青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 直島から戻りました。 | main | 「続・無残ノ介」完成!山口晃展in練馬区立美術館 >>

ベネッセハウス「ミュージアム」

直島ではベネッセハウス「ミュージアム」に宿泊しました。
ベネッセハウス(ホテル)は全部で4つ。
「ミュージアム」「オーバル」「パーク」「ビーチ」



今回「ミュージアム」に泊まろうと決めたのは、その中で一番最初に安藤忠雄氏の設計により完成したのが「ミュージアム」だからです。1992年オープンしたそうですが全く古さを感じさせないのは例のコンクリートの打ちっ放しによるからでしょうか。



この宿泊棟は同時にその名が示す通り、美術館としての役割も備えています。
自然の地形を生かし開放的で四方から自然光が入ってくる建物です。

美術館だけでしたら入場料1000円を払えば宿泊者意外でも鑑賞可能。
宿泊者は開館している8:00〜21:00は自由に何度でも心ゆくまで
アート作品を堪能することができます。例えばお風呂に入った後や
食事をすませた後にぶらりと。また朝の散歩代わりに眠気眼で鑑賞もok.


島の南の高台に瀬戸内海を望んで建つ「ミュージアム」

宿泊棟は2階と3階。10室のみ。

それぞれの部屋に宮島達男、トーマス・ルフ、クリスト& ジャンヌ・クロード等のアーティストの本物の作品が展示されています。私が宿泊した203号室はソル ルウィットの「色彩における、ある立方体から導き出された形態 I・II」が飾ってありました。

40枚以上の他の写真を別のアルバムへアップしました。
宜しければご覧下さい。

カメラアルバム:ベネッセハウス「ミュージアム」
お気に召した写真ありましたらコメントに「番号」で教えて下さい!

それでは「今日の一枚

「ミュージアム・カフェ」テラス席からの眺望です。


安藤忠雄の美術館・博物館
安藤忠雄の美術館・博物館

【関連エントリー】
- 弐代目・青い日記帳 | ベネッセハウス「ミュージアム」
- 弐代目・青い日記帳 | ベネッセハウス ミュージアムレストラン
- 弐代目・青い日記帳 | 直島から戻りました。
- 弐代目・青い日記帳 | 地中美術館
- 弐代目・青い日記帳 | 直島の杉本博司
- 弐代目・青い日記帳 | ミュージアムリンク・パス
- 弐代目・青い日記帳 | 「安藤忠雄 2006年の現場 悪戦苦闘」
- 弐代目・青い日記帳 | 直島


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1116
ベネッセハウスはベネッセアートサイト直島の中核施設です。 「自然・建築・アートの共生」をコンセプトに1992年にオープンしました。本館である「ミュージアム」棟は、島の南の高台に瀬戸内海を望んで建つ安藤忠雄設計の建物。外に向かって大きく開かれた構造をもち、室内にいても常に外部の自然を感じることができます。ここでは直島の自然と安藤忠雄設計の建築という場所の特性をとりこみ、アーティストたちがその場所のために制作したサイトスペシフィック・ワークスを永久展示しています。作家たちはここを訪れ、自ら場所を選び作品を制作します。
直島 | permalink | comments(6) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

『ベネッセハウス』今、癸韻帽圓たいところですっ!

安藤忠雄建築に数々足を運んでいますが、

ここはなかなか行けないっ!

私にとって魅惑の地なので、ANDO建築を垣間見れて

感動しました☆

写真は全てが絶景で甲乙付け難いのですが、31・32なんて 

幻想的でこの世のものとは思えないですね。ステキです♪

でも33「深夜のミュージアム」のコメントにやられました!

想像しただけで、こんな贅沢はないですよぉ♪




hua | 2007/08/25 12:47 AM
こんばんは。
天気に恵まれて良かったですね。
「20.シャンパンサービス」と「31.神秘」が個人的お気に入りです。

剃刀のオチは笑いました。手が込んでますね。
Schickのチタンコートの4枚刃を使ってますが、今度は5枚刃も試してみようかな。
mizdesign | 2007/08/25 12:48 AM
うわぁ・・・・こういう とことん芸術的な贅沢
大好きであります。
日本に行きましたら ここに 必ず行きますわぁ・・・。
いやになるくらい うっとりする空間に浸るわたくし・・。
想像するだけで アルファー波倍増でゴザイマス。 

やはり 素敵なダーリンと二人がHAPPYなんでしょうね♪
$あくびちゃん$ | 2007/08/25 3:05 AM
31番の写真『神秘』がすきです。こんな空を見た日は、運命がちょっといいほうに進む気がします笑。
安藤忠雄さんの講演会に行くと、本人が結構おしゃべりな方でびっくりします笑。表現したいことがたくさんあるはずなのに、打ちっぱなしの潔さがとても素敵です。私もベネッセいつか行って見たいです♪
みぃか ラビ | 2007/08/25 11:02 AM
Takさん、とうとう直島に行って来られたんですね!
私も去年の夏にMUSEUM棟203号室に泊まりました。
ご縁がありますね。瀬戸大橋は見えましたか?
私の時は、お天気がイマイチだったので見えません
でしたけど・・・お天気良さそうですからね。
ああ、また行きたいです。写真沢山見せていただいて
思い出に浸らせていただいています。
マキリン | 2007/08/26 8:57 PM
@huaさん
こんばんは。

直島へはまず行けないだろうと
思っていたらひょんなことから
チャンスが巡ってきました。
願いは叶うものです。

美術館にホテルが併設されているなんて
世界中どこを探してもないのでは?
ほんと贅沢です。

@mizdesignさん
こんばんは。

シャンパンサービスや夜食の差し入れなど
至れり尽くせりです。近くにコンビニがなくとも
ここで充分事足ります。

広告中々面白いですよね。
よくできています。

@$あくびちゃん$さん
こんばんは。

$あくびちゃん$さんでしたら
自家用クルーザーかなにかで専用桟橋から
颯爽と島へ!なんてどうでしょう。

オトナが贅沢できる空間どこにでも
あるわけではありませんからね。

@みぃか ラビさん
こんばんは。

安藤さんよくしゃべりますよね。
私も最初はイメージと違い戸惑いました。
でもぐいぐいと引き寄せる魅力が備わっている方で
結局最後は安藤節にやられてしまいます。
それとあのお声にも。

建物は逆にとっても寡黙なのですけどね。

@マキリンさん
こんばんは。

>私も去年の夏にMUSEUM棟203号室に泊まりました。
おーーーそれは偶然にも!
10室しかありませんからそんなことも起こりますね。
それにしてもすごいな〜

瀬戸大橋ばっちり見えましたよ。
両日とも暑いくらいの晴天でしたので
一時ぱらっと雨も落ちたのですが数分後にはまた晴れました。
晴れ男なもので。
Tak管理人 | 2007/08/26 11:54 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック