弐代目・青い日記帳 

  
TB&リンク大歓迎です!
東北の黄金浄土「中尊寺金色堂」
今年は国宝という言葉が生まれ120周年目の節目にあたる年でした。

京都国立博物館では「国宝展」が開催され、小学館からは『週刊ニッポンの国宝 100』が刊行となり、「国宝新幹線」や「カップヌードル専用 縄文DOKI☆DOKIクッカー」など多くの国宝応援プロジェクトが企画され賑わいをみせました。


https://www.viewtabi.jp/17122101

「国宝展」も何度も足を運び堪能しましたが、国宝指定されているものの中には現地へ行かなと観られないものも多くあります。例えば建造物。

そこで、1951年に文化財保護委員会が国宝建造物第1号と認定した「国宝 中尊寺金色堂」を観に行くべく一泊二日で平泉へ行って来ました。



東京駅から東北新幹線で一ノ関駅へ。はやぶさ号の車内はどの新幹線車両よりも快適です。グリーン車でなくてもこのクオリティです。

東北新幹線車内販売名物のオレンジ色のキャラメル箱に入った乾燥ホヤ珍味「ほや酔明」をまとめ買いしてとりあえず、自分へのお土産は確保。



一ノ関駅新幹線乗降口には中尊寺金色堂のミニチュアが出迎えてくれます。

因みに、駅名は「一ノ関」で、地名は「一関」です(東北自動車道のICも「一関」)。駅名にだけ「ノ」が入ります。

一ノ関駅から気仙沼駅までの気仙沼線では、「ポケモンウィズユートレイン」も運行中です。今回はタイミングが合わず乗れなかったので、次回は必ず!



在来線(JR東北本線)で平泉駅まではたった2駅。あっと言う間に奥州藤原氏がかつて栄華を極めた場所に到着です。

これから先、まばゆいばかりの黄金のお堂や仏様を見るにには相当な体力が必要となるので、まずは腹ごしらえから。「平泉レストハウス」内の「レストラン源」で早目のランチです。



岩手県産の食材をふんだんに用いた、平泉の黄金文化をイメージした「いわて黄金ランチ」。観光地とは思えない味の良さと手ごろなお値段。前沢牛のごま味噌ソース添えに白金豚カツそして、じゅうね餅などなど。

この店自慢の「特選前沢牛ステーキどんぶり」についてはこちらに紹介してあります。

10年以上、中尊寺に訪れていなかったので、その間世界遺産の登録されたりと随分と変わってしまったのかな〜と少しだけ心配していたのですが、それは全くの杞憂でした。



1288年、鎌倉幕府により金色堂の調査が行われ風雨をしのぐために金色堂を覆いかぶせるように覆堂が建てられました。増改築をかさね室町時代中期ごどに現在の形になったそうです。

何と、この中に入れるのです。



この空間にまばゆいばかりの中尊寺金色堂があったと思うだけで興奮してきます。

五月雨の降り残してや光堂(ひかりどう)」松尾芭蕉

現在、金色堂を覆うコンクリート製の新覆堂は、1963年(昭和38年)に建てられたものだそうです。肝心の「国宝 中尊寺金色堂」は撮影が不可なので画像がありません。

現地へ行って直に観ることが一番です。


週刊ニッポンの国宝100 10』より。

でも、いきなり行って見ても何をどう見てよいのか分かりません。何も知らないと折角平泉まで行っても、圧倒されるだけで終わってしまいます。

そこで、お薦めなのが『週刊ニッポンの国宝100』の10号です。中尊寺金色堂を特集しています。


週刊ニッポンの国宝100 10』より。

奥州藤原氏が築いた黄金文化。平安仏教美術の粋を結集したまさに唯一無二の大傑作です。

先月発売になったばかりですのでまだ書店やAmazonでも購入できます。この号だけでなく、国宝に関してはこの『ニッポンの国宝』シリーズは右に出るものなしの大満足の内容です。



さて、この旅の続きは「びゅうたび」に掲載してあります。中尊寺だけでなく歴史的な建造物や自然美豊かな渓谷など見応えたっぷりです。

もちろん、美味しいもの情報もね!


岩手県一関市にある「ミートレストラン格之進

あの格之進の本拠地は一関市です。そして激旨ハンバーグを提供してくれるお店も市内にあります。

行くぜ、東北。

国宝120周年!「中尊寺金色堂」と平泉の世界遺産をめぐる旅

「びゅうたび」バックナンバー

さて、来年はどこに行きましょう。旅と芸術それに美味しいものがあれば日本全国どこへでも!(そろそろ台湾にもまた行きたいかな〜)


門崎熟成肉の専門店 格之進 「黒格ハンバーグ 5個セット」

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=4958

JUGEMテーマ:アート・デザイン



| 旅と美味しいもの | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
行くぜ東北!びゅうたび総選挙 投票キャンペーン 北東北編
ライターが実際に旅した文化や歴史そしてその土地ならではの美味しいものなどを紹介する旅するメディア「びゅうたび

行くぜ東北!びゅうたび総選挙 投票キャンペーン 北東北編が12月8日からスタートしました。


https://cp.viewtabi.jp/story/4435

あなたが行ってみたい旅を選んで投票するだけ。

1位の旅に投票された方の中から抽選で1組2名を1位の旅と同じコース(JR交通費+宿泊費)がプレゼントされます。


https://cp.viewtabi.jp/story/4435


エントリーされている6つのコースの中に、自分が体験しレポートを書いた「青森で現代アートを満喫する旅」も含まれています。

青森県立美術館と十和田市現代美術館の素晴らしさを伝える「青森で現代アートを満喫する旅」。

FacebookまたはTwitterで簡単に投票(いいね、ツイート)出来ます。是非是非清き一票を宜しくお願い致します。
https://cp.viewtabi.jp/story/4435

青森アートの旅へ出かけましょう!!
びゅうたびの記事には掲載しなかった写真を紹介しておきますね。


奈良美智「Miss Forest/森の子
青森県立美術館


青森県立美術館のスタッフの衣装はミナ ペルホネンなんです!!


青森といえば、「わだばゴッホになる」棟方志功


津軽三味線の生演奏を聴ける津軽じょっぱり漁屋酒場
http://marutomisuisan.jpn.com/isariya-tugaru/


今年(2017年)から写真撮影がOKとなった十和田市現代美術館
http://towadaartcenter.com/


十和田市現代美術館のどこかにいます。


美術館の周辺にもアート作品がたくさんあります。(右の建物は公衆トイレです!)




https://cp.viewtabi.jp/story/4435

行くぜ東北!びゅうたび総選挙 投票キャンペーン 北東北編
2017年12月8日〜2018年1月15日

個性派ライターが紹介する旅の中で行ってみたい旅に投票しよう。1位の旅に投票された方の中から抽選で1位の旅と同じコースをプレゼント!あなたが行ってみたい旅はどれ?FacebookまたはTwitterで参加可能です。


十和田、奥入瀬 水と土地をめぐる旅

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=4945

JUGEMテーマ:アート・デザイン



| 旅と美味しいもの | 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
一泊二日福島県郡山のアート巡り。
福島県内にある個性的な美術館を巡ってきました。


https://www.viewtabi.jp/17111401

福島の個性派美術館へ。世界規模のダリ美術館は必見!


諸橋近代美術館
http://dali.jp/

一番のお目当ては、日本一のダリコレクションを誇る諸橋近代美術館。福島県の景勝地、会津磐梯高原に建つ美術館は外観からして際立った美しさを誇っています。

磐梯朝日国立公園内の5.5万岼幣紊良瀉脇發北2000屬量明僂之てられている美術館は創設者の希望である“中世の馬小屋"というイメージのもと厩舎を連想させる建物です。

詳しくはこちらの記事で

特別に展示室の写真も撮らせてもらっています。


はじまりの美術館
http://www.hajimari-ac.com/

猪苗代湖駅へ向かう途中にある、展示作品のみならずその個性的な建物も注目を集めている、はじまりの美術館へも立ち寄りました。

現在は終了してしまいましたが、「プランツ・プラネッツ」展とても良い展覧会でした。



猪苗代駅前のあまの食堂でいただいた、会津名物の「ソースカツ丼」はボリューム満点でした。

衝撃のソースカツ丼の写真はこちらです
(よく食べきれたな〜)

郡山市立美術館へも行きたかったのですが、残念なことに施設の改修工事のため、全館休館でした。(2017年10月1日〜2018年7月6日)

これは、また来てねと言うことと前向きに捉え、次なる美術館を目指します。


空想とアートのミュージアム 福島さくら遊学舎
http://fukushimagainax.co.jp/

エヴァンゲリオンなど多くのヒット作アニメを世に送り出したガイナックスの名を冠した美術館が、郡山市の隣、三春町にあります。

常設展示「ガイナックス流アニメ作法展」では、一本のアニメ作品がどのようにして作られるか、実際の現場を再現しながら学べるようになっています。

単なるアニメの美術館ではなく、地域に根差すことを目的としたある意味アートプロジェクトのような存在です。ここから復興支援のアニメが多く生まれています。


安積歴史博物館
http://anrekihaku.or.jp/

郡山市内へ戻り、重要文化財指定を受けている安積歴史博物館へ。昭和まで高等学校の校舎として使われていた明治期に建てられた貴重な建物をまるごと保存しています。

この時代の建物、国内に数えるほどしか残っていないため、ドラマの撮影などでも度々使用されています。どこかで見たことあるな〜と思ったのはそのせいです。

安積歴史博物館の内部の写真はこちらで



博物館近くにある、明治元年創業のますや本店で“郡山ブラック”と呼ばれるラーメン(中華そば)をいただき、心もお腹も満たし福島を後にしました。

今回の詳しい旅程や詳細はこちらをチェックしてください


フランス人がときめいた日本の美術館

フランス人がときめいた日本の美術館』についての書評をマガジンハウス社の『クロワッサン 2016年 7/10号』に書いていますので、そちらも是非ご一読下さい。

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=4917

JUGEMテーマ:アート・デザイン



| 旅と美味しいもの | 23:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
諏訪湖アートリング
夏に諏訪湖周辺の美術館・博物館を一泊二日で観てまわってきました。その旅の様子をまとめた記事が、JR東日本さんのびゅうたびに掲載されました。

諏訪湖の美術館・博物館5選!シルク、名画、オルゴール…アート散歩


ハーモ美術館から眺める諏訪湖

諏訪湖周辺に17館もある美術館・博物館。観光客相手のミュージアムと思いきや、これがしっかりとその土地に根ざしていることにまず驚きました。

ハーモ美術館も地場産業で潤った利益を還元する形でルソーをはじめとする素朴派の画家たちの作品を所蔵・展示しています。



海外の美術館からも貸し出し依頼の来るほど質の高いルソーコレクションを誇る美術館が、諏訪湖周辺に佇む美術館にあったなんてご存知でしたか。

記事の中に詳しく、この美術館でしか味わえない魅力を書いていますので是非読んでみて下さい。展示室にあり得ないものが置いてあったりします!


日本電産サンキョーオルゴール記念館 すわのね

観光地によくあるオルゴール美術館とは一線を画する美術館がこの「すわのね」です。日本の近代化の歴史を語る上で様々な事柄を取り上げることができますが、敢えてオルゴールをそこに当てはめてみると…

ヨーロッパの貴重なアンティークオルゴールの音色に心打たれつつ、現代の我々の生活に欠かすことの出来ない精密機器が何故この地で作られているのかを探ってみましょう。


日本電産サンキョーオルゴール記念館 すわのね

『カフェのある美術館』に取り上げたかった他にはない特徴のあるカフェも記事の中で紹介しています。


北澤美術館

エミール・ガレ、ドーム兄弟、ラリックらのガラス作品を紹介する北澤美術館はもっとも名の知れた美術館ではないでしょうか。

アール・ヌーボーの代表作品を数多く展示する北澤美術館は創設35周年を迎えるそうです。都内の展覧会でもここの美術館所蔵の優品を目にしたことが必ずあるはずです。



今回のびゅうたび記事では、北澤美術館のもうひとつの「顔」を紹介しています。

キーワードは1階はこってり。2階はさっぱりです。


諏訪市美術館

外観からは決して美術館とは思えませんが、諏訪市美術館は長野県内で最も歴史のある公立の美術館なのです。昭和18年に建てられたというのですから驚きです。

1階の細川宗英彫刻コーナーが常設展示としてあり、それ以外(2階)が企画展示室となっています。


細川宗英彫刻コーナー

和洋折衷の建物自体が貴重な美術品とも言える諏訪市美術館(旧懐古館)。同じ敷地内に千人風呂で有名な「片倉館」(重要文化財)もあり建築好きにはマストな場所です。


片倉館

片倉館に関しては、日毎に敵と懶惰に戦う「片倉館千人風呂」をチェック!

上諏訪市、下諏訪市そして隣の岡谷市が諏訪湖アートリングのエリアとなります。岡谷市で欠かせないのがこちらの博物館です。


岡谷蚕糸博物館(シルクファクトおかや)

日本近代化を支えた養蚕業。繭から生糸を取り出す技術の進歩はまさに産業の近代化と歩みを共にしてきたことが、よーく分かる展示です。

今の我々があるのも蚕さんのおかげと言っても決して過言ではありません。



トヨタやニッサンも元はといえば、養蚕業からスタートした会社です。

実際に岡谷蚕糸博物館(シルクファクトおかや)では、日産製の機械が現役で稼働していました。

最新型の機械があるかと思えば、昔ながらの手作業で生糸を採る作業に従事している姿も見学できます。神業とはまにこのこと。



なぜ手作業の生糸が良いのかは、こちらの記事で!

アート好きでなくても何度も訪れてみたくなる諏訪湖。良質な温泉や諏訪大社など一日二日ではとても見切れません!
全国でも稀な美術館・博物館の集積地として、諏訪湖周にある17の文化施設が『諏訪湖アートリング協議会』を結成。幅広いジャンルを擁するこの諏訪湖アートリングを、諏訪湖を中心とした大きなひとつの芸術や文化の体験の場と捉え、地域における芸術文化環境の充実、地域の皆様に理解され愛されることを目指し、共同活動に取り組んでまいります。

夢から生まれた美術館の物語
関たか子 (著)

アンリ・ルソーやグランマ・モーゼス、アンドレ・ボーシャンなどの素朴画や、欧米画家の名作を所蔵するハーモ美術館。働く女性が珍しかった時代、生活のために画商の道を選び、諏訪湖畔に美術館を設立させるという夢を叶えた著者が半生を綴る。

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=4852

JUGEMテーマ:アート・デザイン



| 旅と美味しいもの | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
藤森照信が手掛けた茶室「高過庵」
長野県茅野市にある建築家の藤森照信氏が手掛けた茶室「高過庵」に行って来ました。


茶室「高過庵」(たかすぎあん)
長野県諏訪市中洲1356

Googleマップで見る

アメリカのTime誌が「世界でもっとも危険な建物トップ10」に選んだほど奇抜であり得ない高さの茶室です。

「世界でもっとも危険な建物トップ10」のひとつが長野県にあった!

普段は入る(登る)こと叶いませんがイベントの時などに入れることがあるそうです。でも地上から見ているだけでも十分に存在感があります。

この「高過庵」のある一帯は、古代から明治まで諏訪大社上社の神長官という役職を勤めてきた由緒ある神長官守矢家(じんちょうかんもりや)の敷地にあたります。

国道をすこし山側に入ると現世から隔絶された雰囲気の守矢家の広大な敷地があります。


この松をくぐって進むと…


立派な門構えの守矢家


表札には「神長官 守矢」と堂々と記されています。


市指定文化財 神長官守矢家祈祷殿

こうした由緒ある建物の一角に、神長官守矢史料館があります。


神長官守矢史料館

この一見奇妙な建物は、東京大学名誉教授や東京都江戸東京博物館館長を務めている建築家の藤森照信(ふじもり てるのぶ)氏の記念すべきデビュー作でもあるのです。

では、どうして神長官守矢家は藤森氏に大事な資料館の設計を頼んだのでしょうか。答えは簡単です。藤森氏の生家がすぐ近くにあるからです。そうつまりご近所さんなのです。


神長官守矢史料館


神長官守矢史料館内部はこんな様子です。1階が展示室、2階が収蔵庫となっています。見学できるのは1階のみですが、特別に2階にあがる階段をおろしてもらいました。電動で2階から階段が下りてきます。

資料館を後に更に山に向かい歩いていくと…


市指定天然記念物 神長官邸のみさく神境内社叢

大きな2本のカジノキ、カヤ、クリの樹が見えてきます。みさく神とは、諏訪社の原始信仰として、古来専ら神長官の掌る神と言われています。原初の神は姿かたちはなくこうした樹に宿ったりしたものです。


倒れそうな案内板

ようやく「高過庵」の文字が見えてきました。しかし墓所という言葉も…


ストーンサークルのような墓所を通らねば高過庵まではたどり着けないのです。

「世界でもっとも危険な建物トップ10」のひとつが長野県にあった!


舗装された道に出ると左手に何やら奇妙な建物が目に飛び込んできます。


「空飛ぶ泥船」

こちらも藤森氏が手掛けたものです。どことなく「スター・ウォーズ」4足歩行兵器AT-ATのようにも見えてきます。


脚がとってもラブリーです!


「空飛ぶ泥船」へ入る際にはこの梯子を用いるようです。


こうして見るとまるでフグのお化けのようですね。


さて「空飛ぶ泥船」まで来れば、あと少しで目的地「高過庵」です。

目の前にちらりと高過庵が見えてくるとわくわくします。

「世界でもっとも危険な建物トップ10」のひとつが長野県にあった!



その高さ約6m!!


実際に間近で見るとその高さに圧倒されます。


高過庵を支えているのはこんな細い2本の脚というのも驚きです。

今年には、すぐ近くに竪穴式茶室「低過庵」(ひくすぎあん)が出来ます。


今年の夏はこんなシュールな光景も見られました。

友人の勧めで見てきたのですが、想像以上に良かったです。この土地でないとあり得ない建築群です。


藤森照信読本

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=4822

JUGEMテーマ:アート・デザイン



| 旅と美味しいもの | 23:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 素敵な時間を楽しむ』(世界文化社)好評発売中です。


青い日記帳(編集)『美術展の手帖』小学館より発売中です。


青い日記帳「出前ブログ」


gooいまトピ連載中

朝日マリオン・コム「ぶらり、ミュージアム」

びゅうたび連載中


山下裕二&井浦新トークショー


青い日記帳コラボグッズ

「展覧会に出かける前に準備しておきたい5つのこと。」

「展覧会を何十倍も楽しむために心がけたい5つの秘訣。」

フェルメールへの招待
國學院大學文学部教授の小池寿子先生監修。不肖私(Tak)が編集と一部執筆しました。詳細はこちら

【展覧会レビュー】
「国宝 雪松図と花鳥 美術館でバードウォッチング」
「上原コレクション名品選」
「セーヴル、創造の300年」
「パリ・グラフィック」
かみさんが選ぶ「2017年 展覧会ベスト10」
プロが選ぶ「2017年 ベスト展覧会」
読んでおきたい10冊のアート関連本

パリ行って来ました
オランダ行って来ました
 

BLUE HEAVEN(本館)

『文藝春秋』に寄稿しました。

『AERA』に載りました。

「マウリッツハイス美術館展公式ガイドブック」編集・一部執筆しました

「ザ・シネマ」に寄稿しました。

トークショーに出演しました

日経に掲載されました

朝日新聞に掲載されました

再び日経に掲載されました

「美連協ニュース」寄稿

『アートコレクター』で紹介されました

Yahoo!カテゴリ絵画に登録されました

+ CATEGORIES
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
moon phases
 
   
+RECOMMEND
  
ロマネスク美術革命 (新潮選書)
ロマネスク美術革命 (新潮選書) (JUGEMレビュー »)
金沢 百枝
11~12世紀のロマネスクこそは、ヨーロッパ美術を大きく塗りかえる「革命」だった。宮廷文化から民衆文化への流れのなかで、知識より感情を、写実よりかたちの自由を優先する新たな表現が、各地でいっせいに花ひらく。古代ギリシア・ローマやルネサンスだけがスタンダードではない。モダン・アートにも通じる美の多様性を、豊富な図版を例に解きあかす。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
若冲の描いた生き物たち
若冲の描いた生き物たち (JUGEMレビュー »)
小林 忠,小宮 輝之,湯浅 浩史,佐々木 猛智,本村 浩之,秋篠宮 文仁
若冲と学研がコラボした画期的な若冲本!レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
叢 小田康平の多肉植物
叢 小田康平の多肉植物 (JUGEMレビュー »)
小田 康平
「人の間にあるサボテン−自由な美しさ、見たことのないトーン。自然と人との関わり、その不思議を小田康平さんは知っている。とても豊かだ」レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ)
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ) (JUGEMレビュー »)
岡田 裕子,阿部 謙一,松下 学
現代美術家岡田裕子が主宰、会田誠顧問による謎の人形劇団「劇団★死期」の伝説の公演を小説化。アートの知識を楽しく学べる児童文学。

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
名画のネコはなんでも知っている
名画のネコはなんでも知っている (JUGEMレビュー »)
井出 洋一郎
ゴッホ、ミレー、ゴーギャン、ゴヤ、ルノワール、歌麿、北斎、国芳などの天才画家たちの思想を、まさかのネコ目線でひも解く、新感覚な名画解説書。
+RECOMMEND
  
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ) (JUGEMレビュー »)
オノユウリ
アートに囲まれて働く美術館学芸員。優雅な職業のイメージだけど、実際は日々、ドタバタの連続なのです!? 展覧会の舞台裏から、学芸員のお仕事のリアルまで。美術館の知られざる一面を描くコミックエッセイ!
+RECOMMEND
  
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556)
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556) (JUGEMレビュー »)
山本 聡美
腐敗し白骨化してゆく亡骸の様子を克明に描く「九相図」。仏教とともに伝来し、日本に深く根を下ろしたこの図像には、生と死、そして肉体の無常をめぐるいかなる想いが秘められているのか。豊富な図版とともに探る。
+RECOMMEND
  
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル)
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル) (JUGEMレビュー »)
谷口 ジロー
ルーヴル美術館とビッグコミックオリジナルの共同企画。オールカラー豪華版。
+RECOMMEND
  
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス)
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス) (JUGEMレビュー »)
黒田 いずま
美術館で働く学芸員の近江さん。個性豊かなメンツが解説、展示、監視などの仕事を通して、日々様々な工夫をしながら楽しく来館者をお出迎えする日常をユーモラスかつ鋭いツッコミで描いた作品。
+RECOMMEND
  
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡 (JUGEMレビュー »)

普段は単眼鏡で済ませていますが、どうしても隅々まで観たい作品の場合はこの双眼鏡を使ってます。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書)
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書) (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
美術史の実践方法が最後にまとめられています!世界が変わる、名画の見方。前作「西洋美術史入門」からさらに一歩奥へ。池上英洋 著

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection)
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection) (JUGEMレビュー »)
川端 康雄,加藤 明子
夏目漱石をイチコロにしたウォーターハウスの文学性と蠱惑的な魅力を余すところなく紹介!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福 (JUGEMレビュー »)
池永康晟
日本画の異才“池永康晟”がベールを脱ぐ!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
すゞしろ日記 弐
すゞしろ日記 弐 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
画家・山口晃のエッセー漫画第2弾。

面白きことも無き世を、面白く!

画家・山口晃の“どーでもいいけど楽しげなこと”満載
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
OLYMPUS ダハプリズム防水単眼鏡 ギャラリースコープ Monocular I 6×16
OLYMPUS ダハプリズム防水単眼鏡 ギャラリースコープ Monocular I 6×16 (JUGEMレビュー »)

観劇・美術鑑賞・セミナーなどの知的シーンや、コンサート会場・ファッションショーなどで大活躍!
軽いのでいつも持ち歩いています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫)
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
宮下規久朗
宮下規久朗先生の最新刊!絵画に描かれた代表的な「モチーフ」を手掛かりに美術を読み解く、画期的な名画鑑賞の入門書。カラー図版150点を収録した文庫オリジナル。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工 (JUGEMレビュー »)

「これ一冊で日本美術を鑑賞する際の知識が全て揃う」
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
アイテムで読み解く西洋名画
アイテムで読み解く西洋名画 (JUGEMレビュー »)
佐藤 晃子
西洋絵画を鑑賞する際に必要となる宗教画,神話画の50のアトリビュートを紹介。ありそうで無かった絵画ファン待望の一冊。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術鑑賞手帳
美術鑑賞手帳 (JUGEMレビュー »)

美術鑑賞の楽しみをさらに広げるこれまでになかった手帳です。ミニガイドと書き込み式の鑑賞の記録ページが一緒に。

自分もお手伝いさせて頂きました。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
画家の食卓
画家の食卓 (JUGEMレビュー »)
林 綾野
画家たちが楽しんだ26のレシピを再現。クレー、フェルメール、セガンティーニ、メムリンクの暮らしと創作現場を巡る旅。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い (JUGEMレビュー »)
サンディ ネアン
とかく扇情的に扱われる美術品盗難。だが実際は、麻薬や犯罪に絡む危険な裏社会と結びつく場合が多い。事件に巻き込まれた学芸員の立場からその実態を訴え、問題点を考察する一書。 レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
江戸の献立 (とんぼの本)
江戸の献立 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
福田 浩,松井 今朝子,松下 幸子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻))
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻)) (JUGEMレビュー »)
長岡 龍作
法隆寺金堂内陣は、普段は大変暗い上に太い円柱に加え、金網が廻らされており、その詳細はなかなか見ることができません。今までに撮影された写真も鮮明さということでは満足のゆくものではありませんでした。今回は最新の撮影技術により、南面(正面)のみならず、北面(背面)からも撮影。その結果、全く見たことがない写真を目の当たりにすることになりました。仏像の質感と量感、豊かな色彩に感嘆し、感動をおぼえる一冊となっています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
山口晃 大画面作品集
山口晃 大画面作品集 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
8年ぶり、待望の最新作品集。11月26日発売!予約しないと!!

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本)
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
山本 勉,ヤノベ ケンジ,橋本 麻里,みうら じゅん
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
知識ゼロからのキリスト教絵画入門
知識ゼロからのキリスト教絵画入門 (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
池上英洋先生が易しく紐解く『聖書』の世界。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
芸術家の家: 作品の生まれる場所
芸術家の家: 作品の生まれる場所 (JUGEMレビュー »)
ジェラール=ジョルジュ ルメール,ジャン=クロード アミエル
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
フェルメールへの招待
フェルメールへの招待 (JUGEMレビュー »)

不肖・私がフェルメール30作品の解説執筆と全体の編集に携わった一冊です。オールカラーB5版。96ページから成る、これまでにないフェルメールパーフェクトガイドです。主に「フェルメール初心者」に向け丁寧に噛み砕いた表現で綴られているので、美術の専門用語を知らずともフェルメール作品について一通りの知識を得ることが出来ます。

お手に取って頂ければ幸甚です。よろしくお願い致します。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件 (JUGEMレビュー »)
レニー ソールズベリー,アリー スジョ
来歴さえあれば、たとえ贋作でも「ほんもの」になる。詐欺師は驚くべき方法で美術史を捏造した。美術界を震憾させた事件を追うドキュメンタリー。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース)
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース) (JUGEMレビュー »)
林 綾野
林綾野さんの待望のフェルメール本!レビュー&インタビュー→こちら
+RECOMMEND
  
ヴァチカン物語 (とんぼの本)
ヴァチカン物語 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
塩野 七生,藤崎 衛,石鍋 真澄
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
野兎の眼
野兎の眼 (JUGEMレビュー »)
松本 典子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105 (JUGEMレビュー »)

掌に収まる単眼鏡は、必要なときにサッとポケットなどから取り出して使える便利な、美術館・博物館必須アイテム。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術のことば案内
日本美術のことば案内 (JUGEMレビュー »)
日高 薫
レビュー→こちら
日本美術鑑賞の際に、よく出てくる言葉を満載。絵画、彫刻、工芸品などの具体的な写真をふんだんに使い紹介
+RECOMMEND
  
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS

 1/2PAGES >>

このページの先頭へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...