青い日記帳 

  
TB&リンク大歓迎です!
『この星の絵の具[上]一橋大学の木の下で』
アート専門出版社「アートダイバー」より刊行となった『この星の絵の具: 一橋大学の木の下で (上)』を読んでみました。


この星の絵の具: 一橋大学の木の下で (上)
小林正人(著)

現在アート界の第一線で活躍している画家が自伝的小説を書くのはとても珍しいとではないでしょうか。

(画家・小林正人については以下のサイトでご確認ください。)
http://shugoarts.com/artist/51/

例えば、ゴッホやモネ、はたまたレオナルド・ダ・ヴィンチなど、生前彼らが何を考え何をどのように絵画として表現しようとしたのか、断片的なメモは残っていたとしても、その全ての経緯を知ることは叶いません。

現在、大阪の国立国際美術館で開催中の「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」に表紙の画像「絵画=空」(国立近代美術館所蔵)が出品されています。

これは、偶然でしょうが、『この星の絵の具: 一橋大学の木の下で (上)』に綴られた物語は、この絵を描くために国立にアトリエを借りるところから始まります。

ビルディングスロマン(成長物語)を象徴するうえで、それもそ無の状態からはじまった絵が、のちに国立近代美術館の所蔵となるのは、とても象徴的であり、何かしらの「物語性」を感じずにはいられません。



また、熊本市現代美術館で現在開催中の村上隆コレクション展「バブルラップ」には、小林正人の「絵画の子」が出品されています。

この村上隆所蔵の「絵画の子」は、小説の核になっているエピソード=せんせいとの関係性の中で、生まれる一枚です。その一つを実際に熊本で見ることが出来るということは良く考えるととても不思議な体験です。

つまり、活躍中の画家が書いた自伝的小説の中に登場する絵画を実際に美術館で目に出来るのです。こんな神秘的な体験はこれまでの美術史の中でも一度も存在しなかったことです。

これまで数多くの小説を読んできましたが、こんな経験をしたことは当然ながら一度もありません。それだけでもこの本に巡り合えてとても幸せに感じました。



ところで、小説を書くということ、体験なり想いを言語化する行為は、とても危険な側面も含んでいると言えます。それは一旦テキスト化して筆者の手元を離れてしまうと、他者(読者)によって様々な解釈がなされるからです。

100%想像の世界であればいざしらず、実際の絵画作品にまつわる自伝的小説となると、ペンを執るのにかなりの勇気と決断力が要ったはずです。

そもそも、何故今、小林正人が小説を書こうとしたかが、読んでいて常に頭に引っ掛かりました。次第にその引っ掛かりが肥大化し読む妨げになったので、この本を出したアートダイバーをひとりで立ち上げた細川英一氏にお願いし、小林にその理由を聞いてもらうようお願いしました。

快諾して頂き、先日その「回答」が小林から届けられました。このブログでも紹介して良いとのことですので、以下に転載しておきます。必読ですよ〜これは。



小説を書くに至った動機か。
小説といっても、物語をつくったわけじゃない。作らなくていい物語があったからそれを書いたんだよ。
やっぱり最初は「せんせい」のことが書きたかったんだ。事実あの章を最初に書いた。で、書き始めたらその後に起こった色んな全ての事が全部繋がっていくことに気がついたんだ。それは不思議な体験だった。書き始めてみなければきっとわからない事だ。

こういう本があったらいいと思った。こういう本っていうのは自分の生き方、つまり生と同じかたちをしている本かな。
俺は生と画が同じかたちになるように絵画つくってんだよね。
だからこういう自伝小説を書きたいと思ったのは、こういう画を描きたいというのと同じかもしれない。

話す言葉はあっても書くのは初めてだから本というかたちで自分の生と画と同型にするためにいちばん難しいと思ったのは"時制"の問題だった。
作品をつくるとき、描くときには時制を考える事なんてないんだよ。いつでも現在!今この瞬間にやっている。
言葉を書き始めたとき、今この書いている瞬間とその書いている事との間には必ず距離があると感じた。画と自分との間の距離が失くなりひとつになれた様には書けない。でも昔ばなしは書けっこない!(俺はもし自分で昔ばなし、武勇伝を書いてると思ったら即この自伝書くのをやめるね!)
だから、俺は「この星の時制」を使ったんだ。遠い過去が今この瞬間に光で届いている、見ている瞬間なら過去も目に見える。現在書いている時間の中でひとつにする。次の瞬間には消えてしまうかの様に強く強く存在する様に!
画だけではなく小説の書き方も星の光から習ってます。

そう、俺にとって「物語」っていうとやっぱポケットに入れる、文庫本でさ、、だから細川さんに文庫サイズにしてもらったんだ。

小林正人


活躍中の画家が書いた自伝的小説の中に登場する絵画を実際に美術館で目に出来ることに加え、実際に筆者から小説を書いた理由をこれほどまで丁寧に伺えたことは、特筆すべきことです。

絵画や文学に少しでも興味がある方なら、これがいかに凄いことか説明は不要でしょう。

こんな貴重な小説本は他に類をみません。

1980〜90年代にかけて、国立のアトリエで描かれた宝石のような小林の初期作品群。《天使=絵画》《絵画=空》《天窓》《絵画の子》……、といった傑作の数々はいかにして生まれたのか。『この星の絵の具: 一橋大学の木の下で (上)』で物語のひとコマとして読み解いていきましょう。


この星の絵の具: 一橋大学の木の下で (上)
小林正人(著)

「これが小林くんの最初の画ね」。なにも描かれていない真っ白なキャンバスを眼の前に、「せんせい」は小林青年にこう言った。恋心をよせていた音楽のせんせい。そのヌードを描く絶好の機会を得た小林青年であったが、初めて手にした油絵の具では、眼の前に横たわる輝くばかりの裸体をキャンバスに移しとることができなかった…。ひとりの青年が、画と出会い、画家として成長していく姿を、自伝小説の形式で語るビルディングスロマン3部作の第1作。

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5351

JUGEMテーマ:アート・デザイン



| 読書 | 21:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
『京都 傑作美仏大全』
エイ出版社より刊行となった『京都 傑作美仏大全』を読んでみました。


京都 傑作美仏大全』 (エイムック)
エイ出版社編集部 (編集)

美少年、美少女に関する話題は古今東西老若男女問わず大好物。古代ローマから江戸時代の浮世絵師など美少年、美少女をこぞって作品に用いてきました。

展覧会もそうした切り口で開かれることもしばしば。昨年、藝大美術館で開催された「東西美人画の名作 《序の舞》への系譜」など枚挙にいとまがありません。

3月から三菱一号館美術館では「ラファエル前派の軌跡展」も始まります。

https://mimt.jp/ppr/


一方、仏像というと美しさよりも尊さや有難さが先行しがちです。絵画や彫刻作品と違いそもそもが信仰の対象として形作られたものですので「美しさ」は求められないように思えます。

でも、折角手を合わせ祈りを捧げるのであれば(毎日のように拝むのであればなおさら)変てこな仏さまよりも、観目麗しい仏さまの方が良いのは当たり前です。

京都 傑作美仏大全』では、日本国内でもダントツで美仏率の高い京都に的を絞り、カラー画像をふんだんに用いて丁寧に紹介しています。


安祥寺の美仏「地蔵菩薩坐像」「十一面観音菩薩立像」

美仏」というパワーワードを誰が発案したのか存じ上げませんが、これまでにない(でも、そのように潜在的に見ていた)仏像の見方を提示してくれています。

秋田美人、イケメンなら東京と専ら言われますが、仏像の世界で美仏を求めるなら、京都をおいて他にはありません。その理由はお分かりですよね。長い歴史の中で圧倒的にパトロンの数が違います。

なにせ、天皇家のおひざ元ですからね〜


《目次》
巻頭1 京都の仏師はパリの王宮料理人!?
平安仏像に見る材料のひみつ
巻頭2 京都国立博物館に聞いた!
まるわかり京都の仏像
巻頭3 京都でイチバン大きな木が使われた?
模刻でわかる宝菩提院の超絶美仏
特集1 絶対見逃せない! 天皇家ゆかりの美仏巡礼
泉涌寺/雲龍院/即成院/戒光寺/悲田院/新善光寺/大覚寺/仁和寺/三千院/随心院/宝積寺/雨宝院/蓮華王院 特集2 絶対見逃せない! 平安貴族ゆかりの美仏巡礼
神護寺/清凉寺/大報恩寺/法金剛院/禅定寺/安祥寺/鞍馬寺/平等院/法界寺/寂光院
特集3 南山城 古寺巡礼
岩船寺/浄瑠璃寺/海住山寺/神童寺/蟹満寺/寿宝寺/観音寺



平等院「国宝 阿弥陀如来坐像」

平等院鳳凰堂は、その外観だけで満足してしまいがちですが、鳳凰堂の中へ人数制限こそあるものの中へ入って間近に仏師定朝の確証ある唯一の遺作「国宝 阿弥陀如来坐像」のご尊顔を拝めます。

また、平等院ミュージアム鳳翔館で「国宝 木造雲中供養菩薩像」もバッチリ拝見出来るのも嬉しい限り。
https://www.byodoin.or.jp/museum/

こうした誰しもが知るメジャーなお寺の美仏から、市内から離れた場所にある知る人ぞ知るお寺にある美仏まで、美仏好きな編集者が足で稼いだお宝情報がぎゅっとこの一冊に詰まっています。


蟹満寺「国宝 銅造釈迦如来坐像」

白鳳期に鋳造された銅製の大きな仏像はほとんど類をみません。それが木津川市の住宅街の一角にある小さなお寺(蟹満寺)にあるというのですから驚きです。

実物を拝見したことがないので、是非行きたいと思ってはいるのですが、中々…でも、新年早々『京都 傑作美仏大全』を読んで、今年こそはと!


泉涌寺「重要文化財 楊貴妃観音(聖観音)」

表紙に使われている美仏中の美仏です。江戸時代初期あたりから日本人離れしたその美貌から「楊貴妃観音」と呼ばれるようになったそうです。

こうやって『京都 傑作美仏大全』を読んでいくと今すぐにでも京都へ飛んで行きたくなってしまいます。こんな危ない本を新年早々実家で手にしてしまうとは…

それにしても、A4版フルカラー157頁でこのお値段は破格過ぎでしょう〜エイ出版社さんからのお年玉ですね、これは。


京都 傑作美仏大全』 (エイムック)
エイ出版社編集部 (編集)

京都の傑作美仏、ここに集まれり!

平安遷都からおよそ1200年もの間、政治や文化の中心地として発展してきた「京都」。天皇家や平安貴族の帰依により仏教寺院が繁栄した一方で、多くの戦乱に巻き込まれ仏殿や仏像が焼失してしまいました。しかし、徳川歴代将軍をはじめ京都の人々の篤い信仰心によってお寺は再興され、今も多くの名刹寺院が往時の姿をとどめることができています。
そのような、京都に伝わる「思わず息を飲むほど美しい仏像」を、1冊の本にまとめてみました。



運慶・快慶と慶派の美仏』 (エイムック 4166)


月刊京都2019年1月号[雑誌]

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5346

JUGEMテーマ:アート・デザイン



| 読書 | 21:35 | comments(1) | trackbacks(0) |
『ギャラリーフェイク 34』
小学館から刊行となった『ギャラリーフェイク (34)』を読んでみました。


ギャラリーフェイク (34) (ビッグコミックス)
細野不二彦

クリスマス、年末年始と何かと落ち着かない日が続きますが、そんな時こそ漫画です。

長編小説を落ち着いて読むなら秋もしくは春。同じ作家の著書をまとめて読み漁るなら夏と季節によって読書スタイルも変えています。

以前は、年末年始実家に帰って静かに普段読めない本をがっつりまとめて読んでいたのですが、家族も増え賑やかになってくるとそうもいかなくなります。

活字中毒なので本が近くにないとそわそわしてしまうので、ここ1,2年は専ら漫画を正月休みに読むようにしています。


ギャラリーフェイク (34) (ビッグコミックス)

今更「ギャラリーフェイク」ですか〜との声が聞こえてきそうですが、『ギャラリーフェイク (34)』は今年の10月に出たばかりの新刊です。

贋作を専門に扱う画廊「ギャラリーフェイク」の経営者藤田玲司と助手のサラの名コンビが、美術品をめぐる難題に挑むストーリー。

「ギャラリーフェイク」は、1992年に『ビックコミック スピリック』連載をスタートし、全32巻で2005年に完結しました。今から20年も前の漫画です、若い人の中には知らない方も多いことでしょう。

東日本大震災後に新作が発表され不定期に連載されていました。そして完結から11年ぶりの単行本となる33巻が2016年に発売となりました。


ギャラリーフェイク (33) (ビッグコミックス)

11年ぶりに新刊が出るとは思ってもいませんでした。そしてさらに今回紹介する34巻が出たのです!「ギャラリーフェイク」はひっそりと続いていたのでした。


デュシャンの「泉」!!

ギャラリーフェイク (34)』目次

・闇とカラバッジョ
・象と若冲
・芸術の泉
・ニセ大仏始末記
・マリー・アントワネットの肖像画
・埋蔵金発掘奇譚



伊藤若冲「象と鯨図屏風」!!

1巻から32巻までの連載時に比べると一話一話丁寧に描いている印象です。それは絵もストーリー展開も。いつの間にかしっかりと読ませるアート漫画になっていました。

「ギャラリーフェイク」はどちらかというと、良い意味での雑さが魅力でしたが、ちょっとそれが33、34巻では薄まっています。

でも、20年も歳月が経っているのに、当時と同じテイストを求めるのはナンセンスなこと。漫画だって歳を重ねるのです。


「国宝Gメン」のあの男も登場!

6話ともそれぞれストーリー展開も全く違い、上手いこと人間模様にアート作品を盛り込ませています。久々に「ギャラリーフェイク」を手にすると、随分と読ませるようになったな〜と実感します。

それに、読者もアートを見る目が養われ、様々な人間関係の中で時に笑い、時にもがき苦しんできたはずです。同じ作者の同じタイトルの漫画でも受け止め方は、若い時手に取っていた頃とはまるで違います。

年末年始に自分自身を振り返りながら、気軽に読むにはまさにうってつけの一冊ではないでしょうか。美術の知識も身に付きますしね。一石二鳥、三鳥です。


ギャラリーフェイク (34) (ビッグコミックス)
細野不二彦

アートコミックの金字塔、最新刊登場!!
元NYメトロポリタン美術館の凄腕キュレーターにして、贋作専門の画廊、『ギャラリーフェイク』の店主、藤田玲司と、秘書のサラ。この名コンビが再び芸術の謎を解き明かす!!
登場する美術品は、カラバッジョ、若冲、デュシャンの『泉』など今集も多岐に渡ります。さらに、サラがギャラリーフェイクを辞める危機に…!?
波乱も感動も盛りだくさん!最高の名作アートコミック最新刊!!



モディリアーニにお願い 1 (ビッグコミックス)
相澤いくえ


鼻紙写楽 (ビッグコミックススペシャル)
一ノ関 圭

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5335

JUGEMテーマ:アート・デザイン



| 読書 | 22:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
『はじめまして、ルート・ブリュック』
ブルーシープ株式会社より刊行となった『はじめまして、ルート・ブリュック』を読んでみました。


はじめまして、ルート・ブリュック

フィンランドを代表するアーティスト、ルート・ブリュックを日本で初めて本格的に紹介する一冊です。と言ってもルート・ブリュックの名前をご存知の方はそうそういらっしゃらないかと思います。

かく言う自分も、今年の夏に目黒区美術館で開催された「フィンランド陶芸―芸術家たちのユートピア」展ではじめてその名前を知りました。


「フィンランド陶芸―芸術家たちのユートピア」展

こちらの展覧会レビューにも書いてあるように、一番感銘を受けたのが何を隠そうルート・ブリュックだったのです。

ルート・ブリュックの作品はペインターではなくセラミック・アーティストです。愛らしい陶板から公共建築の大型壁画まで多くの作品を世に送り出しました。


ルート・ブリュック Rut Bryk(1916-1999)
アラビア製陶所・美術部門のアーティストとして、セラミックを中心に、テキスタイル、パブリックアートなどを制作。1951年のミラノ・トリエンナーレでグランプリを受賞し、世界的に活躍。ロマンチックで具象的な前期から、抽象的で力強い表現の後期へと移行する作風の変遷が見どころ。夫は世界的デザイナーのタピオ・ヴィルカラ。世界各国を旅し、イタリアやアメリカの都市、夏に滞在したラップランドなど、その場所の風景や自然に着想を得た。

百聞は一見に如かず。彼女の作品を少し見てみましょう。





セラミック・アートとひと言で言ってもその種類や技法は実に様々です。

独特の雰囲気を醸し出すブリュック作品は、絵を彫った石膏をやわらかい土に押し付けて、陶板に輪郭線をつけた表面を削ったり、スタンプで模様をつけ、上から釉薬を流すという技法がとられています。

これによって独特の艶のある、まるで水のなかに模様が浮かび上がるような効果を得ることに成功しています。





はじめまして、ルート・ブリュック』では、ブリュックの魅力を読み解くエッセンスとして9つのキーワードに分けて紹介しています(蝶、鳥、夢、色、形、空間など)。

日本では知名度の低いアーティストですが、一旦彼女の作品の魅力を知ってしまうと後戻りできなくなります。

それは実に作品が多層的で豊かな魅力を湛えているからに他なりません。



とても丁寧に作られた本で製本から印刷まで実に細やかな仕事がなされています。手元にずーと置いておきたいそんな本です。実際に見てもらえればその良さが分かります。



日本を代表するクリエイターたちの言葉から紡ぎ、美しい色と詩情をたたえた作品世界へと誘います。ムーミンやマリメッコのカラフルでかわいらしい世界とは一味違うフィンランドに触れる1冊です。

01「蝶」皆川明(デザイナー)
02「母と子」マーリア・ヴィルカラ(現代アーティスト、ルート・ブリュックの長女)
03「響きあうもの」酒井駒子(絵本作家)
04「模様」鹿児島睦 (陶芸家、アーティスト)
05「色」志村ふくみ、志村洋子(ともに染色家、随筆家)
06「時」葛西薫(アートディレクター)
07「空間」成相肇(東京ステーションギャラリー学芸員、美術評論家)
08「アイス・フロウ」
09「ルートとタピオ」前田景(アートディレクター、フォトグラファー) 、 今村玲子(アート&デザインライター、ブロデューサー)
「たとえるなら、詩を、建築的に、絵画にした人」皆川明

「その色は、たぐいまれなる品格を現している」志村ふくみ
はじめまして、ルート・ブリュック』出版記念展覧会「はじめまして、ルート・ブリュック」展が都内で開催されます。


出版記念展覧会
「はじめまして、ルート・ブリュック」展


2018年12月21日(金)−2019年1月19日(土)12:00−19:00
※日曜・月曜、年末年始(12.28-1.7)はお休み
Books and Modern + Blue Sheep Gallery(東京・乃木坂)
〒107-0052 東京都港区赤坂9−5−26 パレ乃木坂201
Tel: 03-6804-1046
http://booksandmodern.com



アートディレクター・写真家の前田景が、フィンランドで撮り下ろしたブリュックの作品やラップランドの風景写真を展示するほか、ブリュックのセラミック作品も4点特別展示されるそうです。

そして、来年(2019年)には待望の「ルート・ブリュック展 蝶の軌跡」が開催となります。


ルート・ブリュック展 蝶の軌跡

- 2019年4月27日〜6月16日 東京ステーションギャラリー
- 2019年9月7日〜10月20日 伊丹市立美術館・伊丹市立工芸センター
- 2020年4月25日〜7月5日 岐阜県現代陶芸美術館
そのほか、全国計5会場での開催を予定
https://rutbryk.jp/

展覧会が早く観たくてたまらなくなる一冊です。目黒区立美術館で一目惚れした作家さんの初の作品集が出て、しかも来年初の展覧会が開催されるとは、美術の神様っているものですね〜


はじめまして、ルート・ブリュック

知られざるフィンランドを代表するアーティスト、ルート・ブリュックを日本で初めて本格的に紹介する本。ブリュックは、1942年からアラビア製陶所の美術部門に所属。愛らしい陶板から公共建築の大型壁画まで、約50年にわたり多彩な作品を生み出しました。2019年4月、東京ステーションギャラリーで日本初の大規模展の巡回が始まるのに先駆けて刊行される本書は、ブリュックの代表作やフィンランドのラップランド地方を撮りおろした写真をふんだんに収めたビジュアルブックです。

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5327

JUGEMテーマ:アート・デザイン



| 読書 | 23:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
『カフェのある美術館 感動の余韻を味わう』
世界文化社より監修を務めた『カフェのある美術館 感動の余韻を味わう』が12月11日に発売になります。


カフェのある美術館 感動の余韻を味わう
青い日記帳(監修)

カフェ・レストランに視点を絞った美術館ガイド本として昨年(2017年)に『カフェのある美術館 素敵な時間をたのしむ』を出したところ、予想以上に反響が良く多くの方に手に取って頂けました。

岡田准一さんや吉岡里帆さんのラジオ番組にもこの本がきっかけで出演させて頂くなど、思いもよらぬ展開となりました。


カフェのある美術館 素敵な時間をたのしむ
青い日記帳(監修)

紙の本がなかなか売れない今の時代に、増刷に増刷を重ねられたのは、今までありそうでなかった「アート」と「カフェ」の絶妙な組み合わせが功を奏したのでしょう。

「続編を出してみませんか?」と世界文化社の編集担当さんから打診があった時、「出したくない」「出したい」という相反する思いが同時に起こりました。

「出したくない」理由は簡単で、二匹目のドジョウはいないからです。『カフェのある美術館』はこれ一冊で良いとも思いました。

逆に「出したい」理由としては、前著で掲載したくてもリニューアル中で掲載出来なかった好きなカフェが何軒かあったことです。またどうしても関西方面のカフェが数的に少なかったのでそちらもフォローアップしたい気持ちがありました。



フェルメールの本やその他諸々原稿を抱えていた時期でもあるので、正直しんどかったのですが、折角お声がけ頂いたのに無下にするわけにも行きません。

それと、自分自身も前著を出して以降、意識的に美術館のカフェに以前に増して立ち寄るようになったことや、本の中でお願いした「#カフェのある美術館」がInstagram等SNSで積極的に投稿して頂いているのも後押しになりました。



こちらの記事で訪れた美術館カフェも『カフェのある美術館 感動の余韻を味わう』で取り上げています!

美術ブロガーが伝授!青森のアートスポットを楽しむ10のポイント
諏訪湖の美術館・博物館5選!シルク、名画、オルゴール…アート散歩
福島の個性派美術館へ。世界規模のダリ美術館は必見!

関西のカフェについては、遊行七恵さん(@yugyo7e)のお力をお借りしました。素晴らしいセレクションとなっています。流石遊行さんです!


カフェのある美術館 感動の余韻を味わう
青い日記帳(監修)

「水辺でくつろぐ」「アートビレッジで満喫する」「本格的な料理が味わえる」「独特な空間が楽しい」の4章構成で、前作では紹介できなかった22の美術館を紹介しています。

前著同様に、カフェに惹かれて行きたくなる美術館のガイド本として使って頂くために、大きさは確保しながらも全体はとても軽く(鞄に入れて持ち歩ける)なっています。

アートに感動した後は、お洒落なカフェで余韻に浸ってください。

引き続き、SNSで「#カフェのある美術館」の投稿よろしくお願い致します。

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5321

JUGEMテーマ:アート・デザイン



| 読書 | 23:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
【お知らせ】

↑単眼鏡紹介記事書きました。

おかげさまで重版となりました!


いちばんやさしい美術鑑賞』 (ちくま新書)


編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 感動の余韻を味わう』(世界文化社)12月に発売となりました。


編集・執筆を務めた『フェルメール会議』10月2日発売です!

編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 素敵な時間を楽しむ』(世界文化社)好評発売中です。


青い日記帳(編集)『美術展の手帖』小学館より発売中です。


青い日記帳「出前ブログ」


gooいまトピ連載中

朝日マリオン・コム「ぶらり、ミュージアム」

びゅうたび連載中


山下裕二&井浦新トークショー


青い日記帳コラボグッズ

「展覧会に出かける前に準備しておきたい5つのこと。」

「展覧会を何十倍も楽しむために心がけたい5つの秘訣。」

フェルメールへの招待
國學院大學文学部教授の小池寿子先生監修。不肖私(Tak)が編集と一部執筆しました。詳細はこちら

【展覧会レビュー】
「2018年 展覧会ベスト10」
かみさんが選ぶ「2018年 展覧会ベスト10」
プロが選ぶ「2018年 ベスト展覧会」
読んでおきたい10冊のアート関連本

パリ行って来ました
オランダ行って来ました
 

BLUE HEAVEN(本館)

『文藝春秋』に寄稿しました。

『AERA』に載りました。

「マウリッツハイス美術館展公式ガイドブック」編集・一部執筆しました

「ザ・シネマ」に寄稿しました。

トークショーに出演しました

日経に掲載されました

朝日新聞に掲載されました

再び日経に掲載されました

「美連協ニュース」寄稿

『アートコレクター』で紹介されました

Yahoo!カテゴリ絵画に登録されました

+ CATEGORIES
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
+RECOMMEND
  
ロマネスク美術革命 (新潮選書)
ロマネスク美術革命 (新潮選書) (JUGEMレビュー »)
金沢 百枝
11~12世紀のロマネスクこそは、ヨーロッパ美術を大きく塗りかえる「革命」だった。宮廷文化から民衆文化への流れのなかで、知識より感情を、写実よりかたちの自由を優先する新たな表現が、各地でいっせいに花ひらく。古代ギリシア・ローマやルネサンスだけがスタンダードではない。モダン・アートにも通じる美の多様性を、豊富な図版を例に解きあかす。
+RECOMMEND
  
『フェルメール展』公式ガイドブック (AERAムック)
『フェルメール展』公式ガイドブック (AERAムック) (JUGEMレビュー »)
朝日新聞出版
記事書いています。是非お手に取ってみて下さい。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
若冲の描いた生き物たち
若冲の描いた生き物たち (JUGEMレビュー »)
小林 忠,小宮 輝之,湯浅 浩史,佐々木 猛智,本村 浩之,秋篠宮 文仁
若冲と学研がコラボした画期的な若冲本!レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
叢 小田康平の多肉植物
叢 小田康平の多肉植物 (JUGEMレビュー »)
小田 康平
「人の間にあるサボテン−自由な美しさ、見たことのないトーン。自然と人との関わり、その不思議を小田康平さんは知っている。とても豊かだ」レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ)
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ) (JUGEMレビュー »)
岡田 裕子,阿部 謙一,松下 学
現代美術家岡田裕子が主宰、会田誠顧問による謎の人形劇団「劇団★死期」の伝説の公演を小説化。アートの知識を楽しく学べる児童文学。

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
名画のネコはなんでも知っている
名画のネコはなんでも知っている (JUGEMレビュー »)
井出 洋一郎
ゴッホ、ミレー、ゴーギャン、ゴヤ、ルノワール、歌麿、北斎、国芳などの天才画家たちの思想を、まさかのネコ目線でひも解く、新感覚な名画解説書。
+RECOMMEND
  
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ) (JUGEMレビュー »)
オノユウリ
アートに囲まれて働く美術館学芸員。優雅な職業のイメージだけど、実際は日々、ドタバタの連続なのです!? 展覧会の舞台裏から、学芸員のお仕事のリアルまで。美術館の知られざる一面を描くコミックエッセイ!
+RECOMMEND
  
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556)
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556) (JUGEMレビュー »)
山本 聡美
腐敗し白骨化してゆく亡骸の様子を克明に描く「九相図」。仏教とともに伝来し、日本に深く根を下ろしたこの図像には、生と死、そして肉体の無常をめぐるいかなる想いが秘められているのか。豊富な図版とともに探る。
+RECOMMEND
  
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル)
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル) (JUGEMレビュー »)
谷口 ジロー
ルーヴル美術館とビッグコミックオリジナルの共同企画。オールカラー豪華版。
+RECOMMEND
  
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス)
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス) (JUGEMレビュー »)
黒田 いずま
美術館で働く学芸員の近江さん。個性豊かなメンツが解説、展示、監視などの仕事を通して、日々様々な工夫をしながら楽しく来館者をお出迎えする日常をユーモラスかつ鋭いツッコミで描いた作品。
+RECOMMEND
  
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡 (JUGEMレビュー »)

普段は単眼鏡で済ませていますが、どうしても隅々まで観たい作品の場合はこの双眼鏡を使ってます。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書)
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書) (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
美術史の実践方法が最後にまとめられています!世界が変わる、名画の見方。前作「西洋美術史入門」からさらに一歩奥へ。池上英洋 著

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection)
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection) (JUGEMレビュー »)
川端 康雄,加藤 明子
夏目漱石をイチコロにしたウォーターハウスの文学性と蠱惑的な魅力を余すところなく紹介!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福 (JUGEMレビュー »)
池永康晟
日本画の異才“池永康晟”がベールを脱ぐ!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
すゞしろ日記 弐
すゞしろ日記 弐 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
画家・山口晃のエッセー漫画第2弾。

面白きことも無き世を、面白く!

画家・山口晃の“どーでもいいけど楽しげなこと”満載
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫)
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
宮下規久朗
宮下規久朗先生の最新刊!絵画に描かれた代表的な「モチーフ」を手掛かりに美術を読み解く、画期的な名画鑑賞の入門書。カラー図版150点を収録した文庫オリジナル。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工 (JUGEMレビュー »)

「これ一冊で日本美術を鑑賞する際の知識が全て揃う」
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
アイテムで読み解く西洋名画
アイテムで読み解く西洋名画 (JUGEMレビュー »)
佐藤 晃子
西洋絵画を鑑賞する際に必要となる宗教画,神話画の50のアトリビュートを紹介。ありそうで無かった絵画ファン待望の一冊。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術鑑賞手帳
美術鑑賞手帳 (JUGEMレビュー »)

美術鑑賞の楽しみをさらに広げるこれまでになかった手帳です。ミニガイドと書き込み式の鑑賞の記録ページが一緒に。

自分もお手伝いさせて頂きました。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
画家の食卓
画家の食卓 (JUGEMレビュー »)
林 綾野
画家たちが楽しんだ26のレシピを再現。クレー、フェルメール、セガンティーニ、メムリンクの暮らしと創作現場を巡る旅。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い (JUGEMレビュー »)
サンディ ネアン
とかく扇情的に扱われる美術品盗難。だが実際は、麻薬や犯罪に絡む危険な裏社会と結びつく場合が多い。事件に巻き込まれた学芸員の立場からその実態を訴え、問題点を考察する一書。 レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
江戸の献立 (とんぼの本)
江戸の献立 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
福田 浩,松井 今朝子,松下 幸子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻))
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻)) (JUGEMレビュー »)
長岡 龍作
法隆寺金堂内陣は、普段は大変暗い上に太い円柱に加え、金網が廻らされており、その詳細はなかなか見ることができません。今までに撮影された写真も鮮明さということでは満足のゆくものではありませんでした。今回は最新の撮影技術により、南面(正面)のみならず、北面(背面)からも撮影。その結果、全く見たことがない写真を目の当たりにすることになりました。仏像の質感と量感、豊かな色彩に感嘆し、感動をおぼえる一冊となっています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
山口晃 大画面作品集
山口晃 大画面作品集 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
8年ぶり、待望の最新作品集。11月26日発売!予約しないと!!

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本)
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
山本 勉,ヤノベ ケンジ,橋本 麻里,みうら じゅん
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
知識ゼロからのキリスト教絵画入門
知識ゼロからのキリスト教絵画入門 (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
池上英洋先生が易しく紐解く『聖書』の世界。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
芸術家の家: 作品の生まれる場所
芸術家の家: 作品の生まれる場所 (JUGEMレビュー »)
ジェラール=ジョルジュ ルメール,ジャン=クロード アミエル
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
フェルメールへの招待
フェルメールへの招待 (JUGEMレビュー »)

不肖・私がフェルメール30作品の解説執筆と全体の編集に携わった一冊です。オールカラーB5版。96ページから成る、これまでにないフェルメールパーフェクトガイドです。主に「フェルメール初心者」に向け丁寧に噛み砕いた表現で綴られているので、美術の専門用語を知らずともフェルメール作品について一通りの知識を得ることが出来ます。

お手に取って頂ければ幸甚です。よろしくお願い致します。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件 (JUGEMレビュー »)
レニー ソールズベリー,アリー スジョ
来歴さえあれば、たとえ贋作でも「ほんもの」になる。詐欺師は驚くべき方法で美術史を捏造した。美術界を震憾させた事件を追うドキュメンタリー。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース)
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース) (JUGEMレビュー »)
林 綾野
林綾野さんの待望のフェルメール本!レビュー&インタビュー→こちら
+RECOMMEND
  
ヴァチカン物語 (とんぼの本)
ヴァチカン物語 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
塩野 七生,藤崎 衛,石鍋 真澄
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
野兎の眼
野兎の眼 (JUGEMレビュー »)
松本 典子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105 (JUGEMレビュー »)

掌に収まる単眼鏡は、必要なときにサッとポケットなどから取り出して使える便利な、美術館・博物館必須アイテム。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術のことば案内
日本美術のことば案内 (JUGEMレビュー »)
日高 薫
レビュー→こちら
日本美術鑑賞の際に、よく出てくる言葉を満載。絵画、彫刻、工芸品などの具体的な写真をふんだんに使い紹介
+RECOMMEND
  
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS

 1/75PAGES >>

このページの先頭へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...