弐代目・青い日記帳 

  
TB&リンク大歓迎です!
『とんでも春画』
新潮社(とんぼの本)より刊行となった『とんでも春画: 妖怪・幽霊・けものたち』を読んでみました。


とんでも春画: 妖怪・幽霊・けものたち
鈴木 堅弘 (著)

2015年に永青文庫、2106年に細見美術館で開催された日本初の「春画展」は当初の予想を大きく上回り、大変人気を博し多くの来場者であふれかえりました。

「春画展」のレビューでも触れた通り、春画が単なる男女のまぐわいを描いただけのエロ浮世絵ではなかったことが一番の発見であり、多くの方を魅了した点でもありました。

様々な機知に富んだ表現は江戸時代の猥雑なエロ本という春画のイメージを大きく変えるものでした。『とんでも春画』にはそんな江戸の人々のちょっとエスプリがぎっしり詰まった研究書です。


歌川国芳「開談百気夜行」1829年頃

「牛の時参り 男根人形をうつ」と題されたこちらの春画。女性らしき人物が藁人形に五寸釘を打ち込む姿を描いた作品に見えますが、よく見ると藁人形は男根、女性の顔は女性器の形をしています。

自分を捨てたにくい「男」を使い物にならぬよう呪いを込めているのでしょう。鬼気迫るものが感じられると共にどこかくすっとした笑いも伴います。また『源氏物語』に登場する六条御息所の姿をこの春画を観ていると思い浮かべてしまいます。

所謂、丑の刻参り、丑の時参り(うしのこくまいり、うしのときまいり)は江戸時代に完成した民間信仰のような呪術。男女のもつれは今も昔も変わりありませんが、さしずめ現代ならわが身を捨てた男への恨みはどのようにしてはらすののでしょう。


喜多川歌麿「歌満くら」1788年

二匹の河童に水中へ連れ去られ手籠めにされている女性の姿が描かれています。それでは地上の女性は助けずにただ見ているだけなのでしょうか?

著者の鈴木堅弘氏は、もしかしたら自分の願望を投影しているのかもしれないとの説もこの本では紹介しています。確かに水中の女性と顔が似ているようにも見えます。

またなぜ二匹の河童なのかということについても触れていたりと、タイトルこそ『とんでも春画』と、とんでもないネーミングですが、内容は実にしっかりとしている一冊なのです。

いつも思うのですが、「歌満くら」ってウォーターハウスの作品とどこか通底するものがありますよね。あっ!それも願望か…


ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス「ヒュラスとニンフたち」1896年
マンチェスター市立美術館所蔵

とんでも春画: 妖怪・幽霊・けものたち』をパラパラと斜め読みするだけで、春画のイメージががらりと変わります。

とても読み応えがあり、当時の関連する文献や民俗学的な視点など一枚の「とんでも春画」から、江戸時代の多様な考え価値観が伺えるとても真面目な一冊です。

とんでも春画目次

尋常ならざる春画はなぜ生まれたのか?
答える人=石上阿希[国際日本文化研究センター特任助教]
〈とんでも春画〉の全貌
解説=鈴木堅弘 [京都精華大学非常勤講師]
【1】妖怪
【2】幽霊・死者
【3】神仏
【4】鬼・地獄
【5】動物
【おまけ】奇想天外
〈とんでも春画〉を読み解く 文=鈴木堅弘
1 妖怪春画と江戸文化
2 春画に描かれた〈異形の性神〉――庶民信仰における性器イメージ
3 謎解き、北斎の「蛸と海女」


1〜5までのジャンル分けが上手く功を奏しているように思えます。ただ並べ紹介するだけでは「面白い」で終わってしまいますからね。

江戸時代の人々が興味関心のあったものと絡めて春画にしているのが一番のポイントだと思います。

そして、現代に至るまで多くの人に影響を与えた北斎の「蛸と海女」については、9ページも割いて論考しています。


葛飾北斎「喜能会之故真通」より「蛸と海女」1814年

2013年に大英博物館で「春画展」が開催された際に、海外の方々が最もインパクトのある作品としてこれをあげたそうです。新聞各種メディアでもこの絵が大きく取り上げられました。

この絵の誕生の秘密から、後世また西洋に与えた影響まで丁寧且つ分かりやすく説明されています。会田誠さんも読んだかな〜これ。

それにしても、鎖国を解き明治となって西洋化という名の近代化を推し進めた結果、新たな倫理観にそぐわないつまらないもの、ゲスなものとして排除された春画が、21世紀になりヨーロッパで開催された「春画展」が契機となり、復権を遂げたことは、内心忸怩たる思いもあります。

しかし、それだけが春画復権の要因だったわけではないはずです。時代が求めていたからこそそれが成し遂げられ、そして成功を収めたのです。


絵師不明「陽物涅槃図」

「牛の時参り 男根人形をうつ」で呪い殺された男性のものでしょうか。まわりには悲しみにくれる多くの「女性」たちに混じり、精力剤とされてきたタケノコや卵も描かれています。

「憂き世」を笑い飛ばすべく「浮き世」と置き換え成立した浮世絵です。春画は決して特別なものではなく、逆に当たり前のものだったのでしょう。現代だってそんなに変わっていませんこうした本がベストセラーになるのですから。

とんでも春画』を紹介するにあたり、もっともっと画像も載せたかったのですが、自主規制しました。ほんとバカバカしいものや、まさかこの発想はなかった的なものまで実に多彩な春画がぎっしり紹介されています。

とても評判が良いとのことで手に取ってみましたが、大当たりの一冊でした。


とんでも春画: 妖怪・幽霊・けものたち
鈴木 堅弘 (著)

こわい、あやしい、ばかばかしい! 奇想天外のエロスが勢ぞろい。国貞や国芳による性器頭の妖怪春画から、思わずゾッとする女幽霊との交合図、そして北斎の傑作「蛸と海女」まで。江戸の想像力の極致と呼ぶべき、〈人ならざるもの〉との交わりを描いた計130余点を、気鋭研究者が読み解く。本邦初公開作品も多数収録。あなたの知らない驚きの春画を、胸やけするほど御覧に入れます。

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=4762

JUGEMテーマ:アート・デザイン



続きを読む >>
| 読書 | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
『広重TOKYO 名所江戸百景』
講談社より刊行となった『広重TOKYO 名所江戸百景』を読んでみました。


広重TOKYO 名所江戸百景
小池満紀子、池田芙美 著

歌川広重(1797年〜1858年)最晩年の代表作「名所江戸百景」を一冊でまとめて紹介する本の決定版が出ました。

百景とうたっていながら、あまりの人気のため結局最終的には120図で大揃えとなる「名所江戸百景」を見開き1ページに1作品掲載しています。



掲載されているのは、彫り・摺りともに国内外トップクラスのクオリティを誇る原安三郎コレクションの浮世絵です。

原安三郎コレクションの「名所江戸百景」がどれだけ美しいかは、昨年(2016年)にサントリー美術館で開催された「原安三郎コレクション 広重ビビッド」展が多くのアートファンが絶賛したことからも明らかです。

広重TOKYO 名所江戸百景』に掲載されてる浮世絵も、すべてが貴重な初摺で、保存状態も極めて優れた名品です。退色しやすい紫色や藍色もきれいに残っているので、「浮世絵ってこんなに鮮やかだったの?」と驚かれるかもしれません。


左:「広重ビビッド」展図録
右:『広重TOKYO 名所江戸百景』

「広重ビビッド」展の図録を持っているから『広重TOKYO 名所江戸百景』は要らないかな〜と思ったあなた!それは大きな間違いです。自分も最初はそう思ったので反省の念を込めて…

図録では「名所江戸百景」以外の多くの作品が収録されているため、最小限度の解説に留められていますが、『広重TOKYO 名所江戸百景』では「名所江戸百景」に的を絞り一作品ごとに丁寧で詳細な解説が施されている点が大きな違いです。





ご覧のように全作品に現在の写真と現在の地図が掲載されているので、この作品が現在の東京のどこに当たるのかが一目瞭然です。

江戸から東京へ変わり、まるで別の国のように景色は変わってしまいましたが、作品と写真を比較することで、東京にも「広重が見た景色」がまだ残っていることに気付かされます。



因みに掲載しいてる写真の場所すべてに、著者二人が半年以上かけて作品が描かれた場所の現地取材を行って書いた解説なので江戸名所ガイドとしても使える一冊です。

また地図の中には、江戸時代の屋敷や街道を重ねて表示しているものもあるので、古地図を持ち歩かなくても、江戸時代の景色を想像しながら街歩きを楽しむことが出来るすぐれものです。

広重TOKYO 名所江戸百景【目次】

日本橋・霞が関界隈
両国・浅草・上野界隈
佃島・深川・向島界隈
品川・大森・目黒・新宿界隈
江戸川・隅田川上流・王子界隈


このように「名所江戸百景」に描かれた作品のエリアを5つに分類し地域ごとにわけて掲載しているのも痒いところに手が届く親切編集。



それだけでなく、5つのエリアが色分けされているので小口もご覧の通り!

作品の中に描かれているものも詳しく解説しているのはもちろんですが、江戸城や火の見櫓、遠景の山の名前など、小さく描かれていて見逃してしまいそうなものも紹介しています。

また寺社や石碑など、近くに残る旧跡も紹介していますので、作品を隅々まで鑑賞し、理解しつつ、江戸名所めぐりの旅へ誘う一冊です。



訪日外国人旅行者数が過去最高を記録し、2020年の東京オリンピックに向けより多くの方が東京を訪れるはずです。浮世絵について聞かれた時に我々が何も知らなくては、おもてなしどころではありません。

広重TOKYO 名所江戸百景』は単なる浮世絵本ではなく、「江戸〜東京」の変遷を紹介し過去と現在そして未来をつなぐ役割を果たす一冊です。

美しい浮世絵を片手に、広重の視点で東京を眺めることで、新たな発見があるはずです。画集としてもガイド本としても楽しめること間違いなしです!


広重TOKYO 名所江戸百景
小池満紀子、池田芙美 著
協力/中外産業株式会社(原安三郎コレクション)

最高の初摺で楽しむ江戸の名所

歌川広重の最晩年の代表作<名所江戸百景>を、描かれた地域別にまとめた一冊。
掲載するのは、彫り・摺りともに国内外トップクラスの「原安三郎コレクション」。全てが初摺で、保存状態も極めて優れているので、広重が表現しようとした形や色を鑑賞することができる。
描かれた場所の現地取材を行い、作品全てに現在の写真と地図を掲載しているので、江戸名所めぐりにも役立つ。


Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=4758

JUGEMテーマ:アート・デザイン



| 読書 | 22:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
『サライ』「奇想建築」特集
小学館から刊行された『サライ 2017年 07月号』を読んでみました。


サライ 2017年 07月号

普段仕事以外の話を滅多にしない同僚から、「今月号の『サライ』見た?」と聞かれ美味しいものや旅行ネタの話かな〜と思ったのですが、意外や意外建築の話題でした。しかも「奇想建築」の!

「奇想」というと、若冲をはじめとする江戸時代の絵師が残した絵画を思い浮かべますが、なんでも「奇想建築」と称される建物があるそうで、それが今静かなブームとなっているらしいのです。



「奇想建築」とは、異なる文明や文化が衝突し生み出された、それまでにない斬新な意匠の建築物をさします。古くは大陸から仏教をはじめとする新しい文化が伝来した頃まで遡れます。

しかし、現在我々が実際に目にすることの出来る「奇想建築」は主に明治時代以降に訪れた最も激しい文明の衝突によって生まれた建造物たちです。

サライ 2017年 07月号』の表紙を飾る開智学校(明治初期)や山形市郷土館(明治初期)岩科学校(明治初期)などが多くの画像と共に丁寧に説明されています。

「どうしてこんな建物を建てたの…」と今の目で見ると奇怪に思えてしまうこれらの「奇想建築」ですが、大きな大きな時代の変遷時に生まれた鬼子であると同時に、当時の建築家がこれからの新しい日本のために持てる発想を全て出して生み出したものでもあります。


山形市郷土館(国指定重要文化財・旧済生館本館)

現存していない「奇想建築」も含め数多くの建物が紹介されており、『サライ 2017年 07月号』に対して何となく抱いているイメージを良い意味で破ってくれます。

辻惟雄先生が『奇想の系譜』を上梓されて50年近くが経つ今、奇想の画家たちがこれだけ大ブームとなることを1970年の発売当初誰が一体予想したでしょう。

今回の『サライ』が、「奇想建築」に光をあてたことにより、10年後、20年後に必ずや「奇想建築ブーム」が訪れそうな予感をページをめくりつつ、ひしひしと感じました。


本願寺伝導院(旧真宗信徒生命保険株式会社本館)

こうした引きの写真(全体像)で観ると、一体どこが奇想なのか分からないかもしれませんが、様々な文化様式をないまぜにしている点や変な動物や妖怪が取り付けられていたりと細部を見て行くと、この本片手に今すぐにでも現地へ行ってこの目で観たくなってしまいます。

そういう意味ではとても危険な雑誌です。

東京にお住まいなら今すぐに観に行け、しかも拝観無料な「奇想建築」の代表が築地にある本願寺でしょう。手掛けたのは建築家・伊東忠太。

10年前に築地本願寺の見どころについては、こちらの記事で紹介しました。

伊東忠太の「妖怪趣味」

銀座から歩いてすぐの場所にこんな変わった妖怪だらけの変わった建物があることご存知でしたでしょうか。築地へ美味しいもの食べに行ったら必ず立ち寄りたい場所が築地本願寺です。


一橋大学兼松講堂(旧東京商科大学兼松講堂)

この美しいロマネスク様式を取り入れた兼松講堂も伊藤忠太が手掛けた「奇想建築」のひとつにカテゴライズできます。なにせ妖怪だらけですから、この講堂…

こんな具合に絶対に観に生きたくなる「奇想建築」を特集によくまぁ企画してくれたものです。「帝冠様式」の枠に収まらない奇抜な建築もひろくカバーしています。

サライ 2017年 07月号』は、後に訪れるであろう「奇想建築」ブームのバイブルとして後々語り草になる一冊です。雑誌ですので売切れ御免です。自分も同僚から教えてもらわなければ買いそびれていました。

やはり長く続け、しっかりとした紙面作りをしている雑誌は出版不況が叫ばれる今にあっても売れるものなのですね。



そうそう、もうひとつの特集がビールなのも「買い」です!

地方にある「奇想建築」とクラフトビール(地ビール)巡りを兼ねて旅に出なさいと背中を押されているようです。もちろん喜んで行って参りますよ〜まずは表紙にどーんと載っている開智学校からかな。


サライ 2017年 07月号

今号は、近代日本が生んだ驚愕の「奇想建築」の大特集に、全国のビール党に捧ぐ「家飲みビールを究める」の美味特集をあわせ、さらに「自転車生活」の指南特集も入った、盛りだくさんの初夏号です。

サライ公式サイト

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=4754

JUGEMテーマ:アート・デザイン



| 読書 | 23:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
『もっと知りたいミケランジェロ』
東京美術より刊行となった『もっと知りたいミケランジェロ: 生涯と作品』を読んでみました。


もっと知りたいミケランジェロ: 生涯と作品
池上英洋(著)

今や何冊出ているのかカウントできないほどの人気シリーズとなった東京美術の「もっと知りたい」にミケランジェロが登場です。

いや、待ってください。まだミケランジェロ出ていませんでしたっけ??レオナルド、ラファエロは出ていますが確かにあらためてラインナップ見直してみるとミケランジェロだけありませんでした。もっとマイナーな画家は出ているのに。

もしかして、偉大過ぎて一冊にまとめるの難しかったのかもしれません。筆の超遅いレオナルドや若くしてこの世をさったラファエロに比べ、88歳まで生き亡くなる数年前まで制作を続けていたミケランジェロの残した作品はあまりにも多く下手に紹介できません。


ミケランジェロ「サン・ピエトロのピエタ」1498年 - 1500年
サン・ピエトロ大聖堂

きっと『もっと知りたいミケランジェロ』も何度も編集サイドで企画にあがったけど書き手が了承してくれなかったのかもしれませんね。池上先生以外は。

こういう仕事をそつなくこなすのに非常に長けているのが池上先生です。下手に思い入れが強かったり、肩入れし過ぎているとミケランジェロの功績を一冊の本で紹介出来ません。

とんぼの本でも上手くまとめていたので、まず間違いないであろうと手に取った一冊ですが、今回の『もっと知りたいミケランジェロ』では、更に精度を上げ、代表作すべてを掲載し年代順に解説して行っています。

【目次】

1章 修業時代 ―ルネサンスのイタリアに生まれて
2章 華々しいデビュー ―野心と飛躍
3章 教皇の芸術家 ―万能人への道程
4章 動乱の時代 ―新様式の誕生
5章 苦悩の晩年 ―衰えを知らぬ建築家
6章 死と伝説化 ―神のごときミケランジェロ


ところで、この本の表紙に使われている作品ってミケランジェロのどの作品だか名前出てきますでしょうか?


この絵をこの角度でしかもこの至近距離で目にしたことある人はゼロ。誰もいないはずです。なにせ何十メートルも上の天井画の一部なのですから。

そう、この作品の一部分「リビアの女」です。

システィーナ礼拝堂天井画
ヴァチカン宮殿

本物は撮影不可なので、この画像は大塚国際美術館で撮影したものです。
http://www.o-museum.or.jp/

《コラム》
君は「行ってよかった美術館ランキング」1位の大塚国際美術館を知っているか。

こうした、誰しもが知るミケランジェロの偉大な仕事を丁寧に紹介しつつ、あまり一般には知られていない建築面で発揮した才能なども具に解説しています。


ミケランジェロ・ブオナローティ
《<レダと白鳥>の頭部のための習作》1530年頃
カーサ・ブオナローティ
©Associazione Culturale Metamorfosi and Fondazione Casa Buonarroti

この作品は「レオナルド×ミケランジェロ展」(三菱一号館美術館)で展示されます。

それにしても、ミケランジェロ・ディ・ロドヴィーコ・ブオナローティ・シモーニ(1475年-1564年)の知名度の割にその激動の生涯について、代表作品は観ていても、あらためて年代順に振り返ってみたことありませんでした。


ミケランジェロ「ロンダニーニのピエタ1559年 -
ミラノ、スフォルツァ城博物館 

若い時にミラノでこの作品を観て、無知だった自分はこれが本当にミケランジェロの作品なの?と思わず声に出しそうになったことをよく覚えています。

でも、今なら、この未完成の作品こそがある意味でミケランジェロの激しい生涯を知る大きな大きな足掛かりとなる大事な作品であると分かります。あぁやっぱりまたミラノに行かないといけませんね、これは。


もっと知りたいミケランジェロ: 生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)
池上英洋(著)




神のごときミケランジェロ (とんぼの本)
池上英洋


もっと知りたいラファエッロ―生涯と作品
池上英洋

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=4742

JUGEMテーマ:アート・デザイン



| 読書 | 23:11 | comments(1) | trackbacks(0) |
『BRUTUS [死ぬまでにこの目で見たい 西洋絵画100] 』
マガジンハウス社から刊行となった『BRUTUS(ブルータス) 2017年 6/15号[死ぬまでにこの目で見たい 西洋絵画100]』を読んでみました。


BRUTUS(ブルータス) 2017年 6/15号[死ぬまでにこの目で見たい 西洋絵画100]

BRUTUS『西洋美術総まとめ。』から5年。再び山口晃さんが指南役となり、西洋絵画の世界をナビゲートする特集が組まれました。

これまでのブルータスの美術特集で正直つまらなかったものって記憶にありますか?ひとつもないですよね。どれを取っても当たりどころの騒ぎではありません。

Webで何でも情報が手に入ると勘違いしている若い人には、是非今回の『BRUTUS』を手に取ってもらいたいものです。


クロード・モネ「睡蓮」
オランジェリー美術館

人と時間とお金とそして労力を使い、これだけ読み応えのある一冊に仕上げた編集の方々に今すぐお礼状をしたためたいほどです。

画家・山口晃さんの目を通しての世界名画鑑賞術は、「『何が描かれているか』よりも『どう描かれているか』を見る方が良い」という視点で画集やWebではなく現地へわざわざ行って観るべき100の作品を紹介しています。

「こんな見方があったのか!」と目から鱗の、すぐにでも展覧会で実践したくなる山口晃流鑑賞術はとにかく必読です。

ただ漠然と100の作品を紹介するのではなく、以下のジャンルにカテゴライズしそれぞれ何点かを取り上げて行っています。意外な作品から超定番の作品までパラパラとページをめくるだけで楽しくなってきます。

人物の描写
自画像
日常生活
キリストの生涯
最後の審判
時禱書
フレスコ画
モザイク画
中世の写本
建築との共鳴
絵の中の空間
ヌード
ギリシャ&ローマ神話
光と影
寓意
静物
風景
幻想の世界
抽象




因みに表紙を飾る貴族の邸宅のようなつくりの美術館は、パリ郊外約40kmのシャンティイにあるコンデ美術館です。作品の貸し出しが禁止されているため、ここへ行かないと珠玉の美術コレクションはお目にかかれません。

コンデ美術館−シャンティイ城

まさに、絵画を観るために飛んで行かねばならぬ美術館なのです。

今回の『BRUTUS[死ぬまでにこの目で見たい 西洋絵画100]』のためにあつらえたような美術館ではないですか。しかもご覧の通り写真映えもしますしね。

山口晃さんもいつもの3倍増しで画家っぽく見えます。


クロード・モネ「睡蓮」
オランジェリー美術館

山口晃さんが選ぶ100の西洋絵画だけでなく、こんな充実した読み物もあり、もうお腹いっぱいです。

2つの美術館物語 .ランジュリー美術館
Book in Book Paris, envie-t-il? パリが驚く。嫉妬する。この日本のコレクション。
2つの美術館物語◆.屮螢促好肇麋術館
画伯、この名画家と名画、お忘れじゃないですか?
あのアート好きが、この目で見たい、この絵画。


「画伯、この名画家と名画、お忘れじゃないですか?」では鈴木芳雄氏と藤原えりみさんが画伯の選考にもれてしまった名画について語り合っています。これすごく面白い!

ブルータスのweb版でも一部読むこと可能です。でもこれはしっかり買って読まないとね。何年経っても色あせない永久保存版です。

不肖私も「あのアート好きが、この目で見たい、この絵画。」の中で今年国内&国外で開催される展覧会で観られる作品の中からそれぞれ1点ずつ選んでコメントと共に載っています。

是非、お手に取ってご覧くださいませ!


BRUTUS(ブルータス) 2017年 6/15号[死ぬまでにこの目で見たい 西洋絵画100]

本物の絵を見る醍醐味はどこにあるのでしょうか? 山口晃画伯が「死ぬまでにこの目で見たい西洋絵画」約100点をセレクトし、独特の視点と語り口で評します。「料理を味わうように、絵画を味わいたい」という画家の目を通して語られる言葉は、絵画鑑賞に一石を投じること間違いありません。


西洋名画ズバリ101!: 巨匠たちの7つの誘惑

こちらは小学館より刊行となった千足伸行先生編集の西洋名画101点を紹介する一冊。山口さんのセレクションと比べながら読んでみます。

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=4736

JUGEMテーマ:アート・デザイン



| 読書 | 23:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 素敵な時間を楽しむ』(世界文化社)好評発売中です。


青い日記帳(編集)『美術展の手帖』小学館より発売中です。


青い日記帳「出前ブログ」連載中


gooいまトピ連載中

朝日マリオン・コム「ぶらり、ミュージアム」


山下裕二&井浦新トークショー


青い日記帳コラボグッズ

「展覧会に出かける前に準備しておきたい5つのこと。」

「展覧会を何十倍も楽しむために心がけたい5つの秘訣。」

フェルメールへの招待
國學院大學文学部教授の小池寿子先生監修。不肖私(Tak)が編集と一部執筆しました。詳細はこちら

【展覧会レビュー】
山口晃 平等院養林庵書院奉納襖絵
ゴッホの幻の「ヒマワリ」
黒田記念館リニューアルオープン
日本美術ちらし寿司
「オスカー・ニーマイヤー展」
「ディン・Q・レ展:明日への記憶」
特別展「白鳳」
「森本美由紀展」
「クレオパトラとエジプトの王妃展」
「メカニックデザイナー 大河原邦男展」
「青樹うめ展」開催!
「藤田美術館の至宝 国宝 曜変天目茶碗と日本の美」
「伝説の洋画家たち 二科100年展」
「動きのカガク展」
「ボルドー展」
「シカゴ ウェストンコレクション 肉筆浮世絵」開催!
「芸術の秋」、「琳派の秋」。
特別展「蔵王権現と修験の秘宝」
「teamLab Exhibition, Walk Through the Crystal Universe」
特別展「生命大躍進」
「SHIBUYA」
「琳派と秋の彩り」
「箱根で琳派 大公開〜岡田美術館のRIMPAすべて見せます〜」
あなたは五姓田義松を知っていますか?
「風景画の誕生展」
「国宝 一遍聖絵」が全巻全段展示されます!
美術館でコスプレ!
Ingress(イングレス)でミュージアム巡り。
2015年、都内で観られる西洋絵画の展覧会
プロが選ぶ「2014年 ベスト展覧会」
かみさんが選ぶ「2014年 ベスト展覧会」
2014年 展覧会ベスト10


パリ行って来ました
オランダ行って来ました
 

BLUE HEAVEN(本館)

『文藝春秋』に寄稿しました。

『AERA』に載りました。

「マウリッツハイス美術館展公式ガイドブック」編集・一部執筆しました

「ザ・シネマ」に寄稿しました。

トークショーに出演しました

日経に掲載されました

朝日新聞に掲載されました

再び日経に掲載されました

「美連協ニュース」寄稿

『アートコレクター』で紹介されました

Yahoo!カテゴリ絵画に登録されました

+ CATEGORIES
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
moon phases
 
   
+RECOMMEND
  
ロマネスク美術革命 (新潮選書)
ロマネスク美術革命 (新潮選書) (JUGEMレビュー »)
金沢 百枝
11~12世紀のロマネスクこそは、ヨーロッパ美術を大きく塗りかえる「革命」だった。宮廷文化から民衆文化への流れのなかで、知識より感情を、写実よりかたちの自由を優先する新たな表現が、各地でいっせいに花ひらく。古代ギリシア・ローマやルネサンスだけがスタンダードではない。モダン・アートにも通じる美の多様性を、豊富な図版を例に解きあかす。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
若冲の描いた生き物たち
若冲の描いた生き物たち (JUGEMレビュー »)
小林 忠,小宮 輝之,湯浅 浩史,佐々木 猛智,本村 浩之,秋篠宮 文仁
若冲と学研がコラボした画期的な若冲本!レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
叢 小田康平の多肉植物
叢 小田康平の多肉植物 (JUGEMレビュー »)
小田 康平
「人の間にあるサボテン−自由な美しさ、見たことのないトーン。自然と人との関わり、その不思議を小田康平さんは知っている。とても豊かだ」レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ)
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ) (JUGEMレビュー »)
岡田 裕子,阿部 謙一,松下 学
現代美術家岡田裕子が主宰、会田誠顧問による謎の人形劇団「劇団★死期」の伝説の公演を小説化。アートの知識を楽しく学べる児童文学。

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
名画のネコはなんでも知っている
名画のネコはなんでも知っている (JUGEMレビュー »)
井出 洋一郎
ゴッホ、ミレー、ゴーギャン、ゴヤ、ルノワール、歌麿、北斎、国芳などの天才画家たちの思想を、まさかのネコ目線でひも解く、新感覚な名画解説書。
+RECOMMEND
  
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ) (JUGEMレビュー »)
オノユウリ
アートに囲まれて働く美術館学芸員。優雅な職業のイメージだけど、実際は日々、ドタバタの連続なのです!? 展覧会の舞台裏から、学芸員のお仕事のリアルまで。美術館の知られざる一面を描くコミックエッセイ!
+RECOMMEND
  
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556)
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556) (JUGEMレビュー »)
山本 聡美
腐敗し白骨化してゆく亡骸の様子を克明に描く「九相図」。仏教とともに伝来し、日本に深く根を下ろしたこの図像には、生と死、そして肉体の無常をめぐるいかなる想いが秘められているのか。豊富な図版とともに探る。
+RECOMMEND
  
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル)
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル) (JUGEMレビュー »)
谷口 ジロー
ルーヴル美術館とビッグコミックオリジナルの共同企画。オールカラー豪華版。
+RECOMMEND
  
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス)
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス) (JUGEMレビュー »)
黒田 いずま
美術館で働く学芸員の近江さん。個性豊かなメンツが解説、展示、監視などの仕事を通して、日々様々な工夫をしながら楽しく来館者をお出迎えする日常をユーモラスかつ鋭いツッコミで描いた作品。
+RECOMMEND
  
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡 (JUGEMレビュー »)

普段は単眼鏡で済ませていますが、どうしても隅々まで観たい作品の場合はこの双眼鏡を使ってます。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書)
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書) (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
美術史の実践方法が最後にまとめられています!世界が変わる、名画の見方。前作「西洋美術史入門」からさらに一歩奥へ。池上英洋 著

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection)
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection) (JUGEMレビュー »)
川端 康雄,加藤 明子
夏目漱石をイチコロにしたウォーターハウスの文学性と蠱惑的な魅力を余すところなく紹介!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福 (JUGEMレビュー »)
池永康晟
日本画の異才“池永康晟”がベールを脱ぐ!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
すゞしろ日記 弐
すゞしろ日記 弐 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
画家・山口晃のエッセー漫画第2弾。

面白きことも無き世を、面白く!

画家・山口晃の“どーでもいいけど楽しげなこと”満載
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
OLYMPUS ダハプリズム防水単眼鏡 ギャラリースコープ Monocular I 6×16
OLYMPUS ダハプリズム防水単眼鏡 ギャラリースコープ Monocular I 6×16 (JUGEMレビュー »)

観劇・美術鑑賞・セミナーなどの知的シーンや、コンサート会場・ファッションショーなどで大活躍!
軽いのでいつも持ち歩いています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫)
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
宮下規久朗
宮下規久朗先生の最新刊!絵画に描かれた代表的な「モチーフ」を手掛かりに美術を読み解く、画期的な名画鑑賞の入門書。カラー図版150点を収録した文庫オリジナル。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工 (JUGEMレビュー »)

「これ一冊で日本美術を鑑賞する際の知識が全て揃う」
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
アイテムで読み解く西洋名画
アイテムで読み解く西洋名画 (JUGEMレビュー »)
佐藤 晃子
西洋絵画を鑑賞する際に必要となる宗教画,神話画の50のアトリビュートを紹介。ありそうで無かった絵画ファン待望の一冊。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術鑑賞手帳
美術鑑賞手帳 (JUGEMレビュー »)

美術鑑賞の楽しみをさらに広げるこれまでになかった手帳です。ミニガイドと書き込み式の鑑賞の記録ページが一緒に。

自分もお手伝いさせて頂きました。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
画家の食卓
画家の食卓 (JUGEMレビュー »)
林 綾野
画家たちが楽しんだ26のレシピを再現。クレー、フェルメール、セガンティーニ、メムリンクの暮らしと創作現場を巡る旅。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い (JUGEMレビュー »)
サンディ ネアン
とかく扇情的に扱われる美術品盗難。だが実際は、麻薬や犯罪に絡む危険な裏社会と結びつく場合が多い。事件に巻き込まれた学芸員の立場からその実態を訴え、問題点を考察する一書。 レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
江戸の献立 (とんぼの本)
江戸の献立 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
福田 浩,松井 今朝子,松下 幸子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻))
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻)) (JUGEMレビュー »)
長岡 龍作
法隆寺金堂内陣は、普段は大変暗い上に太い円柱に加え、金網が廻らされており、その詳細はなかなか見ることができません。今までに撮影された写真も鮮明さということでは満足のゆくものではありませんでした。今回は最新の撮影技術により、南面(正面)のみならず、北面(背面)からも撮影。その結果、全く見たことがない写真を目の当たりにすることになりました。仏像の質感と量感、豊かな色彩に感嘆し、感動をおぼえる一冊となっています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
山口晃 大画面作品集
山口晃 大画面作品集 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
8年ぶり、待望の最新作品集。11月26日発売!予約しないと!!

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本)
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
山本 勉,ヤノベ ケンジ,橋本 麻里,みうら じゅん
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
知識ゼロからのキリスト教絵画入門
知識ゼロからのキリスト教絵画入門 (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
池上英洋先生が易しく紐解く『聖書』の世界。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
芸術家の家: 作品の生まれる場所
芸術家の家: 作品の生まれる場所 (JUGEMレビュー »)
ジェラール=ジョルジュ ルメール,ジャン=クロード アミエル
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
フェルメールへの招待
フェルメールへの招待 (JUGEMレビュー »)

不肖・私がフェルメール30作品の解説執筆と全体の編集に携わった一冊です。オールカラーB5版。96ページから成る、これまでにないフェルメールパーフェクトガイドです。主に「フェルメール初心者」に向け丁寧に噛み砕いた表現で綴られているので、美術の専門用語を知らずともフェルメール作品について一通りの知識を得ることが出来ます。

お手に取って頂ければ幸甚です。よろしくお願い致します。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件 (JUGEMレビュー »)
レニー ソールズベリー,アリー スジョ
来歴さえあれば、たとえ贋作でも「ほんもの」になる。詐欺師は驚くべき方法で美術史を捏造した。美術界を震憾させた事件を追うドキュメンタリー。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース)
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース) (JUGEMレビュー »)
林 綾野
林綾野さんの待望のフェルメール本!レビュー&インタビュー→こちら
+RECOMMEND
  
ヴァチカン物語 (とんぼの本)
ヴァチカン物語 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
塩野 七生,藤崎 衛,石鍋 真澄
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
野兎の眼
野兎の眼 (JUGEMレビュー »)
松本 典子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105 (JUGEMレビュー »)

掌に収まる単眼鏡は、必要なときにサッとポケットなどから取り出して使える便利な、美術館・博物館必須アイテム。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術のことば案内
日本美術のことば案内 (JUGEMレビュー »)
日高 薫
レビュー→こちら
日本美術鑑賞の際に、よく出てくる言葉を満載。絵画、彫刻、工芸品などの具体的な写真をふんだんに使い紹介
+RECOMMEND
  
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS

 1/63PAGES >>

このページの先頭へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...