弐代目・青い日記帳 

  
TB&リンク大歓迎です!
『河鍋暁斎・暁翠伝』
KADOKAWAより刊行となった『河鍋暁斎・暁翠伝 ─先駆の絵師魂!父娘で挑んだ画の真髄─』を読んでみました。


河鍋暁斎・暁翠伝 ─先駆の絵師魂!父娘で挑んだ画の真髄─
河鍋 楠美 (著)

著者の河鍋楠美氏は、(財)河鍋暁斎記念美術館理事長・館長だけでなく、蕨眼科院長・東京大学医学部医学博士という顔も持っていらっしゃる方です。

そして何よりも、あの河鍋暁斎の曾孫にあたります。

暁斎の娘である暁翠の孫で絵筆をとる祖母の姿を今でも覚えていらっしゃるそうです。


http://www.fujibi.or.jp/

6月24日まで八王子の東京富士美術館で開催中の河鍋家伝来・河鍋暁斎記念美術館所蔵「暁斎・暁翠伝 ─先駆の絵師魂!父娘で挑んだ画の真髄─」展を開くにあたり獅子奮迅の活躍をなされました。

「暁斎・暁翠伝」展レビュー

今回紹介する『河鍋暁斎・暁翠伝 ─先駆の絵師魂!父娘で挑んだ画の真髄─』はタイトルが示すように、展覧会に合わせて出版された一冊です。

ミュージアムショップでも「図録」として販売されています。

ただ、図録というと一般的にかなりの大きさで作品画像が主で、解説はあくまでもおまけ的なものが少なくありません。(全てではないですよ)



【目次】
はじめに
河鍋家の思い出
国際人 暁斎
第1章 幕末・明治の奇才 暁斎
第2章 河鍋暁翡の名品
第3章 暁斎のデザイン
    暁翡の美術教育


展覧会をご覧になられた方、これから観に行かれる予定の方、ちょっと期間中は無理かな〜という方、いずれの方にもこの本はおススメできます。この点が単なる図録を一般書籍として販売もしているパターンとは大きく違います。

とにかく、テキストが読ませます。約40年以上に渡り、暁斎の地位向上のために東奔西走獅子奮迅の活躍をされてきた河鍋楠美氏の情熱が伝わってきます。

暁斎が活躍していた当時は、高い評価を受け誰しもがしる絵師だったにも関わらず、戦後はすっかりとその名が忘れられてしまい、作品は海外へ…

海外での評価は明治期より一貫して高いものがあったそうで、それを裏付けるのが大英博物館で初めて「河鍋暁斎展」が開催され、胃がんでこの世を去った際には「ル・フィガロ」の第一面にその訃報が載ったそうです。



解説文は全て日本語と英語のバイリンガル表記です。

1977年11月3日、自宅を改装して、河鍋家に伝わる画稿・下絵類を中心に暁斎とその一門の作品を収蔵・展示する河鍋暁斎記念美術館を開館した河鍋楠美氏。

1986年には、財団法人の認可を受け現在に至ります。40年もの長きに渡り曾祖父の地位と名誉挽回にひた走った著者の想いがぎっしりと詰まっています。

単行本サイズなのでコンパクトで場所を取らないのも嬉しく、常に手元に置いておきたい一冊です。お読みになると暁斎の多岐多様多種にわたる活躍ぶりが手に取るようにわかります。

デザインの面でも依頼が舞い込んできていたとは驚きです。そして意匠がこれまた素晴らしい!何をやらせても天才っているものですね。


河鍋暁斎・暁翠伝 ─先駆の絵師魂!父娘で挑んだ画の真髄─
河鍋 楠美 (著)

東京富士美術館の「暁斎・暁翠伝展」は6月24日までです。


河鍋家伝来・河鍋暁斎記念美術館所蔵
「暁斎・暁翠伝 ─先駆の絵師魂!父娘で挑んだ画の真髄─」


開催期間:2018年4月1日 (日)〜6月24日 (日)
休館日:月曜日(祝日の場合は開館。翌日火曜日が振替休館)ただし、4月2日(月)は開館。
開館時間:10:00〜17:00(16:30受付終了)
会場:東京富士美術館:本館・企画展示室1〜4
http://www.fujibi.or.jp/
主催:東京富士美術館、河鍋暁斎記念美術館、トランズパシフィックエンタープライズ
後援:八王子市、八王子市教育委員会、八王子商工会議所
監修:河鍋楠美(河鍋暁斎記念美術館 館長)

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5108

JUGEMテーマ:アート・デザイン



| 読書 | 23:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
『わたしの北欧案内 ストックホルムとヘルシンキ』
筑摩書房より刊行となった『わたしの北欧案内 ストックホルムとヘルシンキ』を読んでみました。


わたしの北欧案内 ストックホルムとヘルシンキ─デザインとフィーカと街歩き
おさだゆかり(著)

今日発売になったばかりの出来立てのほやほやな一冊。単行本サイズのソフトカバー約160頁からなるこの本、カバンに忍ばせておくのに調度良いサイズと軽さです。

車内でiPhoneの画面ばかりを見ているのに飽きたのと、ちょっとだけ現実逃避したい連休も終わった5月という時期に読むのに、うってつけな一冊です。

スウェーデンの首都ストックホルムと、フィンランドの首都ヘルシンキをこれまでに無かった視点で紹介しています。

北欧というと、まるでおとぎ話の世界がそのまま現在でも残っているようなイメージを抱いてしまいがちですが、wikiでそれぞれの街を調べると下記の写真のように近代化された立派な都市だと分かってしまいます。

 
ストックホルムとヘルシンキ

また、2018年度大学入試センター試験の出題に「ムーミン」、「小さなバイキングビッケ」や「ニルスのふしぎな旅」と北欧の国々を舞台としたアニメや物語が出題され、回答が果たして正しいのかといった騒動が巻き起こったのも記憶にまだ新しいところです。

EUの一員であり、近代的な国家であるにも関わらず、未だどこかファンタジックな印象を持ってしまう不思議な地域が北欧です。


フィンランドで誕生した「Marimekko(マリメッコ)」は、日本で最も知られた北欧デザインのひとつでしょう。展覧会が開催されたり、UNIQLOとコラボしたりと北欧を身近に感じることに一役買っています。

さて、前置きが随分と長くなってしまいましたが、こうして列挙したものだけで北欧は当然ながら出来ません。北斎の浮世絵を観て日本を理解できなのと同様に。


スーパーマーケットはグッドデザインの宝庫

現在、これだけネットで様々な情報が手に入れられる時代ですが、海外の国々の人々のリアルな暮らしぶりを知ることは意外と困難を極めます。

発信していたとしても言葉の壁が立ちはだかり、思うように「前」に進めないものです。

わたしの北欧案内 ストックホルムとヘルシンキ─デザインとフィーカと街歩き』では、そんな得難い現地の生の生活の様子が、美麗な写真と軽快なテキストで紹介されています。勿論日本語で!


スーパーの買い物袋

著者のおさだゆかり氏は、現地で暮らしているわけではありません。年に3度ほど商品の買い付けへ北欧へ出向き、これまでの渡航回数は40回を超えるそうです。

北欧雑貨好きであれば、おさだゆかり氏の名前はどこかで必ず目にしたことがあるはずです。

おさだゆかりさんが行く、北欧の旅。 – 北欧、暮らしの道具店
手に取らずにはいられない北欧雑貨の魅力

そんな、おさだゆかり氏が撮りためた写真の中からデザインセンスを感じられるもの、街の風景、そしてフィーカの3点に的を絞り基本見開き一頁で完結するように綴られています。


スタイリッシュなインテリアにこだわったレストラン

ところで、3点のうち「フィーカ」とあまり聞きなれない言葉が入っています。「FIKA」とはコーヒーブレイクつまりお茶の時間を意味するスウェーデン語だそうです。

美味しいお菓子と共に休憩時間を楽しむことは、スウェーデンの文化だそうで、一般的に午前中に1回、ランチをはさみ午後に2回、およそ2時間ごとにフィーカするとのこと。


ダークローストのコーヒーとシナモンロール

何度も足繁く北欧に通っている著者だからこそ、こうした現地の人々の生の文化を紹介することが出来るのです。

お洒落でどこか不思議な魅力のある北欧だけでなく、美しくて大人な北欧の街のことがぎっしりと詰まっています。こうした内容の類書はないはずです。


トラムの車内でもフィーカ

「かわいい」だけが北欧の専売特許ではないばかりか、それはあくまでも外向けの「顔」であり、実際の人々の生活を知るには『わたしの北欧案内 ストックホルムとヘルシンキ』に当たるしかありません。

ひとつだけ、困ることは読み進めて行くと実際に北欧に行きたくなってしまうことです。5月2週目の現実逃避的に。

しかし、お洒落な暮らしぶりだけでなく極寒の地の生活での厳しさなども伝えることを忘れていません。北欧に魅せられ心の底から愛している著者だからこその視点が満載です。

完結に一言で表すなら「バランスのよい一冊」となります。

これの意味するところは、実際に手に取ってもらうと、たちどころに理解してもらえるはずです。


わたしの北欧案内 ストックホルムとヘルシンキ─デザインとフィーカと街歩き
おさだゆかり(著)

カルダモンが香る焼菓子、眺めのよいレストラン、美しい雑貨、森の中のホテル……選び抜いた情報と美しい写真で最高の街歩きを紹介する至福のガイドブック。

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5100

JUGEMテーマ:アート・デザイン



| 読書 | 23:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
『かくれキリシタン』
新潮社とんぼの本より刊行となった『かくれキリシタン: 長崎・五島・平戸・天草をめぐる旅』を読んでみました。


かくれキリシタン: 長崎・五島・平戸・天草をめぐる旅
後藤 真樹 (著)

どうやら、現在では「かくれキリシタン(隠れキリシタン)」とい表現を積極的に用いないらしく、代わりに「潜伏キリシタン」とニュースなどでは称しています。

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が、世界文化遺産に登録へ

Wikiで「隠れキリシタン」の項目にはそれぞれ区別があるとされています。
隠れキリシタン(かくれキリシタン)は、日本の江戸時代に江戸幕府が禁教令を布告してキリスト教を弾圧した後も、密かに信仰を続けた信者である。以下の2つに分けられるが、一般に両者を区別せずに呼ぶ。

1:強制改宗により仏教を信仰していると見せかけ、キリスト教(カトリック)を偽装棄教した信者。
2:1873年(明治6年)に禁教令が解かれ潜伏する必要がなくなっても、江戸時代の秘教形態を守り、カトリック教会に戻らない信者。

敢えて両者を区別する場合、1は「潜伏キリシタン」、2は「カクレキリシタン」(すべてカタカナで表記)と呼ぶ。
そもそも「隠れキリシタン」と聞くと日本史で習った天草四郎などが頭に浮かび、完全に過去の人々との印象を抱きます。

ところが、五島列島などには現在でもなお、かくれキリシタンとして信仰を続けている人たちがいるのです。

かくれキリシタン: 長崎・五島・平戸・天草をめぐる旅』を数ページ読み進めた段階で、Wikiにある定義などどうでもよくなってきます。

この本には。かくれキリシタンをご先祖に持ち、今なおかくれキリシタンとして生活されている方々に筆者が実際にインタビューしたことが詳らかに記されています。

現在は別の宗教を信仰している元かくれキリシタンの方や、潜伏していたキリシタンたちを守ったお寺の住職へも取材を行っており、かくれキリシタンのことを多面的に捉えるられる名著です。



【目次】
プロローグ
1:外海 “陸の孤島”に受け継がれた信仰
キリシタンを支えた伝説の伝道師
キリシタンの聖地、枯松神社
巡礼地としてよみがえった史跡
2:五島列島 海風吹きぬける島々に宿る篤い信仰
先祖の信仰を受け継ぐ人々
五島のかくれキリシタン
人がいなくなった島と教会
3:平戸 歴史を刻むキリシタンの聖地
伝説に満ちる里、根獅子
布教当時の信仰を今に伝える島、生月
春日の集落と、聖なる山安満岳
4:天草 殉教の島に息づく信仰の証
大江・崎津に受け継がれたもの
5:祈りの場、教会堂へ

キリスト教の広まりと弾圧の歴史
布教の背景
二十六聖人の殉教
島原・天草一揆
弾圧と「崩れ」
各地に残るキリシタン墓地

column きりしたん・伝承
潜伏キリシタンを守った天福寺
かくれキリシタンの帳方を継いで
かくれキリシタンの信仰の形
今富の正月飾り
信徒発見

長崎・五島・平戸・天草
教会マップ
エピローグ



タイミングよく世界文化遺産登録のニュースが飛び込んできました。

当初は「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」で申請したものの、イコモスからの勧告で「潜伏キリシタン関連遺産」へ焦点を絞り、晴れて世界文化遺産登録の道が大きく開かれました。

