青い日記帳 

  
TB&リンク大歓迎です!
5月20日まで「トルコ至宝展」お見逃しなく!
東京国立新美術館にて好評開催中の「トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美」にはもう行かれましたか?


https://turkey2019.exhn.jp/

3月から始まった「トルコ至宝展」も5月20日が最終日。「いつか行こう」と思っていたら展覧会終わっていたなんて悲しい事態に陥らぬよう残り約一週間のうちに都合つけ国立新美術館へ行きましょう。


儀式用宝飾水筒」オスマン帝国 16世紀後半

歴代のスルタンたちの至宝が収められているトプカプ宮殿から12年ぶりに日本にやって来ています。記憶が正しければ前回は2007年、東京都美術館で開催された「トプカプ宮殿の至宝展」以来です。

金銀財宝系の展示作品ばかりでなく、今回のトルコ展ではスルタンの生活やトルコ人が愛してやまない花チューリップに焦点を当てるなど深いテーマ性を持たせています。


アブドゥッラー・ブハーリー「ピンク色の燕尾型チューリップ
オスマン帝国 18世紀中期

豪華絢爛の『トルコ至宝展』、宝物がチューリップばかりの理由とは?

こちらに何故、トルコ人がそこまでチューリップを愛でるのか、理由がはっきりと書かれています。勿論展覧会会場のキャプションにも記されています。

日本人が桜を愛するのと同じ面もありながら、歴史的宗教的な事柄が加わるため結果的・現象的にかなり違った側面を有していることが分かります。


詩集のワニス塗り表紙」18世紀前半 トプカプ宮殿博物館

宝飾品や絢爛豪華な作品を敢えて外したかのように、今回の「トルコ展」ではこれまで目にしたことのないものが次から次へと飛び込んできます。

特に布製の展示物が多いのが特徴でしょうか。



現代アート作品のようなこの巨大な展示物、一体何だと思いますか?

「サーイェバーン」とよばれるスルタンが使用した「日陰テント」なのです。天蓋もしっかりとついています。

こうしたものを観ると、元々オスマン帝国が遊牧民から誕生していることがはっきりと見て取れます。

それにしてもこんなに大きな日陰テントでなくてもね〜いやでも、スルタンの力を誇示するためにはこれくらいは最低でも必要だったのでしょうね。





展示室のデザインもトプカプ宮殿の再現とまではいきませんが、かなり頑張っています。如何せんあの天井高のある新美の2階での展示です。ただ作品を並べただけでは見栄えしません。

「トルコ至宝展」会場構成

第1章:トプカプ宮殿とスルタン
第2章:オスマン帝国の宮殿とチューリップ
第3章:トルコと日本の交流


「第3章:トルコと日本の交流」は予備知識がないと楽しめないので、トルコと日本の交流の歴史を軽く予習して行きましょう。

卜ルコと日本の交流は、岩倉使節団員の島地黙雷(西本願寺僧侶)と福地源一郎(ジャーナリスト、戯曲家)が1873年にイスタンブルを訪問したことに始まります。

その後天皇家とオスマン帝国の君主であるスルタンとの皇室外交、文民官民の往来など正式な国交が結ばれる以前からアジアの東西両端に位置する両国の交流は絶えることがありませんでした。

1890年にオスマン帝国軍艦エルトゥールル号が和歌山県串本町沖で遭難した際の日本人による救出活動や、
野田正太郎(時事新報記者)、山田寅次郎(商人、後に茶道宗徧流第八代家元)が義援金をトルコヘ持参した事はトルコと日本の友好のしるしとなりました。
トルコ至宝展を楽しむためのミニコラム」より。

遠いようで近い国トルコの魅力を深く味わえる展覧会です。5月20日まで。何とか時間捻出して出かけましょう!

今なら、「吉岡徳仁 ガラスの茶室 – 光庵」も国立新美術館で展示されています。


「ガラスの茶室」写真撮影OKです。

「トルコ至宝展」は、東京展終了後、京都へ巡回します。
会期:2019年6月14日(金)〜7月28日(日)
会場:京都国立近代美術館(岡崎公園内)

音声ガイドのナビゲーターは木村文乃さんです!


トルコ文化年2019
「トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美」


会期:2019年3月20日(水)〜5月20日(月)
休館日:毎週火曜日
※ただし4/30(火)は開館
開館時間:10:00 〜 18:00 
※毎週金曜日・土曜日は 20:00まで
※2019年4月26日(金)〜5月5日(日)は20:00まで
※入場は閉館の30分前まで
会場:国立新美術館 企画展示室2E
http://www.nact.jp/
主催:国立新美術館、トルコ共和国大使館、日本経済新聞社、TBS、BS-TBS
後援:トルコ共和国大統領府
協賛:伊藤忠商事、損保ジャパン日本興亜、大日本印刷、東レ、トヨタ自動車、日本製粉、BIGLOBE
特別協力:ターキッシュ エアラインズ
協力:トルコ共和国文化観光省、トプカプ宮殿博物館、日本・トルコ協会
https://turkey2019.exhn.jp/


夢の雫、黄金の鳥籠(1) (フラワーコミックスα)

オスマン帝国のスレイマン1世とその寵姫ヒュッレムの生涯を描いた人気漫画『夢の雫 黄金の鳥籠(きんのとりかご)』(小学館「姉系プチコミック」連載中)の作者・篠原千絵さんと、木村文乃さんの対談が公式サイトに掲載されています。

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5475

JUGEMテーマ:アート・デザイン



続きを読む >>
| その他 | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
クラウドファンディングで60年ぶりに発見されたモネの「睡蓮」を甦らせよう!
独立行政法人国立美術館が今年の3月15日に独自のクラウドファンディングサイトを開設したのをご存知でしょうか。


クロード・モネ 《睡蓮、柳の反映》デジタル推定復元プロジェクト

独立行政法人国立美術館とは、東京国立近代美術館、国立西洋美術館、国立新美術館、京都国立近代美術館、国立国際美術館、国立映画アーカイブの6つの美術館から構成されています。
http://www.artmuseums.go.jp/

自分たちの美術館で必要なお金は自分たちで工夫して集めなければならない時代です。とりわけ独立行政法人化された後はそれが顕著で各美術館とも頭を捻り資金を捻出しています。


国立西洋美術館

その、独立行政法人国立美術館クラウドファンディングサイト第一弾として、上半分が失われた状態で2016年にルーヴル美術館で発見されたモネの「睡蓮、柳の反映」を、残されたモノクロ写真や残存部の科学的調査などをもとにしてデジタル推定復元するプロジェクトへのクラウドファンディングが実施されています。

60年ぶりに発見されたモネの幻の大作がよみがえる!国立西洋美術館開館60周年記念事業
クロード・モネ 《睡蓮、柳の反映》デジタル推定復元プロジェクト



画布の上半分が欠損した発見時のクロード・モネ作≪睡蓮、柳の反映≫ 表面には保護のため薄い紙がかけられている。

この作品は、60年間にわたってその行方がわからなかったクロード・モネによる晩年の大作で、西美コレクションの中心をなす松方コレクションの中で重要な作品です。

発見されたときには画布の半分近くが欠損しており、作品の全体像は破損前に撮影された白黒写真から想像するしかありませんでした。



松方コレクションとクロード・モネ≪睡蓮、柳の反映≫について
 松方コレクションは、神戸の川崎造船所(現・川崎重工業株式会社)の初代社長などを務めた松方幸次郎が、1910から1920年代にヨーロッパ各地で蒐集した美術品のコレクションです。1920年代末から散逸した作品も多いですが、コレクションの一部は戦後、日本へ「松方コレクション」として寄贈返還されました。これを保管展示するための美術館として1959年に国立西洋美術館が設立されました。

 ≪睡蓮、柳の反映≫は、1921年に松方がモネから直接譲り受けた、代表的な連作「睡蓮」の中の1点。横4.25メートルの大作で長い間所在不明でしたが、2016年にルーヴル美術館の一角で、画布の上半分が失われた状態で発見されました。パリ・オランジュリー美術館の「睡蓮」の大装飾画を構想する過程で描かれたとされ、画家の制作プロセスを考えるうえでも、きわめて意義のある“幻の大作”です。


欠損部分に白黒写真を重ねた状態。白黒写真を参考に全体像のデジタル復元を行う

推定復元したデジタル画像は、修復の終わった作品と共に、6月11日(火)開幕の「国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展」での公開を予定しています。

クロード・モネ 《睡蓮、柳の反映》デジタル推定復元プロジェクト


是非プロジェクトを成功させ、晴れて「松方コレクション展」開幕を迎えたいですよね。これまで何度も何度も松方コレクションにはお世話になっているはずです。皆さんも。

独立行政法人国立美術館クラウドファンディングサイト

今回のモネ作品修復プロジェクトは3000円から参加できます。この手軽さも良いですよね。っていうか、もっとこのサイト多くの美術ファンに知ってもらわないといけないですね。頑張って!


国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展

会期: 2019年6月11日(火)〜9月23日(月・祝)
会場: 国立西洋美術館
主催: 国立西洋美術館、読売新聞社、NHK、NHKプロモーション
松方コレクション展公式サイト
https://artexhibition.jp/matsukata2019/


モネのキッチン 印象派のレシピ(2) (ボニータ・コミックス)

アノ天才が主役!?今すぐ読みたいアート漫画10選

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5474

JUGEMテーマ:アート・デザイン



続きを読む >>
| その他 | 22:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
小学館文化講演会【クリムトが見たウィーンの夢と現実】
小学館文化講演会【クリムトが見たウィーンの夢と現実】が】2019年6月16日(日)に開催されます。


https://www.shogakukan.co.jp/

東京都美術館「クリムト展」、国立新美術館「ウィーン・モダン展」と東京に居ながらにしてクリムト作品が大量に観られてしまう望外の僥倖に恵まれている今。

クリムト作品についてただ美しい!だけで終わらせてしまうのは勿体なさすぎます。こういう時こそしっかりと専門家の解説を聴いたり、読んだりして絵画と向かい合いたいものです。



本は沢山出ていますが、クリムトに特化しためぼしい講演会がなく寂しいな〜と思っていたら、小学館さんが成城大学名誉教授の千足伸行先生の文化講演会を行ってくれることに(拍手)

しかも、参加は無料!さま迷わず申込ましょう!!


小学館文化講演会
クリムトが見たウィーンの夢と現実


【日時】2019年6月16日(日)13:00開場 13:30開演
【場所】時事通信ホール(東京都中央区銀座5-15-8)
【講師】千足伸行(成城大学名誉教授)
【主催】株式会社小学館・公益財団法人一ツ橋綜合財団

応募はこちらから
【応募締切】2019年5月29日(水)24:00
招待状は6月3日頃発送予定。

19世紀末のウィーンにあって、多民族国家オーストリアが抱える社会問題や政治問題に目もくれず、「黄金様式」に代表される仮象の美の世界に生き、世紀末の夢を見続けたクリムトと、その作品の魅力について語っていただきます。

すでに展覧会をご覧になった方も、これから観ようと考えている方も、ふるってご応募ください。


クリムト原寸美術館 100% KLIMT! (100% ART MUSEUM)
千足 伸行 (監修), 新藤 淳 菅谷 淳夫 (著)

こちらの『クリムト原寸美術館 100% KLIMT!』については既にレビューを書いています。原寸大で観るからこそ分かるクリムトの魅力を存分に味わえます。

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5473

JUGEMテーマ:アート・デザイン



| その他 | 21:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展 日本館「Cosmo-Eggs | 宇宙の卵」
2019年5月11日から11月24日にかけて開催される「第58回ヴェネチア・ビエンナーレ 国際美術展」日本館の展示「Cosmo-Eggs | 宇宙の卵」。


Biennale di Venezia
https://www.labiennale.org/en

キュレーターを務めるのは服部浩之氏。美術家下道基行氏、作曲家安野太郎氏、人類学者石倉敏明氏、建築家能作文徳氏という異なる専門分野で活躍する4名のアーティストによる作品展示となっています。

現地の展示風景画像が届きましたのでご紹介します。


展示風景
下道基行による映像《Tsunami Boulder》と、安野太郎によるバルーンとリコーダーの様子
撮影:ArchiBIMIng


日本館ピロティ風景
安野太郎による音の作品《COMPOSITION FOR COSMO-EGGS “Singing Bird Generator”》の一部であるバルーンの設計は能作文徳が手がけた
撮影:ArchiBIMIng


展示風景(部分)
左:安野太郎による作品《COMPOSITION FOR COSMO-EGGS “Singing Bird Generator”》(部分)
右: 石倉敏明による創作神話《宇宙の卵》が刻み込まれた壁
撮影:ArchiBIMIng


展示風景(部分)
右:下道基行による映像作品、中:安野太郎による音楽作品、奥:石倉敏明による創作神話
撮影:ArchiBIMIng


石倉敏明による神話物語が刻み込まれた壁(部分)
撮影:ArchiBIMIng


下道基行《津波石》(2015年〜)


展示風景
下道基行による映像《Tsunami Boulder》と、安野太郎によるバルーンとリコーダーの様子
撮影:ArchiBIMIng

キュレーターからのステイトメント:
協働における共振や不協和の折重なりから共存のエコロジーを問う本プロジェクトは、美術家、作曲家、人類学者、建築家という4名の表現者を中心とした協働により、私たちはどこでどのように生きることができるかを思考し、人間と非人間が共存するエコロジーを想像するためのプラットフォームを築く試みだ。日本列島は自然災害の多発地帯で、2011年の東日本大震災では大津波による原発の大破という近代化の歪みを経験した。資本主義が地球を覆い、人間活動の爆発的な増大がもたらす新たな地質時代の到来に関する議論が活発化するなかで、地表面の薄皮程度の空間に暮らす人間の活動が地球環境に甚大な影響を与えていることを、いかに考えるべきだろうか。

本展は、美術家下道基行が沖縄の宮古列島や八重山諸島で出会い、数年間撮影を重ねてきた《津波石》を起点とする。津波石とは、津波によって海底から地上へと動かされた巨石で、人々の生活の隣にありながら、植物が育ち、渡り鳥が巣をつくるコロニーとなるものもある。

作曲家安野太郎は、人間の呼吸不在でリコーダーを自動演奏する音楽《ゾンビ音楽》で鳥のさえずりのような音楽を奏でる。日本館ピロティから展示室まで突き抜ける巨大なバルーンが、リコーダーへ空気を供給する肺の機能を果た
す。

「宇宙の卵」というタイトルは、世界各地に伝わる卵生神話に由来する。神話研究を専門とする人類学者石倉敏明は、琉球や台湾などアジア各地に伝わる生成や崩壊にまつわる津波神話を参照し、人間と非人間の関係を再考する新たな神話を創作する。

吉阪隆正設計の日本館は、正方形平面の中央の屋根に天窓、床に孔が穿たれ、周囲に4本の柱が螺旋状に配された構成で、ル・コルビュジエの無限成長美術館を想起させる。建築家能作文徳は、この建築を読み解き、異分野の作品群をつなぐとともに、それらと建築空間との応答関係を築き、統合的な空間体験へとひらく。

《津波石》の映像は1点ずつ独自の時間でループし、《ゾンビ音楽》は自動生成により常に変化し、複数の場所に多様な共存の物語が刻まれる。映像・音楽・言葉や空間全体が見事に調和し共振することもあれば、逆に全てが不協和音を奏でるようにせめぎあい衝突する瞬間もあるだろう。異なった能力をもつ表現者による異質な創作物を異質なまま重ねることで生成変化を続ける場をひらく「協働」を通じて、共生・共存のエコロジーを問う。


能作文徳が設計した、安野太郎による音の作品《COMPOSITION FOR COSMO-EGGS “Singing Bird Generator”》の一部であるバルーン
撮影:ArchiBIMIng


下道基行による《津波石》作品一覧
撮影:ArchiBIMIng


安野太郎《COMPOSITION FOR COSMO-EGGS “Singing Bird Generator”》(部分)
撮影:ArchiBIMIng


展示風景(部分)
右:下道基行による映像作品、中:安野太郎による音楽作品、奥:石倉敏明による創作神話
撮影:ArchiBIMIng

第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展 日本館「Cosmo-Eggs | 宇宙の卵」

会期:2019年5月11日(土)〜11月24日(日)
会場:カステッロ公園内 日本館
(Padiglione Giapponese Giardini della Biennale, Castello 1260, 30122 Venezia)
キュレーター:服部浩之(Hiroyuki Hattori)キュレーター、秋田公立美術大学大学院准教授
アーティスト:下道基行(Motoyuki Shitamichi)美術家
安野太郎(Taro Yasuno)作曲家
石倉敏明(Toshiaki Ishikura)人類学者、秋田公立美術大学准教授
能作文徳(Fuminori Nousaku)建築家、東京電機大学准教授
主催:国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
特別助成:公益財団法人石橋財団
協賛:一般財団法人窓研究所、gigei10
協力:キヤノンマーケティングジャパン株式会社、キヤノンヨーロッパ、大光電機株式会社
「Cosmo-Eggs | 宇宙の卵」オフィシャルウェブサイト
https://2019.veneziabiennale-japanpavilion.jp/


日本館入口風景
撮影:ArchiBIMIng


日本館ピロティ風景
安野太郎による音の作品《COMPOSITION FOR COSMO-EGGS “Singing Bird Generator”》の一部であるバルーンの設計は能作文徳が手がけた
撮影:ArchiBIMIng

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5472

JUGEMテーマ:アート・デザイン



| その他 | 23:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
高雄に行って来ました!
台湾の高雄へ行って来ました。


美麗島駅


六合夜市


衛武営国家芸術文化センター
オペラハウス


鴨肉珍


龍虎塔


高雄ライトレール(LRT)


海味澎湖平價活海鮮

詳しくは後日いまトピにて!

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5476

JUGEMテーマ:アート・デザイン



| その他 | 22:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
【お知らせ】

↑単眼鏡紹介記事書きました。

おかげさまで重版となりました!


いちばんやさしい美術鑑賞』 (ちくま新書)


編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 感動の余韻を味わう』(世界文化社)12月に発売となりました。


編集・執筆を務めた『フェルメール会議』10月2日発売です!

編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 素敵な時間を楽しむ』(世界文化社)好評発売中です。


青い日記帳(編集)『美術展の手帖』小学館より発売中です。


青い日記帳「出前ブログ」


gooいまトピ連載中

朝日マリオン・コム「ぶらり、ミュージアム」

びゅうたび連載中


山下裕二&井浦新トークショー


青い日記帳コラボグッズ

「展覧会に出かける前に準備しておきたい5つのこと。」

「展覧会を何十倍も楽しむために心がけたい5つの秘訣。」

フェルメールへの招待
國學院大學文学部教授の小池寿子先生監修。不肖私(Tak)が編集と一部執筆しました。詳細はこちら

【展覧会レビュー】
「2018年 展覧会ベスト10」
かみさんが選ぶ「2018年 展覧会ベスト10」
プロが選ぶ「2018年 ベスト展覧会」
読んでおきたい10冊のアート関連本

パリ行って来ました
オランダ行って来ました
 

BLUE HEAVEN(本館)

『文藝春秋』に寄稿しました。

『AERA』に載りました。

「マウリッツハイス美術館展公式ガイドブック」編集・一部執筆しました

「ザ・シネマ」に寄稿しました。

トークショーに出演しました

日経に掲載されました

朝日新聞に掲載されました

再び日経に掲載されました

「美連協ニュース」寄稿

『アートコレクター』で紹介されました

Yahoo!カテゴリ絵画に登録されました

+ CATEGORIES
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
+RECOMMEND
  
ロマネスク美術革命 (新潮選書)
ロマネスク美術革命 (新潮選書) (JUGEMレビュー »)
金沢 百枝
11~12世紀のロマネスクこそは、ヨーロッパ美術を大きく塗りかえる「革命」だった。宮廷文化から民衆文化への流れのなかで、知識より感情を、写実よりかたちの自由を優先する新たな表現が、各地でいっせいに花ひらく。古代ギリシア・ローマやルネサンスだけがスタンダードではない。モダン・アートにも通じる美の多様性を、豊富な図版を例に解きあかす。
+RECOMMEND
  
