青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 冬子と誠 | main | 「コレクションの新地平」 >>

プライス教授の新発見

今朝、NHKのニュースをご覧になられた
ruruさんからメールで教えていただいた情報。

若冲の絵 独自の色変化を発見
鳥や花などを極彩色で描いたことで知られる江戸時代の異色の絵師、伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)のびょうぶ絵に、光の当て方や見る角度によって鳥の羽の色を微妙に変化させる効果が使われているのが見つかり、若冲を研究するうえで、重要な発見として注目されています。
(NHK 04月19日 08時09分)
午前中はこの記事しかアップされていませんでしたが、薬師寺展オフを終え帰宅後検索かけてみると…
若冲の屏風、黒色の鳥が光で変化
プライス嵯峨芸大客員教授が発表

 江戸中期の日本画家、伊藤若冲の研究者で京都嵯峨芸術大客員教授のジョー・プライス氏(78)が19日、京都市右京区の同大学で講演し、若冲の「鳥獣花木図屏風(びょうぶ)」に描かれた黒色の鳥が、光の入る角度と見る位置によって灰色に変化する仕掛けが施されていたと発表した。
 プライス氏は世界的な若冲コレクターとして知られる。今回の発見は、米国の自宅で障子から入る自然光で屏風を眺めていた際、気付いたという。
 講演では色の変化をとらえた映像を初公開し、数多くの動物が描かれたモザイク画の屏風の中で、黒色に描かれた鳥の胴体などが、微妙に灰色へ変わる様子を紹介した。
 プライス氏は「科学的な解明はこれからだが、偶然ではなく、何か意図的なものを感じる」とした上で、「若冲は自然崇拝ともいえる細かな観察で動物を描いており、立体的な動きで生きている感じを表そうとしたのではないか」と述べた。(京都新聞2008年4月19日)
 
若冲の代表作、色が変化 光の当て方で鳥や動物
 華麗で精密な花鳥画で有名な江戸時代の絵師、伊藤若冲の代表作「鳥獣花木図屏風」に、光の当て方などで動物や鳥の羽の色を変化させる技法が用いられていることが分かり、京都嵯峨芸術大のジョー・プライス客員教授が19日、同大学の公開講座で発表した。
 若冲独特の工夫の1種とみられ、江戸時代の絵師の技術や作風を考える上でも貴重な発見。
 屏風は六曲一双で同客員教授の所有。3年前に自宅で気付いたという。屏風に横から光を当てたり、見る角度を変えたりしたところ、左隻に描かれた鳥の羽の色や右隻の動物の色が黒から灰色になるなど変化した。別の鳥の色も緑から青に変わった。
 聴講した専門家は「塗られた顔料の効果か、描法によるのかは判断できない」と話している。
 同客員教授は「若冲は自然を崇拝していた。動物や鳥に生命力を与えようとして施した工夫ではないか」としている。(中日新聞)


目をみはる伊藤若冲の『動植綵絵』 (アートセレクション)
目をみはる伊藤若冲の『動植綵絵』 (アートセレクション)
狩野 博幸

今日、薬師寺展オフに参加してくださった
総勢25名の皆様どうもありがとうございました。

またお礼はあらためて。

ということで、すみません。
今日は飲んでしまったのでこの辺で。
よい休日を!

この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1360

JUGEMテーマ:アート・デザイン


その他 | permalink | comments(6) | trackbacks(1)

この記事に対するコメント

薬師寺オフ会、参加できず残念でした。
今回も楽しい会のようだったようですね。

この若冲に関する記事はとても興味深いです。
自宅で日常的に見ていらっしゃるから分かる発見かも知れませんね。
きのこ | 2008/04/20 12:32 AM
オフ会盛会のようでよかったですね。わたしも近かれば参加したかったです。

若冲のこと。。昨日のよみうりの朝刊にも載っていましたがHPのほうでは確認でしずでした。
興味ぶかいですね。さすがTAKさん早耳〜〜♪
十六夜 | 2008/04/20 8:05 AM
なる程、よく解りました。
ありがとうございます。

自宅にあって光の当たり具合で“新発見”とは実に羨ましい事です。
烏などは光の当たり具合で美しい緑に輝く羽を持っているので、そう云う表現をしようとしたのでしょうか?
恐るべし奇才!!


昨日は2次会ドタキャン失礼しました。
1次会、レジュメやら解説やらありがとうございました。頑張って行って良かった♪
充分リフレッシュ出来ましたo(^▽^)o
ruru | 2008/04/20 1:07 PM
オフ会行きたかったなあ!
でも静岡からでは遠いし、わかったのも間際だし、別件予定もあったし・・・・・

ニュース見れなかったのですが下記アドレスで確認しました。
http://cgi2.nhk.or.jp/news/cgibin/
K10040846411_0804190746_0804190755_mh.cgi

静岡県立美術館に行ってよく見ます。
今年の屏風の公開は4月29日〜5月11日です。

ところで5月8日に我が油絵教室は学芸員から説明を受けます。いろいろ質問をしてみようと思っています。
Aiku | 2008/04/20 5:55 PM
すいませんm(_ _)m
アドレスが2行になってしまいましたので、ここからは飛べなくなりました。コピーして使ってください。
Aiku | 2008/04/20 7:50 PM
@きのこさん
こんばんは。

新人さんも何人も加わり
盛大な会となりました。
次回は是非!イタリアオフ??

毎日間近で見られる人だけの
特権ですよね、この「発見」は。

@十六夜さん
こんばんは。

いつも関東ばかりで申し訳ないと
思っています。京都方面に行くときは
あちらで。。。と思いながら日帰りとか
忙しない行程で関西オフ中々実行できません。
申し訳ないです。

こちらの情報は朝メールで教えていただきました。
嬉しいです。若冲やフェルメールの情報を
すぐに教えていただけるのは。感謝。

@ruruさん
こんばんは。

こちらこそ。
また昨日はどうもありがとうございました。

これを意図して描いたかどうかは
はなはだ疑問ですが、まぁ面白い「発見」で
あることには間違いありませんね。

これをネタにまた本でも書くのかな?
DVD付きで5000円とか。
あり得そうですよね〜

@Aikuさん
こんばんは。

アドレス(URL)をコメント欄に書かれると
このブログ形式が崩れてしまうので
一旦削除させていただき、アドレス二行に
し直してあらためてこちらで投稿しました。

このブログのコメント欄便利なようで
不便でもあります。

ご面倒おかけしてこちらこそ申し訳御座いませんでした。

静岡県美術館で屏風を見せていただいてから
もうかれこれ数年経ちます。
あの頃とはまた違った見方ができるかも知れません。

時間に余裕があれば行きたいと思います。
Tak管理人 | 2008/04/20 9:57 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/1360
この記事に対するトラックバック
Takさんの主催する「薬師寺展」オフ会へ行ってきました。今日のオフ会は、まず一次会で東京国立博物館での「薬師寺展」を観て、二次会へ、二次会は「自然食ビュッフェ 大地の贈り物」というお店です。ところが実は、僕は一次会は欠席、ですからまだ「薬師寺展」を観て
「薬師寺展」オフ会 | とんとん・にっき | 2008/04/21 12:04 AM