弐代目・青い日記帳 

  
TB&リンク大歓迎です!
2月23日(金)国立新美術館と東京国立近代美術館が無料になります。
「プレミアムフライデー」なんて自分には無縁だな〜と思っていませんか。

なんと!2018年2月23日(金)に、国立新美術館と東京国立近代美術館が無料となります。


「PERSOL PREMIUM FRIDAY」

これはアートファンはもちろんのこと、普段展覧会や美術館にさほど関心のない方でも、行ってみようかな〜と思わせる素敵な企画ですね。

今回が初の試みとなる「PERSOL PREMIUM FRIDAY」の対象となるのは、以下の2館。

国立新美術館「20th DOMANI・明日展」
東京国立近代美術館「所蔵作品展」



国立新美術館「20th DOMANI・明日展」
http://domani-ten.com/
第20回のDOMANI・明日展は「寄留者(パサジェ)の記憶 (memories of “passagers”)」をサブタイトルに、国立新美術館の豊かな空間を生かし、研修を終えて比較的時間の浅いフレッシュな人材たちのショウケースとなるよう、作家のラインナップを組みました。研修後も海外ベースでの活動を続ける4作家も含め、自らの生活圏を離れて、「寄留者」=一時的な滞在者となった経験が浮かび上がるはずです。


東京国立近代美術館
http://www.momat.go.jp/
横山大観、菱田春草、岸田劉生らの重要文化財を含む13,000点を超える国内最大級のコレクションの中から、選りすぐりの約200点を展示する所蔵作品展「MOMATコレクション」(所蔵品ギャラリー、4-2F)は、日本の20世紀初頭から「いま」にいたる、日本画、洋画、版画、水彩、素描、彫刻、写真、映像などの多様なジャンルの作品を展示し、100年を超える日本美術の歴史を一気にご覧いただける国内唯一の展示です。

「PERSOL PREMIUM FRIDAY」

2018年2月23日(金)

無料開放
国立新美術館「20th DOMANI・明日展」
東京国立近代美術館「所蔵作品展」

開館時間
10:00〜20:00
(入場は閉館の30分前まで)


嬉しいのは、午前中から夜の8時まで好きな時間に(好きなだけ!)観られる点です。お仕事中でもちょっと休憩を兼ねて美術館へ入館し静かな空間でのんびりなんてことも。

また、ドマーニ展も東近美も基本的に写真撮影可能なので、こんなお遊びも出来ちゃいます。

「鳥獣戯画」の動物たちを美術館に連れて行ってみた。


「PERSOL PREMIUM FRIDAY」

「只より高い物はない」と怪しんでいませんか?!でもご安心を今回の美術館無料開放企画を担当された方が、筋金入りのアートファンなのです。

ドマーニ展は、これからの日本の美術界を担う若い芸術家が文化庁のサポートのもと、留学を行い、そこでの成果を報告している展覧会で、最新のアートシーンを知ることができます。

国立近代美術館の所蔵作品展は、静かな空間でのんびりと日本美術の変遷をたどられるます。

何なら、2月23日(金)に2館をはしごしてもいいですよね!とにもかくにもこんな嬉しい企画はありません。詳しくはこちらで!

「PERSOL PREMIUM FRIDAY」

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5015

JUGEMテーマ:アート・デザイン



| その他 | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
【祝100回】銀座メゾンエルメスのウィンドウ
2018年1月18日(水)に、銀座メゾンエルメスのウィンドウが第100回目を迎えました。


100 Window Displays

2001年の竣工以来、銀座の街に開かれた「エルメス劇場」として、エルメスの世界観を紹介してきたウィンドウ。

毎年のエルメスのクリエーションのベースとなる年間テーマを題材に、国内外で活躍するアーティストやデザイナーが自由な発想でデザインするウィンドウに足を止めたこともあるはずです。

2ヶ月ごとに新しく生まれ変わり、それを舞台に主役となる製品が毎回異なる表情を見せています。


吉岡徳仁 「吐息」
2004.5.20-7.20 / 2009.11.19-2010.1.19
風だけでデザインをする 私が最も表現したかったこと − それは、風だけでスカーフの美しさを 表現することでした。スカ−フ本来の美しさは、人が身につけた時に風 になびきながら人の動きと共に変化する、その表情です。日々の生活 の中で自然に生まれる、風による動きが取り入れられたこのデザイン では、目には見えない人の存在を感じることのできる、スカーフと人と の関わりが映し出されます。そして、映像の中の女性が「ふうっ」と吹 きかける吐息が、まるでスカーフにあたり、ひらりと宙に舞う空気の動 きや見えない風そのものを生み出しました。このウィンドウは、私の作 品の真髄でもある ”感覚” そのものをデザインするとても重要な機会 となりました。

マイク・エーブルソン 「Tool Roots」
2017.5.18-7.25
私たちの身体は完璧なのでしょうか?エルメスの年間テーマ「オブジェ に宿るもの」は私がずっと関心を持ってきた道具と身体の機能がどの ように結びつくのかを考える機会を与えてくれました。ものは人が手に した瞬間、道具になります。「ツール・ルーツ」ではエルメスのオブジェ と日用品を並べて、ウィンドウに立体のカラーチャートを作りました。そ れぞれの色は道具の基本的な要素を表し、形は道具の多様性を表す スペクトルを構成しています。それぞれ、身体の完成には何が必要か という考えから成り立っています。私たちの身体は未完成のドローイ ングのようなもので、違う道具を使うたびに違ったものになるのです。 エルメスのオブジェの考え抜かれた形や色、手仕事は、意図せずとも 目を惹きます。それらは身体の美しい完成形なのです。


ミヤケマイ 「雨奇晴好」
2007.5.17-7.17
ギンザの目抜き通り、足早に通り過ぎてゆく忙しい人々、ものすごい 街のノイズを目の前にして、これは挑戦になるなと予感した。ミヤケさ んの展示を見ていると空間把握能力が高いからできると思うんだよね と言われて受けてしまったが、不安だった。自分でも知らない間に、い つの間にか静かに人が作品と対峙する空間を前提に、作品をつくって いたようなことに気づかされた。それから自分が未経験の環境に放り 込まれるのが、怖いけど嫌いじゃないということにも気がつかせてくれ た。今まで美術の業界とは違う沢山の人達と、新しい自分と出会うこと ができ、そのあとの自分の制作に対して影響を内外で与えてくれた。 文字通り私の窓を開けてくれた機会をいただいたと思っている、実現 に関わってくださったみなさんに感謝してます。


ニコラ・ビュフ 「赤ずきんのカレちゃん」
2010.5.20-7.20
「ものがたり」のテーマについて銀座メゾンエルメスのウィンドウをデザ インすることになりとても嬉しかったです。街並みのことも考え、洋の 東西を問わず、大人だけでなく子供たちにも愉しんでもらえるよう「赤 ずきんちゃん」を選びました。スカーフをかぶる少女の姿もテーマにぴ ったりなのではないかと思いました。演劇的な要素を与えようとして、 できたインスタレーションは、レンゾ・ピアノの建築の正面と扉にも飛び 出すものとなりました。パズルのように主に白黒である僕の絵の中で カラフルな製品を入れ込んで効果的な空間をつくりました。そしてスト ーリーを楽しむために、劇場の舞台のようなシーンをそれぞれのミニ ウィンドウに入れました。

【エルメスのウィンドウディスプレイの歴史】
「エルメス劇場」としてのエルメスのウィンドウディスプレイの歴史は1920年代のパリにて始まりました。3代目社長のエミ ール・エルメスは、フォーブル・サントノーレ通りのブティックのウィンドウに独創的な手法でディスプレイされていた手袋 に目を留めます。そしてエルメスの世界観を表現する場としてのウィンドウの可能性に着目したのです。それがきっかけで手袋の販売を担当していたアニー・ボーメルは、ウィンドウディスプレイをその後40年間手がけることとなリ、1978年には愛弟子のレイラ・マンシャリがその後を引き継ぎました。

【銀座メゾンエルメスのウィンドウ】
パリのウィンドウのエスプリは銀座へと受け継がれ、2001年の銀座メゾンエルメス竣工時にはレイラ・マンシャリのクリエーションがウィンドウディスプレイの幕開けを飾りました。その後は、レンゾ・ピアノ設計によるガラスブロックの現代的な 建築に呼応するように、東京・銀座の今、そしてエルメスの今を表現すべく、国内外で活躍するアーティストやデザイナ ーにより新たなものがたりが紡がれてきました。

エルメスの公式サイトでは現在、過去の100の作品を豊富な画像と共に紹介しています。

http://www.maisonhermes.jp/feature/670959/

チェックしてみて下さい!

そういえば、山口晃さんも担当していましたね〜

山口晃「みにくいアヒルの子」
2012.1.18〜3.21


すゞしろ日記 参
山口晃

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5011

JUGEMテーマ:アート・デザイン



| その他 | 23:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
「南方熊楠展」と福岡伸一『動的平衡』
上野、国立科学博物館で開催中の「南方熊楠展―100年早かった智の人」には、もう行かれたでしょうか。

主催が国立科学博物館、田辺市、そして南方熊楠翁生誕150周年記念事業実行委員会というガチな構成なのも目をひきます。


https://www.kahaku.go.jp/event/2017/12kumagusu/
南方熊楠は、森羅万象を探求した「研究者」とされてきましたが、近年の研究では、むしろ広く資料を収集し、蓄積して提供しようとした「情報提供者」として評価されるようになってきました。本展覧会では、熊楠の活動のキーアイテムである日記・書簡・抜書(さまざまな文献からの筆写ノート)・菌類図譜を展示。“熊楠の頭の中をのぞく旅”に誘います。
博物館での関連講演会は全て定員に達し大入り満員の人気ぶり。熊楠に魅了される人は今の時代だからこそ逆に増えているように思えます。

衰えることのない熊楠人気に応えるべく、銀座蔦屋書店にて南方熊楠顕彰会学術部長の田村義也氏を招いてのトークイベントが開催されます。詳細はこちらから

ゲストは生物学者の福岡伸一先生。超文系の自分でもその面白さに虜になった『生物と無生物のあいだ』やさり気なく若冲作品を盛り込んでいる『動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか』など、文筆家としても広く知られています。


フェルメール 光の王国

また福岡先生はフェルメールをはじめとし、美術にも大変関心が高く、展覧会へもよく足を運ばれています。世界中を飛び回りフェルメール作品を全て観たツワモノです。

「南方熊楠展」に関連させ、南方熊楠顕彰会学術部長の田村義也氏と、福岡伸一氏を迎えてのトークイベントが銀座蔦屋で開かれます。詳細はこちらから


動的平衡3

同時に、福岡先生の新著『動的平衡3 チャンスは準備された心にのみ降り立つ』の刊行も記念してのイベントです。


【トークイベント】
《銀座美術夜話会―もっと展覧会を楽しむために 第9話》
美術への架け橋編『動的平衡3』刊行&南方熊楠展開催記念 福岡伸一×田村義也
南方熊楠のやわらかさ―熊楠から考える科学と芸術

会期 2018年03月01日(木)
時間 19:30〜21:00
場所 BOOK EVENT SPACE
主催 銀座 蔦屋書店
定員 50名
詳細及び申込はこちらから

そうそう、熊楠に関してこんなすごいデータベースがあります。見始めたらきりがないので時間に余裕のある時に!


南方熊楠図譜データベース
国立科学博物館が所蔵する南方熊楠図譜のうち、代表的な図譜をサムネイル表示して、選択された図譜の詳細を表示します。
https://www.kahaku.go.jp/research/db/zufu_db/

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5007

JUGEMテーマ:アート・デザイン



続きを読む >>
| その他 | 23:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
「鑑賞力」をあげる!知っておきたい画材の基礎知識
絵画鑑賞に関する様々なセミナーやトークイベントが毎週どこかで開催され人気を博しています。

展覧会に関わった学芸員さんにリアルな話を聴けたり、美術史家の先生から一枚の絵を深く読み解く専門的な講座まで実に多彩なイベントがあります。



そんな中、異彩を放っているのが、この「鑑賞力」をあげる!知っておきたい画材の基礎知識です。

この講座の話者は、画材メーカーに勤めるその道のエキスパートたちです。画材の歴史から、簡単な科学的特性などによる表現や効果の違いをレクチャーしてもらえます。

美大でも、このような画材に関するまとまった講座は例をみないそうです。


「鑑賞力」をあげる!知っておきたい画材の基礎知識

確かに、画家や展覧会など美術史的なアプローチの講座や、鑑賞法のイロハを教えてくれるレクチャーが主で、絵具やキャンバスといった画材からのお話は自分も伺ったことがありません。
画材の歴史や特徴を知り、実際に自分で触ってみる機会を持つことは、今までとは違った新しい視点や気づきを得られ、絵画鑑賞の楽しさをさらに広げることに繋がります。
この講座ではさらに実践編として実際に画材に触れ、画材それぞれの違いを体感できるそうです。

【カリキュラム】
第1回 2/17(土)紙の種類と水彩絵の具

作品が描かれる紙、そして水彩絵の具の歴史や性質、紙に絵の具をのせたときの感触等をレクチャーと実践で学びます。

講師:株式会社ミューズ 企画部 企画室 八尾孝治氏、株式会社クサカベ 技術開発部 岩友敬氏

第2回 3/17(土)アクリル絵の具

アクリル絵の具の歴史、種類や性質、生活などでの応用を学び、実際にアクリル絵の具を使って簡単な実践をいたします。

講師:ターナー色彩株式会社 東京支店 画材課 亀井篤氏

第3回 3/31(土)油絵の具とキャンバス

油絵の具の歴史や種類、性質や、油絵の具の作り方、キャンバス上での油絵の具の感触などをレクチャーと実践で学びます。

講師:株式会社クサカベ 技術開発部 岩友敬氏



詳細及び申込は下記のサイトから。

「鑑賞力」をあげる!知っておきたい画材の基礎知識
【こんな人におススメ】
・絵は描かないけれど、見るのは好き
・話題の展覧会にはよく行く
・画材を実際に触ってみたい
・文房具などが好きで画材屋によく足を運ぶ
・絵画作品の歴史と画材の発展の関係にも関心がある
・画材そのものをもっと知りたい


新装版 日本画画材と技法の秘伝集: 狩野派絵師から現代画家までに学ぶ

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5006

JUGEMテーマ:アート・デザイン



| その他 | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
あのアーティストや漫画家も参加!大津市の魅力をアートで表現「Otsu Festival」
キャプテン翼の高橋陽一、ポンニミット、浅田政志等が大津市の魅力をアートで表現「Otsu Festival」が公開となりました。


http://www.otsu.or.jp/otsu_festival/

「Otsu Festival」は、ArtとTripが融合したプロジェクトです。

キャプテン翼の高橋陽一氏、イラストレーター ポンニミット氏や、浅田家で知られる写真家 浅田政志氏などが、実際に大津を旅し、「大津」をアート作品として表現。各作品をWebサイトやアートブック、動画として発信します。


高橋陽一 「ビワイチ」(琵琶湖一周をこう呼ぶそうです。)


ウィスット・ポンニミット「びわ湖テラス」(びわ湖が一望できる名所)

この2点の画像を見て、大津には日本一大きな湖、琵琶湖があるのね…とようやく気付いた人、心の中でこっそり挙手願います。

ここで、簡単に大津市についてお勉強を。

大津市とは
滋賀県南西端に位置する市で、同県の県庁所在地。
京都から電車で9分で行ける便利なロケーションだが、目的地からは忘れられがち。
競技かるたの聖地で映画「ちはやふる」のロケ地としても知られる「近江神宮」や、びわ湖全景を一望できる「びわ湖バレイ/びわ湖テラス」、紫式部が源氏物語の構想を得たことでも有名な「石山寺」など名所がたくさん。



「ミシガン」(びわ湖のシンボル的な存在だそうです。)TDLでも目にしたことあるような…

近年ではこちらの方が有名かもしれません。


浅田政志「近江神宮」(競技かるたの聖地で「ちはやふる」のロケ地 )


ちはやふる-上の句-

どことなく遠いイメージやどこにある街だかわからない大津市かもしれませんが、JR琵琶湖線新快速で京都からたった9分で大津まで着いてしまいます。

一度、大津にホテルをとり比叡山からの京都見物をしたことがあります。ロケーション的にもほんと便利な場所なのです。


比叡山延暦寺

大津市の魅力をアートで表現「Otsu Festival」には、写真家・浅田政志、写真家&冒険家・石川直樹、イラストレーター・ウィスット・ポンニミット、フロラン・シャヴエ、漫画家・高橋陽一、振付稼業・air:manなどが参加。

今流行りのアートイベントではなく、web上で展開していくのが逆に新鮮ですよね。

こちらの動画もよく出来ています!


Otsu 9 Danc
コンセプトは、 ” 9 minutes from Kyoto”。
可愛いダンサー達が大津の魅力的な観光各所をバックに、味のあるダンスを披露!
振付稼業:airman が振付を担当。各アーティストが制作した個性豊かなアートもコラージュした動画作品。


そして最後に嬉しいプレゼントが!

アートブックを先着100名様に漏れなくプレゼント!豪華アーティストらが制作したこのアートブックを先着でプレゼント差し上げます。



【応募要項】
ご希望の方は、以下のメールアドレス宛に
ご本人の氏名、住所、電話番号、メールアドレスおよび、「ARTRIP希望」と記入の上、メールをお送りください。
応募用メールアドレス: otsu1604@city.otsu.lg.jp
応募期締め切り日:2018年2月28日(水)

【注意事項】
(1)国内在住の方、お1人様1冊だけご応募が可能です。
(2)当選されたアートブック「ARTRIP」に関して、第三者に譲渡・転売することを固く禁じます。譲渡・転売目的での応募はご遠慮ください。

ポンニミット、浅田政志など、有名アーティストが独自の視点で大津市を表現した「Otsu Festival」。エビ中や、OK Goも手掛ける振付師air:manも参加しています。

まずは公式サイトをチェックしてみて下さい。

http://www.otsu.or.jp/otsu_festival/

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5004

JUGEMテーマ:アート・デザイン



| その他 | 22:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 素敵な時間を楽しむ』(世界文化社)好評発売中です。


青い日記帳(編集)『美術展の手帖』小学館より発売中です。


青い日記帳「出前ブログ」


gooいまトピ連載中

朝日マリオン・コム「ぶらり、ミュージアム」

びゅうたび連載中


山下裕二&井浦新トークショー


青い日記帳コラボグッズ

「展覧会に出かける前に準備しておきたい5つのこと。」

「展覧会を何十倍も楽しむために心がけたい5つの秘訣。」

フェルメールへの招待
國學院大學文学部教授の小池寿子先生監修。不肖私(Tak)が編集と一部執筆しました。詳細はこちら

【展覧会レビュー】
「国宝 雪松図と花鳥 美術館でバードウォッチング」
「上原コレクション名品選」
「セーヴル、創造の300年」
「パリ・グラフィック」
かみさんが選ぶ「2017年 展覧会ベスト10」
プロが選ぶ「2017年 ベスト展覧会」
読んでおきたい10冊のアート関連本

パリ行って来ました
オランダ行って来ました
 

BLUE HEAVEN(本館)

『文藝春秋』に寄稿しました。

『AERA』に載りました。

「マウリッツハイス美術館展公式ガイドブック」編集・一部執筆しました

「ザ・シネマ」に寄稿しました。

トークショーに出演しました

日経に掲載されました

朝日新聞に掲載されました

再び日経に掲載されました

「美連協ニュース」寄稿

『アートコレクター』で紹介されました

Yahoo!カテゴリ絵画に登録されました

+ CATEGORIES
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
moon phases
 
   
+RECOMMEND
  
ロマネスク美術革命 (新潮選書)
ロマネスク美術革命 (新潮選書) (JUGEMレビュー »)
金沢 百枝
11~12世紀のロマネスクこそは、ヨーロッパ美術を大きく塗りかえる「革命」だった。宮廷文化から民衆文化への流れのなかで、知識より感情を、写実よりかたちの自由を優先する新たな表現が、各地でいっせいに花ひらく。古代ギリシア・ローマやルネサンスだけがスタンダードではない。モダン・アートにも通じる美の多様性を、豊富な図版を例に解きあかす。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
若冲の描いた生き物たち
若冲の描いた生き物たち (JUGEMレビュー »)
小林 忠,小宮 輝之,湯浅 浩史,佐々木 猛智,本村 浩之,秋篠宮 文仁
若冲と学研がコラボした画期的な若冲本!レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
叢 小田康平の多肉植物
叢 小田康平の多肉植物 (JUGEMレビュー »)
小田 康平
「人の間にあるサボテン−自由な美しさ、見たことのないトーン。自然と人との関わり、その不思議を小田康平さんは知っている。とても豊かだ」レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ)
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ) (JUGEMレビュー »)
岡田 裕子,阿部 謙一,松下 学
現代美術家岡田裕子が主宰、会田誠顧問による謎の人形劇団「劇団★死期」の伝説の公演を小説化。アートの知識を楽しく学べる児童文学。

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
名画のネコはなんでも知っている
名画のネコはなんでも知っている (JUGEMレビュー »)
井出 洋一郎
ゴッホ、ミレー、ゴーギャン、ゴヤ、ルノワール、歌麿、北斎、国芳などの天才画家たちの思想を、まさかのネコ目線でひも解く、新感覚な名画解説書。
+RECOMMEND
  
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ) (JUGEMレビュー »)
オノユウリ
アートに囲まれて働く美術館学芸員。優雅な職業のイメージだけど、実際は日々、ドタバタの連続なのです!? 展覧会の舞台裏から、学芸員のお仕事のリアルまで。美術館の知られざる一面を描くコミックエッセイ!
+RECOMMEND
  
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556)
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556) (JUGEMレビュー »)
山本 聡美
腐敗し白骨化してゆく亡骸の様子を克明に描く「九相図」。仏教とともに伝来し、日本に深く根を下ろしたこの図像には、生と死、そして肉体の無常をめぐるいかなる想いが秘められているのか。豊富な図版とともに探る。
+RECOMMEND
  
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル)
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル) (JUGEMレビュー »)
谷口 ジロー
ルーヴル美術館とビッグコミックオリジナルの共同企画。オールカラー豪華版。
+RECOMMEND
  
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス)
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス) (JUGEMレビュー »)
黒田 いずま
美術館で働く学芸員の近江さん。個性豊かなメンツが解説、展示、監視などの仕事を通して、日々様々な工夫をしながら楽しく来館者をお出迎えする日常をユーモラスかつ鋭いツッコミで描いた作品。
+RECOMMEND
  
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡 (JUGEMレビュー »)

普段は単眼鏡で済ませていますが、どうしても隅々まで観たい作品の場合はこの双眼鏡を使ってます。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書)
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書) (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
美術史の実践方法が最後にまとめられています!世界が変わる、名画の見方。前作「西洋美術史入門」からさらに一歩奥へ。池上英洋 著

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection)
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection) (JUGEMレビュー »)
川端 康雄,加藤 明子
夏目漱石をイチコロにしたウォーターハウスの文学性と蠱惑的な魅力を余すところなく紹介!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福 (JUGEMレビュー »)
池永康晟
日本画の異才“池永康晟”がベールを脱ぐ!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
すゞしろ日記 弐
すゞしろ日記 弐 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
画家・山口晃のエッセー漫画第2弾。

面白きことも無き世を、面白く!

画家・山口晃の“どーでもいいけど楽しげなこと”満載
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
OLYMPUS ダハプリズム防水単眼鏡 ギャラリースコープ Monocular I 6×16
OLYMPUS ダハプリズム防水単眼鏡 ギャラリースコープ Monocular I 6×16 (JUGEMレビュー »)

観劇・美術鑑賞・セミナーなどの知的シーンや、コンサート会場・ファッションショーなどで大活躍!
軽いのでいつも持ち歩いています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫)
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
宮下規久朗
宮下規久朗先生の最新刊!絵画に描かれた代表的な「モチーフ」を手掛かりに美術を読み解く、画期的な名画鑑賞の入門書。カラー図版150点を収録した文庫オリジナル。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工 (JUGEMレビュー »)

「これ一冊で日本美術を鑑賞する際の知識が全て揃う」
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
アイテムで読み解く西洋名画
アイテムで読み解く西洋名画 (JUGEMレビュー »)
佐藤 晃子
西洋絵画を鑑賞する際に必要となる宗教画,神話画の50のアトリビュートを紹介。ありそうで無かった絵画ファン待望の一冊。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術鑑賞手帳
美術鑑賞手帳 (JUGEMレビュー »)

美術鑑賞の楽しみをさらに広げるこれまでになかった手帳です。ミニガイドと書き込み式の鑑賞の記録ページが一緒に。

自分もお手伝いさせて頂きました。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
画家の食卓
画家の食卓 (JUGEMレビュー »)
林 綾野
画家たちが楽しんだ26のレシピを再現。クレー、フェルメール、セガンティーニ、メムリンクの暮らしと創作現場を巡る旅。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い (JUGEMレビュー »)
サンディ ネアン
とかく扇情的に扱われる美術品盗難。だが実際は、麻薬や犯罪に絡む危険な裏社会と結びつく場合が多い。事件に巻き込まれた学芸員の立場からその実態を訴え、問題点を考察する一書。 レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
江戸の献立 (とんぼの本)
江戸の献立 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
福田 浩,松井 今朝子,松下 幸子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻))
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻)) (JUGEMレビュー »)
長岡 龍作
法隆寺金堂内陣は、普段は大変暗い上に太い円柱に加え、金網が廻らされており、その詳細はなかなか見ることができません。今までに撮影された写真も鮮明さということでは満足のゆくものではありませんでした。今回は最新の撮影技術により、南面(正面)のみならず、北面(背面)からも撮影。その結果、全く見たことがない写真を目の当たりにすることになりました。仏像の質感と量感、豊かな色彩に感嘆し、感動をおぼえる一冊となっています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
山口晃 大画面作品集
山口晃 大画面作品集 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
8年ぶり、待望の最新作品集。11月26日発売!予約しないと!!

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本)
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
山本 勉,ヤノベ ケンジ,橋本 麻里,みうら じゅん
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
知識ゼロからのキリスト教絵画入門
知識ゼロからのキリスト教絵画入門 (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
池上英洋先生が易しく紐解く『聖書』の世界。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
芸術家の家: 作品の生まれる場所
芸術家の家: 作品の生まれる場所 (JUGEMレビュー »)
ジェラール=ジョルジュ ルメール,ジャン=クロード アミエル
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
フェルメールへの招待
フェルメールへの招待 (JUGEMレビュー »)

不肖・私がフェルメール30作品の解説執筆と全体の編集に携わった一冊です。オールカラーB5版。96ページから成る、これまでにないフェルメールパーフェクトガイドです。主に「フェルメール初心者」に向け丁寧に噛み砕いた表現で綴られているので、美術の専門用語を知らずともフェルメール作品について一通りの知識を得ることが出来ます。

お手に取って頂ければ幸甚です。よろしくお願い致します。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件 (JUGEMレビュー »)
レニー ソールズベリー,アリー スジョ
来歴さえあれば、たとえ贋作でも「ほんもの」になる。詐欺師は驚くべき方法で美術史を捏造した。美術界を震憾させた事件を追うドキュメンタリー。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース)
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース) (JUGEMレビュー »)
林 綾野
林綾野さんの待望のフェルメール本!レビュー&インタビュー→こちら
+RECOMMEND
  
ヴァチカン物語 (とんぼの本)
ヴァチカン物語 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
塩野 七生,藤崎 衛,石鍋 真澄
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
野兎の眼
野兎の眼 (JUGEMレビュー »)
松本 典子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105 (JUGEMレビュー »)

掌に収まる単眼鏡は、必要なときにサッとポケットなどから取り出して使える便利な、美術館・博物館必須アイテム。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術のことば案内
日本美術のことば案内 (JUGEMレビュー »)
日高 薫
レビュー→こちら
日本美術鑑賞の際に、よく出てくる言葉を満載。絵画、彫刻、工芸品などの具体的な写真をふんだんに使い紹介
+RECOMMEND
  
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS

 1/152PAGES >>

このページの先頭へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...