青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「シャガール展」 | main | 「仏像」ファン垂涎 >>

化物忠臣蔵

16日、日曜日まで東京国立博物館本館浮世絵コーナーに展示されていた
歌川国芳の筆による「化物忠臣蔵」存在は以前から知っていましたが
実際に現物を観たのはこれが初めてのこと。想像以上にインパクトある作品でした。

 
化物忠臣蔵・十一段目」    「化物忠臣蔵・十一段ノ下

歌川豊国の門人であった国芳(1797-1861)ユーモアたっぷりに「忠臣蔵」の名場面を描き出しています。他の場面もきっとあるのでしょう、是非とも見たいものです。

こうした洒脱のきいた作品、江戸時代には山ほど、しかも多様に描かれ江戸っ子の心をがっちりつかんだそうです。
先日アマゾンから届いたこの本にはそうした江戸の魅力が満載。

江戸の絵画万華鏡 戯画の系譜 [大江戸カルチャーブックス] (大江戸カルチャーブックス) (大江戸カルチャーブックス)
榊原悟
奇想天外! 江戸絵画のユーモア、戯れ絵のすべて
江戸時代絵師たちの好奇心と自由奔放な想像力は「戯画(戯れ絵)」という
独自の表現世界を生み出し目の肥えた江戸庶民を唸らせた。
戯画は意外性と機知性諧謔性に富み最も江戸的な絵とも評される。
若冲芦雪国吉暁斎ら名だたる絵師が描いた第一級の戯画を一挙掲載。


「化物忠臣蔵」の脇にはこれらの作品も。

歌川国貞(三代豊国)「忠臣蔵焼香場


鳥文斎栄之「見立忠臣蔵七段目

また、現在、UKIYO-e TOKYO(浮世絵美術館)では、28日まで
「忠臣蔵-語り継がれた英雄伝-」を開催中のこと。
ららぽーとへは行きたくないけど、忠臣蔵となると食指が…

ついでに、雑誌「サライ」今回初めて購入しました。
サライ 2007年 12/20号 [雑誌]
サライ 2007年 12/20号 [雑誌]
【全四十七ページ大特集】 300年を経て色あせぬ“義”の物語

ちょっと今夜はかなり酔っているので、すみませんがこの辺で。。。

忠臣蔵12時間連続ドラマとかやらないかな〜

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1233

JUGEMテーマ:アート・デザイン


サライ 2007年 12/20号 [雑誌]
【全四十七ページ大特集】 300年を経て色あせぬ“義”の物語
その他 | permalink | comments(6) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

忠臣蔵の特集ですか??

サライならではの視点なんかとっても興味あります。
本屋さんいかなくちゃ。ご紹介ありがとうございます。

実は地元の山科義士祭りに今年わたしも出たんです。
そんなわけで特にことしは妙に盛り上がっちゃって。

この間の日曜、今度の日曜とBS2でも仮名手本忠臣蔵やってますよね。すっかりハマっています。。。
十六夜 | 2007/12/19 1:00 PM
こんばんは
すごく好きですよ「化け物忠臣蔵」。
ちゃんと段目の約束事も守られているところが楽しいです。
わたしも全シリーズ見てみたいです。

赤穂の歴史資料館だったかしら、そこはさすがに地元だけに毎年この時期には忠臣蔵の浮世絵を集めた展覧会を開催しています。今年は土佐の絵金を集めてました。
少し遠いので行ってませんが、やっぱり忠臣蔵関係や国芳の戯画そのものが大好きです〜〜
遊行七恵 | 2007/12/19 7:11 PM
@十六夜さん
こんばんは。

サライは一度も購入したことなかったのですが
今回のような特集組まれたらもう買うしかありません。

>地元の山科義士祭りに今年わたしも出たんです。
そうだったのですか!
いやがうえにも盛り上がりますね。
背筋しゃんと伸ばして街中を闊歩。

BS2で仮名手本忠臣蔵放送しているのですか!
それは知りませんでした。今どの辺だろう。。。
見ようかな。。。でもな〜DVDも借りているし…

@遊行七恵さん
こんばんは。

おん祭りレポート楽しく拝見させてもらってます。
眠っていた血が騒ぎ立つようです。

さて、化物忠臣蔵、webで探しても見当たりませんでした。
収録されている本とか分かれば買うのですが。
見たいですよね。全部。

今、江戸東京博物館で開催されている北斎展にも
忠臣蔵を描いた浮世絵が出ていました。
かなり大判でしたよ。
Tak管理人 | 2007/12/19 9:02 PM
こんばんは
えーと、実は'96から'97に名古屋〜サントリー美術館巡回したときの展覧会で、初段から十一段ノ下までみまして、そのラスト十二段目だけ知らないのです。
もしかするとないのかもしれませんが・・・
生誕二百年記念展のときの図録で、サントリーが今も所蔵していればいいのですが・・・。
久しぶりに本を開くと、とても可愛いオバケたちでいっぱいでした。
遊行七恵 | 2007/12/20 10:19 PM
こんばんは。
この時期は忠臣蔵、なのですが、
NHKで文楽の通し仮名手本忠臣蔵、放映したのです。
10時間あまり。
その録画を見ながら、今、様々勉強中です。
しかし、長〜〜〜い。
しかし、面白い!!
頭の中、三味線と太夫の声でわんわんします。
長年人々を夢中にさせてきた芝居を、
知らないままでいられないと、熱狂しております。
こりゃ、国芳も遊ぶ材料にするわいなぁ。
土曜日に東博狙います。
あべまつ | 2007/12/20 10:38 PM
@遊行七恵さん
こんばんは。

サントリーが持っているのですか!
それはそれは。
今度アンケートにでも書いてきます。
観たいな〜
六本木で見られるなら尚更。
天保山でもいいから見せてくれないでしょうか。

@あべまつさん
こんばんは。

既に時遅しかもしれませんが、
明日、土曜日に行かれても
この展示ご覧になること出来ません。
展示替えされてしまっています。
もっと早くに記事にすれば
良かったのですが。。。
申し訳ないです。

他の浮世絵や「親と子のギャラリー」は
展示公開されているはずです。
Tak管理人 | 2007/12/21 11:13 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/1233
この記事に対するトラックバック