青い日記帳 

  
TB&リンク大歓迎です!
ハートのエースが出てこない
3月8日から国立西洋美術館で開催される「ラ・トゥール展」に
ラ・トゥールの代表作「いかさま師」の出展が決定したと新聞にあった。
17世紀フランスの画家ジョルジュ・ド・ラ・トゥールの代表作「ダイヤのエースを持ついかさま師」(ルーブル美術館蔵)が今年春、東京・上野公園の国立西洋美術館で開幕する「ジョルジュ・ド・ラ・トゥール展」(読売新聞社など主催)に出品されることが決まった。

 アジア地域への貸し出しは初めて。

 いかさま師の一味が右端の若者から金を巻き上げようとするスリリングな場面を描いた油彩画。縦106センチ、横146センチ。ルーブル美術館が1972年、同館の過去最高額で購入した名画で、ラ・トゥールの画集などの表紙を飾っている。
ここで問題?
下の二つの「いかさま師」のどちらの来日が今回決定したでしょう?





ヒントはダイヤ クローバー
絵をクリックすると詳細ページへジャンプします。
絵が表示されない時は「ダイヤ」「クラブ」をクリック!




       時計Thinking time時計








では、答えです。
それぞれの作品名と所蔵美術館は以下の通り。

The Card-Sharp with the Ace of Diamonds. c. 1636-38. Oil on canvas. Louvre, Paris, France

The Card-Sharp with the Ace of Clubs. c. 1620-1640. Oil on canvas. Kimbell Art Museum, Fort Worth, TX, USA

太文字に注目です。楽しい
| その他 | 17:16 | comments(20) | trackbacks(6) |
トラックバックありがとうございました!
アートが大好きな私は、地元の美術館へよく足を運びます。
でも語れるほど詳しくなかったり・・・(^_^;)
【ラ・トゥール展】とっても楽しみです。
『クラブのエースを持ついかさま師』もぜひ来日して頂きたい(^^)


| リンゴ | 2005/01/29 11:03 PM |

@リンゴさん
コメントありがとうございます。
このエントリにコメントしていただけるなんて嬉しいです。
(ToT)
私も語れはしませんが、興味だけはあります。
あちこち凝りもせずに出かけてます。
「クラブ」もこうなると観たいですよね〜
でも、ここの美術館サイト充実してますね。
| Tak管理人 | 2005/01/30 12:05 PM |

またまたTBさせていただきました!
「ラ・トゥール展」。
絶対に、東京遠征しに行きますよ!
| 六甲びと | 2005/02/12 12:02 AM |

@六甲びとさん
コメント&TBありがとうございます。
ルーブルで観るより絶対に落ち着いて観られます。
是非、いらして下さい。

因みに3月13日に「オフ会」開催予定です。
| Tak管理人 | 2005/02/12 9:49 PM |

六甲びとさんのblogからやってきました!

この展覧会、見て見ぬフリをしようかと思っていたのですが
やっぱり東京遠征すべきですよねえ。
んー。4月の歌舞伎座と掛け持ちしようかなー。。
あーん、関西でもやってくれ。。
| はな | 2005/02/13 10:39 PM |

@はなさん
こんばんは。
東京いらっしゃるのなら
御案内いたしますよ(^O^)/
はとバスよりは効率悪いかもしれませんが…

ラ・トゥールがこれだけ集まること
きっともうないはずです。
| Tak管理人 | 2005/02/14 9:25 PM |

こんにちは。
ラ・トゥール展、ほんと大事件ですよね!!
なんて書きながら、恥ずかしながら去年NYのフリック・コレクションではじめてラ・トゥールのことを知ったばかりですが、先入観なく見ても「これはきっとすごい人」と思わせられました。

そしてこのタイミング。
昨日ミュシャ展に行ったら(これも記事かいたらTBさせてください)、ラ・トゥール展のポスターが前ののみを取る人の絵ではなく「ダイヤのエースを持ついかさま師」バージョンのものが貼られていて、「もしや?!」と思ったのです。
ますます大事件ですね。

このすごさが多くの人に伝わればよいのですが。
| montblanc1201 | 2005/02/21 3:32 PM |

@montblanc1201さん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

フリックコレクションのラ・トゥールは
フェルメールと同じ部屋にあったので覚えてます。
「聖母の教育」ですよね。
美術館のカタログにもちゃんと載っていました(^^)
METにもありますよね。

TBどんどんしちゃって下さい!!
ミュシャ展混雑しているという話ですが…
さてどんな感想がお聞きできるか楽しみです。

「ダイヤのエースを持ついかさま師」ルーヴルで
見たのですが騒がしくてゆっくり見られなかった印象あります。
上野ではどうでしょうね。
| Tak管理人 | 2005/02/21 10:10 PM |

こんばんは。先日はトラックバックしていただいてありがとうございました。
訪問が遅くなってしまってすみませんでした。

ラ・トゥール展は本当に楽しみです。
ラ・トゥールの作品はルーブルでも見ましたが、まさか日本で見られるとは思ってもみなかったので、かなり感激です。

これを逃したらまた海外に行かなければ見られなくなってしまうので(笑)何が何でも出向こうと思います。
| れせら | 2005/02/22 9:52 PM |

@れせらさん
コメントありがとうございます。

>まさか日本で見られるとは思ってもみなかったので、
>かなり感激です。
そうですよね〜
まさか、まさか、です。
西洋美術館の方から初めこの展覧会のお話
聞いた時は「嘘でしょ!」と思ってしまいました。
でも、だんだん現実味帯びてきて・・・
そして開催決定!
これまたビックリしました。

もう二度と観られない展覧会ですね。


| Tak管理人 | 2005/02/23 7:51 AM |

ラ・トゥール展に「いかさま師」の出展決定とはうれしいニュースがあったんですね。遅まきながら、TBさせていただきました。他の方同様、私も東京遠征を考えています。ともすれば、やっぱり遠いし…と、消極的になってしまうのですが、前のマティス展のときに行かなくてすごく後悔したので、この機会も逃しては、これに行かなきゃいつ行くの!って感じで自分に気合をいれています。
| forest-door | 2005/02/24 10:06 PM |

@forest-doorさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

>これに行かなきゃいつ行くの!って
>感じで自分に気合をいれています。

そうですね、まさにその通りですね。
ラ・トゥールは私も全く詳しくないのですが
見るとインパクトあります。
他の画家さんとは違います。
西洋美術館の常設展にある一枚も
意外と好きなさくひんです。
| Tak管理人 | 2005/02/24 11:14 PM |

TB有り難うございま〜す。最初はあまり興味が無かったんですが、なんか皆さんのお話を聞いているうちにだんだんと見たくなってきてしまったりします。うっ、ミーハーなもんで(苦笑)。美の巨人たちでもやってましたしね。
| alice-room | 2005/02/25 8:12 PM |

@alice-roomさん
こんばんは。
コメント&TBありがとうございました。
見たいですよねーラ・トゥール。
見ないといけない気になってきます、だんだんと。
テレビでこれから露出度上がって来るでしょう。
楽しみです。展覧会。
| Tak管理人 | 2005/02/25 10:27 PM |

Takさん、TBありがとうございました^^

私のところでは遅いエントリになってしまいましたが、
これは、絶対みなさんに知らせたかったので
Blogにエントリしました。

フランスでもこんな展示量は見れません!
最近すごいぞ!日本も・・・と思ってしまいます。
上野は久々なので、ゆっくり桜の時期に合わせて行こうか検討中です^^(近いくせにね!)
| Moebon | 2005/03/01 6:59 PM |

@Moebonさん
こんばんは。
フランスでも観られませんか!
それはそれは。
Moebonさんのお墨付きもらえたら
もう間違いなしですね(^^♪

ミュシャ展ほどは混雑しないような気もします。
でも桜の時は動けませんよ・・・あそこ。。。
一度大失敗しました。
| Tak管理人 | 2005/03/01 10:55 PM |

Takさ〜〜ん!こんにちは。TBありがとうございました。いよいよ明日からですね。
私は緊張のあまり微熱気味です。(知恵熱みたいなものです)
メトロポリタン美術館に行った頃は絵に興味がなくもちろんラ・トゥールは見てません…!(なんの絵があったか何にも覚えてない。私の馬鹿馬鹿!)そんなもったいない事をしていたので今は少しでもラ・トゥールの予備知識を知ってから臨もうと思っています。
| mizuiro | 2005/03/07 3:47 PM |

@mizuiroさん
コメントありがとうございます。
東京ではラ・トゥール展。
神戸ではフェルメール。
今日は見逃すことのできない展覧会が
二つ同時にスタートですね〜

仕事していても落ち着きません(^_^;)
フェルメールもラ・トゥールも
現存する作品数が少ないことが
さらに観たい!という気持ちに拍車かけます。

罪な二人です。
| Tak管理人 | 2005/03/07 5:29 PM |

顔と手元を分解してパズル遊びしてしまうという不遜なことをしているおやじで、とても絵を鑑賞しているといえないのですが、これもひとつの縁であり、ぜひまともに上野で美術鑑賞したいと思っています。ありがとうございました。
| しぇあ | 2005/03/14 6:03 AM |

@しぇあさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

この絵に描かれたいかさま師
誰かに似ているんですよね。
一番近いと思っているのは
「オーシャンズ12」に出てきた
ナイトフォックス役のフランス人。
結構いい線いっていると思うのですが・・・

なんて私もこんなこと考えて絵見てます。
| Tak管理人 | 2005/03/14 10:11 PM |










http://bluediary2.jugem.jp/trackback/127
ジョルジュ・ド・ラ・トゥール展・・・
2005年3月8日から国立西洋美術館にて、 【ジョルジュ・ド・ラ・トゥール展】開催(*`・ω・)ゞデス!! 行きたい♪      行きたい♪           超行きたい♪                  あの、いかさま一味がやって来る!    
| チロルチョコチョコっとやってみよう | 2005/01/29 11:04 PM |
なんと、『ラ・トゥール展』ですよっ!
「ジョルジュ・ド・ラ・トゥール展」 国立西洋美術館 3月8日(火)〜5月29日(
| 余は如何にして道楽達人になりしか | 2005/02/11 11:51 PM |
旅の絵本 2巻 P.17
左下 マグダラのマリアに足に香油を塗ってもらうイエスがいます。 ある町でイエスが食卓についていると、罪深い女が入ってきて、イエスの足元に伏して泣き出します。その涙でぬれたイエスの足を自らの髪でぬぐい、足に口づけをして香油を塗ります。イエスはその女に
| 「旅の絵本」を旅しよう | 2005/02/24 9:38 PM |
今日の国立西洋美術館2005年2月12日
国立西洋美術館 公式サイト 特別展は、「ジョルジュ・ド・ラ・トゥール」やってました。でもね、全然興味無いんだよね。だから、無駄なお金は出さずに常設展のみ見てきました。ここだけじゃないけど、美術館や博物館って新奇の物珍しさで入場者を釣って人数を増やそう
| 叡智の禁書図書館 | 2005/02/25 8:09 PM |
Georges de La Tour
ジョルジュ・ド・ラ・トゥール展フランスの画家、Georges de La Tour の数少ない絵が来週から上野で鑑賞出来る。フェルメールのように、世に出ている絵の数が少ないことでも有名なラ・トゥールの絵は、やっぱり光と闇がテーマ。展示作品の数の多さでは、例を見ないほ
| Monologue | 2005/03/01 6:55 PM |
ラ・トゥールの絵を見に行くぞ! 2
「ラ・トゥールの絵のポスターを見てウタ・フリスの本を紹介する」というものすごい「
| おやじの戯言 | 2005/03/14 5:55 AM |
【お知らせ】

↑単眼鏡紹介記事書きました。

おかげさまで重版となりました!


いちばんやさしい美術鑑賞』 (ちくま新書)


編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 感動の余韻を味わう』(世界文化社)12月に発売となりました。


編集・執筆を務めた『フェルメール会議』10月2日発売です!

編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 素敵な時間を楽しむ』(世界文化社)好評発売中です。


青い日記帳(編集)『美術展の手帖』小学館より発売中です。


青い日記帳「出前ブログ」


gooいまトピ連載中

朝日マリオン・コム「ぶらり、ミュージアム」

びゅうたび連載中


山下裕二&井浦新トークショー


青い日記帳コラボグッズ

「展覧会に出かける前に準備しておきたい5つのこと。」

「展覧会を何十倍も楽しむために心がけたい5つの秘訣。」

フェルメールへの招待
國學院大學文学部教授の小池寿子先生監修。不肖私(Tak)が編集と一部執筆しました。詳細はこちら

【展覧会レビュー】
「2018年 展覧会ベスト10」
かみさんが選ぶ「2018年 展覧会ベスト10」
プロが選ぶ「2018年 ベスト展覧会」
読んでおきたい10冊のアート関連本

パリ行って来ました
オランダ行って来ました
 

BLUE HEAVEN(本館)

『文藝春秋』に寄稿しました。

『AERA』に載りました。

「マウリッツハイス美術館展公式ガイドブック」編集・一部執筆しました

「ザ・シネマ」に寄稿しました。

トークショーに出演しました

日経に掲載されました

朝日新聞に掲載されました

再び日経に掲載されました

「美連協ニュース」寄稿

『アートコレクター』で紹介されました

Yahoo!カテゴリ絵画に登録されました

+ CATEGORIES
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
+RECOMMEND
  
ロマネスク美術革命 (新潮選書)
ロマネスク美術革命 (新潮選書) (JUGEMレビュー »)
金沢 百枝
11~12世紀のロマネスクこそは、ヨーロッパ美術を大きく塗りかえる「革命」だった。宮廷文化から民衆文化への流れのなかで、知識より感情を、写実よりかたちの自由を優先する新たな表現が、各地でいっせいに花ひらく。古代ギリシア・ローマやルネサンスだけがスタンダードではない。モダン・アートにも通じる美の多様性を、豊富な図版を例に解きあかす。
+RECOMMEND
  
『フェルメール展』公式ガイドブック (AERAムック)
『フェルメール展』公式ガイドブック (AERAムック) (JUGEMレビュー »)
朝日新聞出版
記事書いています。是非お手に取ってみて下さい。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
若冲の描いた生き物たち
若冲の描いた生き物たち (JUGEMレビュー »)
小林 忠,小宮 輝之,湯浅 浩史,佐々木 猛智,本村 浩之,秋篠宮 文仁
若冲と学研がコラボした画期的な若冲本!レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
叢 小田康平の多肉植物
叢 小田康平の多肉植物 (JUGEMレビュー »)
小田 康平
「人の間にあるサボテン−自由な美しさ、見たことのないトーン。自然と人との関わり、その不思議を小田康平さんは知っている。とても豊かだ」レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ)
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ) (JUGEMレビュー »)
岡田 裕子,阿部 謙一,松下 学
現代美術家岡田裕子が主宰、会田誠顧問による謎の人形劇団「劇団★死期」の伝説の公演を小説化。アートの知識を楽しく学べる児童文学。

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
名画のネコはなんでも知っている
名画のネコはなんでも知っている (JUGEMレビュー »)
井出 洋一郎
ゴッホ、ミレー、ゴーギャン、ゴヤ、ルノワール、歌麿、北斎、国芳などの天才画家たちの思想を、まさかのネコ目線でひも解く、新感覚な名画解説書。
+RECOMMEND
  
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ) (JUGEMレビュー »)
オノユウリ
アートに囲まれて働く美術館学芸員。優雅な職業のイメージだけど、実際は日々、ドタバタの連続なのです!? 展覧会の舞台裏から、学芸員のお仕事のリアルまで。美術館の知られざる一面を描くコミックエッセイ!
+RECOMMEND
  
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556)
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556) (JUGEMレビュー »)
山本 聡美
腐敗し白骨化してゆく亡骸の様子を克明に描く「九相図」。仏教とともに伝来し、日本に深く根を下ろしたこの図像には、生と死、そして肉体の無常をめぐるいかなる想いが秘められているのか。豊富な図版とともに探る。
+RECOMMEND
  
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル)
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル) (JUGEMレビュー »)
谷口 ジロー
ルーヴル美術館とビッグコミックオリジナルの共同企画。オールカラー豪華版。
+RECOMMEND
  
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス)
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス) (JUGEMレビュー »)
黒田 いずま
美術館で働く学芸員の近江さん。個性豊かなメンツが解説、展示、監視などの仕事を通して、日々様々な工夫をしながら楽しく来館者をお出迎えする日常をユーモラスかつ鋭いツッコミで描いた作品。
+RECOMMEND
  
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡 (JUGEMレビュー »)

普段は単眼鏡で済ませていますが、どうしても隅々まで観たい作品の場合はこの双眼鏡を使ってます。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書)
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書) (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
美術史の実践方法が最後にまとめられています!世界が変わる、名画の見方。前作「西洋美術史入門」からさらに一歩奥へ。池上英洋 著

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection)
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection) (JUGEMレビュー »)
川端 康雄,加藤 明子
夏目漱石をイチコロにしたウォーターハウスの文学性と蠱惑的な魅力を余すところなく紹介!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福 (JUGEMレビュー »)
池永康晟
日本画の異才“池永康晟”がベールを脱ぐ!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
すゞしろ日記 弐
すゞしろ日記 弐 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
画家・山口晃のエッセー漫画第2弾。

面白きことも無き世を、面白く!

画家・山口晃の“どーでもいいけど楽しげなこと”満載
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫)
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
宮下規久朗
宮下規久朗先生の最新刊!絵画に描かれた代表的な「モチーフ」を手掛かりに美術を読み解く、画期的な名画鑑賞の入門書。カラー図版150点を収録した文庫オリジナル。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工 (JUGEMレビュー »)

「これ一冊で日本美術を鑑賞する際の知識が全て揃う」
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
アイテムで読み解く西洋名画
アイテムで読み解く西洋名画 (JUGEMレビュー »)
佐藤 晃子
西洋絵画を鑑賞する際に必要となる宗教画,神話画の50のアトリビュートを紹介。ありそうで無かった絵画ファン待望の一冊。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術鑑賞手帳
美術鑑賞手帳 (JUGEMレビュー »)

美術鑑賞の楽しみをさらに広げるこれまでになかった手帳です。ミニガイドと書き込み式の鑑賞の記録ページが一緒に。

自分もお手伝いさせて頂きました。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
画家の食卓
画家の食卓 (JUGEMレビュー »)
林 綾野
画家たちが楽しんだ26のレシピを再現。クレー、フェルメール、セガンティーニ、メムリンクの暮らしと創作現場を巡る旅。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い (JUGEMレビュー »)
サンディ ネアン
とかく扇情的に扱われる美術品盗難。だが実際は、麻薬や犯罪に絡む危険な裏社会と結びつく場合が多い。事件に巻き込まれた学芸員の立場からその実態を訴え、問題点を考察する一書。 レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
江戸の献立 (とんぼの本)
江戸の献立 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
福田 浩,松井 今朝子,松下 幸子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻))
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻)) (JUGEMレビュー »)
長岡 龍作
法隆寺金堂内陣は、普段は大変暗い上に太い円柱に加え、金網が廻らされており、その詳細はなかなか見ることができません。今までに撮影された写真も鮮明さということでは満足のゆくものではありませんでした。今回は最新の撮影技術により、南面(正面)のみならず、北面(背面)からも撮影。その結果、全く見たことがない写真を目の当たりにすることになりました。仏像の質感と量感、豊かな色彩に感嘆し、感動をおぼえる一冊となっています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
山口晃 大画面作品集
山口晃 大画面作品集 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
8年ぶり、待望の最新作品集。11月26日発売!予約しないと!!

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本)
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
山本 勉,ヤノベ ケンジ,橋本 麻里,みうら じゅん
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
知識ゼロからのキリスト教絵画入門
知識ゼロからのキリスト教絵画入門 (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
池上英洋先生が易しく紐解く『聖書』の世界。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
芸術家の家: 作品の生まれる場所
芸術家の家: 作品の生まれる場所 (JUGEMレビュー »)
ジェラール=ジョルジュ ルメール,ジャン=クロード アミエル
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
フェルメールへの招待
フェルメールへの招待 (JUGEMレビュー »)

不肖・私がフェルメール30作品の解説執筆と全体の編集に携わった一冊です。オールカラーB5版。96ページから成る、これまでにないフェルメールパーフェクトガイドです。主に「フェルメール初心者」に向け丁寧に噛み砕いた表現で綴られているので、美術の専門用語を知らずともフェルメール作品について一通りの知識を得ることが出来ます。

お手に取って頂ければ幸甚です。よろしくお願い致します。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件 (JUGEMレビュー »)
レニー ソールズベリー,アリー スジョ
来歴さえあれば、たとえ贋作でも「ほんもの」になる。詐欺師は驚くべき方法で美術史を捏造した。美術界を震憾させた事件を追うドキュメンタリー。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース)
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース) (JUGEMレビュー »)
林 綾野
林綾野さんの待望のフェルメール本!レビュー&インタビュー→こちら
+RECOMMEND
  
ヴァチカン物語 (とんぼの本)
ヴァチカン物語 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
塩野 七生,藤崎 衛,石鍋 真澄
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
野兎の眼
野兎の眼 (JUGEMレビュー »)
松本 典子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105 (JUGEMレビュー »)

掌に収まる単眼鏡は、必要なときにサッとポケットなどから取り出して使える便利な、美術館・博物館必須アイテム。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術のことば案内
日本美術のことば案内 (JUGEMレビュー »)
日高 薫
レビュー→こちら
日本美術鑑賞の際に、よく出てくる言葉を満載。絵画、彫刻、工芸品などの具体的な写真をふんだんに使い紹介
+RECOMMEND
  
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS


このページの先頭へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...