世界文化遺産に登録され、この本に登場する人々がこれまで通りの生活が果たして出来るのか…老婆心ながら危懼せざるを得ません。



現地へ足を運んでみたいと思う気持ちは抑えた方がよさそうです。長崎、熊本の12の資産で構成された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」を知るには、『かくれキリシタン』を読めば十分です。

「今年登録予定の世界文化遺産をめぐるガイドとしても必携の書。」とAmazonにありましたが…

むやみやたらと彼らに「光」をあてるものではありません。

それより昔読んだ、遠藤周作の『沈黙』や『切支丹の里』を読み返す良いチャンスです。



それにしても著者、後藤真樹氏のフィールドワーク、インタビュー、撮影いずれも素晴らしいの一言に尽きます。

彼をここまで駆り立てたものとは一体何なのかと知りたくなるほど、徹底的に取材し、冷静にテキスト化しています。

「絵踏みの時は新しいわらじに履き替えて行きよったそうです。そして帰ってきたら、そのわらじを煎じて飲んだといいます」

おとなしく絵踏みをして難を逃れ、踏んだわらじを煎じて飲むなど、役人の一枚上手をいくようだ。
神道、仏教と上手く「共存」してきた様子など、教科書では教えてくれない様々な「隠れキリシタン」の信仰の形も紹介されています。

世界文化遺産登録に浮かれていないで、しっかりとこの本を読みましょう。世界でも極稀な信仰の形や想いがぎっしりと詰まっています。


かくれキリシタン: 長崎・五島・平戸・天草をめぐる旅
後藤 真樹 (著)

この比類なき、奇跡のような信仰のかたち。受難の歴史をのりこえて400年、密かに脈々と信仰を伝えてきた「かくれキリシタン」。美しくも厳しき自然の中で、暮らしに根づいた独自の祈りのかたちを守り育んできた人々を訪ね、貴重な証言とともに、その聖地や史跡を丹念にたどる。各地に残る小さな聖堂も数多紹介。今年登録予定の世界文化遺産をめぐるガイドとしても必携の書。

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5094

JUGEMテーマ:アート・デザイン



| 読書 | 21:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
『美術館へ行こう: ときどきおやつ』
新潮社より刊行となった『美術館へ行こう: ときどきおやつ』を読んでみました。


美術館へ行こう: ときどきおやつ
伊藤まさこ(著)

美術館を紹介する本がここ数年何冊も出ています。以前ご紹介した『フランス人がときめいた日本の美術館』や『小さな美術館をめぐる旅』そして『カフェのある美術館 素敵な時間をたのしむ』などなど。

まさに美術館本戦国時代の真っただ中に、黄色地に黒のテキストだけのシンプルな表紙を引っ提げて新たに分け入って来たのが『美術館へ行こう: ときどきおやつ』です。

北は北海道から南は沖縄まで日本全国に一体どれだけの美術館があるのでしょう。それを満遍なく紹介するのではちっとも面白味がありません。

これまで出された本も、著者がどの美術館をセレクトしているのかも大事な魅力のひとつでした。今回紹介するこちらの本には24の美術館が掲載されています。

いずれも小さな美術館ばかりで、全部合わせてもトーハクに及ばないこじんまりした美術館ばかりです。



中には「あとりえ・う」や「かごしま近代文学館」なども混じっています。スタイリストでもある著者の伊藤まさこ氏の嗜好がとてもよく現れているセレクションです。

東京都心だとビルの一角を間借りするように美術館があったり、来館者に威圧感を与えるような巨大な建造物であったりしますが、『美術館へ行こう: ときどきおやつ』で紹介されている24館はその真逆。

美術館が建つ周辺と一体化しているような佇まいのものばかりです。邸宅やアトリエだった場所を美術館として公開しているそんなところが著者の琴線を震わすのでしょう。


朝倉彫塑館
http://www.taitocity.net/zaidan/asakura/


碌山美術館
http://www.rokuzan.jp/

こうした個性的で大勢の人が大挙してやって来るのを拒むかのような小さな美術館を、ガイドブックのように紹介しているのではありません。

どちらかと言うと、美術館を題材に軽快なエッセイをしたためているようです。

だから、形式ばった見どころを紹介したり、所蔵作品を解説したりすることが主ではなく、あくまでもその美術館自体が持つの魅力を伝えようとしています。

これは簡単なようでとても難しいと思います。「好き」と言ってしまえばそれだけで、では具体的にどこがどのように「好き」なのかをテキスト化するのは困難を極めるものです。

あなたの好きな人の魅力を他者に伝えるのが至難を極めるように。



それをさらりと軽妙な文体でやってのけるだけでなく、おまけとして美術館近くの美味しいお店も紹介してあります。

この本を片手に美術館へ出かけるのもよし、読んで空想で行ったつもりになるのもよし。GWどうせどこへ行っても人でごった返しているのなら、静かに家で『美術館へ行こう: ときどきおやつ』のページをめくりながら過ごすのが良いかもしれません。

想像の翼を羽ばたかせながら。


美術館へ行こう: ときどきおやつ

いつも通っているところ、気になっていたところ。北海道から鹿児島まで、個人美術館から文学館まで。人気スタイリストが、全国各地の、街に馴染んだ、居心地のよい、24の小さな美術館をご案内します。お土産やカフェなど、鑑賞後のおたのしみもあわせて。のんびりしに、気分転換に、元気をもらいに、ちょっと美術館まで。

伊藤まさこ(イトウ・マサコ)
1970年、神奈川県横浜市生まれ。文化服装学院でデザインと服作りを学ぶ。料理や雑貨、テーブルまわりのスタイリストとして、数々の女性誌や料理本で活躍。なにげない日常にかわいらしさを見つけ出すセンスと、地に足の着いた丁寧な暮らしぶりが人気を集める。著書に『あの人の食器棚』『台所のニホヘト』『家事のニホヘト』(以上新潮社)、『おいしい時間をあの人と』(朝日新聞出版)、『おいしいってなんだろ?』(幻冬舎)など。

イベントも行われるようです!


伊藤まさこ「思い立ったらぶらり、小さな美術館のたのしみ」 『美術館へ行こう ときどきおやつ』刊行記念イベント

開催日時:2018年5月22日(火)19:00〜20:30(開場18:30)
会場:la kagu(ラカグ)2F レクチャースペースsoko  東京都新宿区矢来町67
(東京メトロ東西線神楽坂駅矢来口出てすぐ)

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5086

JUGEMテーマ:アート・デザイン



| 読書 | 22:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
『切手で仏像』
講談社より刊行となった『ARTBOX 切手で仏像』を読んでみました。


切手で仏像
山本勉(著)

メールやSNSでやり取りすることが主流となった今、手紙を書いて切手を貼りポストに投函といった一連の動作はとても畏まったことのように感じてしまいます。

しかし、逆に手紙でしか出来ないことが明白になってきたとも言えます。

大事なこと、感謝の気持ち、お祝いを伝えるなどなどここぞという時にこそ手紙は、効力を発揮してくれます。「電子」花盛りの今だからこそ手紙の持つ力にあらためて目が向けられているのです。



さて、心を込めて手紙をしたため、お気に入りの封筒に入れ封をしたら最後の仕上げとして切手を選びます。

「貼る」よりも前に「選ぶ」のが切手です。

例えばこれは以前、実際に自分宛てに届いた手紙に貼られていた切手です。



自分がアート好きということをご存知の方が、わざわざ選んでこうした切手を貼ってくれたのです。

勿論、どんな切手でも手元には届きますが、こんな切手で受け取る手紙には数値化できない嬉しさがあります。

便箋と書き易いペンを選びしたため始め、書き終えるまでに四苦八苦・悪戦苦闘の連続です。封筒に正しく相手先の住所を記入し、封をして切手を貼る。

最低限の仕事量でもこれだけ手間がかかるのです。もうこれだけでも、相手に十分気持ちは伝わっています。そして更に出来る人は切手までも選ぶのです。相手が喜ぶであろう絵柄のものを。


Google画像検索結果

さて、今回手に入れた『切手で仏像』は郵便切手のモチーフとなった仏像から、仏像の世界を読み解くこれまでありそうで無かった一冊です。

しかもです、著者があの山本勉先生なのです!仏像と言えば山本先生。山本先生と言えば仏像。

山本 勉
1953年神奈川県生まれ。清泉女子大学教授。東京芸術大学大学院博士後期課程中退。東京国立博物館彫刻室長、同教育普及室長などを経て現職。東京国立博物館名誉館員。著書に『日本彫刻史基礎資料集成 鎌倉時代造像銘記篇』(共編著・中央公論美術出版)、『仏像のひみつ』『続 仏像のひみつ』(以上、朝日出版社)、『日本仏像史講義』(平凡社新書)、『運慶大全』(監修・小学館)などがある。


山本勉先生講演会「運慶のまなざし−全作品47体と眼の表現」


切手で仏像

これまで切手のモチーフとなった仏像を、如来、菩薩、明王、天に分類しそれぞれひとつずつ丁寧且つマニアックに解説しています。

下手な仏像の本よりも何十倍も詳しくためになります。

山本先生の凄いところは、初心者から上級者まで幅広い層の読者を前提にした文を書けてしまうことです。


切手で仏像

それにしても、これまで切手となった仏像は何体あるのでしょう。この本を読んで知ったのですが過去に発売になった仏像切手もリニューアルされていたりするのですね。

記念切手(特殊切手)だけでなく、通常の切手や中々お目にかかれないレアなものまで全35体が網羅されています。

以前に比べて切手も入手しやすくなっているようです。プレミア度が下がってきているのか切手蒐集マニアが減ったのか定かではありませんが、素人にとっては嬉しいことです。


切手で仏像

そうそう、もうひとつ『切手で仏像』で注目すべきは、「切手の博物館」学芸員の田辺龍太氏がコラムを担当されている点です。

切手にまつわる蘊蓄超満載!愛が感じられます。こういうの読むと集めたくなってしまうのですよね…



手間暇かけることなく、思い立ったらすぐに相手に自分の気持ちや要件を伝えられる便利なツールが主流の世の中にあって、手紙は何とものろ間で時代遅れの感じがします。

他者とのコミュニケーションには「面倒な手続き」が本来必要です。

思いついてすぐ相手に連絡が出来てしまうという利便性の高いツールの登場によりその「面倒な手続き」を踏まずとも相手に自分の気持ちや要件を伝えられるようになりました。

しかし、物事には一長一短があるものです。即時性・利便性に優れている半面、コミュニケーションで最も大事な要素である、十分な思考と相手への思いやりが欠如しています。

手紙やはがきと言った、ある意味のろまで面倒な伝達手段が現在でも立派に生き残っているのには、こんな理由も僅かながらあるのかもしれません。

とても良いタイミングに良い内容で出た『切手で仏像』。色々な意味で必読です!


ARTBOX 切手で仏像
山本勉(著)

切手という極小の画面からのぞく「仏像のひみつ」

郵便切手のモチーフとなった仏像は、日本人から長く愛されてきた名品ばかり。
本書では、その仏像切手を題材にして仏像の歴史や特徴をやさしく解説する、ひと味違った仏像入門書です。

切手の薀蓄コラムは、「切手の博物館」学芸員・田辺龍太さんが担当。
懐かしの切手や珍しい切手を原寸と拡大図版で紹介しているので、切手ファンの方にもおすすめです。



横山大観ART BOX
佐藤 志乃 (著)

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5074

JUGEMテーマ:アート・デザイン



| 読書 | 23:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 素敵な時間を楽しむ』(世界文化社)好評発売中です。


青い日記帳(編集)『美術展の手帖』小学館より発売中です。


青い日記帳「出前ブログ」


gooいまトピ連載中

朝日マリオン・コム「ぶらり、ミュージアム」

びゅうたび連載中


山下裕二&井浦新トークショー


青い日記帳コラボグッズ

「展覧会に出かける前に準備しておきたい5つのこと。」

「展覧会を何十倍も楽しむために心がけたい5つの秘訣。」

フェルメールへの招待
國學院大學文学部教授の小池寿子先生監修。不肖私(Tak)が編集と一部執筆しました。詳細はこちら

【展覧会レビュー】
「国宝 雪松図と花鳥 美術館でバードウォッチング」
「上原コレクション名品選」
「セーヴル、創造の300年」
「パリ・グラフィック」
かみさんが選ぶ「2017年 展覧会ベスト10」
プロが選ぶ「2017年 ベスト展覧会」
読んでおきたい10冊のアート関連本

パリ行って来ました
オランダ行って来ました
 

BLUE HEAVEN(本館)

『文藝春秋』に寄稿しました。

『AERA』に載りました。

「マウリッツハイス美術館展公式ガイドブック」編集・一部執筆しました

「ザ・シネマ」に寄稿しました。

トークショーに出演しました

日経に掲載されました

朝日新聞に掲載されました

再び日経に掲載されました

「美連協ニュース」寄稿

『アートコレクター』で紹介されました

Yahoo!カテゴリ絵画に登録されました

+ CATEGORIES
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
moon phases
 
   
+RECOMMEND
  
ロマネスク美術革命 (新潮選書)
ロマネスク美術革命 (新潮選書) (JUGEMレビュー »)
金沢 百枝
11~12世紀のロマネスクこそは、ヨーロッパ美術を大きく塗りかえる「革命」だった。宮廷文化から民衆文化への流れのなかで、知識より感情を、写実よりかたちの自由を優先する新たな表現が、各地でいっせいに花ひらく。古代ギリシア・ローマやルネサンスだけがスタンダードではない。モダン・アートにも通じる美の多様性を、豊富な図版を例に解きあかす。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
若冲の描いた生き物たち
若冲の描いた生き物たち (JUGEMレビュー »)
小林 忠,小宮 輝之,湯浅 浩史,佐々木 猛智,本村 浩之,秋篠宮 文仁
若冲と学研がコラボした画期的な若冲本!レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
叢 小田康平の多肉植物
叢 小田康平の多肉植物 (JUGEMレビュー »)
小田 康平
「人の間にあるサボテン−自由な美しさ、見たことのないトーン。自然と人との関わり、その不思議を小田康平さんは知っている。とても豊かだ」レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ)
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ) (JUGEMレビュー »)
岡田 裕子,阿部 謙一,松下 学
現代美術家岡田裕子が主宰、会田誠顧問による謎の人形劇団「劇団★死期」の伝説の公演を小説化。アートの知識を楽しく学べる児童文学。

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
名画のネコはなんでも知っている
名画のネコはなんでも知っている (JUGEMレビュー »)
井出 洋一郎
ゴッホ、ミレー、ゴーギャン、ゴヤ、ルノワール、歌麿、北斎、国芳などの天才画家たちの思想を、まさかのネコ目線でひも解く、新感覚な名画解説書。
+RECOMMEND
  
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ) (JUGEMレビュー »)
オノユウリ
アートに囲まれて働く美術館学芸員。優雅な職業のイメージだけど、実際は日々、ドタバタの連続なのです!? 展覧会の舞台裏から、学芸員のお仕事のリアルまで。美術館の知られざる一面を描くコミックエッセイ!
+RECOMMEND
  
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556)
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556) (JUGEMレビュー »)
山本 聡美
腐敗し白骨化してゆく亡骸の様子を克明に描く「九相図」。仏教とともに伝来し、日本に深く根を下ろしたこの図像には、生と死、そして肉体の無常をめぐるいかなる想いが秘められているのか。豊富な図版とともに探る。
+RECOMMEND
  
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル)
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル) (JUGEMレビュー »)
谷口 ジロー
ルーヴル美術館とビッグコミックオリジナルの共同企画。オールカラー豪華版。
+RECOMMEND
  
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス)
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス) (JUGEMレビュー »)
黒田 いずま
美術館で働く学芸員の近江さん。個性豊かなメンツが解説、展示、監視などの仕事を通して、日々様々な工夫をしながら楽しく来館者をお出迎えする日常をユーモラスかつ鋭いツッコミで描いた作品。
+RECOMMEND
  
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡 (JUGEMレビュー »)

普段は単眼鏡で済ませていますが、どうしても隅々まで観たい作品の場合はこの双眼鏡を使ってます。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書)
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書) (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
美術史の実践方法が最後にまとめられています!世界が変わる、名画の見方。前作「西洋美術史入門」からさらに一歩奥へ。池上英洋 著

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection)
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection) (JUGEMレビュー »)
川端 康雄,加藤 明子
夏目漱石をイチコロにしたウォーターハウスの文学性と蠱惑的な魅力を余すところなく紹介!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福 (JUGEMレビュー »)
池永康晟
日本画の異才“池永康晟”がベールを脱ぐ!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
すゞしろ日記 弐
すゞしろ日記 弐 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
画家・山口晃のエッセー漫画第2弾。

面白きことも無き世を、面白く!

