青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

8月25日:和田彩花さんと高橋明也館長のトークショーまだ間に合います!

8月25日(火)20:00〜21:15にオンラインで開催される開館10周年記念「プレイバック三菱一号館美術館」


https://mimt10th.peatix.com/

和田彩花さんと、高橋明也館長が三菱一号館美術館の10年を振りかえりつつ、アート談義で盛り上がる75分。

元々は、開館記念日である4月6日(月)に丸ビルで開催される予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で中止に。

しかし、諦めてはいませんでした。捲土重来虎視眈々とうかがい、オンラインという形で復活することに。


和田彩花さん

丸ビルまでは来られず諦めていた方も、オンラインなら自宅やカフェからでも参加視聴可能。すでに100名以上の参加者があります。

https://mimt10th.peatix.com/

どうぞ奮ってご参加下さい。自分も久々のトークショーなのでめちゃめちゃ楽しみにしています。

開始後20:30まで受付ているので、当日滑り込み参加も可能です。お待ちしております。

【イベント概要】
開催日時:8月25日(火)20:00〜21:15
出演者:和田彩花(アイドル)、高橋明也(三菱一号館美術館 館長)
モデレーター:Tak(アートブログ「青い日記帳」主宰)
参加費:1,000円(税込)
定員なし

視聴方法:申し込み後に登録されたメールアドレスへ、視聴についてのご案内をお送りします。ZOOMでの視聴が可能なメールアドレスをご登録ください。




都内某所から生配信でお二人のトークをお伝えします。

どうぞお楽しみに!!

三菱一号館美術館では現在「こども展」を会期を延長して開催しています。


「開館10周年記念 画家が見たこども展−ゴッホ、ボナール、ヴュイヤール、ドニ、ヴァロットン」

会期:開催中〜9月22日(火・祝)※会期再延長
休館日:月曜休館(但し、祝日・振替休日、6月29日、7月27日、8月31日は開館)
https://mimt.jp/

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5963

JUGEMテーマ:アート・デザイン



お知らせ | permalink | comments(0) | -

テレビ朝日logirl「footprints」に寄稿しました。

テレ朝動画のガールズコンテンツ見放題サービスlogirl(ロガール)内のテキストコンテンツ「footprints」に寄稿しました。


https://www.tv-asahi.co.jp/museedumomoclo/

昨年(2019年)に出演した「Musee du ももクロ(ミュゼ・ドゥ・モモクロ)」」の裏話的な内容です。

ももいろクローバーZのメンバーがアートについて掘り下げるテレ朝動画で配信中の番組「Musee du ももクロ(ミュゼ・ドゥ・モモクロ)〜アートの学びをデザインする〜」に出演しました。

ももクロの佐々木彩夏さん、モデルの高橋ユウさん、テレビ朝日アナウンサー(※当時)池谷麻依さんと私Takの4人でロケバスに乗り3つの美術館を訪れロケを行いました。


https://www.tv-asahi.co.jp/museedumomoclo/

動画は「Musee du ももクロ(ミュゼ・ドゥ・モモクロ)」」のバックナンバーにありますので、まだご覧になられていない方は是非!

#48(2019/8/22配信)
#49(2019/8/29配信)
#50(2019/9/5配信)
#51(2019/9/12配信)


今回寄稿したfootprints」の文章はこちらからどうぞ。

あーりんことももクロの佐々木彩夏さん、モデルで女優の高橋ユウさん(ご出産おめでとうございます!)、そして池谷麻依さん

コロナ禍の今からすれば、なんて幸せな時間だったのでしょう。

またロケにご一緒できること願いつつ、アマビエにコロナ収束の祈りを。

footprints『Musée du ももクロ』

それにしても、あーりんの美術を観る眼は素晴らしかったです。

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5848

JUGEMテーマ:アート・デザイン



お知らせ | permalink | comments(0) | -

新型コロナに負けるな!「MuseumWeek 2020」

毎年Twitterで行われている「MuseumWeek」(ミュージアムウィーク)

1週間(7日間)に毎日ひとつ「お題」が出され、それに関するツイートを世界中で募るどなたでも参加可能な人気イベントです。


MuseumWeek 2020

今年は5月11日から17日まで開催が決定しました。

世界中の美術館、博物館が閉館を余儀なくされている今、今年は無理かな〜と諦めかけていたろころ、重要なお知らせとしてメールが届きました。

取りやめにするのではなく、ハッシュタグを今の現状に合わせ変更し新型コロナウイルスに芸術の力でうち勝とう!逆にやるく満々で安心すると共に心強さを感じました。

下を向いているだけでは現状を打開できませんからね。
MuseumWeek 2020 and the Covid19 crisis
In today’s environment it is paramount that we remain united while physically distancing. Together, the international cultural community can bring happiness and unity when we need it most. As an unprecedented health crisis strikes the whole of humanity, many of you have asked us if MuseumWeek 2020 will still take place. After much deliberation, we have decided to amend the focus of the hashtags to incorporate the reality of our global situation. We believe that now, more than ever, it is important for us to feel globally connected.


ハッシュタグの変更は、病気を治療するための緊急時や医療機関で精力的に働いて最前線でみんなのことを考え、およびその他の必要不可欠なサービスを提供している人たちの支えともなるように考えられています。

COVID-19と戦うすべての人に感謝と激励のメッセージを私たちから発信して行きましょう。

必ずや私たちは共に自分たちの社会が回復することができると信じています。


MuseumWeek 2020's hashtags

新型コロナに負けるな!「MuseumWeek 2020」新しいハッシュタグは以下の7つです。

まだ一ヶ月以上あります。時間をたっぷり使い、ツイートを考えておきましょう。

思わず見た人を笑わせるものも良いでしょう。笑顔ほどの良薬はありませんからね。

Monday, May 11(5月11日 月曜)
#HeroesMW


最前線でCOVID-19と戦うすべての人々を称えるために捧げられた一日です。

A day devoted to honor all the people on the front lines performing essential jobs to help the fight gainst COVID-19. Definitely a good day to explore the concept of heroes in arts and culture.

Tuesday, May 12(5月12日 火曜)
#CultureInQuarantineMW


ゲッティ美術館のツイートを受けの「お家で名画」。

Invite your audiences to re-create cultural works with objects and people from their homes! Inspired by the initiative of the Getty Museum

Wednesday, May 13(5月13日 水曜)
#TogetherMW


MuseumWeek 2020年のための包括的なテーマである「一体」

This is the flagship theme of this year, a tribute to collectivity, community and joint efforts. "Alone faster, together further!"

Thursday, May 14(5月14日 木曜)
#MuseumMomentsMW


ミュージアムを訪れた思い出を共有する一日です。

Encourage visitors to share their memories about their visits! It’s also the perfect opportunity to recall the best moments of your institution!

Friday, May 15(5月15日 金曜)
#ClimateMW


私たちの時代を代表するテーマである「気候危機」を認識する一日です。

This is one of the flagship subjects of our time. Make your audiences aware of the climate crisis by exploring all aspects of this theme that concerns us all.

Saturday, May 16(5月16日 土曜)
#TechnologyMW


美術館、博物館が取り入れているテクノロジー及びオンラインストアを紹介する一日です。

Technology is a way to create bonds between people! Share how your museum is using technology to stay connected. You could even promote your online store if it is stll open!

Sunday, May 17(5月17日 日曜)
#DreamsMW


最終日は「夢」です。明日の世界を構築するには夢が必要です。この豊かなテーマをオーディエンスと一緒に探求し、より良い世界を夢見ましょう。

The most beautiful projects start with dreams! Building tomorrow’s world will require dreams, so explore this rich theme with your audiences, invite them to dream of a better world!



ミュージアムウィークのハッシュタグに沿って、あなたのソーシャルメディアに投稿するだけです。皆さんでできるだけ多くのコンテンツを投稿しましょう。

今こそ、文化の力でコロナに打ち勝ちましょう!

MᴜsᴇᴜᴍWᴇᴇᴋ Twitter


Twitter:https://twitter.com/taktwi
Facebook:https://www.facebook.com/bluediary2/
Instagram:https://www.instagram.com/taktwi/
mail:taktwi(アットマーク)gmail.com

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5824

JUGEMテーマ:アート・デザイン



続きを読む >>
お知らせ | permalink | comments(0) | -

ラジオ版課外授業プログラム「学問ノススメ」に出演します。

ラジオ版課外授業プログラム「学問ノススメ」に出演します。


https://park.gsj.mobi/program/show/24652

「学問ノススメ」は、学校では教えてくれない、または教わったけれど忘れてしまったことを、学校の授業よりも楽しく聞いて学べるというコンセプトで放送されている朝の人気番組です。

全国32のFM局でネットされ、気軽に楽しく教養を身につけることができる金曜朝の人気FMラジオ番組で、普段の美術鑑賞の様子や新著『失われたアートの謎を解く』(ちくま新書)について肩の力を抜いて語っています。



DJの蒲田健さんが、とにかく素晴らしい声なのでそちらも是非楽しみにして下さい。
蒲田健 (@gamadaken) | Twitter

「FUTURESラジオ版 学問ノススメ」放送配信スケジュール

放送日時:2019年11月8日金曜日、AM5:30〜6:00


配信日時:2019年11月8日金曜日、AM7:00頃
       
ネット局:FM青森、FM岩手、FM秋田、FM山形、FM仙台、FM福島、FM群馬、FM栃木、TOKYO FM、K-MIX(静岡)、FM長野、FM新潟、FM富山、FM石川、FM福井、FM岐阜、FM三重、FM滋賀、KISS-FM(兵庫)、FM岡山、FM山陰、広島FM、FM山口、FM香川、FM徳島、FM高知、FM佐賀、FM長崎、FM熊本、FM大分、FM宮崎、FM鹿児島、FM沖縄、
以上32局で放送予定 



※docomoの 「ドコデモFM」
※auの「LISMO WAVE」でも聴取可能。
※アプリWIZ RADIO
http://mail.omc9.com/l/02DVj2/HVbOOOS2/)にて日本全国放送エリア外でも聴取可能です。

(放送ではお届けしきれなかった部分 を含むノーカット版はnoteにて 以下の通り有料配信)
http://mail.omc9.com/l/02DVj2/DAW6KqiO/


『失われたアートの謎を解く』 (ちくま新書)



Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5663

JUGEMテーマ:アート・デザイン



お知らせ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

映画「永遠の門 ゴッホの見た未来」特別試写会のお知らせ。

2019年11月8日(金)より、新宿ピカデリー他 全国順次ロードショーとなる話題の映画「永遠の門 ゴッホの見た未来」


映画「永遠の門 ゴッホの見た未来」

公開まで待てない!!との多くの方の声にお応えし、配給元のGAGAさんが、特別試写会を行って下さることになりまいた(拍手)。



ゴッホが見ていた景色とは何か? ジュリアン・シュナーベル監督作品、映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』が11月公開

美術手帖特別試写会プレゼント
日時:10月31日 18:00開場/18:30開映 
※上映後、Takによるトークショーつき
場所:GAGA試写室(東京都港区南青山2-22-18)
定員:25組50名様
応募:https://www.gaga.co.jp/campaigns/index/270
応募締切:10月24日24:00(当選された方に25日にメールにてご連絡)



【ゴッホ殺人事件】ゴッホの死因は自殺ではなかった!

