青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

特殊切手「美術の世界シリーズ」発行

魅力ある名作絵画などの美術品を題材とした特殊切手「美術の世界シリーズ」が新たに発行されます。第1集は「青の世界」がテーマです。

84年切手シートと63円切手シートが同時に発売になります。それぞれ青が印象的な作品10点が切手の絵柄となっています。

ただし、両者とも全てが同じ作品というわけではありません。全部で13点の国内にある美術作品が用いられています。


横山大観「雲中富士
東京国立博物館蔵
https://www.tnm.jp/

東京国立博物館所蔵の以下の4点と、すみだ北斎美術館の葛飾北斎「冨嶽三十六景 甲州石班沢」、ポーラ美術館のマリー・ローランサン「ヴァランティーヌ・テシエの肖像」の計6点はどちらにも採用されています。

染付兎水葵図大皿」(伊万里焼)
酒井抱一「四季花鳥図巻
黒田清輝「湖畔
横山大観「雲中富士
東京国立博物館蔵
https://www.tnm.jp/

また、同じ作品を用いていてもトリミングや切手の形状を変化させるなどして違いを持たせているあたり、とてもよく考えられています。

それでは主な作品を紹介して参りましょう。まずは84円切手シートから4点。


84円郵便切手(シール式)


酒井抱一「四季花鳥図巻」江戸時代 19世紀
東京国立博物館蔵
https://www.tnm.jp/


並河靖之「紫陽花図花瓶」(七宝)
清水三年坂美術館蔵
http://www.sannenzaka-museum.co.jp/


黒田清輝「湖畔」1897年
東京国立博物館蔵
https://www.tnm.jp/


オディロン・ルドン「グラン・ブーケ(大きな花束)」1901年
三菱一号館美術館蔵
https://mimt.jp/




続いて63円切手シートから4点。足立美術館の「待月」(たいげつ)は是非一度実物をこの目で観たい作品のひとつです。


63円郵便切手(シール式)


染付兎水葵図大皿」(伊万里焼)
東京国立博物館蔵
https://www.tnm.jp/


上村松園「待月」1944年
足立美術館蔵
https://www.adachi-museum.or.jp/


オディロン・ルドン「ペガサス、岩上の馬」1907-10年頃
ひろしま美術館蔵
https://www.hiroshima-museum.jp/


マリー・ローランサン「ヴァランティーヌ・テシエの肖像」1933年
ポーラ美術館蔵
https://www.polamuseum.or.jp/

さてさて、重複していない作品をピックアップしてみましょう。

84円切手:「アレ夕立に」竹内栖鳳、「グラン・ブーケ(大きな花束)」オディロン・ルドン
63円切手:「待月」上村松園、「ペガサス、岩上の馬」オディロン・ルドン


冒頭で「13」点あると書きました。でもこれだと「12」しかありません。おや?何か見落としてはいませんか。

実は、双方に使われているモネ「睡蓮」は同じ作品ではないのです!

84円切手シートは国立西洋美術館の「睡蓮」、63円切手シートの「睡蓮」はアサヒビール大山崎山荘美術館所蔵のモネなのでした。


クロード・モネ「睡蓮
国立西洋美術館蔵
https://www.nmwa.go.jp/


クロード・モネ「睡蓮
アサヒビール大山崎山荘美術館蔵
https://www.asahibeer-oyamazaki.com/

助言・監修 盍澣院陛豕大学大学院人文社会系研究科 准教授)、切手デザイン 楠田 祐士(切手デザイナー)、特殊切手「美術の世界シリーズ」第2集以降も楽しませてもらいます。

特殊切手「美術の世界シリーズ」第1集は、2020年3月19日(木)発行です。発売楽しみですね!


『ジュニア版もっと知りたい世界の美術 1 北斎と広重』
美術の世界シリーズの第一弾は、「青の世界」です。洋の東西を問わず、美術のなかで青は高貴な色とされ、青色の顔料として用いられたラピスラズリは、高価な素材でした。近代のヨーロッパで青色の絵の具が化学的に調合できるようになると、世界中に広がりをみせ、葛飾北斎の浮世絵など庶民向けの絵画にも用いられるようになりました。空や水景だけでなく、遠望した山岳など青のイメージは風景の中に欠かせないものといえます。

今回は19〜20世紀の、日本絵画と工芸、ヨーロッパ絵画の中から、青が特徴的な作例を選びました。同じ青でも、濃淡の変化や他の色彩との対比によって、まったく異なる表情を漂わせます。季節や時間によって変化する水面や空気の表情を、東西の芸術家たちはそれぞれの感覚でとらえ、表現しています。


Twitter:https://twitter.com/taktwi
Facebook:https://www.facebook.com/bluediary2/
Instagram:https://www.instagram.com/taktwi/
mail:taktwi(アットマーク)gmail.com

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5745

JUGEMテーマ:アート・デザイン



続きを読む >>
その他 | permalink | comments(1) | -

佐藤可士和氏デザインによる「くら寿司」

回転寿司チェーン「無添くら寿司」が、2020年1月21日より新ロゴを導入。デザインを手がけたのはあの佐藤可士和氏です。


http://www.kura-corpo.co.jp/

ユニクロ、セブンイレブン、楽天、Tポイントと我々の身の回りに常にあるログや空間を作り出しているクリエイティブディレクターの佐藤可士和氏が、回転寿司の「くら寿司」を手がけました。

アートファンには、国立新美術館のシンボルマークデザインで知られており、今年同美術館で「佐藤可士和展」も開催される予定となっているあらためて説明する必要のない超売れっ子デザイナーです。


佐藤可士和展
会期:2020年9月16日(水)〜12月14日(月)
会場:国立新美術館
https://kashiwasato2020.com/

さて、新しい「くら寿司」のロゴですが、日本伝統の江戸文字をベースに現代的にデザインし、アルファベットの「KURA」を組み合わせてあります。

これは、今後のグローバル展開の際にも、瞬間的に日本の回転寿司チェーン「くら寿司」の記号だと、わかりやすく認識できることを意識しデザインされたものだそうです。UNIQLOと着想が同じですね。



新旧のロゴを比べてみると、大きな違いがないように思えるかもしれません。でもそこが佐藤可士和流のデザインの優れた点でもあります。

一見変化がないようでその実、大きな差があるのです。



「く」「ら」の文字をモチーフに蔵に用いられるなまこ壁のイメージを踏襲したデザインとなっています。

このロゴがお披露目となった1月21日にオープンした「くら寿司浅草ROX店」を皮切りに、随時店舗にも反映していくそうです。

それにしても、新ロゴを使用したグローバル期間店「くら寿司 浅草ROX店」ちょっと素敵過ぎじゃありませんか。


くら寿司浅草グランドオープン

安っぽい回転寿司屋のイメージとは程遠いものがあります。この店の為だけに浅草に明日にでも行きたい気分にさせます。

「くら寿司 グローバル旗艦店」店舗特徴
・国内最大の店舗規模

グローバル旗艦店の敷地面積は国内最大255坪(一般店舗で125坪)、座席数も国内最大となる272席(一般店舗で199席)を配置しました。


壁際に並ぶ多くの提灯


畳素材が使われたイスと白木のテーブル


醤油やお箸がしまわれるフラットテーブル

・和を意識した装飾

店内には浮世絵や提灯などが飾られており、日本の江戸時代のような「和」をイメージさせる空間になっています。食事スペースにもこだわっており、白木を使用したフラットテーブル*1や、畳を使用した椅子は上品さと落ち着いた空間を演出します。


待機スペースにある様々なお面


待機スペースにある歌川広重の浮世絵

・佐藤可士和氏デザインの新しいロゴ(CI)を使用

新店舗では、店内装飾の提灯や、食器類、スタッフのユニフォームにクリエイティブデザイナーの佐藤可士和氏がデザインしたロゴが使われています。今後グローバルでのブランド確立の為に刷新され、日本の各店舗、及び海外(アメリカ、台湾)でも共通してこのロゴが使用されていく予定です。


新ロゴの入った「浅草ROX店」独自のユニフォーム


新ロゴの入ったお皿や湯飲み

・多言語対応

外国人のお客様にもくら寿司での体験を楽しんでいただくべく、外国語対応できるスタッフが一目でわかるように、プレートで明示。また注文用のタッチパネルは4カ国語に対応しています。

また円滑な接客のために、音声翻訳機「Langogo Genesis」を導入。世界104言語に対応し、「話す/訳す/伝える」それぞれに最適のAI言語サーバとつながることで、高速・高精度に翻訳が可能なデバイスです。


「くら寿司 浅草ROX店」

住所:〒111-0032 東京都台東区浅草1−25−15 浅草ROX4F
営業時間:1月22日(水)〜1月26日(日)12:00〜21:00 
※ラストオーダー 20:30
1月27日(月)〜通常営業11:00〜23:00
※ラストオーダー 22:30
電話:03-5830-6106(お持帰りの注文も承ります)
駐車場:専用駐車場なし(浅草ROX地下駐車場あり)
座席数:272席(ボックス44席、カウンター8席)


佐藤可士和 Kashiwa Sato
クリエイティブディレクター


博報堂を経て「SAMURAI」設立。主な仕事に国立新美術館のシンボルマークデザイン、ユニクロ、楽天グループ、セブン-イレブンジャパン、今治タオルのブランドクリエイティブディレクション、「カップヌードルミュージアム」「ふじようちえん」のトータルプロデュースなど。近年は日清食品関西工場や武田グローバル本社など、大規模な建築プロジェクトにも従事。また、文化庁・文化交流使としても活動し、日本の優れた商品、文化、技術、コンテンツなどを海外に広く発信していくことにも注力している。毎日デザイン賞、東京ADCグランプリほか多数受賞。著書「佐藤可士和の超整理術」(日本経済新聞出版社)ほか。
http://kashiwasato.com/


世界が変わる「視点」の見つけ方 未踏領域のデザイン戦略 (集英社新書)


Twitter:https://twitter.com/taktwi
Facebook:https://www.facebook.com/bluediary2/
Instagram:https://www.instagram.com/taktwi/
mail:taktwi(アットマーク)gmail.com

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5744

JUGEMテーマ:アート・デザイン



その他 | permalink | comments(0) | -

尾形光琳「冬木小袖」修理プロジェクト

尾形光琳が秋草模様を描いた着物「冬木小袖」(ふゆきこそで)修理プロジェクトが立ち上がりました。


〈冬木小袖〉背面
https://cpcp.nich.go.jp/modules/r_free_page/index.php?id=50

東京国立博物館と文化財活用センターは、尾形光琳直筆の重要文化財「小袖 白綾地秋草模様(こそで しろあやじあきくさもよう)通称〈冬木小袖〉」(東京国立博物館所蔵)の本格修理を行なうにあたって、個人や企業から寄附を募るファンドレイジング活動を開始します。

重要文化財「小袖 白綾地秋草模様通称〈冬木小袖〉」は、江戸時代に活躍し琳派の語源としても知られる尾形光琳が白い絹地に秋草を描いたきものです。

京都出身の光琳が、宝永元年(1709)に寄宿した江戸・深川の材木問屋、冬木家の夫人・ダンのために描いたといわれ、そのため〈冬木小袖〉という名称で親しまれています。


シンプルな形で描かれた青と白の桔梗

墨や淡彩で布地に直接模様を描く染色技法「描絵 かきえ」によって、ふたつとないデザインのきものを着用することが、当時裕福な商家の女性たちの間で流行していました。〈冬木小袖〉もこの流行を背景に光琳に依頼されたといわれています。

しかし、300年のときを経た今、修理を必要としています。

経年による劣化が進み、汚れや糸の断裂が見られる〈冬木小袖〉。傷んだ布地を補強するために先の修理で施した並縫いの跡が目立ち、これが原因となって新たな傷みも生じています。

