青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

田村大さんのインタビュー記事公開しました。

Instagramのフォロワー数が何と10万人を超えている日本人アーティスト田村大(たむら・だい)さん。



女優でも美人モデルでもない、彼がどうしてそんな多くのフォロワー数を抱えているのか、その秘密を探るため、直接ご本人にお会いしてお話を伺ってきました。

【Instagramフォロワー数10万超え!】君は世界が注目するアーティスト田村大を知っているか。

田村大さんのオフィシャルサイトはこちらです。

Official website of Dai TAMURA

田村大さんのインスタフォロワー数も驚きですが、その半数以上が海外の方というのですからこれまたビックリ仰天です。

つまり、日本人の我々がこれまで認知していなかっただけで、既に海外では超メジャーな存在のアーティストだったのです。


描き上げたばかりの新作を見せてもらいました。

田村大さんが、僅か数年でここまでメジャーな存在になったのか実際に会ってお話しを聞くまでは不思議でたまらなかったのですが、10分も経たぬうちにその秘密が分かりました。

今回の記事では彼の持つ「力」のうちの「行動力」に的を絞り書いてみました。

全く新しいアーティストの在り方がそこにはあります。そして彼のずば抜けた「行動力」は我々にも良い刺激を与えてくれます。


まずは、彼のアカウントフォローして日々公開される新作に唸りましょう!

特に描いている過程を早回しの動画(タイムラプス)で撮影したものは必見です。これだけリアルな作品を一発で狙いを定めて色を塗っているなんて信じられません!

2020年、そしてその後に日本を代表するアーティストとして大きく大きく羽ばたくはずです。そんな田村大さんを今から要チェックです!!

田村大(dai.tamura)Instagramアカウント

オフィシャルサイト
Official website of Dai TAMURA

【Instagramフォロワー数10万超え!】君は世界が注目するアーティスト田村大を知っているか。


コピック スケッチ ベーシック36色セット

田村大さんが彩色に用いているのは市販のペン「コピック」です。普通の人が使うペンで人を驚かせる作品を描きたい!のだそうです。

インタビュー後編は近日中に公開します。どうぞお楽しみに!

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5481

JUGEMテーマ:アート・デザイン



インタビュー | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

小学館『ニッポンの国宝』の編集部に行って来ました。

発売前よりSNS上で話題となっていた『ニッポンの国宝 100


週刊 ニッポンの国宝100 1 阿修羅/風神雷神図屏風

分冊百科として9月5日発売となった第一号を皮切りに、週に1冊ずつ計50号まで様々な国宝を取り上げ、これまでにない切り口で紹介していく「国宝百科事典」です。

週刊ニッポンの国宝100|小学館 公式サイト

1冊で2つの国宝を大きく取り上げていますが、関連する国宝や今観られる国宝なども紹介されているので、50冊で100件の国宝ではなく、約300〜400件の国宝に出会えることが出来ます。



ネットでも「こんな付録をつけて500円で大丈夫なのか小学館…」と心配する声が上がっていますが、自分も実物を手にして同じ気持ちになりました。

特別付録 鳥獣人物戯画柄トラベルケースは、これ単体でも500円では到底買えないクオリティです。

初回は500円で次号から三倍の価格に跳ね上がるなんてことウィークリーマガジンではよくあることですが、『ニッポンの国宝』は第2号以降も680円という、とてもリーズナブルな設定となっています。


週刊ニッポンの国宝100 2 金剛力士像/松林図

しかも、特別付録が第2号にも付いてくるのです。運慶仏のオリジナルポストカード15枚!!もう馬鹿なんじゃなないかしらと言いたくなるくらいの太っ腹さ。

展覧会でポストカード買うと一枚150円です。それが15枚となると…2250円。正気か小学館。。。

ということで、とても心配になってきたので編集部にお邪魔して制作の現場を見学がてら担当者にお話しを伺てきました。



神保町駅直結の小学館ビルの某フロアに『ニッポンの国宝』の編集ルームがありました。このビル今年できたばかりなのでとにかく綺麗です。

出版社のオフィスってもっと雑然としたイメージがありますよね。



伺ったのは8月下旬のこと。丁度創刊号の最終調整を編集部で行っている時でした。阿修羅の手が見えますね。

ウィークリーマガジンですが、使用している国宝の写真は、とてもお高い『日本美術全集』と同じものだそうです。候補用の画像やどこかから借りて来た画像ではないのですね。



国宝を所蔵するお寺や美術館・博物館との信頼関係が成立していないとこのような特集は組めないそうです。

阿修羅の顔や手だけをバラバラに分解して掲載したり、風神雷神の実物大の画像を掲載したり確かに他の本や雑誌では絶対目にしないものばかりです。


創刊号と並行して第2号の表紙色味も検討。

そして特別付録の「運慶名作ポストカードブック」もここまで進んでいました。



運慶のポストカードが15枚、第2号に付いてくるはどうやら本当のようです。

流石に心配になって編集長に「これで大丈夫なのですか?」と聞くと「大丈夫じゃないですよ」と笑顔で応えてくれました。

「赤字だけど、国宝ひいては日本美術全体をもっともっと注目してもらうためにひと肌脱いでいるのです」とのこと。と同時に「皆さんに楽しんでもらえるのが一番ですから」とも。


週刊ニッポンの国宝100 2 金剛力士像/松林図

TwitterやFacebookアカウントも、敢えて「ニッポンの国宝」とはせずに「国宝応援団」としたのもそうした願いからだそうです。

Twitter「国宝応援団」
https://twitter.com/kokuhou_project

Facebookページ「国宝応援プロジェクト」
https://www.facebook.com/kokuhouproject/



編集部にお邪魔して一番驚いたのはたった4,5人で全て切り盛りしている点です。週刊ですから次から次へと手を付けていかなくてはなりません。問題も突然降りかかってくることもあります。

第50号が無事書店に並ぶまでスタッフの皆さんが、果たして生き残れるのか…新たな心配が生じた編集部訪問でした。

そうそう、付録はまだまだ続くそうですよ!


編集室の片隅に付録の試作品が!
こ・れ・は!ま・さ・か!!

お忙しい中、無理なお願い聞いて頂きありがとうございました。

週刊ニッポンの国宝100|小学館 公式サイト


週刊 ニッポンの国宝100 1 阿修羅/風神雷神図屏風

私たちには、世界に誇る宝がある.

今年は「国宝」という言葉が誕生してから120年。 日本美術の最高到達点ともいえる「国宝」に秘められた美と文化の歴史を再発見する年に、贈る。



「週刊ニッポンの国宝100」創刊号CM

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=4845

JUGEMテーマ:アート・デザイン



インタビュー | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

小学館『日本美術全集』完結記念 山下裕二先生インタビュー(後編)

20年ぶりに刊行された小学館の『日本美術全集』も2012年の第1回配本「法隆寺と奈良の寺院」から足掛け5年の歳月をかけ、この春に最終巻「日本美術の現在・未来」まで全20巻が出そろいました。


日本美術全集20 日本美術の現在・未来

『日本美術全集』20巻の完結を記念して、編集委員を務めた山下裕二先生(明治学院大学教授)にお話を伺って来ました。

思いのほか、話が弾み、『日本美術全集』以外のことについても色々と思いのたけを語って頂けました。ロングインタービューとなりましたので、前後編に分けての掲載です。

青い日記帳 出前ブログ
山下裕二先生インタビュー(前編)
http://nichibi.webshogakukan.com/bluediary/2016/04/post-12.html

山下裕二先生インタビュー(後編)
http://nichibi.webshogakukan.com/bluediary/2016/05/post-13.html

後編では近年変化した日本美術に対する見方、全20巻が完結したことに対する所感についてお聞きしています。

また、事前にTwitterで募集した山下先生に聞いてみたいことも、質問事項に盛り込んでいます。『日本美術全集』20巻に掲載された作品の中で、果たして山下先生が欲しいものとは?!

Twitterつながりで、山下先生の講演会情報や近況を紹介するTwitterアカウント「(公式)山下裕二研究室」も要チェックです!


https://twitter.com/yuji_kenkyu


日本美術全集20 日本美術の現在・未来

美術館・博物館で開催される展覧会だけでなく、小さな画廊やギャラリーまで足しげく通い、自分の眼で作品の良し悪を判断されている山下先生だからこそ、編集委員という重責を担うことが可能だったのだとあらためて感じます。

日本美術の応援団長として粉骨砕身・東奔西走し活躍されている山下先生のこれだけのインタビュー記事が読めるのは、他にはありません!

青い日記帳 出前ブログ
山下裕二先生インタビュー(前編)
http://nichibi.webshogakukan.com/bluediary/2016/04/post-12.html

山下裕二先生インタビュー(後編)
http://nichibi.webshogakukan.com/bluediary/2016/05/post-13.html

こちらもあわせて是非!

山下裕二先生書斎訪問(1)書斎編
山下裕二先生書斎訪問(2)コレクション編
山下裕二先生書斎訪問(3)『日本美術全集』編

椹木野衣先生インタビュー(1)
椹木野衣先生インタビュー(2)
椹木野衣先生インタビュー(3)


日本美術全集 Eセット 17-20巻(4巻セット) (日本美術全集))


公式Facebookページ『日本美術全集 編集戦記』
https://www.facebook.com/nichibi.shogakukan

萬美術屋 安村敏信の私的日本美術

http://nichibi.webshogakukan.com/yorozu/

青い日記帳 出前ブログ

http://nichibi.webshogakukan.com/bluediary/

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=4346

JUGEMテーマ:アート・デザイン


インタビュー | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

学芸員ならぬ肉芸員がおススメする都内の美味しいお肉のお店ベスト5

ぴあのWeb情報情報サイト「ウレぴあ総研」に楽しくためになるアートコラムの連載始めました。第一回目は「フェルメールをもっと深く楽しめる“3択クイズ”を作ってみた」でしたが、第二回目はがらりと趣向を変えてグルメ記事を書いてみました。


【肉】いい店は美術館の学芸員に聞け!“名物肉芸員”が選ぶ都内必食店5+@

美術館・博物館にお勤めの学芸員さんとお話していると、とにかく美味しいお店をよく知っています。美を求める人は食でも美を追求するようで、いつかはまとめてみたいな〜と思っていました。

学芸員さんやスタッフさんに、ランチで利用しているお店や仕事帰りに立ち寄っているミュージアム近隣の美味しいお店を紹介して頂く企画「ミュージアムごはん」も好評でしたが、もう少し突っ込んだグルメなお話を聞くべく白羽の矢を立てたのが、三井記念美術館の小林祐子学芸員です。



ウレぴあ総研には「うまい肉」というカテゴリーがあることを知り、キラリと目を輝かせつつ早速、小林さんにアポを入れ、取材させてもらいました。

「学芸員」じゃなくて、最近では「肉芸員」なんて呼ばれているの〜と笑顔を見せつつ、次から次へと美味しいお肉のお店情報が。こちらはお腹を鳴らしながら必死にメモを取るのが精いっぱいの辛い(笑)インタビューでした。


小林さんイチオシのお店「カルネヤ」

行かれたことのあるお店もあるかもしれません。5店だけでは収まりきらず、プラスアルファも書き加えてあります。中には山口晃さんの作品でも登場したあのお店も含まれています。

【肉】いい店は美術館の学芸員に聞け!“名物肉芸員”が選ぶ都内必食店5+@



美術館で目と心の保養をしたあとは、美味しいお肉を食べに行けば幸せ3倍増しになります。美術館の近くのお店も紹介されています。しっかり「うまい肉」メモしておきましょう!

たまにはこんな記事も良いですよね!

そうそう、三井記念美術館では現在、美食家・魯山人の展覧会を開催中です。美術館真向かいにあるコレド室町に新しくオープンしたお肉のお店も紹介されています。展覧会が先か、お肉が先か…


特別展 ユネスコ無形文化遺産登録記念
北大路魯山人の美 和食の天才

会期 2016年4月12日(火) – 6月26日(日)
開館時間 午前10時 – 午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日 月曜日 但し、5月2日(月)は開館
会場:三井記念美術館
http://www.mitsui-museum.jp/


【肉】いい店は美術館の学芸員に聞け!“名物肉芸員”が選ぶ都内必食店5+@

他にも面白くてためになるコラム満載です。ウレぴあ総研要チェックです!

ウレぴあ総研http://ure.pia.co.jp/
ウレぴあ総研Twitterhttps://twitter.com/urepia


肉の店BEST 首都圏版 (ぴあMOOK)

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=4320

JUGEMテーマ:アート・デザイン


インタビュー | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

他では読めない椹木野衣先生インタビュー記事

小学館日本美術全集「青い日記帳 出前ブログ」にてお届けしている編集者へのインタビュー。当然のように我が子のように担当された各巻のことを思っていらっしゃるので、お話にも熱が入ります。



日本美術全集19 拡張する戦後美術』の責任編集を務められた椹木野衣先生もそんなおひとり。

お会いしてお話を伺うまでは、正直怖いイメージがありましたが、豈図らんやインタビューは順調を極め、軽く90分はお話をお聞きすることが出来ました。しかも和やかに!

戦後70年目の節目の年にあたる昨年(2015)8月25日に刊行となった『日本美術全集19 拡張する戦後美術』は、戦後から50年間の日本におけるアートシーンをこれまでの常識に捉われることなく編集されています。

はっきり言って存じあげていない作家さんも多く含まれていました。

椹木野衣氏の示唆に富む発言を漏れなくテキスト化出来たかどうかちと不安ではありますが、他では読むことのできない椹木氏の「考え」に是非触れてみて下さい。

椹木野衣先生インタビュー(1)

椹木野衣先生インタビュー(2)

椹木野衣先生インタビュー(3)


椹木 野衣 Noi Sawaragi (@noieu) | Twitter


小学館『日本美術全集19 拡張する戦後美術』


日本美術全集19 拡張する戦後美術 (日本美術全集(全20巻))

※『日本美術全集』は1巻からでも購入可能です。「選べる全集」です。
  


公式Facebookページ『日本美術全集 編集戦記』
https://www.facebook.com/nichibi.shogakukan

萬美術屋 安村敏信の私的日本美術

http://nichibi.webshogakukan.com/yorozu/

青い日記帳 出前ブログ

http://nichibi.webshogakukan.com/bluediary/

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=4303

JUGEMテーマ:アート・デザイン


インタビュー | permalink | comments(0) | trackbacks(0)