青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「東京メトロ副都心開業記念・パブリックアート展」 | main | 案に違わず「黒猫」発見 >>

映画「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」

映画「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」(Indiana Jones and the Kingdom of the Crystal Skull)を観て来ました。



6月21日の全国公開に先駆けて昨日、今日と先行上映。
昨日は副都心線開通やら「飲み会」やらがあったので混雑覚悟で日曜日映画館に足を運びましたが、思っていたよりもお客さんが少なく肩透かし喰らった感じ。

世代的に「インディー・ジョーンズ」はストライクど真ん中。

名前を聞いただけで昼行燈の自分でも冒険心に火が付くのですが、今の若い子たちは、東京ディズニーシーのアトラクションでしか知らないのかも。。。因みにあれも「クリスタルスカル」が登場しますが、この映画との関連性はないようです。(「インディジョーンズアドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮」)

かみさん共々観る気満々で今年の2月に既に前売り券を購入。
おまけでもらった「コレクターズ・ブック」でとりあえず予習

したつもりでいたのですが、如何せん最後の作品「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」からでも既に19年の歳月が経過。

ファンを唸らせる細かな設定や仕掛けもすんなり理解できないまま。。。
記憶力低下も災い。この作品観に行かれる予定の方は「予習」が肝心。

『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』 (1981)
『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』 (1984)
『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』 (1989)


一作目の「失われたアーク《聖櫃》」に出演したヒロイン役のカレン・アレン(Karen Jane Allen)が今回再登場。彼女は実に27年ぶりのシリーズ復帰だそうです。


65歳となった今でもトレードマークの「フェドーラ」 (fedora)と破天荒な活躍ぶりは相変わらず健在。劇中でのアクションも全三部作と比べたらちょっとだけ見劣りする点は否めませんが年齢を鑑みたら逆に凄すぎ。

そして今回は彼女と「インディアナ・ジョーンズ」との間に生まれていた息子(マット)が相棒役として登場!


親子三人で楽しいお出かけ…じゃなくて「冒険」

インディのお父さん役立ったショーン・コネリーがもし出演していたら、親子三代揃っての活躍も見られたはず。でも年齢的に流石に無理あるかな。

物語の舞台も19年後の時代設定。1957年。
米ソ冷戦時代の緊迫した関係を軸に設定。

前半、突然「オー!マイキー(Oh! Mikey)」のようなマネキン一家が登場したと思いきや、ネバダ核実験場だったりとインディ本来の「冒険」以外の思わぬハプニングが登場。かなり時代性を色濃く反映させている場面がこの他にも随所に。

「エリア51」「ロズウェル事件」についても予備知識あると楽しめるかと。

また、さちえさんがお書きになっている感想もネタバレありますが、読んでいかれた方が何倍も楽しめると思います。さちえさん細かな点気付き過ぎ!もう一度観なくてはいけないじゃないですか…

「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」

高画質予告ムービー

ここのところ立て続けに小難しい映画ばかり観ていたので、こういった単純に楽しめる作品は心をスカッとさせてくれるものあります。梅雨時の鬱陶しさをひと時忘れさせる効果も。昨夜のお酒がまだ残っていましたが、観終えて映画館出ると「ウコンの力」二本一気飲みした以上に爽快な気分に。

色々と突っ込みどころはある映画ですけどね。

アドベンチャーズ・オブ・インディ・ジョーンズ コンプリートDVD
アドベンチャーズ・オブ・インディ・ジョーンズ コンプリートDVD
ハリソン・フォード

いまけ
レゴ・ブロックでもインディ大活躍?!


lego indiana jones


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1421

JUGEMテーマ:映画


1957年.相棒マックに裏切られ、スパルコ率いるソ連工作員の魔手から危うく逃れたインディ。大学も強制休職となり街を出ようとしていた彼に、マットという若者が声をかけてきた。いわく「伝説の古代秘法“クリスタル・スカル”を手に入れられる」という。その言葉を信じ、インディはマットと共にペルーへと向かう。そこでようやくクリスタル・スカルを手に入れるものの、待ち構えていたスパルコたちに捕らえられてしまい……。
映画・観劇 | permalink | comments(6) | trackbacks(7)

この記事に対するコメント

お褒めに預かり光栄です!
真性オタっぷり全開で書いてみました。
えっと、予習は「レイダース」だけでいいと思いますよ。
あと「ロズウェル事件」の予習はマストでしょう。
じゃないとうちの妹の様に「??」となります。
小ネタはインディと「スターウォーズ」をリアルタイムで見た世代でないと気づかない点も多いかと思います。
あと冒頭のカーチェイスシーンはルーカスの「アメリカン・グラフィティ」のセルフパロディだということを書き忘れました。
わたしも来週また見て来ます!
さちえ | 2008/06/15 10:15 PM
@さちえさん
こんばんは。

驚きました。
ファンだとは伺っていましたが
ここまででは…
頭下がります。

カーチェイスにも意味が隠されていましたか!
あれも何か関連あるのかな〜とは思ったのですが
全く思いつきませんでした。
で、結局あと何回ご覧になるのですか??
Tak管理人 | 2008/06/17 5:19 PM
こんにちは。

まだ観てないけどシリーズのファンです。

>単純に楽しめる作品は心をスカッとさせてくれるものあり
>ます。
ハリウッド映画って工業製品みたいなトコありますが
観客を楽しませる作り方は日本より長けてる気がします。
「トランスフォーマー」がそうでした。
この映画もそのあたりをきっちり抑えている様子ですね〜。
早く観にいかなきゃ♪
shamon | 2008/06/17 5:39 PM
@shamonさん
こんばんは。

ハリウッド映画礼賛者ではないのですが
それでもこうした冒険活劇は一日の長があるかと。

でも、古代遺跡を遠慮なく叩くシーンなどは
あれれ?と首を傾げることも。

それとネバダ州の「実験」も
Tak管理人 | 2008/06/17 5:52 PM
ジョーンズ博士!
頑張りますね〜
65歳ですか。
あの年齢で体を張った演技は並大抵ではないはず。
サッチャン | 2008/06/19 8:32 PM
@サッチャンさん
こんばんは。

もう無茶苦茶です。
シリアスなシーンのはずなのに
あの音楽とともになぜか笑いが
こみあげてきました。
Tak管理人 | 2008/06/20 11:38 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/1421
この記事に対するトラックバック
12歳の時に「スターウォーズ」のハン・ソロに恋してからハリソン・フォードはずっとわたしの中ではNo.1のハリウッドスターでした。当時はハリソン・フォードって説明するのも一苦労でしたが、今では知らない人がいない程のスターになりましたね。わたしの先見の名にはち
「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」の ジャパン・プレミアに行って来ました。 会場の代々木体育館は、20年程前にEW&Fのコンサートに行って以来、久しぶりでした。 その時も今回と同じ2階席だったのですが、天井が低いので音が反響して最悪の音響だ
「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」★★★★☆オススメ ハリソン・フォード主演 スティーブン・スピルバーグ監督 懐かしいファンファーレのようなテーマ曲が 流れると心が踊る、 やっとインディの新作が見られるのだ。 現実社会ではなん
人気ブログランキングの順位は? 全世界待望──新たなる秘宝を求め、史上空前の冒険が始まる!
【2008-152】インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2008/07/09 1:04 AM
「レイダース 失われた聖櫃<アーク>」 は何度見ても面白い。 その続編が19年ぶりに出たと聞いたら 観に行かずにはいられない! 映画館に入ると、あのテーマ曲が。。。 期待が高まります。(^^) 時は1957年。 米ソ冷戦の最中の米軍機密施設で 非情な士官
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 | 映画、言いたい放題! | 2008/07/13 1:24 AM
『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』を観ましたハリソン・フォード、スティーヴン・スピルバーグ、ジョージ・ルーカスの黄金トリオで19年ぶりに復活した人気シリーズ第4弾のアクション・アドベンチャーです>>『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカ
 今年1番楽しみにしていた作品インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国を観てきました。前々から見ようと思っており、前売り特典であるCollecters Bookが欲しかったので前売り券を買ったのですが、すっかり忘れていて、劇場でお金を払ってチケットを買ってし