このため、〈冬木小袖〉は2020年度から約2年かけて本格修理をすることとなりました。東京国立博物館と文化財活用センターでは、〈冬木小袖〉修理プロジェクトとして、多くの方からの寄附を募り、修理費用に充てます。


重要文化財 小袖 白綾地秋草模様 尾形光琳筆 丈147.2cm 裄165.1cm 江戸時代・18世紀前半

東京国立博物館ではこれまでも、予算の一部を修理費用に充てることで、継続して文化財の修理を進めてきましたが、その予算は限られており、多くの文化財が修理の順番を待っている状況だそうです。
東京国立博物館と文化財活用センターは、すべての人々に文化財を親しむ機会を提供し、人類の宝である文化財を次世代につなげる活動に、多くの人が参画する社会を目指しています。このプロジェクトは、その活動の一環として、個人、企業・団体を問わず多くの人々のちからで、貴重な文化財を次の世代に伝えるために行なわれるものです。

菊、萩、 芒を、バランスよく生き生きと配した、背中部分。

大切な文化財を未来へ。〈冬木小袖〉修理プロジェクトへ協力しましょう!


〈冬木小袖〉修理プロジェクト

寄附金募集期間:2020年1月〜2022年6月
寄附金目標額:1,500万円
修理期間:2020年〜2022年(予定)

【寄附への参加方法】
(1) ウェブサイトから申し込む
URL: https://cpcp.nich.go.jp/fuyuki/
1口 1,000円から受け付けます。
寄附いただいたすべての方のお名前をウェブサイトにて顕彰します。
1万円以上寄附いただいた方には返礼品を差し上げます。



【寄附に対する返礼品】
■寄附金額 1万円
・〈冬木小袖〉修理プロジェクトオリジナルデザイン蒔絵シール
・東京国立博物館総合文化展観覧券2枚

■寄附金額 3万円
・〈冬木小袖〉修理プロジェクトオリジナルデザイン風呂敷(名入れ可能)
・東京国立博物館総合文化展観覧券4枚

■寄附金額 15万円以上
・人間国宝 室瀬 和美監修〈冬木小袖〉修理プロジェクト オリジナルデザイン 漆蒔絵小物 光琳模様の箸・箸置きペアセット
・お名前を記載した文書を作品とともに永久保存
・修理完了後のお披露目会にご招待(2名様)
・東京国立博物館総合文化展観覧券5枚

(2) 募金箱を利用する(東京国立博物館内)
・館内に設置する募金箱に寄附をお願いします。
・折り紙など、〈冬木小袖〉に親しんでいただくための簡単な体験コーナーも併設する予定です。

(3) 講演会、体験型イベントに参加する
・研究員によるトークショーと館内レストランでのディナーをお楽しみいただく「きものの集い」などを開催する予定です。参加費の一部を寄附金に充てさせていただきます。(詳細は後日ウェブサイトにて公開予定)



(4) グッズを購入する
・企業との連携により〈冬木小袖〉をモチーフとしたオリジナルグッズを開発・販売する予定です。商品の売り上げの一部を寄附金に充てさせていただきます。(詳細は後日ウェブサイトにて公開予定)
・東京国立博物館ミュージアムショップで〈冬木小袖〉関連商品を販売します。その売り上げの一部を寄附金に充てさせていただきます。(2月中旬開始予定)


特別展「きもの KIMONO」

【〈冬木小袖〉の公開予定】
〇修理前 東京国立博物館 特別展「きもの KIMONO」(2020年4月14日〜6月7日)
〇修理後 東京国立博物館 総合文化展 2023年春頃を予定

詳細は文化財活用センターのサイトをチェックです。
https://cpcp.nich.go.jp/modules/r_free_page/index.php?id=50


『光琳図案図録』


Twitter:https://twitter.com/taktwi
Facebook:https://www.facebook.com/bluediary2/
Instagram:https://www.instagram.com/taktwi/
mail:taktwi(アットマーク)gmail.com

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5735

JUGEMテーマ:アート・デザイン



続きを読む >>
その他 | permalink | comments(1) | -

「奈良−日本の信仰と美のはじまり」展 記念シンポジウム

2019年10月にイギリス大英博物館で開催された「奈良−日本の信仰と美のはじまり」展 


「奈良−日本の信仰と美のはじまり」

奈良を代表する古社寺である法隆寺、薬師寺、東大寺、唐招提寺、西大寺、春日大社、丹生川上神社の協力を得て、名宝の数々が一堂に会する、これまでにない貴重な特別展示が昨年秋に大英博物館で開催されました。

ユニークなのは、この展覧会を立ち上げ実行したのが奈良県という点です。


国宝 観音菩薩立像(夢違観音)飛鳥時代・7〜8世紀 法隆寺 
画像提供:奈良国立博物館(撮影:佐々木香輔)

東京国立博物館でもこのレベルの展覧会は、そうそう滅多に開かれるものではありません。

流石に会期中イギリスまで観に行くことは出来ませんでしたが、展覧会を総括する記念シンポジウムが開催されることが決定しました。


「奈良−日本の信仰と美のはじまり」

「奈良−日本の信仰と美のはじまり」展 記念シンポジウム 〜古都奈良×大英博物館 特別展開催報告〜

会期:2020年2月7日(金)
開場 13:00、開演 13:30、終了 15:30(予定)
会場:ベルサール飯田橋ファースト イベントホール
住所:東京都文京区後楽2-6-1住友不動産飯田橋ファーストタワーB1 ベルサール飯田橋ファースト

このシンポジウムにご招待いたします。(定員480名 応募多数の場合は抽選)
https://www.asahi-family.com/kotonara/

お申し込みはこちらから。



「奈良−日本の信仰と美のはじまり」展 記念シンポジウム 〜古都奈良×大英博物館 特別展開催報告〜

【プログラム】
◆ 第1部 開催報告
大英博物館「奈良−日本の信仰と美のはじまり」展 成果報告映像上映

◆ 第2部 基調講演「展覧会を終えて その意義と今後の展開」
ティモシー・クラーク(大英博物館名誉研究員/前アジア部日本セクション長)

◆ 第3部 パネルディスカッション「国際文化交流と博物館」
司会 内藤裕子(アナウンサー)

【パネリスト】 
荒井正吾 (奈良県知事)
ティモシー・クラーク (大英博物館名誉研究員)
青柳正規 (橿原考古学研究所所長/奈良県文化政策顧問)
籔内佐斗司 (東京藝術大学副学長)
井上洋一 (東京国立博物館副館長)


(大英博物館名誉研究員)

大英博物館の日本部門で30年以上勤務し、日本セクション長もつとめたティモシー・クラーク氏は、奈良県と大英博物館が共に主催した本展の展示企画や図録の制作において中心的な役割を果たされました。


奈良―日本の信仰と美のはじまり 大英博物館展示室風景

記念シンポジウム参加奮ってご参加ください!
https://www.asahi-family.com/kotonara/

お申し込みはこちらから。



シンポジウムでは、展覧会開催を通して得られた知見や文化交流の成果について、奈良県知事、日本文化を牽引する方々が語り尽くします。

青柳正規先生がファシリテーターお務めになるのかな〜井上氏のお話も楽しみ楽しみ!!


『奈良傑作美仏大全』 (エイムック 4301)


Twitter:https://twitter.com/taktwi
Facebook:https://www.facebook.com/bluediary2/
Instagram:https://www.instagram.com/taktwi/
mail:taktwi(アットマーク)gmail.com

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5734

JUGEMテーマ:アート・デザイン



その他 | permalink | comments(1) | -

北欧スウェーデンの女性陶芸作家フェア

東京現代美術館ミュージアムショップ「NADiff contemporary」にて、北欧スウェーデンの女性陶芸作家フェアが開催されています。


http://www.nadiff.com/shopinfo/shoplist/mot.html

取り扱われているのは、「エレオノール・ボストロム」「マリアンヌ・ハルバーグ」「リサ・ラーソン」の3人の女性作家の作品。

お持ち帰りしやすい比較的リーズナブルな価格設定となっています。


エレオノール・ボストロム / 陶芸家・イラストレーター

1985年、スウェーデンのストックホルムに生まれる。美術大学を卒業後、ベルリンに拠点を移す。現在はストックホルムとサンフランシスコを行き来しながら制作を続ける。10年以上「犬」をテーマに作品を作っている。「犬は飽きることがない。これからも犬を作り続けていくわ。」と彼女は言う。


マリアンヌ・ハルバーグ / 陶芸家

1952年、スウェーデン・ヨーテボリに花屋の娘として生まれる。青春時代に世界を放浪した後、地元ヨーテボリで作陶を開始する。平面が立ち上がったような独特の作風は、前衛性とクールなユーモアが同居し、日本をはじめ世界中の先進的クリエイターが注目している。若い世代の間では憧れの陶芸家として名前が上がる。


リサ・ラーソン / 陶芸家

1931年、スウェーデンのスモーランド地方・ハルルンダ生まれ。Stig Lindberg(スティグ・リンドベリ)に見出され、 スウェーデン最大の陶芸製作会社Gustavsberg(グスタフスベリ)社で活躍。1979年に独立。以後、現在に至るまで精力的に創作活動を続けている。日本で一番有名な北欧の猫キャラクター「マイキー」の生みの親としても知られる。

そうそう、日本で絶大的な人気と知名度を誇るリサ・ラーソンの展覧会が2020年2月23日から松屋銀座でスタートします。こちらも要チェックです!


「リサ・ラーソン展 創作と出会いをめぐる旅」

開催期間:2020年2月23日(祝・日)〜3月4日(水)
時間:10:00〜20:00
※入場は閉場の30分前まで。最終日は17:00閉場。
※一部開場時間が変更日あり。
会場:松屋銀座8階イベントスクエア
http://www.matsuya.com/m_ginza/
後援:スウェーデン大使館
特別協力:リアン・デザイン・ミュージアム
協力:フィンエアー、フィンエアーカーゴ
企画:アートインプレッション
企画協力:トンカチ

<巡回先>
2020年3月 滋賀県立陶芸の森
2020年7月 いわき市立美術館


「リサ・ラーソン展 創作と出会いをめぐる旅」

スウェーデンを代表する陶芸家リサ・ラーソン。北欧の豊かな自然の中で創作された、猫やライオンなどの動物や
子どもをモチーフにした素朴で温かみのある作品は、世界中の多くのファンを魅了します。

2019年に88歳を迎えた現在も、芸術一家という創造的な環境の中で、自分のペースで楽しみながらユニークピース(一点もの作品)を制作し続けています。

本展ではリサ・ラーソンが創作において影響を受けた諸文化や作家たちとの出会いと、そこで培われた彼女の想像豊かな作品をご紹介します。初期から近年に至る作品約200点の他、北欧を代表するデザイナースティグ・リンドベリをはじめとする作家たちの作品約20点を展示します。

彼女の創作の旅路をたどり、やさしさあふれる作品の魅力に迫りましょう。


『わたしの北欧案内 ストックホルムとヘルシンキ』 (単行本)

人気の北欧雑貨〈SPOONFUL〉店主として、40回以上北欧を旅している著者がすすめる、グッドデザインの雑貨、おいしいカフェ、楽しい街歩き。さらに、郊外の街や、入ってみたい北極圏のHOTELも美しい写真とともに大紹介。


Twitter:https://twitter.com/taktwi
Facebook:https://www.facebook.com/bluediary2/
Instagram:https://www.instagram.com/taktwi/
mail:taktwi(アットマーク)gmail.com

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5733

JUGEMテーマ:アート・デザイン



その他 | permalink | comments(0) | -