弐代目・青い日記帳 

  
TB&リンク大歓迎です!
『切手で仏像』
講談社より刊行となった『ARTBOX 切手で仏像』を読んでみました。


切手で仏像
山本勉(著)

メールやSNSでやり取りすることが主流となった今、手紙を書いて切手を貼りポストに投函といった一連の動作はとても畏まったことのように感じてしまいます。

しかし、逆に手紙でしか出来ないことが明白になってきたとも言えます。

大事なこと、感謝の気持ち、お祝いを伝えるなどなどここぞという時にこそ手紙は、効力を発揮してくれます。「電子」花盛りの今だからこそ手紙の持つ力にあらためて目が向けられているのです。



さて、心を込めて手紙をしたため、お気に入りの封筒に入れ封をしたら最後の仕上げとして切手を選びます。

「貼る」よりも前に「選ぶ」のが切手です。

例えばこれは以前、実際に自分宛てに届いた手紙に貼られていた切手です。



自分がアート好きということをご存知の方が、わざわざ選んでこうした切手を貼ってくれたのです。

勿論、どんな切手でも手元には届きますが、こんな切手で受け取る手紙には数値化できない嬉しさがあります。

便箋と書き易いペンを選びしたため始め、書き終えるまでに四苦八苦・悪戦苦闘の連続です。封筒に正しく相手先の住所を記入し、封をして切手を貼る。

最低限の仕事量でもこれだけ手間がかかるのです。もうこれだけでも、相手に十分気持ちは伝わっています。そして更に出来る人は切手までも選ぶのです。相手が喜ぶであろう絵柄のものを。


Google画像検索結果

さて、今回手に入れた『切手で仏像』は郵便切手のモチーフとなった仏像から、仏像の世界を読み解くこれまでありそうで無かった一冊です。

しかもです、著者があの山本勉先生なのです!仏像と言えば山本先生。山本先生と言えば仏像。

山本 勉
1953年神奈川県生まれ。清泉女子大学教授。東京芸術大学大学院博士後期課程中退。東京国立博物館彫刻室長、同教育普及室長などを経て現職。東京国立博物館名誉館員。著書に『日本彫刻史基礎資料集成 鎌倉時代造像銘記篇』(共編著・中央公論美術出版)、『仏像のひみつ』『続 仏像のひみつ』(以上、朝日出版社)、『日本仏像史講義』(平凡社新書)、『運慶大全』(監修・小学館)などがある。


山本勉先生講演会「運慶のまなざし−全作品47体と眼の表現」


切手で仏像

これまで切手のモチーフとなった仏像を、如来、菩薩、明王、天に分類しそれぞれひとつずつ丁寧且つマニアックに解説しています。

下手な仏像の本よりも何十倍も詳しくためになります。

山本先生の凄いところは、初心者から上級者まで幅広い層の読者を前提にした文を書けてしまうことです。


切手で仏像

それにしても、これまで切手となった仏像は何体あるのでしょう。この本を読んで知ったのですが過去に発売になった仏像切手もリニューアルされていたりするのですね。

記念切手(特殊切手)だけでなく、通常の切手や中々お目にかかれないレアなものまで全35体が網羅されています。

以前に比べて切手も入手しやすくなっているようです。プレミア度が下がってきているのか切手蒐集マニアが減ったのか定かではありませんが、素人にとっては嬉しいことです。


切手で仏像

そうそう、もうひとつ『切手で仏像』で注目すべきは、「切手の博物館」学芸員の田辺龍太氏がコラムを担当されている点です。

切手にまつわる蘊蓄超満載!愛が感じられます。こういうの読むと集めたくなってしまうのですよね…



手間暇かけることなく、思い立ったらすぐに相手に自分の気持ちや要件を伝えられる便利なツールが主流の世の中にあって、手紙は何とものろ間で時代遅れの感じがします。

他者とのコミュニケーションには「面倒な手続き」が本来必要です。

思いついてすぐ相手に連絡が出来てしまうという利便性の高いツールの登場によりその「面倒な手続き」を踏まずとも相手に自分の気持ちや要件を伝えられるようになりました。

しかし、物事には一長一短があるものです。即時性・利便性に優れている半面、コミュニケーションで最も大事な要素である、十分な思考と相手への思いやりが欠如しています。

手紙やはがきと言った、ある意味のろまで面倒な伝達手段が現在でも立派に生き残っているのには、こんな理由も僅かながらあるのかもしれません。

とても良いタイミングに良い内容で出た『切手で仏像』。色々な意味で必読です!


ARTBOX 切手で仏像
山本勉(著)

切手という極小の画面からのぞく「仏像のひみつ」

郵便切手のモチーフとなった仏像は、日本人から長く愛されてきた名品ばかり。
本書では、その仏像切手を題材にして仏像の歴史や特徴をやさしく解説する、ひと味違った仏像入門書です。

切手の薀蓄コラムは、「切手の博物館」学芸員・田辺龍太さんが担当。
懐かしの切手や珍しい切手を原寸と拡大図版で紹介しているので、切手ファンの方にもおすすめです。



横山大観ART BOX
佐藤 志乃 (著)

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5074

JUGEMテーマ:アート・デザイン



| 読書 | 23:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
『なぜか好かれる人の1日5分の新習慣』
日経BP社より刊行となったなぜか好かれる人の1日5分の新習慣』 (日経WOMAN別冊)


なぜか好かれる人の1日5分の新習慣』 (日経WOMAN別冊)

今月から新しい環境での生活をスタートさせた方も多いのではないでしょうか。また新入社員や後輩を迎え、気持ちを新たに奮起させていたりするはずです。

一年のうちで最も「やる気」の起こるこの時期。でも忙しさにかまけているとあっという間に月日は経ってしまいます。気が付けば半年、一年が過ぎていた…なんて経験を自分もしたことがあります。

昔から「一年の計は元旦にあり」と言われますが、仕事や新しい生活を始めるのに最も大切なのがこの4月です。

ところが、いざ何かをはじめようと周りを見渡しても、何から手をつけて良いのか分からないのも現状です。そんな時に助けてくれるのが、今回紹介するなぜか好かれる人の1日5分の新習慣です。


間違えると恥ずかしい敬語&日本語33

学生時代ならいざしらず、社会人となり正しく敬語も使えないようでは、お話になりません。間違いを指摘して直してくれる人がいればよいのですが…

月刊『日経WOMAN』に掲載された美味しいところだけを一冊にまとめたなぜか好かれる人の1日5分の新習慣には、心と身体、言葉遣い、美容、ファッションなどなど毎日に欠かせない情報が満載です。

直ぐ、明日から実践したいことばかりです。


体幹レッスンで姿勢が良くなった!お腹がぺたんこに!

さてさて、どうして青い日記帳でこちらの本を紹介しているのか、疑問に思われた方もいるはずです。

理由は簡単。「人生で大切なことを学べる、名著いっき読み」という章の「美術館に行くのが楽しくなるアート入門」で、自分がお勧めするアート関連本を6冊紹介しているのです。



西洋美術、日本美術それぞれ展覧会に行く前にこの本を読んでおけば、絶対に楽しめる超お勧め本をセレクトしました。正直6冊に絞るのはとてもしんどかったのですけどね。

さて、どんな本が掲載されているか楽しみにしながらなぜか好かれる人の1日5分の新習慣のページをめくって下さいね。

お値段のことを言うのは少し憚れるのですが、これだの情報量が詰まっていて1000円でお釣りが来ちゃうのはとても嬉しいことだと思います。

本当かどうか定かでないネット情報をあさるよりも、この一冊を手元に置いておく方が断然効率的です。新しい生活を支えてくれる良き相棒となるはずです。


なぜか好かれる人の1日5分の新習慣』 (日経WOMAN別冊)

魅力的な人が毎日やっていることは?

職場やプライベートで、なぜか好かれる女性たちは、
ちょっとした気配りや話し方のコツ、見た目を磨く努力を実践していました!

【話し方】【お仕事服】【美容】【教養】

ONでもOFFでも自分に自信がつくヒントがたっぷり詰まった1冊です。

◆5分で好感を持たれる 感じがいい人の気配り力
◆ON&OFFで自信がつく 信頼される&好かれるマナー
◆ムダなお金をかけずにおしゃれ 似合う服が分かる骨格診断
◆人間関係、恋愛、お金に強くなる 人生のスキルが上がる本


Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5070

JUGEMテーマ:アート・デザイン



| 読書 | 21:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
『日経おとなのOFF 5月号』にインタビュー記事が載りました。
本日(4月6日)発売の『日経おとなのOFF 2018年 5月号』にコメントが掲載されています。


日経おとなのOFF 2018年 5月号
日経BP社

今月号の特集は「私たちは100歳までどう生きられるか?」。大ベストセラーとなった『漫画 君たちはどう生きるか』的な表紙デザインが目を惹きます。



まず初めに「おとなのOFF世代は『漫画 君たちはどう生きるか』をどう読んだか?」と題し、40歳代から80歳代までの各世代の男女のコメントが紹介されています。

「人生をどう生きるかという哲学に多少とも触れることができた思いがする」との70代男性の言葉が最も深く心に刺さりました。やはり人生の「先輩」の言葉には重みがあるものです。

と、同時に同じ『漫画 君たちはどう生きるか』を読んでも、受け止め方の違う方もおり、これまた実に興味深いものがあります。本の醍醐味ともいえますね。

さて、『日経おとなのOFF 2018年 5月号』の特集の中に社会人講座に関するページがあります。



女性に比べ男性は会社一本やりとなりがちで、定年退職後何をしたら良いのか途方に暮れる方も少なくないそうです。そうならないためにも40代、50代から学び直しをすることが大事になってきます。

つまり、なるべく早い段階で「セカンドキャリア」を見つけておくことがこれからの高齢化時代を有意義なものとする必須条件となります。

「リタイア後にやりたい習い事」のランキングが出ており、「芸術系」が何と1位となっています。以下、2位が「園芸系」、3位が「音楽系」の順です。

どうりで、大勢の年長者の方々がここ数年、美術館・博物館へいらっしゃっているわけです。


特別展「名作誕生−つながる日本美術」
東京国立博物館(4月13日〜5月27日)

展覧会がもっと楽しくなる講座が多数!
国立博物館で学ぼう


こんな特集も今月号の『日経おとなのOFF』にあります。東京国立博物館、京都国立博物館、奈良国立博物館、九州国立博物館、国立科学博物館のこれから観られる展覧会と共に、トークショーや講演会などの情報が掲載されています。

こちらの解説に私もコメントを載せています。お手に取って頂ければ幸いです。

そうそう、今月号ではオープンしたばかりの中之島 香雪美術館の紹介も載っておりかなりアート充している内容となっています。


中之島 香雪美術館
http://www.kosetsu-museum.or.jp/nakanoshima/

詳しくはこちらの記事を参照して下さい。
お宝中のお宝が惜しげもなく…この春大阪に開館する「中之島香雪美術館」のココがすごい!


日経おとなのOFF 2018年 5月号
日経BP社

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5065

JUGEMテーマ:アート・デザイン



| 読書 | 21:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
『寺山修司 時をめぐる幻想』
東京美術より刊行となった『寺山修司 時をめぐる幻想』を読んでみました。


寺山修司 時をめぐる幻想
寺山 修司 (著)

寺山修司(てらやま しゅうじ、1935年(昭和10年)- 1983年(昭和58年))の名前すら知らない人が増えてきているのは、時代と言ってしまえばそれまでですが、とても寂しい気持ちにさせます。

平成の世も終わることが決まった今、二世代前の「昭和」という遠い時代に綺羅星の如く活躍した寺山修司について、あらためて見直しても良いのではないでしょうか。

47歳の若さでこの世を去ったとは思えないほど、実に膨大な作品を寺山は残しています。歌人、劇作家、詩人、俳人、映画監督、脚本家、作詞家、評論家とこれだけマルチに才能を発揮した人もいません。


寺山修司

作品数が多すぎてどこから寺山について手を出したらよいのか、分からないという方にこれまでは『ポケットに名言を』を薦めていました。

でも、今日からは『寺山修司 時をめぐる幻想』を紹介することに決めました。それには幾つかの理由があります。

まず一つ目として、寺山作品の真骨頂は散文調のエッセイにあるからです。

寺山修司 時をめぐる幻想』は時(「時計」)に関する掌編15編が収録されています。これはシチズン(CITIZEN)の広報誌「Citizen Sales News」にかつて連載した「時計」にまつわる幻想的な物語15編です。

1967年2月から1970年9月まで27回の連載は、「時計幻想館」(1〜9)、「時計の歴史」(1〜6)の計15編と、12編の「サラリーマン博物誌」から成り立っています。まさに至極のエッセイでありこれまで、一般の人の目に触れる機会がほとんどなかったものです。

筋金入りの寺山ファンにとっても、とても嬉しい一冊なのです。



二つ目の理由として、寺山の15編の時計にまつわる文章にそれぞれ、豪華アーティスト陣が挿画を描き下ろしている点があげられます。

北村麻衣子、山科理絵、小川香織、水野恵理、奥村彰一、北見隆、川口起美雄、塩月悠、田嶋香里、智内兄助、谷村友、伊豫田晃一、山本タカト、菅野まり子、浅野勝美、阿部千鶴。

50年前に書かれた寺山のテキストと現代アーティストの作品が時を超えて競演しているのです。

三つ目として、寺山の文章をあらためて読むと、古臭さを全く感じないばかりか、逆にとても瑞々しく新鮮なものとして感じられる点です。

まさにそれはタイトル通り「時をめぐる幻想」を体感しているような気分です。それに負けじと現代アーティストたちも挿絵を添えていますが、さぞかし大変だったのではないでしょうか。

下手な絵を描いたら完全に寺山のテキストに飲み込まれてしまいますからね。



その寺山と現代アーティストのせめぎ合いをも楽しめてしまうのですから『寺山修司 時をめぐる幻想』を薦めない訳にはいきません。

この本で初めて寺山の文に触れる方もいるかもしれません。それはとても刺激的な体験になるでしょう。そして往年の寺山ファンにとっても新たな知見が開けるはずです。

日本人だけがこんな素敵な本を愉しんでは罰が当たりそうです。すぐにでも多国語版を出し世界中の人に手に取ってもらいたい珠玉の一冊です。

入学や入社、新しい生活をスタートする人たちへのプレゼントとしてもとても喜ばれると思います。この本貰ったら嬉しいだろうな〜


寺山修司 時をめぐる幻想
寺山 修司 (著)

言葉の魔術師・寺山修司が30代に遺した、時計と時にまつわる珠玉の掌篇15篇に、豪華アーティスト陣が挿画を描き下ろした、異色のファンタジー画集愛蔵版!

【目次】
・はじめに
知られざる貴重な作品群との思いがけない邂逅によせて 青森大学社会学部教授 久慈きみ代
・I 時計幻想館
魔女時計       絵 北川麻衣子
花時計        絵 山科理絵
だまし時計      絵 小川香織
見えない時計     絵 水野恵理
少女の時計      絵 江奥村彰一
天文時計       絵 北見隆
天文時計 リフレイン 絵 川口起美雄
時計牢        絵 塩月悠
猫時計        絵 田嶋香里
蝶時計        絵 智内兄助
・甦る寺山さんの言葉 映像作家 萩原朔美
・II時計の歴史
日時計   絵 谷村友
方柱碑   絵 伊豫田晃一
火時計   絵 山本タカト
焔時計   絵 菅野まり子
振り子時計 絵 浅野勝美
小型時計  絵 阿部千鶴
・制作を終えて
・特別付録『セールスマン博物誌』

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5061

JUGEMテーマ:アート・デザイン



| 読書 | 22:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
『心に響く 印象派画家の言葉46』
青月社より刊行となった『心に響く 印象派画家の言葉46』を読んでみました。


心に響く 印象派画家の言葉46
Moderna Classica (著)

「奇跡の言葉」や「魔法の言葉」といったタイトルが付けられたライフハック的な名言集は世の中にあまるほどありますが、多くの苦悩や葛藤、試行錯誤や努力の積み重ねた画家の言葉ほど心に響くものはありません。

ましてや、アートファンならなおさらのことです。

これまでありそうでなかった印象派の画家たちのまさに珠玉の言葉を集めた一冊が『心に響く 印象派画家の言葉46』です。


つねに自分が支配者で、楽しまなければならない。嫌な仕事など、してはならない!」エドゥアール・マネ

見開きに画家が残した名言と、現代人に向けての解説&メッセージが添えられています。作家紹介もあるのも嬉しいですね。

我々の心に響く、印象派の巨匠たちの力強い言葉たちは、ページをめくるごとに我々に勇気を与えてくれます。


クロード・モネ「ジヴェルニーの積みわら、夕日」1888-89年
埼玉県立近代美術館蔵

印象派の巨匠たちの絵は、誰しもが思わずうっとりしてしまうほど美しく、先入観無しにその世界へ没入できますが、それを描いた陰には、画家の多くの苦悩や葛藤、試行錯誤や努力の積み重ねが隠れています。

心に響く 印象派画家の言葉46』では、単に画家の言葉を列挙しただけでなく、目的から逆引きできる構成になっています。

使い勝手がとても良く、実用的なのです。

【目次】
・原点に帰るための言葉
・心に火をともす言葉
・自信を取り戻すための言葉
・美を紡ぎだすための言葉
・現状を打破する言葉
・インスピレーションを得るための言葉
・勇気が湧いてくる言葉


ひとりでいい。大勢でなくていい。芸術家が望むべきことは、それだけじゃないのか!」カミーユ・ピサロ

どの言葉も世代を問わずに、強く心に作用してきますが、中でも自分の好きな画家の言葉はひと際強く刺さります。52頁のセザンヌの言葉などがそれに当たります。

『声に出して読みたい日本語』ではありませんが、声に出して自分の耳に言い聞かせるように読み進められます。何度も何度も。



四六変形判(17.2×12.7cm)なので、掌に抱え込みながら読めるサイズ感なのも嬉しいポイントです。

また画家たちの言葉とともに日本国内の美術館に所蔵されている印象派の名画を厳選し、フルカラーで紹介しています。

セザンヌ、モネ、ゴッホ、ルノワール…印象派の巨匠たちから、創作に悩むあなたへ贈るメッセージがぎゅっと詰まった良書です。

自分で読むのもよし!卒業・入学・入社へのプレゼントとしてもよし!こんな本を待っていた!的な一冊。よくぞ出してくれました。青月社さんGJです!!


心に響く 印象派画家の言葉46
Moderna Classica (著)

セザンヌ、モネ、ルノワール、ゴーギャン、ゴッホ……
日本でも人気の高い、印象派(後期印象派)の巨匠たち。

彼らが残した言葉から、現代の私たちが生きるうえでヒントになりうる珠玉の名言を厳選した、はじめての「印象派の名言集」です。

とくに、絵筆をとるなど、創作活動を行っている方にとっては、創造の苦しみをのりこえるための “特効薬" “ひとすじの光明" となることでしょう。


こちらの本も青月社さんが出しています。


皇居を飾った柴田是真の植物画 季節のぬりえ帖
青月社編集部 (編集)



Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5038

JUGEMテーマ:アート・デザイン



| 読書 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 素敵な時間を楽しむ』(世界文化社)好評発売中です。


青い日記帳(編集)『美術展の手帖』小学館より発売中です。


青い日記帳「出前ブログ」


gooいまトピ連載中

朝日マリオン・コム「ぶらり、ミュージアム」

びゅうたび連載中


山下裕二&井浦新トークショー


青い日記帳コラボグッズ

「展覧会に出かける前に準備しておきたい5つのこと。」

「展覧会を何十倍も楽しむために心がけたい5つの秘訣。」

フェルメールへの招待
國學院大學文学部教授の小池寿子先生監修。不肖私(Tak)が編集と一部執筆しました。詳細はこちら

【展覧会レビュー】
「国宝 雪松図と花鳥 美術館でバードウォッチング」
「上原コレクション名品選」
「セーヴル、創造の300年」
「パリ・グラフィック」
かみさんが選ぶ「2017年 展覧会ベスト10」
プロが選ぶ「2017年 ベスト展覧会」
読んでおきたい10冊のアート関連本

パリ行って来ました
オランダ行って来ました
 

BLUE HEAVEN(本館)

『文藝春秋』に寄稿しました。

『AERA』に載りました。

「マウリッツハイス美術館展公式ガイドブック」編集・一部執筆しました

「ザ・シネマ」に寄稿しました。

トークショーに出演しました

日経に掲載されました

朝日新聞に掲載されました

再び日経に掲載されました

「美連協ニュース」寄稿

『アートコレクター』で紹介されました

Yahoo!カテゴリ絵画に登録されました

+ CATEGORIES
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
moon phases
 
   
+RECOMMEND
  
ロマネスク美術革命 (新潮選書)
ロマネスク美術革命 (新潮選書) (JUGEMレビュー »)
金沢 百枝
11~12世紀のロマネスクこそは、ヨーロッパ美術を大きく塗りかえる「革命」だった。宮廷文化から民衆文化への流れのなかで、知識より感情を、写実よりかたちの自由を優先する新たな表現が、各地でいっせいに花ひらく。古代ギリシア・ローマやルネサンスだけがスタンダードではない。モダン・アートにも通じる美の多様性を、豊富な図版を例に解きあかす。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
若冲の描いた生き物たち
若冲の描いた生き物たち (JUGEMレビュー »)
小林 忠,小宮 輝之,湯浅 浩史,佐々木 猛智,本村 浩之,秋篠宮 文仁
若冲と学研がコラボした画期的な若冲本!レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
叢 小田康平の多肉植物
叢 小田康平の多肉植物 (JUGEMレビュー »)
小田 康平
「人の間にあるサボテン−自由な美しさ、見たことのないトーン。自然と人との関わり、その不思議を小田康平さんは知っている。とても豊かだ」レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ)
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ) (JUGEMレビュー »)
岡田 裕子,阿部 謙一,松下 学
現代美術家岡田裕子が主宰、会田誠顧問による謎の人形劇団「劇団★死期」の伝説の公演を小説化。アートの知識を楽しく学べる児童文学。

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
名画のネコはなんでも知っている
名画のネコはなんでも知っている (JUGEMレビュー »)
井出 洋一郎
ゴッホ、ミレー、ゴーギャン、ゴヤ、ルノワール、歌麿、北斎、国芳などの天才画家たちの思想を、まさかのネコ目線でひも解く、新感覚な名画解説書。
+RECOMMEND
  
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ) (JUGEMレビュー »)
オノユウリ
アートに囲まれて働く美術館学芸員。優雅な職業のイメージだけど、実際は日々、ドタバタの連続なのです!? 展覧会の舞台裏から、学芸員のお仕事のリアルまで。美術館の知られざる一面を描くコミックエッセイ!
+RECOMMEND
  
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556)
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556) (JUGEMレビュー »)
山本 聡美
腐敗し白骨化してゆく亡骸の様子を克明に描く「九相図」。仏教とともに伝来し、日本に深く根を下ろしたこの図像には、生と死、そして肉体の無常をめぐるいかなる想いが秘められているのか。豊富な図版とともに探る。
+RECOMMEND
  
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル)
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル) (JUGEMレビュー »)
谷口 ジロー
ルーヴル美術館とビッグコミックオリジナルの共同企画。オールカラー豪華版。
+RECOMMEND
  
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス)
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス) (JUGEMレビュー »)
黒田 いずま
美術館で働く学芸員の近江さん。個性豊かなメンツが解説、展示、監視などの仕事を通して、日々様々な工夫をしながら楽しく来館者をお出迎えする日常をユーモラスかつ鋭いツッコミで描いた作品。
+RECOMMEND
  
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡 (JUGEMレビュー »)

普段は単眼鏡で済ませていますが、どうしても隅々まで観たい作品の場合はこの双眼鏡を使ってます。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書)
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書) (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
美術史の実践方法が最後にまとめられています!世界が変わる、名画の見方。前作「西洋美術史入門」からさらに一歩奥へ。池上英洋 著

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection)
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection) (JUGEMレビュー »)
川端 康雄,加藤 明子
夏目漱石をイチコロにしたウォーターハウスの文学性と蠱惑的な魅力を余すところなく紹介!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福 (JUGEMレビュー »)
池永康晟
日本画の異才“池永康晟”がベールを脱ぐ!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
すゞしろ日記 弐
すゞしろ日記 弐 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
画家・山口晃のエッセー漫画第2弾。

面白きことも無き世を、面白く!

画家・山口晃の“どーでもいいけど楽しげなこと”満載
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
OLYMPUS ダハプリズム防水単眼鏡 ギャラリースコープ Monocular I 6×16
OLYMPUS ダハプリズム防水単眼鏡 ギャラリースコープ Monocular I 6×16 (JUGEMレビュー »)

観劇・美術鑑賞・セミナーなどの知的シーンや、コンサート会場・ファッションショーなどで大活躍!
軽いのでいつも持ち歩いています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫)
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
宮下規久朗
宮下規久朗先生の最新刊!絵画に描かれた代表的な「モチーフ」を手掛かりに美術を読み解く、画期的な名画鑑賞の入門書。カラー図版150点を収録した文庫オリジナル。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工 (JUGEMレビュー »)

「これ一冊で日本美術を鑑賞する際の知識が全て揃う」
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
アイテムで読み解く西洋名画
アイテムで読み解く西洋名画 (JUGEMレビュー »)
佐藤 晃子
西洋絵画を鑑賞する際に必要となる宗教画,神話画の50のアトリビュートを紹介。ありそうで無かった絵画ファン待望の一冊。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術鑑賞手帳
美術鑑賞手帳 (JUGEMレビュー »)

美術鑑賞の楽しみをさらに広げるこれまでになかった手帳です。ミニガイドと書き込み式の鑑賞の記録ページが一緒に。

自分もお手伝いさせて頂きました。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
画家の食卓
画家の食卓 (JUGEMレビュー »)
林 綾野
画家たちが楽しんだ26のレシピを再現。クレー、フェルメール、セガンティーニ、メムリンクの暮らしと創作現場を巡る旅。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い (JUGEMレビュー »)
サンディ ネアン
とかく扇情的に扱われる美術品盗難。だが実際は、麻薬や犯罪に絡む危険な裏社会と結びつく場合が多い。事件に巻き込まれた学芸員の立場からその実態を訴え、問題点を考察する一書。 レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
江戸の献立 (とんぼの本)
江戸の献立 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
福田 浩,松井 今朝子,松下 幸子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻))
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻)) (JUGEMレビュー »)
長岡 龍作
法隆寺金堂内陣は、普段は大変暗い上に太い円柱に加え、金網が廻らされており、その詳細はなかなか見ることができません。今までに撮影された写真も鮮明さということでは満足のゆくものではありませんでした。今回は最新の撮影技術により、南面(正面)のみならず、北面(背面)からも撮影。その結果、全く見たことがない写真を目の当たりにすることになりました。仏像の質感と量感、豊かな色彩に感嘆し、感動をおぼえる一冊となっています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
山口晃 大画面作品集
山口晃 大画面作品集 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
8年ぶり、待望の最新作品集。11月26日発売!予約しないと!!

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本)
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
山本 勉,ヤノベ ケンジ,橋本 麻里,みうら じゅん
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
知識ゼロからのキリスト教絵画入門
知識ゼロからのキリスト教絵画入門 (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
池上英洋先生が易しく紐解く『聖書』の世界。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
芸術家の家: 作品の生まれる場所
芸術家の家: 作品の生まれる場所 (JUGEMレビュー »)
ジェラール=ジョルジュ ルメール,ジャン=クロード アミエル
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
フェルメールへの招待
フェルメールへの招待 (JUGEMレビュー »)

不肖・私がフェルメール30作品の解説執筆と全体の編集に携わった一冊です。オールカラーB5版。96ページから成る、これまでにないフェルメールパーフェクトガイドです。主に「フェルメール初心者」に向け丁寧に噛み砕いた表現で綴られているので、美術の専門用語を知らずともフェルメール作品について一通りの知識を得ることが出来ます。

お手に取って頂ければ幸甚です。よろしくお願い致します。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件 (JUGEMレビュー »)
レニー ソールズベリー,アリー スジョ
来歴さえあれば、たとえ贋作でも「ほんもの」になる。詐欺師は驚くべき方法で美術史を捏造した。美術界を震憾させた事件を追うドキュメンタリー。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース)
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース) (JUGEMレビュー »)
林 綾野
林綾野さんの待望のフェルメール本!レビュー&インタビュー→こちら
+RECOMMEND
  
ヴァチカン物語 (とんぼの本)
ヴァチカン物語 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
塩野 七生,藤崎 衛,石鍋 真澄
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
野兎の眼
野兎の眼 (JUGEMレビュー »)
松本 典子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105 (JUGEMレビュー »)

掌に収まる単眼鏡は、必要なときにサッとポケットなどから取り出して使える便利な、美術館・博物館必須アイテム。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術のことば案内
日本美術のことば案内 (JUGEMレビュー »)
日高 薫
レビュー→こちら
日本美術鑑賞の際に、よく出てくる言葉を満載。絵画、彫刻、工芸品などの具体的な写真をふんだんに使い紹介
+RECOMMEND
  
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS

 1/70PAGES >>

このページの先頭へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...