鑑賞の際に、よく出てくる言葉を満載。絵画、彫刻、工芸品などの具体的な写真をふんだんに使い紹介
+RECOMMEND
  
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS

 1/453PAGES >>

このページの先頭へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...