弐代目・青い日記帳 

  
TB&リンク大歓迎です!
画家モード・ルイスの生涯を描いた映画『しあわせの絵の具 愛を描く人モード・ルイス』
モード・ルイス(Maud Lewis1903年〜1970年)をご存知でしょうか。


“Deer and Fawn in Winter” by Maud Lewis. Courtesy of the Art Gallery of Nova Scotia, all rights reserved.

カナダで最も愛されている画家ですが、日本ではほとんど紹介される機会がなく、作品を観られる美術館もありません。

絵画をきちんと学んだことのないモード・ルイスが描いた作品は素朴で温かみのあるものばかりです。

そんなカナダ出身の画家モド・ルイスの生涯を描いた感動的な映画が3月3日より公開となります。


http://shiawase-enogu.jp/

リウマチを患い家族からも疎まれてきたモードと孤児院出身で一人で生きてきたエベレットが出会い、生涯を共にした夫婦の小さな愛の物語です。

良いことも悪いことも、きめ細やかに丁寧にすくいとり、まさに「人生」の全てがつまったような心熱くなる作品になっています。


© 2016 Small Shack Productions Inc./ Painted House Films Inc./ Parallel Films (Maudie) Ltd.

モードの絵画のモチーフは身近にある草花や動物などありふれたものですが、彼女の手にかかると温かみがあり愛らしい作品となります。

素朴派の画家として、いまなおカナダで愛されているモード・ルイスの生涯と作品を知る良い機会となりそうです。この映画を観るとノバスコシア州にある美術館へも足を運んでみたくなります。


“Oxen Team Winter” by Maud Lewis. Courtesy of the Art Gallery of Nova Scotia, all rights reserved.

こんな可愛らしい牛の絵見たことありませんよね!

さて、映画の予告動画をご覧ください。この中で壁に直接絵を描いているシーンが出てきます。そこに注目です!


映画『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』予告編

キャンバスだけでなく、身の回りのものにもイラストを描き込み、彼女の住んでいた4メートル四方の家が、一番の作品と言われています。

映画ではスタジオではなく、外に実物大の家を建てそこで撮影を行ったそうです。

「大草原の小さな家」的な牧歌的な雰囲気の中で、画家として周囲に後ろ指をさされながらもたくましく生きんとする姿は、我々に大きな勇気を与えてくれます。


“Three Black Cats” by Maud Lewis. Courtesy of the Art Gallery of Nova Scotia, all rights reserved.

何かとギスギスしたことの多い昨今。仏像展で心を和ませるのと同じ感覚で、モード・ルイス作品と生き方をのんびりとこの映画で愉しみましょう。

心に余裕を与えてくれるとても素敵な作品です!


『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』

公開:2018年3月3日より新宿ピカデリー、Bunkamuraル・シネマ、東劇ほかにて全国公開
監督:アシュリング・ウォルシュ
出演:サリー・ホーキンス、イーサン・ホーク
配給:松竹
公式サイト:http://shiawase-enogu.jp/

映画公開にあわせて、カナダ大使館で、ノバスコシア州の画家モード・ルイスが花柄を描いた缶の容器(実物)のほか、絵画の複製や映画の撮影に使用された小道具などを展示する展覧会が開催されています。


“Cape Islander Cove” by Maud Lewis. Courtesy of the Art Gallery of Nova Scotia, all rights reserved.

「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」映画展
会期:2018年2月1日〜3月13日
会場:カナダ大使館 高円宮記念ギャラリー
住所:東京都港区赤坂7-3-38
電話番号:03-5412-6304
開館時間:10:00〜17:30
休館日:土、日
入場無料
モード・ルイスは、両親と死別後叔母の家で暮らした後、魚の小売をしていたエベレットと結婚。彼女の絵が知られるようになったきっかけは、夫が魚を売る際に、モードが描いたポストカードを一緒に売り始めたことでした。若年性関節リウマチが悪化し、家事があまりできなかったモードに代わり、エベレットが家事をし、モードは絵を描き売ったお金を家計の足しにしていました。彼女が色彩豊かに描く風景や鳥、花などの絵はやがて評判となり、雑誌やテレビなどで取り上げられ、アメリカのニクソン大統領からも絵の依頼が入るほどになりました。ただ、2人は亡くなるまで電気もガスもない小さな小屋で慎ましく暮らし続けました。

扉や壁などに彼女の絵が描かれたモードとエベレットが住んでいた小屋は、1984年にノバスコシア美術館に移築されました。

本展は、モード・ルイスの人生と彼女の作品を知っていただく貴重な機会です。

Maud Lewis 1, 2, 3

Twitterやってます。

@taktwi


Facebookもチェック!


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5013

JUGEMテーマ:アート・デザイン



| 映画・観劇 | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
「二月大歌舞伎」高麗屋襲名披露 草間彌生の祝幕
歌舞伎座百三十年
松本幸四郎改め 二代目 松本白 鸚
市川染五郎改め 十代目 松本幸四郎 襲名披露
松本金太郎改め 八代目 市川染五郎
「二月大歌舞伎」を観てきました。


http://www.kabuki-bito.jp/

高麗屋三代の2月の襲名披露夜の部を観に歌舞伎座へ。高麗屋三代同時襲名は37年ぶりとのこと。

先月は伺えなかったので、満を持して如月に。今月から祝幕が襲名披露に合わせて新調されました。大胆なデザインが目を引きます。


草間彌生デザインの「愛を持って人生を語ろう」の祝幕

草間彌生と市川染五郎改め 十代目 松本幸四郎は実に20年来の親交があるそうで、幸四郎たっての希望で草間の作品をもちいた祝幕にしたとのこと。

「二月大歌舞伎」高麗屋襲名披露の祝幕デザインを発表



今回は1階の花道横の席を取って頂いたこともあり、普段に増して演技はもちろん、歌舞伎座全体の雰囲気も楽しむことができました。

祝幕は高さ7.1メートル、幅は30.3メートルの大迫力。これを観に行くだけでも二月の歌舞伎座行く価値があります。


2階にはこの祝い幕を贈ったご贔屓の方のお名前と共に、立派な木箱も展示されています。

また歌舞伎座にはビックリするような名画が所々にさり気なく掛けられていたりします。→歌舞伎座で観られる日本画の名品

あまり馴染みが無いかもしれませんが、一度足を運んでみると歌舞伎鑑賞はやめられなくなります。

筋書きのないドラマが持てはやされる現代社会において、『筋書き』通りに演じつついかに個性を出すかという点が歌舞伎の一番の醍醐味です。


二月大歌舞伎筋書き表紙

展覧会を観に行くよりもハードルはちと高いかと思いますが、年に一度でも歌舞伎に触れてみて下さい。


歌舞伎の解剖図鑑 (イラストで小粋に読み解く歌舞伎ことはじめ)

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5003

JUGEMテーマ:アート・デザイン



| 映画・観劇 | 20:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
映画「ゴーギャン タヒチ、楽園への旅」
映画「ゴーギャン タヒチ、楽園への旅」を観て来ました。


http://gauguin-film.com/

ポスト印象派の画家ポール・ゴーギャン(1848年6月7日 - 1903年5月8日)が、芸術の都パリに見切りをつけ、南国の島、タヒチへ移り住んだことはあまりにも有名なことです。

タヒチで描いた作品は、パリやポン=タヴァンでの作品よりも、はるかに高額で取引され、時としてオークションの目玉として多くの注目を現在でも集めます。



パリではさっぱり作品が売れずまるで逃げるようにタヒチへ赴いたゴーギャンは、果たして現地でどのような生活をしていたのでしょう。また、絵画制作はどのように行っていたのでしょう。

現在のゴーギャンに対する評価やイメージからは、かけ離れた「ディストピア」を映画「ゴーギャン タヒチ、楽園への旅」では容赦なく描いています。



画家や美術館を扱う映画がここ数年でぐんと増えました。なるべく観に行くようにしていますが、いずれもアプローチの仕方が多彩で映画として十分に楽しめるものばかりです。

アートファンにとっては、ゴーギャン、ゴッホ、シーレ、ロダン、ジャコメッティ、藤田嗣治らの知られざる制作風景や日常生活をフィクションながらも目にすることが出来るのはとても有意義なことです。



映画「ゴーギャン タヒチ、楽園への旅」では、ゴーギャンのタヒチ滞在時の生活の様子を知ることが出来るのが最も大きな収穫です。

この映画を観た後で、タヒチで描いた作品を観ると、これまでとは感じ方が必ず変わるはずです。そうゴーギャンにとってタヒチは決して「楽園」ではなかったのです。


『ゴーギャン タヒチ、楽園への旅』予告篇【2018年1月27日(土)公開】

画家が愛した楽園と、黒髪の女たち―。

19世紀を代表する画家ポール・ゴーギャンのタヒチ時代の知られざる創作の秘密と愛の悲劇。ゴーギャン生誕170周年 ヴァンサン・カッセル主演作品。



2018年1月27日(土)より、Bunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテ他全国ロードショー!

2017年/ フランス/ 102分/カラー/原題:Gauguin Voyage de Tahiti
© MOVE MOVIE – STUDIOCANAL - NJJ ENTERTAINMENT All Rights Reserved
配給:プレシディオ   宣伝:テレザ、クレストインターナショナル

公式サイト:http://gauguin-film.com/

鑑賞前にこの作品の存在について知っておくと、映画をより楽しめます。


ポール・ゴーギャン「死霊が見ている」1892年
オルブライト=ノックス美術館

現在発売中の雑誌『Pen』にこの映画のレビューを書かせて頂きました。ネタバレ無しですので是非読んで下さい。


Pen(ペン) 2018年 2/1 号[アラブは、美しい。]

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=4991

JUGEMテーマ:アート・デザイン



続きを読む >>
| 映画・観劇 | 22:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
ロダン没後100年 ―特別無料上映会「ディヴィノ・インフェルノ―そしてロダンは《地獄の門》を創った」
ロダン没後100年を記念し、上野・国立西洋美術館においてロダンの《地獄の門》制作の過程を紐解く、日本初公開の映像作品「ディヴィノ・インフェルノ―そしてロダンは《地獄の門》を創った」の特別無料上映会が開催されます。


©Droits réservés.

世界遺産・国立西洋美術館でロダン没後100年を記念して制作された日本初公開の映像作品「ディヴィノ・インフェルノ―そしてロダンは《地獄の門》を創った」の特別無料上映会が行われる2017年11月17日(金)は、奇しくもオーギュスト・ロダンの100回目の命日にあたります。



当日17:00からは、ル・コルビュジエの建築作品として世界遺産に登録された本館の壁面に作品の予告編も投影されます。

《地獄の門》や《考える人》などロダンの彫刻とともに作品を鑑賞できる特別な空間が前庭に広がるのです!


©Droits réservés.

ロダン没後100年 ―特別無料上映会
「ディヴィノ・インフェルノ―そしてロダンは《地獄の門》を創った」


日時 2017年11月17日(金)
15:00〜 19:00〜 ※上映時間60分
会場 国立西洋美術館 講堂(企画展示館地下2階)
定員 各回130名
注:当日、各回の開演1時間前より国立西洋美術館本館1階東口付近(企画展示館に降りる階段付近)」で整理券を配付予定。なお、定員に達した場合にはご入場いただけません。



©Droits réservés.

<上映作品について>
1880年、建設予定の装飾芸術美術館の門扉となる大型彫刻の注文を受けたロダンは、ダンテの『神曲』「地獄篇」を題材に《地獄の門》の制作に取りかかる。本フィルムは、ロダンが生涯を通じて取り組み続けた畢生の大作《地獄の門》の創造の道のりを、横浜トリエンナーレへの出品で日本でも知られるミルチャ・カントルらアーティストたちの参加を得て、美術、ダンス、音楽、詩、文学を交差させた幻想的なヴィジョンでたどる。

2017年、ロダン生誕100年を記念する大回顧展を開催したパリのグラン・パレのホールでも上映。



<同時期開催の展覧会>
《地獄の門》への道―ロダン素描集『アルバム・フナイユ』 開催概要
会期 2017年10月21日(土)〜2018年1月28日(日)
会場 国立西洋美術館 版画素描展示室(新館2階)
開館時間 午前9時30分〜午後5時30分
*金曜日・土曜日は午後8時まで *入館は閉館の30分前まで
観覧料(税込)
当日券 500円(一 般)、250円(大学生)
※現在金曜・土曜日の夜間開館時(午後5時以降)の常設展の観覧料は無料
《地獄の門》制作に取り組み始めたロダンはまず、『神曲』「地獄篇」をめぐる大量のデッサンを描いた。1897年に出版された大型素描集『オーギュスト・ロダンのデッサン』(『アルバム・フナイユ』)は、そのうちの142点をフォトグラヴュールによって複製したもので、ロダン自身が制作プロセスに深く加わり、後の「画家本」の先駆ともいわれる。《地獄の門》の関連彫刻作品とともに、この素描集の全図版を紹介する。

ロダンの映画は今年、もう一本上映が決まっています。


オーギュスト・ロダン没後100年記念 ジャック・ドワイヨン監最新作
映画「ロダン カミーユと永遠のアトリエ」

http://rodin100.com/

今年11月に没後100年を迎える、“近代彫刻の父”オーギュスト・ロダン(1840〜1917)。《地獄の門》や、その一部を抜き出した《考える人》で高名な19世紀を代表する芸術家である。彼は42歳の時、弟子入りを切望するカミーユ・クローデルと出会い、この若き才能と魅力に夢中になる。本作はロダン没後100年を記念し、パリ・ロダン美術館全面協力のもと、ル・シネマ1ヒット作の『ポネット』(96)、『ラ・ピラート』(84)の名匠ジャック・ドワイヨンが、ロダンの愛と苦悩に満ちた半生を忠実に描いた力作である。



監督・脚本:ジャック・ドワイヨン 撮影:クリルトフ・ボーカルヌ 衣装:パスカリーヌ・シャヴァンヌ
出演:ヴァンサン・ランドン、イジア・イジュラン、セヴリーヌ・カネル 
2017年/フランス/フランス語/カラー/シネスコ/120分
配給:松竹=コムストック・グループ 
© Les Films du Lendemain / Shanna Besson

映画「ロダン カミーユと永遠のアトリエ」は、11月11日(土)より新宿ピカデリー、Bunkamuraル・シネマほか全国公開です!




ロダン カミーユと永遠のアトリエ

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=4900

JUGEMテーマ:アート・デザイン



| 映画・観劇 | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
映画『謎の天才画家 ヒエロニムス・ボス』
映画『謎の天才画家 ヒエロニムス・ボス』を観てきました。



ここ数年、美術館や作家にスポットをあてたドキュメンタリー映画が多く上映されています。皆さんも何本かご覧になられているのではないでしょうか。

2015年に公開された映画『ヴァチカン美術館 天国への入口』はAmazonプライムで無料で観られます。アートを映画で観て面白いの?と思われる方は是非一度ご覧になってください。



公開されたアート系の映画はほぼ全て観てきましたが、今回の映画『謎の天才画家 ヒエロニムス・ボス』は、これまでにない新鮮な内容と展開の作品でした。

簡単に説明すると、スペイン、プラド美術館所蔵のヒエロニムス・ボス「快楽の園」(三連祭壇画)をひたすら、とことん追求していくのです。



大勢の鑑賞者で賑わうプラド美術館。閉館後夜の展示室に招かれたのは、ボス研究家の第一人者ラインダー・ファンケルベルグ。

ブリューゲルをはじめとし、ルーベンスやあのダリやマグリットたちに大きな影響をあたえたボスの傑作「快楽の園」について語ります。

そこには「うん、うん。」と納得する点や、「なるほど〜」とこれまで気が付かなった新たな知見が散りばめられています。



映画『謎の天才画家 ヒエロニムス・ボス』の見どころは、それだけではありません。次から次へと様々なジャンルで活躍する人々がこの奇妙な祭壇画の謎を解かんと登場し、私見を述べていくのです。

ノーベル賞作家のオルハン・パルク、ソプラノ歌手のルネ・フレミング、作家のセース・ノーテボームとサルマン・ラシュディらが、”悪魔のクリエーター”ボスの謎に、夜の美術館で果敢に挑むのです。



他にも、作曲家のルドヴィコ・エリナウディ、画家のミケル・バルセロ、指揮者のウィリアム・クリスティ、写真家のイザベル・ムリョス、音楽学者のホアキン・ディアスなど総勢20名以上の「芸術家」たちが、ボス作品について語るのです。

一枚の絵を前に、自分自身で考えつくことは限られています。展覧会へ友人と行き、鑑賞後に作品について語る時間は他者の視点を知る上でとても大切なことです。SNSでの意見を探したるするのと同様に。

「快楽の園」は、ひとりで解釈するには明らかにキャパオーバーな作品ですが、こうして多くの人々の意見を聴くことで、見えなかった部分にも光が当たってくるものです。



蔡國強が登場したのには驚きましたが、美術・音楽・演劇etc…多様なジャンルのアーティストたちがテンポよく語る「ボス愛」はこの映画の大きな見どころのひとつです。

更に、プラド美術館全面協力のもと実施された赤外線やX線などの科学分析により、「快楽の園」の下絵が分析され、これまで知られていなかった重要な変更箇所が明らかにされます。



少々マニアックなアプローチもこの映画ではなされています。それは、ボスの時代を理解するうえで実は大変重要なポイントである宗教、思想面からのものです。

「聖母マリア兄弟会」の証言は、中世社会における罪悪感や贖罪感などを知る上で見逃せない場面となっています。

勿論、絵画的な解説もクリュニー中世美術館館長エリザベット・タビュレ=ドゥラエや元メトロポリタン美術館館長フィリップ・デ・モンテベロらによってしっかりとフォローされています。



あっと言う間の90分です。ボスの作品を語るにはまだまだ時間は必要ですが、まずは「入門編」としてこの映画でボスの知られざる世界を思う存分味わって下さい。

ボスの作品は世界中に僅か25点しか現存していません。この映画をきっかけにボス巡礼の旅に出るのも悪くありません。


映画『謎の天才画家 ヒエロニムス・ボス』予告

映画『謎の天才画家 ヒエロニムス・ボス』は、12月 シアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショーです!


映画『謎の天才画家 ヒエロニムス・ボス』

監督:ホセ・ルイス・ロペス=リナレス
製作:ロペス=リ・フィルムズ、プラド美術館
出演:ラインダー・ファルケンブルグ、オルハン・パムク、サルマン・ラシュディ、セース・ノーテボーム、ルネ・フレミング
2016年/スペイン・フランス映画/英語・スペイン語・フランス語・中国語/16:9/5.1ch/90分
原題:El Bosco. El jardín de los sueños/英題:Bosch,The Garden of Dreams
© Museo Nacional del Prado © López-Li Films / 提供:ニューセレクト 配給:アルバトロス・フィルム


謎解き ヒエロニムス・ボス (とんぼの本)


『快楽の園』を読む ヒエロニムス・ボスの図像学 (講談社学術文庫)

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=4899

JUGEMテーマ:アート・デザイン



| 映画・観劇 | 23:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 素敵な時間を楽しむ』(世界文化社)好評発売中です。


青い日記帳(編集)『美術展の手帖』小学館より発売中です。


青い日記帳「出前ブログ」


gooいまトピ連載中

朝日マリオン・コム「ぶらり、ミュージアム」

びゅうたび連載中


山下裕二&井浦新トークショー


青い日記帳コラボグッズ

「展覧会に出かける前に準備しておきたい5つのこと。」

「展覧会を何十倍も楽しむために心がけたい5つの秘訣。」

フェルメールへの招待
國學院大學文学部教授の小池寿子先生監修。不肖私(Tak)が編集と一部執筆しました。詳細はこちら

【展覧会レビュー】
「国宝 雪松図と花鳥 美術館でバードウォッチング」
「上原コレクション名品選」
「セーヴル、創造の300年」
「パリ・グラフィック」
かみさんが選ぶ「2017年 展覧会ベスト10」
プロが選ぶ「2017年 ベスト展覧会」
読んでおきたい10冊のアート関連本

パリ行って来ました
オランダ行って来ました
 

BLUE HEAVEN(本館)

『文藝春秋』に寄稿しました。

『AERA』に載りました。

「マウリッツハイス美術館展公式ガイドブック」編集・一部執筆しました

「ザ・シネマ」に寄稿しました。

トークショーに出演しました

日経に掲載されました

朝日新聞に掲載されました

再び日経に掲載されました

「美連協ニュース」寄稿

『アートコレクター』で紹介されました

Yahoo!カテゴリ絵画に登録されました

+ CATEGORIES
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
moon phases
 
   
+RECOMMEND
  
ロマネスク美術革命 (新潮選書)
ロマネスク美術革命 (新潮選書) (JUGEMレビュー »)
金沢 百枝
11~12世紀のロマネスクこそは、ヨーロッパ美術を大きく塗りかえる「革命」だった。宮廷文化から民衆文化への流れのなかで、知識より感情を、写実よりかたちの自由を優先する新たな表現が、各地でいっせいに花ひらく。古代ギリシア・ローマやルネサンスだけがスタンダードではない。モダン・アートにも通じる美の多様性を、豊富な図版を例に解きあかす。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
若冲の描いた生き物たち
若冲の描いた生き物たち (JUGEMレビュー »)
小林 忠,小宮 輝之,湯浅 浩史,佐々木 猛智,本村 浩之,秋篠宮 文仁
若冲と学研がコラボした画期的な若冲本!レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
叢 小田康平の多肉植物
叢 小田康平の多肉植物 (JUGEMレビュー »)
小田 康平
「人の間にあるサボテン−自由な美しさ、見たことのないトーン。自然と人との関わり、その不思議を小田康平さんは知っている。とても豊かだ」レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ)
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ) (JUGEMレビュー »)
岡田 裕子,阿部 謙一,松下 学
現代美術家岡田裕子が主宰、会田誠顧問による謎の人形劇団「劇団★死期」の伝説の公演を小説化。アートの知識を楽しく学べる児童文学。

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
名画のネコはなんでも知っている
名画のネコはなんでも知っている (JUGEMレビュー »)
井出 洋一郎
ゴッホ、ミレー、ゴーギャン、ゴヤ、ルノワール、歌麿、北斎、国芳などの天才画家たちの思想を、まさかのネコ目線でひも解く、新感覚な名画解説書。
+RECOMMEND
  
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ) (JUGEMレビュー »)
オノユウリ
アートに囲まれて働く美術館学芸員。優雅な職業のイメージだけど、実際は日々、ドタバタの連続なのです!? 展覧会の舞台裏から、学芸員のお仕事のリアルまで。美術館の知られざる一面を描くコミックエッセイ!
+RECOMMEND
  
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556)
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556) (JUGEMレビュー »)
山本 聡美
腐敗し白骨化してゆく亡骸の様子を克明に描く「九相図」。仏教とともに伝来し、日本に深く根を下ろしたこの図像には、生と死、そして肉体の無常をめぐるいかなる想いが秘められているのか。豊富な図版とともに探る。
+RECOMMEND
  
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル)
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル) (JUGEMレビュー »)
谷口 ジロー
ルーヴル美術館とビッグコミックオリジナルの共同企画。オールカラー豪華版。
+RECOMMEND
  
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス)
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス) (JUGEMレビュー »)
黒田 いずま
美術館で働く学芸員の近江さん。個性豊かなメンツが解説、展示、監視などの仕事を通して、日々様々な工夫をしながら楽しく来館者をお出迎えする日常をユーモラスかつ鋭いツッコミで描いた作品。
+RECOMMEND
  
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡 (JUGEMレビュー »)

普段は単眼鏡で済ませていますが、どうしても隅々まで観たい作品の場合はこの双眼鏡を使ってます。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書)
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書) (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
美術史の実践方法が最後にまとめられています!世界が変わる、名画の見方。前作「西洋美術史入門」からさらに一歩奥へ。池上英洋 著

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection)
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection) (JUGEMレビュー »)
川端 康雄,加藤 明子
夏目漱石をイチコロにしたウォーターハウスの文学性と蠱惑的な魅力を余すところなく紹介!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福 (JUGEMレビュー »)
池永康晟
日本画の異才“池永康晟”がベールを脱ぐ!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
すゞしろ日記 弐
すゞしろ日記 弐 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
画家・山口晃のエッセー漫画第2弾。

面白きことも無き世を、面白く!

画家・山口晃の“どーでもいいけど楽しげなこと”満載
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
OLYMPUS ダハプリズム防水単眼鏡 ギャラリースコープ Monocular I 6×16
OLYMPUS ダハプリズム防水単眼鏡 ギャラリースコープ Monocular I 6×16 (JUGEMレビュー »)

観劇・美術鑑賞・セミナーなどの知的シーンや、コンサート会場・ファッションショーなどで大活躍!
軽いのでいつも持ち歩いています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫)
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
宮下規久朗
宮下規久朗先生の最新刊!絵画に描かれた代表的な「モチーフ」を手掛かりに美術を読み解く、画期的な名画鑑賞の入門書。カラー図版150点を収録した文庫オリジナル。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工 (JUGEMレビュー »)

「これ一冊で日本美術を鑑賞する際の知識が全て揃う」
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
アイテムで読み解く西洋名画
アイテムで読み解く西洋名画 (JUGEMレビュー »)
佐藤 晃子
西洋絵画を鑑賞する際に必要となる宗教画,神話画の50のアトリビュートを紹介。ありそうで無かった絵画ファン待望の一冊。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術鑑賞手帳
美術鑑賞手帳 (JUGEMレビュー »)

美術鑑賞の楽しみをさらに広げるこれまでになかった手帳です。ミニガイドと書き込み式の鑑賞の記録ページが一緒に。

自分もお手伝いさせて頂きました。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
画家の食卓
画家の食卓 (JUGEMレビュー »)
林 綾野
画家たちが楽しんだ26のレシピを再現。クレー、フェルメール、セガンティーニ、メムリンクの暮らしと創作現場を巡る旅。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い (JUGEMレビュー »)
サンディ ネアン
とかく扇情的に扱われる美術品盗難。だが実際は、麻薬や犯罪に絡む危険な裏社会と結びつく場合が多い。事件に巻き込まれた学芸員の立場からその実態を訴え、問題点を考察する一書。 レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
江戸の献立 (とんぼの本)
江戸の献立 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
福田 浩,松井 今朝子,松下 幸子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻))
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻)) (JUGEMレビュー »)
長岡 龍作
法隆寺金堂内陣は、普段は大変暗い上に太い円柱に加え、金網が廻らされており、その詳細はなかなか見ることができません。今までに撮影された写真も鮮明さということでは満足のゆくものではありませんでした。今回は最新の撮影技術により、南面(正面)のみならず、北面(背面)からも撮影。その結果、全く見たことがない写真を目の当たりにすることになりました。仏像の質感と量感、豊かな色彩に感嘆し、感動をおぼえる一冊となっています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
山口晃 大画面作品集
山口晃 大画面作品集 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
8年ぶり、待望の最新作品集。11月26日発売!予約しないと!!

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本)
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
山本 勉,ヤノベ ケンジ,橋本 麻里,みうら じゅん
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
知識ゼロからのキリスト教絵画入門
知識ゼロからのキリスト教絵画入門 (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
池上英洋先生が易しく紐解く『聖書』の世界。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
芸術家の家: 作品の生まれる場所
芸術家の家: 作品の生まれる場所 (JUGEMレビュー »)
ジェラール=ジョルジュ ルメール,ジャン=クロード アミエル
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
フェルメールへの招待
フェルメールへの招待 (JUGEMレビュー »)

不肖・私がフェルメール30作品の解説執筆と全体の編集に携わった一冊です。オールカラーB5版。96ページから成る、これまでにないフェルメールパーフェクトガイドです。主に「フェルメール初心者」に向け丁寧に噛み砕いた表現で綴られているので、美術の専門用語を知らずともフェルメール作品について一通りの知識を得ることが出来ます。

お手に取って頂ければ幸甚です。よろしくお願い致します。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件 (JUGEMレビュー »)
レニー ソールズベリー,アリー スジョ
来歴さえあれば、たとえ贋作でも「ほんもの」になる。詐欺師は驚くべき方法で美術史を捏造した。美術界を震憾させた事件を追うドキュメンタリー。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース)
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース) (JUGEMレビュー »)
林 綾野
林綾野さんの待望のフェルメール本!レビュー&インタビュー→こちら
+RECOMMEND
  
ヴァチカン物語 (とんぼの本)
ヴァチカン物語 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
塩野 七生,藤崎 衛,石鍋 真澄
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
野兎の眼
野兎の眼 (JUGEMレビュー »)
松本 典子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105 (JUGEMレビュー »)

掌に収まる単眼鏡は、必要なときにサッとポケットなどから取り出して使える便利な、美術館・博物館必須アイテム。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術のことば案内
日本美術のことば案内 (JUGEMレビュー »)
日高 薫
レビュー→こちら
日本美術鑑賞の際に、よく出てくる言葉を満載。絵画、彫刻、工芸品などの具体的な写真をふんだんに使い紹介
+RECOMMEND
  
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS

 1/24PAGES >>

このページの先頭へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...