日本のみならず、世界中で圧倒的な知名度と人気を誇る画家、フィンセント・ヴィレム・ファン・ゴッホ(Vincent Willem van Gogh、1853年3月30日 - 1890年7月29日)。

生前精力的に描いた油彩画は全く売れず、弟テオからの仕送りだけを頼りに生活をしていたことや、街の人から邪見にされていたことは知られていますが、実際の映像で観ると、単に「可哀そう」とは思えなくなります。

それはこちらの予告編を数分見ただけでも分かるはずです。


【公式】『永遠の門 ゴッホの見た未来』11.8公開/本予告

アルルで共に絵画制作に励むゴッホとゴーギャン。しかし、個性の超強い二人の画家が共に絵画制作に取り組めるはずもなく、すぐさま度重なる意見や絵画論の違いからゴーギャンはアルルを去りパリへ戻ってしまいます。

元々精神薄弱だったゴッホは、自分の左耳を切り落としゴーギャンに「手土産」として渡そうとしますが、当然上手くいきません。切りたての耳を快く受け取る友人がもしいたとしたらそちらの方が問題ありですが…


ゴッホとゴーギャン

小さな田舎町アルルにもうゴッホの居場所はありませんでした。変人奇人扱いを受け、益々精神的に追い詰められていきます。芸術家のユートピアを目指したその地を去らねばならなくなります。



憧れの地アルルを足蹴にされるように離れ、南仏のサン=レミにある精神病院に治療のために入院させられ治療にあたります。

その後、パリから30キロほど離れたオーヴェル=シュル=オワーズが、ゴッホの終焉の地となります。ポール・ガシェ医師の治療を受けながら、農村で絵画制作に明け暮れました。



7月27日の日曜日。普段とおなじように絵具とキャンバスを携え、野外にスケッチに出かけたゴッホですが、夕方町に戻ってきた時には何も持たず、ふらふらとした足取りだったそうです。

町の人たちは売れない画家が昼間から飲んだくれて…と冷たい視線を送っていたのでしょう。ゴッホの異変に気が付く人は誰もいませんでした。



医師ガシェも手の施しようがなく、数日後ゴッホはこの世を去ります。

自殺とこれまでされてきたゴッホの死因ですが、近年の研究で他殺だったという説が急浮上し俄然注目を集めています。

この映画もその最新の説を取り入れています。果たしてゴッホを死に追いやったのは誰なのでしょうか。映画を観てのお楽しみです。

美術手帖特別試写会プレゼント
日時:10月31日 18:00開場/18:30開映 
※上映後、Takによるトークショーつき
場所:GAGA試写室(東京都港区南青山2-22-18)
定員:25組50名様
応募:https://www.gaga.co.jp/campaigns/index/270
応募締切:10月24日24:00(当選された方に25日にメールにてご連絡)


どうぞ、奮ってご応募下さいませ!

本年度アカデミー賞主演男優賞(ウィレム・デフォー)ノミネート!
第75回ヴェネチア国際映画祭男優賞(ウィレム・デフォー)受賞!


映画「永遠の門 ゴッホの見た未来」

【STORY】
幼いころから精神に病を抱え、まともな人間関係が築けず、常に孤独だったフィンセント・ファン・ゴッホ。才能を認め合ったゴーギャンとの共同生活も、ゴッホの衝撃的な事件で幕を閉じることに。あまりに偉大な名画を残した天才は、その人生に何をみていたのか――。

監督:ジュリアン・シュナーベル『潜水服は蝶の夢を見る』
出演:
ウィレム・デフォー『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』
オスカー・アイザック『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』
マッツ・ミケルセン『偽りなき者』
マチュー・アマルリック『グランド・ブダペスト・ホテル』
配給:ギャガ、松竹

© Walk Home Productions LLC 2018


『殺されたゴッホ』 (小学館文庫)
著/マリアンヌ・ジェグレ 訳/臼井美子 訳/橘 明美

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5639

JUGEMテーマ:アート・デザイン



お知らせ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)