弐代目・青い日記帳 

  
TB&リンク大歓迎です!
ギャラリートーク「山口晃が巨匠を斬る」
東京国立博物館で開催中の特別展「対決−巨匠たちの日本美術」の関連企画
“現代の絵師”山口晃氏によるギャラリートーク「山口晃が巨匠を斬る」に参加して来ました。

掲載している写真は主催者の許可を得て撮影したものです。


曾我蕭白「群仙図屏風」

全ての「対決」を話していたらそれこそ何時間あっても足りないので、今回は主に以下の5組の巨匠達について。本物を目の前にして作品を好き勝手言えるとあって、山口さんも最初からテンション高め。いつも以上に舌も快調に回っていました。

雪舟 vs 雪村  


雪舟「慧可断臂図」、雪村「蝦蟇鉄拐図」

グロテスクでエグイ、やり過ぎ感ありありの雪舟「慧可断臂図」。これが国宝ですよ〜西洋絵画の世界ではやってはいけない技法が用いられ、浅い空間が幾層も描かれ開くと立体的なクリスマスカードのよう。

達磨の妙な浮き具合(後ろから2,3cm浮いている?!)ま後ろから見た慧可を描いたつもりでも肩など身体の軸はずれているものの、顔は横向き、目は正面。16世紀にキュビズム先取り!

岩の角をかたぼかししているだけでなく、ダルマまでぼやぼやと。画家として一番力を見せるところであるはずのダルマの背中のラインを一気に描かず、途中で止めてしまっている。ありえません。。。実際に継ぎ足されています。背中のライン。

こういう理解を超えた作品を観てしまうと、雪村がいい人に見えてしまいます。

三本脚のガマガエル、これを観て笑わない人はいないはずです。夏休みの子供さんなんかに大人気でしょうね〜

当時は注文を受けて絵を描いていたわけで、こんな大きな絵を描かせた人がいたこと自体凄いことです。当時の武将は教養が落ちてきたため、こんな絵でもokだった。と展覧会の図録に書いてありました。。。

永徳 vs 等伯

この二人は確かに同時代を生きましたが、対決させるには格も境遇も違いすぎます。片や中央画壇のスター、片や田舎絵師。


狩野永徳「檜図屏風」

銭湯の壁画のような作品。雑な、大胆な筆致。右隣にある同じく永徳の「松に叭叭鳥・柳に白鷺図屏風」が色を抜いた筆法の見本のよう。

最低限の手間で、最大の効果を発揮している作品。描かれた檜の葉を観ると、葉に陰影がなく重なったところもほとんどない。自然なように見えて自然ではない作品。工房を構えていたのでステンシル(型紙)などがあったのかもしれません。弟子でも描けるように。

しかし、檜の葉っぱを観ていると、鮎の塩焼きが食べたくなりますね〜
(鮎の美味さについて熱弁)

この他にも関東では初公開となる狩野永徳「洛外名所遊楽図屏風」や「花鳥図襖(梅に水禽図)」についても解説。人工的でありながら自然に見える描き方や、永徳は実は小柄でくるくるとよく動く人物だったのではないかなど興味深いお話も。


長谷川等伯「松林図屏風」

大気を描いているとも言われますが、西洋の空気遠近法にはない技法。ある地点から見るとパッと空間が広がって見えます。三次元の陰影にとらわれ過ぎていないところが凄い。

また、構図も狙いすましたところに木がある。相当計算された作品でありながら作り込んだ画というイメージを感じさせないのは筆法の巧みさゆえ。

この他に等伯の「萩芒図屏風」も解説。光の加減で空間が広がる作品。まるで日の光が葉を透かすように見える(光が透ける)。ススキなんて恐ろしい完成度。描けと言われても描けません。

次へ移動の途中面白いもの見つけたと言わんばかりにこちらの前で…

本阿弥光悦書・俵屋宗達画「鶴下絵三十六歌仙和歌巻」

これ、銀で描かれている作品ですが、劣化せずによく色が残っています。


でも、光悦気張りすぎちゃったのでしょうね〜一番最初の書きはじめでいきなり間違えています。「柿本人丸」(柿本人麻呂)の「人」という字を抜かしてしまってます。しかもそのあと、横に「人」って書かれている。

それでも、これ良い作品です。
刀(刀職人)と同じで良いものばかり観ていると、悪いものを観た時にすぐ分るようになります。絵もこうした良いもの沢山観ることが大事なんですね〜

宗達 vs 光琳


俵屋宗達「蔦の細道図屏風」

空間を表す金と、蔦の部分の金、二種類の金色が使われています。それにしても土手の上の帯状の部分が蔦は描いてあるけど、何だかよく分かりません。昔はどうだったか分かりませんが近代の人間にとっては、こうした謎めいた部分を有する大変気になる作品です。

この作品は大阪の萬野美術館が所蔵していたのですが、閉館してしまい今はどこに?「京都・相国寺です」あぁ、お金ありますね〜あそこは。。。

補足:萬野美術館閉館について拙サイトより。
大阪の萬野美術館が2004年2月28日に閉館してしまいました。(萬野汽船創業者の収集品をもとに88年開館)新聞によるとやはり財政難が一番の理由との事。2001年7月には、重要美術品を含む所蔵品の一部を海外で競売にかけたこともあり(イギリスで重要美術品7点を含む111点を約7億円で落札された)以前より財政的に厳しいとされてたそうです。

所蔵していた国宝「玳玻天目散花文茶碗」の行方が気になっていましたが、京都市上京区の相国寺境内にある承天閣美術館が、同寺を建立した足利義満の600年遠忌を記念し、新たに展示室や収蔵庫を増設し2007年春に開館するのに合わせて、こちらの美術館へ寄贈されたそうです。「玳玻天目散花文茶碗」の他にも萬野美術館より、円山応挙筆「牡丹孔雀図」(重文)、円山応挙筆の「大瀑布図」、「赤楽茶碗加賀光悦」(重文)、俵屋宗達筆「蔦の細道図屏風」(重文)など約200点が寄贈されるそうです。


「蔦の細道図屏風」の隣にある尾形光琳の「白楽天図屏風」については、緑がよく分からないところに引かれていたり、こんなのあり得ない浪頭を胡粉で白く描いていたりと。。。応挙の波と比べるとその差は歴然。土産物的な作品。

応挙 vs 芦雪 


円山応挙「猛虎図屏風」、長沢芦雪「虎図襖」

山口さんは応挙派らしく、応挙については雄弁に語るも芦雪となるとあっさり。

二枚の虎の絵も応挙に関しては、バックがのっぺりとした金の割には絵が(陰影がない所為か)うまいことおさまっている。丁寧で毛並みは勿論のこと、牙の処理など筆致ひとつで表現。川合玉堂などとは違ったいい意味での空間のねじれがあり、写実的でありながら平面的な作品。

応挙は真面目で丁寧だったのでしょうね〜


芦雪の虎の前はスルー同然。

応挙の「保津川図屏風」を熱く語る山口さん。


左側にある芦雪の「海浜奇勝図屏風」に関しては、斜に構えた感じ。絵具がだだ流れ。しかも乾く前に描いている。やる気があるのか〜と。しかしそれも確信犯的なところがあります。自分の筆に溺れるタイプです。

山口の描き出す作品を鑑みれば、応挙好きなのも納得いきます。

若冲 vs 蕭白


伊藤若冲「仙人掌群鶏図襖」

勘所が鋭い絵師だったと思います。若冲って。羽根の模様など油絵の技法に近いものがあります。細かく描いているようで、さっと描いています。

また思ったほど厚塗りではないのが分かります。使用していた顔料が良かったせいでしょう。河鍋暁斎も言っていましたが、パーツの形の癖を覚えて描くんだそうです。動いているものを描くときほど目を瞑り、瞼に残った残像を頼りに。

「石灯籠図屏風」は点描で石の濃淡を描き分けていて凄い!なんて言われていますが、日本画の筆であれやってみればわかりますが、最初は細かくても次第にすぐ濃くなってしまうものです。苦労して描いた割には効果がなかった作品かも。

そうそう、山口さん「たわしねこ」お好きだそうです。


曽我蕭白「群仙図屏風」
次の池大雅とは対照的な作品です。

なんて言いましょうか…友達にはなれない人ですね、蕭白。あの芦雪がいい人に思えるくらい、きっとめんどくさい人だったのでしょう。(長い落款を見つつ)

自分自身で自分を呑み込んで、転がり続けたような人。

西洋画では一枚の作品に同じストロークで筆をいれますが、蕭白の場合はいくつもの違った筆の運びを一枚の絵の中で展開させています。そういうのを観ていると「はっ!ほっ!はっ!」と飛び跳ねたくなります。(実際に飛び跳ねていました)

近視眼的にギュッと捉える画面のあり得ない揺らめきがある作品でもあります。でも意外と本人は醒めていたのかもしれません。

トークショーはここで終了。

掲載している写真は主催者の許可を得て撮影したものです。

【関連エントリー】
- 弐代目・青い日記帳 | 「対決-巨匠たちの日本美術」
- 弐代目・青い日記帳 | 対決×ペア券@山口晃
- 弐代目・青い日記帳 | サボテン若冲上京!!
- 弐代目・青い日記帳 | 7月の東博を如何せん
- 弐代目・青い日記帳 | 山口晃氏が伊藤若冲を描き、そして「石灯籠図屏風 ...
- 弐代目・青い日記帳 | フェルメール展も忘れずに。
- 弐代目・青い日記帳 | 「フランスが夢見た日本」

予定の時間(一時間)を軽くオーバーしましたが、あっという間の贅沢な時間でした。平日にも関わらず約50名の参加者(今回webのみの受付で400人もの応募があったそうです)の為に遅くまで博物館を開放して下さった職員の方々にお礼の言葉を述べさせて頂きます。「ありがとうございました。厚く御礼申し上げます。」

またこうした機会を設定して下さった関係者の方にも。感謝感謝です。

創刊記念『國華』120周年・朝日新聞130周年 
特別展「対決−巨匠たちの日本美術」は東京国立博物館にて
8月17日(日)まで開催されています。

こちらにも書きましたが、見逃すと一生後悔します。
既にご覧になられた方も是非またもう一度。
8月11日〜8月17日には俵屋宗達と尾形光琳がそれぞれ描いた「風神雷神図屏風」によるカチンコ対決も待っています!

詳しくは東京国立博物館のサイトまで。

また公式サイトでは随時お得な情報も盛り沢山。
特別展「対決−巨匠たちの日本美術」公式サイト
7月中の金曜日の夜間に行くと山口晃さんが描いた絵師たちをあしらった「屏風型巨匠カレンダー」(非売品)をプレゼント!

またこちらのブログでも山口さんが語る12の「対決」を読むこと出来ます。
【外伝】特別展「対決−巨匠たちの日本美術」ブログ

おまけ
トークショー終了後、会場入口付近で撮影。

「何かポーズをお願いします」と頼んだところ、このようなお姿で。。。

山口さんどうもありがとうございました!!

【関連エントリー】
- 弐代目・青い日記帳 | 「山口晃展」
- 弐代目・青い日記帳 | 「アートで候。」山口晃ギャラリートーク
- 弐代目・青い日記帳 | 山口晃トークショーin練馬区立美術館
- 弐代目・青い日記帳 | 「会田誠 山口晃 トークショー」
- 弐代目・青い日記帳 | 「山口晃展 今度は武者絵だ!」
- 弐代目・青い日記帳 | 「アートで候。会田誠 山口晃展」
- 弐代目・青い日記帳 | 『山口晃が描く東京風景 本郷東大界隈』刊行記念講演
- 弐代目・青い日記帳 | 「モーニング」表紙担当・山口晃!
- 弐代目・青い日記帳 | 根津神社 御遷座300年大祭

prints (プリンツ) 21 2008年春号 特集・山口晃 [雑誌]
prints (プリンツ) 21 2008年春号 特集・山口晃 [雑誌]

おまけ
「対決展」ミュージアム・ショップで販売されているミニ・クリアファイル。
中を開くと…山口さんが手がけた絵師のイラストが!!

缶バッチもいいけど、こちらも是非。


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1454

JUGEMテーマ:アート・デザイン


| 講演会 | 23:47 | comments(14) | trackbacks(0) |
こんばんは。

臨場感あふれるすばらしい記事、感激です。
ありがとうございました。
山口晃さんのお声が聞こえてくるようです。

さあ、また行かなくては。
| すぴか | 2008/07/19 12:07 AM |

@すぴかさん
こんばんは。

いえいえ。
友人が当たらなかったそうなので
その分も頑張りました。

>さあ、また行かなくては。
ですね。行くたびに新発見あり
感動の連続です!!
| Tak管理人 | 2008/07/19 12:31 AM |

ごぶさたしております。

詳しいレポートありがとうございます。
私も応募したけどハズレ組でした。

山口さんは長沢蘆雪にはあまり興味がないのですか(笑)。
わかるような気もします。

Takさんの記事を読むたびに期待がふくらみます。
早く行かなくちゃ。
| 大の | 2008/07/19 1:18 AM |

レポート楽しく拝読いたしました。ありがとうございます。
申込みましたがハズレたようで 残念無念です。。

50名の定員のところ400名の申込みとは!驚きです。

それだけ期待の高さが伺えますね。ますます楽しみになって参りました。


| 菜穂 | 2008/07/19 2:03 AM |

なるほど、プロが語る解説、面白いですね。
柿本人丸、気になっていたのですが、やはり
間違いだったのですね。ここで分かって安心しました。
松林図屏風、空間が広がる「ある地点」を探してみます。
| 一村雨 | 2008/07/19 5:15 AM |

山口氏のギャラリートーク、本当に本当〜に行きたかったのに・・・50名の定員に400名の申込み、クジ運の悪すぎる私ではやはり無理だったのね〜(号泣)
でもTakさんの素晴らしいレポートで、雰囲気味わう事ができました。
ありがとうございます!
| えりり | 2008/07/19 6:07 AM |

臨場感あふれる丁寧なレポートありがとうございます☆
行かなくては!
| Pecoe | 2008/07/19 10:43 AM |

レポートを読んでいて思い出を新たにしました。
山口さんは蘆雪はスルーでしたか・・・
蘆雪の虎は私をにまにまさせてくれます。
写真を追って見ているだけで楽しいギャラリー
トークの雰囲気が伝わってきました。
蒼々たる作品を前に山口さんが語る姿の絵は
「ものすごく贅沢な時間」をそのまま物語ってますね。
| ナネット | 2008/07/19 11:58 AM |

はじめまして。
詳細にして楽しいルポ、興味深く拝見させていただきました。

先日、中国地方からやっとこさ出て来てこの展覧会を拝見しましたが、
『東博、やりすぎだぞ』と思いつつ、4時間釘付けでした。
こういう展覧会が地方巡業してくれたらなぁ、と思います。
地方の美術館に勤務する者として、美術館ボランティアさんや地元の子供達を連れて行って見せてあげたい・・・

Takさんの展覧会記事を読むと、最近、東京やその近隣の美術館博物館がすごく頑張っているのがよくわかるので、うちも負けてられないな、と思います。
これからも美術館日記を楽しみにしております、それでは。
| 砂海ん | 2008/07/19 12:33 PM |

山口さん、絵になりますね〜。
写真のおかげで臨場感満点、とっても面白いエントリでした。
ありがとうございます!
| ogawama | 2008/07/19 1:42 PM |

@大のさん
こんばんは。
メッセありがとうございます。

芦雪のような描き方は
山口さんとは正反対でしょうからね。
逆に応挙のことは褒めていましたよ〜
丁寧だと。

一度行くと病みつきになります。
ご注意あれ。

@菜穂さん
こんばんは。

短期間でありながら400名の応募は驚きです。
日本美術館の展覧会に山口さんを起用しようと
考え付いた方、かなり頭の切れる方かと。

麻薬のような展覧会です。
ほんと、一度行くとまだ二度、三度と行きたくなります。

@一村雨さん
こんばんは。

解説というか、のらりくらりと
お話されたので、書いてあることと
山口さんが言わんとしようとしたことが
合致しているか不安ですが、まぁ雰囲気だけでも。

松林図屏風は描けそうで絶対描けないと仰っていました。

@えりりさん
こんばんは。

写真も出来るだけたくさん載せたので
会場の雰囲気だけでも味わっていただければと。
主催者の方や東博の職員の方々にはほんとに
感謝感謝です。そうそう、狙い目は
金曜夜ですよ。特製ポストカードもらえます。

@Pecoeさん
こんばんは。

友人でも外れた方が多かったもので
一生懸命珍しく書きました。

今、東博は凄い事になっています。
表慶館も本館も見逃せません。

@ナネットさん
こんばんは。

自分は確かに典型的なO型で大雑把な性格ですので、
割とああいった芦雪のような雑な絵が好きなのですが
逆に山口さんのような繊細な方にはとっては…

>写真を追って見ているだけで楽しいギャラリー
>トークの雰囲気が伝わってきました。

折角ですからね〜
写真があった方がいいかと思いまして。
頑張ってみました。下手なりに。

@砂海んさん
こんばんは。
はじめまして。コメントありがとうございます。

東博かなり力技的な展覧会ですが
「打ち上げ花火」としては大成功でしょう。
普段、日本美術に興味関心のない方も
これなら行って確実に楽しめます。

いわんや、をやで、4時間ですか…
凄いですね。くたくたではないですか。
作品と対峙するだけでも体力使いますからねーー

>これからも美術館日記を楽しみにしております
ありがとうございます。
こんな拙い記事でも読んでいただける方がいるだけ
幸せです。続ける力にもなります。

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

@ogawamaさん
こんばんは。

絵になりますでしょ!
S嬢大興奮でした。
記念撮影もしたので
あとで見せてもらえるかと。

頑張って書いた甲斐がありました。
| Tak管理人 | 2008/07/19 11:33 PM |

はじめまして。
mixiの足跡からお邪魔します。
以前からこっそりとブログを拝見していました。
いつも詳しいレポートを書いて下さって感謝しています。

ギャラリートーク私も参加したのですが、
400名もの応募があったとは…
「あわわ…私なんかが参加しちゃってごめんなさい」って心境です(^^;

これからもブログ楽しみにしています。
| みんきゅ | 2008/07/20 9:43 PM |

いいですね〜山口さん。
最初から諦め組?としては、とってもありがたいレポートです。

さて、展覧会へは早速先週行ってこれたのですが、後半また再訪する予定です!
| tsukinoha | 2008/07/21 5:37 AM |

@みんきゅさん
こんにちは。

拙いブログご覧になっていただき恐縮です。
ありがとうございます。

あの場にいらしたのですね!
どうでしょう?山口さんが説明されたこと
だいたいこれで合っていますよね?
(などと今さら伺ってみるのも…)

これからも宜しくお願いいたします!

@tsukinohaさん
こんにちは。

流石にこの展覧会だけは一度行っただけでは
どうにも満足できない、または勿体ないですよね。

自分も帰国したらラーメン屋とこの展覧会に
まっさきに出向きたいと思っています。
(あれ、フェルメール展は…)
| Tak管理人 | 2008/07/21 9:45 AM |










http://bluediary2.jugem.jp/trackback/1454
編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 素敵な時間を楽しむ』(世界文化社)好評発売中です。


青い日記帳(編集)『美術展の手帖』小学館より発売中です。


青い日記帳「出前ブログ」連載中


gooいまトピ連載中

朝日マリオン・コム「ぶらり、ミュージアム」


山下裕二&井浦新トークショー


青い日記帳コラボグッズ

「展覧会に出かける前に準備しておきたい5つのこと。」

「展覧会を何十倍も楽しむために心がけたい5つの秘訣。」

フェルメールへの招待
國學院大學文学部教授の小池寿子先生監修。不肖私(Tak)が編集と一部執筆しました。詳細はこちら

【展覧会レビュー】
山口晃 平等院養林庵書院奉納襖絵
ゴッホの幻の「ヒマワリ」
黒田記念館リニューアルオープン
日本美術ちらし寿司
「オスカー・ニーマイヤー展」
「ディン・Q・レ展:明日への記憶」
特別展「白鳳」
「森本美由紀展」
「クレオパトラとエジプトの王妃展」
「メカニックデザイナー 大河原邦男展」
「青樹うめ展」開催!
「藤田美術館の至宝 国宝 曜変天目茶碗と日本の美」
「伝説の洋画家たち 二科100年展」
「動きのカガク展」
「ボルドー展」
「シカゴ ウェストンコレクション 肉筆浮世絵」開催!
「芸術の秋」、「琳派の秋」。
特別展「蔵王権現と修験の秘宝」
「teamLab Exhibition, Walk Through the Crystal Universe」
特別展「生命大躍進」
「SHIBUYA」
「琳派と秋の彩り」
「箱根で琳派 大公開〜岡田美術館のRIMPAすべて見せます〜」
あなたは五姓田義松を知っていますか?
「風景画の誕生展」
「国宝 一遍聖絵」が全巻全段展示されます!
美術館でコスプレ!
Ingress(イングレス)でミュージアム巡り。
2015年、都内で観られる西洋絵画の展覧会
プロが選ぶ「2014年 ベスト展覧会」
かみさんが選ぶ「2014年 ベスト展覧会」
2014年 展覧会ベスト10


パリ行って来ました
オランダ行って来ました
 

BLUE HEAVEN(本館)

『文藝春秋』に寄稿しました。

『AERA』に載りました。

「マウリッツハイス美術館展公式ガイドブック」編集・一部執筆しました

「ザ・シネマ」に寄稿しました。

トークショーに出演しました

日経に掲載されました

朝日新聞に掲載されました

再び日経に掲載されました

「美連協ニュース」寄稿

『アートコレクター』で紹介されました

Yahoo!カテゴリ絵画に登録されました

+ CATEGORIES
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
moon phases
 
   
+RECOMMEND
  
ロマネスク美術革命 (新潮選書)
ロマネスク美術革命 (新潮選書) (JUGEMレビュー »)
金沢 百枝
11~12世紀のロマネスクこそは、ヨーロッパ美術を大きく塗りかえる「革命」だった。宮廷文化から民衆文化への流れのなかで、知識より感情を、写実よりかたちの自由を優先する新たな表現が、各地でいっせいに花ひらく。古代ギリシア・ローマやルネサンスだけがスタンダードではない。モダン・アートにも通じる美の多様性を、豊富な図版を例に解きあかす。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
若冲の描いた生き物たち
若冲の描いた生き物たち (JUGEMレビュー »)
小林 忠,小宮 輝之,湯浅 浩史,佐々木 猛智,本村 浩之,秋篠宮 文仁
若冲と学研がコラボした画期的な若冲本!レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
叢 小田康平の多肉植物
叢 小田康平の多肉植物 (JUGEMレビュー »)
小田 康平
「人の間にあるサボテン−自由な美しさ、見たことのないトーン。自然と人との関わり、その不思議を小田康平さんは知っている。とても豊かだ」レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ)
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ) (JUGEMレビュー »)
岡田 裕子,阿部 謙一,松下 学
現代美術家岡田裕子が主宰、会田誠顧問による謎の人形劇団「劇団★死期」の伝説の公演を小説化。アートの知識を楽しく学べる児童文学。

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
名画のネコはなんでも知っている
名画のネコはなんでも知っている (JUGEMレビュー »)
井出 洋一郎
ゴッホ、ミレー、ゴーギャン、ゴヤ、ルノワール、歌麿、北斎、国芳などの天才画家たちの思想を、まさかのネコ目線でひも解く、新感覚な名画解説書。
+RECOMMEND
  
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ) (JUGEMレビュー »)
オノユウリ
アートに囲まれて働く美術館学芸員。優雅な職業のイメージだけど、実際は日々、ドタバタの連続なのです!? 展覧会の舞台裏から、学芸員のお仕事のリアルまで。美術館の知られざる一面を描くコミックエッセイ!
+RECOMMEND
  
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556)
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556) (JUGEMレビュー »)
山本 聡美
腐敗し白骨化してゆく亡骸の様子を克明に描く「九相図」。仏教とともに伝来し、日本に深く根を下ろしたこの図像には、生と死、そして肉体の無常をめぐるいかなる想いが秘められているのか。豊富な図版とともに探る。
+RECOMMEND
  
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル)
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル) (JUGEMレビュー »)
谷口 ジロー
ルーヴル美術館とビッグコミックオリジナルの共同企画。オールカラー豪華版。
+RECOMMEND
  
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス)
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス) (JUGEMレビュー »)
黒田 いずま
美術館で働く学芸員の近江さん。個性豊かなメンツが解説、展示、監視などの仕事を通して、日々様々な工夫をしながら楽しく来館者をお出迎えする日常をユーモラスかつ鋭いツッコミで描いた作品。
+RECOMMEND
  
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡 (JUGEMレビュー »)

普段は単眼鏡で済ませていますが、どうしても隅々まで観たい作品の場合はこの双眼鏡を使ってます。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書)
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書) (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
美術史の実践方法が最後にまとめられています!世界が変わる、名画の見方。前作「西洋美術史入門」からさらに一歩奥へ。池上英洋 著

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection)
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection) (JUGEMレビュー »)
川端 康雄,加藤 明子
夏目漱石をイチコロにしたウォーターハウスの文学性と蠱惑的な魅力を余すところなく紹介!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福 (JUGEMレビュー »)
池永康晟
日本画の異才“池永康晟”がベールを脱ぐ!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
すゞしろ日記 弐
すゞしろ日記 弐 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
画家・山口晃のエッセー漫画第2弾。

面白きことも無き世を、面白く!

画家・山口晃の“どーでもいいけど楽しげなこと”満載
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
OLYMPUS ダハプリズム防水単眼鏡 ギャラリースコープ Monocular I 6×16
OLYMPUS ダハプリズム防水単眼鏡 ギャラリースコープ Monocular I 6×16 (JUGEMレビュー »)

観劇・美術鑑賞・セミナーなどの知的シーンや、コンサート会場・ファッションショーなどで大活躍!
軽いのでいつも持ち歩いています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫)
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
宮下規久朗
宮下規久朗先生の最新刊!絵画に描かれた代表的な「モチーフ」を手掛かりに美術を読み解く、画期的な名画鑑賞の入門書。カラー図版150点を収録した文庫オリジナル。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工 (JUGEMレビュー »)

「これ一冊で日本美術を鑑賞する際の知識が全て揃う」
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
アイテムで読み解く西洋名画
アイテムで読み解く西洋名画 (JUGEMレビュー »)
佐藤 晃子
西洋絵画を鑑賞する際に必要となる宗教画,神話画の50のアトリビュートを紹介。ありそうで無かった絵画ファン待望の一冊。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術鑑賞手帳
美術鑑賞手帳 (JUGEMレビュー »)

美術鑑賞の楽しみをさらに広げるこれまでになかった手帳です。ミニガイドと書き込み式の鑑賞の記録ページが一緒に。

自分もお手伝いさせて頂きました。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
画家の食卓
画家の食卓 (JUGEMレビュー »)
林 綾野
画家たちが楽しんだ26のレシピを再現。クレー、フェルメール、セガンティーニ、メムリンクの暮らしと創作現場を巡る旅。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い (JUGEMレビュー »)
サンディ ネアン
とかく扇情的に扱われる美術品盗難。だが実際は、麻薬や犯罪に絡む危険な裏社会と結びつく場合が多い。事件に巻き込まれた学芸員の立場からその実態を訴え、問題点を考察する一書。 レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
江戸の献立 (とんぼの本)
江戸の献立 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
福田 浩,松井 今朝子,松下 幸子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻))
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻)) (JUGEMレビュー »)
長岡 龍作
法隆寺金堂内陣は、普段は大変暗い上に太い円柱に加え、金網が廻らされており、その詳細はなかなか見ることができません。今までに撮影された写真も鮮明さということでは満足のゆくものではありませんでした。今回は最新の撮影技術により、南面(正面)のみならず、北面(背面)からも撮影。その結果、全く見たことがない写真を目の当たりにすることになりました。仏像の質感と量感、豊かな色彩に感嘆し、感動をおぼえる一冊となっています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
山口晃 大画面作品集
山口晃 大画面作品集 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
8年ぶり、待望の最新作品集。11月26日発売!予約しないと!!

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本)
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
山本 勉,ヤノベ ケンジ,橋本 麻里,みうら じゅん
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
知識ゼロからのキリスト教絵画入門
知識ゼロからのキリスト教絵画入門 (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
池上英洋先生が易しく紐解く『聖書』の世界。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
芸術家の家: 作品の生まれる場所
芸術家の家: 作品の生まれる場所 (JUGEMレビュー »)
ジェラール=ジョルジュ ルメール,ジャン=クロード アミエル
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
フェルメールへの招待
フェルメールへの招待 (JUGEMレビュー »)

不肖・私がフェルメール30作品の解説執筆と全体の編集に携わった一冊です。オールカラーB5版。96ページから成る、これまでにないフェルメールパーフェクトガイドです。主に「フェルメール初心者」に向け丁寧に噛み砕いた表現で綴られているので、美術の専門用語を知らずともフェルメール作品について一通りの知識を得ることが出来ます。

お手に取って頂ければ幸甚です。よろしくお願い致します。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件 (JUGEMレビュー »)
レニー ソールズベリー,アリー スジョ
来歴さえあれば、たとえ贋作でも「ほんもの」になる。詐欺師は驚くべき方法で美術史を捏造した。美術界を震憾させた事件を追うドキュメンタリー。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース)
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース) (JUGEMレビュー »)
林 綾野
林綾野さんの待望のフェルメール本!レビュー&インタビュー→こちら
+RECOMMEND
  
ヴァチカン物語 (とんぼの本)
ヴァチカン物語 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
塩野 七生,藤崎 衛,石鍋 真澄
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
野兎の眼
野兎の眼 (JUGEMレビュー »)
松本 典子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105 (JUGEMレビュー »)

掌に収まる単眼鏡は、必要なときにサッとポケットなどから取り出して使える便利な、美術館・博物館必須アイテム。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術のことば案内
日本美術のことば案内 (JUGEMレビュー »)
日高 薫
レビュー→こちら
日本美術鑑賞の際に、よく出てくる言葉を満載。絵画、彫刻、工芸品などの具体的な写真をふんだんに使い紹介
+RECOMMEND
  
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS


このページの先頭へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...