弐代目・青い日記帳 

  
TB&リンク大歓迎です!
2007年 展覧会ベスト10
亥年も残すところあと三日。



この年末の慌ただしく忙しい時に、自宅のパソコンが調子悪くなり駄々をこねる始末。ハードディスクがどうも不安定。増設したりして騙し騙し使ってきましたがそれそろ限界。よくよく考えればもう随分と使っているのでそろそろ買い時かと。

今日予定していた大掃除に加えて、ニューマシンへの移し替えなども加わり朝からてんてこ舞い。のんびりと年末に美術館でも…などという淡い夢は露と消え失せた金曜日。それでも、これだけはやっておかないと年越しできないので、恒例の「展覧会ベスト10」の発表でも。

因みに2004年〜2006年までのベスト10はこんな感じでした。
アート2004年 展覧会ベスト10
アート2005年 展覧会ベスト10
アート2006年 展覧会ベスト10

先日25日の記事でご紹介した通り、今年は展覧会に関する記事は160本。
この中↑から独断と偏見で勝手気ままに選んでみました。今回も。

関連記事と併せて発表させていただきます。
ご意見ご不満。その他もろもろあろうかと思いますがご勘弁あれ。

王冠22007年 私が観た展覧会ベスト10 王冠2

1位
「若冲展」 相国寺 承天閣美術館

「動植綵絵」だけじゃない「若冲展」
速報「若冲展」
若冲展インターネット先行プレビュー気付けばあと二日。
160人でつくる若冲模写巻物
伊藤若冲《菜蟲譜》29日よりいよいよ公開!
「花鳥礼讃展」
若冲ファンの方、皇居へ急げ!
洞窟の若冲
「ぴあフィルムフェスティバル」ポスターに若冲登場!!
伊藤若冲「動植綵絵」の調査と複製
Furoshiki@Kantei

2位
「パルマ展」国立西洋美術館

「パルマ展」の『受胎告知』
「パルマ展」ブックレット限定発売中

3位
「動物絵画の100年展」府中市美術館

蘆雪の「雀」が観たい!「動物絵画の100年 1751-1850」展

4位
「フェルメール 「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画展」
国立新美術館

フェルメール「牛乳を注ぐ女」初来日!
フェルメール「牛乳を注ぐ女」を観る前に。
「牛乳を注ぐ女」あれこれ
新・あなたが選ぶ「フェルメール」
超お得なペアチケット:フェルメール展
講演会「フェルメールとオランダの風俗画」
レセプション:フェルメール「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画展
比べてみようフェルメール
教えて下さい「牛乳を注ぐ女」謎の部分
「フェルメールオフ」開催します!!
フェルメールオフ(ミルクメイドオフ)終了
フェルメールの素顔?!

5位
特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ―天才の実像」
東京国立博物館

保険金100m euros
AQUOS名画シリーズ第5弾「モナ・リザ」
誤植に注意!
『レオナルド・ダ・ヴィンチと受胎告知』
インスピレーションfromダ・ヴィンチ!
チューリップ「モナリザ」開花
「さよなら受胎告知」
・「『西洋絵画の巨匠 8 レオナルド・ダ・ヴィンチ』出版記念パーティー
(今回の展覧会監修者池上先生の出版記念パーティーの様子です)
特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ −天才の実像」関連事業
講演会「レオナルドで知るルネサンス―波乱の生涯と、激動の時代の魅力」
その1.  その2.  その3.
(5月に博物館で開催された池上先生による講演会の様子です)

6位
「山口晃展 今度は武者絵だ!」練馬区立美術館

山口晃「ラグランジュポイント」
「VOCA展2007」
山口晃ファンの皆さん、科学技術館へ急げ!!
「続・無残ノ介」完成!山口晃展in練馬区立美術館
山口晃トークショーin練馬区立美術館
最終日の「山口晃展」@練馬区立美術館
山口晃トークライブ「年忘れ!山愚痴屋感謝祭!!
「prints (プリンツ) 21」山口晃特集

7位
特別展覧会「狩野永徳」京都国立博物館

いざ「永徳展」
“枝垂れモティーフ”
狩野永徳の屏風絵京都で発見!

8位
「エルネスト・ネト展」丸亀市猪熊弦一郎現代美術館

いのくまさんの包装紙
「メルティング・ポイント」展
「SPACE FOR YOUR FUTURE展」1冊まるごと、現代アート入門!

9位
「鳥居清長展」千葉市美術館

「浮世絵 品川めぐり展」
「肉筆浮世絵のすべて展」
激安!『マールカラー文庫 肉筆浮世絵』
「美の競演− 珠玉の浮世絵美人展」
「風俗画と肉筆浮世絵展」
雑誌「Pen」創刊200号記念:江戸デザイン学。

10位
「志野と織部展」出光美術館

「美の壺展」
「大徳川展」
『東京美術館案内』


海外から「目玉」となる作品が初来日し大きな話題になったり、伊藤若冲の釈迦三尊像と動植綵絵が実に120年ぶりの再会を京都で果たしたりと何かと話題に事欠かない一年でした。活気に満ちた美術界だったかと思います。

自分の選んだ展覧会はソファーでゴロゴロしながら思いつくままにリストアップしただけのもの。ましてや順位もあってなきもの。全然参考にならない恣意的なランキングです。でもこうして一年を振り返ってみるのが楽しいもの。

10位以内には入りませんでしたが印象深い展覧会リストアップしておきます。
「戸方庵井上コレクション名品展」
「地球の旅人展」
「ロビン・ロード:ドローイング・パフォーマンス」
「日本美術が笑う展」
サイモン・パタソン「最後の晩餐」
「都路華香展」
「松田権六の世界展」
金沢21世紀美術館
「口紅のとき」
「茶道具展」
「狩野派誕生展」
「モディリアーニと妻ジャンヌの物語展」
「アートで候。会田誠 山口晃展」
「様々なる祖型 杉本博司展」
「藤森建築と路上観察展」
「金刀比羅宮 書院の美展」
「アンリ・ミショー展」
「MAMプロジェクト006: 西野達」
「キスリング展」
「線の迷宮凝検
「BIOMBO/屏風 日本の美」展
ルーヴル−DNPミュージアムラボ(「うさぎの聖母」)
「ティファニー展」
TNM&TOPPANミュージアムシアター「国宝 聖徳太子絵伝」


あらためて今年一年を振り返ってみると今年もまたいかに多くの方々に支えられこのブログを続けてこられたこと痛感します。ネタ切れで苦しみ「休んでしまおうかな〜」と思ったこと数知れず。それでも拙い記事でも続けていれば何かしら好い事あるもので、励ましのメール頂戴したり、コメントをお寄せくださったりといくら感謝してもし足りないほどです。

コメントのお返事が遅れたり、TBをお返しするのが遅くなりご迷惑おかけしました。これに懲りずに来年子年もどうぞお付き合い下さいませ。

来年は今年よりも「身動き」取れそうです!ご期待あれ!!
2008年「フェルメール展」開催!!


日経五つ星の美術館
日経五つ星の美術館


鏡もち新年会のお知らせ日の出
昨年同様今年も「新年会」を開催します。1月2日
場所は東京国立博物館。時間は午後2時半ごろを予定しています。

陽明文庫創立70周年記念特別展「宮廷のみやび―近衞家1000年の名宝
ご参加頂ける方は、mixiのメッセージもしくはメールにてご連絡下さい。
(メールアドレスは本館「BLUE HEAVEN」の下段にあります)
尚、「宮廷のみやび―近衞家1000年の名宝」のチケットも何枚かありますのでご参加頂ける方ご遠慮なくお申し付け下さい。

尚、この日は博物館、常設展は無料です。長谷川等伯の国宝「松林図屏風

や様々な催しものがあります。「新春企画 博物館に初もうで

Amazon.co.jp 和書、洋書ストアの年間ランキング

2007 年間ランキング

トラクバックお待ちしています!
リンクも大歓迎です。

追記:こちらも併せてどうぞ。
かみさんが選ぶ「2007年 展覧会ベスト10」

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1245


JUGEMテーマ:アート・デザイン






| 展覧会 | 23:03 | comments(29) | trackbacks(20) |
今年もあとわずか。
それぞれの1年、それぞれのベストテン。
わたしのものと3つかぶっています。
動物絵画の100年展も入れたかったです。
合致率3割台は立派?
| とら | 2007/12/29 8:38 AM |

若冲、永徳は私も京都まで観にいきました。
その他にも旅先で体験したアートが印象に深い1年でした。

エルネスト・ネト展、丸亀でご覧になったとはうらやましいです。
ブラジルの人気歌手マリーザ・モンチは、
舞台美術をエルネスト・ネトに委嘱していて、
DVDでも観ることができます。
今年のワールド・ツアーもネトのデザインで、
来年DVD化される予定です。
| テツ | 2007/12/29 1:12 PM |

Takさま
こんばんは。
今年も本当にこちらのブログには大変お世話になりました。
Takさんのナビがなければ、
ワクワク度が激減してしまいます。
ランキングはまったく今年らしい
勢いのある展覧が並んでますね。
京都に羽があれば・・・と悔やまれますが、
山愚痴氏の晴れ舞台も晴れ晴れしていましたし、
直島行きも垂涎もの。
巡ってくるものは、そこが呼んでいるからだと思います。
私は飛べる距離が短いのですが、
それでも堪能した一年でした。
来年も日々こちらに足しげくお世話になりますので、
ヨロシクお願いいたします。
Takさんのご健康とご健筆を祈ります。
お正月は家族と動くことが多いので、
残念ながら、2日の新年会に出かけられず、残念です。
いずれ、どこかでお会いできることを願っています。
| あべまつ | 2007/12/29 9:43 PM |

 第5位の「レオナルド・ダ・ヴィンチ―天才の実像」展で一気にイタリア旅行をしたのが、私の今年の一番の思い出です。たぶん西洋美術に対する興味が一気に高まったとも思います。また、建築家の展覧会ということで、「ル・ゴルビュジエ展」は興味深いものがありました。

 今年もたいへん良い1年でした。

 Takさんにとって、来年も素晴らしい年であるようにと思っています。これからもご活躍ください。
| パレット | 2007/12/29 10:36 PM |

@とらさん
こんばんは。

今夜はどうもありがとうございました。
一年間で春先に見た展覧会の印象と
冬になってからの印象ではだいぶ違いますよね。
合致率高く光栄に思います。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
それではまた新年会で!

@テツさん
こんばんは。

横須賀の美術館へはまだ一度も
行ったことがありません。
テツさんのランクにしっかりと
入っているとなるとこれは行かねば!

ネト関連でDVDが出るとは
存じ上げておりませんでした。
情報ありがとうございます。

慌ただしい一年でしたが
来年もまたどうぞよろしくお願い申し上げます。

@あべまつさん
こんばんは。

ナビなんてとてもとても。。。
記事書くのでいっぱいいっぱいでした。
今年はとにかく・・・(愚痴になるからやめます)
あべまつさんとは京都で超ニアミスしたのが
もう一年以上前になるのですね。
若冲展のにぎわいなどまったく感じさせない
空間での出来事でした。
その若冲展を一位としました。
甲乙つけがたいのですが、これは外せません。

来年度は少しは落ち着けるかと思います。
久々に遠出もしたいと考えております。

何かと慌ただしい年末ですが、
ご家族ご無事にご越年なされ
新年を迎えられること祈念いたしております。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

@パレットさん
こんばんは。

かみさんはレオナルド展を一位にあげています。
順序が逆ですが、以前イタリアで見た印象が
忘れられないそうです。
建築展が若干少なかったかもしれません。
来年はもう少し見てみたい気がします。

パレットさんには大変お世話になりました。
コメント遅れてしまいご迷惑おかけしましたが
これに懲りずに来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
| Tak管理人 | 2007/12/30 12:26 AM |

夫婦で同じ趣味を一緒に楽しめるっていいですね。
(奥様の努力が偲ばれます・・・。)

Takさんのベスト10は、王道を行くというか、
納得の大規模展がずらっと並ぶ感じですが、
奥様のベスト10は、Takさんとかぶったのは仲の良さを感じさせ、
それ以外は、お付き合い程度ではなく
自分自身の視点で楽しんでらっしゃるのが覗えます。

各紙のベストは、大規模展が少ないのが意外な感じです。
そしてかぶってるのがほとんどないのが興味深いです。
しかし「20世紀美術探検展」がランクインしてるのはちょっと微妙な気も・・・。
| m25 | 2007/12/30 10:17 AM |

すみません、奥様のベスト10の記事の方にコメントつけるつもりが、
間違えてこちらにつけたので、コメントがずれた感じになってしまいました。
失礼致しました・・・。
| m25 | 2007/12/30 10:20 AM |

こんにちは

今年もお世話になりました。
恒例のベスト10を納めたのでTBさせていただきます。

今年は京都やら金沢やら広島やら、あちこちに遠征(?)する
機会が多かったのですが、来年はどうなることやら...
また、機会があったらご一緒させてください。

では、良いお年を!
| lysander | 2007/12/30 1:03 PM |

今年はこちらのブログに出会うことができ、
いろいろなことを教えていただき、本当に感謝感謝でいっぱいです。
いつも情報量抜群のブログを展開されているTakさんに脱帽です。
本当にありがとうございました。
私のベスト10展覧会は…うーん、わかりませんが、絵を追いかけて京都まで行くようになったということをベスト10のマイニュースくらいにはいれたいと思います。
それも、Takさんから若冲を教えていただいたからこそ。

2008年もいろいろなことを教えていただけることとわくわくしております。若輩者ですが、どうぞよろしくお願いいたします!

どうぞ素敵な年末年始をお過ごしください!
| はな | 2007/12/30 2:26 PM |

@m25さん
こんにちは。

>しかし「20世紀美術探検展」がランクインしてるのはちょっと微妙な気も・・・
鋭いです!
これフツー選びませんよね。
いろいろと人間関係もおありかと。

立派な方になると「こんな展覧会があったんだぜ〜」的な
意識も働くのかな〜と勘ぐりを入れたくもなります。
そう考えると佐藤氏はさすがだなーと。

ひとりで展覧会へいくといくつも梯子しますが
かみさんとだとせいぜい二か所。
その違いが大きいかもしれません。

m25さんにとっても大きな変革の年だったのでは?
何かと御苦労多いかと思いますが来年もまた
お世話になります。よろしくお願いいたします。

@lysanderさん
こんにちは。

イタリアがうらやまし過ぎます。
感化されて無性に飛行機に乗りたくなってきた年末です。
翼が欲しい・・・

来年はまずは山口さんの講演会かででしょうか。
アグネスもありますしね。

楽しみにしています。
で、いつ飲みましょうか??

@はなさん
こんにちは。

いつも丁寧なコメント頂戴し感謝感謝です。
はなさんの行動力に背中押されて見に行った
展覧会もありました。
ことらこそありがとうございました。

情報といっても「場つなぎ」程度です。
ネタに窮している毎日です。。。

はなさんのベスト10もぜひ作ってみて下さい。
楽しみ楽しみ。

子年もどうぞ宜しくお願い申しあげます。

よいお正月をお迎え下さい。
| Tak管理人 | 2007/12/30 3:12 PM |

Takさん

こんにちは、
コメント&TBありがとうございます。

やっぱり若冲ですね、今年は。行けずに悔いが残ります。
来年はもっと積極的にいければいいかなと思います。

こちらからもTBさせて頂きました。

来年もよろしくお願い致します。
| イッセー | 2007/12/30 3:55 PM |

こんにちは
今年の纏めをTBさせて頂きました。
前半で思いの外行ってたんだなぁ〜と自分でびっくり。
でも、偏ってました。ちょっと反省です。
来年も沢山の記事を楽しみにしております。
どうぞ宜しくお願い致します。
| るる | 2007/12/30 5:02 PM |

昨日は、と言うか今年は本当にお世話になりありがとうございました。
ベスト10、TB送らせて頂きました。

| ogawama | 2007/12/31 12:22 AM |

こんばんは。

行動量も行動半径もまったく比べ物にならないので、当然といえば当然ですが、10のうち1つしか同じものがありませんでした。
といっても、お選びになった多くには行ってみたかったな、と。
東京から離れたところのものはあきらめがつくとして、「今度は武者絵だ!」は行く気満々で見逃したところが悔しいです。
| キリル | 2007/12/31 1:57 AM |

こんにちは。
今年は(も?)行けなかった展覧会たくさんありましたが、
ベスト10の中に私が出かけたものが3つ入ってまして、ひそかに嬉しかったりして・・^^。

毎日毎日の更新、そのバイタリティーに脱帽です。


来年もよろしくお願いいたします。
| tsukinoha | 2007/12/31 6:09 AM |

私もやっとベスト10、できました。
今年を振り返るに、若冲、永徳に行けなかったのが、
返す返すも心残りです。
Takさんはじめ、皆様のレポート拝見して、
京都気分に浸りました。

| 一村雨 | 2007/12/31 9:06 AM |

@イッセーさん
こんにちは。

ベスト10興味深く拝見させていただきました。

観たい展覧会が増える一方で
身体はひとつだけですから
自ずから限界ありますがどうしても
観に行きたくなるのが人情。

バランスとりつつ来年も。

よいお正月をお迎え下さい。

@るるさん
こんにちは。

前半の印象が薄れがちですよね。
それと季節によってもかなり違います。
一口に一年と言っても長い長い。
その中からランキングするのは
結構大変なことです。まる三日かけました。

来年もどうぞよろしくお願いします!
オフ回もまたやりますよ〜

@ogawamaさん
こんにちは。

本願寺がランクインしていてなんだかとてもうれしかったです。
っとともに、自分で記事にしていないことも発覚。。。
こんなドタバタの一年でした。来年もどうよろしくです。

@キリルさん
こんにちは。

キリルさんの記事はいつもいつも丁寧で
心がこめられていること画面から伝わってきます。
自分のように時間に追われている薄っぺらな記事とは大違い。
関心しきりです。

大晦日、元日と寒くなりそうですね。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
よいお正月を!

@tsukinohaさん
こんにちは。

毎日更新しないとマグロと一緒で
「死んで」しまいそうになるので。。。
無理無理泣きながら更新しています。

TBが送れない件、問い合わせてみます。
ご迷惑おかけします。

来年も懲りずにまたどうぞお付き合い下さい。

@一村雨さん
こんにちは。

来年は仏像好きの一村雨さんにはたまらない
薬師寺展がひかえていますね。春が待ち遠しい。

京都は二度ともかなり無理して行きましたので
大きなツケがその後…

先日はあと一本くらいワイン飲めましたね。
新年会もまたどうぞよろしくお願い致します。
| Tak管理人 | 2007/12/31 12:34 PM |

Takさんこんにちは。大晦日になってしまいましたがベスト10を挙げてみました。皆さんそれぞれに趣向が出ていて面白いですよね。志乃と織部、清長あたりは本当に企画自体が冴えていたなと思います。

既に来年の「ベスト1」がこのエントリに挙がっていますね!
今から楽しみです。

それでは良いお年をお迎え下さい!

| はろるど | 2007/12/31 3:03 PM |

今年はフェルメールでご一緒させていただき
おかげさまで絵画鑑賞仲間もできました。
ありがとうございます(^-^)

それにしてもたくさんの展覧会に行ってらっしゃるんですね。
私は結局5本くらいしか観れなかったです。
年明けも良さそうな企画がたくさんあるので
いろいろ行ってみたいと思ってます。

来年もどうぞよろしくお願いします。
| サッチャン | 2007/12/31 6:01 PM |

こんばんは。
初めてベスト10付けてみました。
どれも印象に残ってたりして、ランキング付けるのって難しいですね。

来年もマイペースで美術館巡りを楽しもうと思っています。来年も宜しくお願いいたします。
| 朱奈 | 2007/12/31 7:12 PM |

Takさん、こんばんは。
2007年も暮れていくときにご挨拶にやってきました。
Takさんにすすめられて私もベスト10選んでみました!
TBさせていただきますね。
Takさんの美術への愛情とブログ運営力にはほんといつも尊敬の念を禁じえません。
2008年もちょこちょことお邪魔させていただきます。
宜しくお願いいたします。

素敵な年をお迎えください!
| はな | 2007/12/31 9:00 PM |

Takさん、こんばんは。
今年も大変お世話になりました。
「若冲展」、私は行けなかったのが残念でした。
宅配の図録とTakさんのレポートで雰囲気味わえました。
イタリア古典絵画の大型企画展「パルマ展」もすごく印象に残っています。
来年はフェルメール展が楽しみですね。
では、良いお年をお迎えください。
| Minnet | 2007/12/31 9:56 PM |

@はろるどさん
こんばんは。

来年のベスト1は「事故」さえなければ
もう決まっているようなものです。
世界的にみてもあの展覧会はすごいです。

フェルメールも完全制覇目指したいと思います。

一村雨さんが勧めていらした
居酒屋にでも行きましょう。

佳いお正月をご家族で(はーと)

@サッチャンさん
こんばんは。

こちらこそ、お会いでき
そしてこうしてお付き合いでき
たいへんうれしく思っています。

webの醍醐味ですよね。
美術好きの方に悪いかた滅多にいません。

来年もまたぜひ。何かしら企画致します。
展覧会もご一緒できるといいですね。

@朱奈さん
こんばんは。

やりますね〜
拝見させていただいたら
かなり朱奈さんもあちこち行っていらっしゃいますよね。
もう立派な「病気」です。はい。

来年はまず博物館からですね。
どうぞ宜しくお願い致します!

@はなさん
こんばんは。

先ほどじっくりと拝見させていただきましたよ。
やってみると楽しいものですよね。
それに日と区切りつけますし。
こうして何でも「区切り」付けていくのって大事です。
私なんてだらだらしっぱなしですので。。。

来年ももっともっと楽しくやっていけたらと
思っています。応援よろしくお願いしますね。

それでは佳いお正月を!!

@Minnetさん
こんばんは。

若冲展の図録はたいそう立派な仕上がりでしたね。
面白いことに佐野でも販売されていましたね。
来年のフェルメール展は何かまた大きな花火でも
打ち上げられたらな〜と虎視眈々と狙っています。
狙いすぎて外すこと多いのですが。。。

来年もどうぞ宜しくお願い致します。
佳いお正月をお迎え下さい。
| Tak管理人 | 2007/12/31 10:45 PM |

Takさん:明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

昨年のベストテン、拝見しました。
1位は合致(^_^)

最近、歳のせいで(?)、混雑した美術展は評価が辛くなります。また、どうしても、前半の美術展は不利ですねー(^_^)

また、どこかでお会いしましょう。
関西に来られた時は、声を掛けて下さい。

| Ken | 2008/01/01 11:56 AM |

明けましておめでとうございます。
タヴィンチ展、私も見ましたが、ああ混んでいてはどう評価して良いか分かりません。芸術を鑑賞するという環境ではないような。
若冲展も見に行きましたが、今から2時間待ちと言われたので断念しました。予約制にして欲しい気分でした。と未だに未練があります。
| Hokurajin | 2008/01/01 3:45 PM |

@Kenさん
明けましておめてとうございます。

一位は文句なしかと。
私も混雑している展覧会はなるべく
避けたいと思っていますが、中々。
休みが日曜日しかないのは辛いです。

Kenさんとはかなりリアル社会では
疎遠になってしまっています。
今年はぜひともまた昔のように
旨いビールでも飲みながら
美術談義に花咲かせたいものです。

今年もどうぞ宜しくお願い申しあげます。

@Hokurajinさん
明けましておめでとうございます。
コメントありがとうございます。

「受胎告知」に思い入れがあるので
レオナルド展は楽しめたくちです。
若冲展の混雑ぶりは異常でしたね。
ある程度は予想できたでしょうが、
まさかあれほどとは・・・
| Tak管理人 | 2008/01/01 11:33 PM |

Takさん、こんばんは
あけましておめでとうございます。
去年のベスト展をTBさせていただきました。
Takさんのものといくつかだぶっていますが、パルマ展は
順位も一緒でした。
本当は出光もベストに入れたかったのですが…
何故か選外になってしまいました。

今年はどんな展覧会に出会えるでしょうか?
また今年もよろしくお願いします。
| アイレ | 2008/01/02 12:56 AM |

あけましておめでとうございます。
2007年も若冲で盛り上がれたのがうれしかったですね。
あの33幅は鼻血ブーでした。
永徳はご一緒させていただき楽しかったです。またああいった濃密なツアーが出来たら最高ですね。
本年もよろしくお願いいたします。
| あおひー | 2008/01/02 5:22 PM |

@アイレさん
明けましておめでとうございます。

パルマ展、西洋美術の展覧会では
一位文句なしかと。
あれは知らない世界を教えてくれた
貴重な稀有な展覧会です。
出光は頑張ったと思います。
前年もそうでしたが。

今年もまたわくわくするよな
展覧会ぞくぞくと待っています。
楽しみ楽しみ!!

@あおひーさん
明けましておめでとうございます。

永徳展でご一緒した京都が大変
楽しく、印象に残っています。
気の合う仲間との旅っていいですよね。
それに栃木も。

また今年もどこかへ。
どうぞ子年も宜しくお願い致します。
| Tak管理人 | 2008/01/04 12:55 AM |










http://bluediary2.jugem.jp/trackback/1245
2007年の「美術展ベストテン」
 今年は浮世絵展が大健闘でした。国内美術104+海外美術84=合計188のホームページ記事の中でベストテンですから迷いました。参考:最近4年間のベストテン1. パルマ 07.5 2. 鳥居清長 07.5 3. 狩野永徳 07.10 4. ミネアポリス浮世絵 07.9 5. モ ネ 07.4
| Art & Bell by Tora | 2007/12/29 3:47 PM |
2007年のベスト展
押し詰まってきましたね。 2007年は今月のぞいて実に多くの展覧会を見、建物を見学して廻りました。 展覧会も特別展と企画展とを分類してデータベース化してるので、数は多いです...
| 遊行七恵の日々是遊行 | 2007/12/30 1:02 AM |
2007年 私のお気に入り アート
■アート 今年は何しろアート・ツアーを重ねた1年だった。旅先で体験したアートはやはり印象に強く残る。順位はつけがたいので、鑑賞した順に記憶に残るアート体験を挙げていく。 ・イサムノグチ庭園美術館(香川) かつて藤森照信が著書「美術館三
| 中年とオブジェ〜魅惑のモノを求めて〜 | 2007/12/30 9:14 AM |
プレイバック 2007 (美術篇)
というわけで今年も納めます... いつものように、はじめはいろんな切り口から... ギャラリー系 1. 畠山直哉展 『Slow Glass』 (高橋コレクション) 2. 薄久保香展 Wandering Season (TARO NASU) 3. 阪本トクロウ展『daily life』 (ギャラリーイノセント) 他、SCAI THE
| 徒然と(美術と本と映画好き...) | 2007/12/30 12:57 PM |
2007年 展覧会ベスト10
早いもので、今年もあとわずかとなりました。 この時期になると、一年間の振り返りも
| blog:Museum a_go_go ? | 2007/12/30 3:48 PM |
美術展通う 【2007】
去年の美術展通いは43でした。 今年は秋から失速。 それでも記事は53で、 記事にしておらず取り敢えずは 記憶しているものが16なので トータル69という感じです。 結構頑張ったみたいです 今年は太田のギメから始まり 江戸博の『北斎』で〆 浮世絵に始
| 翠松庵no散歩道 | 2007/12/30 4:49 PM |
2007年のアート10本
2007年で最後のブログアップになるかな?と言うことで今年見たアート展から10本
| 今日の献立ev. | 2007/12/30 10:47 PM |
今年の美術鑑賞ランキング★
年内に後どのくらいアートに触れる事ができるかわからないけれど、 とりあえず、今年一年を振り返ってみた。なかなか充実した一年だったことが実感できる、嬉しい結果となった。
| あべまつ行脚 | 2007/12/30 11:31 PM |
2007年 美術展ベスト10
行きまーす。 まず美術館編。リンクはわたくしのつたない感想に飛びますが、あしから...
| confidential memorandum of ogawama | 2007/12/31 12:13 AM |
印象に残った美術展2007
印象に残った10の美術展を選んでみた。1年を通して出かけたのは今年が初めてだったけど、美術展をめぐるという楽しみを見つけて喜々としてあれこれ出かけた昨年よりは、ややペースが落ちたかもしれない。行きたいと思いながら結局行かなかった展覧会も結構あった。 と
| アトリエ・リュス | 2007/12/31 1:34 AM |
「ゲ〜ジュツ見てある記」、今年のまとめ!
今年1年を振り返って「ゲ〜ジュツ見てある記」のインデックスのようなものをつくってみました。全部で65回も美術館等に足を運んでいます。こうして月毎のインデックスをつくってみると、例年以上に自分でも数多く観たなという感想ですが、それは自分の時間が多くとれる
| とんとん・にっき | 2007/12/31 12:09 PM |
今年の締めくくり
ブログを放置してました。 友人達からは「ブログ辞めちゃったの」とのお言葉。 いえいえ、家の事・体調不良も重なって、ちょっとおっくう状態でした。 mixiの方にはアップしてたけどね そんな私の今年のベスト10です。 第1位 『ギメ東洋美術館所蔵
| 朱奈のつぶやき | 2007/12/31 7:09 PM |
2007年の美術展覧会私のベストテン
いつもお邪魔したり、あるいはこっそり覗いているアートブログの皆様が今年のベストテンを選んでらっしゃるので、ちょっと真似してみたりして選んでみました! どれも思い出深くて10件を選んだり、順番をつけたりするのがなかなか難しかったのですが、もう、えいやっと
| はなことば | 2007/12/31 8:29 PM |
413 2007年の振り返り
親子共々風邪をひかないようにと細心の注意を払った12月の日々でしたが、一昨日最後の製作物を完了、昨日はやっと年賀状が完了と、ようやく一区切りつけることができました。 例年のごとくブログにおいての今年の振り返りをしてみます。 まずは今年印象に残った展覧
| たまゆらデザイン日記 | 2007/12/31 8:49 PM |
2007年 私が観た展覧会 ベスト10
おこがましくも、今年私が観た展覧会のベスト10を挙げてみようと思います。 <選定基準> ・その後の私の美術鑑賞に与えた影響の大きさ。 ・純粋に感動した展示内容であったこ...
| あるYoginiの日常 | 2007/12/31 9:22 PM |
今年の美術館訪問をふり返る(展覧会編)
今年見た展覧会のうち、とくに良かった展覧会のベスト10を選んでみました。 (選んだ基準) ・見たいと思っていた作品を見られた ・展覧会のテーマや構成がしっかり練られている ・その後の私の美術鑑賞に与えた影響が大きい、または今後大きくなると思われる
| 美術館は楽しい | 2007/12/31 9:58 PM |
2007年のベスト展覧会
今年は今までより積極的に展覧会巡りをして、およそ80回ほどになる。初めて訪れたところも多く、来年も引き続き新規開発をしようかと思っている。今年見てまわった展覧会のベストと言うことを考えてみると、結局は客観的に見た秀逸さより、個人的な好みのほう
| ぶらぶら、巡り歩き | 2008/01/01 3:31 PM |
さようなら2007年−展覧会 My best 10
 先の2つの回顧は「もういいよ」とあまり内容の良いものではありませんでした。ですから、今年のことはもう忘れて来年に期待をこめてのタイトルとご理解ください。 さて2007年回顧の展覧会編、My best 10 です。 ともあれ、順位を発表したいと思います。 1.美麗 院
| 青色通信 | 2008/01/02 12:03 AM |
2007年展覧会、ベスト10!
今年見た美術関連のベスト10を選出してみました。 さてさて、どうなることやら。自分で都度感想を書いているもののそれを対比してランクするとなるとどういう結果になるかは正直やってみるまでは分からないものです。 で、相当悩んでこうなりました。 1.若冲展(相国
| あお!ひー | 2008/01/02 5:09 PM |
07年感動の展覧会・ベスト10!
美術館の訪問計画は半年ベースで立て、例年元旦と7/1の拙ブログに載せている展覧会
| いづつやの文化記号 | 2008/01/02 6:25 PM |
編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 素敵な時間を楽しむ』(世界文化社)好評発売中です。


青い日記帳(編集)『美術展の手帖』小学館より発売中です。


青い日記帳「出前ブログ」連載中


gooいまトピ連載中

朝日マリオン・コム「ぶらり、ミュージアム」


山下裕二&井浦新トークショー


青い日記帳コラボグッズ

「展覧会に出かける前に準備しておきたい5つのこと。」

「展覧会を何十倍も楽しむために心がけたい5つの秘訣。」

フェルメールへの招待
國學院大學文学部教授の小池寿子先生監修。不肖私(Tak)が編集と一部執筆しました。詳細はこちら

【展覧会レビュー】
山口晃 平等院養林庵書院奉納襖絵
ゴッホの幻の「ヒマワリ」
黒田記念館リニューアルオープン
日本美術ちらし寿司
「オスカー・ニーマイヤー展」
「ディン・Q・レ展:明日への記憶」
特別展「白鳳」
「森本美由紀展」
「クレオパトラとエジプトの王妃展」
「メカニックデザイナー 大河原邦男展」
「青樹うめ展」開催!
「藤田美術館の至宝 国宝 曜変天目茶碗と日本の美」
「伝説の洋画家たち 二科100年展」
「動きのカガク展」
「ボルドー展」
「シカゴ ウェストンコレクション 肉筆浮世絵」開催!
「芸術の秋」、「琳派の秋」。
特別展「蔵王権現と修験の秘宝」
「teamLab Exhibition, Walk Through the Crystal Universe」
特別展「生命大躍進」
「SHIBUYA」
「琳派と秋の彩り」
「箱根で琳派 大公開〜岡田美術館のRIMPAすべて見せます〜」
あなたは五姓田義松を知っていますか?
「風景画の誕生展」
「国宝 一遍聖絵」が全巻全段展示されます!
美術館でコスプレ!
Ingress(イングレス)でミュージアム巡り。
2015年、都内で観られる西洋絵画の展覧会
プロが選ぶ「2014年 ベスト展覧会」
かみさんが選ぶ「2014年 ベスト展覧会」
2014年 展覧会ベスト10


パリ行って来ました
オランダ行って来ました
 

BLUE HEAVEN(本館)

『文藝春秋』に寄稿しました。

『AERA』に載りました。

「マウリッツハイス美術館展公式ガイドブック」編集・一部執筆しました

「ザ・シネマ」に寄稿しました。

トークショーに出演しました

日経に掲載されました

朝日新聞に掲載されました

再び日経に掲載されました

「美連協ニュース」寄稿

『アートコレクター』で紹介されました

Yahoo!カテゴリ絵画に登録されました

+ CATEGORIES
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
moon phases
 
   
+RECOMMEND
  
ロマネスク美術革命 (新潮選書)
ロマネスク美術革命 (新潮選書) (JUGEMレビュー »)
金沢 百枝
11~12世紀のロマネスクこそは、ヨーロッパ美術を大きく塗りかえる「革命」だった。宮廷文化から民衆文化への流れのなかで、知識より感情を、写実よりかたちの自由を優先する新たな表現が、各地でいっせいに花ひらく。古代ギリシア・ローマやルネサンスだけがスタンダードではない。モダン・アートにも通じる美の多様性を、豊富な図版を例に解きあかす。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
若冲の描いた生き物たち
若冲の描いた生き物たち (JUGEMレビュー »)
小林 忠,小宮 輝之,湯浅 浩史,佐々木 猛智,本村 浩之,秋篠宮 文仁
若冲と学研がコラボした画期的な若冲本!レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
叢 小田康平の多肉植物
叢 小田康平の多肉植物 (JUGEMレビュー »)
小田 康平
「人の間にあるサボテン−自由な美しさ、見たことのないトーン。自然と人との関わり、その不思議を小田康平さんは知っている。とても豊かだ」レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ)
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ) (JUGEMレビュー »)
岡田 裕子,阿部 謙一,松下 学
現代美術家岡田裕子が主宰、会田誠顧問による謎の人形劇団「劇団★死期」の伝説の公演を小説化。アートの知識を楽しく学べる児童文学。

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
名画のネコはなんでも知っている
名画のネコはなんでも知っている (JUGEMレビュー »)
井出 洋一郎
ゴッホ、ミレー、ゴーギャン、ゴヤ、ルノワール、歌麿、北斎、国芳などの天才画家たちの思想を、まさかのネコ目線でひも解く、新感覚な名画解説書。
+RECOMMEND
  
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ) (JUGEMレビュー »)
オノユウリ
アートに囲まれて働く美術館学芸員。優雅な職業のイメージだけど、実際は日々、ドタバタの連続なのです!? 展覧会の舞台裏から、学芸員のお仕事のリアルまで。美術館の知られざる一面を描くコミックエッセイ!
+RECOMMEND
  
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556)
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556) (JUGEMレビュー »)
山本 聡美
腐敗し白骨化してゆく亡骸の様子を克明に描く「九相図」。仏教とともに伝来し、日本に深く根を下ろしたこの図像には、生と死、そして肉体の無常をめぐるいかなる想いが秘められているのか。豊富な図版とともに探る。
+RECOMMEND
  
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル)
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル) (JUGEMレビュー »)
谷口 ジロー
ルーヴル美術館とビッグコミックオリジナルの共同企画。オールカラー豪華版。
+RECOMMEND
  
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス)
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス) (JUGEMレビュー »)
黒田 いずま
美術館で働く学芸員の近江さん。個性豊かなメンツが解説、展示、監視などの仕事を通して、日々様々な工夫をしながら楽しく来館者をお出迎えする日常をユーモラスかつ鋭いツッコミで描いた作品。
+RECOMMEND
  
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡 (JUGEMレビュー »)

普段は単眼鏡で済ませていますが、どうしても隅々まで観たい作品の場合はこの双眼鏡を使ってます。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書)
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書) (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
美術史の実践方法が最後にまとめられています!世界が変わる、名画の見方。前作「西洋美術史入門」からさらに一歩奥へ。池上英洋 著

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection)
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection) (JUGEMレビュー »)
川端 康雄,加藤 明子
夏目漱石をイチコロにしたウォーターハウスの文学性と蠱惑的な魅力を余すところなく紹介!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福 (JUGEMレビュー »)
池永康晟
日本画の異才“池永康晟”がベールを脱ぐ!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
すゞしろ日記 弐
すゞしろ日記 弐 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
画家・山口晃のエッセー漫画第2弾。

面白きことも無き世を、面白く!

画家・山口晃の“どーでもいいけど楽しげなこと”満載
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
OLYMPUS ダハプリズム防水単眼鏡 ギャラリースコープ Monocular I 6×16
OLYMPUS ダハプリズム防水単眼鏡 ギャラリースコープ Monocular I 6×16 (JUGEMレビュー »)

観劇・美術鑑賞・セミナーなどの知的シーンや、コンサート会場・ファッションショーなどで大活躍!
軽いのでいつも持ち歩いています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫)
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
宮下規久朗
宮下規久朗先生の最新刊!絵画に描かれた代表的な「モチーフ」を手掛かりに美術を読み解く、画期的な名画鑑賞の入門書。カラー図版150点を収録した文庫オリジナル。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工 (JUGEMレビュー »)

「これ一冊で日本美術を鑑賞する際の知識が全て揃う」
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
アイテムで読み解く西洋名画
アイテムで読み解く西洋名画 (JUGEMレビュー »)
佐藤 晃子
西洋絵画を鑑賞する際に必要となる宗教画,神話画の50のアトリビュートを紹介。ありそうで無かった絵画ファン待望の一冊。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術鑑賞手帳
美術鑑賞手帳 (JUGEMレビュー »)

美術鑑賞の楽しみをさらに広げるこれまでになかった手帳です。ミニガイドと書き込み式の鑑賞の記録ページが一緒に。

自分もお手伝いさせて頂きました。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
画家の食卓
画家の食卓 (JUGEMレビュー »)
林 綾野
画家たちが楽しんだ26のレシピを再現。クレー、フェルメール、セガンティーニ、メムリンクの暮らしと創作現場を巡る旅。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い (JUGEMレビュー »)
サンディ ネアン
とかく扇情的に扱われる美術品盗難。だが実際は、麻薬や犯罪に絡む危険な裏社会と結びつく場合が多い。事件に巻き込まれた学芸員の立場からその実態を訴え、問題点を考察する一書。 レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
江戸の献立 (とんぼの本)
江戸の献立 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
福田 浩,松井 今朝子,松下 幸子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻))
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻)) (JUGEMレビュー »)
長岡 龍作
法隆寺金堂内陣は、普段は大変暗い上に太い円柱に加え、金網が廻らされており、その詳細はなかなか見ることができません。今までに撮影された写真も鮮明さということでは満足のゆくものではありませんでした。今回は最新の撮影技術により、南面(正面)のみならず、北面(背面)からも撮影。その結果、全く見たことがない写真を目の当たりにすることになりました。仏像の質感と量感、豊かな色彩に感嘆し、感動をおぼえる一冊となっています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
山口晃 大画面作品集
山口晃 大画面作品集 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
8年ぶり、待望の最新作品集。11月26日発売!予約しないと!!

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本)
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
山本 勉,ヤノベ ケンジ,橋本 麻里,みうら じゅん
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
知識ゼロからのキリスト教絵画入門
知識ゼロからのキリスト教絵画入門 (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
池上英洋先生が易しく紐解く『聖書』の世界。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
芸術家の家: 作品の生まれる場所
芸術家の家: 作品の生まれる場所 (JUGEMレビュー »)
ジェラール=ジョルジュ ルメール,ジャン=クロード アミエル
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
フェルメールへの招待
フェルメールへの招待 (JUGEMレビュー »)

不肖・私がフェルメール30作品の解説執筆と全体の編集に携わった一冊です。オールカラーB5版。96ページから成る、これまでにないフェルメールパーフェクトガイドです。主に「フェルメール初心者」に向け丁寧に噛み砕いた表現で綴られているので、美術の専門用語を知らずともフェルメール作品について一通りの知識を得ることが出来ます。

お手に取って頂ければ幸甚です。よろしくお願い致します。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件 (JUGEMレビュー »)
レニー ソールズベリー,アリー スジョ
来歴さえあれば、たとえ贋作でも「ほんもの」になる。詐欺師は驚くべき方法で美術史を捏造した。美術界を震憾させた事件を追うドキュメンタリー。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース)
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース) (JUGEMレビュー »)
林 綾野
林綾野さんの待望のフェルメール本!レビュー&インタビュー→こちら
+RECOMMEND
  
ヴァチカン物語 (とんぼの本)
ヴァチカン物語 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
塩野 七生,藤崎 衛,石鍋 真澄
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
野兎の眼
野兎の眼 (JUGEMレビュー »)
松本 典子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105 (JUGEMレビュー »)

掌に収まる単眼鏡は、必要なときにサッとポケットなどから取り出して使える便利な、美術館・博物館必須アイテム。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術のことば案内
日本美術のことば案内 (JUGEMレビュー »)
日高 薫
レビュー→こちら
日本美術鑑賞の際に、よく出てくる言葉を満載。絵画、彫刻、工芸品などの具体的な写真をふんだんに使い紹介
+RECOMMEND
  
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS


このページの先頭へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...