青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< フェルメール展も忘れずに。 | main | シークレットオークション@KANDADA >>

「大昆虫展」

千葉県立中央博物館で開催中の
「大昆虫展−虫のせかいはふしぎがいっぱい−」に行って来ました。



対決−巨匠たちの日本美術」、「フェルメール展」と書いた次に「大昆虫展」が来るあたり、このブログの節操のなさを如実に示しています。。。

でも、日本美術、フェルメールと並び昆虫も大好きなんだから仕方ない。
それも「好き」年齢は昆虫がダントツ!

小中学生が夏休みになる前に観に行かないと大変なことになると思い、渋るかみさんを車に乗せ千葉市まで。しかし、駐車場は満車。館内もこの人出!


大人率高過ぎ!元昆虫少年の巣窟。
樹液に群がるかのごとく展示ケースに釘付け。
自分も負けじと参入。

懐中電灯と虫眼鏡を無料でレンタルしてくれる心遣いがニクイ!懐中電灯が何故必要かは後ほど。

メイン会場は標本が壁に沿ってずらりと展示されています。
その数どれくらいあるのやら見当付きません。

色の多様性

色いろいろ/森の宝石/かがやき/かざる

模様の多様性
なにかに似ている/目玉模様/なに?このもよう

くらしの多様性
何を食べる/子どものために/え?こんなことするの?

大きさの多様性】  
なんでも世界一/でかいぞ!甲虫

形の多様性
カミキリムシ大集合/ヘンな虫/なに?このかたち

クワガタ・カブト大集合

ムシキングカードとくらべてみよう

この会場ぐるりと見て歩くだけで、どれだけ時間が必要なことやら。
昆虫に興味関心の薄い、かみさんまでもその多彩多様な魅力に惹かれ
食い入るように見入ってしまうほど。地球上の「先輩」オソルベシ。

たとえ、虫嫌いであってもこの輝きには勝てないはず。

ベーツプラチナコガネ

欲しい…何というストレートなネーミング。。。ぴかぴか
検索かけてみると、標本が1万円前後で売られているようです。
それにしても、こんな色をしている生物がこの地球上にいるとは!

先ほど借りた懐中電灯で照らすとさらにキラキラ度アップ!
また、蝶も光によって羽の光沢に違いが出ます。

ゼフィリティスモルフォ

光があったっている時とそうでない時では別の蝶のよう。
そうそう、モルフォチョウと言えば「どうぶつの森」

滅多に捕まえられない蝶なのでかみさんも名前覚えていました。
「ブリリアントだね〜」

また、こちらの蝶の羽根の模様はまさに「犬」

カリフォルニアイヌモンキ

犬の横顔見えますよね!
「わんわん」と吠え、天敵追い払うのかな〜

こちらは、昆虫もカードも両方欲しい!

オオクワガタ

外来種の輸入が解禁になる前は、バカみたいな高値で売買されていたオオクワガタ。昆虫好きだけども、あれにはドン引き。

甲虫王者ムシキングはこっそりゲーセンでやってました…

こちらは、映画「羊たちの沈黙」にも出てきた蛾。

メンガタスズメ

顔(ドクロ)模様が特徴。
ジョディ・フォスターと痩せていたアンソニー・ホプキンスが懐かしい。

きりがないのでこの辺でやめますが、ネタはまだまだ山ほどあります。
全て写真撮影okなのも嬉しい点。

標本展示室以外にも観るべきところは山ほどあります。

コハクの中の虫たち。
映画「ジュラシック・パーク」の世界。

屋外に置かれたミツバチの巣箱も観察できるようになっています。

子供さん食い入るように前から離れることなく見ていました。

「キモイ」とかたった3文字で毛嫌いしてしまうようでは、ろくな大人に成長できません。先輩である昆虫から学ぶべきこと山ほどあります。

「大昆虫展」は8月31日までです。

7月20日には養老孟司氏の記念講演会も予定されています。

最後に「今日の一枚


蝶々が作りだした虹。

蟲師 大友克洋完全監修 蟲箱
蟲師 大友克洋完全監修 蟲箱

それでは、最後に「今日の美味


宗家 源 吉兆庵の「陸乃宝珠
マスカット オブ アレキサンドリアが丸ごと一粒入った和菓子。
これは美味い。

【関連エントリー】
- 弐代目・青い日記帳 | 二つの昆虫展
- 弐代目・青い日記帳 | 「館蔵品展 江戸の粋」
- 弐代目・青い日記帳 | 森の学校「キョロロ」


この記事のURL
JUGEMテーマ:アート・デザイン


昆虫は私たちに最も身近な生き物ですが、その多様な世界を目の当たりにする機会はなかなかありません。本展覧会では、世界の昆虫標本約 4,000点を展示室いっぱいに紹介します。虫たちの大きさ・かたち・ 色・かがやきの様々や、見たことも聞いたこともない虫の数々をお楽しみください。
 子どもたちに人気の「クワガタ・カブト大集合!」や超高解像度の昆虫写真など見逃せません。関連イベントも養老孟司氏による記念講演会「昆虫狂時代」など、盛りだくさんです。
展覧会 | permalink | comments(3) | trackbacks(1)

この記事に対するコメント

うわっぁぁー。
Takさん ほんと 元昆虫少年サン!!

アタシ おくさまの味方ですよぉ。
昆虫さん・・・興味ないっと 言うより・・怖い。

標本は怖くないですけど
動いているのは けっこう 避けたい方なんです。

でも 今回の展示 かなりの充実のようですね。
ワンコの模様の蝶さん あれは初めてみました。
あれは ホンモノ見てみたいなぁ・・・って思いました。




真珠 | 2008/07/10 3:43 PM
こんにちは
実はわたし・・・昆虫展だいすきなんです。ただし蝶、蝉、トンボ、クワガタ、カブトムシ、タマムシ限定ですが(笑)。
大丸心斎橋店が毎夏、貝か昆虫を特集しまして、必ず行きます。伊丹や箕面の放蝶館には出入りする・・・
楽しいですよね。
Takさんの奥さんには申し訳ないけれど、楽しそうです。
わたしも行きたい〜〜という感じです。

甥っ子がもう少し大きくなれば、つれていってやりたい展覧会です。
遊行七恵 | 2008/07/10 7:18 PM
@真珠さん
こんばんは。

朝早起きして森や林に
甲虫捕りにでかけたものです。
懐かしいな〜

虫の図鑑とか欠かさず見ていました。
昆虫だけぼろぼろになってしまうほど。

虫は飼うのが難しいこともその頃知って
以後、飼うことはしませんが、目にすれば
いまでも興味深々です。

ワンコ蝶は反則的に
可愛かったです!!

@遊行七恵さん
こんばんは。

タマムシの厨子。美しいですよね〜
蝉もそろそろ鳴き始めるでしょうか。
トンボの幼虫ヤゴは食用にもなるそうです。
パネルで展示されていました。
イナゴは美味しかったけどヤゴはどうかな〜

恵比寿の写真美術館で昆虫の写真展を
開催しているのでそちらも観に行きます!
Tak管理人 | 2008/07/10 9:59 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
ソーシャルネットワーキング 今日は千葉県立中央博物館で開かれた、大昆虫展に行ってきました。 なかなか時間がとれず来れませんでし...
千葉県立中央博物館の大昆虫展に行ってきましたw | 四街道一人歩き | 2008/09/01 10:43 AM