青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 映画「ダイ・ハード4.0」 | main | 一足お先にシュラシュシュシュ >>

「ぴあフィルムフェスティバル」ポスターに若冲登場!!

第29回ぴあフィルムフェスティバルのポスターや公式サイトに若冲が!



この絵のどこが若冲?という方、こちらの絵をご覧あれ、

伊藤若冲「百犬図

若冲が無くなる前年に描かれたとされるこの絵。
個性的なワンちゃんがごろごろ。

かつて雑誌『みづゑ』の表紙にもなった作品です。

これ本屋さんにあったら目を惹きますよね〜
ぱっと見のインパクトかなりあります。

それを狙ってか、画家:渡部満さんが第29回PFFメインビジュアルとして
尾形光琳の「燕子花図屏風」と伊藤若冲の「百犬図」を融合し
そして更にそれにカメラを構える渡部氏の愛娘・奈緒子を据え完成。

題して『燕子花図屏風で、若冲の小犬と戯れながら撮影する奈緒子
(オリジナル原画「子犬と奈緒子」2006年)



ところで、『ぴあフィルムフェスティバル』って?
Wikiより「ぴあ主催の日本の映画祭。PFFと略される。自主映画を募集し、審査するというところが特徴。映画監督を目指す若者の登竜門とされており、これまでに多くの映画監督を輩出している。」

今年は下記の日程で開催されるそうです。
第29回ぴあフィルムフェスティバル
会期:2007年7月14日(土)〜20日(金)
会場:渋谷東急(渋谷クロスタワー2F)
スペシャルプログラム
会期:2007年7月21日(土)〜8月10日(金)
会場:ユーロスペース


[PFFアワード2006ベストセレクション] MIDNIGHT PIGSKIN WOLF ミッドナイト・ピッグスキン・ウルフ/まばたき
[PFFアワード2006ベストセレクション] MIDNIGHT PIGSKIN WOLF ミッドナイト・ピッグスキン・ウルフ/まばたき

さて、さて明後日7日からいよいよ藝大美術館にて
「金刀比羅宮 書院の美― 応挙・若冲・岸岱 ―」展か開催となります。
(同時開催『芸大コレクション展:歌川広重《名所江戸百景》のすべて』)

百花繚乱の豪華な世界、上野に出現 金刀比羅宮展
2007年07月04日 asahi.com

7日に開幕する「金刀比羅宮(ことひらぐう) 書院の美」展(朝日新聞社など主催)で、江戸期の絵師たちが技をふるった襖絵(ふすまえ)約130面を東京・上野の東京芸術大学大学美術館へ大移動。「こんぴらさん」で知られる香川県の金刀比羅宮と同じ配置に並べ、美術館に書院を本物さながらに再現する作業が進められている。
3日は、目玉の一つ、伊藤若冲(じゃくちゅう)(1716〜1800)の襖絵「花丸図」(1764年)を設置。アジサイやアサガオ、ボタン、ヒマワリなど約200の花が描かれた作品で、奥書院「上段の間」の百花繚乱(ひゃっかりょうらん)の豪華な世界が再現された。
金刀比羅宮の襖絵が境内外で大規模に公開されるのは初めて。


金刀比羅宮の美術―思いもよらぬ空間芸術
金刀比羅宮の美術―思いもよらぬ空間芸術
伊藤 大輔

「金刀比羅宮 書院の美−応挙・若冲・岸岱−」展
会場:東京藝術大学大学美術館
会期:2007年7月7日(土)〜9月9日(日)
公式サイト

楽しみ。楽しみ。

若冲になったアメリカ人 ジョー・D・プライス物語
若冲になったアメリカ人 ジョー・D・プライス物語
ジョー・プライス,山下 裕二

待ちきれないので「先行プレビュー」
伊藤若冲「奥書院 上段の間 花丸図」のほんの一部分。


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1065
作者:渡部 満(わたなべ・みつる)
1953年 青森県生まれ。虚構と現実の狭間に成立した夢幻的で耽美な情感を織りなす。ラファエロやボッティチェリ、尾形光琳や速見御舟といった古今東西の巨匠たちの名画を借景に、自分の娘たちを描いた独特な画風で注目を集めている。
その他 | permalink | comments(4) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

こんにちは。
若冲の「花丸図」に会えると思うと、もう楽しみで楽しみで。
Takさんの記事をわくわくしながら拝読しました。
tsukinoha | 2007/07/06 5:39 AM
@tsukinohaさん
こんにちは。

201の花まさに「百花繚乱」でした。
tsukinohaさんの感想も楽しみにしています!
Tak管理人 | 2007/07/07 12:05 PM
こんばんは
あのみづゑ、わたしも持ってます。
若冲、クロソフスキー(あの頃はクロソウスキーではなくクロソフスキー表記でした)、ラファエル前派に澁澤の文章、朝倉彫塑館という素敵な号でした。

どきどきです。
早くも金比羅さんに行かれたTakさんの記事を読み、なんとしてもいかねば〜と自分に暗示掛けております。
(とらさんもびっくりのトラトラトラでしたね♪)
遊行七恵 | 2007/07/08 1:02 AM
@遊行七恵さん
こんばんは。

流石!これ古本屋でぱっと目に入って
そのまま抱えてレジへ直行しました。
中身も充実していてお買い得でした。

金比羅さんいいですよ〜
藝大の3階は使い勝手の良い空間なのでしょうか。
江戸百のおまけも凄かったです。
Tak管理人 | 2007/07/09 12:22 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック