青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< Lunchtime reception to meet F1 Driver, Takuma Sato | main | 「モディリアーニ展@国立新美術館」ミュージアムショップスタッフ募集!! >>

「D&AD賞2007」展

カレッタ汐留内にあるアド・ミュージアム東京で開催中の
英国デザイン・広告賞「D&AD賞 2007展:広告とデザイン−その卓越したクリエーティブ」に行って来ました。



英国で最も権威のあるデザイナー、クリエーターの団体「D&AD」が毎年世界で最も過ぐれた広告作品に与える栄誉ある賞がD&AD賞だそうです。

このD&AD賞、受賞作品を日本で初めて展示公開する展覧会が、英国デザイン・広告賞「D&AD賞 2007展:広告とデザイン−その卓越したクリエーティブ」

英国本国では、毎年世界58カ国から約23,000点もの応募がある国際的デザイン賞だそうです。その審査対象部門は幅広く「広告コピー、アート・ディレクション、グラフィックデザイン、環境デザイン、音楽、ビデオ、ブランディング、デジタルメディアなど30項目」にも及ぶとか。

今回は2007年のノミネート作品と受賞作品が展示されています。


賞には二種類。D&ADの最高賞である「ブラック・ペンシル」また卓越したクリエーティブに贈られる「イエロー・ペンシル」があるそうです。

それぞれ展示されているパネル等に小さな黒い鉛筆マークなどが付いています。
因みに今回の両賞の受賞作品はこちら

↑クリックでサイトに飛びます。
8作品のうち2つが日本の広告です。
電通さんなのかな?当然か。ここ電通博物館ですしね。

さて、自分が審査員だったらまず間違いなくこの広告にブラック・ペンシル賞を与えていたはず。とっても洒落ているでしょ。夢もあるし。ついでに懐かしさも。








DHL「エア・メール」というタイトルの広告。
タイトルもシンプルで軽妙洒脱。


「D&AD賞 2007展」は4月5日までです。
【アド・ミュージアム東京】 アクセスマップ

平日:11時〜18時30分  土曜・祝日:11時〜16時30分
休館日:日曜日・月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は火曜日)

D&AD公式サイト

因みにこの展覧会もUK-Japan2008の一環で開催されているものです。
UK-Japan2008は、2008年1月から12月に開催される様々な公認イベントや活動を通じて、芸術、科学技術、クリエイティブ産業の分野で創造性あふれる現代の英国をご紹介するとともに、日英間のコラボレーションの活性化と両国のさらなる発展をめざす催しです。


おまけ
ドイツのシュテーデル美術館で開催2005年に開催された
「Senses and Sins−Dutch Painters of Daily Life in the Seventeenth Century」と言う名の展覧会のチラシです。

jacob ochtervelt

ヤコブ・オクテルフェルトの作品の一部を用いています。
書かれている文字がふるっています「Breakdance 1660

こういう展覧会のチラシが日本に登場するの何年先でしょうね。
この展覧会にはフェルメールの作品6点が出展されていました。
詳しくはこちらで→「Senses and Sins

今夜は打ち上げがあり、へろへろに酔っ払っているので
この辺でご勘弁を。韓国料理旨かったな〜

ということで「今日の美味」はこちら


「前菜」だけでお腹いっぱいです!
冨ノ家(千葉県市川市八幡1-11-13)


検索連動型広告を成功に導くSEM戦略  費用対効果を最大化する魔法のキーワードの見つけ方
検索連動型広告を成功に導くSEM戦略 費用対効果を最大化する魔法のキーワードの見つけ方
紺野 俊介


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1321

JUGEMテーマ:アート・デザイン


「アド・ミュージアム東京(ADMT)」では、世界中の優れた広告作品をご紹介するために、年間を通じて著名な広告賞展を多数開催しています。今回ADMTでは、英国で最も権威あるデザイナーとクリエーターの団体であるD&ADの協力を得て、日本で初めて「D&AD賞2007展:広告とデザインする国際的なデザイン・広告賞であり、その審査の厳しさには定評があります。そしてD&ADが掲げるFor Excellence, For Education, For Enterprise and not for profit.というスローガンに、その意識の高さが示されているのではないでしょうか。折から2008年には、駐日英国大使館とブリティッシュ・カウンシルが推進するUK-JAPAN 2008が年間を通じて展開されます。これは、英国の芸術・科学・クリエーティブに対する理解を深めるためのキャンペーンであり、本展はその公認イベントとして認定されています。英国発の世界のデザイン・広告賞、D&AD賞に是非ご注目ください。

展覧会 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

またまた面白そうな展覧会を。。

「エアー・メール」のやつ昔見たような気がする。
レイ | 2008/03/12 12:51 AM
@レイさん
こんばんは。

これチェックしていたんです。
この為だけに汐留行ってきました。

「エア・メール」確かにどこかで見たかもしれません。
しかしDHLの割り切り具合がいい感じです。
Tak管理人 | 2008/03/12 11:44 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック