弐代目・青い日記帳 

  
TB&リンク大歓迎です!
2008年「フェルメール展」開催!!
来年、今までにない数のフェルメールの作品が日本にやって来ます。

「フェルメール展」(仮称)Vermeer and the Delft Style
・会期:2008年8月2日(土)〜12月14日(日)
・会場:東京都美術館企画展示室(東京・上野公園)
・主催:東京都美術館、TBS、朝日新聞社

過去最多のフェルメール作品、来年8月から展覧会
 独特な光の質感を用いたあたたかな作風や現存する作品の少なさなどで知られる17世紀オランダの画家、ヨハネス・フェルメールの作品を中心に紹介する「フェルメール展」(仮称)が、来年8月から東京・上野の東京都美術館で開かれることが決まりました。11月30日、東京・内幸町の日本記者クラブで発表されました。
 本展覧会では、「小路(The Little Street)」(アムステルダム国立美術館蔵)や「ワイングラスを持つ娘 (The Girl with the Wineglass)」(ヘルツォーク・アントン・ウルリッヒ公美術館蔵)など日本初公開3点を含むフェルメールの作品6点以上を展示予定です。日本で一度に紹介されるフェルメールの作品数としては過去最多となります。世界中に三十数点しか現存しないフェルメールの作品をまとめて見られる機会は少なく、またとない貴重な機会となります。
asahi.com

気になる出展作品ですが、フェルメール展(仮称)ホームページ 内にあるフェルメール展プレスリリース(PDF形式)を見ると以下の6点が確認できます。


絵画芸術

ウィーン美術史美術館(オーストリア)


ディアナとニンフたち

マウリッツハイス美術館(オランダ)


小路

アムステルダム国立美術館(オランダ)


ワイングラスを持つ娘

ヘルツォーク・アントン・ウルリッヒ美術館(ドイツ)


リュートを調弦する女

メトロポリタン美術館(アメリカ)

「窓辺でリュートを弾く女」(「リュートを調弦する女」)


マルタとマリアの家のキリスト

スコットランド・ナショナル・ギャラリー(スコットランド)

TBSニュースによると、この6点以外にも現在交渉中の作品があるそうです。
恋文」あたりが加わるのでしょうか。

何れにせよ、色んな意味でとてつもない展覧会になることは必至です。

しかし、現在、国立新美術館で開催中の「フェルメール 「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画展」に対抗するかのように古参の東京都美術館、数で勝負に出ましたね。TBSと朝日新聞がタッグを組んで主催というのも何だか怖ろしささえ感じます。

これでルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)がスポンサーに付けば完璧!
ヴィトン「フェルメールへのオマージュ」

そうそう、フェルメール作品の人気投票やってます。清き一票を。
今回出展が予定されている作品人気面ではいまひとつかもしれませんが、フェルメールが初期に描いた二枚の宗教画や、現存する風景画二作品のうちの一枚「小路」が来るなど通好みの見所満載な展覧会。

こちらは、今年我が家で咲いた「フェルメール」という名の百合です。

百合「フェルメール」開花


随時更新していきます。

もっと知りたいフェルメール―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)
もっと知りたいフェルメール―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)
小林 頼子


追加:
フェルメール、来夏日本公開へ 初公開3点含む6点以上
2007年11月30日21時24分 asahi.com

追記:
こちらの記事で6点以外の来日作品の予想を募集しています。
奮ってご参加くださいませ。


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1215

JUGEMテーマ:アート・デザイン


| フェルメール | 21:29 | comments(15) | trackbacks(4) |
NYの「リュート」の彼女が東京にやって来るとは。
年末行かなくて済みました←負け惜しみ
さすがにフリックコレクションは来ませんねー
「絵画芸術」は好きな絵です。
5月にまずウィーンで会ってきます!
8月かぁ。ずいぶん先だけど楽しみにしています。
| さちえ | 2007/11/30 9:56 PM |

@さちえさん
こんばんは。

「リュート」はコンディションが
イマイチ良くないように思えるのですが
よく貸し出してくれます。
一昨年ドイツで観ました。
「絵画芸術」は二度目の来日ですね。
ウィーンで会えなかったからな〜
楽しみが先にできるともう・・・
しかしこのタイミングとはやるなーー
| Tak管理人 | 2007/11/30 11:20 PM |

す、すげーーーー!!キャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー
すみません、取り乱しました。。。(^_^;)
あらためまして、こんばんは。
絵画芸術、東京都美術館が気に入ったのでしょうか?
04年の時も作品との距離が遠かったと記憶しています。(違ったかな?)今度は6点以上ということですから、近くで細部までしっかりと鑑賞できることを期待したいですね♪全部が《牛乳を注ぐ女》状態だったら、私は確実に泣きます。。。(T_T)
ネット上で『近くで観たい!』と皆でアピールしまくったら少しは距離が縮まるでしょうか?(≧▽≦)b
会期が長いので展示替えもあるのでしょうかね〜
春のウルビーノのヴィーナスといい、上野の底力恐るべしですね!!
| りゅう | 2007/12/01 12:05 AM |

どうも、ご無沙汰しております。

来年のフェルメールの展覧会のニュースを聞いて、こちらにやって来たら。さすがにもう知っていらっしゃるのですね。

とても、オランダまでは行けないので、今から楽しみです。

でも、またすごく混雑するのでしょうね。もっと、時間を延ばしてくれたらいいなあと思いますけど、無理でしょうね。

「牛乳を注ぐ女」ももっと近くでみたかったというのが本音です。
ところで、あの牛乳から注いでいる器は?
牛乳ってグラスに注いで飲むのではなくてと、考えるとなんだか、絵だから、現実とはちがうのかしら、それとも、あの時代はパンを牛乳に浸して食べるためか・・・

と、変なことが疑問に思ってしまったのですが。
| アプリ | 2007/12/01 1:08 AM |

すごいですね! 個人的に、「小路」が楽しみだなー。「デルフトの眺望」とか、風景画をちゃんと観たかったので。画集でしか観ていないけど、あの、家の中と外の明るさの違いとか、その2つをつなぐように戸口にいる女性とか、風景画も秀逸だと思いました、画集だったけど! 
| 海 | 2007/12/01 2:04 AM |

こんばんは。
今年最後のビッグニュースが来ましたね!

一気に6点以上もの作品を見られるなんて、今からワクワク♪
購入済みの「もっと知りたいフェルメール」の本が、またまた活躍しそうです。

| 朱奈 | 2007/12/01 2:51 AM |

Takさん、おはようございます。
久々にのぞきましたら、なんと大ニュース。
今回すごいですね。
展示期間も長いし、今やっているものはいけないのですが、来年のこの日程ならば、わたしも行けそうです。
嬉しい〜♪
職場にフェルメールのファンで、全作品観るのが目標という方がおられるので、月曜にその方にお話しするのが楽しみです。
(職場のパソコンからも見に行きますね)
| ほんのわ | 2007/12/01 10:01 AM |

こちらに初めて書き込みさせていただきます。
あまりのニュースに眩暈さえ覚えそう・・・朝から物凄く興奮しています!
気軽に外国へ行ける身ではないので(汗)、本当に嬉しいです。今から楽しみすぎて、遠足前夜の寝付けない小学生気分です。(笑)
絵画芸術が来た時は、結局行けずじまいだったので・・・
嬉しいニュースをありがとうございます!!
| ちまき | 2007/12/01 10:44 AM |

へ〜〜〜、フェルメールっていう百合があるのですか???
と、そんなところに食いついてしまいました(^^;)お花が好きなもので・・・。
| 由松 | 2007/12/01 11:27 AM |

昨日はたまたまここをチェックしていなかったので、朝刊を見てびっくり!

やるな朝日。
上野も起死回生を狙って意地をみせたって感じですよね。

でも、東京都美術館はエントランスあたりが狭いからなーー
今からくらくらします。長蛇の列になるのでは・・・

一度、高齢者の入場がロハの日に行きあって、大変な思いをしたこともあります。作戦立てなきゃーーー

それにしても、一度に6点も、うれしいですね!
| aki | 2007/12/01 10:55 PM |

こんばんは。
「小路」がめちゃくちゃ楽しみです♪♪♪


| ogawama | 2007/12/02 12:37 AM |

流石、情報が早い(感嘆)!
mixiでの反応も盛りあがってましたね。

「牛乳を注ぐ女」1点だけでも大騒ぎなのに、
引き続き大規模なフェルメール展とは。
人混が心配ですが、これは観ないわけには行きませんね。
| m25 | 2007/12/02 2:10 AM |

@りゅうさん
こんばんは。

取り乱しもしますよね。
これだけの数が一堂に会するのですから。
絵画芸術は仰る通り以前来日した時も
東京都美術館でした。
その前の手紙を書く女もまたあそこでした。
フェルメールあの会場好きなのかもしれませんね。
警備もしやすいのかな?逃げ道少ないし。
入り込みにくいし。

出来れば近くで見たいですよね。
警備員を両脇に置いてでも。
2000円くらいに入館料なってもそれなら納得です。
上野老舗の力まざまざと見せ付けていますね。

@アプリさん
こんばんは。

うわさでは聞いていたのですが
まさかこれだけの規模となるとは!
もっと増えるそうです。オソルベシです。

混雑必至でしょう。
最近は聞くところによると
平日でも結構な混雑ぶりとか。

しかしこれだけ集まるとなると
余計な心配もいまからしてしまいます。
杞憂に終わればいいのですが。

「牛乳を注ぐ女」は「パン粥」をこしらえている
最中のようです。ああいった壺?で牛乳を買ってきたのでしょうね。
風俗画の楽しみの一つです。

@海さん
こんばんは。

「小路」選ばれるとは中々の通かと。
フェルメールの風景画は他の作品もそうですが
実際に見ないと良さが実感できません。楽しみです。
自宅アトリエからの光景でしょうか。

@朱奈さん
こんばんは。

宗教画が二点来るのもポイントですよね。
フェルメールは本当は宗教画を描きたかったのでは?
と小林先生も仰っていますし。
何しろ今からあれこれと落ち着きません。

@ほんのわさん
こんばんは。

今まで海外でも何度かフェルメール展開催されましたが
ハーグで開催された「大フェルメール展」に次ぐ規模の
世界的な展覧会になるような予感さえします。
恐ろしささえ感じます。
こんなに集めてしまってよいものかと。

あと二枚で全部自分も作品を見たことになります。
来年夏ごろにはコンプリートできたらな〜と考えています。

@ちまきさん
こんばんは。
初めまして。

>遠足前夜の寝付けない小学生気分です。
自分もそうでした。
今でもそうです。
何かイベントの前夜は寝られません。
きっと来年の夏から秋、冬にかけては
おもちゃ箱をひっくり返したような
騒ぎを自分で勝手にこしらえているような気がします。

来年を楽しみに。今後とも宜しくお願いします。

@由松さん
こんばんは。

ユリあるんですよーー
私も知りませんでした。店頭で見つけるまで。
良いでしょ!来年はもっと咲かせますよ!

@akiさん
こんばんは。

やりますよね。朝日そしてTBS
両者がタッグを組むなんてどんな展開になるのやら
安っぽい一過性のブームにだけはしてほしくないのですが
無理かな〜煽るからな〜〜

今から作戦ですか。
でもボヤボヤしているとあっという間ですからね。
一年経つなんて。

東京都美術館が夜間開館してくれること願います。

@ogawamaさん
こんばんは。

そうなんですよねー「小路」
webとかで観ても全然良さが分かりませんからね。
実物に早く会いたいです。

@m25さん
こんばんは。

記者会見と同時にアップしようと思っていたのですが
もろもろありまして遅れてしまいました。

mixiでの盛り上がり来年まで続くとなると
あのトビ相当な数になりますね。
それもある種楽しみです。

この時期に記者会見するなんて
タイミング見計らっていますよね。
| Tak管理人 | 2007/12/02 11:46 PM |

全く勝手な想像なんですが、東京オリンピック誘致が一役買っているのではないかと。
その都市の財政事情が評価の対象になるときに、フェルメールを多数呼ぶだけの財力があること示すための東京都美術館じゃないかとふと思いました。
ちょっと夢のない話ですが。。
| ともみすと | 2007/12/04 10:00 PM |

@ともみすとさん
こんばんは。

なるほど〜
そういう考え方もありますね、確かに。
国立だと限界ありますからね。
あと後援がビックですよね。
TBS単体では無理だったでしょう。
| Tak管理人 | 2007/12/04 11:49 PM |










http://bluediary2.jugem.jp/trackback/1215
2008年「フェルメール展」
来年夏にフェルメールの作品がどーーんと東京にやって来る! 国立新美術館の「牛乳を注ぐ女」も行きたかったけど 1点だけだったから・・・あきらめたんだけど 一挙に6点(もしくはそれ以上の数)なんて もう絶対行く!!! なにがな
| 直美あれこれ日記 | 2007/12/01 8:14 AM |
フェルメール、来夏日本公開へ 初公開3点含む6点以上
いや〜、驚きましたね、今朝の朝日新聞を見て。先日国立新美術館で観たばかりのフェルメール、「牛乳を注ぐ女」1点だけでしたが、なんと来年8月に、都美術でフェルメールが一挙6点、またはそれ以上、観られるんですね。都美術、先日、「フィラデルフィア美術館展」を観
| とんとん・にっき | 2007/12/01 10:49 PM |
来夏、フェルメール作品6点以上が日本へ
国立新美術館に、フェルメールの代表作のひとつである「牛乳を注ぐ女」が来日したことが話題となりましたが、なんと2008年夏、またもフェルメールの作品が来日するそうです。 フェルメール、来夏日本公開へ 初公開3点含む6点以上 http://www.asahi.com/culture/u
| ストレイ・シープ | 2007/12/13 12:06 AM |
「感性経済」が市場を動かす
 アート、デザイン、センス、クリエイティブ、アイデア。このような言葉が経営ワー...
| 専門家や海外ジャーナリストのブログネットワーク【MediaSabor メディアサボール 】 | 2008/01/21 9:09 AM |
編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 素敵な時間を楽しむ』(世界文化社)が2月18日に発売になります。


青い日記帳(編集)『美術展の手帖』小学館より発売中です。


青い日記帳「出前ブログ」連載中


gooいまトピ連載中

朝日マリオン・コム「ぶらり、ミュージアム」


山下裕二&井浦新トークショー


青い日記帳コラボグッズ

「展覧会に出かける前に準備しておきたい5つのこと。」

「展覧会を何十倍も楽しむために心がけたい5つの秘訣。」

フェルメールへの招待
國學院大學文学部教授の小池寿子先生監修。不肖私(Tak)が編集と一部執筆しました。詳細はこちら

【展覧会レビュー】
山口晃 平等院養林庵書院奉納襖絵
ゴッホの幻の「ヒマワリ」
黒田記念館リニューアルオープン
日本美術ちらし寿司
「オスカー・ニーマイヤー展」
「ディン・Q・レ展:明日への記憶」
特別展「白鳳」
「森本美由紀展」
「クレオパトラとエジプトの王妃展」
「メカニックデザイナー 大河原邦男展」
「青樹うめ展」開催!
「藤田美術館の至宝 国宝 曜変天目茶碗と日本の美」
「伝説の洋画家たち 二科100年展」
「動きのカガク展」
「ボルドー展」
「シカゴ ウェストンコレクション 肉筆浮世絵」開催!
「芸術の秋」、「琳派の秋」。
特別展「蔵王権現と修験の秘宝」
「teamLab Exhibition, Walk Through the Crystal Universe」
特別展「生命大躍進」
「SHIBUYA」
「琳派と秋の彩り」
「箱根で琳派 大公開〜岡田美術館のRIMPAすべて見せます〜」
あなたは五姓田義松を知っていますか?
「風景画の誕生展」
「国宝 一遍聖絵」が全巻全段展示されます!
美術館でコスプレ!
Ingress(イングレス)でミュージアム巡り。
2015年、都内で観られる西洋絵画の展覧会
プロが選ぶ「2014年 ベスト展覧会」
かみさんが選ぶ「2014年 ベスト展覧会」
2014年 展覧会ベスト10


パリ行って来ました
オランダ行って来ました
 

BLUE HEAVEN(本館)

『文藝春秋』に寄稿しました。

『AERA』に載りました。

「マウリッツハイス美術館展公式ガイドブック」編集・一部執筆しました

「ザ・シネマ」に寄稿しました。

トークショーに出演しました

日経に掲載されました

朝日新聞に掲載されました

再び日経に掲載されました

「美連協ニュース」寄稿

『アートコレクター』で紹介されました

Yahoo!カテゴリ絵画に登録されました

+ CATEGORIES
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
moon phases
 
   
+RECOMMEND
  
ロマネスク美術革命 (新潮選書)
ロマネスク美術革命 (新潮選書) (JUGEMレビュー »)
金沢 百枝
11~12世紀のロマネスクこそは、ヨーロッパ美術を大きく塗りかえる「革命」だった。宮廷文化から民衆文化への流れのなかで、知識より感情を、写実よりかたちの自由を優先する新たな表現が、各地でいっせいに花ひらく。古代ギリシア・ローマやルネサンスだけがスタンダードではない。モダン・アートにも通じる美の多様性を、豊富な図版を例に解きあかす。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
若冲の描いた生き物たち
若冲の描いた生き物たち (JUGEMレビュー »)
小林 忠,小宮 輝之,湯浅 浩史,佐々木 猛智,本村 浩之,秋篠宮 文仁
若冲と学研がコラボした画期的な若冲本!レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
叢 小田康平の多肉植物
叢 小田康平の多肉植物 (JUGEMレビュー »)
小田 康平
「人の間にあるサボテン−自由な美しさ、見たことのないトーン。自然と人との関わり、その不思議を小田康平さんは知っている。とても豊かだ」レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ)
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ) (JUGEMレビュー »)
岡田 裕子,阿部 謙一,松下 学
現代美術家岡田裕子が主宰、会田誠顧問による謎の人形劇団「劇団★死期」の伝説の公演を小説化。アートの知識を楽しく学べる児童文学。

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
名画のネコはなんでも知っている
名画のネコはなんでも知っている (JUGEMレビュー »)
井出 洋一郎
ゴッホ、ミレー、ゴーギャン、ゴヤ、ルノワール、歌麿、北斎、国芳などの天才画家たちの思想を、まさかのネコ目線でひも解く、新感覚な名画解説書。
+RECOMMEND
  
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ) (JUGEMレビュー »)
オノユウリ
アートに囲まれて働く美術館学芸員。優雅な職業のイメージだけど、実際は日々、ドタバタの連続なのです!? 展覧会の舞台裏から、学芸員のお仕事のリアルまで。美術館の知られざる一面を描くコミックエッセイ!
+RECOMMEND
  
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556)
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556) (JUGEMレビュー »)
山本 聡美
腐敗し白骨化してゆく亡骸の様子を克明に描く「九相図」。仏教とともに伝来し、日本に深く根を下ろしたこの図像には、生と死、そして肉体の無常をめぐるいかなる想いが秘められているのか。豊富な図版とともに探る。
+RECOMMEND
  
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル)
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル) (JUGEMレビュー »)
谷口 ジロー
ルーヴル美術館とビッグコミックオリジナルの共同企画。オールカラー豪華版。
+RECOMMEND
  
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス)
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス) (JUGEMレビュー »)
黒田 いずま
美術館で働く学芸員の近江さん。個性豊かなメンツが解説、展示、監視などの仕事を通して、日々様々な工夫をしながら楽しく来館者をお出迎えする日常をユーモラスかつ鋭いツッコミで描いた作品。
+RECOMMEND
  
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡 (JUGEMレビュー »)

普段は単眼鏡で済ませていますが、どうしても隅々まで観たい作品の場合はこの双眼鏡を使ってます。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書)
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書) (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
美術史の実践方法が最後にまとめられています!世界が変わる、名画の見方。前作「西洋美術史入門」からさらに一歩奥へ。池上英洋 著

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection)
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection) (JUGEMレビュー »)
川端 康雄,加藤 明子
夏目漱石をイチコロにしたウォーターハウスの文学性と蠱惑的な魅力を余すところなく紹介!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福 (JUGEMレビュー »)
池永康晟
日本画の異才“池永康晟”がベールを脱ぐ!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
すゞしろ日記 弐
すゞしろ日記 弐 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
画家・山口晃のエッセー漫画第2弾。

面白きことも無き世を、面白く!

画家・山口晃の“どーでもいいけど楽しげなこと”満載
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
OLYMPUS ダハプリズム防水単眼鏡 ギャラリースコープ Monocular I 6×16
OLYMPUS ダハプリズム防水単眼鏡 ギャラリースコープ Monocular I 6×16 (JUGEMレビュー »)

観劇・美術鑑賞・セミナーなどの知的シーンや、コンサート会場・ファッションショーなどで大活躍!
軽いのでいつも持ち歩いています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫)
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
宮下規久朗
宮下規久朗先生の最新刊!絵画に描かれた代表的な「モチーフ」を手掛かりに美術を読み解く、画期的な名画鑑賞の入門書。カラー図版150点を収録した文庫オリジナル。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工 (JUGEMレビュー »)

「これ一冊で日本美術を鑑賞する際の知識が全て揃う」
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
アイテムで読み解く西洋名画
アイテムで読み解く西洋名画 (JUGEMレビュー »)
佐藤 晃子
西洋絵画を鑑賞する際に必要となる宗教画,神話画の50のアトリビュートを紹介。ありそうで無かった絵画ファン待望の一冊。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術鑑賞手帳
美術鑑賞手帳 (JUGEMレビュー »)

美術鑑賞の楽しみをさらに広げるこれまでになかった手帳です。ミニガイドと書き込み式の鑑賞の記録ページが一緒に。

自分もお手伝いさせて頂きました。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
画家の食卓
画家の食卓 (JUGEMレビュー »)
林 綾野
画家たちが楽しんだ26のレシピを再現。クレー、フェルメール、セガンティーニ、メムリンクの暮らしと創作現場を巡る旅。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い (JUGEMレビュー »)
サンディ ネアン
とかく扇情的に扱われる美術品盗難。だが実際は、麻薬や犯罪に絡む危険な裏社会と結びつく場合が多い。事件に巻き込まれた学芸員の立場からその実態を訴え、問題点を考察する一書。 レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
江戸の献立 (とんぼの本)
江戸の献立 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
福田 浩,松井 今朝子,松下 幸子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻))
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻)) (JUGEMレビュー »)
長岡 龍作
法隆寺金堂内陣は、普段は大変暗い上に太い円柱に加え、金網が廻らされており、その詳細はなかなか見ることができません。今までに撮影された写真も鮮明さということでは満足のゆくものではありませんでした。今回は最新の撮影技術により、南面(正面)のみならず、北面(背面)からも撮影。その結果、全く見たことがない写真を目の当たりにすることになりました。仏像の質感と量感、豊かな色彩に感嘆し、感動をおぼえる一冊となっています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
山口晃 大画面作品集
山口晃 大画面作品集 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
8年ぶり、待望の最新作品集。11月26日発売!予約しないと!!

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本)
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
山本 勉,ヤノベ ケンジ,橋本 麻里,みうら じゅん
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
知識ゼロからのキリスト教絵画入門
知識ゼロからのキリスト教絵画入門 (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
池上英洋先生が易しく紐解く『聖書』の世界。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
芸術家の家: 作品の生まれる場所
芸術家の家: 作品の生まれる場所 (JUGEMレビュー »)
ジェラール=ジョルジュ ルメール,ジャン=クロード アミエル
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
フェルメールへの招待
フェルメールへの招待 (JUGEMレビュー »)

不肖・私がフェルメール30作品の解説執筆と全体の編集に携わった一冊です。オールカラーB5版。96ページから成る、これまでにないフェルメールパーフェクトガイドです。主に「フェルメール初心者」に向け丁寧に噛み砕いた表現で綴られているので、美術の専門用語を知らずともフェルメール作品について一通りの知識を得ることが出来ます。

お手に取って頂ければ幸甚です。よろしくお願い致します。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件 (JUGEMレビュー »)
レニー ソールズベリー,アリー スジョ
来歴さえあれば、たとえ贋作でも「ほんもの」になる。詐欺師は驚くべき方法で美術史を捏造した。美術界を震憾させた事件を追うドキュメンタリー。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース)
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース) (JUGEMレビュー »)
林 綾野
林綾野さんの待望のフェルメール本!レビュー&インタビュー→こちら
+RECOMMEND
  
ヴァチカン物語 (とんぼの本)
ヴァチカン物語 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
塩野 七生,藤崎 衛,石鍋 真澄
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
野兎の眼
野兎の眼 (JUGEMレビュー »)
松本 典子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105 (JUGEMレビュー »)

掌に収まる単眼鏡は、必要なときにサッとポケットなどから取り出して使える便利な、美術館・博物館必須アイテム。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術のことば案内
日本美術のことば案内 (JUGEMレビュー »)
日高 薫
レビュー→こちら
日本美術鑑賞の際に、よく出てくる言葉を満載。絵画、彫刻、工芸品などの具体的な写真をふんだんに使い紹介
+RECOMMEND
  
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS


このページの先頭へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...