青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< レセプション:フィラデルフィア美術館展 | main | 「関東の文人画展」 >>

もう年賀はがきの季節

帰宅すると郵便局から年賀はがき申し込みのお知らせが届いていました。
もう、年賀状の準備をしなくてはいけない時季なのですね。一年早いな〜



郵政民営化が実施され「JP日本郵政グループ」に変容を遂げても、
その昔、国鉄が「JRグループ」となった時に比べると変化はそれほど感じません。
郵便事業株式会社という新会社になっても、
こうして年賀はがき申し込みお知らせが届くのも例年通り。

でも、ちょっとだけ違っているのは「絵入り(寄附金付)」年賀はがきのデザインが中々洒落ていて秀逸な点。デザインは2種類。


絵入り(寄附金付)「松竹梅」:55円


絵入り(寄附金付)「冨嶽三十六景 凱風快晴」:55円

1.「松竹梅」に用いられているのは、芹沢げ陝覆擦蠅兇錣韻い垢院忘遒痢崗消歿漾廖幣赦10年)。所蔵先である静岡市立芹沢げ霹術館のサイトにも「寄附金付お年玉付郵便葉書(2008年全国版)に採用されました。」と喜びのコメントが掲載されています。

2.「冨嶽三十六景 凱風快晴」は説明不要ですね。
葛飾北斎による冨嶽三十六景を代表する作品の一つ、通称「赤富士」と呼ばれています。凱風とは南風のことで、晴れた日の早朝、朝焼けに染まった富士山が描かれています。青、赤、茶及び2色の緑だけで、富士の偉容と迫力が遺憾なく表現されています。

まぁ、ここまでは今まで通りでいい意味で「代わり映え」していません。
一億枚も販売される年賀状のデザインですからある程度普遍性ないとね。
両デザインともお知らせを見た段階で素直にいいな〜と思えました。

折角だからサイトで確認してみよう…なんて思ったのが災い?の元。

因みに「年賀状贈る」で検索かけると
新しい年賀状の全てはここ
www.yubin-nenga.jp

ここのサイトが一番上に登場。ここが公式サイト。

で、クリックすると。。。いきなり「年賀状は、贈り物だと思う。」と自己主張。
それに続いてこんな痛いコピーが。

新生「JP日本郵政グループ」大丈夫か〜おじさんはちょっと心配。
まぁ、その後のサイトの見易さ、使い易さは上出来なのでひとまず安心。

ただ、自宅に届いたお知らせにはなかった「情報」もありました。
それは「デザイン年賀」の存在。
あの佐藤可士和氏によるデザイン年賀状も発売されるそうです。
しかも何と35種類のデザインが用意されています!

かしわさん、仕事断れず、引き受けると頑張っちゃうタイプのようだから「年賀状のデザインを数点お願いしたいのですが」と依頼され、一気にこれだけ考えてしまったのかもしれません。あり得る話です。

例の「年賀状贈る」サイトでも見られますがここでもご紹介をば。
モチーフ「TRADITIONAL RED」:500円(5枚組)


モチーフ「松・竹・梅・春・曙」:500円(5枚組)


モチーフ「A HAPPY NEW YEAR」:500円(5枚組)


モチーフ「謹賀新年TYPOGRAPHY」:500円(5枚組)


モチーフ「8」:500円(5枚組)


モチーフ「かわいいお正月」:500円(5枚組)


モチーフ「CONTEMPORARY NEW YEAR」:500円(5枚組)


佐藤可士和 - Wikipedia
佐藤可士和ロングインタビュー
ほぼ日刊イトイ新聞 - デザイン論!

かしわさんのデザインは個人的にメチャメチャ好きで嵌まりまくるのもあれば、どうしてこうなっちゃうかな〜と首傾げるものもあり、その渾然一体ぶりも魅力のひとつ。間違いなくこのデザイン年賀状全て買い揃えます。飲み会一回行くの我慢して。

今日、ご紹介した年賀はがきは全て11月1日からの販売。
今月は記念切手。来月はデザイン年賀はがき。
あれこれ言いつつも「JP日本郵政グループ」の掌の上で踊らされているようです。
しっかりと。

そうそう、ディズニーキャラクター 年賀:350円(5枚組)なんてものも同じく11月1日から販売開始されるそうです。これは買いません。

最後に年賀状等の作成に超お勧めの一冊をご紹介。
こちら。CD-ROM(Win&Mac用)が付いています。
名画クラシック葉書―吉祥からお化けまで
「名画クラシック葉書―吉祥からお化けまで」
日本の絵画は、あらためて眺めてみると、とても多様性があることに驚かされる。華やかで風格のある鳳凰、しなやかな美人、ユーモアのあるどくろ…日本美術史にその名を轟かす格調高い名画から、洒落ッ気たっぷりのお化けの絵まで実に幅広い絵柄が葉書素材として収録してある。
年賀状、季節の葉書、案内状等をパソコンで作成する際に役立つ素材画像を、日本の名画のうち吉祥、干支などのクラシックな葉書に絞って集めた。年賀状ソフトを使った実際の作例も収録。


収録されているデザインのほんの一部をご紹介。
 鈴木其一&酒井抱一

中村芳中

そして勿論、伊藤若冲も!

来年の干支、ネズミさんのデザインも。


500点近いハガキ素材が収録されていてこの値段はお買い得です。
年賀はがきだけでなく季節にあった素材も山ほど。
オリジナルポストカードも簡単に作れます。

同じ出版社から似たような本も出ているようです。
名画クラシック素材―花鳥風月

和風クラシック素材―めでたづくし
「和風クラシック素材―めでたづくし」

年賀状のデザイン何にしようかと考えつつ書いてきましたが、よくよく考えてみると、何賀状なんて悠長なこと言っている場合ではありませんでした。その前に片付けなくてはいけない仕事や他の事が山積。こうして毎年ギリギリになってしまいます。年賀状。。。まずとりあえずは11月1日発売の佐藤可士和氏デザイン年賀を手に入れたいと思います。カレンダーに丸印!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1163

 
その他 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

日本の企業ってデザイナーといえば佐藤可士和しか知らないんじゃないか?と思っちゃいます。なんか安易な起用ですよね。
SMAPのライブグッズのデザインは佐藤さんが手がけてから急にあか抜けてセンス良くなりましたが、キ●ン●モンなんかはわざわざ彼に依頼する必要はあったのか?と思います。
年賀状はいつもフリー素材を組み合わせて作っています。
はー、今年もそんな時期ですね。
さちえ | 2007/10/10 11:19 PM
@さちえさん
こんばんは。

今年の年賀状は「素材」沢山あるのではないですか〜
あの方とご一緒の写真とか。
あの方の「  」とか。

佐藤可士和が手がけた幼稚園のこと
annexに書きました。
いいな〜あの幼稚園。
羨ましいです。
Tak管理人 | 2007/10/11 11:59 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック