弐代目・青い日記帳 

  
TB&リンク大歓迎です!
ホノルル美術館
ハワイ州唯一の総合美術館
ホノルル美術館(Honolulu Academy of Arts)に行って来ました。



「何もハワイに行ってまで美術館に行かなくても・・・」と思いますよね。
自分でもそう思っていました。行くまでは。

5日間フリーな日がありました。
買い物したり、海亀と泳いだり、シュノーケルしたり、海釣りしたりと
やりたいことは全部やった感があります。4日間で。

最後の1日さて、何しよう?前の晩かみさんと二人で相談しました。
あまり疲れることは帰国前にしたくありません。

かみさんは「エッグスン・シングス」というオムレツとパンケーキが最高に美味いと
評判のカフェレストランに行きたいとのこと。
依存なしです。

ただし、このお店営業時間が23:00〜14:00。
しかも人気店とあってゆっくり出かけると行列必至とか。
それなら朝食にと7時過ぎに出向くことに決定。

その後どうしようかと、ガイドブックをぱらぱらと見ていると。。。
「エッグスン・シングス」から決して近いとは言えませんが
同じ地図上に「ホノルル・アカデミー・オブ・アーツ」の文字が
キラキラ星と輝いているのが目に入りました。

これは「行きなさい」とのお告げのようなもの。
よく考えれば我慢してまで美術館に行かないのも変です。
(行きたい気持ちは満々なのですから)

そんなこんなで、結局ホノルル美術館も行けることになったわけです。

23日起きて身支度整えホテルからタクシーで、まずはエッグスン・シングス(Eggs'n Things)へ。
7時過ぎというのに店内は満員。
お店の外にも既に順番待ちの人もいました。

受け付けで2名と告げると「カウンター席でもいい?」とのこと。
うちは二人して向かいあって食べるよりカウンターの方が好きなので
「ok」と告げるとすぐに席へ案内してくれました。
 

これがここのお店の名物料理。
卵3個を使って焼いたオムレツ。
パンケーキかポテトを選べます。
(自分はポテトを選びました)
コーヒーもおかわり自由でゆったり朝食をとることできました。

さて、かみさんの目的も達成でき、お腹も満腹になり
次はいよいよホノルル美術館です。
ただし、時計はまだ8時。美術館は10時からです。

予定だともっとエッグスン・シングで並んだりして時間が必要だと思っていました。
ところがすんなり座れることができ、美味しい料理を一気に平らげてしまったので
時間がかなり余ってしまった結果になりました。

「それならそれで、タクシーでなく歩いて行けばいい!」と
日本では考えられない前向きな発想に二人ともなり
のんびり歩いて行くことに。のんびりとハワイで過ごすと
あくせくした考えや行動をとらなくなるから不思議です。


今から思うとよく店から美術館まで
歩いたな〜と思います。
都内では有り得ないことです。

途中面白そうなお店にも寄り道しながら、
テクテク歩いて
到着したのが開館の20分前位でした。

椰子の木の奥に見える
二階建ての建物が美術館です。
手元にあるハワイのガイドブックにはこう紹介されています。
「ピカソやゴーギャン、葛飾北斎など東西の巨匠を含め合計3万4000点以上の作品を有している貴重な資料が満載の美術館。もちろんアメリカンアートも豊富。」

所蔵品の写真撮影は禁止でしたが、館内にある庭園などはokとのこと。
所蔵、展示されている作品もさることながら、手入れの行き届いた庭園なども
一見の価値ありの美術館でした。



美術館を入って正面にある中庭。
庭を取り囲むように建物があります。

建物は中世の修道院の回廊のような
つくりになっていました。



建物は二階建て。地下もあります。
ただし展示室はほとんどが一階にありました。

全部で33のギャラリーがあります。
(1〜28までの部屋が1階)


展示内容などは明日upします

それにしてもセキュリティーはこれで本当に大丈夫なのかと
人事ながら心配になってしまうほど、おおらかな構造です。

逆にこれが許されてしまうのがハワイらしい点でもありますね。
「美術館」といえどもその土地柄が顕著に現れているものだと
強く感じさせられました。やっぱり美術館ていいですね〜

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=492

| 2005・旅行 | 23:22 | comments(10) | trackbacks(0) |
琳派にクリスマスリース
25日午後、旅行先から帰ってきました。
(矢田ちゃんと押尾君はまだまだ…)

留守中もコメントやトラックバックをしていただきありがとうございました。
なるべく早くお返事したいと思ってます。


下の画像は、帰りのJALの機内で撮影した一枚です。



座った席の目の前の壁?です。飛行機
(右側の窓から光が差し込んでいるのが分かりますね。)

始めぼーとしていて気がつかなかったのですが
よく観るとこの正面の壁?の模様、「琳派」ですね。

リースクリスマスリースが掛けられていたので
そちらばかりに気を取られていて、すぐには分かりませんでした。

尾形光琳や酒井抱一がこの飛行機乗ったら
さぞかし驚くことでしょうね〜

自分達の作品が使われているだけでなく
その上のクリスマスのリースリースが飾られているのですから。

ただ、不思議としばらくこの不思議な取り合わせを
観ていると、違和感が薄れていき、成田へ到着する頃は
すっかり馴染んで観えてしまいました。

そして、今また改めて写真で観ると・・・
やっぱり違和感あります。たらーっ
ただ右側の窓から差し込む光が絵的にとてもよい位置に写っていて、
これはこれで、それなりに楽しめる一枚だと思いました。

上手くまとまってませんが汗汗
今日はこの辺で。

明日からまたどうぞ宜しくお願い致します。結晶
| 2005・旅行 | 00:00 | comments(5) | trackbacks(0) |
青い闇夜の月
今夜のお月様。月齢は14
ほぼまん丸。月明かりも綺麗です。

以前Annexの方でお世話になったblog「つきのくさぐさ」さん。
TB企画“夏色月パラダイス”」を開催していたことは
Chubbさんのblog経由で知っていたのですが
記事に出来る素敵な夏のお月様の写真がなく…季節はもう秋。
TB企画も終了。
残念。



でも、折角のこんないい企画。何かお月様が綺麗に写っている写真ないかな〜と
探していたら・・・・・・
ありました。ありました。月

とても私が撮ったとは思えないほど綺麗な月。
お月様も綺麗ですが、夜空の色もまたそれに増して綺麗。



さて、ここで問題?
この写真は何処で撮影したものでしょう?

ヒントは・・・今年撮影したということかな。


答えはこちら↓です。
続きを読む >>
| 2005・旅行 | 21:34 | comments(4) | trackbacks(1) |
すれ違い「絵画芸術」
ハーグのマウリッツハイス美術館
今回訪ねたのは3月22日(火)でした。

今更説明するまでもなく、フェルメールの傑作
「真珠の耳飾りの少女」(「青いターバンの少女」)


「デルフトの眺望」


そしてちょっと疑惑の残る「ディアナとニンフたち


この3点を所蔵している小さいながらも
大変見ごたえの十分の美術館です。

ちなみに、私のblogでは影が薄くなりがちですが
オランダを代表する大画家レンブラントの出世作
テュルプ博士の解剖学講義」もこの美術館にあります。
Doctor Nicolaes Tulp's Demonstration of the Anatomy of the Arm

フェルメールの3作品はこの元お屋敷だった建物の3階の一室にあります。

今回撮影してきた写真ですが、前回行った時と展示場所が違っていました。
階段上がって左手の一室。それ自体は変化ないのですが、この部屋に
今回は、3枚のフェルメール作品しか展示されていなかったのです。

       

いくらなんでもこれは贅沢すぎます。
上の写真見てもお分かりのとおり絵の四方の壁一枚に一作品ずつの展示です。
(よって一枚の壁には何も展示されていません・・・)

これは一体どうしたことか??
フェルメール人気のなぜる業なのか??
それとも他の理由が???

他の理由・・・どうやらこれが正解だったようです。
それはこの写真が証明してくれます。
       

「デルフトの眺望」の右に日本の障子のようなものが写っています。
もちろん、こんなものいつもはありません。
ここは普段は隣の展示室の入口です。
その入口が塞がれていることになります。

実はこれ、3月25日から開催される特別展示の準備なのです。
ある「お客様」がウィーンからやって来て6月26日まで滞在されるのです。


その「お客様」とは・・・


絵画芸術」(「画家のアトリエ」)
Allegory of Painting

1996年にこの美術館で開催された世紀の「大フェルメール展」。
この展覧会ではフェルメールの作品が世界中から23枚も
ハーグに大集結しましたが、そのリストに「絵画芸術」は
含まれていませんでした。(詳しくはこちら

美術館としては念願かなっての「絵画芸術」の展示となるわけです。

その準備に部屋の展示も変え、準備していたことになります。

今回は行程の関係上、シュテーデルの5枚のフェルメールを観るか
この「絵画芸術」を観るか迷いましたが、結局シュテーデルを優先しました。



美術館の職員さんにトントンと肩をたたかれました。
金曜日にまた来るといいよ
満面の笑みを浮かべながら教えてくれました。

金曜日。そうウィーンから「絵画芸術」がやって来て
隣の部屋に展示される日。3月25日のことです。

The Vienna Vermeer
続きを読む >>
| 2005・旅行 | 22:34 | comments(8) | trackbacks(2) |
出張ライクス
オランダが誇る美術館
RIJKS MUSEUM
アムステルダム国立美術館(博物館)


ところがこの美術館、2003年に建物に発がん性の高いアスベストが
使用されていたことが発覚。全面的な改修工事が緊急に必要となりました。

当時の記事はこんな風に伝えています。
「レンブラントの代表作「夜警」やフェルメールの「台所女中」などを所蔵し、世界的に有名なアムステルダムのオランダ国立美術館は29日、館内で発がん性のある建築資材アスベストが使用されていたとして、閉館を決めた。同美術館は「早急にアスベスト使用の実態調査をまとめ、対応を決める」とし、「当分の間」は開館しない方針。」(2003年5月1日)
フェルメールを4点所蔵するだけでなく絵画5,000点、工芸品3万点、歴史を語る遺品1万7千点など多くの所蔵品を抱える巨大な美術館が「閉館」となるとさすがに一大事。汗汗

改修工事は2008年までかかると言われています。
それまで所蔵品はどうするのか??
しまっておくだけはもったいない。

そこで、オランダ大手電機メーカー・フィリップス社が
出資してフィリップス・ウイング(棟)という建物の右端の一部を
使って安全面を確認したうえで、ライクスの目玉作品である
レンブラント「夜警」やフェルメールの作品などを展示する運びとなりました。

よって、現在もライクス・ミュージアムを訪れてもThe Philips Wingしか
入ることできません。
(このフィリップス・ウイングについてはまた別の機会に書きます。)

では、残りの作品は・・・どうしたのか??
気になりますよね。

レンタルです。貸し出してしまうのです。他の美術館へ。
他の美術館としてもライクスから借りられることなんて滅多にないこと。
こお互いの利益は見事に一致。

そこで、現在、以下の10の美術館に主にライクスの作品が
貸し出されています。アントワープ王立美術館に行った際
たまたま「ライクス展」を開催していて知しました。

Drents Museum - Assen

Bonnefanten museum Maastricht

Rijksmuseum Twenthe

Dordrechts Museum

Gemeentemuseum Weesp

Cultuur Onder Dak Apeldoorn

Koninklijk Museum voor Schone Kunsten Antwerpen

MUSEUM Kurhaus Kleve

haags historisch museum

Museum voor Religieuze Kunst

Rijksmuseum Amsterdam Schiphol

そして・・・これだけではなく世界各地の美術館へも拍手
そして・・・今年日本にも巡回してきます!その中に以前書いた「恋文」も!

兵庫県立美術館「アムステルダム国立美術館展」
10月25日(火)〜1月15日(日)
オランダ最大の美術館であるアムステルダム国立美術館は、黄金時代と呼ばれるオランダ17世紀の優れたコレクションによって世界的に知られています。この時期を代表する画家レンブラントやフェルメールらの作品は、後の美術史に大きな影響をおよぼし、また世界中の人々に親しまれています。展覧会では、アムステルダム国立美術館のコレクションのなかから、フェルメール《恋文》、レンブラント《自画像》をはじめとするオランダ17世紀絵画の名品の数々に工芸作品も加えた約90点を展示し、様々な側面からこの黄金時代を紹介します。世界を巡回するこの展覧会、日本では神戸のみの開催となります。
続きを読む >>
| 2005・旅行 | 14:30 | comments(7) | trackbacks(3) |
編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 素敵な時間を楽しむ』(世界文化社)が2月18日に発売になります。


青い日記帳(編集)『美術展の手帖』小学館より発売中です。


青い日記帳「出前ブログ」連載中


gooいまトピ連載中

朝日マリオン・コム「ぶらり、ミュージアム」


山下裕二&井浦新トークショー


青い日記帳コラボグッズ

「展覧会に出かける前に準備しておきたい5つのこと。」

「展覧会を何十倍も楽しむために心がけたい5つの秘訣。」

フェルメールへの招待
國學院大學文学部教授の小池寿子先生監修。不肖私(Tak)が編集と一部執筆しました。詳細はこちら

【展覧会レビュー】
山口晃 平等院養林庵書院奉納襖絵
ゴッホの幻の「ヒマワリ」
黒田記念館リニューアルオープン
日本美術ちらし寿司
「オスカー・ニーマイヤー展」
「ディン・Q・レ展:明日への記憶」
特別展「白鳳」
「森本美由紀展」
「クレオパトラとエジプトの王妃展」
「メカニックデザイナー 大河原邦男展」
「青樹うめ展」開催!
「藤田美術館の至宝 国宝 曜変天目茶碗と日本の美」
「伝説の洋画家たち 二科100年展」
「動きのカガク展」
「ボルドー展」
「シカゴ ウェストンコレクション 肉筆浮世絵」開催!
「芸術の秋」、「琳派の秋」。
特別展「蔵王権現と修験の秘宝」
「teamLab Exhibition, Walk Through the Crystal Universe」
特別展「生命大躍進」
「SHIBUYA」
「琳派と秋の彩り」
「箱根で琳派 大公開〜岡田美術館のRIMPAすべて見せます〜」
あなたは五姓田義松を知っていますか?
「風景画の誕生展」
「国宝 一遍聖絵」が全巻全段展示されます!
美術館でコスプレ!
Ingress(イングレス)でミュージアム巡り。
2015年、都内で観られる西洋絵画の展覧会
プロが選ぶ「2014年 ベスト展覧会」
かみさんが選ぶ「2014年 ベスト展覧会」
2014年 展覧会ベスト10


パリ行って来ました
オランダ行って来ました
 

BLUE HEAVEN(本館)

『文藝春秋』に寄稿しました。

『AERA』に載りました。

「マウリッツハイス美術館展公式ガイドブック」編集・一部執筆しました

「ザ・シネマ」に寄稿しました。

トークショーに出演しました

日経に掲載されました

朝日新聞に掲載されました

再び日経に掲載されました

「美連協ニュース」寄稿

『アートコレクター』で紹介されました

Yahoo!カテゴリ絵画に登録されました

+ CATEGORIES
moon phases
 
   
+RECOMMEND
  
ロマネスク美術革命 (新潮選書)
ロマネスク美術革命 (新潮選書) (JUGEMレビュー »)
金沢 百枝
11~12世紀のロマネスクこそは、ヨーロッパ美術を大きく塗りかえる「革命」だった。宮廷文化から民衆文化への流れのなかで、知識より感情を、写実よりかたちの自由を優先する新たな表現が、各地でいっせいに花ひらく。古代ギリシア・ローマやルネサンスだけがスタンダードではない。モダン・アートにも通じる美の多様性を、豊富な図版を例に解きあかす。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
若冲の描いた生き物たち
若冲の描いた生き物たち (JUGEMレビュー »)
小林 忠,小宮 輝之,湯浅 浩史,佐々木 猛智,本村 浩之,秋篠宮 文仁
若冲と学研がコラボした画期的な若冲本!レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
叢 小田康平の多肉植物
叢 小田康平の多肉植物 (JUGEMレビュー »)
小田 康平
「人の間にあるサボテン−自由な美しさ、見たことのないトーン。自然と人との関わり、その不思議を小田康平さんは知っている。とても豊かだ」レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ)
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ) (JUGEMレビュー »)
岡田 裕子,阿部 謙一,松下 学
現代美術家岡田裕子が主宰、会田誠顧問による謎の人形劇団「劇団★死期」の伝説の公演を小説化。アートの知識を楽しく学べる児童文学。

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
名画のネコはなんでも知っている
名画のネコはなんでも知っている (JUGEMレビュー »)
井出 洋一郎
ゴッホ、ミレー、ゴーギャン、ゴヤ、ルノワール、歌麿、北斎、国芳などの天才画家たちの思想を、まさかのネコ目線でひも解く、新感覚な名画解説書。
+RECOMMEND
  
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ) (JUGEMレビュー »)
オノユウリ
アートに囲まれて働く美術館学芸員。優雅な職業のイメージだけど、実際は日々、ドタバタの連続なのです!? 展覧会の舞台裏から、学芸員のお仕事のリアルまで。美術館の知られざる一面を描くコミックエッセイ!
+RECOMMEND
  
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556)
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556) (JUGEMレビュー »)
山本 聡美
腐敗し白骨化してゆく亡骸の様子を克明に描く「九相図」。仏教とともに伝来し、日本に深く根を下ろしたこの図像には、生と死、そして肉体の無常をめぐるいかなる想いが秘められているのか。豊富な図版とともに探る。
+RECOMMEND
  
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル)
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル) (JUGEMレビュー »)
谷口 ジロー
ルーヴル美術館とビッグコミックオリジナルの共同企画。オールカラー豪華版。
+RECOMMEND
  
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス)
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス) (JUGEMレビュー »)
黒田 いずま
美術館で働く学芸員の近江さん。個性豊かなメンツが解説、展示、監視などの仕事を通して、日々様々な工夫をしながら楽しく来館者をお出迎えする日常をユーモラスかつ鋭いツッコミで描いた作品。
+RECOMMEND
  
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡 (JUGEMレビュー »)

普段は単眼鏡で済ませていますが、どうしても隅々まで観たい作品の場合はこの双眼鏡を使ってます。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書)
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書) (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
美術史の実践方法が最後にまとめられています!世界が変わる、名画の見方。前作「西洋美術史入門」からさらに一歩奥へ。池上英洋 著

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection)
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection) (JUGEMレビュー »)
川端 康雄,加藤 明子
夏目漱石をイチコロにしたウォーターハウスの文学性と蠱惑的な魅力を余すところなく紹介!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福 (JUGEMレビュー »)
池永康晟
日本画の異才“池永康晟”がベールを脱ぐ!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
すゞしろ日記 弐
すゞしろ日記 弐 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
画家・山口晃のエッセー漫画第2弾。

面白きことも無き世を、面白く!

画家・山口晃の“どーでもいいけど楽しげなこと”満載
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
OLYMPUS ダハプリズム防水単眼鏡 ギャラリースコープ Monocular I 6×16
OLYMPUS ダハプリズム防水単眼鏡 ギャラリースコープ Monocular I 6×16 (JUGEMレビュー »)

観劇・美術鑑賞・セミナーなどの知的シーンや、コンサート会場・ファッションショーなどで大活躍!
軽いのでいつも持ち歩いています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫)
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
宮下規久朗
宮下規久朗先生の最新刊!絵画に描かれた代表的な「モチーフ」を手掛かりに美術を読み解く、画期的な名画鑑賞の入門書。カラー図版150点を収録した文庫オリジナル。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工 (JUGEMレビュー »)

「これ一冊で日本美術を鑑賞する際の知識が全て揃う」
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
アイテムで読み解く西洋名画
アイテムで読み解く西洋名画 (JUGEMレビュー »)
佐藤 晃子
西洋絵画を鑑賞する際に必要となる宗教画,神話画の50のアトリビュートを紹介。ありそうで無かった絵画ファン待望の一冊。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術鑑賞手帳
美術鑑賞手帳 (JUGEMレビュー »)

美術鑑賞の楽しみをさらに広げるこれまでになかった手帳です。ミニガイドと書き込み式の鑑賞の記録ページが一緒に。

自分もお手伝いさせて頂きました。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
画家の食卓
画家の食卓 (JUGEMレビュー »)
林 綾野
画家たちが楽しんだ26のレシピを再現。クレー、フェルメール、セガンティーニ、メムリンクの暮らしと創作現場を巡る旅。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い (JUGEMレビュー »)
サンディ ネアン
とかく扇情的に扱われる美術品盗難。だが実際は、麻薬や犯罪に絡む危険な裏社会と結びつく場合が多い。事件に巻き込まれた学芸員の立場からその実態を訴え、問題点を考察する一書。 レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
江戸の献立 (とんぼの本)
江戸の献立 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
福田 浩,松井 今朝子,松下 幸子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻))
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻)) (JUGEMレビュー »)
長岡 龍作
法隆寺金堂内陣は、普段は大変暗い上に太い円柱に加え、金網が廻らされており、その詳細はなかなか見ることができません。今までに撮影された写真も鮮明さということでは満足のゆくものではありませんでした。今回は最新の撮影技術により、南面(正面)のみならず、北面(背面)からも撮影。その結果、全く見たことがない写真を目の当たりにすることになりました。仏像の質感と量感、豊かな色彩に感嘆し、感動をおぼえる一冊となっています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
山口晃 大画面作品集
山口晃 大画面作品集 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
8年ぶり、待望の最新作品集。11月26日発売!予約しないと!!

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本)
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
山本 勉,ヤノベ ケンジ,橋本 麻里,みうら じゅん
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
知識ゼロからのキリスト教絵画入門
知識ゼロからのキリスト教絵画入門 (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
池上英洋先生が易しく紐解く『聖書』の世界。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
芸術家の家: 作品の生まれる場所
芸術家の家: 作品の生まれる場所 (JUGEMレビュー »)
ジェラール=ジョルジュ ルメール,ジャン=クロード アミエル
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
フェルメールへの招待
フェルメールへの招待 (JUGEMレビュー »)

不肖・私がフェルメール30作品の解説執筆と全体の編集に携わった一冊です。オールカラーB5版。96ページから成る、これまでにないフェルメールパーフェクトガイドです。主に「フェルメール初心者」に向け丁寧に噛み砕いた表現で綴られているので、美術の専門用語を知らずともフェルメール作品について一通りの知識を得ることが出来ます。

お手に取って頂ければ幸甚です。よろしくお願い致します。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件 (JUGEMレビュー »)
レニー ソールズベリー,アリー スジョ
来歴さえあれば、たとえ贋作でも「ほんもの」になる。詐欺師は驚くべき方法で美術史を捏造した。美術界を震憾させた事件を追うドキュメンタリー。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース)
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース) (JUGEMレビュー »)
林 綾野
林綾野さんの待望のフェルメール本!レビュー&インタビュー→こちら
+RECOMMEND
  
ヴァチカン物語 (とんぼの本)
ヴァチカン物語 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
塩野 七生,藤崎 衛,石鍋 真澄
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
野兎の眼
野兎の眼 (JUGEMレビュー »)
松本 典子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105 (JUGEMレビュー »)

掌に収まる単眼鏡は、必要なときにサッとポケットなどから取り出して使える便利な、美術館・博物館必須アイテム。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術のことば案内
日本美術のことば案内 (JUGEMレビュー »)
日高 薫
レビュー→こちら
日本美術鑑賞の際に、よく出てくる言葉を満載。絵画、彫刻、工芸品などの具体的な写真をふんだんに使い紹介
+RECOMMEND
  
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS

 1/4PAGES >>

このページの先頭へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...