青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「北原愛展」&「スクリーンのなかの銀座」 | main | 開館記念特別展「鳥獣戯画がやってきた!」 >>

鷹野隆大×会田誠トークイベント「総理に聞く・・・(仮)」

ラムフロム東京/GALLERY at lammfrommで開催された
鷹野隆大×会田誠トークイベント「総理に聞く・・・(仮)」に行って来ました。



同ギャラリーで11月24日まで開催されている鷹野隆大「毎日写真」展に関連したトークイベントとして、鷹野氏ご推奨のアーティスト会田誠さんとの夢のコラボが実現しました。

タイトルが「総理に聞く」となっているのは会田さんが安倍元総理に似ているから。てっきりこの扮装でおでましかと思いきや「いえいえ、普段の格好で来ました」と言うとおりいたってラフないでたち。

「タイトルは内容とは関係ありませんので」とのっけから全否定。更にビン・ラディンに似ているのは嬉しいけど、安倍さんに似ているのは嬉しくないな〜と早くもエンジン全開気味。

さて、鷹野さんが会田さんを知ったのは2001年に開催された「横浜トリエンナーレ」で目にした会田さんの「ジューサーミキサー」だそうです。例のあの作品です。あの絵がきっかけとなり「会田道」へ進まれる方(迷い込む方)多いように思われます。それだけインパクトがある作品で、一度観たら絶対忘れられない作品です。

中央:会田誠さん・手前:鷹野隆大さん

更にもう一点、鷹野さんが会田さんを強く印象意識するようになった作品が「美少女」と大きく書かれた壁に向かって全裸の会田さんがマスターベーションをしているというDVD作品だそうです。

この辺りから雲行きが怪しくなってきて下ネタ系一直線に。
到底文字に書き起こすの無理なので大変残念ですが割愛。

二人の(特に会田誠さんの)カミングアウト大会の様相。
大いに笑わせていただきました。

そうそう、会田さん来年の3月に美術出版社から写真集を発売するそうです。
北京に仕事で一ヶ月滞在したその合間に撮りためた写真だそうです。

「木村伊兵衛写真賞でも取っちゃうかな〜と思っていたけど、今日鷹野さんの作品観たらこちらがめげてしまうほどいい写真がいっぱいあって俺ってダメだな〜と思った」と自信を喪失してしまったとの発言。

鷹野さんのお話はタグボートのサイトに連載されている記事をお読みになるのが早く正確かと。月刊『たかのカメラ』今月号や先月号にも書かれていらっしゃる「記憶」についてのお話が今回のトークショーでも伺うことできました。

トークショー直前のお二人

また今回「毎日写真」では普段の生活の一こまを写真に残した作品ばかりですが、旅先(海外とか)へ行っていざ写真を撮ろうとしても中々作品として納得できるものは撮れないとのこと。日常の写真を撮ることがひとつの選択肢として大きく存在しているとのこと。旅先で珍しい物を撮るのではなく、見慣れているからこそ撮る日常が作品になるそうです。

会田さんは「使える絵」を描くことが心の故郷だと。鷹野さんは「使える写真」はファンタジーのある、色気のある対象を写したものだと。(「使える」の意味は皆さんご自身でお考え下さい)

馬鹿馬鹿しいことを真剣にやることが重要だそうです。
鷹野「そういえば会田さんて、ドクター中松みたいなアーティストですね」
会田「ダメな人間です」

お二人のお話は真剣な話題の合間に突然エロトークが入り込んできたりして90分という時間があっという間に過ぎてしまいました。会場でこのトークを聞いていらした篠山紀信さんも笑みを浮かべながら聞き入っていました。


展覧会はまだ開催しています!代々木八幡の駅から歩いてすぐです
鷹野隆大“毎日写真”展
会期:2007年10月13日(土)〜11月24日(土)
会場:lammfromm the Concept Store/GALLERY at lammfromm
〒151-0064 東京都渋谷区上原1-1-21 山口ビル1F
TEL&FAX 03-5454-0450
会期中無休

文化の日にぴったりな?トークショー楽しかったです!!

【関連エントリー】
- 弐代目・青い日記帳 | 「会田誠 山口晃 トークショー」
- 弐代目・青い日記帳 | 「アートで候。会田誠 山口晃展」
- 弐代目・青い日記帳 | ギャラリートーク「森山大道×会田誠」
- 弐代目・青い日記帳 | 「アートで候。」会田誠ギャラリートーク
- 弐代目・青い日記帳 | 「山口晃展」
- 弐代目・青い日記帳 | 「アートで候。」山口晃ギャラリートーク
- 弐代目・青い日記帳 | 「発見 日本美術」辻惟雄+山下裕二対談
- 弐代目・青い日記帳 | 特別公開:岡本太郎「明日の神話」

MONUMENT FOR NOTHING
MONUMENT FOR NOTHING
会田 誠

・弐代目・青い日記帳 |鷹野隆大「イン・マイ・ルーム」展





この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1188
現在、ラムフロム東京/GALLERY at lammfrommで開催中の
鷹野隆大"毎日写真"展の関連企画、鷹野隆大と会田誠による
トークイベントを、11月3日(土・祝)に開催いたします。
より作家や作品に深く触れていただくために、
鷹野隆大とアーティスト会田誠が、各自の
作品を中心に意見を交換するトークイベント。
モデレーターは、ラムフロマーや「すご早!アート2.0」の
ブログでもお馴染みの宮村周子氏。
めったに揃わないお三方によるトークセッションです。
講演会 | permalink | comments(4) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

こんばんは
最初の画像(ポスター)見てウケてました。
確信犯的作業っていいですね。
そしてあのサイン入りのお写真・・・きゃっ♪ でした。

実は12時前になってもUPされてなかったのでドキドキしてました。
今とてもホッとしています。
遊行七恵 | 2007/11/04 12:04 AM
@遊行七恵さん
こんにちは。

てっきりポスターの格好で来るのかな〜と
思っていたら普段着だったので
「その格好なんですか?」と思わず
聞いちゃいました。

この後、結婚式の二次会が銀座であり
帰宅が遅くなりました。
記事をストックできないので
飲み会があったりすると遅くなります。。。
Tak管理人 | 2007/11/04 4:31 PM
こんばんわ。
昨日はお疲れ様でした。
スケジュールいっぱいの中、お越しいただいてありがとうございました。
ラムフロムは私にとってすごく大切にしてる場所なので、そこにTakさんにきて頂いたことがうれしかったですね。
しかし、会田さんぶっちゃけてましたね。
あおひー | 2007/11/05 12:02 AM
@あおひーさん
こんばんは。

webで見て気にはなっていたのですが
中々いけずにいた店なので連れて行って
いただき感謝しています。
それにこんな痛快なトークショーまで!
会田さんちょっとしゃべりすぎですよね。
大丈夫かな〜
Tak管理人 | 2007/11/05 10:03 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/1188
この記事に対するトラックバック