青い日記帳 

  
TB&リンク大歓迎です!
植本一子『フェルメール』
ナナロク社+ブルーシープより刊行となった植本一子『フェルメール』を読んでみました。


フェルメール
植本 一子 (著)

世界7ヵ国、17の美術館に点在するフェルメール作品を全て鑑賞することは、フェルメールファンの大きな夢です。

自分も約10年前に全てのフェルメール作品を観終えましたが、全て「現地で観た」わけではありません。例えば一番最後の作品となった「手紙を書く婦人と召使い」は上野の東京都美術館で目にしました。

コンプリートの旅終焉の地がアイルランド・ナショナル・ギャラリーではなく上野であったというちょっと間抜けな面も自分らしくていいかな〜と今では思っています。


ェルメールの筆遣い、息遣い。(「手紙を書く婦人と召使い」アイルランド・ナショナル・ギャラリー)

ナナロク社+ブルーシープが世に放った、植本一子『フェルメール』は全体を通して凛とした美しさに満たされています。

現地で撮影した写真と紀行文で構成されており、読んだだけでフェルメール作品コンプの旅を追体験できます。

(紀行文より抜粋)
20時を過ぎると、トンネルの中を走っているかのように外は真っ暗になった。それでも暗闇を凝視していると、たまに一点の光が見える。目をこらすと、窓から漏れる家の明かりだった。小さな町の、名もなき人の生活の光。
光があるということは、そこには人が生きているということなのだ。
———2018.3.22 曇りのち雪 ドイツ フランクフルトからウイーンに向かう車中にて



フェルメール「取り持ち女」

一体現地の美術館はどんなところなのだろ。展示室でどんな風に飾られているのだろう。そもそもどんな額縁に入れられているのだろう。などなど、この本がほとんど解決してくれます。これはこれまでのどの「フェルメール本」になかった要素です。

小林頼子先生や朽木頼子さんの著書を既にお持ちの方も、今回出た『フェルメール』を強くお勧めします。なによりこの私が心底惚れ込んだのですから!


絵を見るまなざし。(「牛乳を注ぐ女」アムステルダム国立美術館、オランダ)

家庭の事情もあり、ここ何年かは長期間の海外旅行は不可能となってしまいました。同じく様々な理由でヨーロッパやアメリカの美術館でフェルメールに会いたいとけど残念ながら行けない…そんな方は大勢いらっしゃるはずです。

同じ目、同じ耳、同じ感覚でとは行きませんが、かなりの高確率で植本一子さんのテキストと写真にシンクロ出来ます。我を前面に強く出していないでスッと繋がれるのです。


フェルメールのある場所、その空気、名画を巡る旅。(アムステルダム市街)

上野の森美術館で開催中の「フェルメール展」に来ている作品が、現地ではどのように、どんな場所に展示されているのかをリサーチする楽しみもこの本にはあります。

ワシントン・ナショナル・ギャラリーまで行かずともこの本で「全点踏破」した気分を味わえます。存分に。


フェルメール「赤い帽子の娘」

(紀行文より抜粋)
ちっちゃなデジカメをこれでもかと近づけて撮っている日本人のおばさんが「どこにフェルメールって書いてあるの?」と旦那さんに聞いている。フェルメールはVermeerの英語表記が読めなかったのだろう。ここに書いてあるでしょ、と絵の下のキャプションを指差す。「フルートを持つ女」の下に「A TRIBUTED TO〜」とあるのを見て、これは確証がないって意味だよ、と説明している。こんなにちっちゃかったんだねえ、と二人で感想を言い合っているが、確かに私もここまで小さいとは思っていなかった。きっと家族旅行で、フェルメールを楽しみにしていたのだろう。いつまでも部屋にとどまり、時間をかけてじっくりと見ている。「手紙を書く女」の前で旦那さんが立ち止まり、まじまじと眺めながら「普通はこんなに近くで見せてくんないよ、素晴らしい」とつぶやいた。気づけばここには制止線がなかった。
———2018.5.14 アメリカ・ワシントンD.C. ワシントン・ナショナル・ギャラリー


アムステルダム、ウィーン、ベルリン、パリ、ロンドン、ダブリン、ニューヨーク、ワシントン−−−。7カ国17の美術館を飛行機と鉄道でめぐる約3週間の度の記録として読むだけでも十分面白くワクワクします。

この本をバイブルに追体験するのもよし、がっつり読み込んで行った気分に浸るのもよし。読書の秋と芸術の秋を同時に満喫できる類書の無い一冊です。


フェルメール
植本 一子 (著)

判型:B6判変形、仮フランス装、288ページ(予定)
発行:ナナロク社+ブルーシープ
発売:ナナロク社(ISBN)
アートディレクション:TAKAIYAMA inc.
制作:村井光男(ナナロク社)+草刈大介(ブルーシープ)
http://bluesheep.jp



植本一子『フェルメール』10の魅力
1 世界最新のフェルメール全集
2 気鋭の写真家・文筆家、植本一子によるアートプロジェクト
3 世界初、欧米7カ国17の美術館を取材し、1人の写真家が全作品を撮り下ろし
4 絵画を見た感動を共有し、「絵を見ること」を問いかける、新しい画集
5 フェルメールの筆使い、息遣いを感じる斜めや正面からのクローズアップを収録
6 各地でのフェルメール作品の展示方法、個性的な壁の色や来場者の様子を収録
7 フェルメール作品を所蔵する世界的な美術館の外観、街の空気感を収録
8 エッセーで定評のある植本一子の、3週間に5万字の及ぶ紀行文を収録
9 マウリッツハイス美術館修復家サブリナ・メローニ氏の寄稿文収録
10 出版業界の常識を破る、ナナロク社とブルーシープの強みをかけあわせた共同制作。


フェルメールのある場所、その空気、名画を巡る旅。(ケンウッド・ハウス、イギリス)

写真家で文筆家の植本一子が、フェルメールの筆遣いと息づかい、名画のある場所とその空気、絵を見る千差万別のまなざしを、美しい写真と言葉で記録した新しい美術書『フェルメール』。良い本を手に入れました。

「フェルメール展」に行かれる方、必携ですよ!


Kenko 単眼鏡 ギャラリーEYE 4倍 12mm口径 最短合焦距離19cm 日本製 001400

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5256

JUGEMテーマ:アート・デザイン



| 読書 | 22:56 | comments(1) | trackbacks(0) |
若冲レッドの万年筆!
平成元年創刊、小学館発行の月刊誌『サライ』は9月10日発売の10月号で創刊29周年を迎えるそうです。


サライ 2018年 10 月号 [雑誌]

雑誌がどんどん廃刊、休刊となっている現在、実に息の長い雑誌ですよね。

刊行当初は自分よりも年齢がかなり上の方向けの内容でしたので、立ち読みはしても購入するまでには至りませんでした。

それから約30年が経ち、自分もすっかりサライ世代となり、毎号発売になるのを楽しみにしています。

意外に思われるかもしれませんが、『サライ』は美術特集が毎号かなりしっかりしています。テキストは勿論使われている画像(写真)がとても美しく、流石大手出版社だな〜と唸ることしばしば。



今月号の『サライ』は付録も充実しています。何と!若冲万年筆が付いてくるのです。

伊藤若冲の鮮烈な「赤」を再現した『サライ』謹製万年筆は、握りやすい太軸でインクカートリッジつき。クリップなどには艶消しの金が配されているのがポイントです。

ペン先はステンレス製。適度な弾力があり、やわらかい書き味。インクがなくなったら、市販のヨーロッパタイプ(欧州共通規格)のカートリッジに交換して使えます。

この若冲レッド万年筆のデザインは、「動植綵絵 南天雄鶏図」など複数の作品に若冲が好んで描いた、南天の赤い実を図案化してあしらったものだそうです。


伊藤若冲「動植綵絵 南天雄鶏図」

この作品をはじめとした、若冲の濃密な絵画に関しては、拙著『いちばんやさしい美術鑑賞』でも1章を割いてしっかりたっぷりと書いてみました。

こちらも合わせて是非!