『フェルメール展』公式ガイドブック (AERAムック)
『フェルメール展』公式ガイドブック (AERAムック) (JUGEMレビュー »)
朝日新聞出版
記事書いています。是非お手に取ってみて下さい。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
若冲の描いた生き物たち
若冲の描いた生き物たち (JUGEMレビュー »)
小林 忠,小宮 輝之,湯浅 浩史,佐々木 猛智,本村 浩之,秋篠宮 文仁
若冲と学研がコラボした画期的な若冲本!レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
叢 小田康平の多肉植物
叢 小田康平の多肉植物 (JUGEMレビュー »)
小田 康平
「人の間にあるサボテン−自由な美しさ、見たことのないトーン。自然と人との関わり、その不思議を小田康平さんは知っている。とても豊かだ」レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ)
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ) (JUGEMレビュー »)
岡田 裕子,阿部 謙一,松下 学
現代美術家岡田裕子が主宰、会田誠顧問による謎の人形劇団「劇団★死期」の伝説の公演を小説化。アートの知識を楽しく学べる児童文学。

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
名画のネコはなんでも知っている
名画のネコはなんでも知っている (JUGEMレビュー »)
井出 洋一郎
ゴッホ、ミレー、ゴーギャン、ゴヤ、ルノワール、歌麿、北斎、国芳などの天才画家たちの思想を、まさかのネコ目線でひも解く、新感覚な名画解説書。
+RECOMMEND
  
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ) (JUGEMレビュー »)
オノユウリ
アートに囲まれて働く美術館学芸員。優雅な職業のイメージだけど、実際は日々、ドタバタの連続なのです!? 展覧会の舞台裏から、学芸員のお仕事のリアルまで。美術館の知られざる一面を描くコミックエッセイ!
+RECOMMEND
  
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556)
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556) (JUGEMレビュー »)
山本 聡美
腐敗し白骨化してゆく亡骸の様子を克明に描く「九相図」。仏教とともに伝来し、日本に深く根を下ろしたこの図像には、生と死、そして肉体の無常をめぐるいかなる想いが秘められているのか。豊富な図版とともに探る。
+RECOMMEND
  
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル)
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル) (JUGEMレビュー »)
谷口 ジロー
ルーヴル美術館とビッグコミックオリジナルの共同企画。オールカラー豪華版。
+RECOMMEND
  
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス)
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス) (JUGEMレビュー »)
黒田 いずま
美術館で働く学芸員の近江さん。個性豊かなメンツが解説、展示、監視などの仕事を通して、日々様々な工夫をしながら楽しく来館者をお出迎えする日常をユーモラスかつ鋭いツッコミで描いた作品。
+RECOMMEND
  
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡 (JUGEMレビュー »)

普段は単眼鏡で済ませていますが、どうしても隅々まで観たい作品の場合はこの双眼鏡を使ってます。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書)
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書) (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
美術史の実践方法が最後にまとめられています!世界が変わる、名画の見方。前作「西洋美術史入門」からさらに一歩奥へ。池上英洋 著

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection)
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection) (JUGEMレビュー »)
川端 康雄,加藤 明子
夏目漱石をイチコロにしたウォーターハウスの文学性と蠱惑的な魅力を余すところなく紹介!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福 (JUGEMレビュー »)
池永康晟
日本画の異才“池永康晟”がベールを脱ぐ!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
すゞしろ日記 弐
すゞしろ日記 弐 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
画家・山口晃のエッセー漫画第2弾。

面白きことも無き世を、面白く!

