青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「三井寺 勧学院」で生茶。 | main | 「藤原道長展」 >>

「浮世絵 品川めぐり展」

品川区立品川歴史館で開催された
「品川区政60周年記念 品川歴史館企画展 浮世絵 品川めぐり」に行って来ました。
(展覧会は5月27日で終了)



今日はかみさんの買い物に付き合う約束の日。
出かけえる前にパソコンで「何気なく」検索していると
品川区立品川歴史館で浮世絵の展覧会をやっているとのこと。
拝観料はたったの100円。観に行かない手はないけど、会期は今日まで。


歌川広重「東都名所 御殿山 品川の駅 袖かうら月の岬

サイトにはこんな広重のそそられる作品や、
今を時めく鳥居清長のこんな美人画もあるとのこと。
(現在、千葉市美術館で「鳥居清長-江戸のヴィーナス誕生-」展開催中)

美南見十二候 六月

「観たい。」と恐る恐るかみさんに。

そして間髪入れず矢継ぎ早にレゴラスの弓矢の如く
「今日までなんだ」「広重の『江戸百』も出ているはず」「鳥居清長を千葉市美術館に行く前に予習しておきたいんだ」「大森貝塚もあるし」……

しかし下手な鉄砲数撃っても中々心を動かすことは難しく交渉難航。
暗礁に乗り上げかけるギリギリ手前で、思いもしなかった妥協案が。

「それ行ってもいいけど東京美術倶楽部でやっている『21世紀展』も行くならいいよ」という意外な言葉がかみさんの口から。。。

東京美術館倶楽部で明日(28日)まで開催されている「21世紀展」に、かみさんの好きな山口晃の作品が出展されているとのこと。それを観たいらしい。

全然OK

「クレジットカード無制限に使わせろ」とか「キラキラ光る石が欲しい」等の
交換条件が出されると思っていたので少々拍子抜け。まずは一安心。
気が変らぬうちに京浜東北線へ乗り込め!!
(品川歴史館は大森駅から徒歩10分)


池上通りに面して建つちょっと立派な公民館のような建物。

企画展示を観る人だけ100円を払うシステム。
ここの歴史館庭園や茶室、書院まであります。


左上から「館内に設置された浮世絵データベース」「茶室、松滴庵(しょうてきあん)」「竪穴式住居跡」「常設展示室」ついでに庭園内に小川も流れ池には立派な錦鯉も。一粒で二度も三度も美味しい公民館じゃなくて歴史館。

更に浮世絵のコレクションまで有しているというのですから驚きです。
今回の展示は終了してしまいましたが、近いうちにまた必ず開催されるはず。
その時は是非是非。因みに大森駅から歩く途中に「大森貝塚」もあります。

で、展覧会。構成は以下の通り。
・浮世絵のできるまで
・海に臨む品川
・品川春夏秋冬
・品川名所
・品川の周辺名所
・品川コレクション
・玩具絵
・美人画〜美人の移り変わり〜
・歌舞伎の舞台
・品川に眠る人々
・新しい時代、明治と浮世絵
・双六
・岡田コレクション


およそ80点もの浮世絵が所狭しと二つの展示室に。
これで100円では、品川区に申し訳ない気がします。

展示作品も「品川」を軸に据え、しっかりと選び抜かれていました。

歌川広重「東海道五拾三次」(品川)
現在の京浜急行北品川駅付近から見た景色。
こんな所まで江戸時代は海だったとは驚きです。
詳しくはこちらで。


歌川広重「品川汐干
当たり前ですが着物姿で潮干狩りしてたのですね。
短パンとかないですものね〜それにしても採れている貝が大きい!
右の女性は平目を手づかみで捕らえたのでしょうか?!


歌川広重「名所江戸百景 月の岬
ざっくりと切り取ったように近景を挿入する広重お得意の構図。
初めてこれ目にした西洋の画家さんたちの驚き分ります。
遠景には月。そして品川沖に浮かぶ船。この当時既に台場が
造られていたはずですが、それは省かれています。

以前紹介しましたこちらの本を取り出すと
謎解き広重「江戸百」
「謎解き広重『江戸百」」 原信田 実

月の岬」についてこんなことが書かれています。
品川の宿に近い八ツ山あたりの茶屋ということになる。二十六夜待が流れたというできごとをきっかけに、広重は、中秋の月を眺める第一の名所である「月の岬」を選んだ。ここでも遠景の月が広重らの関心の対象だった。近景にその名所を示す茶屋を配して名所絵とした。終わった宴を描くことで、「あとの祭り」、つまり二十六夜待の宴が流れたことをほのめかしていると読めてくる。

もう一枚広重を。

名所江戸百景 南品川鮫洲海岸
現在では鮫洲と言うと「鮫洲運転免許試験場」しか頭に浮かびませんが
200年前はこんな場所だったのですね。
海では海苔を養殖しているのでしょうか。
因みに遠景にそびえる山は筑波山だそうです。

他にも、高輪、御殿山、台場、鈴ヶ森、大井などの各所を描いた浮世絵が。
ただ浮世絵の解説にしては、いささか奥歯にものの詰まったような
曖昧模糊とした感じを受けました。品川の遊郭の話や鈴ケ森刑場の事も
しっかりと伝えた方が良いのでは?いくら区立といえども、それくらい。

この浮世絵の説明なんてどうするの?

歌川国貞「美人
桜の名所御殿山の花見客の前を闊歩する花魁。
どうしてここに彼女が…気になりますよね。
こういう説明はたばこと塩の博物館が数段勝ります。(こちら

まぁそんなマイナス点をも充分カバーするほど充実していました。
鯨が打ち上げられ見物する人々を描いたものや月岡芳年の「東京蒸気車鉄道一覧之図」など当時の様子を垣間見られる作品も多数。
満足満足。ポストカードも50円とお安いし。
次回の浮世絵展は最終日に慌てて行く事ないようにします!

広重と歩こう東海道五十三次
広重と歩こう東海道五十三次
安村 敏信,岩崎 均史

それでは、「今日の一枚

葛飾北斎「富嶽三十六景 東海道品川御殿山ノ不二


これ実は「前期」(4月14日〜5月6日)に展示されていたもの。
観たかったな〜という思いを込めて。これにしました。

広重に比べ、北斎の浮世絵には人々が生き生きと描かれています。
ここに見えるとっても皆、楽しそう。
ゴザ敷いて花見する人、肩車してもらっている子供、陽気に踊る人
そして花見と称して「遊び」に来ているであろう人々。
観たかったな〜〜これお預けですね。

いろはたとへ双六 (普及版)
いろはたとへ双六 (普及版)

出光美術館の「肉筆浮世絵のすべて」展の記事まだ書いていないこと今発覚。
近いうちに。。。今日でこちらも前期終わりました。

おまけ:庭園の片隅にあった水琴窟(すいきんくつ)

品川歴史館建設中に敷地からこの水琴窟が発見されたそうです。
山法師(やまぼうし)の可憐な白い花咲く下でこっそりと音を奏でています。

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1025
展覧会 | permalink | comments(8) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

こんばんは
ここは以前から気になりながらも出かけたことのないところでした。(貝塚の碑はみました)
一時大森と大井町がお気に入りで、よく宿泊していたのです。残念。

吉原を北国・こちらを南と呼んだりもしたので、色んな絵師の人が画題を多く見つけられたんでしょうね。
あげられているうちの、広重の三枚続きの色がきれいですねーよく残ってるようですね。

水琴窟まであろうとは・・・!
区立の歴史館や文化館はこれだから侮れませんね。
遊行七恵 | 2007/05/28 12:17 AM
こんにちは。
ご近所にいらっしゃっておられたとは・・・。
実は、大井、大森付近(品川区と大田区が微妙に入り組んでいます)に住み着いてかれこれ15年あまりです。
品川歴史館は時々利用してましたが、近所だからゆえに?チェックしておらず見逃しました〜。残念!
ご指摘の通り、解説については少々あまいところがありますよね。おしいところです。
tsukinoha | 2007/05/28 5:34 AM
こんばんは。
Takさんがリサーチして下さったので、とても参考になりました。たばこ塩でもらってきたパンフレットを見て、
凄くそそられていたところなのです。
はやり、一度尋ねなくては。
川端龍子記念館にずっと前に行ったきりのご無沙汰で、
また、大森に行ってみたくなりました。
佇まいも良い感じですね。
あべまつ | 2007/05/28 11:17 PM
@遊行七恵さん
こんばんは。

流石遊行さんチェック済みでしたか。
ここ良いですよ。

今度来られるときは是非。
なんだか落ち着ける空間でした。

広重の頃になると赤色が鮮明になりますね。
これが明治に入るとちょいとどぎつく感じますが。

@tsukinohaさん
こんばんは。

この辺にお住まいでしたか!
良いところですね〜由緒正しい神社仏閣もあり。

解説がアバウトなところもこういう施設の良い点です。
こちらとしても楽しめます。
駅前のドトールで喉潤しました。

@あべまつさん
こんばんは。

川端龍子もそうですね、この辺ですね。
まだ行ったことありません。
次はそこも兼ねてかな。

しかし思い立ったのが吉日
行ってみてほんと良かったです。
かみさん説得した甲斐がありました。
Tak管理人 | 2007/05/29 12:24 AM
品川歴史館、初めて存在を知りました。
なんだか面白そうですね〜。
建設中に水琴窟が発見されたなんて、なんだかすごい。。
何かと歴史の舞台も多いでしょうから、
けっこう面白い展示をいつもしてくれてるのしょうか?
今度是非行ってみます。

齢80のお茶の先生が、
戦後、山手線で通勤する際、品川あたりは海が見えて、
海苔を干してたのを思い出すと仰ってました。
今の高層ビル群からは考えられませんね。
そういえば、大森の海苔って大森ですね!
nao | 2007/05/30 11:30 PM
@naoさん
こんばんは。

私も初めて存在知りました。
色々あって飽きさせない場所です。
貝塚が出てしまうような土地ですから
水琴窟が発見されても不思議ではない?かな。

品川辺りは今と少し昔では大きく様変わりして
しまっていますね。それが100年前だと
まるっきり違うはずです。御殿山も切り崩して
台場にしてしまったとか。。。
今見ている品川もあと数十年後どうなっているでしょう。
Tak管理人 | 2007/05/31 4:57 PM
浮世絵でいろいろと調べていたら品川歴史館の事があったので。
私は高3で、学校の特別課外授業で3回ぐらい無料で行きました。先生のコネで(笑)
ただ、はじめて行った時は大井町駅から徒歩。&大森貝塚にも行き。遠かった・・・。
しかも、雪?雨降ってきた時も。

残念ながら、行った時は浮世絵は終わっていました。昭和思い出なんたらは見たんですがね。
あ、浮世絵図録というのも無料で貰えましたね!
でも、レポート提出が明日あるんですよね・・・(苦)
それで、浮世絵を。
まだ、何にもやってませんけどね(TT)/
堕天使 | 2008/02/26 9:14 PM
@堕天使さん
こんばんは。はじめまして。
コメントありがとうございます。

今はネットであれこれ調べられて
便利ですね。こんな役に立たない
ブログなんかもあり困りものですが。

自分も大井町駅からてくてく
歩きました。晴れていたので
気持ちよくお散歩できました。

レポート提出頑張ってください。
他にもっとためになるサイト
山ほどありますよ。
最後は自分の力が勝負ですが。

今後とも宜しくお願い致します。
Tak管理人 | 2008/02/26 11:53 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック