弐代目・青い日記帳 

  
TB&リンク大歓迎です!
山手線が“走るアートミュージアム”に!
山手線が“走るアートミュージアム”に!“TOKYO”をテーマに東京造形大学が「山手線グラフィック展」を開催します。


http://www.zokei.ac.jp/

東京造形大学造形学部デザイン学科グラフィックデザイン専攻領域の学生による作品が、山手線車内をジャックします。

ADトレインとして、企業やイベントの告知に利用する山手線にご乗車された経験ありますよね。車内を商品広告が占拠していたり、ドアの外側にも派手なペイントが施されたりしています。



そんな広告の場である山手線ADトレインで、学生の作品を展示する「山手線グラフィック展」を開催しちゃうというのです。東京造形大学さんやりますね〜



ロゴコンセプト
東京の中心を走る山手線を抽象的に表現しました。様々な学生の作品で埋め尽くされるであろう事を想定して、アノニマスなアプローチを試みました。加えて東京造形大学らしい、手や人肌を感じて欲しいと思い、ビジュアルは球体に布を被せて透過光で撮影しています。文字は一部を除いて全て活版印刷で表現しています。


学生さんたちが描いた作品をただ展示するだけではありません。東京を象徴する存在の山手線車内での展示なので。デザインテーマはずばり「TOKYO」.

グラフィックデザインを学ぶ学生たちの瑞々しい感性で、一人一人が思い描くTOKYOが山手線内で展開されています。

作品の一部をご紹介しておきますね。







美術館やギャラリーのように限られた空間だけで観賞されるのがデザインではありません。ひろく一般の多くの方の目にとまってなんぼです。

となると、今回の山手線車内での展示はまさにうってつけの空間ではないでしょうか。

若い学生さんたちによる瑞々しい作品が山手線車内をジャックしています。

「東京造形大学 山手線グラフィック展」は、2月28日までです。


「東京造形大学 山手線グラフィック展」

実施期間:2018年2月17日(土)〜2018年2月28日(水)
※車両整備等の理由で、期間中でも運休となる場合がございます。
実施車両:山手線E231系 ADトレイン 1編成
内容:山手線の車内を展覧会場に見立て、東京造形大学グラフィックデザイン専攻領域の学生がデザイン作品を制作し、車内の各媒体に掲出
総意匠数:約300点
デザインテーマ:TOKYO
http://www.zokei.ac.jp/


ナノゲージ トレインコレクション E231系 山手線 nGT_005

JUGEMテーマ:アート・デザイン



続きを読む >>
| 展覧会告知 | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
免疫を題材にした体験型アート展「君と免疫。展」が開催されます。
(株)明治が免疫力啓発プロジェクト「Do Wonders」を始動し、その第1弾として、「免疫」のメカニズムをアートで学べる体験型アート展、「君と免疫。展」を開催します。


http://www.meiji.co.jp/do-wonders/exhibition/

「免疫」のメカニズムをアートで学べる体験型アート展「君と免疫。展」は、2月24日(土)〜25日(日)の2日間限定開催です。

例年以上にインフルエンザが猛威を振るっている今年の冬。免疫力とウィルスの存在を最も身近に感じる時期でもあります。

免疫は人間が健康に暮すために欠かすことのできない”砦”であり、体内に侵入したウイルスや細菌を撃退するために、様々な細胞・組織・器官が複雑に連携して構成されています。



難しく感じられがちな免疫を、異なるジャンルのアーティスト5組、石井正信(イラストレーター)/清川進也(音楽作家)/DAISY BALLOON(バルーンアーティスト)/勅使河原一雅(映像作家)/吉田愛(建築家)とコラボレーションし、五感で楽しむ体験型アートとして再構築する展覧会が、「君と免疫。展」です。

勅使河原一雅による、免疫の働きにインスパイアされた体験型映像作品『混沌の王国』をはじめ、それぞれが独自の解釈・世界観で免疫を表現しています。



展覧会は入場無料。

また、小さなお子様(0歳〜)とも気兼ねすることなくご一緒に楽しめる『優先親子鑑賞会』の時間を用意。両日とも10時〜12時の間は、親子での鑑賞を優先的に入れてもらえるそうです。



勅使河原一雅による、免疫の働きにインスパイアされた体験型映像作品『混沌の王国』をはじめ、それぞれが独自の解釈・世界観で免疫を表現。

ちょっと変わったアプローチの新たな展覧会。2日間限定ですが、お時間合えば是非!


君と免疫。展
会場:SO-CAL LINK GALLERY(表参道)
(東京都渋谷区神宮前4-9-8/東京メトロ「表参道駅」徒歩3分)
※駐車場のご用意がございませんので、公共交通機関をご利用ください。
会期:2018年2月24日(土)〜2月25日(日)
開催時間:24日(土)10:00〜19:00
     25日(日)10:00〜17:00
観覧料:無料
主催:株式会社 明治
特別協力:朝日新聞社、株式会社スイッチ・パブリッシング、医学博士 吉田たかよし
参加アーティスト:石井正信、清川進也、勅使河原 一雅、DAISY BALLOON、吉田愛

http://www.meiji.co.jp/do-wonders/ 
(Do Wondersプロジェクトサイト)
http://www.meiji.co.jp/do-wonders/exhibition/ 
(君と免疫。展サイト)


アレルシャット ウイルス イオンでブロック 160回分

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5010

JUGEMテーマ:アート・デザイン



| 展覧会告知 | 23:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
10点目の国芳「金魚づくし」
大阪市立美術館にて2018年4月17日より「江戸の戯画−鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで」が開催となります。


http://www.osaka-art-museum.jp/

江戸時代に描かれた多種多様な戯画(ぎが)をまとめて紹介する「江戸の戯画展」。あまり難しいことを考えずとも素直に楽しめる展覧会です。
戯画
戯れに描いた絵。また、誇張したり風刺を交えたりして描いたこっけいな絵。ざれ絵。カリカチュア。
滑稽なものから当時の幕府の政治を批判したものまで実にバラエティーに富んでいます。

多くの絵師が戯画を描きましたが、現在最も知名度が高いのは間違いなく歌川国芳でしょう。国芳で分からなくても金魚の絵や東京スカイツリーらしきものを描いた絵師と言えば、作品がすぐに頭に浮かんでくるはずです。


歌川国芳「金魚づくし 玉や玉や」 ベルギー王立美術歴史博物館蔵(前期のみ展示)

中でもこの「金魚づくし」は擬人化された金魚の可愛らしさとちょっとおとぼけな感じが人気を博し、展覧会に出れば人気の的!グッズも飛ぶように売れていきます。

現在存在が確認されている国芳の「金魚シリーズ」は全部で9作品あります。


歌川国芳「金魚づくし 百ものがたり」 ベルギー王立美術歴史博物館蔵(前期のみ展示)

実は、数年前までは8点だけでしたが、イタリアで9点目が発見され「まだあったのか!」と話題となると同時に「10枚目もきっとどこかにあるはず。」とお宝探しが始まりました。

詳しいことはこちらに書きましたのでお読み頂ければ幸いです。


歌川国芳「きん魚づくし ぼんぼん」 個人蔵(通期展示)

現存する「金魚づくし」9作品が全て揃うことは、これまでの展覧会ではありませんでした。何と大阪で開催される「江戸の戯画展」が世界で初めての9枚揃い踏み展示(前期のみ)となるのです。

これもっと話題になってもいいのにな〜

さて、こちら説明した通り、9枚目があるということは10枚目もあると確定したも同然です。

その10枚目の手掛かりとなる作品も「江戸の戯画展」には出るのです!それがこちら。


金魚 けんじゆつ」 個人像

この「金魚 けんじゆつ」は別の浮世絵師が、縮小して写したものです。模したということは、元の絵があったこと。そしてこんな絵を描くのは国芳以外にいません。

それに何より、金魚を擬人化して描いているのですから、ほぼ間違いなく国芳作品の模写でしょう。

「この金魚にピンときたら110番」ではないですが、どこかで見つけたらそれこそ世紀の大発見となります。いつの日か10点目の国芳金魚に逢えることを願いつつ、「江戸の戯画展」に行ってみたいと思います。


「江戸の戯画−鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで」

会期:平成30年4月17日(火)〜6月10日(日)
【前期】4月17日(火)〜5月13日(日)
【後期】5月15日(火)〜6月10日(日)
※会期中展示替えあり。
時間:午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:月曜日(ただし、4月30日(月)は開館)。5月1日(火)も開館。
主催:大阪市立美術館、毎日新聞社、MBS
後援:ベルギー大使館
協賛:大和ハウス工業
http://www.osaka-art-museum.jp/


歌川国芳「きんぎよ尽 まとい」 ベルギー王立美術歴史博物館蔵

二足歩行する金魚…特別展「江戸の戯画」が開催決定!


歌川国芳―奇と笑いの木版画

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5008

JUGEMテーマ:アート・デザイン



| 展覧会告知 | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
エース×東京藝術大学デザイン科「2018 モチハコブカタチ展」
エース株式会社が運営する「世界のカバン博物館」をごぞんじでしょうか。エース株式会社東京店(東京都台東区)の一角に世界のカバン博物館があります。


https://www.ace.jp/museum/

日本国内には130もの企業博物館が存在しますが、都心にあって意外と知られていないのがこの世界のカバン博物館です。

Googleストリートビューでこの博物館の館内の様子を見られます。これで入館料無料とは太っ腹です。

来る2018年1月30日から、企画展示ゾーンにて、東京藝術大学美術学部デザイン科1年生が制作した作品を展示する成果展「2018 モチハコブカタチ展」が開催されます。



モチハコブカタチ展は、東京藝術大学との共同プロジェクト「エース株式会社デザイン展 モチハコブカタチ」を2011年に東京藝術大学美術館陳列館で開催した事をきっかけに、毎年テーマを設け開催し、今回で6回目の開催となります。

「2018 モチハコブカタチ展」では、東京藝術大学美術学部デザイン科の1年生44名が「未来のカバン」をテーマに、未来の生活やライフスタイルをイメージした“モチハコブカタチ”をデザインし、その作品をエースが運営する世界のカバン博物館で特別展示する企画展です。

会場となる世界のカバン博物館(東京都台東区駒形1-8-10 エース株式会社 東京店内)は浅草駅から徒歩数分の好立地にあります。
https://www.ace.jp/museum/



浅草観光のルートに世界カバン博物館を入れてみてはいかがでしょうか。海外からのお客様もきっと喜ばれるはずです。

「2018 モチハコブカタチ展」

会期:2018年1月30日(火)〜3月10日(土) 10時〜16時半(入館は16時まで) 
会場:世界のカバン博物館 (東京都台東区駒形1-8-10 エース株式会社 東京店内)
入館料:無料
休館日:日、祭日
https://www.ace.jp/museum/

企画内容:テーマ「未来のカバン」
2020年を意識したスポーティブなライフスタイルをはじめ、未来の生活をイメージしデザインすること。目的を持った未来のカバンを提案します。

なお、今回の企画展告知用ポスター・DM選定作品は、約一か月半にわたる実技授業の最終講義として東京藝術大学デザイン科1年生、全生徒の講評会を実施し、それをうけて告知用ポスターやDMで採用する作品の選定を行ったそうです。


(1)作品名:Libertas (リベルタス)
ハニカム構造を採用し、どんな形状のものを入れてもいいフレキシブルなカバン。
(2)作品名:COIL WING (コイルウィング)
最も単純な構造の[ 開く / 巻く ] を基にしたカバン。中身の容量により持ち方を自在に変えられる。
(3)作品名:Flexy (フレクシィ)
ハンズフリーな世の中に対し、今一度「触れる」ことに注目したネット状のポーチ。中身によりフレキシブルな表情をみせる。

世界のカバン博物館について

バッグメーカー、エース株式会社の創業者・新川柳作が長年収集してきたバッグの個人収蔵品を、広く皆様にご紹介する文化事業として「世界のカバン館」を1975年に開設。エースの創業70周年にあたる2010年に「世界のカバン博物館」として大幅にリニューアルを行いました。世界五大陸、約50カ国より収集された希少価値の高いコレクションをはじめ、カバンの歴史、文化に触れることができるカバンの博物館です。暮らしの中で使われる「カバン」には、それぞれの国の独自の文化や風俗があり、発展の歴史があります。カバンの歴史を学べるコーナーのほか、世界のカバンコレクションでは世界中から集められた550点余りの珍しいカバンや希少価値の高いバッグを収蔵・展示しています。また、思い出のカバンや歴史に立ち会った逸品として、著名人より寄贈された愛用のバッグも多数展示。人間の暮らしとの深い関わりを知り、より多くの方にカバンの世界を身近に感じて頂ける博物館です。



Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=4994

JUGEMテーマ:アート・デザイン



続きを読む >>
| 展覧会告知 | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
「草間彌生展」生誕の地松本でこの春開催!
松本市美術館にて「草間彌生 ALL ABOUT MY LOVE 私の愛のすべて」が2018年3月3日より開催されます。


「草間彌生展」公式サイト
https://kusama2018.com/

草間彌生“誕生の地”松本市の市制施行110周年と松本市美術館開館15周年を記念して開催される特別展です。

松本市美術館では、開館記念展、2005年「草間彌生 魂のおきどころ」、2012年「草間彌生 永遠の永遠の永遠」の3本の展覧会をこれまで開催してきました。


《大いなる巨大な南瓜》2012年時の展示風景より ©YAYOI KUSAMA

また開館以来、常設展示室で「草間彌生 魂のおきどころ」を通年展示し、紹介しています。

昨年、東京・六本木で開催された草間彌生展「わが永遠の魂」は実に520,320人もの多くの人で賑わいました。現代アートの展覧会でこれだけの集客力を有すのは稀有なことです。

そしていよいよ今年(2018年)の春に、故郷松本で特別展単独開催されます。


《幻の華》《松本から未来へ》 松本市美術館 ©YAYOI KUSAMA

松本市美術館(http://matsumoto-artmuse.jp/)には、まだ行ったことがないので、この機会に是非足を運んでみたいと思っています。

松本までは新宿駅からJRの特急で約3時間弱です。午前9時頃出発しお昼を現地でとって「草間彌生展」をゆっくり鑑賞し、近くにある国宝松本城を見学しても余裕で日帰り可能です。

早速、あれこと調べていたら「草間彌生展」鑑賞ツアーを発見!

草間彌生展鑑賞!松本市美術館見学と信州名物に舌鼓! 日帰り

怪しいツアー会社ではなく、阪急交通社さんが企画した草間展鑑賞ツアーのようです。


検討してみると、このツアー料金的に滅茶苦茶お得なことが分かります。通常個人で手配すると新宿から松本まで列車だけで約12,760円かかるところ、このツアーではほぼ列車と同等料金で企画展チケット、さらには昼食がつきます。

新宿駅発ですが、立川駅・八王子駅にて途中乗下車もできるようです。しかもJRの指定席なので確実に座れて渋滞知らず。(行きからビールを飲めてしまいます!)


「わが永遠の魂」シリーズより《果てしない人間の一生》 2010年 松本市美術館 
©YAYOI KUSAMA

現地滞在時間もたっぷりとあるので、「草間彌生展」と国宝松本城を十分楽しめるはずです。嬉しいのは、料金の中に昼食代も含まれている点です。

昼食場所は信州名物、信州そばと山賊焼きが一度に頂ける、創業138年の老舗「たかぎ

草間彌生展鑑賞!松本市美術館見学と信州名物に舌鼓! 日帰り

日程さえあえば、今すぐにでも予約しちゃいたいお得なツアーです。阪急交通社さん社内にアート好きな方がいらっしゃるのかしら…

春になったら松本まで「草間彌生展」観に行きましょう!!


「草間彌生 ALL ABOUT MY LOVE 私の愛のすべて」

会期:2018年3月3日(土)〜7月22日(日)
会場:松本市美術館 〒390-0811 長野県松本市中央4-2-22
http://matsumoto-artmuse.jp/
休館日:月曜日(ただし、4月30日、5月7日、7月16日は開館)
開館時間:9:00〜17:00
※土曜日は19:00 まで開館。3月3日(土)は 21:00 まで開館延長
※入場はいずれも閉館の 30分前まで
主催:草間彌生展実行委員会(松本市、松本市教育委員会、朝日新聞社、信濃毎日新聞社、SBC信越放送、abn
長野朝日放送)、松本市美術館
後援:松本商工会議所、松本観光コンベンション協会、市民タイムス
協賛:JR東日本長野支社、アルピコグループ、イオンモール松本、北陸コカ・コーラボトリング、松本パルコ、
松本経済新聞
協力:株式会社草間彌
「草間彌生展」公式サイト
https://kusama2018.com/


草間 彌生 ©YAYOI KUSAMA

1929年、長野県松本市に生れる。幼少から自身の内面に湧き上がる得体 の知れないイメージに対して、芸術をもって闘う。1957 年アメリカに渡り、絵画「無限の網」シリーズをきっかけに前衛芸術家として君臨。絵画、ソフト・スカルプチャー、映像、インスタレーション、野外彫刻、パフォーマン ス、ファッション、小説など、さまざまな芸術活動を展開する。1973年帰国。東京を拠点に、世界規模での作品制作、発表を続ける。とくにここ数年 は大規模な世界巡回展が繰り返し行われ、世界的芸術家としての地位を不動のものにしている。2016年世界で最も影響力のある100 人(『タイム』 誌)に選出。同年、文化勲章受章。2017年「草間彌生美術館」開館。


不思議の国のアリスWith artwork by 草間彌生

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=4993

JUGEMテーマ:アート・デザイン



続きを読む >>
| 展覧会告知 | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 素敵な時間を楽しむ』(世界文化社)好評発売中です。


青い日記帳(編集)『美術展の手帖』小学館より発売中です。


青い日記帳「出前ブログ」


gooいまトピ連載中

朝日マリオン・コム「ぶらり、ミュージアム」

びゅうたび連載中


山下裕二&井浦新トークショー


青い日記帳コラボグッズ

「展覧会に出かける前に準備しておきたい5つのこと。」

「展覧会を何十倍も楽しむために心がけたい5つの秘訣。」

フェルメールへの招待
國學院大學文学部教授の小池寿子先生監修。不肖私(Tak)が編集と一部執筆しました。詳細はこちら

【展覧会レビュー】
「国宝 雪松図と花鳥 美術館でバードウォッチング」
「上原コレクション名品選」
「セーヴル、創造の300年」
「パリ・グラフィック」
かみさんが選ぶ「2017年 展覧会ベスト10」
プロが選ぶ「2017年 ベスト展覧会」
読んでおきたい10冊のアート関連本

パリ行って来ました
オランダ行って来ました
 

BLUE HEAVEN(本館)

『文藝春秋』に寄稿しました。

『AERA』に載りました。

「マウリッツハイス美術館展公式ガイドブック」編集・一部執筆しました

「ザ・シネマ」に寄稿しました。

トークショーに出演しました

日経に掲載されました

朝日新聞に掲載されました

再び日経に掲載されました

「美連協ニュース」寄稿

『アートコレクター』で紹介されました

Yahoo!カテゴリ絵画に登録されました

+ CATEGORIES
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
moon phases
 
   
+RECOMMEND
  
ロマネスク美術革命 (新潮選書)
ロマネスク美術革命 (新潮選書) (JUGEMレビュー »)
金沢 百枝
11~12世紀のロマネスクこそは、ヨーロッパ美術を大きく塗りかえる「革命」だった。宮廷文化から民衆文化への流れのなかで、知識より感情を、写実よりかたちの自由を優先する新たな表現が、各地でいっせいに花ひらく。古代ギリシア・ローマやルネサンスだけがスタンダードではない。モダン・アートにも通じる美の多様性を、豊富な図版を例に解きあかす。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
若冲の描いた生き物たち
若冲の描いた生き物たち (JUGEMレビュー »)
小林 忠,小宮 輝之,湯浅 浩史,佐々木 猛智,本村 浩之,秋篠宮 文仁
若冲と学研がコラボした画期的な若冲本!レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
叢 小田康平の多肉植物
叢 小田康平の多肉植物 (JUGEMレビュー »)
小田 康平
「人の間にあるサボテン−自由な美しさ、見たことのないトーン。自然と人との関わり、その不思議を小田康平さんは知っている。とても豊かだ」レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ)
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ) (JUGEMレビュー »)
岡田 裕子,阿部 謙一,松下 学
現代美術家岡田裕子が主宰、会田誠顧問による謎の人形劇団「劇団★死期」の伝説の公演を小説化。アートの知識を楽しく学べる児童文学。

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
名画のネコはなんでも知っている
名画のネコはなんでも知っている (JUGEMレビュー »)
井出 洋一郎
ゴッホ、ミレー、ゴーギャン、ゴヤ、ルノワール、歌麿、北斎、国芳などの天才画家たちの思想を、まさかのネコ目線でひも解く、新感覚な名画解説書。
+RECOMMEND
  
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ) (JUGEMレビュー »)
オノユウリ
アートに囲まれて働く美術館学芸員。優雅な職業のイメージだけど、実際は日々、ドタバタの連続なのです!? 展覧会の舞台裏から、学芸員のお仕事のリアルまで。美術館の知られざる一面を描くコミックエッセイ!
+RECOMMEND
  
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556)
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556) (JUGEMレビュー »)
山本 聡美
腐敗し白骨化してゆく亡骸の様子を克明に描く「九相図」。仏教とともに伝来し、日本に深く根を下ろしたこの図像には、生と死、そして肉体の無常をめぐるいかなる想いが秘められているのか。豊富な図版とともに探る。
+RECOMMEND
  
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル)
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル) (JUGEMレビュー »)
谷口 ジロー
ルーヴル美術館とビッグコミックオリジナルの共同企画。オールカラー豪華版。
+RECOMMEND
  
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス)
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス) (JUGEMレビュー »)
黒田 いずま
美術館で働く学芸員の近江さん。個性豊かなメンツが解説、展示、監視などの仕事を通して、日々様々な工夫をしながら楽しく来館者をお出迎えする日常をユーモラスかつ鋭いツッコミで描いた作品。
+RECOMMEND
  
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡 (JUGEMレビュー »)

普段は単眼鏡で済ませていますが、どうしても隅々まで観たい作品の場合はこの双眼鏡を使ってます。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書)
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書) (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
美術史の実践方法が最後にまとめられています!世界が変わる、名画の見方。前作「西洋美術史入門」からさらに一歩奥へ。池上英洋 著

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection)
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection) (JUGEMレビュー »)
川端 康雄,加藤 明子
夏目漱石をイチコロにしたウォーターハウスの文学性と蠱惑的な魅力を余すところなく紹介!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福 (JUGEMレビュー »)
池永康晟
日本画の異才“池永康晟”がベールを脱ぐ!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
すゞしろ日記 弐
すゞしろ日記 弐 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
画家・山口晃のエッセー漫画第2弾。

面白きことも無き世を、面白く!

画家・山口晃の“どーでもいいけど楽しげなこと”満載
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
OLYMPUS ダハプリズム防水単眼鏡 ギャラリースコープ Monocular I 6×16
OLYMPUS ダハプリズム防水単眼鏡 ギャラリースコープ Monocular I 6×16 (JUGEMレビュー »)

観劇・美術鑑賞・セミナーなどの知的シーンや、コンサート会場・ファッションショーなどで大活躍!
軽いのでいつも持ち歩いています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫)
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
宮下規久朗
宮下規久朗先生の最新刊!絵画に描かれた代表的な「モチーフ」を手掛かりに美術を読み解く、画期的な名画鑑賞の入門書。カラー図版150点を収録した文庫オリジナル。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工 (JUGEMレビュー »)

「これ一冊で日本美術を鑑賞する際の知識が全て揃う」
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
アイテムで読み解く西洋名画
アイテムで読み解く西洋名画 (JUGEMレビュー »)
佐藤 晃子
西洋絵画を鑑賞する際に必要となる宗教画,神話画の50のアトリビュートを紹介。ありそうで無かった絵画ファン待望の一冊。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術鑑賞手帳
美術鑑賞手帳 (JUGEMレビュー »)

美術鑑賞の楽しみをさらに広げるこれまでになかった手帳です。ミニガイドと書き込み式の鑑賞の記録ページが一緒に。

自分もお手伝いさせて頂きました。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
画家の食卓
画家の食卓 (JUGEMレビュー »)
林 綾野
画家たちが楽しんだ26のレシピを再現。クレー、フェルメール、セガンティーニ、メムリンクの暮らしと創作現場を巡る旅。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い (JUGEMレビュー »)
サンディ ネアン
とかく扇情的に扱われる美術品盗難。だが実際は、麻薬や犯罪に絡む危険な裏社会と結びつく場合が多い。事件に巻き込まれた学芸員の立場からその実態を訴え、問題点を考察する一書。 レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
江戸の献立 (とんぼの本)
江戸の献立 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
福田 浩,松井 今朝子,松下 幸子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻))
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻)) (JUGEMレビュー »)
長岡 龍作
法隆寺金堂内陣は、普段は大変暗い上に太い円柱に加え、金網が廻らされており、その詳細はなかなか見ることができません。今までに撮影された写真も鮮明さということでは満足のゆくものではありませんでした。今回は最新の撮影技術により、南面(正面)のみならず、北面(背面)からも撮影。その結果、全く見たことがない写真を目の当たりにすることになりました。仏像の質感と量感、豊かな色彩に感嘆し、感動をおぼえる一冊となっています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
山口晃 大画面作品集
山口晃 大画面作品集 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
8年ぶり、待望の最新作品集。11月26日発売!予約しないと!!

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本)
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
山本 勉,ヤノベ ケンジ,橋本 麻里,みうら じゅん
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
知識ゼロからのキリスト教絵画入門
知識ゼロからのキリスト教絵画入門 (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
池上英洋先生が易しく紐解く『聖書』の世界。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
芸術家の家: 作品の生まれる場所
芸術家の家: 作品の生まれる場所 (JUGEMレビュー »)
ジェラール=ジョルジュ ルメール,ジャン=クロード アミエル
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
フェルメールへの招待
フェルメールへの招待 (JUGEMレビュー »)

不肖・私がフェルメール30作品の解説執筆と全体の編集に携わった一冊です。オールカラーB5版。96ページから成る、これまでにないフェルメールパーフェクトガイドです。主に「フェルメール初心者」に向け丁寧に噛み砕いた表現で綴られているので、美術の専門用語を知らずともフェルメール作品について一通りの知識を得ることが出来ます。

お手に取って頂ければ幸甚です。よろしくお願い致します。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件 (JUGEMレビュー »)
レニー ソールズベリー,アリー スジョ
来歴さえあれば、たとえ贋作でも「ほんもの」になる。詐欺師は驚くべき方法で美術史を捏造した。美術界を震憾させた事件を追うドキュメンタリー。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース)
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース) (JUGEMレビュー »)
林 綾野
林綾野さんの待望のフェルメール本!レビュー&インタビュー→こちら
+RECOMMEND
  
ヴァチカン物語 (とんぼの本)
ヴァチカン物語 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
塩野 七生,藤崎 衛,石鍋 真澄
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
野兎の眼
野兎の眼 (JUGEMレビュー »)
松本 典子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105 (JUGEMレビュー »)

掌に収まる単眼鏡は、必要なときにサッとポケットなどから取り出して使える便利な、美術館・博物館必須アイテム。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術のことば案内
日本美術のことば案内 (JUGEMレビュー »)
日高 薫
レビュー→こちら
日本美術鑑賞の際に、よく出てくる言葉を満載。絵画、彫刻、工芸品などの具体的な写真をふんだんに使い紹介
+RECOMMEND
  
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS

 1/25PAGES >>

このページの先頭へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...