青い日記帳 

  
TB&リンク大歓迎です!
「動植綵絵」だけじゃない「若冲展」
京都、相国寺 承天閣美術館で開催中の
開基足利義満600年忌記念「若冲展 釈迦三尊像と動植綵絵120年ぶりの再会」
公式サイト
順序は逆ですが、第二展示室に続いて第一展示室についてご紹介。



伊藤若冲が相国寺に寄進した「釈迦三尊像」3幅と「動植綵絵」30幅が、
120年ぶりの劇的な再会を果たしていることで各メディアでも話題沸騰。

社会情勢や御家の事情で泣く泣く手放さざるを得なかった「動植綵絵」
その見返りに宮内省から当時一万円の下附金(現在の数百億円!)を賜り
そのお金によって相国寺は廃仏毀釈で荒廃した寺の再建ができたという
何とも情緒性溢れる浪花節的ないい話。(明治22年の出来事)

いかにも日本人が好みそうなイントロです。
それに宣伝効果も抜群。時折りしも空前の若冲ブーム。

相国寺の願いが通じ、5月13日から6月3日までの22日間。
およそ120年ぶりに33幅が勢ぞろいし顔合わせています。
その展示場の様子は一昨日の記事でご紹介した通り。

ところが、これだけではないのです。今回の「若冲展」
「動植綵絵」展でなく「若冲」展と名乗る以上はそれなりに。。。
それなりどころではありません。約30点の若冲の作品が
もう一つの展示室にこれでもか〜と言わんばかりに展示してあります。


「若冲展」第一展示室の一部。

これぜーんぶ若冲です。
作品数約30点と書きましたが、その中には鹿苑寺大書院障壁画も数点含まれています。障壁画ですのでものによっては一点につき襖8面から成るものまであります。その他三幅対の作品などもあるので「実数」はその倍の60は下りません。

第二展示室の「釈迦三尊像」3幅と「動植綵絵」30幅に第一展示室のその60作品を加えた数の「jakuchu」が相国寺承天閣美術館へ今行けば逢えるのです。どうです、行かない手はないでしょう。

私の駄文よりも会場の様子をご覧になった方がよろしいかと。
ただし、ご覧になり「京都行きたい病」発症しても免責ということで。何卒。

第一会場入口。

自動扉が左右に開くと至近距離に鹿苑寺大書院障壁画<相国寺山外塔頭 鹿苑寺(金閣寺)蔵> 「月夜芭蕉図床貼付」と「葡萄小禽図床貼付」がお出迎え。


伊藤若冲《月夜芭蕉図》床貼付三面 重要文化財/鹿苑寺蔵


同「葡萄小禽図床貼付」

狩野派や土佐派の絵師たちを押しのけて、当時若冲が鹿苑寺の障壁画を手がけたことはかなり異例のことだったのではないでしょうか。青物問屋のせがれ絵師に依頼があったのはやはり大典さんの口ぞえがあったからでしょう。

この他の鹿苑寺大書院障壁画も全てこの部屋に展示してあるから驚きです。贅沢を言わせてもらえば鹿苑寺大書院にあるのと同じ配置で展示できれば。。。いけません、いけません。贅沢は敵です。満足満足ありがたや。


ずらりと横一面に並べて観るのもある意味贅沢。まさに壮観の極み。

細見美術館所蔵の「糸瓜群虫図」を想起させるこの一枚痺れます。

伊藤若冲《葡萄図》部分 重要文化財/鹿苑寺蔵

画像では分りませんがこの葡萄の蔓の中に二羽、そして何にも描かれていないように見える左端の襖に一羽小鳥が描かれています。いつものように蔓は無重力空間を遊泳するかの如く自由闊達な動きを見せてくれています。

この障壁画の真向かいはこんな感じになっています。

何度も言いますが、これ全部若冲の作品です。
相国寺だけでなく、慈照寺、大光明寺等からも借りてきての勢揃い。
表現最悪ですが「吐き気」もよおすほど、どっぷりと浸かる事できます。

一部拡大。
鱏図」(エイ)「鯉図」×3「龍図
エイを真上から描いたと思えば、鯉は三匹仲良くくねくねダンスを。
そして何とも愛らしく、へなちょこな龍。まだ子どもなのかな?

若冲の作品を観ていると思わず笑みが自然とこぼれてきます。
何か嫌な事会社や学校であったら江原さんや細木さんでなく若冲さんにご相談。

話題の新発見の作品もここに展示されています。

厖児戯帚図(ぼうじぎほうず)」(左)

承天閣美術館学芸員の村田隆志氏が今回の展覧会に備え、古い文献を調べていてこの作品が描かれたことを発見し、鹿苑寺に問い合わせ実際に存在していることが判明し「発見」に至ったそうです。辻先生も間違いないと太鼓判。

一見地味な作品ですが「若冲が人生を懸けて追い求めた「絵」と「禅」の修業における、初期の記念碑的な作品」と今回の展覧会図録でもベタボメ。村田氏も一番時間を割いて語っていらしたのがこの作品だったかと思います。曰く「若冲が絵の世界で禅で言う『とん』を掴んだ作品」だそうで、ここから一気にまさに悟りを開いたが如く絵に専念して行ったそうです。因みに、新発見のこの作品をプライス氏はじーとおよそ二時間もご覧になっていらっしゃったそうです。


さて、先程画像でご紹介した並列展示された鹿苑寺大書院障壁画。実はまだまだあります。ちょうど裏側の出口へ向かう通路沿いに展示されています。かなり狭隘。土日で大混雑するとここが一番辛い場所かもしれません。

そんな狭さにめげずに鑑賞。この有名な襖絵はここに展示されています。

伊藤若冲《竹図襖絵》部分 重要文化財/鹿苑寺蔵

これ観たかったんです。竹のダンス。
竹と知っているのでそう見えますが、
知らずに観たら木賊(トクサ)にしか見えません。
兎でも隣に描いておきたくなるほどです。

竹の節に注目です。画像小さいのでペイントで描いてみました。
若冲の描く竹 cf.フツーの竹

一言「良いです」
この感覚が素敵。悟りの境地かと。

こんな一見ゆるい絵を「動植綵絵」を描くのと平行しながら
仕上げていたのですから驚きです。しかも鹿苑寺障壁画として。

これだけでも凄い顔ぶれでしょ。
バカの一つ覚えのように「スゲー、すごいな〜」を連呼していたので
鑑賞途中から「凄い」をNGワードに設定しました。

他にも若冲関連で今回江戸時代以来長い間秘仏とされていた「毘沙門天立像」を一般公開していたり、徳川家康から賜った「円通閣棟札」と呼ばれる箱(開けてはならぬと言われ以来平成の世まで封印されていた)を数百年の時を隔て開封し展示してあります。「そんなことしちゃっていいの??」と心配になるのですが相国寺にとって今回の「若冲展」はそれほど価値のあるものだという証でもあります。

「釈迦三尊像と動植綵絵120年ぶりの再会」も稀有な出来事ですが、
第一展示室の展示品もまた再び得難い奇跡的な展示となっています。

再度。「若冲展」6月3日までです。まさに千載一遇の大イベント。
万障お繰り合わせの上、これは行くしかないでしょう。

もっと知りたい伊藤若冲―生涯と作品
「もっと知りたい伊藤若冲―生涯と作品」 佐藤 康宏


それでは最後に「今日の一枚」と言いたいのですが、画像他にないので
第一展示室から第二展示室への通路の写真でも。。。

「動植綵絵」が展示されている第二展示室へ続く通路。左窓の外にテントが見えます。ここへ並ぶことになります。

↑の写真の突き当たりを右折すると…もうすぐ第二展示室。この辺から「動植綵絵」の香が漂って…きていません。

混雑すると後戻りはできないようなので、第一展示室しかと目に焼き付けてから第二展示室へ向かわれるのがよろしいかと。

尚、心配な混雑具合ですが、公式サイトで随時混雑具合を確認することできます。係の方が小まめに更新されているそうなのでかなり信用度高いかと。また携帯電話からも見られます。公式サイトの一番下にあります。要チェックです。



この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1014

開基足利義満600年忌記念として「若冲展 釈迦三尊像と動植綵絵120年ぶりの再会」を開催いたします。
本展では、近年注目を集める「奇想の画家」伊藤若冲の分蔵されていた最高傑作「動植綵絵」(宮内庁三の丸尚蔵館蔵)と「釈迦三尊像」(相国寺蔵)全33幅がおよそ120年の時を超えて再会します。また、「葡萄図襖絵」(鹿苑寺蔵)や新発見作品など、合計約80点の作品を一堂に公開します。 

| 展覧会 | 23:25 | comments(28) | trackbacks(8) |
こんばんは。臨場感あふれるすばらしい記事ありがとうございます。「釈迦三尊像と動植綵絵120年ぶりの再会」だけでも行く価値ありますが、動植綵絵は昨年すべて見ているので、第一展示室の若冲作品もとくに興味があります。となると、最初から最後までかなりの体力勝負になりそうですね。その前に都合がつくか微妙ですが・・・。
| Minnet | 2007/05/17 2:15 AM |

うう!免責できないくらい京都行きたい病が悪化してきましたよ…
あぁ、切ない…
| フミカ | 2007/05/17 4:03 PM |

@Minnetさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

会期中に二回足を運ぼうと思っていたのですが
一度で満足しました。これ以上は身体が持ちません。
心拍数が上がりっぱなしになってしまいます。
体力も要ります。この日の夜は心も身体も
かなり疲れていて、いつも以上に寝つきが良かったです。
ご無理してでも行けるといいですね。

@フミカさん
こんばんは。

煽るような記事書いてすみません。。。
でも、これでもまだまだ。。。
当分この興奮冷めやりそうもありません。
| Tak管理人 | 2007/05/17 8:59 PM |

再び、こんばんは。
前回のお返事を拝見し、私がTak様だと思っていた方は別人
だと判明しました。
注意事項の際、私は最右列前から3番目におりましたが、
真ん中の最前列に座られていた方の記憶がない・・・(涙)。

吐気をもよおしても良いので、竹図をもう1度しっかり見て来ます。

| meme | 2007/05/17 9:20 PM |

襖絵の竹は何をヒントにしたのでしょうね。
こんな不思議な形は他にないなと至極感心しながら見ておりました。

>「京都行きたい病」発症しても免責

再発症しました…。
| はろるど | 2007/05/17 9:56 PM |

ありがとうございます。

艱難辛苦を跳ね除けて、18日の夜のぞみに乗ります。
19日には実現します。
やはり行くことに決めておいて良かったとますます
思っています。
| ヤンバル | 2007/05/18 1:02 AM |

こんばんは、コメントありがとうございます。
第一展示室の解説、興味深く読ませていただきました。
竹の解説図ならぬ「絵」秀逸ですね。
ほんと、動植綵絵と同時に抜く絵も個性全開で完璧に仕上げる
若冲の異能ぶりというか才能というか。そんなところにも魅力があるんですよね。
「もっと知りたい伊藤若冲ー生涯と作品」今日本屋で正に買おうかどうしようか相当迷って、一端思いとどまりました。(だって別冊太陽の「桃山絵画の美」を思わずかってしまったので・・・)やっぱり買うべきですよね・・・。
私もまたまたトラックバックさせてください。
| nanet | 2007/05/19 12:42 AM |

@memeさん
こんばんは。

やっぱり名札でもあれば
良かったですね〜
それか簡単な自己紹介でも。
美術好きの方ってすぐ打ち解けますし。

竹図へんてこな絵を描いてしまいました(^^ゞ

@はろるどさん
こんばんは。

竹図謎です。
愉快奇妙奇天烈。
考えの及ばないことやらかしてくれます。

江戸時代に限らず昔はおおらかだったですね。

@ヤンバルさん
こんばんは。

おーーー行かれますか!
もう今頃は観終えて
放心状態ではないでしょうか?
お帰りになられて、疲れ取れたら感想でも。
是非。

@nanetさん
こんばんは。
TBありがとうございます。

竹図変てこな絵を描いてしまい
若冲に申し訳ないです。。。恥ずかしい。

「もっと知りたい伊藤若冲ー生涯と作品」の
著者佐藤氏の見解は鋭く大変ためになります。
偏りをなくす意味でもこの本はおすすめです。
あれだけずばっと言い切れる方も珍しいのでは。
この本で佐藤氏に惚れて他の著作も古本で
購入したほどです。
| Tak管理人 | 2007/05/19 11:18 PM |

長らく追っかけていた鹿苑寺の障壁画が全部見れたので、満足度200%状態です。また、胴体の半分が画面からはみ出し、また尾っぽがでてくる大きな鯉の絵にも魅了されました。

今、心は7/7から東芸大美で公開される金刀比羅宮の“花卉図”に移りつつあります。
| いづつや | 2007/05/20 11:38 AM |

こんにちは。
写真、お上手ですねえ。すごい臨場感。完璧です。
永久保存版エントリですね。
ため息つきにまた伺いますので、末永く保存よろしくお願いします。
| ogawama | 2007/05/20 6:30 PM |

@いづつやさん
こんばんは。

障壁画今回全て拝見できるとは
思ってもいませんでした。
展示スペースが狭くなってしまいますが
こうして一気に見られて有り難かったです。

満足度500%でしょうか。
そしていよいよ金比羅山。
楽しみ続きますね!

@ogawamaさん
こんばんは。

S嬢と今日上野行ってきました。
若冲展行こうか迷っているそうです。
行かないてはないかと。

写真はともかく竹の絵だけこっそり
あとで交換していいですか?
| Tak管理人 | 2007/05/21 12:12 AM |

19日10時過ぎに若冲展に入る事ができました。
想像以上の混みように圧倒されてしましましたが、
気持ちを立て直して観て参りました。
若冲の世界に浸ることができて満足です。
生きとし生けるもの…を強く感じさせられ、
それと共に死を強く意識させられました。

Takさんが行かれた京都博物館に出向き若冲に
またまた出会うことができました。
帰り際に購入した佐藤氏の著作が

「もっと知りたい伊藤若冲ー生涯と作品」の
著者佐藤氏の見解は鋭く大変ためになります。

のように書かれていてますます嬉しくなりました。
興奮冷めやらぬまま、まとまりませんが
失礼致します。
| ヤンバル | 2007/05/21 1:35 AM |

こんばんは。
こうやって見ると、若冲の描く奇想の世界はやはり魅力的ですね。
居士としての側面にスポットを当てたのも良かったですが、こうして描画の妙に翻弄されるのも格別。

早くコイコイ金毘羅さん♪
| mizdesign | 2007/05/21 3:19 AM |

@ヤンバルさん
こんばんは。
お疲れのところコメントありがとうございました。

随分と混雑増してきているようですね。
今夜関西地方では若冲の特別番組も
放送されたそうで益々拍車かかりそうです。

それでも何でも行かねばならぬのが
この展覧会だと思います。絶対に行って損はなし。

佐藤氏の著書は自説をしっかりと
主張されている点に好感が持てます。
すぐ人に流されてしまう私とは大違い。。。

興奮一週間は続くかと。
そしてまたジワリジワリと。

@mizdesignさん
こんばんは。

居士の面だけでも奇想の面だけでも
語りつくせないのが若冲の魅力ですね。
図録いつまで見ても見飽きません。

このまま一気に金比羅へ!
| Tak管理人 | 2007/05/21 11:04 PM |

「絵」の持つパワーに圧倒されました。素晴らしい!涙ぐんでしまったほどです。若冲のこの世のすべての生き物に対する深い愛情を感じました。関西で放映された(深夜)若冲の番組もとてもていねいに作られていてよかったです。
学芸員の村田氏が出ていたのですが、想像していたよりお若くてびっくり。はんなりした京都弁での解説はステキでした。
| はばタン | 2007/05/23 2:27 PM |

@はばタンさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

関西で放映さえた若冲の番組観たかったです。
村田氏はほんとお若いですよね。
でも若冲に対するあの愛情は。。。

若冲がこうして脚光を浴び拝見できる
機会が増えることはとても有り難いことです。
同じ日本人として誇らしく思います。
| Tak管理人 | 2007/05/23 9:49 PM |

Takさま、こんにちは。
衣替えの仕事中ですが、急に若冲が気になって、
こちらに来てしまいました。
あぁ、後もう少しでさよならですね・・・(泣)
しかし、Takさんの記事を読めば読むほど、奥深いこと。

主流から外れたカリスマに深い愛情が注がれることも嬉しい限りだし、120年ぶりのご対面に相国寺の思いはいかばかりかとも。そのための承天閣美術館ですものね。
佐藤氏の33幅の予想とは外れていましたが、
仏様の両脇に花を供物するのは当然かもと、納得です。
パノラマ画像を公開してくれたことがせめてもの幸いです。

本当に、ようやく終の棲家、安住の地に戻った感じがして、
若冲も草葉の陰から、喜んでおられることでしょう。
Takさんの記事や情熱にもきっと、OKマーク出していることでしょう〜〜
| あべまつ | 2007/05/27 2:00 PM |

Takさん、はじめまして。
私も今日ようやく念願の「若冲展」に行って参りました。
私は京都在住ですので、京都行きたい病にはさすがに罹患しませんでしたが、いささか人に酔いました。大変な混雑ぶりでしたから。
でも負けじと、全幅、これでもか!と堪能して参りました。
Takさんのありがたい画像で今、展覧会を偲んでおります。(って今日のことなのに…)
これからもちょくちょく寄せて頂きます。
リンク思いっきり貼らせて頂きますのでどうぞよろしくお願いいたします。
| Mayusan | 2007/05/27 9:00 PM |

@あべまつさん
こんばんは。

気になりますよね。
知人が今、京都へ旅行中なのですが
「若冲展」ってどうかな?
と尋ねるので「是非行って来ないと!」と
言ったのはよいのですが、なんだか
大変な混雑だとか。。。
大丈夫かな〜入れるかな。

この33幅の並びはかなり相国寺の
意向が強く反映されたものだそうです。
他の雑誌でもまさか…と思っていたものが
ペアを組んでいたり様々です。
佐藤氏の説も中々良いな〜と思います。

図録だけでも買うことできます。
これがまた凄くよく出来ています。
宝になります。これだけでも。

@Mayusanさん
こんばんは。初めまして。

人に酔い、作品に酔い。
大変でしたね。お疲れ様でした。
でも行っただけのことありますよね。

リンクありがとうございます
こんな記事でよければいくらでもどうぞ。
つまらない記事ばかりでしかも最近
時間に追われながら書いているので
支離滅裂ですが、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。
| Tak管理人 | 2007/05/29 12:18 AM |

コメント遅くなり、TB逃げしたみたいになってごめんなさい。
お久しぶりです。

無理にでも忙しい時期を縫って有給取得した甲斐がありました。
前日に奈良ホテルでテンションを上げにかかり、準備も怠りなく(笑

「子供の頃からの夢なんです!」という言葉に
「それは仕事よりも大事だ、行って来い!」と云ってくれる取締役は、素晴らしい。若冲を契機に?自分の会社のことがまたちょっと好きになったりもして、オマケ貰った気分です(笑)

さぁ、あと残すは金毘羅です!
| マユ | 2007/05/29 10:03 PM |

@マユさん
こんばんは。
TBありがとうございました。

>TB逃げしたみたいになってごめんなさい
全然問題ありませんよ!
TBあってこそのブログです。
バンバン送り送らないと。

良い会社、良い上司ですね〜
若冲のこと理解してくれるなんて。
しかも「夢」を叶えてあげようという
心意気いいな〜うちにあるかなそれ。

金比羅へ向けてテンション徐々に
高めて行きましょう!
(まぁほどほどに)
| Tak管理人 | 2007/05/29 11:37 PM |

こんにちは。
先週「若冲展」へ行ってきました。Takさんのブログで会場の雰囲気を思い出しました。
こ、こんなには空いてませんでしたが〜!

「動植綵絵」もさることながら、今回は鹿苑寺大書院障壁画の数々が衝撃的に良かったです。
個人的にはあの水墨画あってこそ、細密な「動植綵絵」が描けるのだと思います。

トラックバックさせてもらいました。
| kyou | 2007/06/02 10:16 AM |

こんばんわ はじめまして。
今日、若冲展へ行ってきました。
3時間待ちでしたが 深く感動して帰ってきました。
33幅のももちろんのこと、障壁画だけでも待った甲斐があったと思います。
会場のレポートがとてもわかりやすく、臨場感もあり、写真もあり、読みながら余韻に浸っています。
解説も詳しくあったので、mixiにリンクさせていただきました。よろしくおねがいします。
| momo | 2007/06/02 11:43 PM |

@kyouさん
こんばんは。

ブログ拝見しました。
大変な混雑でしたね。
それにしてもkyouさんの記事まとめ方お上手!
見ていてわくわくしてしまいました。
若冲さんもきっと喜ばれるかと。

障壁画では芭蕉や竹などの植物の描写に
舌を巻きました。なんて自由な発想なのかと。
絵を描くことを心から楽しんでいたのでしょうね。

@momo
こんばんは。
初めまして。

三時間待ちですか…
ディズニーランドを上回る人気ぶり。
それでもアトラクションに数分乗るのとは
桁違いの質の違う感動を得られたはず。
一生の宝ですね。

mixiへのメッセも有り難うございました。
先程お返事書かせていただきました。
今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。
| Tak管理人 | 2007/06/04 12:16 AM |

Takさん、こんばんは
さっきまで書いていたコメントが消えました(⊃Д<)゚ ゚
昨日はたくさんのTBとコメントありがとうございます。
力尽きたので、また明日、お邪魔します。
| アイレ | 2007/06/08 2:10 AM |

@アイレさん
こんばんは。

コメント消えてしまうことよくあるので
メモ帳に書いています。
何度も痛い目に遭いましたので自分自身。
| Tak管理人 | 2007/06/10 6:06 PM |

ちょっと質問 会場で写真の撮影が許可されている?
| abc | 2009/10/16 12:58 PM |

@abcさん
こんばんは。

会場では普段撮影は許可されておりません。
本記事の写真はプレビュー時に主催者の許可を得て
一定条件下で撮影したものです。
| Tak管理人 | 2009/10/17 8:49 PM |










http://bluediary2.jugem.jp/trackback/1014
「若冲展」(プレビュー) 相国寺承天閣美術館(その2・『第1会場、鹿苑寺障壁画など。』)
相国寺承天閣美術館(京都市上京区今出川通烏丸東入) 「若冲展 - 釈迦三尊像と動植綵絵120年ぶりの再会 - 」(先行プレビュー)」 5/13-6/3 「その1」より続きます。先行プレビューで拝見した、承天閣美術館での「若冲展」です。二階展示室の第一会場では、鹿苑寺の大
| はろるど・わーど | 2007/05/17 9:53 PM |
「若冲展」京都で奇跡を観た 展示編
<伊藤若冲《菊花流水図》〈動植綵絵30幅の内〉/宮内庁三の丸尚蔵館蔵> <ブライス氏もっともお気に入りの一点> 若冲画との対面からはや4日が過ぎようとしてますが、もう心は再...
| Celtic Forest - Yoko Hayashi | 2007/05/19 12:46 AM |
若冲展 その二
この展覧会にやってくる人たちのお目当てはもちろん“動植綵絵”30幅と“釈迦三尊
| いづつやの文化記号 | 2007/05/20 8:48 AM |
若冲展 釈迦三尊像と動植綵絵120年ぶりの再会 その2
 展示は第一展示室へと続きます。目玉展示というべき内容がゴロゴロと続くところが今...
| 柏をたのしむ@水上デザインオフィス | 2007/05/21 2:14 AM |
【若冲展 - 釈迦三尊像と動植綵絵120年ぶりの再会 - 】
    われわれがもうほとんど希望を失ってしまったときにかぎって、   われわれにとって良いことが準備されるのだよ。  (ゲーテ)    --- 子供の頃からの、叶わないはずの夢があった。    それが叶ってしまうと知ったとき、わたしは少しだけ、慌てた。
| Sweet Dadaism | 2007/05/29 6:25 PM |
[展覧会]京都にて‥その1
先週、京都の相国寺承天閣美術館へ「若冲展」を見てきた。 最初は日帰りを考えていたが、夫の「折角だから泊まってくれば」の一言で展覧会の他にもいくつか訪ねることができた。 一泊二日とささやかな旅行だったけれど、一人で行きたいところに行き、かけたいだけ時間
| 徒然日記 | 2007/06/02 10:59 AM |
若冲展−1
若冲展5月26日 相国寺承天閣美術館(会期終了)  今や大人気の伊藤若冲の展覧会が若冲縁の相国寺承天閣美術館で行われました。流石に縁のお寺だけに若冲作品がわんさかとあり、若冲ファンには堪らない展覧会となりました。 しかも今回は明治時代に相国寺から皇室
| 青色通信 | 2007/06/08 1:45 AM |
若冲展@相国寺−動植綵絵と釈迦三尊像、120年ぶりのご対面−
≪関西アート三昧:4日目≫ 関西アート三昧、どれも自分の中では甲乙つけがたい展覧会ばかりだけど、やはり目玉はこれだと言わざるをえないだろう、泣く子も黙る、「若冲展@相国寺」。 昨年、三の丸尚蔵館にて5期に渡って展示された「動植綵絵」。これが全30幅が一
| magrittianの道程 | 2007/08/21 11:13 PM |
【お知らせ】

↑単眼鏡紹介記事書きました。

おかげさまで重版となりました!


いちばんやさしい美術鑑賞』 (ちくま新書)


編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 感動の余韻を味わう』(世界文化社)12月に発売となりました。


編集・執筆を務めた『フェルメール会議』10月2日発売です!

編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 素敵な時間を楽しむ』(世界文化社)好評発売中です。


青い日記帳(編集)『美術展の手帖』小学館より発売中です。


青い日記帳「出前ブログ」


gooいまトピ連載中

朝日マリオン・コム「ぶらり、ミュージアム」

びゅうたび連載中


山下裕二&井浦新トークショー


青い日記帳コラボグッズ

「展覧会に出かける前に準備しておきたい5つのこと。」

「展覧会を何十倍も楽しむために心がけたい5つの秘訣。」

フェルメールへの招待
國學院大學文学部教授の小池寿子先生監修。不肖私(Tak)が編集と一部執筆しました。詳細はこちら

【展覧会レビュー】
「2018年 展覧会ベスト10」
かみさんが選ぶ「2018年 展覧会ベスト10」
プロが選ぶ「2018年 ベスト展覧会」
読んでおきたい10冊のアート関連本

パリ行って来ました
オランダ行って来ました
 

BLUE HEAVEN(本館)

『文藝春秋』に寄稿しました。

『AERA』に載りました。

「マウリッツハイス美術館展公式ガイドブック」編集・一部執筆しました

「ザ・シネマ」に寄稿しました。

トークショーに出演しました

日経に掲載されました

朝日新聞に掲載されました

再び日経に掲載されました

「美連協ニュース」寄稿

『アートコレクター』で紹介されました

Yahoo!カテゴリ絵画に登録されました

+ CATEGORIES
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
+RECOMMEND
  
ロマネスク美術革命 (新潮選書)
ロマネスク美術革命 (新潮選書) (JUGEMレビュー »)
金沢 百枝
11~12世紀のロマネスクこそは、ヨーロッパ美術を大きく塗りかえる「革命」だった。宮廷文化から民衆文化への流れのなかで、知識より感情を、写実よりかたちの自由を優先する新たな表現が、各地でいっせいに花ひらく。古代ギリシア・ローマやルネサンスだけがスタンダードではない。モダン・アートにも通じる美の多様性を、豊富な図版を例に解きあかす。
+RECOMMEND
  
『フェルメール展』公式ガイドブック (AERAムック)
『フェルメール展』公式ガイドブック (AERAムック) (JUGEMレビュー »)
朝日新聞出版
記事書いています。是非お手に取ってみて下さい。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
若冲の描いた生き物たち
若冲の描いた生き物たち (JUGEMレビュー »)
小林 忠,小宮 輝之,湯浅 浩史,佐々木 猛智,本村 浩之,秋篠宮 文仁
若冲と学研がコラボした画期的な若冲本!レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
叢 小田康平の多肉植物
叢 小田康平の多肉植物 (JUGEMレビュー »)
小田 康平
「人の間にあるサボテン−自由な美しさ、見たことのないトーン。自然と人との関わり、その不思議を小田康平さんは知っている。とても豊かだ」レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ)
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ) (JUGEMレビュー »)
岡田 裕子,阿部 謙一,松下 学
現代美術家岡田裕子が主宰、会田誠顧問による謎の人形劇団「劇団★死期」の伝説の公演を小説化。アートの知識を楽しく学べる児童文学。

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
名画のネコはなんでも知っている
名画のネコはなんでも知っている (JUGEMレビュー »)
井出 洋一郎
ゴッホ、ミレー、ゴーギャン、ゴヤ、ルノワール、歌麿、北斎、国芳などの天才画家たちの思想を、まさかのネコ目線でひも解く、新感覚な名画解説書。
+RECOMMEND
  
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ) (JUGEMレビュー »)
オノユウリ
アートに囲まれて働く美術館学芸員。優雅な職業のイメージだけど、実際は日々、ドタバタの連続なのです!? 展覧会の舞台裏から、学芸員のお仕事のリアルまで。美術館の知られざる一面を描くコミックエッセイ!
+RECOMMEND
  
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556)
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556) (JUGEMレビュー »)
山本 聡美
腐敗し白骨化してゆく亡骸の様子を克明に描く「九相図」。仏教とともに伝来し、日本に深く根を下ろしたこの図像には、生と死、そして肉体の無常をめぐるいかなる想いが秘められているのか。豊富な図版とともに探る。
+RECOMMEND
  
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル)
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル) (JUGEMレビュー »)
谷口 ジロー
ルーヴル美術館とビッグコミックオリジナルの共同企画。オールカラー豪華版。
+RECOMMEND
  
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス)
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス) (JUGEMレビュー »)
黒田 いずま
美術館で働く学芸員の近江さん。個性豊かなメンツが解説、展示、監視などの仕事を通して、日々様々な工夫をしながら楽しく来館者をお出迎えする日常をユーモラスかつ鋭いツッコミで描いた作品。
+RECOMMEND
  
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡 (JUGEMレビュー »)

普段は単眼鏡で済ませていますが、どうしても隅々まで観たい作品の場合はこの双眼鏡を使ってます。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書)
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書) (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
美術史の実践方法が最後にまとめられています!世界が変わる、名画の見方。前作「西洋美術史入門」からさらに一歩奥へ。池上英洋 著

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection)
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection) (JUGEMレビュー »)
川端 康雄,加藤 明子
夏目漱石をイチコロにしたウォーターハウスの文学性と蠱惑的な魅力を余すところなく紹介!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福 (JUGEMレビュー »)
池永康晟
日本画の異才“池永康晟”がベールを脱ぐ!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
すゞしろ日記 弐
すゞしろ日記 弐 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
画家・山口晃のエッセー漫画第2弾。

面白きことも無き世を、面白く!

画家・山口晃の“どーでもいいけど楽しげなこと”満載
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫)
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
宮下規久朗
宮下規久朗先生の最新刊!絵画に描かれた代表的な「モチーフ」を手掛かりに美術を読み解く、画期的な名画鑑賞の入門書。カラー図版150点を収録した文庫オリジナル。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工 (JUGEMレビュー »)

「これ一冊で日本美術を鑑賞する際の知識が全て揃う」
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
アイテムで読み解く西洋名画
アイテムで読み解く西洋名画 (JUGEMレビュー »)
佐藤 晃子
西洋絵画を鑑賞する際に必要となる宗教画,神話画の50のアトリビュートを紹介。ありそうで無かった絵画ファン待望の一冊。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術鑑賞手帳
美術鑑賞手帳 (JUGEMレビュー »)

美術鑑賞の楽しみをさらに広げるこれまでになかった手帳です。ミニガイドと書き込み式の鑑賞の記録ページが一緒に。

自分もお手伝いさせて頂きました。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
画家の食卓
画家の食卓 (JUGEMレビュー »)
林 綾野
画家たちが楽しんだ26のレシピを再現。クレー、フェルメール、セガンティーニ、メムリンクの暮らしと創作現場を巡る旅。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い (JUGEMレビュー »)
サンディ ネアン
とかく扇情的に扱われる美術品盗難。だが実際は、麻薬や犯罪に絡む危険な裏社会と結びつく場合が多い。事件に巻き込まれた学芸員の立場からその実態を訴え、問題点を考察する一書。 レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
江戸の献立 (とんぼの本)
江戸の献立 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
福田 浩,松井 今朝子,松下 幸子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻))
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻)) (JUGEMレビュー »)
長岡 龍作
法隆寺金堂内陣は、普段は大変暗い上に太い円柱に加え、金網が廻らされており、その詳細はなかなか見ることができません。今までに撮影された写真も鮮明さということでは満足のゆくものではありませんでした。今回は最新の撮影技術により、南面(正面)のみならず、北面(背面)からも撮影。その結果、全く見たことがない写真を目の当たりにすることになりました。仏像の質感と量感、豊かな色彩に感嘆し、感動をおぼえる一冊となっています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
山口晃 大画面作品集
山口晃 大画面作品集 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
8年ぶり、待望の最新作品集。11月26日発売!予約しないと!!

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本)
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
山本 勉,ヤノベ ケンジ,橋本 麻里,みうら じゅん
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
知識ゼロからのキリスト教絵画入門
知識ゼロからのキリスト教絵画入門 (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
池上英洋先生が易しく紐解く『聖書』の世界。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
芸術家の家: 作品の生まれる場所
芸術家の家: 作品の生まれる場所 (JUGEMレビュー »)
ジェラール=ジョルジュ ルメール,ジャン=クロード アミエル
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
フェルメールへの招待
フェルメールへの招待 (JUGEMレビュー »)

不肖・私がフェルメール30作品の解説執筆と全体の編集に携わった一冊です。オールカラーB5版。96ページから成る、これまでにないフェルメールパーフェクトガイドです。主に「フェルメール初心者」に向け丁寧に噛み砕いた表現で綴られているので、美術の専門用語を知らずともフェルメール作品について一通りの知識を得ることが出来ます。

お手に取って頂ければ幸甚です。よろしくお願い致します。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件 (JUGEMレビュー »)
レニー ソールズベリー,アリー スジョ
来歴さえあれば、たとえ贋作でも「ほんもの」になる。詐欺師は驚くべき方法で美術史を捏造した。美術界を震憾させた事件を追うドキュメンタリー。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース)
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース) (JUGEMレビュー »)
林 綾野
林綾野さんの待望のフェルメール本!レビュー&インタビュー→こちら
+RECOMMEND
  
ヴァチカン物語 (とんぼの本)
ヴァチカン物語 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
塩野 七生,藤崎 衛,石鍋 真澄
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
野兎の眼
野兎の眼 (JUGEMレビュー »)
松本 典子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105 (JUGEMレビュー »)

掌に収まる単眼鏡は、必要なときにサッとポケットなどから取り出して使える便利な、美術館・博物館必須アイテム。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術のことば案内
日本美術のことば案内 (JUGEMレビュー »)
日高 薫
レビュー→こちら
日本美術鑑賞の際に、よく出てくる言葉を満載。絵画、彫刻、工芸品などの具体的な写真をふんだんに使い紹介
+RECOMMEND
  
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS


このページの先頭へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...