青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< マリア歎きの眼を伏せ祈る | main | ベネッセハウス「ミュージアム」 >>

直島から戻りました。

ベネッセアートサイト直島へ行って来ました。

行かれた方皆さんが口を揃えて「素晴らしい」と仰る意味よ〜く分りました。
今すぐにでもまた今一度訪れてみたいそんな「場所」です。
これは一生に一度は実際に味わってみないといけません。

撮影してきた写真は後ほどアルバムにまとめます。
とりあえず、何枚かご紹介。


直島は高松からフェリーで約一時間。
写真中央に建物らしきもの僅かに見えます。
それらが「ベネッセハウス」です。

宮ノ浦港に着くと草間弥生の「赤かぼちゃ」がお出迎え。

金沢21世紀美術館にもあった銀色の丸いイスもありました。

因みにこの港(直島町営フェリーターミナル「海の駅なおしま」)の設計も21世紀美術館同様、SANAAの手によるもの。

金沢が「丸」なら直島の港は「四角」

金沢21世紀美術館の記事はこちら。

港からはベネッセハウス宿泊者用専用バスで移動。
ベネッセハウスには4つの宿泊棟があります。
「ミュージアム」「オーバル」「パーク」「ビーチ」

今回宿泊したのは「ミュージアム
作品展示スペースのほか、滞在用客室10室、レストラン、カフェ、ライブラリ、ショップを完備。館内はいたるところに作品が展示され、まさにアートに囲まれた滞在を体験できるスペースです。 1992年オープン。安藤忠雄設計。

部屋からは瀬戸内海が一望できます。


同じフロアにあるカフェからの眺望。
宿泊者には無料でシャンパンのサービスもあり
瀬戸内海の海と空と空気を満喫しながらの一杯は格別。

手前にある作品は大竹伸朗の「シップヤードワークス 船底と穴

夕食は一階にあるベネッセハウス ミュージアムレストランで。
そこからの眺めもこれまた絶景。

杉本博司「タイム・エクスポーズド」(「海景」シリーズ)が両脇コンクリートの壁に展示されています。この展示位置が憎らしく、実際の瀬戸内海の水平線と同じ高さに作品内の水平線が合うように設置されています。

専用モノレールに乗って「オーバル」へ。

ここは夜がお勧め。ベネッセハウスオーバルバーが夜3時間だけオープン。
綺麗なお月様と星々、それに海の音を聴きながらカクテルを。

昨年オープンしたばかりの「パーク」と「ビーチ」は「ミュージアム」から約1km離れた海辺にあります。移動は専用バス。頼めば車も用意してくれます。


直島の顔と言うべき、草間さんの「南瓜」はこの近くにあります。

「南瓜」から見たベネッセハウス

直島 瀬戸内アートの楽園 (とんぼの本)
直島 瀬戸内アートの楽園 (とんぼの本)
秋元 雄史,安藤忠雄 ほか

まだまだ見所は存分に残っていますが、今日はこの辺で。
どこをどう撮っても「絵になる」場所です。


「ミュージアム」の入口から見た瀬戸内海。


ベネッセハウスだけ紹介してもブログのネタ一週間は困らなくてすみそうです。
この他にも直島には「地中美術館」や「家プロジェクト」なども。
それらもおいおいご紹介して行きたいと思います。

こうして素晴らしい体験が出来るのも直島と瀬戸内海の自然の成せる業かと。

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1115
直島 | permalink | comments(11) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

Takさま、こんばんわ!
いつも拝見しておりますが、
コメントはご無沙汰したまま失礼しております。

直島にいらしたとの記事に
うわぁ〜〜〜!羨ましい!と
今日こそコメントを入れさせていただきます。

国内でぜひ行きたいところのひとつがこの直島。
Takさんのお話と写真にわくわくしています。
一週間分のネタも十分とのこと、
これからのお話を楽しみにお待ちしています!

沙羅茶 | 2007/08/23 11:49 PM
ベネッセハウスができる前ですが、小学生の頃は良く夏休みを、瀬戸内海のペンションに泊まりに行ってました。直島も行ったことがあるのですが、今はかなり綺麗になっているようですね。今度、実家に帰省する際に足を伸ばしてみたいと思います。
Nikki | 2007/08/24 12:38 PM
ご無沙汰してます。
草間さんの「南瓜」、観たいんです!草間さんの美術館行きたい!
上の写真、カボチャのクキまでつぶつぶで、感激しました。
mayu | 2007/08/24 6:52 PM
@沙羅茶さん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

伝えたいことが山ほどあって
どうしたらいいのか思案中です。
仕事もろくに手につきません。

今日はまず数点だけ写真を。
次の記事ではもっと大量に!
しばしお待ちあれ。

@Nikkiさん
こんばんは。

瀬戸内海は船舶免許を取りに行ったきり。
久々に出かけました。いいところですね。
今度皆さんでご一緒にどうですか?直島。
オーバル貸切とかね。

@mayuさん
こんばんは。

昨夜は参加できなくて申し訳ないです。
記事頑張って書くのでお許しあれ。
>カボチャのクキまでつぶつぶで、感激しました。
よく気が付かれましたね!ここが見せたくて載せました。
撮影するのは海に落ちそうで怖いのですが。
Tak管理人 | 2007/08/24 10:00 PM
憧れの「直島」レポートありがとうございます。
私の叔父は何回も行っており、初めての直島ではちょうどopening partyだったそうでその場で館長と懇意になったとか。
素敵な体験を熟成しつつ、少しづつblogで紹介して下さいね。
とても楽しみにしています。
panda | 2007/08/24 10:20 PM
直島!本当に一生に一度は行かねば、で一度行くと
また行きたくなる場所ですよね!(私も2度行きました
が、まだ行き足りないです!赤かぼちゃもまだ見て
ません!)
ちなみに、ミュージアムに泊まった場合ってビーチや
パークの中を見ること出来るんですか?(もっと正確
に言うとビーチやパークの中のアート作品を見る事が、
と言う意味ですが)
KIN | 2007/08/24 11:06 PM
直島がこんな素敵なところとは知りませんでした。
こんど、旦那に「行きたい!!」っておねだりしようっと・・


それにしても「ジレット」のコマーシャルフィルムはなんですかあ!
gakko | 2007/08/24 11:39 PM
帰りの空港で買ったOZ(雑誌のほう)にでていて、
ミラノの乗り換え(飛行機が遅れたので待たされた!)
のときパラパラ読んで、興味がわきました。
誇大広告ではなくてほんとうにいいところなんですね。
たずねてみたいものです。
OZ | 2007/08/25 3:23 AM
@pandaさん
こんばんは。

初めて四国に渡りました。
そして初めて直島へ。
もう見るもの聞くもの
全て真新しく新鮮で
わくわくの連続でした。

これはクセになりますね。

@KINさん
こんばんは。

おおーー二度も既に行かれているのですか!
それは凄い。
また行きたい!何度でも訪れたい!!と
思わせる魅力をそなえた島でした。

>ミュージアムに泊まった場合ってビーチや
>パークの中を見ること出来るんですか?
はい。出来ました。
とても親切に送り迎えまでしてもらいました。
ただし「ビーチ」は宿泊者のみしか入れません。

@gakkoさん
こんばんは。

直島いいですよ〜
私も勧められて行きましたがこんなに素晴らしいとは。

ジレットの広告は依頼され掲載しています。

@OZさん
こんばんは。

誇大広告というか、逆ですね。
本やブログでは伝えきれない魅力に溢れています。
例えば部屋にはテレビなど一切ありません。
ただ浪の音をぼんやりと聴きながら過ごす。
これがまた贅沢!
Tak管理人 | 2007/08/26 11:44 PM
はじめまして★
10月ごろに直島に初めて行きます!!
旅行にいったからには少しでもお写真をとりたいです★

どこまでとっていいのかもわかりませんw
よかったら教えてくださいw
サツキ | 2009/08/13 12:44 PM
@サツキさん
こんばんは。はじめまして。
コメントありがとうございます。

地中美術館は全てダメです。
ベネッセハウスミュージアムも×.

野外作品は基本的にokでした。
ご心配ならその都度確認するのが一番かと。
Tak管理人 | 2009/08/13 11:11 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック