青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「建築の記憶」展 | main | 「桜さくらサクラ・2008」展 >>

「本城直季 small planet」

Paul Smith SPACE Gallery(ポール・スミス・スペース・ギャラリー)で開催中の
「本城直季 small planet」展に行って来ました。



子どものころ楽しんだNゲージのジオラマを想起させるような写真です。
↑の写真はロンドンのキングス・クロスを実際に撮影したもの。
決して作りものやジオラマを撮影したわけではありません。

実際の風景をまるでミニチュアのように撮影する本城氏の作品は
写真に興味がない人まで振り向かせた功績が称えられます。

昨年、第32回木村伊兵衛写真賞を受賞してしまった為
一躍「時の人」となってしまった本城氏。
ご本人としてはもう少しひっそり活動していたかったのでは。

「木村伊兵衛写真賞」を朝日新聞社が主催しているせいもあり、
本城氏が受賞したことに読売新聞が朝刊の紙面で非難したりと
本城氏を取り巻く環境も一変してしまったのでは。

興味関心が非常にあったので大事にその読売朝刊保存しておいたはずなのに、こうした肝心な時に行方不明に。。。代わりにこちらのブログで。

今回ポール・スミス・ギャラリーでも販売されている本城氏の写真集「small planet」 amazonの「この商品を買った人はこんな商品も買っています」の欄を見ても、同じような手法で撮影している写真家さんは国内外に多くいらっしゃること分ります。レントゲンの長塚秀人氏だってそのひとり。

Miklos Gaal: Sightseeing Tour
Miklos Gaal: Sightseeing Tour
Miklos Gaal

などなど、あれこれと雑音の多く聞かれる写真家さんですが
そんなことはもろともせずに、今回も突っ走っています。
良いですね〜若いって。まだ30歳くらいかな、彼。

ギャラリー内で流れていたビデオではお髭を蓄え、少し貫禄まで出てきた様子。
それもそのはず、ポール・スミスさんご自身に気に入られロンドンで個展を
開催しちゃったのですから。Paul Smith 9 Albemarle Street 「small planet」
Naoki Honjo exhibits his new work at 9 Albemarle Street

昨年ロンドンで開催されたこの個展のいわば凱旋帰国展。
今回はスペースの関係で展示作品は7点。



7点と言っても一枚の作品が大きい!
「どれくらいあるのですか?サイズ」と伺うと
超イケメンなギャラリー担当のT氏が洋服のサイズを測るメジャーで
縦横の大きさを実測して下さいました。この光景ナイスでしたよ〜

で、サイズですが縦約129cm、横約157cm(額入り)
うちの狭い部屋に飾るのはちょいと無理。
でも欲しいな〜一枚。非売品でミニチュアのようなポール・スミス氏が自転車にまたがっている作品がありました。これくらいのサイズならな〜


3階にあるギャラリーはテラスと直結。

価格も木村伊兵衛写真賞とった人気のある写真家さんにしてはお安い方かと。
因みに一枚の作品にそれぞれエディション1〜5まであり、全て同じものですが
エディションナンバーが若い方が安く価格設定してあります。

エディション1と5では倍くらいの価格の開きがあります。
早い者勝ちってところでしょうか。
因みにキングス・クロスの写真はすでに完売していました。


テラスで日向ぼっこしギャラリーを眺める。

尚、今回の作品は全て展覧会用にロンドンでの撮りおろした作品。
ヘリコプターに搭乗し空撮したものだそうです。

ハリー・ポッターがマグルの世界で暮らしている家を撮影したのでは?と思わせる作品などどれも念入りに撮影場所を選び、お日さまの位置までしかっり計算に入れ撮影された不思議な作品ばかり。

作りものではなく、実際の人々や家々だと分っていても中々頭が追いついてくれません。それより先にミニチュアの世界の住民になった方が早いかも。


Paul Smith SPACE GALLERY
東京都渋谷区神宮前5-46-14 3F 水曜日定休 / 11:00-20:00


本城さんお次は、
ホグワーツ魔法魔術学校恒例の「クィディッチ」の試合風景でも是非。

「本城直季 small planet」展は3月23日までです。
↓展覧会会場でも販売されていたバカ売れ写真集。
small planet
small planet
本城 直季

おまけ:こんなものあります。
「本城直季」風ミニチュア写真を作り出すソフト

おまけその2
ギャラリー内の壁にひっそりと、本城直季氏のサインが!

右が本城氏のサイン。左は映画『コントロール』のアントン・コービン

おまけその3
イギリスと言えば絵本作家ターシャ・テューダー
「ターシャ・テューダー展」現在銀座松屋銀座で開催中。
そのターシャの庭にも今丁度咲いているであろう花クリスマスローズ
ポール・スミスの隠れ家的お店の花壇にもちゃんと咲いていました。



それでは最後に「今日の美味


アンリ・シャルパンティエの新作ケーキ「オゼ・モワ
イチゴ、リンゴ、パイナップル、そして緑の物体は…そうキュウリ。
「オゼ・モワ」とは「思い切って食べてみて」という意味だそうです。
思い切りました。旨かったです。キュウリの味気になりませんでした。
これとは大違い。


泣きの一枚
ポラロイド風にアレンジしてみました。

奥がポール・スミス・スペース・ギャラリーです。

UK-JAPAN 2008

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1326

JUGEMテーマ:アート・デザイン


Paul Smith SPACE GALLERYでは、UK-JAPAN2008のキックオフイベントとして、2008年1月26日から3月23日まで、フォトグラファー本城直季によるフォトエキシビション『small planet』を開催します。人物や建造物をミニチュアのように撮影する独特の手法を用いた作風で知られる本城直季が Paul Smithのために特別に撮り下ろしたロンドンの風景や、ポール・スミス本人が登場するポートレート作品が展示・販売されます。
人物や建造物をミニチュアのように撮影する独特の手法を用いた作風は、日常の風景をまったく新しいものに印象付けます。今回撮り下ろした作品は、ロンドンのランドマークやシンボルをまったく新しい形で映し出しています。「人の手によって作られた都市の差異を実感したい」という本城直季の作品は、見る側に錯覚を与え、まるでミニチュア模型のように見える街並みは新しい発見を私達に与えてくれます。
『small planet』は今後世界各国のPaul Smithのショップを巡回予定。ロンドンでは2007年9月28日から10月12日にPaul Smith 9 Albermale Streetショップにて開催され、イギリス国内で高く評価されました。

「ロンドン市内をロケハン中に偶然にもポール・スミスのショップに出くわした。うっかりすると見過ごしてしまいそうな存在だがどの店舗も既存建築の外観を活かしそれぞれに特色があり個性的であった。高いところから街を俯瞰するとその街を構成している様々な背景が見えてくる。歴史や地理や風土や文化、そして社会政策……。それらはその街をかたちづくっている構成要素だ。今回の空撮でも、僕は都市がもっているその街の差異を実感した。そしてロンドンが好きになった」


展覧会 | permalink | comments(8) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

網羅するジャンルが幅広く、いつも参考になります。
写真集を本屋でパラッと眺め、購入しなかったものの、
記憶の隅に残っている作品ではありましたから、
今回個展では大判サイズ作品が拝見できるということで、
是非今週末辺りに足を運んでみようと思います。

今は風景写真を撮りまくって、「本城直季」風写真作成ソフトで遊ぶのが楽しみです。
なかよし | 2008/03/17 6:55 AM
Paul Smith SPACE Gallery×「small planet」
niceなコラボですね。こういう情報発信してくれるから見逃せません。
Takさんの視点もギャラリーの風景、そして咲く花にも愛をかけているから心憎いですね。クリスマスローズも鑑賞してきます。
panda | 2008/03/17 12:36 PM
面白い写真ですね〜
ミニチュアだと思いましたよ。

キュウリ!
ケーキにキュウリ!?
「思い切って食べてみて」
思いきり、確かに必要そうです(^o^)
でも、思い切った甲斐があったんですね。
アンリのはシュークリームしか食べたことないけど
美味しいですよね。
今度ケーキも食べてみます☆
サッチャン | 2008/03/17 4:56 PM
@なかよしさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

本城さんのこの個展、もっと早くいくはず
だったのですが、行こうとすると邪魔が入り…
実はあまり今までも相性よくありません。
でもこれを機に改善!

写真はいつまでたっても上手くなりませんが
パシャパシャと撮影することだけは好きです。

@pandaさん
こんばんは。

クリスマスローズは入って左脇の花壇に
ひっそりと咲いています。この時期他の
花が少ないので下向きでも目を惹きます。
ショップ内も誘惑するものいっぱい!
出てくるのに一苦労でした。

@サッチャンさん
こんばんは。

でしょう〜
で、実際に目にしてもなかなか信じられません。
影の付け方とか絶妙です。

野菜をケーキに用いるの
流行っているとか。。。
このケーキ自分が選びました。
キュウリの味はせずに
さっぱりとした甘さで
とても美味しくいただきました。

おススメです!
Tak管理人 | 2008/03/17 6:53 PM
キュウリが入っているケーキ。初めて見ました!!
オゼ・モワという名がつくのも、
なんとなく納得かも(笑)
キュウリ。薄くスライスされていたのでしょうか?
コンドル | 2008/03/17 11:29 PM
@コンドルさん
こんばんは。

薄くスライスされていてマリネされているので
歯ごたえはキュウリですが味はさほどしません。
野菜系のケーキが流行っているとかいないとか。
いちどチャレンジしてみて下さい!
Tak管理人 | 2008/03/18 10:24 PM
あ〜、この方、以前トップランナーで見てずっと気になってました。。
行きたかった〜〜
圭 | 2008/03/29 10:59 AM
@圭さん
こんばんは。

今店頭で並んでいる雑誌
Numero TOKYO(ヌメロ トウキョウ)14号に
本城氏が撮影した丸の内の写真が大きく掲載されています!
Tak管理人 | 2008/03/30 1:18 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック