青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「若冲展」 | main | 「動植綵絵」だけじゃない「若冲展」 >>

『東京美術館案内』

株式会社判佝納劼茲蠅海舛蕕遼椶発売になりました。


『東京美術館案内』―名画から現代アートまで比べてわかりやすい東京の美術館徹底ガイド本
これまで専門家しか足を運ばなかった美術館に、今、多くの人達が足を運んでいます。美術館自体の雰囲気を楽しむ人、そして常設展を見て歩くという人達の、痒いところに手が届くガイド本が誕生しました。
東京都内にある、必見の52館を徹底的にご紹介。迷うことなく美術館を選べる、そして親切にエスコートしてくれる一冊です。監修は世田谷美術館の学芸部長、勅使河原さん。
そのほかにも、美術の授業やコマーシャルで誰もが見たことがある著名な作品を所蔵する美術館や、現代アートを楽しむのにお薦めの美術館など、さまざまなアプローチで紹介していきます。


価格(税込): ¥880
サイズ :AB正寸判 160ページ

お値段の割りにボリューム感のある一冊です。
(オールカラーです)

取り上げられている美術館は…
東京国立博物館、ブリヂストン美術館、東京都庭園美術館、国立西洋美術館、三井記念美術館、出光美術館、損保ジャパン東郷青児美術館、五島美術館、大倉集古館、山種美術館、練馬区立美術館、東京藝術大学大学美術館、日本民藝館、世田谷美術館分館 向井潤吉アトリエ館、国立近代美術館、太田記念美術館、ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション、畠山記念館、台東区立朝倉彫塑館、玉堂美術館、東京富士美術館、町田市立国際版画美術館、松岡美術館、府中市美術館、ニューオータニ美術館、村内美術館、黒田記念館、横山大観記念館、静嘉堂文庫美術館、泉屋博古館 分館、久米美術館、たましん 御岳美術館、青梅市立美術館 青梅市立小島善太郎美術館、三鷹市美術ギャラリー、目黒区美術館.

お馴染みの国立博物館や西洋美術館からまだ一度も行ったことのない美術館までこれでもか〜と東京に点在する美術館が具に紹介されています。写真もふんだんに用いられているので部屋に居ながらにして美術館の雰囲気味わうこと出来ます。

「あれ?そういえば六本木の国立新美術館がないのでは?」

実は↑で紹介した美術館は約半分。当然Bunkamuraや原美術館もちゃんと紹介されています。さらにこの本のある意味画期的なのは「歴史に名を残した名画たち」と題し、東京にある美術館が所蔵する作品で西洋と日本の絵画の歴史を6ぺ時に渡り紹介・解説している点です。

こうして見ると、幅広く様々な絵画が東京にあること一目瞭然です。
これ何処かの美術館に集結させて「絵画の歴史展」とかやれば
きっと大きな話題になると思います。それに絵の勉強にもなります。
学生さん向けにでもどうでしょう?誰か音頭とって!!

また、「美術用語の基礎知識」や「芸術家の紹介」までありまさに至れり尽くせり。「ミュゼ レストラン&カフェ情報」や「ミュージアムグッツ情報」も満載です。

これで『東京美術館案内』―名画から現代アートまで比べてわかりやすい東京の美術館徹底ガイド本880円はかなりお得かと。
監修にあたった世田谷美術館の学芸部長、勅使河原さん痒い所に手が届く方とお見受けしましたがさてどうでしょう。

最後に巻頭特集を少しご紹介。
巻頭特集では、NHK日曜美術館の案内役としてお馴染みの緒川たまきさんや、グラフィックデザイナーの長友啓典さん等が登場し、さまざまな方向から美術館を案内します。

4人の方がそれぞれ美術館をご案内。
Q:さて、突然ですが問題です。
緒川たまきさんと松井冬子さんが訪ねたのはどこの美術館でしょう?

A:答えは画像の下の「 」をドラッグしてみて下さい。


世田谷美術館


東京都現代美術館

:決してこの巻頭特集に釣られ購入したわけではありませんよ。決してたらーっ

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1013
読書 | permalink | comments(4) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

お座布団一枚!
ドラッグして答えがわかる、この手法って面白い
さすが!!・・・フォントを白にするのですか?
判佝納劼發海硫然覆脳”蕕論┐ぁ
写真も効果的な視線ですね 即効買い♪です。

panda | 2007/05/16 5:13 PM
 表紙のルネサンス絵画に惹かれて,「あれ,こんな作品を所蔵している美術館が国内にあったっけ」と思い,手に取ったのですが,ペルジーノの作品は損保ジャパンの企画展でした.
 このルール違反を許せば,なかなか興味深いガイドブックですね.
toshi | 2007/05/16 9:47 PM
若冲の記事によだれをたらしつつもこちらに
コメントです。
私は完全に緒川たまきさんと松井冬子さん
に釣られてこの本を買ってしまいました・・・。
KIN | 2007/05/17 12:37 AM
@pandaさん
こんばんは。

書くねたにこまって苦肉の策です。
つまらない芸ですみません。。。
これで千円しないのはお得です。
編集もしっかりしていますしね。

@toshiさん
こんばんは・

ペルジーノ展まだ行っていません。
行かねば……
次に出すときはもう少し視点を変えた
切り口でせめると一層面白いと思います。
駒込の美術館開館した暁には。

@KINさん
こんばんは。

同じく。緒川たまきに釣られて。。。
(情けない…)
良くみると表紙が地味ですね。
これもっと宣伝すればいいのに。
Tak管理人 | 2007/05/17 8:54 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/1013
この記事に対するトラックバック