弐代目・青い日記帳 

  
TB&リンク大歓迎です!
INAXが作った伊藤若冲 鳥獣花木図屏風
去る4月3日から6日まで東京国際フォーラムで開催された「東京アートフェア2008



異常なまでの盛り上がりを見せたアートフェア会場隣の展示ホール2で時を同じくして「INAX新商品&リフォームフェア2008」を開催していました。


ちょこっと会場内を覗いてみようかな〜と思ったが早いか、プライスコレクション 伊藤若冲作とされる「鳥獣花木図屏風」が目に飛び込んできました。


詳しいことは分かりませんが、セラミック製のジュエリーモザイクタイルによって見事再現された「鳥獣花木図屏風」は迫力満点。入口で訪れた多くのお客さんを出迎える大役を担うに十分。


「風神雷神図屏風」も同じように再現され隣に置かれていましたが、若冲作品の注目度の高さは圧倒的。何なのでしょう一体…


アメリカ、カリフォルニアにあるプライス邸のお風呂も枡目描きによる「鳥獣花木図屏風」が壁にタイルでしつらえてあること雑誌等で拝見したことあります。

そのプライス邸にあるお風呂を実際に見たことありませんので、比較は本来不可能なのですが、多分(きっと)INAXのセラミックタイルによるものの方が何十倍もきめ細やかで丁寧な作りになっていることでしょう。



こういった細かな仕事は日本人の専売特許。
白象さん拡大してみると…


「本物」より細かく作られているのではないでしょうか。
因みにこちらは「BLUTUS若冲特集」の表紙に使われた「鳥獣花木図屏風」


違いは一目瞭然。
INAXさんクオリティ高過ぎです。びっくり

さて、さて
以前Aikuさんから教えていただいたこちらの本。発売になったようです。

若冲を塗ろう―あなたの手でよみがえる江戸の桝目画 静岡新聞社
江戸時代中期、ユニークな技法「枡目画き」を編み出し、カラフルな色彩で斬新な作品を生み出した伊藤若冲ってどんな人?そして、モザイクのような画は一体どのようにして描かれたのか?はじめての人も安心、水彩色鉛筆もマスターできる伊藤若冲塗絵本。


伊藤若冲「樹花鳥獣図屏風」静岡県立美術館所蔵

それとこちらも!要チェック!
合わせてクリックしてしまいました。手元に届くのが楽しみ楽しみ。
動物奇想天外-江戸の動物百態〔大江戸カルチャーブックス〕 内山淳一
江戸時代には多種多様な動物が中国船やオランダ船に乗ってやってきたが、なかでも人気が高かったのが象と駱駝といわれている。この時代、出自も経歴も多彩な作家が輩出し、個性的な画風を競い合った。
若冲のマス目書きによる「樹花鳥獣図」、応挙の「雲竜図」、芦雪の「虎図」、擬人化に特異な才能を見せた北斎に国芳など、これらの多彩な才能が花開き、様々に描いた動物画のワンダーランド。



おまけ:紀里谷さん元気かな〜


PV中に登場するこの白象さんが一番可愛らしい。

カワイイと言えばプライスコレクション展で売っていた
若冲ルービック・キューブ

未開封のままです。。。


伊藤若冲 鳥獣花木図屏風 山下 裕二

【鳥獣花木図屏風:関連エントリー】
- 弐代目・青い日記帳 | プライス展の伊藤若冲
- 弐代目・青い日記帳 | jakuchu 落札!
- 弐代目・青い日記帳 | 松濤美術館での若冲展
- 弐代目・青い日記帳 | 秋風の草葉そよぎて吹くなへに...
- 弐代目・青い日記帳 | 有料プラン「JUGEM PLUS」に入ったので。
- 弐代目・青い日記帳 | 来年1月六本木に宗達、応挙、蘆雪、蕭白そして若冲 ...
- 弐代目・青い日記帳 | プライスコレクション 「若冲と江戸絵画」展
- 弐代目・青い日記帳 | 「国宝「随身庭騎絵巻」と男(をとこ)の美術展」
- 弐代目・青い日記帳 | 伊藤若冲「白象群獣図」
- 弐代目・青い日記帳 | 「若冲と京の画家たち」展
- 弐代目・青い日記帳 | ニンテンドーDSで塗り絵?!
- 弐代目・青い日記帳 | 途中結果「動植綵絵」人気投票
- 弐代目・青い日記帳 | 「花鳥ー愛でる心、彩る技〈若冲を中心に〉展」第3期


問題:この記事の中に白象さん何頭登場したでしょうか?
(タイトル「若冲の白象」にしようかな・・・)

そうそう、この日同じく東京国際フォーラムでミス・ユニバース日本代表を決める最終選考会「2008ミス・ユニバース・ジャパン」が開催されていました。

ちゃっかり写真だけは撮ってきました。

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1352

JUGEMテーマ:アート・デザイン


| その他 | 23:56 | comments(7) | trackbacks(0) |
こんばんは
INAXさんってホントに素敵です。
ギャラリーのタイルにスリスリ擦り寄るのも好きなわたしです。こういうときに実力がわかるというか・・・
でも考えたら、目地のお掃除がたいへんそうです。

これとは関係ないですが、今京都近代美術館で秋野不矩さんの展覧会がありまして、こちらの毎日新聞夕刊に山口先生のコメントなどがあり、イケメンだな〜♪と思いながら楽しく読みました。
| 遊行七恵 | 2008/04/12 12:03 AM |

Takさん、お知らせいただきありがとうございます!
私、これ観たいです。
それでね、INAXさんのHP調べたんですよ。
そうしたら「INAX新商品&リフォームフェア2008」は全国のショールームで順に開催されるのに、名古屋だけ、名古屋だけ〜〜
6月13日まで全面改装で休館でした、メソメソ。
地元企業さんなので、いつか観られることを期待しつつ、いまはTakさんの画像で我慢の子です。
| ほんのわ | 2008/04/12 11:05 AM |

@遊行七恵さん
こんばんは。

素敵でしょ!
エスカレーター下りながら
これがちらっと見えたので
わがまま言って入らせてもらいました。
ちゃっかりお土産まで頂戴。

秋野不矩さんの展覧会webで見て
いいな〜いいな〜と思うばかり
山口晃さんコメント寄せていましたか。
最近よく京都へ行っていらっしゃるようですからね。

@ほんのわさん
こんばんは。

意地でもそうすると
観たくなるものですよね。
どうしましょう、遠征します?!
(悪魔のささやき)

東京でもまたみられるのかな。
サイトチェックしてみます。
この時はじっくり見る時間が
なかったもので。

プライスさんにも見せてあげたいですね。
| Tak管理人 | 2008/04/12 11:19 PM |

こんにちは。ハバタンです。
京都にいらっしゃるのなら当然「河鍋暁斎」展にも行かれますよね?12日行ってきたのですが、バラエティー豊かな楽しい展示でした。擬人化した蛙がサイコー。(笑)
もう一度行こうと思っております。
ただ、前回の狩野永徳展にくらべ、いまいち宣伝が少ないのか会場は入場制限もなく「ほどよい混雑」?でした。
| ハバタン | 2008/04/15 11:32 AM |

@ハバタンさん
こんばんは。

河鍋暁斎展はちょっと行けそうにありません。
残念ながら。
今年の初めに成田山で開催された展覧会で
今回京博に出る作品も何点か見たので
それでいいかな〜とやせがまんしています。

空いていましたか。でも観られる時に
観ておくのは大切ですよね。若冲もそうでした。
| Tak管理人 | 2008/04/16 10:16 PM |

Inaxへ紹介しました。
なにせ静岡ではカタログをおくだけとのことでしたので。

(解答内容)
お問合せの「鳥獣花木図屏風モザイクタイル画」は5月24・25日INAX米子ショールーム(鳥取県米子市両三柳5484)のオープニングでご覧頂くことができます。その後はまだ未定ですが岐阜県土岐市の工場に保管される予定です。日程のご確認が条件となりますが工場でもご覧頂くことは可能です。
| Aiku | 2008/04/23 7:37 PM |

@Aikuさん
こんばんは。

お問い合わせのお返事掲載していただき
助かります。ありがとうございました。

工場での見学ってなんだか
社会科見学のようでわくわくしますね。。。
行ってみたいな〜
工場で若冲!
| Tak管理人 | 2008/04/24 11:36 PM |










http://bluediary2.jugem.jp/trackback/1352

Bunkamura25周年企画「オープン!ヴィレッジ」開講!



青い日記帳「出前ブログ」連載中


朝日マリオン・コム連載中


山下裕二&井浦新トークショー


青い日記帳コラボグッズ




フェルメールへの招待
國學院大學文学部教授の小池寿子先生監修。不肖私(Tak)が編集と一部執筆しました。詳細はこちら

【展覧会レビュー】
山口晃 平等院養林庵書院奉納襖絵
岡田美術館開館記念展「日本・東洋 美の遺産展」
漫画家・井上雄彦×建築家・ガウディの展覧会
「Traces of Disappearance」
「コンダンサシオン:アーティスト・イン・レジデンス展」
「バルテュス展」アートディレクション
「ミラノ ポルディ・ペッツォーリ美術館 華麗なる貴族コレクション」
「非日常からの呼び声 平野啓一郎が選ぶ西洋美術の名品」
国立美術館初のジュエリー・コレクション「指輪展」
「超絶技巧!明治工芸の粋」
「ニコラ ビュフ:ポリフィーロの夢」
「ティム・バートンの世界展」開催!
「描かれたチャイナドレス」
「バルテュス展」
「バルテュス最後の写真 −密室の対話」
「デュフィ展」
「ヴァロットン展」
「ミッション[宇宙×芸術] 」
行くぜ、東北!東日本大震災復興支援 ゴッホの《ひまわり》展
「バレエ・リュス展」
「現代美術のハードコアはじつは世界の宝である展」
「徒然草―美術で楽しむ古典文学」展
「台北 國立故宮博物院展」
「イメージめーかー展」
「キネティック・アート展」
「オルセー美術館展」
「太古の哺乳類展」
「指輪展」
特別展「ガウディ×井上雄彦」
「宇宙博 2014」
「アート・スコープ2012-2014」
プロが選ぶ「2013年 ベスト展覧会」
かみさんが選ぶ「2013年 ベスト展覧会」


パリ行って来ました
オランダ行って来ました
 

BLUE HEAVEN(本館)

『文藝春秋』に寄稿しました。

『AERA』に載りました。

「マウリッツハイス美術館展公式ガイドブック」編集・一部執筆しました

「ザ・シネマ」に寄稿しました。

トークショーに出演しました

日経に掲載されました

朝日新聞に掲載されました

再び日経に掲載されました

「美連協ニュース」寄稿

『アートコレクター』で紹介されました

Yahoo!カテゴリ絵画に登録されました

+ CATEGORIES
moon phases
 
   
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
「農民画家」ミレーの真実 (NHK出版新書 427)
「農民画家」ミレーの真実 (NHK出版新書 427) (JUGEMレビュー »)
井出 洋一郎
ミレー研究の第一人者・井出洋一郎先生が解き明かす画家の素顔。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書)
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書) (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
美術史の実践方法が最後にまとめられています!世界が変わる、名画の見方。前作「西洋美術史入門」からさらに一歩奥へ。池上英洋 著

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection)
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection) (JUGEMレビュー »)
川端 康雄,加藤 明子
夏目漱石をイチコロにしたウォーターハウスの文学性と蠱惑的な魅力を余すところなく紹介!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福 (JUGEMレビュー »)
池永康晟
日本画の異才“池永康晟”がベールを脱ぐ!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
フライヤーのデザイン - 人を集めるチラシのアイデア
フライヤーのデザイン - 人を集めるチラシのアイデア (JUGEMレビュー »)

美術展・展覧会 / 演劇・ダンス / 映画 / 音楽イベント / フェスティバル・マルシェのフライヤーを紹介。
+RECOMMEND
  
kotoba (コトバ) 2014年 01月号 [雑誌]
kotoba (コトバ) 2014年 01月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

集英社より年に4回刊行されている季刊「誌集英社クオータリー『kotoba』」の最新号の特集は“美術館”です!
+RECOMMEND
  
すゞしろ日記 弐
すゞしろ日記 弐 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
画家・山口晃のエッセー漫画第2弾。

面白きことも無き世を、面白く!

画家・山口晃の“どーでもいいけど楽しげなこと”満載
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
OLYMPUS ダハプリズム防水単眼鏡 ギャラリースコープ Monocular I 6×16
OLYMPUS ダハプリズム防水単眼鏡 ギャラリースコープ Monocular I 6×16 (JUGEMレビュー »)

観劇・美術鑑賞・セミナーなどの知的シーンや、コンサート会場・ファッションショーなどで大活躍!
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫)
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
宮下規久朗
宮下規久朗先生の最新刊!絵画に描かれた代表的な「モチーフ」を手掛かりに美術を読み解く、画期的な名画鑑賞の入門書。カラー図版150点を収録した文庫オリジナル。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工 (JUGEMレビュー »)

「これ一冊で日本美術を鑑賞する際の知識が全て揃う」
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
アイテムで読み解く西洋名画
アイテムで読み解く西洋名画 (JUGEMレビュー »)
佐藤 晃子
西洋絵画を鑑賞する際に必要となる宗教画,神話画の50のアトリビュートを紹介。ありそうで無かった絵画ファン待望の一冊。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術鑑賞手帳
美術鑑賞手帳 (JUGEMレビュー »)

美術鑑賞の楽しみをさらに広げるこれまでになかった手帳です。ミニガイドと書き込み式の鑑賞の記録ページが一緒に。

自分もお手伝いさせて頂きました。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
画家の食卓
画家の食卓 (JUGEMレビュー »)
林 綾野
画家たちが楽しんだ26のレシピを再現。クレー、フェルメール、セガンティーニ、メムリンクの暮らしと創作現場を巡る旅。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い (JUGEMレビュー »)
サンディ ネアン
とかく扇情的に扱われる美術品盗難。だが実際は、麻薬や犯罪に絡む危険な裏社会と結びつく場合が多い。事件に巻き込まれた学芸員の立場からその実態を訴え、問題点を考察する一書。 レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
江戸の献立 (とんぼの本)
江戸の献立 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
福田 浩,松井 今朝子,松下 幸子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻))
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻)) (JUGEMレビュー »)
長岡 龍作
法隆寺金堂内陣は、普段は大変暗い上に太い円柱に加え、金網が廻らされており、その詳細はなかなか見ることができません。今までに撮影された写真も鮮明さということでは満足のゆくものではありませんでした。今回は最新の撮影技術により、南面(正面)のみならず、北面(背面)からも撮影。その結果、全く見たことがない写真を目の当たりにすることになりました。仏像の質感と量感、豊かな色彩に感嘆し、感動をおぼえる一冊となっています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
山口晃 大画面作品集
山口晃 大画面作品集 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
8年ぶり、待望の最新作品集。11月26日発売!予約しないと!!

+RECOMMEND
  
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡 (JUGEMレビュー »)

美術館・博物館でじっくり細部まで作品を鑑賞したい時にこれを使っています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本)
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
山本 勉,ヤノベ ケンジ,橋本 麻里,みうら じゅん
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
知識ゼロからのキリスト教絵画入門
知識ゼロからのキリスト教絵画入門 (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
池上英洋先生が易しく紐解く『聖書』の世界。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
芸術家の家: 作品の生まれる場所
芸術家の家: 作品の生まれる場所 (JUGEMレビュー »)
ジェラール=ジョルジュ ルメール,ジャン=クロード アミエル
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
フェルメールへの招待
フェルメールへの招待 (JUGEMレビュー »)

不肖・私がフェルメール30作品の解説執筆と全体の編集に携わった一冊です。オールカラーB5版。96ページから成る、これまでにないフェルメールパーフェクトガイドです。主に「フェルメール初心者」に向け丁寧に噛み砕いた表現で綴られているので、美術の専門用語を知らずともフェルメール作品について一通りの知識を得ることが出来ます。

お手に取って頂ければ幸甚です。よろしくお願い致します。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
贋作に明日はない (創元推理文庫)
贋作に明日はない (創元推理文庫) (JUGEMレビュー »)
ヘイリー・リンド
「そこのは展示品じゃないでしょ。あのオークの木にぶらさがってるのは、死体だってば!」
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件 (JUGEMレビュー »)
レニー ソールズベリー,アリー スジョ
来歴さえあれば、たとえ贋作でも「ほんもの」になる。詐欺師は驚くべき方法で美術史を捏造した。美術界を震憾させた事件を追うドキュメンタリー。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース)
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース) (JUGEMレビュー »)
林 綾野
林綾野さんの待望のフェルメール本!レビュー&インタビュー→こちら
+RECOMMEND
  
ヴァチカン物語 (とんぼの本)
ヴァチカン物語 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
塩野 七生,藤崎 衛,石鍋 真澄
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
野兎の眼
野兎の眼 (JUGEMレビュー »)
松本 典子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105 (JUGEMレビュー »)

掌に収まる単眼鏡は、必要なときにサッとポケットなどから取り出して使える便利な、美術館・博物館必須アイテム。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
喝采―SHIBUYAから
喝采―SHIBUYAから (JUGEMレビュー »)

東京・渋谷の地に複合的な文化施設を築いて20周年を迎えたBunkamura。プレ文化村計画当初から現在までの歩みを辿る。Bunkamuraを彩った人々のインタビューも掲載。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術のことば案内
日本美術のことば案内 (JUGEMレビュー »)
日高 薫
レビュー→こちら
日本美術鑑賞の際に、よく出てくる言葉を満載。絵画、彫刻、工芸品などの具体的な写真をふんだんに使い紹介
+RECOMMEND
  
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS


このページの先頭へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...