青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「光彩時空'07」−光はミュージアムから− | main | 『血みどろの西洋史』(KAWADE夢新書) >>

年忘れ!山口晃トークライブ開催!!

2007年度最も注目され話題を集めた作家さんといえば山口晃氏。
その山口晃氏のトークショーが12月14日に開催されます。
山口さんのファンであるYさんからこの貴重な情報お寄せ頂きました。



第27回 紀伊國屋サザンセミナー
山口晃トークライブ「年忘れ!山愚痴屋感謝祭!!」

■日時 12月14日(金) 19:00開演(18:30開場)
■会場 新宿・紀伊國屋サザンシアター(新宿南店7F)
■料金 1,000円(全席指定、税込)
■チケット取扱
・キノチケットカウンタ(新宿本店5F/受付時間10:00〜18:30)
・紀伊國屋サザンシアター(新宿南店7F/受付時間10:00〜18:30)
■予約・お問合せ 03-5361-3321(10:00〜18:30)
■共催 東京大学出版会、紀伊國屋書店
■ サイン会
講演会終了後に、山口晃さんのサイン会をおこなう予定です。サイン会整理券は当日ロビーにて書籍お買い上げの先着150名に配布いたします。


紀伊國屋書店


チケットは既に発売になっていますが、電話で問い合わせてみたところまだまだ席に余裕があるそうです。今年の締め括りに山口さんのご尊顔を拝見していと思う方。あの魅力的なトークに聞き入りたいという方。是非!

《これまで参加したトークショーの様子》
・『山口晃が描く東京風景 本郷東大界隈』刊行記念講演2006年11月4日

・山口晃トークショーin練馬区立美術館2007年9月2日

そして今年の締め括りは山口晃トークライブ「年忘れ!山愚痴屋感謝祭!!」

新宿・紀伊國屋サザンシアター伺わせていただきます!

絵解き江戸しぐさ―今日から身につく粋なマナー
絵解き江戸しぐさ―今日から身につく粋なマナー
和城 伊勢
JUGEMテーマ:アート・デザイン


それと明日NHKに山口さん出演なさいます。
ハイビジョン特集 天才画家の肖像 美で乱世を制した絵師 〜狩野永徳〜
BShi 11月8日(木) 午後8:00〜9:50
日本美術史上の巨人・狩野永徳は、戦国の世の時代精神を敏感に感じ取りながら、誰も思いつかなかった華麗なる美の世界を次々と生み出し、桃山絵画の頂点に昇りつめた。信長の安土城や秀吉の聚楽第などの大建造物の障壁画を描いた“天下人の絵師”だが、作品の多くが激動の時代の中で、完成後数年の間に焼失してしまった“悲劇の絵師”でもある。
今秋、現存作品を一堂に展示する初めての展覧会が京都で開かれる。繁栄するミヤコを詳細に描き尽くした絢爛豪華な国宝「洛中洛外図屏風」や、巨大な獅子が闊歩する金碧の大画「唐獅子図屏風」、そして大徳寺聚光院の傑作「花鳥図襖」など、いずれも天下人たちの好みを映し、派手でおおらか、エネルギッシュな桃山の時代精神を象徴する名品である。
真筆と認められる現存作品が10点にも満たない永徳が、今も賞賛され続けるのはなぜか? 永徳を敬愛する気鋭の日本画家・千住博や山口晃が、筆や墨の再現などを通じて、その魅力に迫る。また、最近大きく進んだ研究成果や心理実験に基づき、作品を大胆に解釈。絵画に革命をもたらした永徳の斬新さを、3つの大作を中心に読み解いていく。


練馬区立美術館の山口晃展会場内でそういえば撮影収録がなされていました。あの時、永徳について語っていたことこの番組で使われるのですね。楽しみ楽しみ。(なんて言いつつ見事見逃したりします。いつも…)

山口晃作品集
山口晃作品集

弐代目・青い日記帳
山口晃:関連エントリ
・「山口晃展」
・「モーニング」表紙担当・山口晃!
・二枚の「紫陽花双鶏図」
・根津神社 御遷座300年大祭
・『山口晃が描く東京風景 本郷東大界隈』刊行記念講演(顔写真あり)
・山口晃「ラグランジュポイント」
・「VOCA展2007」
・『受胎告知』だけでは勿体無い。
・「アートで候。会田誠 山口晃展」
・「会田誠 山口晃 トークショー」
・「アートで候。」山口晃ギャラリートーク
・山口晃ファンの皆さん、科学技術館へ急げ!!
・「山口晃展 今度は武者絵だ!」(顔写真あり)
・「続・無残ノ介」完成!山口晃展in練馬区立美術館
・山口晃トークショーin練馬区立美術館(顔写真あり)
・最終日の「山口晃展」@練馬区立美術館

最後に今一度。
この貴重な情報下さいましたYさんにあらためてお礼申し上げます。
感謝感謝。

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1192
お知らせ | permalink | comments(2) | trackbacks(1)

この記事に対するコメント

こんばんは。
狩野永徳のテレビをみて、はじめて山口晃さんを
知りました。(ずい分遅いですけど)
すばらしい方ですね。絵は勿論おはなしも素適で
思わず引き込まれました。
ありがとうございました。
すぴか | 2007/11/08 11:02 PM
@すぴかさん
こんばんは。

絵師としても一個人としても
お付き合いさせていただいておりますが
仰る通り大変素晴らしい方です。
今後の更なるご活躍を願っています。

実は先程まで山口さんとご一緒していました。
Tak管理人 | 2007/11/11 12:49 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/1192
この記事に対するトラックバック
 昨日、土曜日は営業だった。体調は未だ万全とは言えない。風邪の症状が抜けきらない
「アートで候 会田誠・山口晃 展」だって! | 無精庵徒然草 | 2007/11/10 6:01 AM