青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「若冲と応挙展」 | main | ひまわり「モネパレット」 >>

「パリへ―洋画家たち百年の夢展」

東京藝術大学大学美術館で開催中の東京藝術大学創立120周年企画
「パリへ―洋画家たち百年の夢〜黒田清輝、藤島武二、藤田嗣治から現代まで〜」展に行って来ました。



ポスターやチラシに用いられている黒田清輝の「婦人像(厨房)」が
描かれたのは1892年。明治21年のこと。
明治維新後、法律を学びに渡欧した黒田がパリで山本芳翠らに感化され
洋画家に転身してしまったのが1886年ですから画家を目指してたった5,6年で
描きあげてしまった作品ということになります。

私は今回、初めて実際にこの作品を目の当りにし、今まで抱いていた明治時代以降、所謂近代洋画家のイメージに一瞬にして明かりが差し込んで来たような強い印象を受けました。

決して明るくはない寒々しい厨房で一人座す女性を描いた作品。
焦点の合わせ具合、影のつけ具合、そして勿論構図や色のバランス。
「名画」に呼ぶに相応しい完成度の高さを誇っています。

この作品を会場の一番最初に配置した意図は見逃せません。

同じ年に同じモデルさん(下宿先の娘さん)を描いたこちらの作品も
できれば、お隣東京国立博物館さんから貸してもらって並べて見たかったという
贅沢な欲が現出してくること必至です。

読書」東京国立博物館所蔵

黒田清輝はパリでラファエル・コランに師事し絵画を学んだそうです。
ラファエル・コラン。あまり聞きなれない画家さんかもしれませんが
2000年に東京ステーションギャラリー等で「ラファエル・コラン展」
開催されましたので「あ〜あの画家さんか!」と記憶甦る方も多いかと。


そのコランの作品も数点出展されていました。

田園恋愛詩」1882年

さて、ここでクエスチョン。
以下の3点の作品のうちコランの作品はどれでしょう?
(逆に黒田清輝の作品はどれでしょう?)







簡単すぎましたか。。。

正解は…
AとBがラファエル・コラン
Cが黒田清輝です。(「野辺」1970年 ポーラ美術館)
今回の展覧会には「野辺」だけ展示されています。

これだけ見ても分るとおり、黒田は大変真面目な?
先生の指示通りに描いていたことが分ります。

画家に転身したころは模写も積極的に行っていたようです。
↓この模写は今回出展されていました。

「トゥルプ博士の解剖講義」1888年 レンブラントの模写

レンブラントの作品はこちら。

ハーグ、マウリッツハイス美術館所蔵

どうしても「今」を基準にして物事考えてしまう悪い癖があります。
明治時代、近代化という西洋化の波に乗っかっていた画家たちを
今まで十把一絡げに「駄目」と決め付けていましたが、
今回の黒田ひとりを取ってみてもそれがいかに愚かだったことか
身につまされる思いがしてやみません。ゴメン黒田。

絵画を観るにせよ文学を読むにせよこの時代が一体どのような時代だったのか具体的に記してくれている文献はほとんどありません。ただ、石原千秋先生のこちらの著書はそんなマイナスを補って余りある一冊です。この展覧会を観に行く前に一通り目を通すことができたのは幸いでした。
百年前の私たち――雑書から見る男と女
百年前の私たち――雑書から見る男と女
石原 千秋


黒田と同じくコランに師事した和田英作の「こだま」という作品は
コランの「静寂」を和田流にアレンジした面白い作品でした。
この二点は並べて展示してありました。

またバルビゾン派の影響を受けた浅井忠らの作品もありました。

グレーの柳」1901年

山本芳翠の「浦島図」はピンク色の羽織をまとった浦島が一度目にすると中々頭から離れてくれない作品です。ジェリコーの「メデューズ号の筏」が何故だか頭に浮かんできました。パリで実際に目にしたのかな?
(その「浦島図」に関しては一村雨さんがブログでお書きになられてます)

山本の作品で一番気に入ったのはこちら。

猛虎一声山月高」1893-95年

中島敦の「山月記」をネタにして描いたそうです。するとこれは博学才穎な隴西の李徴が虎に身を落とし咆哮しているシーンなのでしょうか。それにしても阪神弱すぎ、ぱっとしないどころか今日で6連敗です。。。レッズも勝てないし。。。


オーヴェールの教会」1924年
ゴッホでなく、佐伯祐三が描いたオーヴェールの教会です。

藤田嗣治など二度の世界大戦前後のパリで活躍した見慣れた画家の
作品も多く展示してありました。藤田の作品が6点もあったのには驚きました。
しかも凄く近づいて観ること可能です。「線」現在でも生きているかのようです。

黒田清輝・藤島武二
黒田清輝・藤島武二

さて、展覧会の構成は以下の通りですが「見られる」のは第3章までです。
第1章 黒田清輝のパリ留学時代
第2章 東京美術学校西洋画科と白馬会の設立
    1900年パリ万国博覧会参加とその影響
第3章 両大戦間のパリ―藤田嗣治と佐伯祐三の周辺
第4章 戦後の留学生と現在パリで活躍する人びと


「第3章まで」と書いたのは戦後から現在にかけてのパリで
「洋画」を続ける意味がなくなってきたことをものの見事に
その作品たちから見て取れるからです。

一見、見る価値なさそうですが、芸術の中心が既にパリではなくなってしまった
ことをこれだけあからさまに実感できる機会もそう多くはないはずです。
そういった意味では「第4章」はとても貴重で存在価値ありありです。

サブタイトルとして付された「〜黒田清輝、藤島武二、藤田嗣治から現代まで〜」は展覧会会場を歩きながら観るだけでその有する意味が分るはずです。

巡回先
新潟県立近代美術館 2007年6月23日−8月5日
MOA美術館 2007年8月17日−9月30日

それでは「今日の一枚

問題:さて私は誰でしょう?


ヒント:今日の記事中に名前出てきました。

すぐわかる画家別近代日本絵画の見かた
「すぐわかる画家別近代日本絵画の見かた」 尾崎 正明

答え:佐伯祐三でした。
1923年(大正12年)に描いた佐伯の自画像です。
茶髪ですか〜

あの暗い雰囲気のパリの街並みを描いた画家さんのイメージとはだいぶ違いますね。

この展覧会の他に「東京藝術大学創立120周年企画 芸大コレクション展 新入生歓迎・春の名品選」が開催されています。凄い作品持っていますね、この美術館。

そして「パリへ」が終わると…

「金刀比羅宮 書院の美 ― 応挙・若冲・岸岱 ―」
若冲さんが四国から上京してきます!!!!

この夏は、上野の山へシュラシュシュシュ。
公式サイト

金刀比羅宮の美術―思いもよらぬ空間芸術
金刀比羅宮の美術―思いもよらぬ空間芸術
伊藤 大輔


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1002
東京芸術大学創立120周年を記念し、東京美術学校とその後身の東京芸術大学卒業生と教員による名作約100点を通して、 日本固有の「洋画」というジャンルの歩みを振り返るとともに、その将来を見つめます。 気鋭の画家としてパリから帰国した黒田清輝は、明治29(1896)年東京美術学校に西洋画科が新設されると、 その指導的立場に就き、美術団体「白馬会」の設立とも併せて、日本の洋画壇を形成していきます。 以降、1900年のパリ万博参加を契機として、画家たちは新しい表現と思想を求めてパリをめざし、 その成果と葛藤は日本の洋画壇に大きな影響を与えてきました。留学を終えて帰国した和田英作と浅井忠は、 後進の育成に邁進しました。また藤島武二、梅原龍三郎や安井曾太郎は、 西洋画の伝統に日本の感性を融合させた独自の表現世界を展開します。 1920年代以降は、パリ画壇の寵児となった藤田嗣治をはじめ、画家たちは国際性と個性の両立を模索しました。 そして洋画家たちの挑戦は現在も続きます。明治から平成まで、パリへ渡った洋画家たち百年の夢の軌跡をたどります。


展覧会 | permalink | comments(18) | trackbacks(9)

この記事に対するコメント

ステーションギャラリーのコラン展、僕もよく覚えています。
府中市美術館がコランはよくもっていますよね。
西洋画を日本に定着させるには裸婦画に慣れさせる必要があるといったとか、黒田はー。
全体的に絵画の教科書のような展覧会で美術になじみのない方もよくわかる構成だったと思いました。
oki | 2007/05/04 10:14 PM
Takさん、こんばんは!
黒田清輝が好きなのでポスターを見てひそかに気になっていた展示会です。これはぜひみにいきたいという気持ちになってきました。
《読書》は確か中学生の時、美術の教科書を見てほれこんでこっそり色鉛筆で色彩をまねて色塗りした記憶があります。絵なんて描いたことのない不器用な子でしたが。

上野であんみつを食べる口実も出来ました♪
はな | 2007/05/04 10:46 PM
 当時パリで苦闘した画家には申し訳ない次第ですが、肩の力を抜いて楽しみました。
 また現在パリで活躍中の方には申し分けないのですが、戦後はパリに行く意味がなくなったのでしょうか。
とら | 2007/05/04 10:58 PM
黒田清輝は、隣の黒田記念館からも来てましたね。

さて、自画像を描いた頃の佐伯祐三は、中村彝の近所(どれくらいかな?)に住んでいたらしいですよ。

地階と3階の生き別れは、何とかならないのかなぁ。
鼎 | 2007/05/04 11:07 PM
Takさん、

「婦人像(厨房)」と「読書」が同じ女性だとは、気づきませんでした。両方並べて眺めてみれば、たしかに同じ顔ですね。

こちらからもTB送らせていただきます。


なかのたろう | 2007/05/04 11:48 PM
これまであまり興味の無かった近代洋画ですが、面白い作品が多かったです。また藝大も色々持ってますね!
Nikki | 2007/05/05 1:48 AM
こんばんは。Minnetです。
私も行ってきました。
黒田清輝は早い段階であれだけの傑作を描きながら、後半はこれという作品が思い浮かばない感じがします。画家と政治家の両立は難しかったのでしょうか。
最近、私は佐伯祐三に注目しています。西洋の文化と正面から向き合った真摯な姿勢と爆発的なエネルギーに、いつも勇気づけられています。
それから、私も美術館訪問のブログを書いてまして、大変恥ずかしい内容ながら、TBさせていただきました。これからもよろしくお願いいたします。
Minnet | 2007/05/05 2:02 AM
コランが、こんな絵を描く画家だったのかと
この展覧会ではじめて知りました。
山本芳翠の「猛虎一声山月高」の虎ですが、
最近、江戸時代の日本画家たちのユニークな作品を
さんざん見てきましたので、迫力などちょっと物足り
なく感じました。
一村雨 | 2007/05/05 8:56 AM
Takさん
こんにちは

> 野辺
いいですね...今度、ひとりでゆっくりと観てこようと思います...(^^;
lysander | 2007/05/05 5:53 PM
Takさんの充実した記事を拝読させていただき

改めて、先日の楽しい飲み会の事を思い出しております。

黒田記念館の記事をTBさせていただきます。
わんたゆう | 2007/05/05 10:08 PM
こちらも来月のお楽しみです。
『野辺』ですが、ポーラに入る以前、大正頃にその絵を背にした川口松太郎と岩田専太郎のスナップを見たことがあります。
>するとこれは博学才穎な隴西の李徴が虎に身を落とし咆哮しているシーンなのでしょうか
・・・静かに笑ってしまいました。豊頬の美少年もねぇ。

黒田記念館は絵もいいのですが、建物が岡田信一郎なのでそれがまた好きです。作品以外なら、と撮影の許可をいただいたので、藝大見学の後に撮影に行こうと思います。
遊行七恵 | 2007/05/06 2:38 PM
こんにちは。
「実物で観る近代洋画の歴史」は素晴らしかったです。
留学時代の絵がポスターになるところに、パイオニアの苦労。
佐伯、小出、藤田の生意気な自画像は新人類の誕生。
4章は再び混迷へという感じ。

金刀比羅宮も楽しみです!
mizdesign | 2007/05/06 6:29 PM
@okiさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

府中市美術館がコランを持っているのですか
それは知りませんでした。

地下がいたく充実していたように感じました。
藝大の持っている作品の量&質に驚かされました。

@はなさん
こんばんは。

実は私もパスしてもいいかな〜と思っていました。
この展覧会は。
そんな展覧会に限ってあれこれ「お誘い」があり
出かける羽目に。そして「行って良かった〜」と。

私も絵は描けませんでしたが、色をなぞったりは
した記憶あります。あれ楽しいですよね。

@とらさん
こんばんは。
先日はどうもありあがとうございました。

>戦後はパリに行く意味がなくなったのでしょうか。
これありありと感じさせられましたね。
観るスピードが4章だけ明らかに早いです。

@鼎さん
こんばんは。

中村彝と佐伯は近所だったのですか。
こういうエピソード知っていると
また見方も変わってきますね。

>地階と3階の生き別れは、何とかならないのかなぁ。
同意見。空いている時はいざ知らず。。。
あの造りはないですよね。

@なかのたろうさん
こんばんは。
TBありがとうございました。

並べてみたいですよね〜
同じ女性かどうか私が勝手に思っただけですので
確証はないですよ。洋画観ていても登場人物
分らなくなってしまう人ですから。。。

@Nikkiさん
こんばんは。
先日はどうもありがとうございました。

私も「お誘い」なければ行かなかったと思います。
藝大まさに恐るべしです。

@Minnetさん
こんばんは。

>画家と政治家の両立は難しかったのでしょうか。
それもあるでしょうね。
そして描き始めのころの絵に対する気構えが
だんだんと薄れていったというか、マンネリ化してしまったと
いうか、、、コランに師事したことも影響あるかもしれません。

TBありがとうございます!
早速ブログリストに加えさせて頂きます。
こちらこそ今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

@一村雨さん
こんばんは。
先日はどうもありがとうございました。

山本芳翠は本物の虎を何度も見て描いたのに
見たことない虎を描いた江戸時代の絵師達の方が
真に迫る迫力があるように感じられるのは
とても面白いことだと思います。想像力って
いかに芸術に必要なものなのか分らせてくれますね。

@lysanderさん
こんばんは。

ひとりが確かにいいかも。
「湖畔」ももうじき展示されます。
たっぷりと堪能あれ。

@わん太夫さん
こんばんは。
TBありがとうございます。
そして先日はどうもありがとうございました!
とっても楽しかったです。愉快愉快。

また近いうちに是非。

@遊行七恵さん
こんばんは。

来月10日までなら「湖畔」も観られますね。
「野辺」に関してはそんな逸話があるのですか〜
遊行さんって何でもご存知ですね。

「山月記」の李徴が懊悩するシーンだけ
拾い読みしても意外と面白いものです。

黒田記念館も行かねばなりませんね、これは。
いつでもいいや〜と思いついつい行きそびれてしまいます。
(^^ゞ

@mizdesignさん
こんばんは。
先日はどうもありがとうございました。

>留学時代の絵がポスターになるところに、パイオニアの苦労。
ですね。
何事も先人は苦労するものとは分りつつも。

4章はわざとじゃないかと思っています。あれは。

相国寺→金刀比羅さん。今年も若冲の年ですね。

Tak管理人 | 2007/05/06 7:03 PM
初めまして。TB&リンクさせていただきました。今後も寄らせてください。とっても勉強になります。

わたしは黒田清輝の「野辺」にはまってしまいました。
まれ | 2007/05/06 9:08 PM
Takさん、こんにちは。
早速行ってまいりましたのでTB送らせていただきます。
ラファエル・コランと彼に師事した画家達とのつながり、興味深く見てきました。
そして私も《浦島図》はインパクトあったと思います。でも私にとって好感触のインパクトで、「好きな絵」の部類に入ると思いました。

今日は天気もよく、上野散歩も楽しかったです!

はな | 2007/05/08 8:57 PM
@まれさん
こんばんは。

TBに加えリンクまでしていただき恐縮です。
こちらからもリンクさせていただきます。

今後とも宜しくお願い致します。
今、黒田について本読んでいます。

@はなさん
こんばんは。
TBありがとうございます。

浦島図は私も好印象受けました。
よく観ると大変力強い作品に見えます。
コランに師事できた黒田はタイミング的に
幸運に恵まれていたようです。

もう半袖でもよいくらいの陽気ですね。
Tak管理人 | 2007/05/08 10:37 PM
こんばんわ。
コランよかったです。もっと他の作品が見てみたいものですね。
黒田の燃えてしまった作品、実物が見たかったですね。絵はがきから拡大しての展示にはびっくりしましたが。
あおひー | 2007/05/12 12:22 AM
@あおひーさん
こんばんは。

あの拡大展示、私もびっくりしました。
戦火で焼けてしまった作品数多くあるはずです。
黒田に限らず。。。
久々にコランの展覧会でも観たいですね。
Tak管理人 | 2007/05/14 12:21 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/1002
この記事に対するトラックバック
 パリは日本画家の憧れの地であり、苦闘の地でもあった。各画家について、数点ずつの画を展示してパリ留学・滞在の影響を読み取らせようという企画のようであるが、画家の数が多すぎて、1人あたりの画の数が少ないので、やや細切れ展示となってしまっている。 ?.黒
パリへー洋画家たち百年の夢 | Art & Bell by Tora | 2007/05/04 10:48 PM
ひさしぶりの上野です。東京藝術大学大学美術館の企画展、「パリへ―洋画家たち百年の夢」を観てきました。当初、同時開催中のぐるっとパスで入れる芸大コレクション展が目当てで来たのですが、窓口で急遽予定変更しました。個人的に、日本画なら花鳥画、洋画は国内の洋
バリへversParis | なかのたろうの日記 | 2007/05/04 11:49 PM
今年になって、日本近代洋画史に関して大変参考になった展覧会がいくつもあった。 例えば、「巴里憧憬」展(埼玉県立近代美術館)、「日本近代洋画への道」展(高崎市タワー美術館)、「時代と美術の多面体」展(神奈川県立近代美術館葉山)。 これらは私の美術館通
「パリへ−洋画家たち百年の夢」展 | 美術館は楽しい | 2007/05/05 1:50 AM
??ä????ä???ä A Day in the Museum ???? ??????...ö??Ĥ?ο ????Τ??? ??????ä?? ???...?? ???Ф?????????? ®????餻衣?????? ä????Τ????Τ??? ???...(^^) ????С??Ÿ??... ???ΰ??Ÿ (?? ?塼) λ????Τγ???Υ? ????????? ?????Τ??塢 ???????
ポーラ美術館 | 徒然と(美術と本と映画好き...) | 2007/05/05 5:54 PM
11日の土曜日は東京都美術館の帰りに黒田記念館に立ち寄りました。 開館時間は、土曜日の午後の1時〜4時という極めて短時間です。ただ、入館は何と無料なのです。即ち「0円」です。こんなすばらしい作品を鑑賞できるのにです。 黒田清輝記念館のURL 上野の美術
黒田清輝記念館 | わん太夫の迷路 | 2007/05/05 10:10 PM
 東京藝術大学大学美術館で開催中の「パリへ―洋画家たち百年の夢」を観ました。副題...
パリへ―洋画家たち百年の夢 | 柏をたのしむ@水上デザインオフィス | 2007/05/06 5:07 PM
日本人洋画家の名前をすこし覚えるようになってきて、 近代洋画はちょっとマイブームなのです。 この東京芸大の展示はグッドタイミングで楽しめました。 やはり芸大の歩みを抜きにして近代洋画は語れないでしょう。 黒田清
今日は美術館日和! まずは東京藝術大学の大学美術館で行われている「パリへ 洋画家たち百年の夢」展へ行ってまいりました。 まだずっと幼かった頃の私が子供心に素敵だと思った絵の1枚に黒田清輝の《読書》があります(東博所蔵)。今回は黒田清輝の絵が看板絵になっ
パリへ 洋画家たち百年の夢 | はなことば | 2007/05/08 8:51 PM
「パリへー洋画家たち百年の夢」に行ってきました。 えーと。。。他の記事を書いてて置き去りになってました。やってもーたー! なんと、この展示は初日の4/19に行ってたのです。 もう一ヶ月くらいになるので思い出しながら書いてみます。 まずは黒田清輝の絵画の先