画家・山口晃の“どーでもいいけど楽しげなこと”満載
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
OLYMPUS ダハプリズム防水単眼鏡 ギャラリースコープ Monocular I 6×16
OLYMPUS ダハプリズム防水単眼鏡 ギャラリースコープ Monocular I 6×16 (JUGEMレビュー »)

観劇・美術鑑賞・セミナーなどの知的シーンや、コンサート会場・ファッションショーなどで大活躍!
軽いのでいつも持ち歩いています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫)
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
宮下規久朗
宮下規久朗先生の最新刊!絵画に描かれた代表的な「モチーフ」を手掛かりに美術を読み解く、画期的な名画鑑賞の入門書。カラー図版150点を収録した文庫オリジナル。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工 (JUGEMレビュー »)

「これ一冊で日本美術を鑑賞する際の知識が全て揃う」
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
アイテムで読み解く西洋名画
アイテムで読み解く西洋名画 (JUGEMレビュー »)
佐藤 晃子
西洋絵画を鑑賞する際に必要となる宗教画,神話画の50のアトリビュートを紹介。ありそうで無かった絵画ファン待望の一冊。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術鑑賞手帳
美術鑑賞手帳 (JUGEMレビュー »)

美術鑑賞の楽しみをさらに広げるこれまでになかった手帳です。ミニガイドと書き込み式の鑑賞の記録ページが一緒に。

自分もお手伝いさせて頂きました。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
画家の食卓
画家の食卓 (JUGEMレビュー »)
林 綾野
画家たちが楽しんだ26のレシピを再現。クレー、フェルメール、セガンティーニ、メムリンクの暮らしと創作現場を巡る旅。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い (JUGEMレビュー »)
サンディ ネアン
とかく扇情的に扱われる美術品盗難。だが実際は、麻薬や犯罪に絡む危険な裏社会と結びつく場合が多い。事件に巻き込まれた学芸員の立場からその実態を訴え、問題点を考察する一書。 レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
江戸の献立 (とんぼの本)
江戸の献立 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
福田 浩,松井 今朝子,松下 幸子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻))
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻)) (JUGEMレビュー »)
長岡 龍作
法隆寺金堂内陣は、普段は大変暗い上に太い円柱に加え、金網が廻らされており、その詳細はなかなか見ることができません。今までに撮影された写真も鮮明さということでは満足のゆくものではありませんでした。今回は最新の撮影技術により、南面(正面)のみならず、北面(背面)からも撮影。その結果、全く見たことがない写真を目の当たりにすることになりました。仏像の質感と量感、豊かな色彩に感嘆し、感動をおぼえる一冊となっています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
山口晃 大画面作品集
山口晃 大画面作品集 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
8年ぶり、待望の最新作品集。11月26日発売!予約しないと!!

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本)
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
山本 勉,ヤノベ ケンジ,橋本 麻里,みうら じゅん
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
知識ゼロからのキリスト教絵画入門
知識ゼロからのキリスト教絵画入門 (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
池上英洋先生が易しく紐解く『聖書』の世界。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
芸術家の家: 作品の生まれる場所
芸術家の家: 作品の生まれる場所 (JUGEMレビュー »)
ジェラール=ジョルジュ ルメール,ジャン=クロード アミエル
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
フェルメールへの招待
フェルメールへの招待 (JUGEMレビュー »)

不肖・私がフェルメール30作品の解説執筆と全体の編集に携わった一冊です。オールカラーB5版。96ページから成る、これまでにないフェルメールパーフェクトガイドです。主に「フェルメール初心者」に向け丁寧に噛み砕いた表現で綴られているので、美術の専門用語を知らずともフェルメール作品について一通りの知識を得ることが出来ます。

お手に取って頂ければ幸甚です。よろしくお願い致します。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件 (JUGEMレビュー »)
レニー ソールズベリー,アリー スジョ
来歴さえあれば、たとえ贋作でも「ほんもの」になる。詐欺師は驚くべき方法で美術史を捏造した。美術界を震憾させた事件を追うドキュメンタリー。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース)
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース) (JUGEMレビュー »)
林 綾野
林綾野さんの待望のフェルメール本!レビュー&インタビュー→こちら
+RECOMMEND
  
ヴァチカン物語 (とんぼの本)
ヴァチカン物語 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
塩野 七生,藤崎 衛,石鍋 真澄
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
野兎の眼
野兎の眼 (JUGEMレビュー »)
松本 典子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105 (JUGEMレビュー »)

掌に収まる単眼鏡は、必要なときにサッとポケットなどから取り出して使える便利な、美術館・博物館必須アイテム。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術のことば案内
日本美術のことば案内 (JUGEMレビュー »)
日高 薫
レビュー→こちら
日本美術鑑賞の際に、よく出てくる言葉を満載。絵画、彫刻、工芸品などの具体的な写真をふんだんに使い紹介
+RECOMMEND
  
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS

 1/70PAGES >>

このページの先頭へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...