青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

「アーティゾン美術館」のここが新しい!

2015年5月から新築工事のため休館していたブリヂストン美術館が、2019年7月に竣工。美術館の名称を慣れ親しまれた「ブリヂストン美術館」から「アーティゾン美術館」に改め,2020年1月18日の開館を待つばかりとなりました。


https://www.artizon.museum/

内外装完成施設内見会に参加してきました。23階建ての「ミュージアムタワー京橋」の低層階(1階〜6階)を占めるアーティゾン美術館、完成したばかりですので全てが新しいのですが、今日はポイントを5つに絞ってご紹介したいと思います。

「アーティゾン美術館」のここが新しい!【その1】
展示空間が広い!


6階展示室


5階展示室(中央部分は4階との吹き抜け)

6フロアから構成されるアーティゾン美術館。そのうち展示室は4階から6階の3フロア。旧ブリヂストン美術館の約2倍の展示スペースを有しています。

展示室だけでも2100屐これにエントランスロビーなどの共有スペースを含めると実に延べ面積6715屬鮓悗蠅泙后まさに巨大都市型美術館の誕生です。

「アーティゾン美術館」のここが新しい!【その2】
日本美術にも対応!





西洋絵画や日本の近代洋画がコレクションの中心と思われがちですが、雪舟の「四季山水図」(重要文化財)や江戸時代の「洛中洛外図屏風」のほか、中国絵画や陶磁器も石橋財団コレクションには含まれています。

そうした日本美術を主に展示する空間を4階に新たに設けました。写真をご覧になってお分かりのように15mの巨大な一枚ガラス(継ぎ目なし!)を採用。

ドイツのGlasbau Hahn(グラスバウハーン)社による特注品です。床からガラス面がそそり立っている作りとなっており、ここに作品が入ると一体どのように見えるか楽しみです。

「アーティゾン美術館」のここが新しい!【その3】
危険物検知ゲートシステムを導入!


3階メインロビー


危険物検知ゲートシステム

鑑賞者に安心して作品鑑賞してもらうことと作品の安全を考慮し、3Fのエレベーター前に米国エボルブテクノロジー社製の危険物検知ボデイスキヤナーを導入。

金属系の危険物を検知するだけでなく、世界初のミリ波による非金属や液体の爆発物検知機能を搭載している超優れモノです。

都心にある美術館ゆえに、万が一に備えてこれだけの設備投資を行い人と作品の安全性の確保に努めているのですね。因みに展示空間を4階から上にしたのも水害に備えてのこと。非常用発電設備は更にその上の階にあるそうです。

「アーティゾン美術館」のここが新しい!【その4】
ピクトグラムにLED!





美術館施設の案内であり、建築の重要なアクセントとなるサインシステムを、ピクトグラムをはじめオリジナルで開発。

新機軸となる極細のLEDを用いた「スリットライト」により、文字やピクトグラムを浮き上がらせ、視認性向上と同時に空間に軽やかな印象を与えています。

デザインは、東京2020オリンピックスポーツピクトグラムをはじめとし、日本科学未来館、横須賀美術館、鉄道博物館、すみだ水族館、東京ステーションギャラリーなどのCIやアートディレクションを手がけたグラフィックデザイナー廣村正彰氏が担当しています。

「アーティゾン美術館」のここが新しい!【その5】
フリーWi-Fiで情報提供!


4・5階にある「ビューデッキ」。休憩しながらスマホに充電出来ます。画像では見えませんがコンセントが椅子に複数個所ついています。


6階エントランス

館内のWi―Fi化により、アーティゾン美術館のアプリ(無料)をダウンロードすれば、鑑賞者のスマートフォンで音声ガイドや作品解説を楽しめます。

画像データや作品解説が展示されている場所に来ると端末に表示される仕組みとなっているので、アプリ自体は非常に「軽く」鑑賞の妨げにならぬようサクサクと動きます。

またアーティゾン美術館が保有する作品や展覧会に関する、多様で高精細な画 像やデータを、4Fインフォルームの端末や4F・ 5Fに設置したデジタル・コレクション・ウォール(チームラボ)で自由に観られます。



最後の小さめの展示室は、他とは違い吊り天井となっています。そう!かつてのブリヂストン美術館の展示室を思い起こさせるニクイ作りなのです。

アーティゾン美術館 開館記念展「見えてくる光景 コレクションの現在地」は、2020年1月18日〜3月31日開催予定です。

展覧会の詳細や年間スケジュール、気になる土曜講座や新たに導入される日時指定制チケットなどについては10月1日以降にあらためてご報告いたします。


アーティゾン美術館
https://www.artizon.museum/

尚、2024年には隣接する戸田建設ビルが全面的に建て替えとなり、アーティゾン美術館と合わせ「京橋彩区」という芸術特区が完成します。


左がアーティゾン美術館

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5611

JUGEMテーマ:アート・デザイン



その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

「ぐるっとパス」で芸術の秋を満喫しましょう。

東京を中心とする95の美術館・博物館等の入場券・割引券が1冊にまとまったお得なチケットブック「ぐるっとパス」。


https://www.rekibun.or.jp/grutto/

使い方はとっても簡単です。美術館・博物館の窓口他で「ぐるっとパス」を購入したその日から利用可能。面倒な手続きは一切要りません。

有効期限は、最初に利用した日から2ヶ月間。1日に3,4つの展覧会掛け持ちしてもよし。2か月かけてじっくりと観てまわるのもよし。使い方は自由自在。

1冊2200円でほぼ全ての展覧会が無料(もしくは割引)で見られます。今日は、この秋に開催される展覧会の中からおススメ展をピックアップ。

以下の展覧会全て「ぐるっとパス」だけで入場できます。


特別展「高麗茶碗」
会期:2019年9月14日(土)〜12月1日(日)
会場:三井記念美術館
http://www.mitsui-museum.jp/


リニューアル記念特別展「桃源郷展」
会期:2019年9月12日(木)〜11月17日(日)
会場:大倉集古館
https://www.shukokan.org/


特別展「朝倉彫塑館の白と黒 CONTRAST:Color, Material and Texture」
会期:2019年9月7日(土)〜12月15日(日)
会場:朝倉彫塑館
http://www.taitocity.net/zaidan/asakura/


「ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン」
会期:2019年10月5日(土)〜12月15日(日)
会場:パナソニック汐留美術館
https://panasonic.co.jp/ls/museum/


「東洋文庫の北斎展」
会期:2019年10月3日(木)〜2020年1月13日(月・祝)
会場:東洋文庫ミュージアム
http://www.toyo-bunko.or.jp/museum/museum_index.php


アジアのイメージ―日本美術の「東洋憧憬」
会期:2019年10月12日(土)〜2020年1月13日(月・祝)
会場:東京都庭園美術館
https://www.teien-art-museum.ne.jp/


「線の迷宮〈ラビリンス〉 齋藤芽生とフローラの神殿」
会期:2019年10月12日(土)〜12月1日(日)
会場:目黒区美術館
https://mmat.jp/


「入門 墨の美術−古写経・古筆・水墨画−」
会期:2019年8月31日(土)〜10月14日(月・祝)
会場:静嘉堂文庫美術館
http://www.seikado.or.jp/


「チェコ・デザイン 100年の旅」
会期:2019年9月14日(土)〜11月10日(日)
会場:世田谷美術館
https://www.setagayaartmuseum.or.jp/
※割引でした。


「美人画の時代―春信から歌麿、そして清方へ―」
会期:2019年10月5日(土)〜11月24日(日)
会場:町田市立国際版画美術館
http://hanga-museum.jp/

意外と知られていないことですが、「ぐるっとパス」は数年前から都内の美術館・博物館だけでなく、近郊の埼玉、千葉、神奈川エリアでも利用できるようになりました。

ちょっと足をのばして横浜や千葉も「ぐるっとパス」片手にお出かけしましょう。


「不思議の国のアリス展」
会期:2019年9月21日(土)〜11月17日(日)
会場:そごう美術館
https://www.sogo-seibu.jp/common/museum/


「ミュシャと日本、日本とオルリク」
会期:2019年9月7日(土)〜10月20日(日)
会場:千葉市美術館
http://www.ccma-net.jp/
※半額でした。

以上、この秋おススメの「ぐるっとパス」だけで観られる展覧会(都内の展覧会10、東京近郊の展覧会2)をご紹介しました。

自分のあまり興味関心のない展示にも「ぐるっとパス」のおかけで観に行けることができ、新たな発見があること多々あります。


https://www.rekibun.or.jp/grutto/

食べ物と同じで好き嫌いせずにアートも幅広く観ていきましょう。「ぐるっとパス」をお伴に!


美術展ぴあ2019-2020 (ぴあ MOOK)

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5609

JUGEMテーマ:アート・デザイン



その他 | permalink | comments(1) | trackbacks(0)

三菱一号館美術館「Café 1894」でアフタヌーンティー

三菱一号館美術館併設のミュージアムカフェ・バー「Café 1894」にて期間限定のアフタヌーンティーが販売されます。


https://mimt.jp/cafe1894/

「Café 1894」のアフタヌーンティーは、いつでも食べられるものではありません。三菱一号館美術館の展示替え期間中だけ提供される知る人ぞ知る限定メニューなのです。

次回アフタヌーンティーが頂ける期間は。2019年10月7日(月)〜10月28日(月)のひと月弱。


左:ラフランスのコンポート 中央:栗のパウンドケーキ 右:かぼちゃのプリン

今回のテーマは、美味しいものが目白押しの秋の味覚を主役に、さまざまなスパイスで複雑さを加えられ、奥行きのある味わいのエレガントなメニューとなっています。


前から、マドレーヌ アールグレイ 左:オレンジショコラ ロールケーキ 左奥:スイートポテト タルト
焼き菓子の王道マドレーヌは、ベルガモットの香りが漂い優雅な味わいに。チョコ生地のロールケーキにはオレンジを組み合わせて、軽い口当たりに仕上げています。スイートポテトは食べやすい一口サイズ!

シナモンやクローブといったスパイスの風味のクッキー「スペキュロス」。歯ごたえのある触感も気分が変わります。定番スコーンに合わせる、ジンジャー風味のオレンジコンフィチュールは、爽やかな後味です。

右手前:スペキュロス 手前中央:アールグレイマカロン 左奥:スコーンとジンジャーオレンジコンフィチュール

三菱一号館美術館・Café 1894 人気アフタヌーンティーが新メニューで期間限定販売!〜「秋の味覚×スパイス」を堪能〜


販売期間 2019年10月7日(月)〜10月28日(月)
販売時間 14:30〜16:30 15:30〜17:30
※ご注文は2名様より承ります。
※2日前までに要予約。(Webサイト、電話にて受付)
※各日15組様限定。
https://mimt.jp/cafe1894/

【現在開催中の展覧会】

マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン展

会期:〜10月6日(日)
休館日:月曜日(ただし、9月16日、9月23日、9月30日は開館)
時間:10:00〜18:00(祝日を除く金曜、第2水曜、会期最終週平日は21:00まで)            
※入館は閉館の30分前まで
会場:三菱一号館美術館(東京都千代田区丸の内2-6-2)
WEBサイト:https://mimt.jp/fortuny/



三菱一号館美術館「Café 1894」は拙著の表紙にも使わせてもらいました〜


カフェのある美術館 素敵な時間をたのしむ
青い日記帳(監修)

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5600

JUGEMテーマ:アート・デザイン



その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

「嵐電 MUSEUM TRAIN 『走る美術館』」

京都、嵐電 嵐山本線・北野線に「嵐電 MUSEUM TRAIN 『走る美術館』」が、10月1日(火)から2020年1月13日(月・祝)まで期間限定で運行されます。


京福電気鉄道株式会社
https://www.keifuku.co.jp/

「嵐電 MUSEUM TRAIN 『走る美術館』」は、10月1日に、京都嵐山に誕生する福田美術館の開館にあわせ、福田美術館が収蔵する数々の名画の画像を車体や車内に装飾したアートファン待望のラッピングトレインです。


嵐電 MUSEUM TRAIN 車体(外装)デザイン

福田美術館は、古来から芸術家たちがすぐれた作品を生みだす源泉となった地・嵐山に新しく誕生する美術館です。

「100年続く美術館」をコンセプトに、俵屋宗達や尾形光琳などの琳派、狩野山雪や探幽などの狩野派、円山応挙や長沢芦雪や伊藤若冲などの江戸絵画から竹内栖鳳、上村松園ら近代の名画まで約1,500のコレクションを有します。


福田美術館開館。

新たな嵐山の観光スポットとしての福田美術館開館を知らせることだけでなく、多くの方々に素晴らしい美術品に身近に親しんでもらいたいという思いから「嵐電 MUSEUM TRAIN 『走る美術館』」は誕生しました。

嵐電の車体や車内を福田美術館の美術品の画像で装飾し、名画に囲まれて走行する「嵐電 MUSEUM TRAIN 『走る美術館』」。まさに走る美術館としての演出を施した特別車両です。



「嵐電 MUSEUM TRAIN 『走る美術館』」

使用車両 嵐電モボ621形624号車(1両編成)
運行期間 2019年10月1日(火)から2020年1月13日(月・祝)※まで  
※福田美術館開館記念「福美コレクション展」最終日
運行区間 嵐電 嵐山本線・北野線
運行日等 通常ダイヤ内に配車し運行
(日によって運行区間や運行時間が変わります。点検等のため運行しない日があります。)




福田美術館について

春は桜花舞い、秋は紅葉に彩られる嵯峨嵐山。古来より多くの貴族や文化人に愛され、芸術家たちがすぐれた作品を生み出す源泉となったこの地に、2019年10月、福田美術館が開館いたします。
「たとえ美術に詳しくない方が見ても、感動を与えられるような」作品をコンセプトに、約1,500点のコレクションを有します。オープンを記念した開館展では、俵屋宗達や尾形光琳などの琳派、狩野山雪、狩野探幽などの狩野派、円山応挙、長沢芦雪、伊藤若冲など江戸時代の絵画から、竹内栖鳳、上村松園など明治以降に活躍した画家たちの名品を一挙公開します。


福田美術館
https://fukuda-art-museum.jp/


福田美術館 開館記念「福美コレクション展」 

2019年10月1日(火)〜2020年1月13日(月・祝)に、開館記念展を開催します。
初公開の狩野探幽筆「龍雲図」や70年以上前に公開されたきり行方不明になっていた木島櫻谷「駅路之春」や橋本関雪「後醍醐帝」など、初公開の大作は必見です。
1期:2019年10月1日(火)〜2019年11月18日(月)
2期:2019年11月20日(水)〜2020年1月13日(月・祝)
※全作品をほぼ完全入れ替えにて公開

美術館と電車のコラボとは、完全に俺得!秋はめっちゃ忙しいけど日帰りでもいいので京都行きたい!!


おとなの京都本 (エルマガMOOK)

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5596

JUGEMテーマ:アート・デザイン



その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

安曇野ちひろ美術館

残暑お見舞い申し上げます。ようやく朝晩過ごしやすくなってきました。今年の夏はどこかへ出かけられましたか?