画家・山口晃の“どーでもいいけど楽しげなこと”満載
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫)
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
宮下規久朗
宮下規久朗先生の最新刊!絵画に描かれた代表的な「モチーフ」を手掛かりに美術を読み解く、画期的な名画鑑賞の入門書。カラー図版150点を収録した文庫オリジナル。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工 (JUGEMレビュー »)

「これ一冊で日本美術を鑑賞する際の知識が全て揃う」
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
アイテムで読み解く西洋名画
アイテムで読み解く西洋名画 (JUGEMレビュー »)
佐藤 晃子
西洋絵画を鑑賞する際に必要となる宗教画,神話画の50のアトリビュートを紹介。ありそうで無かった絵画ファン待望の一冊。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術鑑賞手帳
美術鑑賞手帳 (JUGEMレビュー »)

美術鑑賞の楽しみをさらに広げるこれまでになかった手帳です。ミニガイドと書き込み式の鑑賞の記録ページが一緒に。

自分もお手伝いさせて頂きました。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
画家の食卓
画家の食卓 (JUGEMレビュー »)
林 綾野
画家たちが楽しんだ26のレシピを再現。クレー、フェルメール、セガンティーニ、メムリンクの暮らしと創作現場を巡る旅。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い (JUGEMレビュー »)
サンディ ネアン
とかく扇情的に扱われる美術品盗難。だが実際は、麻薬や犯罪に絡む危険な裏社会と結びつく場合が多い。事件に巻き込まれた学芸員の立場からその実態を訴え、問題点を考察する一書。 レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
江戸の献立 (とんぼの本)
江戸の献立 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
福田 浩,松井 今朝子,松下 幸子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻))
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻)) (JUGEMレビュー »)
長岡 龍作
法隆寺金堂内陣は、普段は大変暗い上に太い円柱に加え、金網が廻らされており、その詳細はなかなか見ることができません。今までに撮影された写真も鮮明さということでは満足のゆくものではありませんでした。今回は最新の撮影技術により、南面(正面)のみならず、北面(背面)からも撮影。その結果、全く見たことがない写真を目の当たりにすることになりました。仏像の質感と量感、豊かな色彩に感嘆し、感動をおぼえる一冊となっています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
山口晃 大画面作品集
山口晃 大画面作品集 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
8年ぶり、待望の最新作品集。11月26日発売!予約しないと!!

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本)
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
山本 勉,ヤノベ ケンジ,橋本 麻里,みうら じゅん
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
知識ゼロからのキリスト教絵画入門
知識ゼロからのキリスト教絵画入門 (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
池上英洋先生が易しく紐解く『聖書』の世界。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
芸術家の家: 作品の生まれる場所
芸術家の家: 作品の生まれる場所 (JUGEMレビュー »)
ジェラール=ジョルジュ ルメール,ジャン=クロード アミエル
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
フェルメールへの招待
フェルメールへの招待 (JUGEMレビュー »)

不肖・私がフェルメール30作品の解説執筆と全体の編集に携わった一冊です。オールカラーB5版。96ページから成る、これまでにないフェルメールパーフェクトガイドです。主に「フェルメール初心者」に向け丁寧に噛み砕いた表現で綴られているので、美術の専門用語を知らずともフェルメール作品について一通りの知識を得ることが出来ます。

お手に取って頂ければ幸甚です。よろしくお願い致します。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件 (JUGEMレビュー »)
レニー ソールズベリー,アリー スジョ
来歴さえあれば、たとえ贋作でも「ほんもの」になる。詐欺師は驚くべき方法で美術史を捏造した。美術界を震憾させた事件を追うドキュメンタリー。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース)
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース) (JUGEMレビュー »)
林 綾野
林綾野さんの待望のフェルメール本!レビュー&インタビュー→こちら
+RECOMMEND
  
ヴァチカン物語 (とんぼの本)
ヴァチカン物語 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
塩野 七生,藤崎 衛,石鍋 真澄
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
野兎の眼
野兎の眼 (JUGEMレビュー »)
松本 典子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105 (JUGEMレビュー »)

掌に収まる単眼鏡は、必要なときにサッとポケットなどから取り出して使える便利な、美術館・博物館必須アイテム。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術のことば案内
日本美術のことば案内 (JUGEMレビュー »)
日高 薫
レビュー→こちら
日本美術鑑賞の際に、よく出てくる言葉を満載。絵画、彫刻、工芸品などの具体的な写真をふんだんに使い紹介
+RECOMMEND
  
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS

 1/179PAGES >>

このページの先頭へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...