青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「鳥居清長展」 | main | 「チェッコ・ボナノッテ展」 >>

雑誌「Pen」創刊200号記念:江戸デザイン学。

阪急コミュニケーションズ発行の雑誌「Pen」
2007 6/15号で見事創刊200号に達しました。
次々と誕生しては消えてゆく雑誌群にあって創刊200号とは立派です。

更に「Pen」が立派なのは創刊200号記念特集に
『いき』という文化が育んだ、江戸デザイン学。
こんなワクワクする特集を組んでしまう点です!



ツボ心得て、「今」がしっかり見えている証です。
そうでなくちゃ、厳しい雑誌業界にあってこれだけ長生きできません。

目次からも内容の濃さ、力の入れ具合がお分かりになるかと。
実に多岐に渡る内容でどれかしら琴線に触れるもの必ずやあろうかと。
(私など興奮しっぱなしです)

「いき」という文化が育んだ、江戸デザイン学。
・刻々と姿を変えた、「江戸」という都市。
・目利きが選ぶ、ベスト・オブ・浮世絵。
 森山大道 × 風景画 川瀬敏郎 × 花鳥画 緒川たまき × 美人画
・世界の「眼」は、どのように評価したか。
・風情を残す、建築モチーフと都市設計。
・パワフルで「いき」な、出版文化を大研究。
 コラボレーション/バリエーション /ベストセラー/広告媒体
・260年にわたる、江戸デザインの系譜。
・職人技が光る、四季折々のプロダクト
 春 つづらから小袖を引き出し、さあ花見に出かけよう。
 夏 ひとっ風呂浴びた後は、団扇を片手に縁側でのんびり夕涼み。
 秋 障子越しに秋の気配を感じながら、自慢のきせるでまずは一服。
 冬 炭火の長火鉢に集まって、家族や仲間との団欒を楽しむ。
・庶民の生活を彩る、江戸グラフィック
 書 /千社札 /手ぬぐい/千代紙
・伝統を継承する、気鋭のクリエイター
 KOKIN 画家  ミヤケマイ 現代アート作家  ヤマシタリョウ 眼鏡作家
 吉田順子 切子作家  中野史郎 江戸更紗職人
・男たちの「いき」を表現した、着物の世界。
・キーワードで探した、「江戸本」18冊。
・とじ込み付録
 風情ある老舗で、江戸を味わう。

Pen (ペン) 2007年 6/15号 [雑誌]
Pen (ペン) 2007年 6/15号 [雑誌]

存じ上げておりませんでしたが、現代琳派を標榜する画家KOKINさんや、
純日本的な要素を現代アートとし表現するミヤケマイさん等も紹介されてます。

勿論、浮世絵のページもたっぷりと!
広重「江戸百」の斬新な構図を森山大道が、北斎の花鳥画にエロティックな眼差しを川瀬敏郎が、そして美人画を緒川たまきが語っています。


喜多川歌麿の「更衣美人図

緒川たまきに美人画解説させるなんて分っているな〜阪急さん。
偉過ぎです。

しかも一般的に語られる浮世絵だけでなく、広告媒体、出版物としての側面にも大々的に光を当て多くの図版を用いて解説がなされています。

以上はほんの一部。「260年にわたる、江戸デザインの系譜。」など見やい資料も含め550円とは思えない内容に仕上がっています。

高校時代に教科書で学んだ「江戸時代」は飢饉と改革ばかり繰り返していたような
イメージしかありません。でも、この雑誌をはじめここ数年の江戸ブームには
今の時代がすっかり忘れてしまった「何か」が江戸にあるからこそ。

「西洋化」に大きく傾いた振り子の「揺り戻し」だけでは説明できない
それこそ「いき」な文化が生活の隅々にまで浸透していたことあらためて
教えてくれるそんな創刊200号特集号でもあります。

UNITED ARROWSのショップ覗いてもここ最近和風テイストなシャツが目立ちます。オリジナル和装レーベル『UNITED ARROWS KIMONO』も数年前から出しているし。。。今年の夏は江戸っ子お手本に粋に決めてみますか!


勝川春章「五人男

おまけ:「キーワードで探した、「江戸本」18冊。」に紹介されている何冊かピックアップしておきます。また読みたい本が増える…

江戸芸術論
「江戸芸術論」 永井 荷風

広告で見る江戸時代
「広告で見る江戸時代」 中田 節子,林 美一

江戸おしゃれ図絵 衣裳と結髪の三百年
「江戸おしゃれ図絵 衣裳と結髪の三百年」 菊地 ひと美

江戸の判じ絵―これを判じてごろうじろ
「江戸の判じ絵―これを判じてごろうじろ」 岩崎 均史


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1032
読書 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

こんにちは。
私も買ってきました。
芸新を買うついでに、これをパラパラしてみましたら、
案外浮世絵など、美味しいところが載っていたし、
買いやすい値段だし、つい、連れて帰りました。

ブルータスや、penなど男子系が好きな私です。
あべまつ | 2007/06/04 11:48 AM
@あべまつさん
こんばんは。

値段が手ごろなのが良いですよね。
芸術新潮の印刷や紙質はとっても
良いのですが値段で躊躇してしまうことあります。

雑誌は男性誌、女性誌関係なく
読み漁っています。近所の本屋で。
Tak管理人 | 2007/06/06 11:13 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/1032
この記事に対するトラックバック