青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「アンリ・カルティエ=ブレッソン展」 | main | クリック!「いかさま師」 >>

教えて下さい「もう一度観たい展覧会」

mixiの「美術館・博物館 展示情報」コミュに立っていたトピック
「もう1度見たい美術展」をこちらのblogでも募ってみたいと思います。

皆さんが、これまでご覧になった展覧会の中で
もう一度観たい展覧会」と思う展覧会を
コメント欄に書いて頂くと嬉しいです。アート

10年前の展覧会でも現在開催している展覧会でもok.
また国内、国外も問いません。(両方でも可)
一つに絞りきれない方は複数書かれてもOK

行きたかったけど見逃してしまった…なんて
悔しい思い出の展覧会でも構いません。
展覧会名:
美術館名:
会期(アバウトで):
熱い想いもあれば:

どしどしお寄せ下さい。

出張中パソコンが出来る環境ではありませんが
携帯にメールでコメント届くように設定しています。
宜しくお願いしまーす。

帰りましたら、お寄せいただいたものは
全てこちらの本文に掲載させていただきます。

またブログお持ちの方、どこか片隅でこのエントリ取り上げ
ご紹介していただくと嬉しいです。どうぞ宜しく猫2



この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1086

美術空間散歩 (Eブックス―アート)
美術空間散歩 (Eブックス―アート)
青野 尚子; シヲバラ タク

出張中につきコメントやトラックバックお返事できませんがお許し下さい。
ただし、ブログは毎日自動更新するように設定して出かけます。
30日夜には戻ります。留守中もどうぞ御贔屓に。


無事帰宅しました。コメント&TB有り難うございました。
また明日からどぞ宜しくお付き合い下さい。


以下、皆さんからコメントにてお寄せ頂いた「もう1度見たい美術展」です。

・「美術館は楽しい」の Minnetさん。

展覧会名:日本国宝展
美術館名:東京国立博物館
会期:2000年3月25日〜5月7日
熱い想い:まだ美術に関心がなかった時期で、見逃してしまいました。7年前に逆戻りできれば、ぜひ見たい展覧会です。

・「Renaissance 復興の記」のパレットさん。

展覧会名:「チャルトリスキ・コレクション展」
美術館名:横浜美術館
会期(アバウトで):2002年1月19日(土)〜4月7日(日)
熱い想い:レオナルド・ダ・ヴィンチ「白貂を抱く貴婦人」を見たような…。レオナルドの絵の中で一番好きだからです。是非もう一度みたいです。

展覧会名:ボストン美術館展
美術館名:横浜美術館
会期(アバウトで):横浜博覧会(チョー昔)
熱い想い:アメリカン・コンテンポラリーアートを存分に見ることができ、それ以来こういった絵が好きです。ボストンに行って見るつもりが、9.11事件があり、取りやめました。残念です。

・「Megurigami Nikki」のNikkiさん

展覧会名:From Filippo Lippi to Piero della Francesca: Fra Carnevale and the Making of a Renaissance Master
美術館名:The Metropolitan Museum of Art
会期(アバウトで):2005年
熱い想い:またこの時代の美術を良く知らなかった頃に見たのですが、今思うとこれだけ贅沢な展覧会も無かったなぁ〜、と溜息が漏れます。

・gakkoさん

京橋に近代美術館があったころ見た、ピカソ展。
ゲルニカが来たような気がしていたら、本物じゃなくて、タペストリーだったとか・・・余りに小さい頃で覚えていません。
でもピカソの絵に強烈な印象を子供心に受けました。
時代もあるかもしれませんが・・・・・。

もう一度見たいです!

・「ひねもすのたりの日々」のshamonさん

展覧会名:アンドリューワイエス展
美術館名:福島県立美術館
会期(アバウトで):1994年夏
熱い想い:「遠雷」に惚れました。今でも大好き。

次点「ワシントンナショナルギャラリー展」

・Junさん

展覧会名:バーンズ・コレクション展
美術館名:国立西洋美術館
会期:1994年1月22日〜4月3日
熱い想い:この展覧会ほどの長蛇の列は、未だ、見たことがありません。美術に全く興味のなかった友人も、これを契機に美術館巡りをするようになりました。最大で7時間待ちを記録したとか。この時、いつかフィラデルフィアへ行こうと思い、2004年にバーンズ財団へ行くことが出来ました。

・わじまやさん

展覧会名:マグリット展
美術館名:渋谷BUNKAMURA,名古屋市立美術館ほか
会期:2002年夏〜秋
熱い想い:私がそれほど美術に興味なかったころ,マグリットのデザインセンスのある絵が好きで渋谷へ行き,さらにあきたらず巡回の名古屋にも行きました。名古屋展の方が良かったです。それから,いろんな時代の芸術の沼にずぶずぶとはまりました。今年は,再びシュルレアリズムの展覧会が多くてうれしいです。

・「あお!ひー」のあおひーさん

わたしがもう一度見たいのは奈良美智+grafの「AtoZ」です。
これまで生きてきて味わったことのない感覚でした。
あの幻の時間、いつかまたやってもらいたいものです。
期間は一ヶ月とかで充分です。
5年後、10年後でかまいません。生きてるうちにもう一回行けたらラッキーです。
未だにあの時の気持ちのいい記憶は時々思い出して、反芻してみるのです。

・「よめことここの日記」のよめこさん

展覧会名:ゴッホ展(?)
美術館名:大阪の国立国際美術館(万博公園にあった頃)
会期(アバウトで):たぶん1980年代
熱い想い:亡くなった祖父と行った最初で最後の展覧会。ゴッホの「濃さ」にヤラレて、帰宅後熱が出ました。子供だったからこそ、そんなしんどくなるまで作品と真剣に向き合えたのかな…と思います。今だったら、絵を見てて「あ、しんどい」と思ったら、ちょっと距離をとって自分を守ってしまう。。

・「今日の献立ev.」のKINさん

私は食糧ビルディングのクロージング、
「エモーショナル・サイト展」です。
会期は2002年11月16日から11月24日
参加アーティストも然ることながら、やはり
あの魅力的な場所を見ることが出来る
最後の展示、と言うのが感慨深い・・・。

・「ライトオタクなOL奥様の節約入門日記」のしのぶんさん

私はものすごくインパクトがあって、カタログにも全てが収録されていなかったし、その衝撃はやっぱり実物でないと再現できない!という点で、10年以上前にやってた世田谷美術館の「アウトサイダー・アート展」をあげたいと思います。ヘンリー・ダーガーを知ったのはここでした。

・「隆(りゅう)のスケジュール?」のりゅうさん

私は積極的に美術館に足を運ぶようになったのは2004年から(それ以前は単発でした)なので、バーンズ・コレクション展等、それ以前の評価の高い展覧会を全部観たいです(笑)
特に観たいのは上野で楽しむ《モナリザ》でしょうか。生まれる前の出来事のため来日したという実感がありませんけど。。。
是非、池上先生の解説付きで。←ココがポイントです!(≧▽≦)b

・「たまゆらデザイン日記」のtsukinohaさん

「シルクロードのかざり 中央アジアとコーカサスの美術」
千葉市美術館
1998年 11月
織物品などのまばゆい色彩と質感に圧倒されました。会場のディスプレイや照明もとてもよかったのを記憶しています。あの臨場感は印刷物では再現ができません。もう一度ぜひこの目で観てみたいと思ってしまいます。

TBありがとうございました!

・本の字さん

展覧会名:「アンリ・カルティエ=ブレッソン 知られざる全貌」
美術館名:東京国立近代美術館
会期(アバウトで):2007年6月19日(火)〜8月12日(日)
熱い想い:先週日曜日、観に行きました。
あんなにたくさんの作品があると思わず、二時間しか時間を取ってなかったので斜め観覧(;;)する中、わたしを絶句させたのがヴィンテージプリント(ブレッソン自ら現像した写真)展示コーナー。「ぜんぜん違う!」思わず声を上げるヒトも。わたしは、かたずを飲んだ。あ〜他のはカスかも、と感じ、写真を撮るという行為は取材=素材の収拾、下拵えであって、現像という行為こそが創作活動なのかもしれない、と、さえ、思い至って、「一体何?」と震えた。年月による作品の傷みさえ、味がある。
も一度観たい。

・「翠松庵no散歩道」のるるさん

展覧会名:ベルギー象徴派展
会場:国立近代美術館
会期:1982年の冬だったハズ
この展覧会が今尚一番の衝撃で、色彩・構成・メンタル的にも影響を受けたクノップフの『私は私自身に扉を閉ざす』に出逢いました。
全ての始まりな展覧会です。
この頃に開催された、鎌倉の神奈川県立美術館でも、ベルギー象徴派やラファエル前派が開催されており、素晴らしい内容でした。

・葉月さん

展覧会名:田原桂一/世紀末建築写真 ファン・ド・シエクル展
美術館名:ラフォーレ・ミュージアム赤坂
会期(アバウトで):1980年代
熱い想い:カタログというかこのときはA4サイズの写真のプリントがポートフォリオに入っているもので、予算がなくて買えませんでした。未だに悔しいです。さらにこの展覧会について、ネットでもほとんど情報がありません。
幻の展覧会です…。

・「柏をたのしむ@水上デザインオフィス」のmizdesignさん

展覧会名:マティスの大回顧展
美術館名:MOMA
会期(アバウトで):1992/9/24-1993/1/12
熱い想い:当時NYに住んでいたくせに(ついでに学生だったので本展を除いて無料だったくせに)、いつ覗いても大行列に、また今度と思っているうちに見逃しました。
当時の自分に一言。バカだねえ。。。

・鎧坂(yoroizaka)さん

展覧会名:日本美術名宝展(昭和天皇御在位60年記念)
美術館名:東京国立博物館
会期:1986年9月〜10月
熱い想い:名品揃いの、行列のできる展覧会でしたが、思い出深いのは、ここで初めて若冲の動植綵絵を見たことです。
30帖全部は出品されず、15帖を会期前半に8枚、後半に7枚の展示でした。
日本美術を見始めた頃でして、実に衝撃的な作品!伊藤若冲という画家の名前が深く刻み込まれたものでした。
当時は「御物」となっていたんですが、この文字にも、一層の重みを感じておりました。
そろそろ御在位20年あたりで大規模な展覧会を期待しているのですけれど...

・「ポップ魂(ただいまシドニー滞在中)」のもりをさん

展覧会名:Wolfgang Laib展
美術館名:国立近代美術館
会期:2003年5月ごろ
熱い想い:採集した花粉を床に敷きつめたインスタレーション、シャーレ状の大理石に満たされた牛乳、蜜蝋や石で作られた船や家・・・
Laibさんの作品との初めての、幸福な出会いでした。
その後丸亀市美術館にも巡回したと思うのですが今思えば追っかけしたかったぐらいです。機会があればまた見たい。。。




引き続きまだまだ募集しています!
どうぞお気軽にコメントに「もう一度観たい展覧会」残して下さい。


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1086
展覧会 | permalink | comments(26) | trackbacks(1)

この記事に対するコメント

こんばんは。私は「日本国宝展」を挙げます。
展覧会名:日本国宝展
美術館名:東京国立博物館
会期:2000年3月25日〜5月7日
熱い想いもあれば:まだ美術に関心がなかった時期で、見逃してしまいました。7年前に逆戻りできれば、ぜひ見たい展覧会です。
Minnet | 2007/07/26 12:33 AM
「もう一度観たい展覧会」ですが、はっきり覚えていないので、だいたいで書きます。

展覧会名:不明
美術館名:横浜美術館
会期(アバウトで):7,8年前
熱い想いもあれば:レオナルド・ダ・ヴィンチ「白貂を抱く貴婦人」を見たような…。レオナルドの絵の中で一番好きだからです。是非もう一度みたいです。

展覧会名:ボストン美術館展
美術館名:横浜美術館
会期(アバウトで):横浜博覧会(チョー昔)
熱い想いもあれば:アメリカン・コンテンポラリーアートを存分に見ることができ、それ以来こういった絵が好きです。ボストンに行って見るつもりが、9.11事件があり、取りやめました。残念です。
パレット | 2007/07/26 1:23 AM
海外の展覧会ですが、もっとよくく見ておけば良かったなぁ〜というものです。最近、Amazonで図録を発見したのですが、¥9,813もするとは・・・。

展覧会名:From Filippo Lippi to Piero della Francesca: Fra Carnevale and the Making of a Renaissance Master
美術館名:The Metropolitan Museum of Art
会期(アバウトで):2005年
熱い想いもあれば:またこの時代の美術を良く知らなかった頃に見たのですが、今思うとこれだけ贅沢な展覧会も無かったなぁ〜、と溜息が漏れます。
Nikki | 2007/07/26 10:13 PM
京橋に近代美術館があったころ見た、ピカソ展。
ゲルニカが来たような気がしていたら、本物じゃなくて、タペストリーだったとか・・・余りに小さい頃で覚えていません。
でもピカソの絵に強烈な印象を子供心に受けました。
時代もあるかもしれませんが・・・・・。

もう一度見たいです!(昔過ぎるじゃない。Takさん生まれてないってば!)
gakko | 2007/07/26 10:20 PM
こんばんは。出張大変ですね。どうぞ無事のお帰りを。
ジブリの男鹿展行ってきました。よかったですよ!

さて私のは

展覧会名:アンドリューワイエス展
美術館名:福島県立美術館
会期(アバウトで):1994年夏
熱い想いもあれば:「遠雷」に惚れました。今でも大好き。

です。
次点が「ワシントンナショナルギャラリー展」8年位前上野で。場所は東京都美術館でした。
shamon | 2007/07/26 10:45 PM
展覧会名:バーンズ・コレクション展
美術館名:国立西洋美術館
会期:1994年1月22日〜4月3日
熱い想いもあれば:
この展覧会ほどの長蛇の列は、
未だ、見たことがありません。
美術に全く興味のなかった友人も、
これを契機に美術館巡りをするようになりました。
最大で7時間待ちを記録したとか。
この時、いつかフィラデルフィアへ行こうと思い、
2004年にバーンズ財団へ行くことが出来ました。

Jun | 2007/07/26 10:47 PM
展覧会名:マグリット展
美術館名:渋谷BUNKAMURA,名古屋市立美術館ほか
会期:2002年夏〜秋
熱い想いもあれば:私がそれほど美術に興味なかったころ,マグリットのデザインセンスのある絵が好きで渋谷へ行き,さらにあきたらず巡回の名古屋にも行きました。名古屋展の方が良かった
です。それから,いろんな時代の芸術の沼にずぶずぶとはまりました。今年は,再びシュルレアリズムの展覧会が多くてうれしいです。
わじまや | 2007/07/26 10:57 PM
こんばんわ。
出張、お疲れ様です。

わたしがもう一度見たいのは奈良美智+grafの「AtoZ」です。
これまで生きてきて味わったことのない感覚でした。

あの幻の時間、いつかまたやってもらいたいものです。
期間は一ヶ月とかで充分です。

5年後、10年後でかまいません。生きてるうちにもう一回行けたらラッキーです。

未だにあの時の気持ちのいい記憶は時々思い出して、反芻してみるのです。
あおひー | 2007/07/26 10:59 PM
この夏の目標は六本木のコルビュジェとスキン&ボーンズに行くこと!
しかし8月前半は全く行けそうにありません…
「もう一度観たい展覧会」、おもしろそうなので参加させてください。

展覧会名:ゴッホ展(?)

美術館名:大阪の国立国際美術館(万博公園にあった頃)

会期(アバウトで):たぶん1980年代

熱い想いもあれば:亡くなった祖父と行った最初で最後の展覧会。ゴッホの「濃さ」にヤラレて、帰宅後熱が出ました。子供だったからこそ、そんなしんどくなるまで作品と真剣に向き合えたのかな…と思います。今だったら、絵を見てて「あ、しんどい」と思ったら、ちょっと距離をとって自分を守ってしまう。。
よめこ | 2007/07/26 11:59 PM
私は食糧ビルディングのクロージング、
「エモーショナル・サイト展」です。
会期は2002年11月16日から11月24日
参加アーティストも然ることながら、やはり
あの魅力的な場所を見ることが出来る
最後の展示、と言うのが感慨深い・・・。
KIN | 2007/07/27 12:06 AM
こんばんは。
私はものすごくインパクトがあって、カタログにも全てが収録されていなかったし、その衝撃はやっぱり実物でないと再現できない!という点で、10年以上前にやってた世田谷美術館の「アウトサイダー・アート展」をあげたいと思います。ヘンリー・ダーガーを知ったのはここでした。
見た方いらっしゃるでしょうか?
しのぶん | 2007/07/27 12:14 AM
こんにちは。
私は積極的に美術館に足を運ぶようになったのは2004年から(それ以前は単発でした)なので、バーンズ・コレクション展等、それ以前の評価の高い展覧会を全部観たいです(笑)
特に観たいのは上野で楽しむ《モナリザ》でしょうか。生まれる前の出来事のため来日したという実感がありませんけど。。。
是非、池上先生の解説付きで。←ココがポイントです!(≧▽≦)b
りゅう | 2007/07/27 7:56 PM
こんばんは!私のは地味ですがコレです。
「シルクロードのかざり 中央アジアとコーカサスの美術」
千葉市美術館
1998年 11月
織物品などのまばゆい色彩と質感に圧倒されました。会場のディスプレイや照明もとてもよかったのを記憶しています。あの臨場感は印刷物では再現ができません。もう一度ぜひこの目で観てみたいと思ってしまいます。
このTakさんの記事で、あれこれ思い出深い展覧会が駆け巡り、ブログ記事にしてしまっているところです。お時間のある時によろしかったら・・・(後程TBさせてくださいね)。
tsukinoha | 2007/07/27 9:27 PM
展覧会名:開催中のブレッソン
美術館名:(どこだっけ?)
会期(アバウトで):たぶん開催中
熱い想いもあれば:先週日曜日、観に行きました。
あんなにたくさんの作品があると思わず、二時間しか時間を取ってなかったので斜め観覧(;;)する中、わたしを絶句させたのがヴィンテージプリント(ブレッソン自ら現像した写真)展示コーナー。「ぜんぜん違う!」思わず声を上げるヒトも。わたしは、かたずを飲んだ。あ〜他のはカスかも、と感じ、写真を撮るという行為は取材=素材の収拾、下拵えであって、現像という行為こそが創作活動なのかもしれない、と、さえ、思い至って、「一体何?」と震えた。年月による作品の傷みさえ、味がある。
も一度観たい。
本の字 | 2007/07/27 10:42 PM
関東はすっかり暑くなりましたよ〜

もう一度行きたいのは、

展覧会名:ベルギー象徴派展
会場:国立近代美術館
会期:1982年の冬だったハズ
この展覧会が今尚一番の衝撃で、色彩・構成・メンタル的にも影響を受けたクノップフの『私は私自身に扉を閉ざす』
に出逢いました。
全ての始まりな展覧会です。
この頃に開催された、鎌倉の神奈川県立美術館でも、ベルギー象徴派やラファエル前派が開催されており、素晴らしい内容でした。


るる | 2007/07/28 12:04 AM
展覧会名:田原桂一/世紀末建築写真 ファン・ド・シエクル展
美術館名:ラフォーレ・ミュージアム赤坂
会期(アバウトで):1980年代
熱い想いもあれば:カタログというかこのときはA4サイズの写真のプリントがポートフォリオに入っているもので、予算がなくて買えませんでした。未だに悔しいです。さらにこの展覧会について、ネットでもほとんど情報がありません。
幻の展覧会です…。
葉月 | 2007/07/29 9:53 PM
こんばんは。

展覧会名:マティスの大回顧展
美術館名:MOMA
会期(アバウトで):1991か1992の夏頃?
熱い想いもあれば:当時NYに住んでいたくせに(ついでに学生だったので本展を除いて無料だったくせに)、いつ覗いても大行列に、また今度と思っているうちに見逃しました。
当時の自分に一言。バカだねえ。。。
mizdesign | 2007/07/29 11:42 PM
@Minnetさん、パレットさん、Nikkiさん、
 gakkoさん、shamonさん、Junさん、わじまやさん、
 あおひーさん、よめこさん、KINさん、しのぶんさん、
 りゅうさん、tsukinohaさん、本の字さん、るるさん、
 葉月さん、mizdesignさん。

こんばんは。
やっと出張先から戻って参りました。
5日間は長かったです。

皆さんのコメントがメールとして
携帯に届くたびに、なるほど〜と
頷いていました。

TBもありがとうございました。

明日以降お寄せいただいた展覧会等について
お名前やブログ名などと共に本文に掲載させていただきます。
(今夜は休ませてください)

そして、まだまだこの企画コメントを募集しています。
どしどしお寄せ下さいませ。
Tak管理人 | 2007/07/30 10:54 PM
はじめまして。いつも貴重な情報に感謝しています。
古い展覧会なのですが…
展覧会名:日本美術名宝展(昭和天皇御在位60年記念)
美術館名:東京国立博物館
会期:1986年9月〜10月
熱い想いもあれば:名品揃いの、行列のできる展覧会でしたが、思い出深いのは、ここで初めて若冲の動植綵絵を見たことです。
30帖全部は出品されず、15帖を会期前半に8枚、後半に7枚の展示でした。
日本美術を見始めた頃でして、実に衝撃的な作品!伊藤若冲という画家の名前が深く刻み込まれたものでした。
当時は「御物」となっていたんですが、この文字にも、一層の重みを感じておりました。
そろそろ御在位20年あたりで大規模な展覧会を期待しているのですけれど...
鎧坂(yoroizaka) | 2007/08/01 9:21 PM
はじめまして!
いつも豊富な情報量に驚愕しつつ、
楽しく読ませていただいております。
初コメントで恐縮ですが、私も参加させてください!

展覧会名:Wolfgang Laib展
美術館名:国立近代美術館
会期:2003年5月ごろ
熱い想いもあれば:
採集した花粉を床に敷きつめたインスタレーション、
シャーレ状の大理石に満たされた牛乳、
蜜蝋や石で作られた船や家・・・
Laibさんの作品との初めての、幸福な出会いでした。
その後丸亀市美術館にも巡回したと思うのですが
今思えば追っかけしたかったぐらいです。
機会があればまた見たい。。。

ちなみに、いずれ見たいと思ってるのは
直島の民家プロジェクト「きんざ」(内藤礼)と、
イタリアはフィレンツェのサン・マルコ修道院の
フラ・アンジェリコのフレスコ画です。
年取ったらフェルメール行脚もしたいし、えーとそれから・・(夢は尽きない)
もりを | 2007/08/01 10:03 PM
@鎧坂(yoroizaka)さん、もりをさん
こんにちは。初めまして。

ご賛同下さいましてありがとうございます。

本文へ掲載させていただきました。
今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。
Tak管理人 | 2007/08/02 11:51 AM
展覧会名:開基足利義満600年忌記念 若冲展
 釈迦三尊像と動植綵絵120年ぶりの再会
美術館名:相国寺承天閣美術館
会期:2007年5月13日&#12316;6月3日
熱い想いもあれば:
とっても見に行きたかったのに、
体調を崩して見に行けなかった・・・(号泣)
そして、美術系ブログでは絶賛の嵐。
見たかったー。見せろー。
いや、見せてくださいませー。
菊花 | 2007/08/02 10:18 PM
この企画、参加したかったんですが、悲しいことに、
見逃して後悔、とか思い出深いとか、泣けたとか、
そそられたとか、色々浮かんできて、
この一展、というのがぽんと浮かばなかったんです・・・。
つい贔屓でマグリット関連ばかりにもなりそうですし。

全部書いたらコメントだけでびろーんと長くなるので、
いっそ自分ブログで記事にした方がいいかも、という気もします。

ところで、Takさんの「もう一度観たい展覧会」ベスト10
なんかも最後に発表されるのでしょうか?
m25 | 2007/08/02 11:50 PM
@菊花さん、m25さん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

>ところで、Takさんの「もう一度観たい展覧会」ベスト10
>なんかも最後に発表されるのでしょうか?

(^^ゞこれ書いていませんでしたね。。。
申し訳ないです。

私がもう一度観たい展覧会は
森美術館で開催された「杉本博司展」です。
作品のみならず展示空間全てに惚れました。
ご本人とお会いでき想い出の展覧会です。

次点はやはり菊花さん同様
「若冲展」でしょうね。
あの特別な空間は言葉に表し難いものがありました。
Tak管理人 | 2007/08/04 1:01 AM
Takさんの「もう一度観たい展覧会」、
お伺いしておきながらお返事もせずすみません。

これだけの数の展覧会をご覧になっていても、
この展覧会!というのが浮かぶのが凄いです。
純粋に展覧会のよしあしの前に、
つい好きな画家云々が浮かんでしまい、
考えてはみても、この1つ!を決めかねてしまいます。
でもこうやって今迄の鑑賞歴を振り返ってみるのも
オツですね。


#御注文の品、発送致しましたので、
 11日か12日には届くかと思います。
 宜しくお願いします。
m25 | 2007/08/11 2:01 AM
@m25さん
こんにちは。

昔観たものよりも最近見たものの方が
やはり記憶に鮮明に残っているようです。
バブルの頃とは展覧会自体も随分と
変りましたし、美術館自体も変りました。
以前はデパート系が主流でしたが
今ではすっかり影を潜めてしまっています。

中々ひとつに絞るの難しいですよね。
あれこれ考えるのも面白いかもしれません。

発送ありがとうございます。
届いたらmixiの方にお礼のメール
出させていただきます。
Tak管理人 | 2007/08/12 8:52 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/1086
この記事に対するトラックバック
夏休みに入ったので(子どもが、です)早速ある展覧会へ出かけたのですが、 感想が後回しになっています。 さて、こちらでこのような記事を拝読後、思考が過去の時空へと遡ってしまい、せっかくなので記録として留めておこうと思いました。ほとんど自分の思い出に浸
364 思い出の展覧会 | たまゆらデザイン日記 | 2007/07/27 9:51 PM