青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< "Pink Fuji" | main | ルーヴル−DNPミュージアムラボ(「うさぎの聖母」) >>

教えて下さい「牛乳を注ぐ女」謎の部分

オランダ、アムステルダム国立美術館所蔵の名画中の名画、
ヨハネス・フェルメール「牛乳を注ぐ女」(The Milkmaid)



現在、国立新美術館で開催中のフェルメール「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画展で公開中のこの作品について、マイミクのCさんから質問がひとつ寄せられました。

それはまさに思わぬ質問であり、今まで何度もこの作品を観てきたはずの自分が全く見過ごしていた箇所でもありました。(今までどうしてここに気が付かなかったのかと猛省したことは言うまでもありません)

Cさんの質問はシンプルです。
↓の赤丸で囲った部分には何が描かれているのですか?


お手元に「牛乳を注ぐ女」が載っている本やチラシ、ポストカードなどありましたら確認なさってみて下さい。ここの部分だけかなり荒々しく色が塗られていて精緻に描かれた周辺部から「浮いている」のがお分かりになるかと思います。

拡大してみるとこんな感じです。

ミルク壺を持つ右手や青いエプロン、それに壺から流れる牛乳などとにかく丁寧に丁寧に表現されているのに対して、問題の箇所だけ「ざざっ」と塗りたぐったように見えます。後ろの壁が見えているにしては色合いが変です。

あれこれ考えていると、後世の誰かが上塗りしてしまったのでは?と穿った考えまでも浮かんできます。なんとか考えられるとするなら「牛乳が入っている陶器の一部」もしくは「壺を包んでいる布の一部」などが答えらしく思えるのですが、如何せん素人考え。曖昧模糊とし、心の靄は晴れそうにありません。

「そんな事考えすぎだよ〜ただの塗り残しや間違いだよ〜」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、例えば↓に示すように問題の箇所のすぐ隣の部分の描写にこれだけ神経注いでいる画家がこんな雑な間違いを犯すとは俄かに信じられません。

黄色の上着の上にタピオカの如く点在する光の粒々。そして黄色のグラデーション。青い前掛けなんてもう「神業」以外の何ものでもない表現。展覧会会場で単眼鏡の奥にこの光の粒々を見つけ何度声をあげたことか。。。

国立新美術館でもアムステルダムでもこういった「神業」ばかりに目を奪われてしまい、問題の箇所を見逃していたのかもしれません。(何度言っても猛省に値する見過ごし)先日書いた「鳥獣人物戯画」でもそうですが、知っているようで知らない。観ているようで観ていない箇所ってどんな作品にでも存在するのでしょうか。

もしこの箇所についてご存知の方いらっしゃいましたらコメント頂戴できれば嬉しいです。また「私はこう思う」というご意見もお待ちしております。

Cさんにお返事すべく「専門家」の方々にも伺ってみたのですが、みな一様に「今まで気付かなかった」とのこと。ここはひとつ24日の小林頼子先生の講演会の最後に質問でも…ってその日、私行けないのでした。。。どなたか行かれる方いらしたらどうかお聞きしていただけないでしょうか。お願いします。しばらく寝つきの悪い日が続いておりますので。

これから展覧会行かれる方も「謎解き」にお力をお貸し下さい。


25日のフェルメールオフに参加していただける方、現在23名です。
当日は「ここ」重点的にチェックして参りましょう。

Cさん、それまでしばしお時間を下さい。


【関連エントリー】
- 弐代目・青い日記帳 | フェルメール「牛乳を注ぐ女」初来日!
- 弐代目・青い日記帳 | フェルメール「牛乳を注ぐ女」を観る前に。
- 弐代目・青い日記帳 | 「牛乳を注ぐ女」あれこれ
- 弐代目・青い日記帳 | 新・あなたが選ぶ「フェルメール」
- 弐代目・青い日記帳 | 「窓辺で手紙を読む女」の感想
- 弐代目・青い日記帳 | 超お得なペアチケット:フェルメール展
- 弐代目・青い日記帳 | 講演会「フェルメールとオランダの風俗画」
- 弐代目・青い日記帳 | 国立新美術館建築ツアー
- レセプション:フェルメール「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画展
- 弐代目・青い日記帳 |比べてみようフェルメール
- 弐代目・青い日記帳 | 「フェルメール 「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画展」
JUGEMテーマ:アート・デザイン


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1196
フェルメール | permalink | comments(4) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

こんばんは!
問題の部分ですが、以前小林先生の講座に参加した時に、「絵の具が剥落したのではないか」とおっしゃられていたように記憶しています。
よく見ないと気がつかない箇所ですが、一度見つけると気になりますよね……?
美術史が好き! | 2007/11/11 9:50 PM
@美術史が好き!さん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

なるほど〜剥落ですか。
それなら納得できます。
腑に落ちます。
これで今夜はぐっすりと眠れそうです。
有り難う御座いました。感謝感謝。
Tak管理人 | 2007/11/12 11:34 PM
 う〜ん。すごい指摘ですね。

 手持ちの小さな古いフェルメールの画集を出して見てみましたが、やはり塗り手繰ったような一部分がそのままありました。

 他の作品を見てみましたが、それほどはっきりした不審なところは無いようにも思いますし、これほどはっきりした部分は珍しいです。

 私はやはりフェルメールが下塗りやデッサンとしてトーンを調節するために背景を調節したまま、完成する頃には塗り忘れたのではないかと思ってしまいます。最初は他の部分の調節の為に明るい背景にして微妙な陰を描き、最後にはバランスをとるために描き足す予定でいたのではないかと思ってしまいます。

 描き残した部分かなと思いますが、それにしてもフェルメールのレンズのような眼も人間らしさが残っていていい感じです。

 キャンバスを全て塗りつくさない絵もありますから、これはこれで有りかと納得してしまいました。

 
パレット | 2007/11/13 11:34 PM
@パレットさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

そうなんです。
とても鋭いご指摘でして。。。
正直自分の見る目の無さというか
今まで何を観て来たのかと落ち込むほどです。

描き残し安は人間性が垣間見れてよいですね。
鉄壁のフェルメールでも思わす。。。

尤もセザンヌの塗り残しとは
随分事情が違うようですが。

今一度この目でとにかく確かめてきます。
Tak管理人 | 2007/11/15 12:04 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック