青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「ムンク展」 | main | 「乾山の芸術と光琳」展 >>

2008-2010年にウォーターハウスの大回顧展開催!

ラファエル前派の画家さんの中でも断トツに好きな
ウォーターハウス(John William Waterhouse)の
大規模な展覧会が来年2008年から開催されるそうです。



Waterhouse Exhibition

2008年12月〜2009年4月:オランダ、フローニンゲン美術館
Groninger Museum, Groningen, The Netherlands

2009年7月〜2009年9月:イギリス、ロンドン王立美術館
Royal Academy of Arts, London

2009年9月〜2010年2月:カナダ、ケベック、モントリオール美術館
Montreal Museum of Fine Arts, Montreal, Quebec, Canada

これまでラファエル前派のエドワード・バーン=ジョーンズやウィリアム・モリス、ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ、ジョン・エヴァレット・ミレイ等の展覧会は開催されてきたでしょうが、ウォーターハウスの展覧会となると少なくともここ十年間は催されていないように思えます。(トレヴィルの『ウォーターハウス』によれば最後の個展は、「1978-79年シェフイールドとウールヴァーハンプトンで回顧展」と記されています)

オランダ、イギリス、カナダの三ヶ国を巡回する今回のウォーターハウス回顧展、一体どんな作品が集められるか興味津々。

まだまだ先の話ですし、海外での展覧会ですので簡単に「よし!観に行くぞ!」とはことは進みませんが…でもYou Tubeには既にこの回顧展を待ちきれない人がJohn William Waterhouse - Gallery として動画をアップしています。しかも4本も。。。それぞれうっとりするようなBGMにのせてウォーターハウスの作品の数々が画面に展開されます。

A Gallery to Celebrate the Art of J. W. Waterhouse (1849-1917), and the Upcoming Waterhouse Retrospective Exhibition (December 2008-January 2010).

John William Waterhouse - Gallery I


John William Waterhouse - Gallery II


John William Waterhouse - Gallery III


John William Waterhouse - Gallery IV


正直な話、真剣に観に行くこと考えています。
狙うは、オランダかロンドンだな。。。
どちらもフェルメールと絡めて。。。

開催期間が長いのも嬉しい。
これならどこかしらは都合が付きそうな予感。

ウォーターハウスのカレンダーパソコン脇に掛けておいたのが良かったのかな。
とにかくこんな嬉しいニュースはありません。明日仕事なのに浮き足立ってます。

J.W.ウォーターハウス
J.W.ウォーターハウス
曽根原 美保,ピーター・トリッピ
↑ウォーターハウスの日本で唯一の画集にして最強の画集。
これ一冊あれば他には何も要りません。重さと厚さだけでもお得感十分。

【関連エントリー】
- 弐代目・青い日記帳 | ウォーターハウスのカレンダー
- 弐代目・青い日記帳 | 祝・「J・W・ウォーターハウスの日本語版画集」発売
- 弐代目・青い日記帳 | 「水の上のオフェリア」
- 弐代目・青い日記帳 | すべてを与えられた者
- 弐代目・青い日記帳 | 邂逅
- 弐代目・青い日記帳 | 「文豪・夏目漱石展」
- 弐代目・青い日記帳 | 「嫉妬」
- 弐代目・青い日記帳 | 人造美人


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1201

JUGEMテーマ:アート・デザイン


お知らせ | permalink | comments(16) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

こんばんは
素晴らしい話題をありがとうございます!
うーんうーん、悩みます。
わたしもオランダかロンドンですかねぇ・・・
真剣に悩むことにします。

素敵な画集が発売された後に、こんなことが起こるとは。
youtubeもいい感じですね、音楽も素敵です。
遊行七恵 | 2007/11/17 12:03 AM
@遊行七恵さん
こんにちは。

悩みつつ、行く気満々です。
500円玉貯金でも始めようかな〜
カナダ一度も行ったことないので
魅力的なのですがとにかく早く観たい。
それにカナダにフェルメールないし。

これとセットでフェルメール完全制覇
達成できたらどんなに素晴らしいことか。
年の瀬なのに浮き足だっています。
Tak管理人 | 2007/11/17 3:41 PM
素敵ですね〜!
動画も素敵だし、ウォーターハウスの絵にさそわれて海を越えてしまうTakさんも素敵です!
これはもう、フェルメールもご覧になって、「Tak版 フェルメール全点踏破の旅」っていう本、だしちゃてください!!
はな | 2007/11/17 7:51 PM
これは 絶対見に行きたいですね〜〜〜
虹 | 2007/11/17 9:52 PM
こんばんは。
すばらしいニュースをお聞きして、もうどきどき
しています。いいですね。
ウォーターハウスは、「水の女」という1993年
発行のリブロボートの画集に10枚ばかり載ってる
のを持っているだけですが、そのとき以来の、大好きな
画家です。
すぴか | 2007/11/18 11:28 PM
@はなさん
こんばんは。

ウォーターハウスに逢えるなら
ロンドンだろうが飛んで行きます。
丁度観ていないフェルメールが
ロンドンにあるのでそれと兼ねて。

>「Tak版 フェルメール全点踏破の旅」
悪くないですね。でも文才ないからな〜

@虹さん
こんばんは。

これは凄いでしょ!
今までありそうでなかった展覧会。ワクワクものです。

@すぴかさん
こんばんは。

「水の女」は良い本ですよね。
三巻セットでぼんやりとページをめくり
ながめているだけでも気分いいです。

日本で以前、数点まとめて観て以来
ずーーと観たい観たいと願っていました。
願いは通ずるものですね。
Tak管理人 | 2007/11/19 8:15 PM
素晴らしいですね。
読んでいて、最後に日本が出てこなかったのがショックですが‥。
世界の流れで、そろそろ日本でもやらないかしら。

以前から気になっていたんですが、シャンプーのSALAのCMってラファエル前派っぽくないですか?
来たーと思ったのですが。
http://www.sala-sala.jp/brand/cf/index.html
kyou | 2007/11/21 12:35 PM
@kyouさん
こんばんは。

「観たい展覧会は?」なんていう
アンケートの答えに地道ですが
書き続けていればきっと。
この大回顧展終われば日本へも来るかも。

CM拝見しました。
下に載っている方がそれっぽいですね。
テレビで一度も見たことなかったので
教えていただきありがとうございました。
Tak管理人 | 2007/11/21 10:36 PM
こんにちは、mixiでマイミクに入れて頂いておりますあきこです。


Takさんのこの記事を初めて拝見してから一年余り、
ずっと行こうと心に決めていたウォーターハウス展。
漸く、有給が取れて来月行けることになりました…!

それも全て、この情報を教えて下さったTakさんのお陰です。
本当に有難うございます…!満喫してきますッ。

あきこ | 2009/01/13 11:29 PM
@あきこさん
こんにちは。

おーーそれはおめでとうございます!
素晴らしいです。
行かれたら是非感想聞かせて下さい。

私も三月に行こうと思っています。
初めて行く美術館なので
アドバイスなど伺えたら嬉しいです。

良い旅を!!
Tak管理人 | 2009/01/15 10:51 PM
たけさんのブログ、細胞のように
沢山の道が張り巡らされた迷宮のようですね。
ここにたどり着くのに何箇所か回りましたww
実に楽しかったです!^^

ところで、たけさん、素敵な情報をありがとうございました。
私、先日、ロンドンで観てきました。
私のヨーロッパ滞在中に、母がたけさんのブログにあった
ウォーターハウス展についての情報を拝見し、
国際電話で教えてくれました(笑)
そのまま間髪入れずに次の日、母の代わりといってはなんですが
現場に飛んできました!(母はウォーターハウスのファンなんです。)

大回顧展というほど大きな展示ではない印象でしたが
丁度良い展示量でした。 ひとつひとつが濃くて存在が大きいので。。。
あと、信じられないほどの技術と油絵の質感に圧倒されるばかりでした。
何度も打ちのめされますが、やはり人物の肌を描くのに
油絵はとことん適応していて羨ましく思うばかりです。

どの作品も素晴らしく見に行けて本当によかったです。
いつか日本でも展示されるといいですね。
ai | 2009/08/17 10:05 AM
@aiさん
こんばんは。

上手くまとめられるといいんだけど。。。
ブログを体系的に。
手作業となると気が重くなりとてもとても
毎日記事は増えていくしね。

ウォーターハウスをあれだけ
まとめて観られたてとっても
幸せなことです。
今はピンとこなくても
必ず近い将来、観ておいて良かった〜となります。
保障します?!

筆致とか近くで観ると結構
雑で大雑把な感じですよね。
それでいて、まとまりがあるから不思議。

ほんと、いつか日本でこの半分の規模で
いいですから開催して欲しいものです。

ところで、aiさんツイッターやらないの??
Tak管理人 | 2009/08/17 10:54 PM
twitterですか?
たけさんされているんです。。。よね?
私全然実態を良く知らないのですが、面白いですか?^^
ai | 2009/08/18 1:42 AM
@aiさん
こんにちは。

面白いですよ。
携帯からも気軽にできるし。
やってみます?
簡単ですよ。
Tak管理人 | 2009/08/20 2:02 PM
そうですね!
ちょっと覗いてみたいかもしれません!
お時間があるときにでも、お知らせください^^
ai | 2009/08/26 11:36 PM
@aiさん
こんにちは。

了解です。
メッセ送っておきましたので。
まずはやってみてください。
愉しいですよーー
Tak管理人 | 2009/08/27 4:42 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック