青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

障害・表現・共生を考える5日間「ここから展4」

国立新美術館にて「ここから4 ―障害・表現・共生を考える5日間」が12月4日(水)〜12月8日まで開催されます。


https://www.kokokara-ten.jp/

2016年秋の「スポーツ・文化・ワールド・フォーラム」にあわせて開催した,障害者のアートやスポーツ 義足などのデザインに関する展覧会,それが「ここから」展の始まりでした。

それ以来,共生社会や文化 の多様性について関心を深めることを目標として毎年開催し,今回が「ここから4」となります。


和田淳《マイ エクササイズ》2017年〜2019年 ©Atsushi Wada, New Deer

文化庁主催の「ここから ―アート・デザイン・障害を考える3日間―」展 (平成28年10月)と「ここから2 ―障害・感覚・共生を考える8日間」展(平成30年3月),「ここから3 ―障害・年齢・共生を考える5日間」(平成30年12月)を継承する展覧会です。


萩尾望都《半神》1984年 ©HAGIO moto/shogakukan

今回の「ここから展4」では,障害のある方たちが制作した「表現の持つ根源的なよろこび」が感じられる作品に加え, 障害・障壁への気づきをうながすマンガ・アニメーションや,身体感覚を際立たせる映像・メディアアートなども合わせて紹介。

鑑賞支援の取り組みを進めることで,より多くの人に「ひらかれた」展覧会とすることを目標としています。


鵜飼結一朗《妖怪》2019年

展覧会構成:
1 「いきる‐共に」
2 「ふれる‐世界と」
3 「つながる‐記憶と」
4 「あつまる‐みんなが」
5 「ひろげる‐可能性を」

これら5つのキーワードを通じアート,デザイン, マンガ,アニメーションといった多様な分野にわたる作品を紹介。

障害の有無にかかわらず選ばれた約20組の作家が出展します。


本多達也《Ontenna (オンテナ) 》2019年 Innovated by FUJITSU


佐々木華枝 《ヘリコプター》

「ここから4 ―障害・表現・共生を考える5日間」

会期:2019年12月4日(水)〜12月8日(日)
会場:国立新美術館 1階展示室1A(東京都港区六本木7-22-2)
https://www.nact.jp/
時間:10:00〜18:00 ※6日(金)・7日(土)は20:00 まで ※入場は閉館の30分前まで
入場料:無料
主催:文化庁
共催:国立新美術館
制作:アートインプレッション
公式サイト:https://www.kokokara-ten.jp/

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5669

JUGEMテーマ:アート・デザイン



続きを読む >>
展覧会告知 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

チャリティープロジェクト「ふろしき百花店」

クリエイションギャラリーG8とガーディアン・ガーデンにて、2019年11月26日より、チャリティープロジェクト:Creation Project 2019 167人のクリエイターと京都の職人がつくる「ふろしき百花店」が開催されます。


http://rcc.recruit.co.jp/creationproject/2019/

167人のクリエイターと京都の職人とともに、手捺染でひとつひとつ染めた、オリジナルの風呂敷をつくります。イラストを大胆に描いたものや、伝統的な絵柄をモチーフにしたものなど、多種多様な風呂敷を展示販売します。



友禅染などの染色技術が受け継がれてきた京都でも数軒となった手捺染の工場では、生地の上に絵柄を反映させた版をのせ、手作業で染料を刷ることで、一枚ずつ絵柄を染める、昔ながらの技法を守り伝統を継承しています。



風呂敷ビジュアル
クリエイションギャラリーG8 展示作品=G8、ガーディアン・ガーデン展示作品=GG




クリエイションギャラリーG8で8月に開催したデザイン・ワークショップで、子どもたちがつくった風呂敷も会場で展示します。

本プロジェクトによる販売収益金は、未来を担う子どもたちの支援のために、セーブ・ザ・チルドレンに寄付をします。




Creation Project 2019
167人のクリエイターと京都の職人がつくる
「ふろしき百花店」


会期:2019年11月26日(火)〜12月21日(土)
時間:11:00〜19:00
日曜休館
入場無料
主催・会場: 
クリエイションギャラリーG8
〒104-8001 東京都中央区銀座8-4-17 リクルートGINZA8ビル1F
TEL 03-6835-2260

ガーディアン・ガーデン
〒104-8227 東京都中央区銀座7-3-5 ヒューリック銀座7丁目ビルB1F
TEL 03-5568-8818
http://rcc.recruit.co.jp/

製作:株式会社エス・ニシムラ
製作協力:有限会社馬場染工場
会場構成:西尾健史(DAYS.)
宣伝美術:眦塚 [デザイン]、一乗ひかる [イラストレーション]

風呂敷仕様
素材:綿100%(綿シャンタン)
サイズ:約H73cm W71cm(1枚ずつ手作りのため仕上がりに個体差があります)
販売価格 1,600円(税込)
販売方法:会場販売(展覧会会期中、各会場で販売します。)
公式サイト
http://rcc.recruit.co.jp/creationproject/2019/


オンラインショップ
「ポンパレモール」で、会期初日から2020年1月末までの期間、販売を行います。
https://store.ponparemall.com/rcc-gallery/


英語訳付き ふろしきハンドブック The Furoshiki Handbook: ふだんづかいの結び方と包み方 (JAPANESE-ENGLISH BILINGUAL BOOKS)

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5661

JUGEMテーマ:アート・デザイン



展覧会告知 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

日本各地を巡回!ライデン国立古代博物館所蔵「古代エジプト展」

オランダのライデン国立古代博物館所蔵「古代エジプト展」が来年(2020年)に開催されます。


https://www.leidenegypt.jp

今回の「古代エジプト展」では、ライデン国立古代博物館の古代エジプト・コレクションから、人のミイラ5体、動物のミイラ8体や10数点の棺などを含む、約250点で構成。

かなり見応えのある展示内容が期待できます。



単にミイラや古代エジプトコレクションを陳列するだけの展覧会ではありません。ヨーロッパにおける古代エジプトへの関心の高まりがどのようにして現地での調査へ連なっていったかを提示します。

そこから、発見された遺物から古代エジプト人の生活や社会、死生観といったさまざまな文明の側面を紹介。



さらに、最新の科学技術を通して医学的な知識やミイラ作りの過程、色やかたちに対する人びとの美意識といったこれまでに知られていなかった面を解き明かす、従来のエジプト展とは一線を画した、新たな展覧会となります。


【ライデン国立古代博物館について】
https://www.rmo.nl/ja/

オランダ最古の大学都市ライデンの中心部にあるライデン国立古代博物館は、オランダ王国の初代国王ウィレム1世によって1818年に設立された、世界で最も古い国立博物館の一つです。古代エジプト、ギリシャ、ローマなど総数約20万点(2018年末現在)のコレクションを有し、中でもエジプト・コレクションは約2万5千点にのぼり、ヨーロッパでは大英博物館、ルーヴル美術館、ベルリン・エジプト博物館、トリノ・エジプト博物館と合わせて5大エジプト・コレクションに数えられる世界有数の量と質を誇ります。

また、同館は今日にいたるまで60年以上にわたり、エジプトでの発掘調査を行なっていることでも良く知られています。1960年代にアスワン・ハイ・ダムが建設された際、オランダはユネスコとともに周辺地域の考古学調査の支援を行いました。その活動を通してエジプト政府との良好な関係が生まれ、遺物の一部を持ち帰ることが許されたほか、ダムの底に沈む運命にあったタフェー神殿はオランダに贈られ、現在ライデン国立古代博物館の一階ロビーに移築されています。

以後、博物館はカイロの北西に位置するアブー・ロアシュ村付近などで発掘調査を行い、また1970年代からはカイロの南に位置するサッカラでの発掘調査を現在にいたるまで実施し、ツタンカーメン王の側近であったマヤの墓の調査など、世界をリードする研究も多数進められています。




今回の展覧会に出品されるミイラの中から人間のミイラ3体と動物のミイラ1体を選び、本展のために最新のCTスキャン技術で調査を実施。その成果を世界初公開するそうです。

また近年、新装となったライデン国立古代博物館の常設展示をイメージし、12点の棺を特別に立てた状態で立体的に展示予定。これまで目にしたことのない、一挙に棺が並ぶ幻想的かつ圧巻の空間が日本でも観られます。



17世紀前半にライデン大学が所蔵していた遺物を基盤としたライデン国立古代博物館のエジプト・コレクションは実に2万5千点!!

古代エジプト・コレクションの中からミイラや棺のほか、ヨーロッパの調査団などによる遺跡のスケッチや写真、11の時代につき代表的なスタイルの石碑やさまざまな副葬品の数々など、約250点が今回の「古代エジプト展」で展示されます。

来年から再来年にかけ日本全国を巡回。今から待ち遠しいですね。さてどの会場で観ましょうか。


ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展

会期・会場(予定):
福岡展 2020年4月25日(土)〜6月21日(日) 九州国立博物館
札幌展 2020年7月4日(土)〜9月6日(日)  北海道立近代美術館
愛知展 2020年9月19日(土)〜12月6日(日) 愛知県美術館
静岡展 2020年12月19日(土)〜2021年3月31日(水) 静岡市美術館
東京展 2021年4月16日(金)〜6月27日(日) Bunkamura ザ・ミュージアム
仙台展 2021年7月9日(金)〜9月5日(日)  仙台市博物館
山口展 2021年9月中旬〜11月上旬 山口県立美術館
兵庫展 2021年11月下旬〜2022年2月下旬 兵庫県立美術館
公式サイト:https://www.leidenegypt.jp


ヒエログリフを書いてみよう 読んでみよう(新装版) :古代エジプト文字への招待

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5658

JUGEMテーマ:アート・デザイン



展覧会告知 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

「浅間国際フォトフェスティバル2019」開催中です!

長野県御代田町で開催中の「浅間国際フォトフェスティバル2019」


https://asamaphotofes.jp/

御代田町は軽井沢の隣町。浅間山の噴火のニュースには少し驚かされましたが、何事もなく順調に「浅間国際フォトフェスティバル2019」は会期中盤を迎えています。

メイン会場となっているのは、「御代田写真美術館」。聞きなれない方も多いかもしれませんが、かつてメルシャン軽井沢美術館(2011年閉館)だった建物です。



メイン会場の他に、軽井沢町・軽井沢プリンスホテル イースト内の「PHOTO KARUIZAWA」、また群馬県長野原町内2か所(ルオムの森・浅間火山博物館)の「PHOTO KITAKARUIZAWA」と、浅間山麓の3つのエリアで開催されています。

軽井沢観光や、御代田町にある「よなよなエール|ヤッホーブルーイング」工場見学などと兼ねて「浅間国際フォトフェスティバル2019」へも立ち寄ってみてください。



メイン会場のMMoP(旧メルシャン軽井沢美術館)では、国内外で活躍する55組のアーティストによる写真作品728点を、屋内のみならず屋外に、様々なスタイルで展示されています。

浅間山を借景にユニークで多様な写真展示を自然の中を散策しながら年代を問わずお楽しめる「浅間国際フォトフェスティバル 2019」。絵画よりも写真の方がぐんとハードルが低くなり接しやすくなりますよね。

御代田町、軽井沢町でこの秋「五感を刺激する特別な写真体験」をしてみませんか。


500 PORTRAITS
御代田町民500名超のポートレート撮影を行い、全長100m以上の作品を製作しました。御代田町民の町民による町民のためのポートレートです。

近年、国際的に人気を博しているアート写真の祭典として御代田町から発信する、国内では類を見ない新しいフォトフェスティバルです。


「浅間国際フォトフェスティバル2019」
URL:https://asamaphotofes.jp/

会期:2019年9月14日(土)〜11月10日(日) ※会期中無休
時間:10:00〜17:00(最終入場:16:30まで)
会場:メイン会場「御代田写真美術館」|MMoP(旧メルシャン軽井沢美術館)周辺
(住所)〒389-0207 長野県北佐久郡御代田町馬瀬口1794-1

[実行委員長] 小園 拓志(御代田町長)
[副実行委員長] 進藤 博信(株式会社アマナ代表取締役社長 兼 アマナグループCEO)
[エキシビションディレクター]太田 睦子(『IMA』エディトリアルディレクター、アマナ所属)
[CO-エキシビションディレクター]アイヴァン・ヴァルタニアン(インディペンデント・キュレーター)
[主催]浅間国際フォトフェスティバル実行委員会
[助成]2019年度文化庁文化芸術創造拠点形成事業、公益社団法人企業メセナ協議会2021 芸術・文化による社会創造ファンド、オランダ王国大使館
[後援]信濃毎日新聞社、フィンランド大使館、在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
[協賛]SONY株式会社、MOLESKINE、大井建設工業株式会社、北沢産業株式会社、swissQprint Japan株式会社、図書印刷株式会社、日穀製粉株式会社、株式会社ひらまつ、ミネベアミツミ株式会社、信州ハム株式会社、株式会社矢野経済研究所、綜合警備保障株式会社、ネイバー株式会社


よなよなエール ビールギフト 4種 飲み比べ

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5651

JUGEMテーマ:アート・デザイン



続きを読む >>
展覧会告知 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

【天皇陛下御即位記念】特別展「行幸 ―近現代の皇室と国民―」開催中!

国立公文書館にて、天皇陛下の御即位を記念し、11月10日(日)まで、特別展「行幸―近現代の皇室と国民―」が開催されています。


http://www.archives.go.jp/

「行幸(ぎょうこう)」とは天皇が外出されることであり、「行幸啓(ぎょうこうけい)」とは天皇・皇后がご一緒に外出されることです。

9月には全国豊かな海づくり大会、国民文化祭、国民体育大会へのご臨席と、3回の地方行幸啓が行われたことから、ニュース等で「行幸啓」という言葉を耳にした方も多いのではないでしょうか。



『百人一首』にも行幸を詠んだ有名な歌がありますよね。「小倉山 峰の紅葉ば 心あらば 今ひとたびの みゆき待たなむ

今回の特別展「行幸―近現代の皇室と国民―」では、当館や関係機関の所蔵資料をもとに、明治以降の行幸・行幸啓の歴史を貴重な資料とともに紹介しています。

【展示構成】

 
参与大久保利通遷都ノ議ヲ上ル

第1部 近代化と行幸啓
鳥羽伏見の戦いの直後、新政府の参与大久保利通は天皇の大坂行幸と、それに伴う大坂への遷都を提案します。大坂への遷都は受け入れられなかったものの、慶応4年(1867)3月、大坂への行幸が実現、明治天皇は初めて京都の外の地を訪問されました。その後、江戸は東京と改称され、明治2年(1869)、二度目の行幸を経て、天皇は東京に滞在することとなります。


大正大礼記録より 宮廷列車(御召列車)

第2部 大正大礼と関東大震災
明治45年(1912)7月30日、天皇が崩御し、直ちに皇太子嘉仁親王が践祚しました。大正4年(1915)、天皇は京都へ行幸され、京都御所で即位礼と大嘗祭に臨みました。

大正12年9月1日、関東地方南部を震源とする関東大震災が発生しました。摂政の皇太子裕仁親王は、9月2日に成立した山本権兵衛内閣とともに、対応にあたり、震災から間もない時期に、東京、横浜の被災地へ行啓、被災状況を視察しています。

それまでの災害では、被災地に天皇の命を受けた勅使が派遣されていましたので、皇族が直接被災地を見舞われるのは、当時は異例のことでした。


大正大礼記録より 御裂地(黄櫨染御袍)

第3部 戦災と戦後復興
昭和16年(1941)12月、日本はアメリカを中心とする連合国に宣戦を布告し、第二次世界大戦に参戦しました。昭和20年3月、東京大空襲により、東京は下町を中心に大きな被害を受けました。天皇は、富岡八幡宮へ行幸し、被災地を視察しています。

昭和21年1月1日、「新日本建設ニ関スル詔書」が発せられました。詔書では、敗戦後の困難な状況の中でも、天皇は国民とともにあり、その関係は「終始相互ノ信頼ト敬愛」によって結ばれ、「単ナル神話ト伝説」によるものではないことが述べられています。


新日本建設ニ関スル詔書

その後、同年2月から、昭和天皇による戦後巡幸が開始され、昭和29年までに、当時、米軍の施政権下にあった沖縄を除く、すべての都道府県を行幸されました。

第4部 平成 ―国民とともに―
昭和64年(1989)1月7日、天皇が崩御、皇太子明仁親王が即位され、元号は平成に改元されました。

平成の時代、天皇皇后両陛下は、国民体育大会、全国植樹祭、全国豊かな海づくり大会といった、各地で行われる行事へ精力的にご臨席されました。また、毎年8月の全国戦没者追悼式をはじめ、さきの大戦における戦没者の慰霊のため、海外を含め、各地へ行幸啓が行われました。平成7年の阪神淡路大震災、同19年の中越沖地震、同23年の東日本大震災など、たびたび起こる災害の際には、常に被災地に心を寄せられ、現地の事情が許し次第、被災地を訪問され、被災者を励ましてこられました。

平成31年4月30日、天皇陛下は御退位され、翌日には上皇となられ、皇太子徳仁親王殿下の御即位とともに、元号は令和と改元されました。天皇陛下は、これまで、上皇陛下が行われてきた御公務を引き継がれるとともに、皇太子時代に行われていた御公務の一部を引き続き行われるなど、新たな時代を迎えています。


【音声ガイド】アナウンサー 山根基世

皇室関連番組のナレーションに欠かせない元NHKアナウンサーの山根基世さん
落ち着いたわかりやすいナレーションで、近現代における皇室と国民の関わりを、魅力的に解説します。 (貸出料金:200円)


【記念講演会】
近現代の皇室について、知識を深めることのできる記念講演会。

講師は、近代日本政治史をご専門とされている御厨貴氏と、『昭和天皇』などのご著書で知られる古川隆久氏。

「天皇と政治ー明治から令和まで150年」御厨 貴氏(東京大学名誉教授)
「天皇のあり方―権威から象徴へ」古川 隆久氏(日本大学教授)


改元・即位礼という時代の節目に、必聴! 参加費無料。

日時:令和元年10月26日(土) 13:30〜15:40
場所:日経ホール(東京都千代田区大手町1-3-7 日経ビル3F)
定員:600名 ※要事前申込、先着順、定員になり次第締切
http://www.archives.go.jp/exhibition/

10月22日の「即位礼正殿の儀」、11月10日の祝賀パレード「祝賀御列の儀」を控える今秋、貴重な資料約60点を通じて皇室と国民の関わりについて理解を深めてみませんか? 



会期:令和元年10月5日(土)〜11月10日(日)
開館時間:月〜水・土・日曜日・祝日 午前9時45分〜午後5時30分
木・金曜日 午前9時45分〜午後8時00分
※各日とも入場は閉館30分前まで
※入場は、それぞれ閉館30分前まで(特別展は、期間中無休)
会場:国立公文書館 本館
http://www.archives.go.jp/
入場料:無料
主催:独立行政法人国立公文書館
後援:内閣府
監修:羽毛田信吾 昭和館館長  古川隆久 日本大学教授

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5645

JUGEMテーマ:アート・デザイン



続きを読む >>
展覧会告知 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)