弐代目・青い日記帳 

  
TB&リンク大歓迎です!
ゴールデンウィークは DIC川村記念美術館でピクニック!
2018年4月14日(土)から「ゆらぎ ブリジット・ライリーの絵画」展を開催中のDIC川村記念美術館。


http://kawamura-museum.dic.co.jp/

広大な自然豊かな敷地が魅力の川村記念美術館の庭園にて、ゴールデンウィーク限定で、無農薬野菜のお弁当や窯焼きピザのお店など7店舗が出店。

春の庭園をピクニック気分でお楽しめる素敵な企画です。


庭園出店の様子 2017年
ゴールデンウィーク限定で、ピクニックにぴったりの7店舗が庭園に出店します。新緑が気持ちのよい庭園で、窯焼きピザ、玄米タコライス、自家製ジンジャーエール、無農薬野菜のお弁当、手づくりハンバーガー、自家製酵母パン、体にやさしい焼き菓子などがお召し上がりいただけます。
出店日:2018年4月28日(土)から5月5日(土)までの土・日・祝 ※店舗による
時間 :10:30-16:00頃(売り切れ次第閉店)
場所 :庭園奥テラス周辺、ギフトショップ前
※詳しい出店スケジュールは美術館ホームページをご覧ください
※悪天候の場合や出店者の都合により中止(変更)になることがあります


庭園出店ピッツァフォルノ

この期間中に毎年のように川村記念美術館へ伺っています。いつもは美術館内にいるスタッフさんと野外でお会いしお喋りしたりとのんびりとた時間を過ごせるのが何よりもの魅力。

それと、やはり新緑に包まれて過ごすことの素晴らしさと言ったら言葉にできないものがあります。花粉も無くなり気分よく野外でのひと時を満喫できます。


庭園奥のテラス

行くたびごとに手入れがされています。数年前から庭園に入るのもお金を徴収するようになったのは結果的にとてもプラスになったと思います。

【庭園】スイレンの池周辺がリニューアルオープンしました

また、普段は入ることの出来ないDIC総合研究所の散策エリアを一般開放(4月下旬からの土・日・祝)しています。

新緑のなか、池越しに美術館を眺めながら散策できるほか、300mにわたり植え込まれているクルメツツジは一見の価値ありです。


http://kawamura-museum.dic.co.jp/

この視点から川村記念美術館が見られるのはこの時季だけです!たくさん写真撮ってきましょう。

勿論、「ゆらぎ ブリジット・ライリーの絵画」展もね!!


「ゆらぎ ブリジット・ライリーの絵画」展

会期:2018年4月14日(土)-8月26日(日)
開館時間:9:30-17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜(4月30日、7月16日は開館)、5月1日(火)、7月17日(火)
電話:050-5541-8600(ハローダイヤル)
会場:DIC川村記念美術館(千葉県佐倉市坂戸631)
主催:DIC株式会社
後援:千葉県、千葉県教育委員会、佐倉市、佐倉市教育委員会

近年世界的に再評価が高まっているイギリスの画家、ブリジット・ライリー(1931-)の展覧会を開催。1960年代にオプ・アート旋風を巻き起こした黒と白の抽象画からストライプや曲線で構成したカラフルな作品、近作の壁画まで国内外の約30点で画業を振り返ります。


ライリー展オリジナル菓子と和紅茶のセット
館内展示室の奥にある茶席では、ライリーの絵画から受けた印象を形にしたお菓子を数量限定でご用意。京都で和菓子工房「御菓子丸」を主宰する杉山早陽子さんによる繊細な錦玉です。テーブルと椅子のお席ですので、どなたでもお気軽にお立ち寄りいただけます。
Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5078

JUGEMテーマ:アート・デザイン



続きを読む >>
| 展覧会告知 | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
「中村佑介展 ALL AROUND YUSUKE NAKAMURA」
池袋パルコ 本館M2F 特設会場にて、ロックバンド・ASIAN KUNG-FU GENERATIONのCDジャケットや、小説『謎解きはディナーのあとで』『夜は短し歩けよ乙女』などの書籍カバーを手がける人気イラストレーター「中村佑介」の展覧会「中村佑介展 ALL AROUND YUSUKE NAKAMURA」が開催されます。


公式サイト

「中村佑介」がこれまで携わってきた仕事のほぼすべてが一堂に会する大規模な展覧会で、一部、最新の仕事(作品)も追加された最新版!

完成イラストはもちろん、着色前の線画やアイデアスケッチなど約150点がどどーーんと公開されます。


ASIAN KUNG-FU GENERATION『ソルファ
©Ki/oon Music

ASIAN KUNG-FU GENERATIONの2枚目のフルアルバム。この鮮烈な印象を与えたジャケットを手がけたのが中村佑介です。

彼のイラストが用いられたCDや本など、何度も目にしているはずです。


東川篤哉著『謎解きはディナーのあとで
©小学館

東川篤哉の『謎解きはディナーのあとで』シリーズ全ての表紙を中村祐介が手掛けています。表紙だけ並べてみるだけでも壮観です。

細部まで目を通してみると、こだわりや遊び心も盛り込まれており、単なる「イラスト」ではなく立派な作品として鑑賞にたえるものとなっています。


赤川次郎著『セーラー服と機関銃
©角川文庫

弥生美術館で開催中の「セーラー服と女学生展」のポスターも手掛けているだけあって、こうした作品は得意中の得意。

今回の「中村祐介展」は、昨年(2017年)7月に大阪で開催された「中村佑介」の活動15周年を記念した展覧会「中村佑介展」を、一部最新の作品などを追加し、内容をブラッシュアップした巡回展です。

大阪では実に約2万7千人の動員を記録した展覧会が、いよいよ東京でも開催となるのです。


森見登美彦著『夜は短し歩けよ乙女
cKADOKAWA

展覧会開催期間中にトークショーやサイン会も予定されています。

・トークショー1
開催日:4月20日(金)19:00〜20:00(約1時間)
ゲスト:中村佑介先生、三四郎 小宮様、相田様
定員:30名

・トークショー2
開催日:5月11日(金)19:00〜20:00(約1時間)
ゲスト:中村佑介先生、江口寿史先生
定員:30名

参加条件
4月20日(金)〜「中村佑介展 ALL AROUND YUSUKE NAKAMURA」の併設ショップにて、税込2,000円以上お買い上げ頂き、展覧会受付にて入場チケットをご購入頂いたお客様に先着で参加券をお渡しいたします。

※参加券は無くなり次第、終了となります。
※お1人様1回のみ参加可能です。
※参加券をお持ちでない場合も、ご入場及びご観覧も可能です。
※混雑状況によっては、ご覧いただけない場合もございます。
※トークショー開催中は一部展示がご覧いただけませんので、予めご了承ください。
※イベント参加ご案内時刻や注意事項は、参加券に明記された注意事項をご確認下さい。
※当日は会場スタッフの指示に従ってください。

・サイン会1
開催日:4月21日(土)12時00分〜
定員:100名

・サイン会2
開催日:5月12日(土)12時00分〜
定員:100名

限定グッズも勿論多数販売されます!


【会場限定商品】
ゆるふわレザーミラー


【会場限定商品】
缶バッジ(四角型/全10種)

【中村祐介】
1978年生まれ、兵庫県出身のイラストレーター。大阪芸術大学デザイン学科卒業。
ASIAN KUNG-FU GENERATION、さだまさしのCDジャケットをはじめ、『謎解きはディナーのあとで』、『夜は短し歩けよ乙女』、音楽の教科書など数多くの書籍カバーを手掛ける。
画集『Blue』と『NOW』は13万部を記録中。
初の教則本『みんなのイラスト教室』、ぬりえブック『COLOR ME』やデビュー15周年画集「BEST」も話題に。


展覧会会期は一か月!まずは初日に池袋Parcoへ駆けつけましょう!!デパート展は夜遅くまで毎日やっているのが嬉しいですよね。


中村佑介展 ALL AROUND YUSUKE NAKAMURA

会場:池袋パルコ 本館M2F 特設会場
期間:2018年4月20日 (金) 〜2018年5月21日 (月)
開館時間:10:00〜21:00
※最終日は18:00閉場/ 入場は閉場の30分前まで
中村佑介: YUSUKE NAKAMURA.net:
http://www.yusukenakamura.net/
主催:株式会社Juice
企画制作:中村佑介展実行員会
協力:株式会社飛鳥新社/大阪芸術大学/パルコ
展覧会公式サイト: www.parco-art.com


Blue

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5075

JUGEMテーマ:アート・デザイン



| 展覧会告知 | 23:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
「ムーミンバレーパーク」埼玉県飯能市に2019年3月グランドオープン!
2005年4月1日に「森林文化都市」を宣言した埼玉県飯能市に、ムーミンの物語を主題とした「ムーミンバレーパーク」が来年(2019年)にオープンします。


© Moomin Characters TM

豊かな自然に囲まれたムーミンバレーパークには、ムーミン一家が暮らすムーミン屋敷、ムーミンの物語を追体験できる複数のアトラクションが作られる予定です。

中でも「ムーミン屋敷」を再現するとのこと。これは期待が高まります。


ムーミン屋敷
上3階と屋根裏部屋、地下室からなるムーミン屋敷は、ムーミン一家やその仲間たちの存在を感じていただけるよう、原作を忠実に再現しています。地下室はたくさんの食糧が保管してある貯蔵庫で、1階はキッチンとダイニング、2階はリビングとムーミンパパ・ムーミンママの部屋、3階はムーミンの部屋とリトルミイの部屋、屋根裏部屋はムーミンパパが執筆を行ったりする書斎です。


物語の魅力や原作者トーベ・ヤンソンの想いを感じることができる展示施設など、原作の大きな魅力である文学性やアート性にあふれた空間となるとのこと。

アニメや本、そして最近では展覧会でもムーミンを多く見かけます。キャラクターグッズも何十年も経った今でも若い世代に引き継がれ高い人気を誇っているのはあらためて説明するまでもありません。


水浴び小屋


灯台

パーク内には、ムーミンの世界を再現したプロップスが随所にあり、ムーミンたちが近くにいるかのように感じられます。

オープンまでまだ約一年ありますが、首を長くして待つことにしましょう。自然豊かな飯能市だからこそ実現可能なテーマパークとなるはずです。


メッツァ公式サイト(ティザーサイト)  
https://www.metsa.co.jp
メッツァビレッジ公式インスタグラム    
@metsavillage
メッツァ公式フェイスブック        
https://www.facebook.com/metsavillage/
メッツァ公式ツイッター          
https://twitter.com/Metsa_Official
ムーミンバレーパーク公式インスタグラム 
@moominvalleypark
ムーミンバレーパーク公式フェイスブック 
https://www.facebook.com/moominvalleypark/


MOOMIN ムーミン公式ファンブック 2018 (バラエティ)

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5072

JUGEMテーマ:アート・デザイン



| 展覧会告知 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
静嘉堂文庫美術館で酒器の美に酔いませんか。
静嘉堂文庫美術館にて「酒器の美に酔う」展が4月24日より始まります。


http://seikado.or.jp/

突然ですが、こちら何だと思いますか??


色絵松竹牡丹文壺形段重」京焼
江戸時代(18〜19世紀)静嘉堂文庫美術館蔵
【全期間展示】

大きめの壺、花瓶?それとも…

何とこれ、分離できるのです。こんな風に!



三段に分かれ、下段・中段に酒肴、上段は酒を入れて徳利のように使ったものではないかと考えられています。酒宴の席で、皆の注目を集めたはずです。

こうしたユニークな酒器から、重要文化財指定の柿右衛門まで、お酒を酌み交す道具が一堂に会する展覧会が「酒器の美に酔う」です。

絵画や彫刻は崇高で縁遠く感じてしまう方でも、酒器ならとても身近に感じられるはず。何百年も前の人もきっとこれらを実用品として普段から用いていたはずです。


重要文化財「色絵桐鳳凰文徳利」有田焼(柿右衛門様式)
江戸時代(17〜18世紀)静嘉堂文庫美術館蔵
【全期間展示】

静嘉堂文庫美術館「酒器の美に酔う」を一足早く楽しめるイベントが4月22日に開催されます。ブログやSNSのアカウントをお持ちの方ならどなたでも申し込めます。

無料で観られるだけでなく、他にも参加者にはこんな特典が!

1.開催前に特別に実施する参加の皆様だけの貸切観覧会です。  
2.担当学芸員によるギャラリートークに参加できます。     
3.『酒器の美に酔う』展特製グッズをプレゼントします。    
4.会場内の写真撮影が可能です。               
※当日配布する撮影注意事項にしたがって撮影下さい。



色絵牡丹文水注」鍋島藩窯
江戸時代(17〜18世紀)静嘉堂文庫美術館蔵
【全期間展示】

・日時:2018年4月22日(日)16:00〜17:30(15:30受付)
スケジュール:
15:30〜 受付開始
16:00〜 ブロガー内覧会開始(展示室内自由鑑賞)
※撮影は、当日配布する注意事項にしたがって撮影願います。
16:15〜16:45 ギャラリートーク(展示室前集合)
静嘉堂文庫美術館 学芸員 山田 正樹
〜17:30 展示室内自由鑑賞
17:30  ブロガー内覧会終了

・会場:静嘉堂文庫美術館(東京都世田谷区岡本2-23-1)
http://www.seikado.or.jp/guide/access.html

・参加資格 ブログ、Faceboook、Twitterを開設していらっしゃる方
(ブログの内容は問いません。アート以外でもOK。)

・参加費/無料

・定員:50名
定員を超えてお申し込みがあった場合は、事務局にて選考させていただきます。

そうそう大事なことお伝えするの忘れていました。今回の展覧会にはあの国宝「曜変天目」が特別公開されます。今年度、曜変天目が観られるチャンスはこれだけです!


国宝「曜変天目」建窯
南宋時代(12〜13世紀)静嘉堂文庫美術館蔵
【全期間展示】

・お申込み
『酒器の美に酔う』展のブロガー内覧会に参加をご希望の方は下記URLよりお申込みください。
申込みフォーム>>>
https://admin.prius-pro.jp/m/win/form.php?f=4

・申し込み締め切り:4月16日(月) 午前10:00まで。
なお、応募者多数の場合は、事務局で選考させていただきます。
※当選者には 4月18日(水)までにメールでお知らせします。
 当選者への通知をもって、発表に代えます。
※落選者の方への連絡はありません。ご了承願います。

この機会を逃すべからず!!


静嘉堂文庫美術館 「酒器の美に酔う」

会期:2018年4月24日(火)〜6月17日(日)
[休館日:毎週月曜日(ただし、4月30日は開館)、5月1日(火)]
[前期]4月24日(火)〜5月20日(日) [後期]5月22日(火)〜6月17日(日)
会場:静嘉堂文庫美術館(東京都世田谷区岡本2-23-1)
http://seikado.or.jp/
主催:静嘉堂文庫美術館

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5071

JUGEMテーマ:アート・デザイン



続きを読む >>
| 展覧会告知 | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
特別展「名作誕生−つながる日本美術」の音声ガイドは壇蜜さんと二人の人気声優!
東京国立博物館 平成館にて開催される、創刊記念『國華』130周年・朝日新聞140周年 特別展「名作誕生−つながる日本美術」〈会期:2018年4月13日(金)〜5月27日 (日)〉


http://meisaku2018.jp/
日本美術史上に輝く「名作」たちは、さまざまなドラマをもって生まれ、受け継がれ、次の名作の誕生へとつながってきました。本展では、作品同士の影響関係や共通する美意識に着目し、地域や時代を超えたさまざまな名作誕生のドラマを、国宝・重要文化財含む約130件を通してご紹介します。
今年開催される日本美術の展覧会の中で最も注目度の高い展覧会です。

どんな名画、名曲、名作であっても全くの無の状態から生まれるものではありません。先人の残した作品を踏まえてまたはそれを乗り越えんとして有史以来「名作」は生まれてきました。

とりわけ、日本美術にはその傾向が強くみられます。和歌の世界でも「本歌取り」があるように、例えば琳派の絵師たちも先人の作品をリスペクトしつつ時代に合わせたアレンジを試み新たな作品を作り上げてきました。


重要文化財 仙人掌群鶏図襖[さぼてんぐんけいずふすま]
伊藤若冲筆 江戸時代・18世紀 大阪・西福寺蔵 (展示期間:通期展示)

今では、誰しもがしるスーパースター的存在の若冲も中国の宋元画を模写したり、数多くの他の絵師の作品を観て自分の作風を築きあげました。

普段中々そうした「つながり」を目にする機会はありませんが、今回の特別展「名作誕生−つながる日本美術」では、まさにそこに的を絞っての展示となります。

名作をただ鑑賞するのではなく、過去作との「つながり」を通して観るという、お勉強型の展覧会と言えます。少し難しそうな気がしますが、大丈夫です。



「つながる展」の音声ガイドナビゲーターは壇蜜さんが担当するのです。そして何と彼女だけではなく、人気声優の櫻井孝宏さん(前期)と諏訪部順一(後期)さんの豪華ダブルキャスト!

ここ最近の展覧会の音声ガイドでは、人気声優を抜擢することが増えています。

展覧会でしか聞けない!声優たちによる魅惑の音声ガイドの世界

「声」のプロですから今までどうしてお声がかからなかったのか逆に不思議なくらいです。これからも益々こうした機会が増えてくるでしょう。

それにしても特別展「名作誕生−つながる日本美術」にかけて、人気声優を前期・後期で二人で担当させるなんてよく考えたものです。つながる音声ガイドですね。


週刊朝日 2018年 3/16 号【表紙:壇蜜】 [雑誌]

この展覧会で菱川師宣の「見返り美人図」が公開されるのを機に、壇蜜さんに“現代の見返り美人”に!!佐藤康宏東京大学教授による展覧会の見どころも掲載されています。

また壇蜜さんは、特別番組「壇蜜の日本美訪〜つながる名作誕生のドラマ」(BS朝日 4月28日(土)13時〜13時54分)にも出演します。

創刊記念『國華』130周年・朝日新聞140周年 特別展「名作誕生−つながる日本美術」
会期:2018年4月13日(金)〜5月27日 (日)
会場:東京国立博物館
http://meisaku2018.jp/


アメリカン・エキスプレスとホテルオークラレストラン「ゆりの木」とコラボして「THE GREEN Cafe」が期間限定でオープンしています。

カフェだけでなく、ショップのお買い物もお得な割引特典があります。(5月6日まで)。詳しくはこちらから。


タルトタタン

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5067

JUGEMテーマ:アート・デザイン



| 展覧会告知 | 23:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 素敵な時間を楽しむ』(世界文化社)好評発売中です。


青い日記帳(編集)『美術展の手帖』小学館より発売中です。


青い日記帳「出前ブログ」


gooいまトピ連載中

朝日マリオン・コム「ぶらり、ミュージアム」

びゅうたび連載中


山下裕二&井浦新トークショー


青い日記帳コラボグッズ

「展覧会に出かける前に準備しておきたい5つのこと。」

「展覧会を何十倍も楽しむために心がけたい5つの秘訣。」

フェルメールへの招待
國學院大學文学部教授の小池寿子先生監修。不肖私(Tak)が編集と一部執筆しました。詳細はこちら

【展覧会レビュー】
「国宝 雪松図と花鳥 美術館でバードウォッチング」
「上原コレクション名品選」
「セーヴル、創造の300年」
「パリ・グラフィック」
かみさんが選ぶ「2017年 展覧会ベスト10」
プロが選ぶ「2017年 ベスト展覧会」
読んでおきたい10冊のアート関連本

パリ行って来ました
オランダ行って来ました
 

BLUE HEAVEN(本館)

『文藝春秋』に寄稿しました。

『AERA』に載りました。

「マウリッツハイス美術館展公式ガイドブック」編集・一部執筆しました

「ザ・シネマ」に寄稿しました。

トークショーに出演しました

日経に掲載されました

朝日新聞に掲載されました

再び日経に掲載されました

「美連協ニュース」寄稿

『アートコレクター』で紹介されました

Yahoo!カテゴリ絵画に登録されました

+ CATEGORIES
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
moon phases
 
   
+RECOMMEND
  
ロマネスク美術革命 (新潮選書)
ロマネスク美術革命 (新潮選書) (JUGEMレビュー »)
金沢 百枝
11~12世紀のロマネスクこそは、ヨーロッパ美術を大きく塗りかえる「革命」だった。宮廷文化から民衆文化への流れのなかで、知識より感情を、写実よりかたちの自由を優先する新たな表現が、各地でいっせいに花ひらく。古代ギリシア・ローマやルネサンスだけがスタンダードではない。モダン・アートにも通じる美の多様性を、豊富な図版を例に解きあかす。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
若冲の描いた生き物たち
若冲の描いた生き物たち (JUGEMレビュー »)
小林 忠,小宮 輝之,湯浅 浩史,佐々木 猛智,本村 浩之,秋篠宮 文仁
若冲と学研がコラボした画期的な若冲本!レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
叢 小田康平の多肉植物
叢 小田康平の多肉植物 (JUGEMレビュー »)
小田 康平
「人の間にあるサボテン−自由な美しさ、見たことのないトーン。自然と人との関わり、その不思議を小田康平さんは知っている。とても豊かだ」レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ)
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ) (JUGEMレビュー »)
岡田 裕子,阿部 謙一,松下 学
現代美術家岡田裕子が主宰、会田誠顧問による謎の人形劇団「劇団★死期」の伝説の公演を小説化。アートの知識を楽しく学べる児童文学。

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
名画のネコはなんでも知っている
名画のネコはなんでも知っている (JUGEMレビュー »)
井出 洋一郎
ゴッホ、ミレー、ゴーギャン、ゴヤ、ルノワール、歌麿、北斎、国芳などの天才画家たちの思想を、まさかのネコ目線でひも解く、新感覚な名画解説書。
+RECOMMEND
  
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ) (JUGEMレビュー »)
オノユウリ
アートに囲まれて働く美術館学芸員。優雅な職業のイメージだけど、実際は日々、ドタバタの連続なのです!? 展覧会の舞台裏から、学芸員のお仕事のリアルまで。美術館の知られざる一面を描くコミックエッセイ!
+RECOMMEND
  
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556)
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556) (JUGEMレビュー »)
山本 聡美
腐敗し白骨化してゆく亡骸の様子を克明に描く「九相図」。仏教とともに伝来し、日本に深く根を下ろしたこの図像には、生と死、そして肉体の無常をめぐるいかなる想いが秘められているのか。豊富な図版とともに探る。
+RECOMMEND
  
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル)
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル) (JUGEMレビュー »)
谷口 ジロー
ルーヴル美術館とビッグコミックオリジナルの共同企画。オールカラー豪華版。
+RECOMMEND
  
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス)
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス) (JUGEMレビュー »)
黒田 いずま
美術館で働く学芸員の近江さん。個性豊かなメンツが解説、展示、監視などの仕事を通して、日々様々な工夫をしながら楽しく来館者をお出迎えする日常をユーモラスかつ鋭いツッコミで描いた作品。
+RECOMMEND
  
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡 (JUGEMレビュー »)

普段は単眼鏡で済ませていますが、どうしても隅々まで観たい作品の場合はこの双眼鏡を使ってます。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書)
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書) (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
美術史の実践方法が最後にまとめられています!世界が変わる、名画の見方。前作「西洋美術史入門」からさらに一歩奥へ。池上英洋 著

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection)
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection) (JUGEMレビュー »)
川端 康雄,加藤 明子
夏目漱石をイチコロにしたウォーターハウスの文学性と蠱惑的な魅力を余すところなく紹介!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福 (JUGEMレビュー »)
池永康晟
日本画の異才“池永康晟”がベールを脱ぐ!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
すゞしろ日記 弐
すゞしろ日記 弐 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
画家・山口晃のエッセー漫画第2弾。

面白きことも無き世を、面白く!

画家・山口晃の“どーでもいいけど楽しげなこと”満載
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
OLYMPUS ダハプリズム防水単眼鏡 ギャラリースコープ Monocular I 6×16
OLYMPUS ダハプリズム防水単眼鏡 ギャラリースコープ Monocular I 6×16 (JUGEMレビュー »)

観劇・美術鑑賞・セミナーなどの知的シーンや、コンサート会場・ファッションショーなどで大活躍!
軽いのでいつも持ち歩いています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫)
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
宮下規久朗
宮下規久朗先生の最新刊!絵画に描かれた代表的な「モチーフ」を手掛かりに美術を読み解く、画期的な名画鑑賞の入門書。カラー図版150点を収録した文庫オリジナル。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工 (JUGEMレビュー »)

「これ一冊で日本美術を鑑賞する際の知識が全て揃う」
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
アイテムで読み解く西洋名画
アイテムで読み解く西洋名画 (JUGEMレビュー »)
佐藤 晃子
西洋絵画を鑑賞する際に必要となる宗教画,神話画の50のアトリビュートを紹介。ありそうで無かった絵画ファン待望の一冊。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術鑑賞手帳
美術鑑賞手帳 (JUGEMレビュー »)

美術鑑賞の楽しみをさらに広げるこれまでになかった手帳です。ミニガイドと書き込み式の鑑賞の記録ページが一緒に。

自分もお手伝いさせて頂きました。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
画家の食卓
画家の食卓 (JUGEMレビュー »)
林 綾野
画家たちが楽しんだ26のレシピを再現。クレー、フェルメール、セガンティーニ、メムリンクの暮らしと創作現場を巡る旅。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い (JUGEMレビュー »)
サンディ ネアン
とかく扇情的に扱われる美術品盗難。だが実際は、麻薬や犯罪に絡む危険な裏社会と結びつく場合が多い。事件に巻き込まれた学芸員の立場からその実態を訴え、問題点を考察する一書。 レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
江戸の献立 (とんぼの本)
江戸の献立 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
福田 浩,松井 今朝子,松下 幸子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻))
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻)) (JUGEMレビュー »)
長岡 龍作
法隆寺金堂内陣は、普段は大変暗い上に太い円柱に加え、金網が廻らされており、その詳細はなかなか見ることができません。今までに撮影された写真も鮮明さということでは満足のゆくものではありませんでした。今回は最新の撮影技術により、南面(正面)のみならず、北面(背面)からも撮影。その結果、全く見たことがない写真を目の当たりにすることになりました。仏像の質感と量感、豊かな色彩に感嘆し、感動をおぼえる一冊となっています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
山口晃 大画面作品集
山口晃 大画面作品集 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
8年ぶり、待望の最新作品集。11月26日発売!予約しないと!!

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本)
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
山本 勉,ヤノベ ケンジ,橋本 麻里,みうら じゅん
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
知識ゼロからのキリスト教絵画入門
知識ゼロからのキリスト教絵画入門 (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
池上英洋先生が易しく紐解く『聖書』の世界。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
芸術家の家: 作品の生まれる場所
芸術家の家: 作品の生まれる場所 (JUGEMレビュー »)
ジェラール=ジョルジュ ルメール,ジャン=クロード アミエル
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
フェルメールへの招待
フェルメールへの招待 (JUGEMレビュー »)

不肖・私がフェルメール30作品の解説執筆と全体の編集に携わった一冊です。オールカラーB5版。96ページから成る、これまでにないフェルメールパーフェクトガイドです。主に「フェルメール初心者」に向け丁寧に噛み砕いた表現で綴られているので、美術の専門用語を知らずともフェルメール作品について一通りの知識を得ることが出来ます。

お手に取って頂ければ幸甚です。よろしくお願い致します。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件 (JUGEMレビュー »)
レニー ソールズベリー,アリー スジョ
来歴さえあれば、たとえ贋作でも「ほんもの」になる。詐欺師は驚くべき方法で美術史を捏造した。美術界を震憾させた事件を追うドキュメンタリー。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース)
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース) (JUGEMレビュー »)
林 綾野
林綾野さんの待望のフェルメール本!レビュー&インタビュー→こちら
+RECOMMEND
  
ヴァチカン物語 (とんぼの本)
ヴァチカン物語 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
塩野 七生,藤崎 衛,石鍋 真澄
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
野兎の眼
野兎の眼 (JUGEMレビュー »)
松本 典子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105 (JUGEMレビュー »)

掌に収まる単眼鏡は、必要なときにサッとポケットなどから取り出して使える便利な、美術館・博物館必須アイテム。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術のことば案内
日本美術のことば案内 (JUGEMレビュー »)
日高 薫
レビュー→こちら
日本美術鑑賞の際に、よく出てくる言葉を満載。絵画、彫刻、工芸品などの具体的な写真をふんだんに使い紹介
+RECOMMEND
  
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS

 1/28PAGES >>

このページの先頭へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...