サライ 2018年 10 月号 [雑誌]

50ページ大特集「日本美術と紅葉の京都」。絵画、建築、仏像、庭園……国宝・重要文化財など美の秘宝に出会える古都探訪の決定版です。とじ込み付録「京都散策地図」つき。

「若冲とフェルメール」特集を組んでいるこちらも手に取って見て下さい。


和樂(わらく) 2018年 10 月号 [雑誌]

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5227

JUGEMテーマ:アート・デザイン



| 読書 | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
『ワカダンナ』
株式会社リイド社より刊行となった『ワカダンナ』を読んでみました。


ワカダンナ (乱コミックス)
塩川 桐子 (著)

以前と比べテレビで時代劇がめっきり減ってしまった今では近くて遠い存在となりつつある江戸時代。

絵画の世界では、江戸時代の人々がどんな生活を送っていたのか、浮世絵などから垣間見ることが出来ます。

ただ、もう少し手軽に江戸っ子たちの日常を知れたらいいな〜とぼんやりと思っていたところに現れた一冊がこの『ワカダンナ』でした。


登場人物もどこか浮世絵風。

ワカダンナ』は、マンガと浮世絵が見事に融合した6つの短編集です。

【ワカダンナ】
【萩の宿】
【蛙-かはづ-】
【雪】
【侠-きゃん-】
【ふきちゃん】


いずれもテイストの違うお話なので、新鮮な気持ちでページをめくる楽しみがあります。



猫を愛しすぎる若旦那とそれに振りまわされる小僧さん、童にまじって手習いに勤しむワケアリ女性などなど…個性的な登場人物も魅力です。


小村雪岱風の作画も。

一般的な漫画本よりも一回り大きなサイズ(A5判)なので、最近手元の文字が読みにくくなりつつある自分にも嬉しい活字の大きさです。

内容ももちろんですが、浮世絵風の絵にとても惹かれました。これシリーズ化して欲しいな〜

書店で偶然目に留まり表紙だけで内容もチェックせずに買った一冊。これは当たりでした!よろしければ読んでみて下さいませ!


ワカダンナ (乱コミックス)
塩川 桐子 (著)

ヒット大江戸&猫マンガ『差配さん』を手がけたハートフルドラマの名手が贈る珠玉の短編集! !
「猫好きすぎ若旦那」「手習い女子」 「大人の悲恋」「こじらせ系カップル」などなど…
江戸の市井には「人」の数だけ悲喜こもごものドラマがございました。
遠い昔の日常にも、たしかにあった喜怒哀楽。
そこに生きた人々の物語を活写する短編集でございます!



差配さん

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5219

JUGEMテーマ:アート・デザイン



| 読書 | 22:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
『高野山の宿坊 公式ガイドBOOK』
株式会社エイ出版社より刊行となった『高野山の宿坊 公式ガイドBOOK』を読んでみました。


高野山の宿坊 公式ガイドBOOK
エイ出版社編集部 (編集)

若い時は海外のしかも名の知れたホテルに泊まり、身分不相応と分かっていながらもお高いディナーなんぞを食べに行くことが楽しみでしたが、歳を重ねると海外よりも国内へ次第と目が向くようになるものです。

更に、ありふれた観光地のホテルでは飽き足らず、貴重な体験が出来るちょっと変わった宿に泊まってみたくなってきた矢先に出会った一冊が『高野山の宿坊 公式ガイドBOOK』でした。



タイトルを見れば本の内容はすぐに分かります。ストレートなタイトルです。

今注目を集めている「宿坊」とは宿泊施設を備えたお寺のことです。つまりお寺に宿泊が出来るのです。となると出されるお料理はガチな精進料理であったり、お坊さんと共に朝のお勤め(朝勤行)を行えたりします。


写経が出来る宿坊もあるそうです。

世界文化遺産にも指定されてる霊場・高野山には古くから宿坊が存在していました。現在も52もの宿坊が存在し誰でも泊まることが出来ます。

高野山の宿坊 公式ガイドBOOK』では、その全ての宿坊を丁寧に写真付きで紹介しています。

【主な内容】
●巻頭1「世界遺産の霊場「高野山」の見どころを完全紹介! 」
・弘法大師が描いた高野山の世界
・曼荼羅の世界が体験できる壇上伽藍(大塔、金堂 ほか)
・信仰の聖地(弘法大師御廟、奥之院参道)
・高野山真言宗の総本山(金剛峯寺)
・高野山の旧跡(女人堂、大門、徳川家霊台 ほか)
・高野山の宝物(霊宝館)
・高野山の年中行事
●巻頭2「宿坊を100%楽しむ方法」
・宿坊の泊まり方(宿坊とは? 予約の仕方は? 料金は?)
・◯魅力1 朝勤行 〇魅力2 精進料理 〇魅力3 阿字観
 〇魅力4 写経 〇魅力5 御朱印をいただく
●本編「高野山の宿坊 完全ガイド(52カ寺×2p)」ここでは、52ある宿坊をすべて2ページで紹介。
各寺院の歴史や特徴、見どころや精進料理をわかりやすく紹介。




勇気を出して宿坊初体験!をこの秋計画している人(自分のことです…)にはまさにうってつけの一冊です。お盆で帰省した際に実家で隅から隅まで目を通していると、心は早くも高野山へ。。。

「フェルメール展」が始まってひと段落しないと旅行どころではない今年の秋ですが、せめて空想旅行だけでも。



最近は、海外から高野山の宿坊に泊まることを一番の目的として来日する人も増えているそうです。人気の秘密も読んでいるとよく分かります。「モノ消費」より「コト消費」のターンに入っている証のひとつと言えるでしょう。

弘法大師空海が真言密教の道場として開創して以来、1200年もの間日本人に篤く信仰された日本最大の宗教都市。世界広しといえども高野山に匹敵する場所はそうそうありません。



先日、四国八十八ヶ所霊場の一番札所である霊山寺(りょうぜんじ)を訪れた際も、海外からお遍路、巡礼者の姿を目にしました。

ナイフやフォークを器用に使いバターたっぷりのソースでいただくお料理よりも、精進料理に興味関心が多少なりとも移った時こそ、『高野山の宿坊 公式ガイドBOOK』を手にする時です。

ご一緒に高野山の宿坊に泊まりに行きませんか。


高野山の宿坊 公式ガイドBOOK
エイ出版社編集部 (編集)
高野山の宿坊に泊まる醍醐味を多くの方に知っていただけるよう、2013年8月に発売したムック「高野山 宿坊の旅」を改訂し、データ等を最新情報に変え、持ち運びに便利なハンディ版(A5)の書籍としてお届けします。「宿坊に泊まるなんて、ちょっとハードルが高そう……」と思ってしまうアナタ。この本を片手に、宿坊巡りの旅へ出かけましょう。
Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5202

JUGEMテーマ:アート・デザイン



続きを読む >>
| 読書 | 21:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
『天平の楽園 東大寺』
求龍堂より刊行となった『天平の楽園 東大寺』を読んでみました。


天平の楽園 東大寺
三好和義 (著)

修学旅行や観光で一度ならず何度も訪れたことのあるであろう、奈良・東大寺。

限られた時間内で急かされるように拝観しただけの方もいれば、二月堂のお水取り目当てに出向いた方もいることでしょう。

しかし、『天平の楽園 東大寺』に掲載された東大寺や仏像の写真は、いずれもまるで初めて目にするようなものばかりなのです。

陳腐な表現となってしまいますが、まさに「感動」が詰まった一冊です。


天平の楽園 東大寺

ひとたび、東大寺の寺宝を紹介する展覧会が開かれれれば多くの来場者が押し寄せる、法隆寺、興福寺と並ぶ奈良屈指の名刹に写真家の三好和義が挑んでいます。

いにしえから伝わる、目に見えないものを、見えるように写す。

誰しもが知る東大寺だからこそ、ページをめくるたびに驚きと感動が待っているのです。日々の寺での生活の様子や、四季折々の花、そして不空羂索観音菩薩立像(国宝)をはじめとする仏像たち。



昨年(2017年)から三好は泊まり込みで何日も何日も東大寺へ通い、軌跡の瞬間をとらえることに挑戦しました。

「いくら奈良に住んだからと云って、そう簡単には切り取れるものではない。」と東大寺別当・狭川普文氏がこの本で述べているように、美しく荘厳でそして今までに見たこともない写真を三好はカメラで捉えました。



また、特別に許可を得て撮影された二月堂の修二会(お水取り)の写真は霊妙で、この世のものとは思えません。

安っぽい言葉しか出てこず、良さを伝えきれないのが心苦しいのですが、期待値200%で手にしてもがっかりはさせないはずです。少しも。



秘仏・執金剛神立像(国宝)をはじめとする仏像写真も圧巻です。あの有名な廬舎那仏をまさかのアングルで捉えています。

写真集には珍しく、巻末に写真それぞれの解説が掲載されており、展覧会の図録並みの情報量を兼ね備えています。あらためて文章を読んでみて、自分の知識のいい加減さにがっかりさせられました。

有名な寺院ほど、大雑把にしか知識を蓄えていなかったりするものです。

三好氏のあり得ない神秘的な写真を、おおうちおさむ氏のブックデザインによりなお一層引き立てられています。楽園はこんな身近にあったのです。


天平の楽園 東大寺
三好和義 (著)

本書は、写真家三好和義が、壮麗に花開いた天平文化の刻を再現するために居を奈良にも構え、奇跡的な条件にもめぐまれ実現に至った、今までにない東大寺の決定版写真集。
冬の澄んだ夜空のもと、北極星をぴたりと真上にして、無数の星を背に浮かび上がる荘厳な大仏殿、早朝の境内を深く包み込み、一瞬後には夢のように姿を消した雲海など、四季折々、目を奪われるような美の瞬間がめくるめく現れる。
また、特別に許可を得て撮った二月堂で行われる修二会「お水取り」の神秘的な様子、法華堂(三月堂)に安置されている不空羂索観音菩薩立像(国宝)、秘仏・執金剛神立像(国宝)、戒檀院の四天王立像、誕生釈迦仏立像、盧舎那仏坐像(国宝)などの仏像の撮影では、通常の拝観では見ることのできない細部の美しい彩色、繊細な装飾、力強い表情などを捉えた。



三好和義写真展
「天平の楽園・東大寺と正倉院」


会期:平成30年7月3日(火)〜13日(金)
会場:東大寺本坊大広間(奈良県奈良市雑司町406-1)
時間:9:30-17:30(最終日のみ15:00まで)(入場は閉館30分前)
展示作品数:70点
主催:「天平の楽園」実行委員会
特別協力:華厳宗大本山 東大寺
共催:日本経済新聞社
後援:一般財団法人 奈良県ビジターズビューロー、公益社団法人 奈良市観光協会
特別協賛:岡村印刷工業
協賛:奈良トヨタ、トヨタL&F奈良、南都銀行、モンベル、ニコンイメージングジャパン、シマブンコーポレーション
協力:ABCテレビ、エプソン販売、ジェットグラフ、アワガミファクトリー
設営:七彩
照明:大光電機
会場デザイン:おおうちおさむ
http://www.todaiji.or.jp/

Twitterやってます。
@taktwi

Facebookもチェック!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5160

JUGEMテーマ:アート・デザイン



| 読書 | 22:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
【お知らせ】
おかげさまで重版となりました!


いちばんやさしい美術鑑賞』 (ちくま新書)


編集・執筆を務めた『フェルメール会議』10月2日発売です!

編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 素敵な時間を楽しむ』(世界文化社)好評発売中です。


青い日記帳(編集)『美術展の手帖』小学館より発売中です。


青い日記帳「出前ブログ」


gooいまトピ連載中

朝日マリオン・コム「ぶらり、ミュージアム」

びゅうたび連載中


山下裕二&井浦新トークショー


青い日記帳コラボグッズ

「展覧会に出かける前に準備しておきたい5つのこと。」

「展覧会を何十倍も楽しむために心がけたい5つの秘訣。」

フェルメールへの招待
國學院大學文学部教授の小池寿子先生監修。不肖私(Tak)が編集と一部執筆しました。詳細はこちら

【展覧会レビュー】
「国宝 雪松図と花鳥 美術館でバードウォッチング」
「上原コレクション名品選」
「セーヴル、創造の300年」
「パリ・グラフィック」
かみさんが選ぶ「2017年 展覧会ベスト10」
プロが選ぶ「2017年 ベスト展覧会」
読んでおきたい10冊のアート関連本

パリ行って来ました
オランダ行って来ました
 

BLUE HEAVEN(本館)

『文藝春秋』に寄稿しました。

『AERA』に載りました。

「マウリッツハイス美術館展公式ガイドブック」編集・一部執筆しました

「ザ・シネマ」に寄稿しました。

トークショーに出演しました

日経に掲載されました

朝日新聞に掲載されました

再び日経に掲載されました

「美連協ニュース」寄稿

『アートコレクター』で紹介されました

Yahoo!カテゴリ絵画に登録されました

+ CATEGORIES
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+RECOMMEND
  
ロマネスク美術革命 (新潮選書)
ロマネスク美術革命 (新潮選書) (JUGEMレビュー »)
金沢 百枝
11~12世紀のロマネスクこそは、ヨーロッパ美術を大きく塗りかえる「革命」だった。宮廷文化から民衆文化への流れのなかで、知識より感情を、写実よりかたちの自由を優先する新たな表現が、各地でいっせいに花ひらく。古代ギリシア・ローマやルネサンスだけがスタンダードではない。モダン・アートにも通じる美の多様性を、豊富な図版を例に解きあかす。
+RECOMMEND
  
『フェルメール展』公式ガイドブック (AERAムック)
『フェルメール展』公式ガイドブック (AERAムック) (JUGEMレビュー »)
朝日新聞出版
記事書いています。是非お手に取ってみて下さい。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
若冲の描いた生き物たち
若冲の描いた生き物たち (JUGEMレビュー »)
小林 忠,小宮 輝之,湯浅 浩史,佐々木 猛智,本村 浩之,秋篠宮 文仁
若冲と学研がコラボした画期的な若冲本!レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
叢 小田康平の多肉植物
叢 小田康平の多肉植物 (JUGEMレビュー »)
小田 康平
「人の間にあるサボテン−自由な美しさ、見たことのないトーン。自然と人との関わり、その不思議を小田康平さんは知っている。とても豊かだ」レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ)
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ) (JUGEMレビュー »)
岡田 裕子,阿部 謙一,松下 学
現代美術家岡田裕子が主宰、会田誠顧問による謎の人形劇団「劇団★死期」の伝説の公演を小説化。アートの知識を楽しく学べる児童文学。

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
名画のネコはなんでも知っている
名画のネコはなんでも知っている (JUGEMレビュー »)
井出 洋一郎
ゴッホ、ミレー、ゴーギャン、ゴヤ、ルノワール、歌麿、北斎、国芳などの天才画家たちの思想を、まさかのネコ目線でひも解く、新感覚な名画解説書。
+RECOMMEND
  
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ) (JUGEMレビュー »)
オノユウリ
アートに囲まれて働く美術館学芸員。優雅な職業のイメージだけど、実際は日々、ドタバタの連続なのです!? 展覧会の舞台裏から、学芸員のお仕事のリアルまで。美術館の知られざる一面を描くコミックエッセイ!
+RECOMMEND
  
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556)
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556) (JUGEMレビュー »)
山本 聡美
腐敗し白骨化してゆく亡骸の様子を克明に描く「九相図」。仏教とともに伝来し、日本に深く根を下ろしたこの図像には、生と死、そして肉体の無常をめぐるいかなる想いが秘められているのか。豊富な図版とともに探る。
+RECOMMEND
  
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル)
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル) (JUGEMレビュー »)
谷口 ジロー
ルーヴル美術館とビッグコミックオリジナルの共同企画。オールカラー豪華版。
+RECOMMEND
  
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス)
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス) (JUGEMレビュー »)
黒田 いずま
美術館で働く学芸員の近江さん。個性豊かなメンツが解説、展示、監視などの仕事を通して、日々様々な工夫をしながら楽しく来館者をお出迎えする日常をユーモラスかつ鋭いツッコミで描いた作品。
+RECOMMEND
  
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡 (JUGEMレビュー »)

普段は単眼鏡で済ませていますが、どうしても隅々まで観たい作品の場合はこの双眼鏡を使ってます。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書)
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書) (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
美術史の実践方法が最後にまとめられています!世界が変わる、名画の見方。前作「西洋美術史入門」からさらに一歩奥へ。池上英洋 著

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection)
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection) (JUGEMレビュー »)
川端 康雄,加藤 明子
夏目漱石をイチコロにしたウォーターハウスの文学性と蠱惑的な魅力を余すところなく紹介!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福 (JUGEMレビュー »)
池永康晟
日本画の異才“池永康晟”がベールを脱ぐ!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
すゞしろ日記 弐
すゞしろ日記 弐 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
画家・山口晃のエッセー漫画第2弾。

面白きことも無き世を、面白く!

画家・山口晃の“どーでもいいけど楽しげなこと”満載
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫)
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
宮下規久朗
宮下規久朗先生の最新刊!絵画に描かれた代表的な「モチーフ」を手掛かりに美術を読み解く、画期的な名画鑑賞の入門書。カラー図版150点を収録した文庫オリジナル。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工 (JUGEMレビュー »)

「これ一冊で日本美術を鑑賞する際の知識が全て揃う」
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
アイテムで読み解く西洋名画
アイテムで読み解く西洋名画 (JUGEMレビュー »)
佐藤 晃子
西洋絵画を鑑賞する際に必要となる宗教画,神話画の50のアトリビュートを紹介。ありそうで無かった絵画ファン待望の一冊。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術鑑賞手帳
美術鑑賞手帳 (JUGEMレビュー »)

美術鑑賞の楽しみをさらに広げるこれまでになかった手帳です。ミニガイドと書き込み式の鑑賞の記録ページが一緒に。

自分もお手伝いさせて頂きました。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
画家の食卓
画家の食卓 (JUGEMレビュー »)
林 綾野
画家たちが楽しんだ26のレシピを再現。クレー、フェルメール、セガンティーニ、メムリンクの暮らしと創作現場を巡る旅。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い (JUGEMレビュー »)
サンディ ネアン
とかく扇情的に扱われる美術品盗難。だが実際は、麻薬や犯罪に絡む危険な裏社会と結びつく場合が多い。事件に巻き込まれた学芸員の立場からその実態を訴え、問題点を考察する一書。 レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
江戸の献立 (とんぼの本)
江戸の献立 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
福田 浩,松井 今朝子,松下 幸子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻))
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻)) (JUGEMレビュー »)
長岡 龍作
法隆寺金堂内陣は、普段は大変暗い上に太い円柱に加え、金網が廻らされており、その詳細はなかなか見ることができません。今までに撮影された写真も鮮明さということでは満足のゆくものではありませんでした。今回は最新の撮影技術により、南面(正面)のみならず、北面(背面)からも撮影。その結果、全く見たことがない写真を目の当たりにすることになりました。仏像の質感と量感、豊かな色彩に感嘆し、感動をおぼえる一冊となっています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
山口晃 大画面作品集
山口晃 大画面作品集 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
8年ぶり、待望の最新作品集。11月26日発売!予約しないと!!

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本)
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
山本 勉,ヤノベ ケンジ,橋本 麻里,みうら じゅん
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
知識ゼロからのキリスト教絵画入門
知識ゼロからのキリスト教絵画入門 (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
池上英洋先生が易しく紐解く『聖書』の世界。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
芸術家の家: 作品の生まれる場所
芸術家の家: 作品の生まれる場所 (JUGEMレビュー »)
ジェラール=ジョルジュ ルメール,ジャン=クロード アミエル
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
フェルメールへの招待
フェルメールへの招待 (JUGEMレビュー »)

不肖・私がフェルメール30作品の解説執筆と全体の編集に携わった一冊です。オールカラーB5版。96ページから成る、これまでにないフェルメールパーフェクトガイドです。主に「フェルメール初心者」に向け丁寧に噛み砕いた表現で綴られているので、美術の専門用語を知らずともフェルメール作品について一通りの知識を得ることが出来ます。

お手に取って頂ければ幸甚です。よろしくお願い致します。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件 (JUGEMレビュー »)
レニー ソールズベリー,アリー スジョ
来歴さえあれば、たとえ贋作でも「ほんもの」になる。詐欺師は驚くべき方法で美術史を捏造した。美術界を震憾させた事件を追うドキュメンタリー。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース)
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース) (JUGEMレビュー »)
林 綾野
林綾野さんの待望のフェルメール本!レビュー&インタビュー→こちら
+RECOMMEND
  
ヴァチカン物語 (とんぼの本)
ヴァチカン物語 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
塩野 七生,藤崎 衛,石鍋 真澄
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
野兎の眼
野兎の眼 (JUGEMレビュー »)
松本 典子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105 (JUGEMレビュー »)

掌に収まる単眼鏡は、必要なときにサッとポケットなどから取り出して使える便利な、美術館・博物館必須アイテム。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術のことば案内
日本美術のことば案内 (JUGEMレビュー »)
日高 薫
レビュー→こちら
日本美術鑑賞の際に、よく出てくる言葉を満載。絵画、彫刻、工芸品などの具体的な写真をふんだんに使い紹介
+RECOMMEND
  
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS

 1/73PAGES >>

このページの先頭へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...