青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< レセプション:フェルメール 「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画展 | main | 東博は楽しい。 >>

ヘルツォーク &ド・ムーロン建築を語る

2007年第19回高松宮殿下記念文化賞建築部門に、ヘルツォーク &ド・ムーロンが選ばれたそうです。(日経BPnet

これを記念し世界文化賞 受賞記念建築講演会2007「ヘルツォーク &ド・ムーロン建築を語る」が以下の日程で開催されます。

プラダ・ブティック青山店
日時:10月17日(水)16:00〜17:30(開場15:30)
会場:鹿島KIビル 大会議室(東京都港区赤坂6-5-3)

ところで、ヘルツォーク &ド・ムーロンって誰?
ジャック・ヘルツォーク氏とピエール・ド・ムーロン氏は1950年スイス・バーゼル生まれの幼馴染み。二人の名前は知らずとも根津美術館へ行く途中にあるプラダ・ブティック青山店を手がけた人と説明した方が早いかもしれません。

Prada Aoyama Tokyo
Prada Aoyama Tokyo
Jacques Herzog,Pierre De Meuron,Miuccia Prada,Patrizio Bertelli


スイス人建築家のチーム「ヘルツォーク&ド・ムーロン」は、建築物の素材と表層表現にこだわりながら、故郷バーゼルを拠点に世界各国で巨大プロジェクトを成功させている。
幼なじみの2人は共にチューリヒ連邦工科大学で学び、1978年に建築事務所を共同開設。地元のリコラ社倉庫や信号施設「セントラル・シグナル・ボックス」などで高い評価を獲得。やがて2人の才能は国外へ飛び出し、ロンドンの発電所を改造した美術館「テート・モダン」、東京のプラダ・ブティック青山店など斬新な建築物を次々に完成させてきた。2001年にプリッカー賞を受賞。2人ともサッカー好きで、バーゼルのサッカー場やドイツ・ワールドカップ競技場「アリアンツ・アレーナ」も手掛け、来年開幕する北京五輸のメイン・スタジアムの鳥の巣のような鉄骨構造も注目の的だ。



アリアンツ・アレーナ」ドイツ、ミュンヘン・フレットマニング(2005)

来年夏に開催される北京オリンピックのメイン会場も二人の手によるもの。

北京国家体育場」愛称「鳥巣」


デ・ヤング美術館」サンフランシスコ、ゴールデン・ゲート・パーク(2005)
http://www.thinker.org/deyoung/

他にもこちら「Masslogue」に詳しく紹介されています。

このジャック・ヘルツォーク氏とピエール・ド・ムーロン氏の講演会に、抽選で400名をご招待してくれるそうです。申し込みは要項は以下の通り。

・締め切り:10月3日(水)必着
・申し込み先:〒102-0081 東京都千代田区四番町3 四番町ハイツ5F
             ピィバイピィ内『世界文化賞 建築講演会』係
・葉書に「建築講演会 参加希望」とお書きの上、同伴者の有無(1名まで)と住所、氏名、電話番号を明記し申し込むだけです。

生でお話が聞ける絶好のチャンスです。
一昨年、去年と参加させて頂きましたが建築とは無縁の私でも
全く飽きることなく興味深く拝聴でき刺激を受けた講演会です。
お時間、日程の都合が合えば是非。

日時:10月17日(水)16:00〜17:30(開場15:30)
会場:鹿島KIビル 大会議室(東京都港区赤坂6-5-3)

一昨年と昨年の講演会の記事です。
- 弐代目・青い日記帳 | 世界文化賞受賞記念講演会「谷口吉生建築を語る」
- 弐代目・青い日記帳 | 「フライ・オットー建築を語る」

Expanding the Center: Walker Art Center And Herzog & De Meuron
Expanding the Center: Walker Art Center And Herzog & De Meuron
Walker Art Center,Jacques Herzog,Pierre De Meuron

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1149
お知らせ | permalink | comments(4) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

こんばんは。
この講演は聴いてみたいですね。
申し込んでみます。
mizdesign | 2007/09/27 12:27 AM
こんばんは。
中国、北京オリンピックがなんとなく大丈夫かなぁと思っていますが、唯一「北京国家体育場」の竹籠のお化けに
興味津々でした。
そうですか、このお二人の作でしたか。
根津に行く途中のプラダの建物もこの膨らんだガラスのパーツ一つ一つ、デザインして、建物となったんだろうなぁと
感心していました。
それもこのお二人。
アバンギャルドでいながら、意外と堅い線もあったり。
新しい建物中で、一番好きかも〜
日本の有名建築家のは、もの足りない気がしていたのです。
いいこと教えて頂きました。
お勉強会にはいかれませんが、マークしておきます。
いつもながら、感謝、です。
あべまつ | 2007/09/27 10:33 PM
申し込みました。愉しみです。
ご紹介、ありがとうございます。
ペコ | 2007/09/28 11:54 AM
@mizdesignさん
こんばんは。

あれからもう一年が経つのですね。
早いな〜
今回もご一緒できればいいですね。

@あべまつさん
こんばんは。

プラダのあのガラス一個だけで
途方もない額するそうです。
おそろしや。
あそこ観光名所になっていますね。
何時行っても、カメラ携えた人がいます。
北京オリンピックは会場が一番興味あります。
建設途中の映像とかたまに見ますが
もう出来上がっているように思えるのは
元々竹かごのような形状をしているからでしょうか。

@ペコさん
こんばんは。

当たるといいですね〜
毎年楽しみにしています。
Tak管理人 | 2007/09/28 11:17 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック