青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ArtBook「フェルメール」伊英日 | main | 速報「若冲展」 >>

若冲展インターネット先行プレビュー

京都・相国寺 承天閣美術館にて明日5月12日(日)から開催される
「若冲展 釈迦三尊像と動植綵絵120年ぶりの再会」の先行プレビューが
本日12:30より実施されます。詳しくはこちら

今回の先行プレビューは、「若冲展」広報事務局が事前に参加者を募ったもので、その対象者は「ホームページやブログを運営」している人。

募集人数が10名〜20名で「応募者多数の場合はサイトの内容を考慮の上、選考させていただきます」とあったので、駄目もとで一応応募してみました。

GW前の5月2日に届いたメールは今まで最も嬉しいメールの一つとして今後忘れることのない内容のものでした。思わすガッツポーズ!
Tak 様
この度は、「若冲展」先行プレビューにご応募いただき
誠にありがとうございました。
厳正な審査の結果、貴方様に先行プレビューにご参加いただきたく、
ご連絡させていただきました。
こんなぐだぐだなブログでも続けていれば良いことあるのだな〜としみじみ。
これもひとえにいつも応援して下さっている皆様のおかげとあらためて感謝。

ひと足お先に京都の相国寺 承天閣美術館で本日5月12日「若冲展 釈迦三尊像と動植綵絵120年ぶりの再会」鑑賞して参ります。伊藤若冲の最高傑作「動植綵絵」(どうしょくさいえ)と「釈迦三尊像」全33幅がおよそ120年の時を超えて再会する歴史的な展覧会しかとこの目に焼き付けて参ります。

折角ですので、京都に一泊し他の展覧会等も鑑賞し日曜の夜に帰る予定です。
「若冲展」の記事は月曜日にはアップしたいと思っています。

それでは、行って参ります!新幹線

目をみはる伊藤若冲の『動植綵絵』
目をみはる伊藤若冲の『動植綵絵』
狩野 博幸

「若冲展」公式サイト


展覧会概要
開基足利義満600年忌記念として「若冲展 釈迦三尊像と動植綵絵120年ぶりの再会」を開催いたします。
本展では、近年注目を集める「奇想の画家」伊藤若冲の分蔵されていた最高傑作「動植綵絵」(宮内庁三の丸尚蔵館蔵)と「釈迦三尊像」(相国寺蔵)全33幅がおよそ120年の時を超えて再会します。また、「葡萄図襖絵」(鹿苑寺蔵)や新発見作品など、合計約80点の作品を一堂に公開します。


会期: 2007年5月13日(日)〜 6月3日(日)
会場: 相国寺承天閣美術館
開館時間: 午前10時 〜 午後5時(入館は午後4時半まで)
休館日: 会期中無休
主催: 相国寺、日本経済新聞社
協力: 宮内庁
後援: 文化庁、京都府、京都市、京都新聞社、NHK京都放送局、毎日放送、
KBS京都、京都仏教会、京都商工会議所
監修者: 辻 惟雄(東京大学名誉教授・MIHO MUSEUM館長)
小林 忠(学習院大学教授・千葉市美術館館長)
問い合わせ: 050-5542-8600(ハローダイヤル)
観覧料: 観覧料 当日券,1,500円  前売券・団体割引,1,200円


現在発売中のこの雑誌で辻惟雄先生が「若冲展」「動植綵絵」について語られています。「動植綵絵」の並べ方も推理していたりと意外と見応えあります。
アート・トップ 2007年 05月号 [雑誌]
アート・トップ 2007年 05月号 [雑誌]

- 弐代目・青い日記帳 | 「 石峰寺の伊藤若冲「五百羅漢石像」」
- 弐代目・青い日記帳 | 「伝来の茶道具展」
- 弐代目・青い日記帳 | お待たせ!伊藤若冲「動植綵絵」公開です
- 弐代目・青い日記帳 | 若冲:釈迦三尊像と動植綵絵120年ぶりの再会
- 弐代目・青い日記帳 | 0泊3日京都弾丸若冲ツアー
- 弐代目・青い日記帳 | 「大いなる遺産 美の伝統展」



この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1010
お知らせ | permalink | comments(9) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

こんにちわ。
おおー!Takさん、すごい。
先行プレビュー楽しみですね。
若冲への愛がいっぱい詰まったこのページが選ばれてよかったなあと心底思います。

行ってらっしゃーい!
あおひー | 2007/05/12 6:08 AM
わぁ〜凄い♪
若冲様もこのブログ御存知に違いない!!
季節も好くって・・・
今頃、ドキドキで鑑賞中でしょうか?
Takさんの足が地に着いて無いのでは?
月曜の記事が楽しみです
るる | 2007/05/12 10:49 AM
プレビュー、おめでとうございます!
Takさんのブログはぴかいちですから選ばれるのも当然です!きっとトップ当選です。

存分に楽しんできてくださいね!
また記事を拝見するのを楽しみにしております。
はな | 2007/05/12 7:07 PM
すばらしい!
良かったですね。

きっとゆっくりと鑑賞されたことでしょう。
ご報告楽しみにしています。
ヤンバル | 2007/05/12 9:10 PM
それは素敵ですね! 是非、楽しんできて下さい。レビュー楽しみにしております。

そういえば、ご存知かもしれませんが、今週の日経朝刊の紙面で若冲が大きくカラー図版入りで紹介されていました。そこでも相国寺承天閣美術館が大きく採り上げられていましたが、それを読んで行きたいなあ〜と強く思ってしまいました。今回は、いろいろあって京都まで行けそうにないのでtakさんのレビューを楽しみにしています。
alice-room | 2007/05/12 11:35 PM
本日はお疲れ様でした。
個人的には、満足度500%の素晴らしい展示だったと思います。
mizdesign | 2007/05/12 11:53 PM
やはり、当選しましたね。
Takさんのブログが選ばれずに、他の誰が行くのかなと
みんな思いますよね。
ばらばらに眺めるのと一挙に眺めるのと、どんな違いなのか
レポート楽しみにしております。
一村雨 | 2007/05/13 5:39 AM
おめでとうございます!
前々から、この展示に強い思いを抱いていた
Takさんが選ばれて、こちらも嬉しい気持ちになりました。

レポート、楽しみにしております。
私も6月、京都に行く予定ですので、
しっかり目に焼き付けてこようかと思っています。
ティダ | 2007/05/13 7:14 AM
@あおひーさん
@るるさん
@はなさん
@ヤンバルさん
@alice-roomさん
@一村雨さん
@ティダさん

コメントどうもありがとうございます。
無事京都行って参りました。
15組ほどのこじんまりとしたプレビューでした。

ネットを使ってのこういった企画
これが展覧会関係では初めてだとか。
(選んでいただき関係者の方には感謝です)

想像していた以上の会場の雰囲気に
しばし圧倒され足を動かすことすらできませんでした。

レポートはなるべく早く書くつもりです。

動植綵絵が集結するだけの展覧会ではなく
他の展示室でも若冲の作品山ほど展示されています。

6月3日と期間は短いですが行っただけの価値はあります。

@mizdesignさん
こんばんは。

お疲れさまでした。
濃い二日間でしたね。反省会やりましょ!

Tak管理人 | 2007/05/14 12:31 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/1010
この記事に対するトラックバック