青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

「5Gで文化財 国宝『聖徳太子絵伝』ARでたどる聖徳太子の生涯」

東京国立博物館にて「5Gで文化財 国宝『聖徳太子絵伝』ARでたどる聖徳太子の生涯」が開催されます。


5G仕組み概要
5Gで文化財 国宝「聖徳太子絵伝」アニメーションより(合成)

「5Gで文化財 国宝『聖徳太子絵伝』ARでたどる聖徳太子の生涯」は、東京国立博物館、文化財活用センター、KDDI株式会社が音頭を取り、「5G」やAR(拡張現実)などの先端技術を活用して文化財の魅力を引き出すイベントです。

第5世代移動通信システム「5G」やAR(拡張現実)などの先端技術を活用して文化財の魅力を引き出すことで、文化財の保護に加えて新たな鑑賞体験を提案する共同研究プロジェクトを発足させたのが昨年(2019年)9月。

コロナの影響で実働が遅れましたが、この秋東京国立博物館法隆寺館にてようやく開催される運びとなりました。


魔法のグラス使用イメージ

9月29日から開催となる「5Gで文化財 国宝『聖徳太子絵伝』ARでたどる聖徳太子の生涯」は、共同研究プロジェクトの第1弾。まだまだこれから先も続いていきます。

まず今回は、1面あたり18億画素の高精細画像と5Gの高速大容量通信技術やAR(拡張現実)技術を組み合わせることで、かつて奈良・法隆寺の東院伽藍(とういんがらん)に位置する絵殿の内壁にはめこまれていた東京国立博物館所蔵の国宝『聖徳太子絵伝』の魅力の新たな鑑賞体験を提供。

使用するのは2種類いずれかのツールです。


魔法のグラス


魔法のルーペ

これらを使い、1面あたり18億画素という高精細・大容量画像やARを用いて制作した『聖徳太子絵伝』コンテンツが、5G高速低遅延な通信を活用することで、ストレスなく、より分かりやすく鑑賞することが可能となるそうです。


魔法のグラス使用イメージ

1069年に絵師・秦致貞(はたのちてい)によって描かれた国宝『聖徳太子絵伝』は、聖徳太子の生涯を描く絵伝のなかで最も古い作品です。

「36人の子どもの話を記憶する」「憲法十七条をつくる」などの太子にまつわる58の事蹟(エピソード)が10面に描かれています。


国宝「聖徳太子絵伝」(太子1歳、部分)
平安時代・延久元年(1069) 全10面のうち第1面 東京国立博物館蔵


太子誕生(1歳、研究員が監修し作画したイラスト)
5Gで文化財 国宝「聖徳太子絵伝」アニメーションより

現在は東京国立博物館が所蔵している大変貴重な作品ですが、長い年月を経て画面はいたみ、展示ケース越しでは細かい描写を鑑賞することがかないません。

また、作品保存の観点から、年に1カ月ほどの限られた期間のみ展示しています。


魔法のルーペ

5Gスマートフォンを「魔法のルーペ」として複製画パネルにかざすと、スマートフォン画面に高精細画像がパネルとぴったり重なって表示されます。

58のエピソードから鑑賞したいものを選択すると、解説とナレーションにより「絵伝」をさらに深く知ることが可能です。

1面あたり18億画素の高精細・大容量画像が5Gによりスムーズに拡大縮小でき、肉眼では見ることが難しいディテールまで鑑賞することができます。


国宝「聖徳太子絵伝」(太子27歳、部分)
平安時代・延久元年(1069) 全10面のうち第3面 東京国立博物館蔵


黒駒で空を飛んで富士山へ(27歳、研究員が監修し作画したイラスト)
5Gで文化財 国宝「聖徳太子絵伝」アニメーションより

実際はもっと鮮明に「見え過ぎて困る!」ほどはっきりと魔法のグラスヤルーペ(スマホ)に映し出されるはずです。

ARグラス「NrealLight」では、東京国立博物館の研究員が監修し、分かりやすく作成したアニメーションを通じて、直観的で新しい文化財鑑賞体験も出来るとのこと。


浮遊する太子(11歳、研究員が監修し作画したイラスト)
5Gで文化財 国宝「聖徳太子絵伝」アニメーションより

未知の領域なので、リリースを読んだだけでは何が行われ、どんだけ凄いのかはっきり分かりませんので、始まったら早速トーハクで体験してきてます!


5Gで文化財 国宝『聖徳太子絵伝』ARでたどる聖徳太子の生涯

会期:2020年9月29日 (火)〜2020年10月25日 (日)

開館時間:9:30〜17:00
(入館は閉館の30分前まで、会期中の金曜・土曜は21:00まで開館)
入館とコンテンツ体験の両方にオンラインによる事前予約 (日時指定券) が必要となります。
http://adp.au.com/eden/
休館日:月曜日
会場:東京国立博物館 法隆寺宝物館
(東京都台東区上野公園13-9)
https://www.tnm.jp/
観覧方法:入館とコンテンツ体験の両方にオンラインによる事前予約 (日時指定券) が必要となります。
主催:東京国立博物館、文化財活用センター、KDDI
協力:NHKエデュケーショナル

展覧会公式サイト:http://adp.au.com/eden/


Twitter:https://twitter.com/taktwi
Facebook:https://www.facebook.com/bluediary2/
Instagram:https://www.instagram.com/taktwi/
mail:taktwi(アットマーク)gmail.com

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5989

JUGEMテーマ:アート・デザイン



展覧会告知 | permalink | comments(0) | -

「TAGBOAT×百段階段」展〜文化財と出会う現代アート〜

ホテル雅叙園東京内にある東京都指定有形文化財「百段階段」にて現代アートの展覧会が開催されています。


漁礁の間

昭和10年に建てられた旧目黒雅叙園3号館:通称「百段階段」

99段の階段廊下で結ばれた各部屋はそれぞれ趣向が異なり、各部屋の天井や欄間には、当時屈指の画家や大工によって創り上げられた美の世界が広がっています。

そんな「百段階段」とアジア最大のオンラインギャラリーを運営する株式会社タグボートとのありそうでなかった現代アート展。

これまでとは一味も二味も違う「百段階段」と出会えます。


星光の間

「TAGBOAT」がセレクトした30名の新進アーティストによる独創的なアート作品が文化財を舞台に新たな世界感を創り上げています。

はじめにこの企画を耳にした際、あの空間に果たして現代アートがマッチするのか少し懐疑的でした。

これまで生花やお雛様などの展覧会を多く開催してきた「百段階段」に、果たして尖がった作品の展示をどう展示するのかと。


草丘の間


天井の間

画像をご覧になっただけでお分かりのように、不安は全くの杞憂でした。

逆に、めちゃくちゃ合うじゃないですか!現代アート作品!!どうしてこれまでやらなかったのかが不思議なくらいです。

若い方へこれがきっかけで「百段階段」の存在や魅力を知ってもらえるまさに好機。


十畝の間

現代アートと、昭和初期に当時屈指の画家や大工によって創り上げられた美の世界の融合を体験することの出来る稀有な機会とも言えます。

参加アーティスト / 五十音順
Aira / AKI / ayaka nakamura / Limo / TARTAROS JAPAN / 石井七歩 / 石川美奈子 / 伊藤咲穂 / 大槻 透 /カネコタカナオ/鴨下容子 / 神田さおり / 小池正典 / 後藤夢乃 / 榊 貴美 / 塩見真由 / 田村久美子 /坪山 斉 / 友成哲郎 / 西島雄志 / 橋本 仁 / 濱村 凌 / 早川モトヒロ / ヒロ杉山 / 廣瀬祥子 / ホリグチシンゴ /前田博雅 / 柳田有希子 / 山口真人 / 渡邉 光



「TAGBOAT × 百段階段」展〜文化財と出会う現代アート〜【メイキング動画】

絵画作品のみならず、漉き和紙によるインスタレーションや、写真、デジタル作品、そして立体的な作品など、幅広い表現力を持つ新進気鋭の作家が「百段階段」に集っています。

昭和-平成-令和と時代を越えたコラボレーションを体感しにホテル雅叙園東京「百段階段」へgo!!(学生さんは特別にワンコイン500円で入館できます)


「TAGBOAT×百段階段」展 〜文化財と出会う現代アート〜

開催期間:2020年9月11日(金)〜10月11日(日)
開催時間:日〜木曜日・祝日 10:00〜17:00
金・土・祝前日 10:00〜20:00 ※最終入館ともに閉館30分前
会場:ホテル雅叙園東京 東京都指定有形文化財「百段階段」
https://www.hotelgajoen-tokyo.com/100event/tagboat
主催:株式会社タグボート・ホテル雅叙園東京

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5988

JUGEMテーマ:アート・デザイン



展覧会告知 | permalink | comments(0) | -

国立新美術館 「佐藤可士和展」

今年度(2020年)国立新美術館にて開催予定だった「佐藤可士和展」の延期が発表されてから、しばらく公式アナウンスが無かったので心配していましたが、2021年2月より開催されることが正式に決定しました。


https://kashiwasato2020.com/

公式サイトのドメインに2020と入っているところが泣けます。

日本を代表するクリエイティブディレクター、佐藤可士和(1965年生)。彼が手掛けたものを目にしない日は一日もありません。

それほど我々の日常生活の中に浸透しています。

但しそれらを佐藤可士和(さとう・かしわ)のデザインと認識している人は多くありません。


「今治タオル」 ブランディングプロジェクト
トータルプロデュース、2006年−

その自然さと言うか、強烈な個性を敢えて抑えている点が佐藤可士和デザインの大きな魅力のひとつであり、多くの企業などから依頼が舞い込む理由でもあります。

1990年代、株式会社博報堂でアートディレクターとして斬新な広告プロジェクトを次々と手がけた佐藤。

2000年の独立以降、企業から、幼稚園、病院、ミュージアム、エンターテインメント界、ファッション界、そして地域産業まで、多種多様な分野で革新的なVI・CI計画やブランド戦略を手がけ、国内外から注目を集めてきました。


「ふじようちえん」 リニューアルプロジェクト
トータルプロデュース、2007年


「日清食品関西工場」
トータルプロデュース、2019年

「伝えるべき情報を整理してその本質を抽出し、誰もが一目で理解できる視覚言語・記号に置き換え、広く伝達する」をデザインの根本原理としている佐藤。

デザインの概念を拡張・刷新するだけでなく文化、経済活動、そして私たちの日常生活に至るまで、社会のすみずみに影響を及ぼしています。


グローバル旗艦店
「ユニクロ ソーホー ニューヨーク店」

屋外広告(工事中店舗の仮囲い)、2006年

毎日のようにお世話になっているセブンイレブンの店舗内や制服、ロゴデザインなど全て佐藤可士和によるものです。
https://www.sej.co.jp/products/branding.html

セブンの店内が他のコンビニと違いスッキリと整えられた印象を受けるのは、佐藤マジックが仕掛けられているからに他なりません。


「ステップワゴン」 ポスター (B0判2連)
1998年

過去最大規模の個展となる「佐藤可士和展」では、佐藤自身が会場構成をキュレーション。

約30年にわたる佐藤の活動の軌跡を多角的に紹介していきます。どれもみな知っているものばかりできっと驚かれるはずです。

展示室を巡る来場者は、佐藤の数々の仕事を「作品」として鑑賞する刺激的な体験を通して、その唯一無二のクリエイティビティを体感することになるでしょう。


「国立新美術館」 VI計画
2006年

会場となる国立新美術館のビジュアル・アイデンティティ(Visual Identity)を手がけた佐藤可士和の大規模個展。

同じ時代に行き同じ空気を吸っているデザイナーの展覧会をこうして観られる機会は今しかできないとても貴重な体験なのです。


「佐藤可士和展」

会期:2021年2月3日(水)〜5月10日(月)
会場:国立新美術館 企画展示室1E
(〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2)
https://www.nact.jp/information/access/
休館日:毎週火曜日
※ただし、2月23日(火・祝)、5月4日(火・祝)は開館、2月24日(水)は休館
開館時間:10:00〜18:00
※入場は閉館の30分前まで。
※開館時間は変更になる場合がございます。
主催:国立新美術館、SAMURAI、TBSグロウディア、BS-TBS、朝日新聞社、TBSラジオ、TBS
共催:ぴあ
特別協賛:ユニクロ、楽天、日清食品
協賛:セブン&アイ・ホールディングス、ヤンマーホールディングス、UR都市機構、エイブル&パートナーズ、ワイマラマジャパン、LDH JAPAN、くら寿司、クレアプランニング、コナカ、千里リハビリテーション病院、DDホールディングス、ビューティーエクスペリエンス、三井物産、丹青社、丹青ディスプレイ、日本GLP、NISSHA、カシオ計算機、グローブライド、東北新社、ナスタ、Honda、エー・ピーカンパニー山下PMC、三輪山本、OCHABI、青木酒造、伊丹産業、カネボウ化粧品、キリンビール、山形緞通、カルチュア・コンビニエンス・クラブ、明治学院大学
協力:今治タオル工業組合、KIHARA、クロススポーツマーケティング、慶應義塾大学、光和、国際空手道連盟極真会館、大洋印刷、武田薬品工業、ふじようちえん
後援:佐賀県、有田町

展覧会公式サイト
https://kashiwasato2020.com/


『佐藤可士和の打ち合わせ』 (日経ビジネス人文庫)

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5985

JUGEMテーマ:アート・デザイン



展覧会告知 | permalink | comments(0) | -

ポーラ美術館に大型ネオン作品が英国より到着!

ポーラ美術館にて、現代のイギリスを代表するアーティスト、ケリス・ウィン・エヴァンス(Cerith Wyn Evans)による展覧会が開催されています。



実は、当初の予定では2020年6月7日(日)に展示が全て整うはずでしたが、新型コロナウイルス感染症の影響により、今回の展覧会の目玉となる大型ネオン作品《The Illuminating Gas...(after Oculist Witnesses)》の展示が出来ない状態でした。

ようやく、イギリスからこの作品が到着し、9月7日(月)からポーラ美術館ロビーの吹き抜けにて展示がスタートしました。


ケリス・ウィン・エヴァンス《The Illuminating Gas...(after Oculist Witnesses)》2015年
ネオン 378×319×191cm 展示風景
ポーラ美術館 ©Ken KATO

ウェールズ出身のケリス・ウィン・エヴァンスは、光や音など抽象的な素材を用いて、感覚に強く訴えかける作品を制作しています。

1970年代末、映画作家デレク・ジャーマンのアシスタントを務めながら、実験的な映像作品を発表し、作家活動を開始したケリス・ウィン・エヴァンス。

90年代以降、彫刻やインスタレーション、写真や映像など表現の幅を広げており、その多様な作品には、言語や認識、時間の概念が通底しています。


(A)=D=R=I=F=T》2015年 スピーカー、アンプ、メディアプレイヤー、鏡、ステンレススチール展示風景
ポーラ美術館 ©Ken KATO

館内だけでなく、作品を野外に連れ出し、森の中でも展示を行っています。

スーザン・フィリップスのサウンド・インスタレーションとの相性も良さそうです。

ポーラ美術館を取り囲む原生林の中にアート作品を置くと、魅力が10倍増しになりますね。


299792458 m/s》2004/2010年 ネオン 展示風景
ポーラ美術館 ©Ken KATO

ケリス・ウィン・エヴァンスのネオン作品については、明菜さんがいまトピのコラムで詳しく書いてくれています。

ゲームやARの世界が現実に!?ネオンを使った現代アートが凄すぎる!

ケリス・ウィン・エヴァンス(Cerith Wyn Evans)プロフィール
1958年、ウェールズ、スラネリ生まれ。1984年、ロイヤル・カレッジ・オブ・アート(ロンドン)卒業。ロンドン在住。近年の主な個展に、ピレリ・ハンガービコッカ(ミラノ、2019年)、テート・ブリテン(ロンドン、2017年)、サーペンタイン・サックラー・ギャラリー(ロンドン、2014年)など。主なグループ展に、ミュンスター彫刻プロジェクト(2017年)、ヴェネチア・ビエンナーレ(2017年)、あいちトリエンナーレ(2010年)、横浜トリエンナーレ(2008年)他。
ケリス・ウィン・エヴァンス展 特設サイト
https://www.polamuseum.or.jp/cerith/


ケリス・ウィン・エヴァンス《The Illuminating Gas...(after Oculist Witnesses)》2015年
ネオン 378×319×191cm 展示風景
ポーラ美術館 ©Ken KATO

これまで日本国内では、グループ展やギャラリー、アートスペースでのみ紹介されてきたケリス・ウィン・エヴァンス。

ポーラ美術館の展覧会では、写真等を用いた平面作品から立体、音を発するモビール状の作品、そして代表作のネオン作品まで、作家の多岐にわたる制作を網羅。


ケリス・ウィン・エヴァンス《The Illuminating Gas...(after Oculist Witnesses)》2015年
ネオン 378×319×191cm 展示風景
ポーラ美術館 ©Ken KATO

なお、ポーラ美術館では現在「モネとマティス−もうひとつの楽園」展も開催中です。

暑さもようやく収まり出かけやすい季節となりました。一足早く秋を見つけに箱根まで出かけてみましょう。

箱根登山鉄道も全線開通していました!


「モネとマティス−もうひとつの楽園」展

会期:2020年6月1日(水)〜11月3日(火・祝)
開館時間:9:00〜17:00(最終入館は16:30)
会場:ポーラ美術館
神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285
https://www.polamuseum.or.jp/
主催:公益財団法人ポーラ美術振興財団ポーラ美術館
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本

図録は一般書籍として販売されています。


モネとマティス もうひとつの楽園
求龍堂

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5987

JUGEMテーマ:アート・デザイン



続きを読む >>
展覧会告知 | permalink | comments(0) | -

宍戸竜二個展「ハピネス」

宍戸竜二個展「ハピネス」が、ギャラリーハウスMAYAにて開催されます。


https://shishidoryuji-ex.wixsite.com/happiness

コロナ禍直前の2020年2月12日に開催されたトークイベント「The Art Club」でお話を伺った宍戸竜二さんの個展が9月28日より始まります。

傷ついた人々を癒すような絵を描きたい(アーティスト 宍戸竜二)

石戸さんの作品は皆さんもどこかで必ず目にしているはずです。

本やCDの装丁、装画、ジャケットなど数多く手掛けています。


『うさぎ幻化行』 (創元クライム・クラブ)
北森鴻著


『キャンパス事情』
光丘弘二 著


『gift』 (集英社文庫)
古川日出男著


『禁猟区』 (新潮文庫)
乃南アサ著


TIGER LILY
ケンモチヒデフミ

The Art Club」でのトークやその後の交流会で自身の作品をはじめとする様々なことを聞かせて頂き、これまで会ったことのないタイプの作家であると強く感じました。

私自身さほど多くの画家さんと交流を持っているわけではありませんが、宍戸さんはこれまで出会った中で最も慎ましやかな方でした。

彼が書くテキストを読むとそのことを少しは分かってもらえるかと思います。

宍戸竜二note

こんな繊細でナイーヴな方が、この世の中を渡り歩いていくのはさぞかし大変でしょう。しかし、葛藤を抱えながらも描く世界はとても晴れやかで好き渡っているのです。


宍戸竜二「NHK出版 年賀状用イラスト」

宍戸竜二さんの公式サイトにはこれまで手掛けてこられた作品が数多く掲載されています。
https://shishidoryuji.jimdofree.com/

村上春樹著 小説『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』(UK版)も手掛けていたり、近年ではパブリックアートも描くなど活躍の場を広げています。


宍戸竜二 個展「ハピネス」制作風景ムービー
イラストレーションの制作では、「タイトル」を強く意識してきました。
タイトルとは絵を説明するものではなく、その絵に存在する感情を表現するもの、と私は捉えています。
そのタイトルは徐々に言葉のようになり、そしてストーリーとなりました。
今回の作品展のテーマはハピネス「幸せ」です。
絵と言葉を使い、より深い心の奥へとご案内することができたらいいなと思っています。


今回の、宍戸竜二個展「ハピネス」では新作イラストレーションに、何とオリジナルの短編小説が付いてきます!

小説も勿論、宍戸さんの書き下ろしです。「ハピネス」をテーマにした15編の小説とイラスト。

会場(北青山)までお越しになれない方のために、オンライン上でも個展を開催しています。
https://shishidoryuji-ex.wixsite.com/happiness


宍戸竜二個展「ハピネス」
イラストレーションと小説


開催期間:2020年9月28日(月)〜10月3日(土)
開館時間:11:30〜19:00(土曜日は17:00まで)
会場:ギャラリーハウスMAYA
東京都港区北青山2-10-26
https://www.gallery-h-maya.com/

WEB個展スペシャルサイト
(9月14日〜10月3日)
https://shishidoryuji-ex.wixsite.com/happiness


Twitter:https://twitter.com/taktwi
Facebook:https://www.facebook.com/bluediary2/
Instagram:https://www.instagram.com/taktwi/
mail:taktwi(アットマーク)gmail.com

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5984

JUGEMテーマ:アート・デザイン



展覧会告知 | permalink | comments(0) | -