お盆の時期や有名なアートイベントは行くだけで疲れてしまうので、のんびりご自宅で過ごされた方も多いかと思います。

そうした「喧騒」とは全く無縁の美術館を今日はご紹介したいと思います。安曇野ちひろ美術館です。
https://chihiro.jp/azumino/


安曇野ちひろ美術館外観
https://chihiro.jp/azumino/

練馬区下石神井にある、ちひろ美術館・東京は、絵本作家いわさきちひろが最後の22年間を過ごし、数々の作品を生み出した自宅兼アトリエ跡に建てられています。

1977年9月に世界初の絵本美術館として誕生しました。現在の建物は2002年に建て替えられたものです。

ちひろ美術館・東京
https://chihiro.jp/tokyo/

1977年4月、ちひろ美術館・東京の開館20周年を記念し、両親がかつて暮らした長野県北安曇郡松川村に姉妹館としてオープンしたのが、安曇野ちひろ美術館です。


安曇野ちひろ美術館 絵本の部屋

東京、安曇野ともに、建築家の内藤廣氏が手掛けていることもあり、共通した雰囲気を持ったまさに姉妹のような建物です。

住宅街の中にひっそりとある、ちひろ美術館・東京もとても落ち着く空間ですが、安曇野ちひろ美術館は圧倒的な自然美を満喫でき、そこへ行っただけで満足度200%!と叫びたくなる素敵な空間です。


安曇野ちひろ美術館展示室
撮影:橋本裕貴

安曇野ちひろ美術館は、ちひろの絵に出会う場所であるとともに、世界の絵本画家の作品が展示されているところです。

コレクションは世界34の国と地域207人の絵本画家による約27200点(ちひろの遺作約9,500点を含む)、ほかにも絵本に関する歴史資料約1,000点などがあります。(2019年2月現在)

散逸しやすい子どもの本のイラストレーションを人類の貴重な文化財のひとつと位置づけ、作品と資料の収集、保存、研究、公開に努めているそうです。

美術館の周囲には53500屬琉惰淕遒舛劼躙園(松川村営)が広がり、四季折々の花々を楽しみながら、清流・乳川の川辺を散策することができます。

2016年夏に、安曇野ちひろ公園の北側エリアが拡充され、「食」「農」「いのち」を体験的に学べる公園へリニューアルしました。


デハニ 電車の教室

このように、古い電車の車体をそのまま利用している場所もあり、電車好きの自分にとってこちらも堪らない空間のひとつです。


モハ 電車の図書室

その一角には、ちひろの絵で愛される『窓ぎわのトットちゃん』(ちひろ美術館館長・黒柳徹子著)に登場する、教室や講堂を再現した「トットちゃん広場」などがあります。

そこには、古い電車の車体をそのまま利用した電車の教室と電車の図書室があり、電車好きの自分にとってこちらも堪らない空間のひとつです。


安曇野ちひろ美術館ミュージアムショップ

館内には5つの展示室のほか、絵本の部屋、北アルプスを望む絵本カフェ、ミュージアムショップ等もあります。


カフェ
撮影:橋本裕貴

信州・安曇野は、両親が信州出身の絵本画家・いわさきちひろにとって、幼いころから親しんだ心のふるさとでした。

ちひろは折にふれてこの地を訪れ、数々のスケッチを残しています。その場所にこんな素敵なアート空間として静かに自然美に抱かれながら安曇野ちひろ美術館が建てられています。

夏の最後の思い出作りに、そしてまたこれから芸術の秋に是非一度足を運んでみて下さい。一日中ここでのんびり過ごしたら、日常の嫌なことなんてキレイさっぱり忘れられます。


安曇野ちひろ美術館
〒399-8501 長野県北安曇郡松川村3358-24
テレホンガイド:0261-62-0777 TEL.0261-62-0772 FAX 0261-62-0774
開館時間=9:00〜17:00(GW・お盆は〜18:00)
休館日=第4水曜日(GW・8月は無休) ○冬期休館=12/16〜2月末 ○展示替えのための臨時休館日あり
入館料=大人800円/高校生以下無料/団体(有料入館者20名以上)、65歳以上の方、学生証をお持ちの方は100円引/障害者手帳ご提示の方は半額、介添えの方は1名まで無料/視覚障害のある方は無料/年間パスポート2500円
交通=電車の場合…JR大糸線「信濃松川」駅より約2.5辧淵織シー5分・レンタサイクル15分・徒歩30分)/車の場合…長野自動車道「安曇野」I.C.より約30分
https://chihiro.jp/azumino/


カフェのある美術館 感動の余韻を味わう

拙著『カフェのある美術館 感動の余韻を味わう』で、ちひろ美術館・東京のカフェを紹介しています。

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5583

JUGEMテーマ:アート・デザイン



その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)