青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「エリック・カール展」 | main | 「蜀山人 大田南畝」展 >>

市川市動植物園

市川市動植物園へ行って来ました。



今年のGWは旅行の予定も入れず、美術館通いの毎日。
昨日も水戸芸術館まで渋滞の中「宮島達男 | Art in You」展を観に行ってしまう始末。前日あんなに飲んだのに…

「美術館以外はどこへも行かないの?」と詰問され返答に困り出した答えが市内の動植物園。昨日水戸まで運転し疲れたのでなつべく近場で済まそうと。

意外と面白いんですよ。ここ。


赤マルで囲った部分が「動物園

その他、縦に伸びる緑色の部分が「自然観察園」となっていて夏には野生のホタルも観察できたりします。→市川市自然観察園



自然観察園の広大な敷地内には「バラ園」や「観賞植物園」があります。
バラ園の薔薇の開花にはまだ少し早かったようですが、その代わりに藤の花が今を盛りに咲き誇っていました。



来週17日からBunkamuraで開催される「ルドゥーテ生誕250年記念 薔薇空間」が始まった頃またバラ園を観に行ければと。
(動物園以外の施設は無料で楽しめます)

さて、さて市川の動物園と言えば何かと話題のレッサーパンダ。


2003年に何者かによって盗み出されてしまったことはご存じかと。
詳しくはこちら

また、記憶に新しいところでは先月の「脱走事件」
レッサーパンダ逃げ出す 鯖江・西山動物園
 22日午後3時ごろ、福井県鯖江市小黒町の西山動物園で、飼育されているレッサーパンダの雌「ミンファ」(体長約60センチ、体重約6キロ)が屋外飼育場からいなくなっていることに飼育員が気付いた。市職員らが午後7時すぎまで捜索したが、見つからなかった。
 ミンファは、繁殖目的で先月20日に千葉県市川市動植物園から仲間入りしたばかり。2006年6月生まれの1歳10カ月。来園間もないため、ほかのレッサーパンダとの接触はなく、午前8時半から午後3時ごろまで屋外飼育場で1頭で飼育されていた。
いずれの事件もその後無事?保護されましたが。千葉市動物公園の「風太」君のような芸達者ではないにせよ。何かとお騒がせしている市川のレッサーパンダたち。


2005年生まれのハオ、ライチ、リンタ(三頭ともオス)

こちらも最近何かとお騒がせなアライグマ


アライグマの農作物荒らし深刻、兵庫の被害過去最悪自治体、駆除追い付かず
 野生化したアライグマの農業被害が近畿各地で深刻化している。過去最悪水準の兵庫県を筆頭に大阪、京都府でも食害が目立つ。自治体は捕獲に力を入れているが、強い繁殖力で生息地を広げ、対応が追いつかないのが実情だ。専門家からは「生態系への影響が心配」と取り組みの強化を求める声が相次ぎ、国は効果的な捕獲法を集めたマニュアル策定に乗り出した。
 アライグマは北米原産のアライグマ科の哺乳(ほにゅう)類。本来野生の状態では日本には生息しない。テレビアニメの影響などでペットとしての人気が高まり、1970年代ごろから輸入されるようになった。一部が捨てられたり、逃げ出したりして野生化した。
この件に関してはWiki「あらいぐまラスカル」の項目でも問題指摘されています。人間のエゴがこんなところにも。。。

こちらはニホンザル。

丁度食事の時間でした。猿用のペレット(固形の食べ物)を飼育員さんが与えると素早く何個かを抱え水場へ直行。一つ一つ手に取って水に付けふやかして食べていました。賢いな〜

市川動物園の人気者はレッサーパンダでけではありません。
こんな珍しいフクロウもいます。

シロフクロウのシロ君。
夜行性なので眠そうにケージの端っこに佇んでいました。
「夜の姿」を観てみたい。

眠そうなシロフクロウのすぐ隣のケージでは…

クジャクが羽を広げて大歓迎。
久々に観たな。本物。
応挙の絵でしか最近観てなかったのでちょいと感動。

この他にもトリたちが放し飼いにしている「フライングケージ」や小動物を実際に触ったり抱いたりすることができる「なかよし広場」などもあり、都心から近い割には意外と楽しめる動物園です。


つい最近、水戸市で起きた中学生によりハクチョウ惨殺事件。
あの子たちも小さいころ自分の手で動物に触れ、その温かさを感じ取り、自分と同じように生きているんだと実感が持てればあんなことしなかったでしょうに。

自分が子供の頃はそういった体験が日常の生活の中で出来たのですが、今はそれもなかなか難しい時代。だからこそ休みの日に近所の動物園に子どもさん連れて行き実際に生きている動物と接する機会を多く作ってあげるのがよいのではと。

なんだか朝日新聞の社説と同じようになってしまったけど大切な事ですよね。

動物に優しく接することができる人間と
花の名前をたくさん知っている人間に悪い人いません。

それでは、最後に「今日の一枚


ヤグルマギク(矢車菊)
鯉のぼりのてっぺんに取り付ける「矢車」にその形が似ているところから日本ではこう呼ばれているそうです。ツタンカーメン王の墓にヤグルマギクの花束があったことでも有名。

Les Roses バラ図譜
Les Roses バラ図譜
ピエール=ジョゼフ・ルドゥーテ

【関連エントリー】
- 弐代目・青い日記帳 | 「動物絵画の100年展」
- 弐代目・青い日記帳 | 特集陳列「博物館の動物園」
- 弐代目・青い日記帳 | 開館記念特別展「鳥獣戯画がやってきた!」
- 弐代目・青い日記帳 | 「グレゴリー・コルベール展」
- 弐代目・青い日記帳 | 「グランマ・モーゼス展」
- 弐代目・青い日記帳 | 「地球の旅人展」
- 弐代目・青い日記帳 | 英国が誇るボタニカルアートの至宝
- 弐代目・青い日記帳 | 「五百城文哉展」


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1377

JUGEMテーマ:アート・デザイン


こどもの日に―白鳥も君も同じ命なのに 

 細く長い首が優雅なハクチョウやコクチョウを、どうして力まかせに殴ってしまったのだろう。
 連休のさなかに流れたニュースに、なんともやりきれない思いがする。
 ことの起こりは1週間ほど前だ。水戸市にある湖で、頭や首などに傷を負った7羽が無残な姿で死んでいるのが見つかった。
 「いったいだれが?」。地元の怒りが膨らむなか、市内に住む男子中学生たちが警察の調べに、「棒で殴った」と認めたという。警察は動物愛護法違反などの疑いで話を聴いている。
 中学生といえば、まだきちんとした判断力が備わっているとはいえない。おもしろ半分だったかもしれないし、仲間でふざけているうちに、いたずらが過ぎたのかもしれない。
 しかし、それにしても、と暗い気持ちにならざるをえない。かれらが生きているものへのいとおしさを肌で感じられなくなっていたのではないか、と思うからだ。
 少年たちも幼いころ、生きた動物や昆虫に興味を抱き、飽かずに眺めた時期があったはずだ。生きるものの不思議さ、愛らしさに、目を輝かせもしただろう。そんな思いをいつしか忘れてしまったとすれば、なぜなのか。
 まるでゲームをするかのような感覚だったのだろうか。
 だが、あと少しの想像力があれば、こうはならなかったと思いたい。ハクチョウにも命があり、懸命に生きていることに思いを至らせる。殴られた時の鳥の痛みに、ほんの一瞬でも想像を及ぼしてみる。そうすれば、棒を振り下ろしたりはしなかったろう。
 生きものを大切にできなくなっている。それは少年たちだけの問題ではあるまい。
 池のカモに矢が刺さり、学校で飼っているウサギが殺される。そんな動物たちの受難は、これまでも繰り返されてきた。いい年をした大人が残虐な行動に走るケースも目につく。
 大人や年かさの少年たちが生きものの命を粗末に扱うことが、同じようなことをしてもいいのだ、と年少の子どもたちにも思わせてはいないか。
 心ない被害に泣かされているのは、動物だけではない。この春、鮮やかな花をつけたチューリップやパンジーが、根元から折られたり引き抜かれたりする被害が全国で相次いだ。
 動物にも植物にも、自分と同じように命がある。そんな当たり前のことを当たり前に受け止める感性を、今の社会が失わせつつあるのではないか。
 きょうは「こどもの日」だ。家族で、あるいは友達同士で命の大切さを考えて、生きるものへのいとおしさを感じてみたらどうだろう。動物や植物に同じ生きものとして共感できれば、人も生きやすい社会になるだろう。

2008年05月05日(月曜日)付 朝日新聞社説
その他 | permalink | comments(9) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

自然観察園、綺麗なところですねぇ。
シロフクロウのシロ君、可愛いっ!
そういえば昔、フクロウが飼いたくて飼いたくて、今は無き某フクロウ専門店に入り浸っていた事を思い出しました。

えりり | 2008/05/06 12:27 AM
クジャクくん、大歓迎してくれたのですね。羽を広げたところは、なかなか観られませんよね。

ずいぶん昔、伏見桃山キャッスルランドの動物園で観て、感激したことを、思い出しました(^^)/。
ダン | 2008/05/06 8:56 AM
なつかしいなあ〜。
中学の時に貸し切りの京成バスに押し込められて行ってきました市川市自然観察園。
理科のレポートを書くために行ったんであまり楽しい記憶がないんですよね。
でも、いま行ってみたらぜんぜん違うんだろうなあ〜。
あおひー | 2008/05/06 10:04 AM
うちから車で15分強という近さにもかかわらずまだいったことがありませんが、こんど子供にせがまれたら連れて行ってみます。今の息子の流行りは像と孔雀なので、ばっちりですね。ちなみに、象は市原像の国がお気に入りですが、ちょっと遠いです・・・。
manu | 2008/05/06 3:54 PM
わぁ〜〜!孔雀の羽根を広げているところ♪
わたしも長らく拝見したことがありません。
最後にみたのは多分京都の動物園だったかと。。

矢車草の色はTakさんのお好きなブルーですね♪♪
GWのシメは動物園でしたか?

昨日、たまたま娘と、(京都市動物園は)動物園は子どもは無料で入館できると言う話しをしていたら「え〜もっと行きたかった」って。暖かい時期はニオイがいやだって言っていたくせに〜。

十六夜 | 2008/05/06 9:22 PM
うちの息子、ここの檻に入った小さなサルに
指を噛まれた事があります。
変な病気になるのではないかと心配しました。

日曜日はお世話になりましてありがとうございました。
月曜日は川村に行った際、近くの蕎麦屋に入ったのですが
30分待って席に座って、注文してから40分後に
そばが出て来るというありさまでした。学習してません。
一村雨 | 2008/05/06 11:26 PM
@えりりさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

鳥好きにはたまらないですよね。
シロフクロウ君夜行性なので
眠たそうな目をしていました。
小型のフクロウ飼いたいです。

@ダンさん
こんばんは。

久々にクジャクが羽広げているところを
観ました。これだけでラッキー!!
先日観て来た浮世絵に孔雀の羽根の模様の
着物を着た美人が描かれていました。

@あおひーさん
こんばんは。

自然観察園は小さい頃行っても
何にも面白くないでしょうね。。。
かみさんは宿泊したこともあるそうです。

今行ったらきっとあおひーさんの
カメラが唸りまくります。

@manuさん
こんばんは。

先日はどうもありがとうございました。
今日は湿度がめちゃくちゃ低かったそうですね。
喉の調子大丈夫ですか?

かなり近いのですね、車だと。
うちからでもそれくらい(もっとかな)
かかってしまいます。

@十六夜さん
こんばんは。

>GWのシメは動物園でしたか?
残念ながら美術館でした。
というか、実はこの日も動物園と
掛けもちで美術館へ行きました。。。

連休中これでパーフェクトです!
(えっへん)
褒められたことではありませんね。

あたたくなってくると香りがね〜
香る前に是非!!

@一村雨さん
こんばんは。

こちらこそ先日はカーナビも真っ青の
ナビゲーションをしていただき
おかげで渋滞に巻き込まれずに済みました。
ありがとうございました。

猿いますよね、、、おしっこもかけてくるそうで
こまりものです。。。
川村は期待以上だったのではないでしょうか。
記事期待しております。
Tak管理人 | 2008/05/06 11:53 PM
市川に動物園があったんですね〜
子供の頃、千葉に住んでたことがあるのですが
谷津遊園に連れて行ってもらったのを思い出しました。
サッチャン | 2008/05/07 10:38 AM
@サッチャンさん
こんばんは。

地味な動物園ですが
それなりに楽しめます。
谷津遊園懐かしいですね。
そろそろ京成バラ園の季節ですね。
Tak管理人 | 2008/05/08 9:54 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/1377
この記事に対するトラックバック