青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 国立西洋美術館 Fun with Collection 2008 | main | 「東京メトロ副都心開業記念・パブリックアート展」 >>

「コロー展」

国立西洋美術館で明日(6月14日)より開催される
「コロー 光と追憶の変奏曲」展の内覧会に行って来ました。



美術に興味がある方なら知らない人はいないジャン=バティスト・カミーユ・コローですが、その知名度の高さと相反しコローを中心に据えた展覧会が日本国内のみならず、海外でもほとんど開催されていないそうです。

確かに言われてみれば「コロー」単独の展覧会ってほとんど記憶にありません。

でも、大きな美術館での「コロー展」はなくとも、たとえば「コローとバルビゾン派展」といった類の展覧会はかなりの数開催されているはずです。バルビゾン派って印象派同様、日本人に受け入れやすい作品多いですからね。


高円宮久子妃殿下によるテープカット。高階先生のお姿も。

そして、コローが描く作品のイメージといえば、グレーの靄がかかったような画面に枝や幹がリズミカルにその身をくねらせているといったものがまずあるかと。


モルトフォンテーヌの想い出」1864年

今回の展覧会のサブタイトルに「変奏曲」と題されているように、音楽的なイメージをコローの作品から読み解こうとする試みもキャプション等に記されていました。また画面全体に広がる木々の枝を「樹木のカーテン」と喩えてありました。

音楽には疎い自分は残念ながら「リズム」を画面から聴き取ることできませんでしたが「カーテン」だけははっきりと理解できました。悪くない比喩です。

また、同じ「森」を描いた作品でも両脇に背の高い木を配置し中央の道から奥の景色が垣間見られるといったお馴染みの縦長の構図をとる作品もコローらしい作品です。


ヴィル=ダヴレーのカバスュ邸」1835-40年

因みに↑この作品、コロー初期の作品の中でも傑作と評判の高い一枚。
手前の道に出来た木漏れ日による影と一段奥の遮蔽物のない光に包まれる道が対象的に描かれています。正面に立って絵の中の道をあちらからこちらへ、こちらから別荘のある奥へと脳内で行き来するだけでもワクワクするものあります。
村内美術館所蔵です。

「お!これいいな」と思う作品が意外と日本国内の美術館所蔵だったりします。コローの描く抒情的な風景画が日本人の心にマッチしたかよく分かります。

ただし、逆にそれによって「コロー=風景画」という固定概念が我々の中に出来てしまったのも事実。初期イタリアでの風景画や後半にずらりと並べられた人物画によって脆くそれは打ち砕かれることとなります。


開会式で挨拶の言葉を述べる国立西洋美術館館長、青柳正規氏。

後ろに掛っている作品はこちら。

青い服の婦人」1874年

「コローのモナリザ」と称されるルーヴル美術館所蔵の「真珠の女」1858-68年に描かれている女性と同じ人物だそうです。(モデルのエマ)

コローの最晩年(78歳)の大傑作。閉じた扇子の先にほんのりと「赤」が加えられている所がコローらしいかと。風景画の中にもしばしば一点「赤」が登場します。

今回の目玉作品である「真珠の女」ですが、照明の関係で髪の毛の部分がキラキラとてかってしまっていたのが気になりました。

クラックに沿って光が反射するためソバージュをかけたように見えました。
普段は別段照明のこと意識しないのですが、この絵に関してはちょっと…

さて、さて今回の「コロー展」開催に関し最もご尽力なされたのが、再来年オープンの三菱一号館美術館長であり国立西洋美術館客員研究員も務められる高橋明也氏。「ジョルジュ・ド・ラ・トゥール展」や「オルセー美術館展」(東京都美術館)を監修された方でもあります。


涼しげな色のスーツに身を包んでいらっしゃるのが高橋氏、右隣はルーヴル美術館絵画部長・統括学芸員を務めるヴァンサン・ポマレッド氏。

今回のコロー展になくてなならないお二人。
高橋明也氏に直接お話しを伺ったところ、立案企画から開催にこぎつけるまで足掛け10年もの歳月と情熱をこの「コロー展」に注いでいらしたそうです。

詳しくはこちら。
高橋明也氏(「コロー 光と追憶の変奏曲」展監修者)に伺う展覧会の見所

ひとりの男をここまで駆り立てるコローの魅力とは何か?
それを探りに西洋美術館に足を運んでみるのも宜しいかと。


ヴァンサン・ポマレッド氏曰く「この展覧会はコローの回顧展的でありながらも、発展的な面を持つ、二面性を備えた内容」に仕上がっているそうです。

発展的な側面とは何か?それは会場へ足を運ばれるとお分かりになりますが、コローの作品に混じってコローの影響を受けたであろう画家たちの作品も所々同時に展示されています。

モネやルノワールといった印象派の画家からピカソ、ブラックやモンドリアンといった一見コローとは関係なさそうに思える作家の作品まで。


モンドリアン「農家の前の水辺の木々」1905年頃

この絵、「今日の一枚」にしようとも考えた作品。
コローとの関連性についてもさることながら
モンドリアンのこんな作品が観られるとは思ってもいませんでした。
ダラス美術館所蔵だそうです。

風景画では第4章「樹木のカーテン、舞台の幕」で、
人物画では第5章「ミューズとニンフたち、そして音楽」のセクションで
ヴァンサン・ポマレッド氏の言う「発展的な側面」に触れることができます。

ここで、コローに抱いていた一元的なイメージを見事に振り払えます。
最後の古典主義者であり、最初の近代主義者」ともポマレッド氏はスピーチの中で話されていました。なるほどまさに言い得て妙。

今回の展覧会ではコローが手がけた人物画も数多く目にすることができます。前述した通りこれによりコローの新たな魅力を見出せます。春と夏に野外で自然をデッサンし、秋と冬にアトリエで作品を描いたコロー。人物画の多くも秋から冬の時期に描かれたものだそうです。

最も気に入った人物画を一枚。


コロー「マンドリンを手に夢想する女」1860-65年

全体的に暗い雰囲気の作品ですが女性の服や帽子(髪飾り)の淡い暖色がじっと前に立っていると浮きたってくるように感じます。

楽器に手を置いたまま微動だにせず、視線は空を切っています。
「夢想する女」とタイトルにあります。女性が思索にふける対象は果たして何なのでしょう。マンドリンの演奏についてでしょうか、それとも音楽以外のことでしょうか。

様々なインスピレーションが一枚の絵から湧き出てきます。
そしてここでも「発展的な側面」が。

今回展示されていませんが、ファン・グリスはこの作品をそのままキィビズムの技法で描いています。これ観たかったな〜並べて。

マンドリンを持つ女、コローに基づく」1916年

同じくジョルジュ・ブラックもこんな作品残しています。
こちらは今回展示されています。

マンドリンを持つ女、コローに基づく自由な習作」1922-23年

右下のサインに注目。
「G.B/COROT」と記されています。
あのブラックがコローを崇拝していたとは今の今まで全く知りませんでした。
というか、知ったあとでも未だ結びつきません。。。

最後に「今日の一枚


コロー「山の木々」1856年

版画です。ただしとても珍しい技法の版画だそうです。
クリシュ=ヴェール(ガラス版画) 版画と写真技法の合いのこのようなもの。
伺った話をまとめると「プリントゴッコ」と同じような仕組みなのかな??

一枚しか紹介していませんが、並べて展示されている版画作品それぞれ試行錯誤のあとが見られ普段はすーーと通り過ぎてしまう版画コーナーもじっくり拝見。油彩で表現したコロー特有のモヤモヤ感を版画で出すのはさぞかし難しかったのでは。

若い頃イタリアで描いた風景画やオランダを旅し影響を受けた作品など、これまで観たこともないコロー作品が数多く出展されています。日差しの強い夏の日、木陰で休む気持で涼を求め「コロー展」に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

「コロー 光と追憶の変奏曲」展は8月31日までです。

その後、神戸市立博物館へ巡回します。
9月13日〜12月7日

監修者の高橋氏が上梓なされた新刊です。

「コロー名画に隠れた謎を解く!」 高橋 明也
繊細で詩的情緒を湛えた風景画家コロー。この寡黙で美しいと同時に革新に満ちた作品世界を、実際に画家が描いたフランス各地やローマを巡りながら辿り、名画に隠れた謎を解き明かす。

こちらの記事も是非!
高橋明也氏(「コロー 光と追憶の変奏曲」展監修者)に伺う展覧会の見所

それでは最後に「今日の美味


一つも食べられなかったケーキ。。。

【関連エントリー】
- 弐代目・青い日記帳 | 「スコットランド国立美術館展」
- 弐代目・青い日記帳 | 「花と緑の物語」展
- 弐代目・青い日記帳 | 「フランス近代絵画展」
- 弐代目・青い日記帳 | 「巨匠たちのまなざし」展
- 弐代目・青い日記帳 | 「フィリップス・コレクション展」


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1419

JUGEMテーマ:アート・デザイン


19世紀フランスの画家カミーユ・コロー(1796-1875)が生み出した数々の詩情あふれる風景画や人物画は、これまで世界中の芸術家や美術愛好家たちを魅了してきました。しかし意外なことに、その名声と人気にもかかわらず、コローを中心にすえた本格的な展覧会はわが国はもちろん、海外においてもごく稀にしか開催されていません。本展は、ルーヴル美術館所蔵のコローの代表作群を中心に、初期のロマン主義的風景からイタリア留学をへて真摯なレアリスムの時代、独特の煙るような詩的表現で、しだいに思い出や夢のようなヴィジョンを語りだす後期の画面、そして折々に手がけられた繊細な人物画の数々を集大成し、コロー芸術の魅力と秘密を再検証するものです。さらに国際的にも初の試みとして、印象派からキュビストまで、コローの芸術に深い影響を受けた画家たちの作品をあわせて展示いたします。

美術史上におけるその存在の大きさとは裏腹に、決して声高に自己の芸術の革新性を主張することはなかったコロー。ルノワールやシスレー、ブラックなどの作品もまじえ、油彩画・版画110余点が一堂に会する貴重なこの機会にひととき耳を澄まし、彼の作品が持つ本質的な「近代性(モデルニテ)」の響きをお聴きいただければ幸いです。
展覧会 | permalink | comments(12) | trackbacks(16)

この記事に対するコメント

こんばんは
いよいよ始まるのですね。いち早くのご紹介
たのしく拝見しました。先日村内美術館に
行きましたら、この絵がコロー展に出品され
ますと書かれてました。
すぴか | 2008/06/14 12:18 AM
行きます!!
Slowhand | 2008/06/14 8:35 AM
@すぴかさん
こんにちは。

村内美術館や山梨県立美術館など
コローの優品を持っている美術館が
多いこと気付かされます。
前半と後半ではちょっと毛色の違う
展示になっているようにも感じました。

@Slowhandさん
こんにちは。
コメントありがとうございます。

行っちゃってください!
フェルメールの影響とかもSlowhandさんなら
発見できると思います。
Tak管理人 | 2008/06/14 11:15 AM
今日行ってきました。
隅から隅まで素晴らしかったです。
今年のマイベストに絶対入ります。
図録(あんなに立派で2,500円とはお得!)をよく読んでから、再訪したいと思います。
あんまり佳かったので、感想をどう書いていいのか悩んでます...。
ogawama | 2008/06/15 10:40 PM
土曜日はありがとうございました。
さっそく頂いたチケットで出かけてきました。
かなり混んでいました。
上のogawamaさん同様、今年のベストに入ると
思います。
一村雨 | 2008/06/16 5:44 PM
初日の開館前から並んでいるので驚きました。素性の知れた美術館から集めてきたこととこの画家に対する監修者の考え方がはっきりとしている点に特徴があると思いました。
とら | 2008/06/16 7:53 PM
@ogawamaさん
こんばんは。

>今年のマイベストに絶対入ります。
ogawamaさんがここまで太鼓判押されるなら
間違いないでしょう!
↓で一村雨さんも同意見のようですし。

また日を置いてとらさんたちと
出かけてみましょう。

感想楽しみにしています!

@一村雨さん
こんばんは。

混雑していましたか!
どうも予想が外れるようで…
コローが描く風景画が持つ
不思議な普遍性は大きな魅力の一つです。

土曜日のメンバーでいま一度。

@とらさん
こんばんは。

国内にコローの優品があること
あらためて実感させられると共に
コローの作品制作の秘密を垣間見ることできました。
「赤」はやはり意図的なのでしょうね。
Tak管理人 | 2008/06/17 5:25 PM
こんばんは。
Takさんの記事を読み直してみて、リズムのことをすっかり忘れていたことに気づきました。そういえば、樹々の並びや枝ぶりなど、リズミカルなものがたくさんありましたね。
>国内にコローの優品
あれだけたくさんあるなかで、結構目立ってました。
キリル | 2008/06/22 1:20 AM
@キリルさん
こんばんは。

木々の枝枝がうねうねしている様子が
まさにダンスを踊っているようで
頭の中に音符マークが浮かんできました。

日本人、コローの描く風景画に
共感できる点が多いのでしょね。
Tak管理人 | 2008/06/23 12:19 AM
Takさんこんばんは。

コロー展、行ってまいりました。
今年見た展覧会の中で、一番面白かったです!

私はコローの絵をあまり見たことがなく、
画家自身のこともよく知らなかったのですが、
自然をあれだけ想像力豊かに見たのは
初めてです。

TBおくらせていただきました。
よろしくお願いいたします☆
marimo | 2008/07/15 11:01 PM
Takさん
今日はどうもありがとうございました。

これはいい展覧会ですね...
とても楽しかったです。
# あやうく図録を買いそうになりました...(^^;
lysander | 2008/07/17 1:40 AM
@marimoさん
こんにちは。

marimoさんが一押しされるだけあり
展覧会もじわりじわりと話題になってきたようです。
派手さはありませんが「演歌歌手」のような
渋みのある展覧会ですよね。

昨日の二度目の鑑賞で、新発見多数ありました。
贅沢な会にご一緒できたこと幸せに思います。

@lysanderさん
こんにちは。

こちらこそ。
また機会があればぜひ

大人向けの展覧会ですよね。
派手さはなくとも惹き込まれる
魅力が随所に散りばめられています。
Tak管理人 | 2008/07/17 3:13 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/1419
この記事に対するトラックバック
コローというと、有名な「真珠の女」こそ知っていたが、あとは薄暗い森の中の小道に光が降り注ぎ、そして、木々にはモワモワっとしたソフトな筆づかいで描かれた葉が茂り、そこに小さく人物が描かれているというイメージが出来上がっていた。今回の展覧会を見て、このイ
コロー 光と追憶の変奏曲  国立西洋美術館 | つまずく石も縁の端くれ | 2008/06/16 5:20 PM
 美術評論家の井手洋一郎氏は、1992年に出版されたアサヒグラフ西洋編19「コロー」の中に、「コローの新しい見方―『抒情』の風景画家から『光と影』の造形家へ」という一文を残している。これを前日に読んでいって、展覧会の初日開館直後に入場した。 井出氏はコロー
コロー 光と追憶の変奏曲 @国立西洋美術館 | Art & Bell by Tora | 2008/06/16 7:54 PM
国立西洋美術館で開催中の「コロー 光と追憶の変奏曲」展に行った。開催2日目の日曜...
コロー 光と追憶の変奏曲 | confidential memorandum of ogawama | 2008/06/18 1:00 AM
待望の“コロー展”(国立西洋美、6/14〜8/31)が先週の土曜日からはじまった
国立西洋美術館のコロー展  その一 風景画 | いづつやの文化記号 | 2008/06/20 11:04 AM
コロー 光と追憶の変奏曲 国立西洋美術館 6/14〜8/31                            に行ってきました。(6/20)     もちろん全部見てきたのですが、今日はあまりの衝撃にこの絵だけ 書いてみます。コローといえば風景画とい
コロー 国立西洋美術館 その1 | すぴか逍遥 | 2008/06/22 12:20 AM
コロー 光と追憶の変奏曲 国立西洋美術館 2008年6月14日→8月31日 表通りの看板                   チケット売り場の前の絵 19世紀フランスの画家カミーユ・コロー(1796−1875)の風景画や人物画をコローを中心 にすえた
コロー 国立西洋美術館 その2 | すぴか逍遥 | 2008/06/22 12:21 AM
国立西洋美術館で「コロー 光と追憶の変奏曲」(6月18日-8月31日)をみた。   日本でも海外でもジャン=バティスト・カミーユ・コローの本格的な展覧会は稀だといわれると、これまで特別関心のある作家ではなかったけど、これは見逃せないという気にさせられる。 曇
コロー展(西美) | アトリエ・リュス | 2008/06/22 1:43 AM
国立西洋美術館で開催中の「コロー 光と追憶の変奏曲」を見て来ました。公開2週目の平日午後、拍子抜けするくらいすいていて、快適な鑑賞となりました。目玉作品「真珠の女」の前も3、4人がちらほらいる程度。ちょっとさみしい気もしましたが、来月になればどっと混
「コロー 光と追憶の変奏曲」 | What's up, Luke ? | 2008/06/24 9:44 AM
今日は友達とそのまたお友達と一緒に 上野にある国立西洋美術館のCOROT展を見に行ってきました&#63903; 久しぶりの上野上陸です♪ 懐かしい♪ コローという名前だけを聞くとピンとこない方も多いと思いますが この絵を見れば思い浮かぶんじゃないでしょう
コローのモナリザ | 紅葉ナチュラル♪ | 2008/07/05 10:31 PM
「モルトフォンテーヌの想い出」コロー 上野の国立西洋美術館に行きました。 ジャン=バティスト・カミーユ・コローの 「光と追憶の変奏曲」と題された展覧会です。 今回の展覧会は、少なくとも、今年見た中で一番感じるものの多い、 素晴らしい展覧会
国立西洋美術館で開催されているコロー展に行ってきました。今日 はアフターシックスに高橋明也学芸員の講演会があったのでそれを 聞いてから... コローと言えば風景画ですが、今回の展覧会の特徴は人物画を揃え ていること。身近な人物を描いた作品から衣装に身をつつ
コロー展『光と追憶の変奏曲』 (国立西洋美術館) | 徒然と(美術と本と映画好き...) | 2008/07/17 1:35 AM
コロー 光と追憶の変奏曲を観て16日(水)に年休を取って国立西洋美術館(世界遺産登録されます)で「コロー 光と追憶の変奏曲(SouvenirsetVariations)」を鑑賞しました。第1章:「初期の作品とイタリア」(LesDebutsetL'Italie)第2章:「フランス各地の田園風
「コロー 光と追憶の変奏曲」を鑑賞して | KINTYRE’SDIARY | 2008/07/24 11:09 PM
上野の国立西洋美術館で開催されている「コロー 光と追憶の変奏曲」展を観てきました。19世紀フランスの画家カミーユ・コロー(1796-1875)という画家は、僕にとっては今まで馴染みの薄い画家でしたが、今回の展覧会に行ってみると、なかなか面白く、興味深い画家だと
上野の国立西洋美術館で開催されていた「コロー 光と追憶の変奏曲」展を観に行きました。 19世紀フランスの画家カミーユ・コロー(1796−1875)が生み出した数々の詩情あふれる風景画や人物画は。これまで世界中の芸術家や美術愛好家を魅了してきました。し
コロー 光と追憶の変奏曲 | 隆(りゅう)のスケジュール? | 2008/11/08 12:23 AM
この秋はモーリスルイス展やハンマースホイ展など、関東圏での展覧会には行ったのだけ
真珠の女-コロー展@神戸博物館 | Taki's blog | 2008/12/01 9:04 PM
今日は、「コロー 光と追憶の変奏曲」展を観に、母とふたりで三宮の神戸市立博物館に行って来ました!! すンごい数の、人、人、人……。4時過ぎに行ったのに、入り口を入ってすぐ「最後尾」でした。 でも、さすがにどの絵も素晴らしかったですねぇ。 コローの絵は
「コロー 光と追憶の変奏曲」展 | BRIGHTER DAYS | 2008/12/08 5:23 PM