青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

「ソール・ライター展」アンコール開催決定!

新型コロナウイルスの影響を受け、Bunkamuraザ・ミュージアムの「永遠のソール・ライター」展が会期途中で閉幕となってしまいました。

個人的に大好きで応援していた展覧会だったのでとても残念で仕方ありませんでした。憤懣遣る方無いとはまさにこのことか!と地団駄踏んでステイホームしていました。

「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」展


ソール・ライター 《セルフ・ポートレート》 1950年代、ゼラチン・シルバー・プリント
ⒸSaul Leiter Foundation

ところが、今日になり急遽「ソール・ライター展」のアンコール開催が決定したとの連絡を受け、欣喜雀躍。思いもよらぬ知らせに出先で思わず大声を張り上げてたことは内緒です。

アンコール開催
「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」


開催期間:2020年7月22日(水)〜9月28日(月) 
※8/18(火)・9/8(火)のみ休館 
開館時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)
※金・土曜日の夜間開館はなし。
会場:Bunkamura ザ・ミュージアム
https://www.bunkamura.co.jp/museum/
主催:Bunkamura、読売新聞社
協賛・協力等:
[協力]ソール・ライター財団
[企画協力]コンタクト


『永遠のソール・ライター』
小学館


『永遠のソール・ライター』より。

ソール・ライターの「再発見」が特殊なのは、1950年代からファッション写真の第一線で活躍しながら、1980年代に商業写真から自ら「引退」を表明し、忘れ去られたこと。

更に、驚くことは83歳になってから再び脚光が当たり、今の大ブームへと結びついているところにあります。

きっかけは、この一冊の写真集でした。


『Early Color』
Saul Leiter (著), Martin Harrison (著)

2006年、ドイツの出版社シュタイデルから出版された『Early Color』は異例の大ヒットとなります。

一躍彼は「カラー写真のパイオニア」として、世界の注目を浴びることになり、見事「復活」を遂げるのです。

3冊の「ソール・ライター写真集」

「井津由美子 “Saul Leiter: In Stillness” 出版記念 写真展」開催


ソール・ライター 《バス》 2004年頃、発色現像方式印画
ⒸSaul Leiter Foundation

さて、東京で中止となってしまい巡回先の京都展も一日も開催できなかった「永遠のソール・ライター」展。

こちらも多くの方からの開催を望む声に応え、来年2021年2月13日(土)〜3月28日(日)美術館「えき」KYOTOにて、開催決定しました。

詳細は追って公式サイトにアップされるそうです。
https://kyoto.wjr-isetanco.jp/museum/


ソール・ライター 《赤い傘》 1958年頃、発色現像方式印画
ⒸSaul Leiter Foundation

「私は有名になる欲求に一度も屈したことがない。自分の仕事の価値を認めて欲しくなかった訳ではないが、父が私のすることすべてに反対したためか、成功を避けることへの欲望が私のなかのどこかに潜んでいた。」

「いちばん良いものがいつも見えているとは限らない。美術の歴史は、偉大なものが放置され無視され、粗悪で平凡なものが賞賛されてきた歴史なのだ。」

「重要なのは、どこである、何である、ではなく、どのようにそれを見るかということだ。」


心に響く:写真家ソール・ライターの言葉


ソール・ライター 《帽子》 1960年頃、発色現像方式印画
ⒸSaul Leiter Foundation

アンコール開催
「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」


開催期間:2020年7月22日(水)〜9月28日(月) 
※8/18(火)・9/8(火)のみ休館 
開館時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)
※金・土曜日の夜間開館はなし。
会場:Bunkamura ザ・ミュージアム
https://www.bunkamura.co.jp/museum/

復活!ソール、京都へ。
「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」

開催期間:2021年2月13日(土)〜3月28日(日)
会場:美術館「えき」KYOTO
(京都駅ビル内ジェイアール京都伊勢丹7階隣接)
https://kyoto.wjr-isetanco.jp/museum/


ソール・ライター 《『Harper's BAZAAR』》 1959年2月号、発色現像方式印画
©Saul Leiter Foundation

アンコール開催、復活開催を許諾して下さったソール・ライター財団と関係者の皆さまに感謝感謝です。

日本美術をこよなく愛したソール・ライターの没後、2014年に財団が設立された際、「日本での回顧展開催」が大きな目標だった財団が途中閉幕を余儀なくされた我々の気持ちを汲み、展覧会の開催を快諾してくれたおかげで、このたび、急遽アンコール開催が決定いたしました。

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5908

JUGEMテーマ:アート・デザイン



続きを読む >>
展覧会告知 | permalink | comments(0) | -

「ピングー展」開催!

「ピングー展」が、松屋銀座8階イベントスクエアにて2020年8月12日(水)より開催されます。


http://www.pingu.jp/40th/

スイスの映像作家オットマー・グットマンによって誕生したストップモーション・アニメーション。

1980年に「ピングー」の原型となるテストフィルムが制作されてから40周年を迎えました。2017年10月からは13年ぶりの新作となって「ピングーinザ・シティ」がNHK Eテレで放送され話題となりました。



1990年以降、TVシリーズは世界155以上の国と地域で放送され、ペンギンの男の子「ピングー」と仲間たちが繰り広げるあたたかでユーモアある物語は、世界中の人々に愛されています。

個人的にもピングーは大好きで、職場の机の上にはぬいぐるみやスタンプなどピングーグッズで溢れています。



「ピングー展」以下の構成を予定しているそうです。今から楽しみですね〜

(1)エントランス
ピングーのオリジナルアニメーションでお客様をお出迎え!南極に住むピングーと仲間たちの世界にご案内します。

(2)第1章 ピングー誕生秘話
原作者のオットマー・グットマンにまつわるエピソードや制作資料や絵コンテやなどの初公開資料を展示します。オットマーとスタジオのスタッフがどのようにしてピングーを生み出していたのかを紹介します。

展示物:オットマー直筆の字コンテやメモ表、絵コンテ、クレイフィギュアやジオラマ、パイロット版映像など



(3)第2章 ピングースタジオとピングーのこだわり
ワンシーンを再現したジオラマやピングースタジオで使用していた撮影台の模型を展示し、制作過程や撮影方法を紹介します。

また、ピングーと仲間たちの無邪気で多彩な表情を集めた「ピングー百面相」や、アフレコシーンを映像で展示し、「表情」と「声」という3DCGアニメにも引き継がれている「ピングーのこだわり」を紹介します。

展示物:クレイ人形やジオラマ、撮影台の模型、クレイ制作に使われた道具や資料、撮影フィルム、ピングー百面相(ピングー顔のフィギュアと仲間たちの表情集)、アフレコ収録シーン映像など

(4)第3章 クレイの部屋
ピングーの伸縮自在で愉快な体の動きは、クレイならではの特性を活かした表現で、物語をより豊かにしている要素の一つです。グーンと伸びたり、平たく潰れたり、自由に表現された体の動きを「時間オブジェ」として紹介します。

また、作品を彩るクレイの小道具も展示し、ピングースタジオのスタッフ手作りのクレイを一堂に展示します。

展示物:時間オブジェ(変形するクレイフィギュア)、小道具やのクレイ作品、ピングースタジオの内部映像など



ピングーアニメ公式サイト:
http://www.nhk.or.jp/anime/pingu/
ピングーキャラクターサイト:
http://www.pingu.jp/
ピングー公式Instagram:
https://www.instagram.com/pingu_jp/
Instagramアカウント名:@pingu_jp

「40周年記念 ピングー展」

主催:ピングー展実行委員会
期間 2020年8月12日(水)〜8月24日(月)
時間:営業日、開場時間は松屋ウェブサイトをご覧ください。
※最終日は17:00閉場
※入場は閉場の30分前まで
会場:松屋銀座 8階 イベントスクエア
所在地:東京都中央区銀座3-6-1
URL:http://www.pingu.jp/40th

画像クレジット (C)2020 JOKER

ピングー展 アートディレクター 祖父江慎さんコメント(本展の展示構成・メインビジュアル制作担当)

スイス、イギリス、日本へと国境を越えて作り続けられているピングーの初の本格的な展覧会です。

なぞのピングー語、コミカルな動きとストーリー、落ち着くことのないユーモアの原点にたっぷり触れていただけるように時間や笑いを丁寧に分解して、ハッピーに展示いたします。

撮影に使われたたくさんの本物ピングーとともにお待ちしていますので、ぜひ遊びに来て下さいね。

祖父江慎



ピングーをさがせ!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5906

JUGEMテーマ:アート・デザイン



続きを読む >>
展覧会告知 | permalink | comments(0) | -

「クロネコヤマトミュージアム」オープン!

クロネコヤマトでお馴染みのヤマトホールディングス株式会社。毎日のようにお世話になっています。

この夏、ヤマトグループ100年のあゆみを展示、紹介する「ヤマトグループ歴史館 クロネコヤマトミュージアム」が品川にオープンします!


https://www.yamato-hd.co.jp/museum/

2019年11月29日に創業100周年を迎えたヤマトグループ。宅急便サービスって最近のものだと思っていましたが、大和運輸株式会社が設立されたのは1919年のこと。

ヴェルサイユ条約が締結された年に誕生していたとは驚きです。三越呉服店(現:三越)と専属配送契約を結ぶなどしながら事業を拡大していったそうです。

今や我々の生活になくてはならない存在が宅急便です。今日もクロネコさんが荷物を我が家に届けてくれました。


「クロネコヤマトミュージアム」
https://www.yamato-hd.co.jp/museum/

「クロネコヤマトミュージアム」は、ヤマトグループが歩んできた100年の歴史がぎゅっと詰まった施設。

企業博物館は日本国内に数多くあります。このご時世規模の縮小や閉館は考えられますが、新たにオープンするのは珍しいのではないでしょうか。


「クロネコヤマトミュージアム」
https://www.yamato-hd.co.jp/museum/

自社ビルの片隅に歴史を紹介するコーナーを併設しているだけではありません。なんとこのミュージアムの為に、ヤマト港南ビルを建て替えたのです!!

ビル内の3階から6階までのスロープが「クロネコヤマトミュージアム」の展示コーナーで、6階からスタートしてスロープを下りながら、約1時間をかけて見学できるユニークな設計が採用されています。


「つなぐ」をテーマに建築されたヤマト港南ビルの建物外周のスロープを活用しています(オレンジ色の部分が展示室)。

その上下(緑色の部分)は車路となっていてトラックが走っています。

スロープ展示として名高い、NYのソロモン・R・グッゲンハイム美術館を手がけた建築家フランク・ロイド・ライトにも見せてあげたい構造ですね!


「クロネコヤマトミュージアム」
https://www.yamato-hd.co.jp/museum/

展示は<創業の時代>、<大和便と事業多角化の時代>、<宅急便の時代>、および<新たな価値創出の時代>の4つのゾーンから構成。

見学の途中にはセールスドライバーの制服を着たり、ウォークスルー車への乗車体験ができる「宅急便体験コーナー」もあるそうです。

見学の最後には未来の街を想像するコーナーや、映像や関連書類を自由に閲覧できる「未来創造ラウンジ&ライブラリー」も用意するなど至れり尽くせり。流石ヤマトの仕事は丁寧です。


「クロネコヤマトミュージアム」
https://www.yamato-hd.co.jp/museum/

ヤマト港南ビル2階にはカフェもあり、見学後はそちらでゆっくりとした時間を過ごしましょう。

「ヤマトグループ歴史館 クロネコヤマトミュージアム」は、2020年7月2日(木)10:00にオープンします。入館は無料でお土産ももらえるそうです。

開館が待ち遠しいですね!近くにはニコンミュージアムもあります。


「クロネコヤマトミュージアム」

開館時間:10:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日・年末年始・お盆
※月曜日が祝日の場合は開館し、翌営業日を休館とします。
※メンテナンスなどによる臨時休館日は、ホームページでご確認下さい。
見学料金:入館無料。
自由見学(10名未満は予約不要)。
ただし10名以上の団体のお客さまとアテンドツアーをご希望のお客さまは、お電話での予約をお願いしています。
自由見学のお客さまには、音声ガイダンス(イヤホンガイド)の貸し出しもございます。
※ご来場の皆様に、クロネコヤマトミュージアムのパンフレット、およびご来館記念品をご用意しています。
【対応言語】
アテンドツアー:日本語(英語、中国語は応相談)
音声ガイダンス:日本語・英語・中国語
見学所要時間:約60分 
アクセス
電車:JR線・京急線「品川駅」港南口(東口)より 徒歩10分
東京モノレール・りんかい線「天王洲アイル駅」より 徒歩15分
バス:都営バス「食肉市場前」下車 徒歩1分
所在地:〒108-0075 東京都港区港南2-13-26 ヤマト港南ビル6階
連絡先:電話 03-6756-7222 FAX 03-5460-4700 (受付時間 9:00〜18:00)
公式サイト
https://www.yamato-hd.co.jp/museum/



【参考】
墨田区内の5つの企業博物館


ヤマト運輸 トミカサイズミニカー クール宅急便車 M8010号

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5904

JUGEMテーマ:アート・デザイン



展覧会告知 | permalink | comments(0) | -

「井津由美子 “Saul Leiter: In Stillness” 出版記念 写真展」開催

写真家・井津由美子氏が撮影した故ソール・ライターのアトリエの写真集『Saul Leiter: In Stillness』の出版を記念した写真展が開催されます。

会場は、ニューヨーク発ファッションブランド「マーク ジェイコブス」が手掛けるブックストア『BOOKMARC(ブックマーク)


井津由美子 “Saul Leiter: In Stillness” 出版記念 写真展



Bunkamuraザ・ミュージアムで今年の初めに開催していた「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」展。新型コロナウイルスの影響で途中で中止に。

巡回先の京都・美術館「えき」KYOTOでは一日も開くことなく中止となりました。ただ「観たい!!」という多くの声が寄せられ来年に復活することが決定しています。


「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」展

会期:2021年2月13日(土)〜3月28日(日)
会場:美術館「えき」KYOTO
(京都駅ビル内ジェイアール京都伊勢丹7階隣接)

コロナ禍の中でも新たな展示を模索し、動いて下さっている方が沢山いらっしゃることにあらためて感謝。

関西の方々にも是非観て頂きたいです!ソール・ライターの「急がない人生」。


永遠のソール・ライター

さてさて、「井津由美子 “Saul Leiter: In Stillness” 出版記念 写真展」に話を戻しましょう。

井津氏は生前からソール・ライターと親交のあった写真家です。ソールの終の棲家であった、ニューヨーク・イーストヴィレッジのアパートメント兼アトリエを写真に収めています。

撮影をはじめたのは、彼が亡くなった3 週間後のことだったそうです。



それ以降、断続的に2019年までこのプロジェクトの撮影は続けられました。

1980 年代に商業写真から身を引いて以後、表舞台に姿を現すことなく淡々と絵を描き、写真を撮り、自分の世界の中で生きていたソール・ライター



ソール・ライターへの敬意と、写真家としての冷静な眼差しによって生み出された数々の写真には、通俗的な富や名声より、自分にとって幸せとは何か、を真摯に問い続けたソールの魂に通じる美が映し出されています。

写真集『Saul Leiter: In Stillness』には、ソール・ライターの気配が立ち上るような濃密な空間と私たちが忘れてしまっている大切な物語が写されています。



「井津由美子 “Saul Leiter: In Stillness” 出版記念 写真展」は6月19日より神宮前のBOOKMARC(ブックマーク)で開催されます。入場は無料です。是非是非〜

注意事項
・新型ウイルスCOVID-19感染症対策により、入店者数制限を行なっております。
・入店時に検温と手消毒とマスクの着用をお願いしております。


「井津由美子 “Saul Leiter: In Stillness” 出版記念 写真展」

会期:2020年6月19日(金)〜7月5日(日)
時間:12:00〜19:00
場所:BOOKMARC(ブックマーク)
東京都渋谷区神宮前4-26-14


Saul Leiter: In Stillness

プロフィール
井津由美子(Yumiko Izu)/ 写真家
1968年大阪府生まれ。ニューヨーク在住。1998年アメリカ、カリフォルニア州のブルックス大学写真学科を卒業後、ニューヨークで広告写真家としてキャリアをスタート。2003年より8x10インチと11x14インチの大型カメラでプラチナ・パラディウム・プリント技法による(2011年)シリーズを制作開始。2016年、(2014年)を収録した写真集『Resonance』をSerindia Contemporaryより出版。2017年から2018年にかけて、微細な鳥の巣と羽根の抽象的イメージで成り立つ<Icarus(イカロス)>(2017年)シリーズを東京、台北、バンコク、サンタフェ、パリのギャラリーで発表。2020年1月に東京のBunkamuraザ・ミュージアムで開催された「永遠のソール・ライター」展において上映されたプロジェクションに作品を提供。『Saul Leiter: In Stillness』を東京、京都で発表予定。2007年にニューヨーク州ウッドストックのセンター・フォー・フォトグラフィー奨学金受賞、サミュエル・ドースキー美術館に作品が収蔵される。


井津由美子写真集『Saul Leiter: In Stillness

判型:300×220 弌120 ページ|上製本 / 発行:リブロアルテ
テキスト:ポリーヌ・ヴェルマール(マグナム・フォト(ニューヨーク))マーギット・アーブ(ソール・ライター財団)
ブックデザイン:おおうちおさむ(ナノナノグラフィックス)
企画協力:佐藤正子(コンタクト)
言語:日本語・英語




『ソール・ライターのすべて』

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5897

JUGEMテーマ:アート・デザイン



展覧会告知 | permalink | comments(0) | -

「三菱の至宝展」2021年に開催延期に伴い「画家が見たこども展」会期延長に。

三菱一号館美術館でこの夏開催予定だった「三菱創業150周年記念 三菱の至宝展」が次年度へ開催延期となりました。


https://mimt.jp/kokuhou12/

「三菱創業150周年記念 三菱の至宝展」
2020年7月8日〜9月22日
2021年6月30日〜9月12日

新型コロナウイルス感染拡大に伴うさまざまな影響等を総合的に勘案した結果だそうです。

「曜変天目」や俵屋宗達「源氏物語関屋澪標図屏風」(いずれも国宝)等、静嘉堂文庫美術館、東洋文庫、三菱経済研究所の所蔵する国宝12点、重要文化財31点が一堂に会するまさに三菱あげての展覧会。

それをこの不安定な状況下で行うよりも、来年にずらした方が確かに賢明です。


国宝「曜変天目
静嘉堂文庫美術館蔵

「三菱の至宝展」の夏開催が無くなったのでスケジュールがぽっかりと空いてしまいましたが、そこもうまく補えたようです。

コロナの影響で閉館し会期が短くなってしまった「画家が見たこども展」を9月22日まで再延長することに。


「画家が見たこども展」展示風景

国際巡回の次会場であったボナール美術館(南仏・ル・カネ)が再来年以降に展覧会を延期するとのことで、日本国内での「画家が見たこども展」が再延長されたそうです。

三菱さん何かと持っていますね。泣く泣く閉幕や中止を余儀なくされた展覧会が多い中。

「こども展」これで慌てていく必要がなくなったと同時に、観るのをあきらめていた方にもチャンスが訪れました。こんなこともあるのですね〜


「開館10周年記念 画家が見たこども展―ボナール、ヴュイヤール、ドニ、ヴァロットン」

会期:2020年9月22日(火・祝)まで
※当初の会期:2月15日〜6月7日
※延長分の会期:6月9日〜6月21日(日)→9月22日
主催:三菱一号館美術館、ボナール美術館、日本経済新聞社
会場:三菱一号館美術館
https://mimt.jp/


「三菱創業150周年記念 三菱の至宝展」

会期:2021年6月30日〜9月12日(予定)
主催:三菱一号館美術館[三菱地所(株)]、(公財)静嘉堂、(公財)東洋文庫
特別協力:(公財)三菱経済研究所
会場:三菱一号館美術館
https://mimt.jp/kokuhou12/
↑最新情報は展覧会サイトでチェックです。

そうそう、三菱一号館美術館の安井学芸員が上梓されたモネ本がめちゃめちゃ凄いです。

モネがライフワークとして手掛けた膨大な数の「睡蓮」を関連作品も含め完全網羅。異次元の内容です。何が安井氏をここまで駆り立てたのか伺ってみたいです。


『図説 モネ「睡蓮」の世界』
安井裕雄 (著)

印象派の巨匠モネは、なぜ「睡蓮」に生涯の後半を捧げたのか。自然に開かれたモネの眼がとらえたものとは?最初期の作品から晩年のオランジュリー美術館の大装飾画まで、生々流転する「睡蓮」の真実を、モネ研究の碩学が解き明かす。すべての「睡蓮」を集めた永久保存版資料。全308作品、完全収録!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5893

JUGEMテーマ:アート・デザイン



展覧会告知 | permalink | comments(0) | -