弐代目・青い日記帳 

  
TB&リンク大歓迎です!
大事な時にどうして…
鳥明日、8月2日より東京都美術館でいよいよ幕を開ける「フェルメール展〜光の天才画家とデルフトの巨匠たち〜」世界に30数点しか現存しないとされるオランダ、デルフトの画家ヨハネス・フェルメールの作品がまとめて一挙に7点も日本にやってくるのですから、これはまさに事件です。


フェルメール展〜光の天才画家とデルフトの巨匠たち〜
2008年8月2日 - 2008年12月14日 東京都美術館

asahi.com:フェルメール展「光の天才画家とデルフトの巨匠たち」
フェルメール展 | 日本オランダ年2008-2009
東京都美術館 フェルメール展

どこもかしこも大騒ぎ。いつもならその先頭に立って旗振り役をしているはずなのですが、今回は全くテンションあがらず。。。どうしてヨーロッパ各地からフェルメールが日本にやってくるのに、自分は仕事でこともあろうにヨーロッパへ行っていなくてはいけないのか。。。う〜ん天罰かな。

今回の出張の話を受けまっさきに頭に浮かんだのがフェルメール展。
おいおい、初日に行けないジャン!
よしんば今頃前日に運良く内覧会へも行けたかもしれないのに…

海外のサイトでも勿論この展覧会のことは大きな話題となっています。
例えば、vermeer関連の情報に最も秀でている「Essential Vermeer」でも「7 Vermeers travel to Japan 」と題されしっかりと紹介されています。

Vermeer and the Delft Style
Tokyo Metropolitan Art Museum in Ueno-koen
August 2 - December 14, 2008

Vermeer and the Delft Style features 7 rare masterpieces by Johannes Vermeer and other paintings by his contemporaries affording viewers a suggestive glance of Golden Age of Dutch Art. There has been no occasion, where these masterpieces come together in one exhibition ever hosted in Asia and only three of the Vermeer’s have been formally exhibited.

The Vermeer paintings included in the exhibition are: The Little Street, Diana and her Companions, The Girl with the Wineglass, Woman with a Lute, Christ in the House of Martha and Mary, The Art of Painting' and the recently re-attributed A Young Woman Seated at the Virginals which is rarely on public view. The exhibition also features the miniscule masterpiece View of Delft by Carel Fabritius, a splendid view of Delft by Van der Heyden and two fine De Hoogh’s.

The exhibition will be supervised by Dr. Peter C. Sutton Director of Bruce Museum (U.S.A.) and Dr. Jeroen Giltaij Chief Curator of Museum Boijmas van Beuningen (Rotterdam, The Netherland).

よくよく思い返してみればフェルメールとの相性決して今まで良かったわけではありません。ウィーンで振られ、ロンドンで一日違いで会えず、ハーグでも然り。

まぁ、いくらほぞを噛んでみても仕方ないこと。
帰国したらゆっくりと挨拶に行きたいと思います。

さて、さて今回の展覧会。フェルメールばかりどうしても注目されがちですが、サブタイトルに〜光の天才画家とデルフトの巨匠たち〜とあるようにフェルメールと同時代、小さなオランダの街デルフトで活躍した画家さんたちも数多く紹介されます。今でこそフェルメールは誰しも知る画家ですが、17世紀当時はこれから紹介する画家さんたちの方がメジャーな存在でした。


ヤン・ファン・デア・ヘイデン(1637-1712)
デルフト旧運河と旧教会の風景

デルフトを訪れたなら必ずこの角度から旧教会を眺めることになります。ゆっくり歩いても一時間もあれば街の中をぐるっと見て回れるほどのこじんまりとした街です。そしてフェルメールやファン・ヘイデンが活躍した当時とほとんど変わらぬ光景を目にすることができます。


こちらは数年前に自分がデルフトに行った際に撮影してきたもの。
ファン・ヘイデンの作品を意識したわけではなく、何気なく撮った一枚。
この運河に沿って歩いているとどうしてもこの角度から撮りたくなります。

ところで、写真だと協会が左側に傾いているように見えます。
その通り!運河側に傾いています。ピサの斜塔ならぬデルフトの斜塔です。

因みにこの旧教会の中にフェルメールのお墓があります。


カレル・ファブリティウス(1622-1654)
デルフトの眺望

若くして火薬庫の爆発事故に巻き込まれ命を落としたデルフトの画家。生きていたらフェルメールを脅かすほどの存在になっていたこと間違いありません。

この絵に描かれているのは新教会。やはりデルフトの街中にあります。(旧教会のすぐ近く)ここの場所も今でも同じような景色を目にすることが可能です。


ファブリチウスは魚眼レンズで観たような極端な遠近法を用いて新教会を中心に据えデルフトの眺望を描いています。この極端に歪んだ空間をどのように鑑賞したかについては、ニューヨーク、メトロポリタン美術館で2001年に開催された展覧会「Vermeer & the Delft School」の会場に「暗箱」のようなものがこの絵と一緒に展示されていました。


このように作品をたわめてはめ込み、向かい側にあけた穴から覗き込んで鑑賞する仕組みになっていたようです。


今回もこのトリック装置展示されるかな?

「Vermeer and the Delft School」の超重量級の図録。
Vermeer and the Delft School (Metropolitan Museum of Art)
Vermeer and the Delft School (Metropolitan Museum of Art)
Walter A. Liedtke,Michiel Plomp,Axel Ruger

現在ではデルフトの街のあちこちにこうした名画の解説が書かれたボックスが設置されています。もちろんここにも!


更にフェルメールと同じく室内の様子を描いた画家、ピーテル・デ・ホーホ(1617-1683 以降)の作品も数点出展されるようです。フェルメール展というと抱き合わせのようにホーホの作品が展示されます。どこでも。。。


ホーホ「幼児をあやす女性と子供と犬

以前は断然フェルメールの静かな室内画が良いと感じましたが、年をとったせいでしょうか、最近ではホーホの描く幸せそうな家族を描いた作品もいいな〜と思うようになりました。観る時によって絵の感じ方も変わってくるものです。

ということで、12月14日までの長丁場となるフェルメール展。フェルメール作品だけでなく、デルフト出身の同時代の作家さんの作品も楽しむことが出来るはずです。そしてそうすることにより、一層フェルメール作品の理解が深まることでしょう。

なんて、偉そうなこと言ってないで、早く日本に帰らなきゃ!!

フェルメールの秘密 (イメージの森のなかへ)
フェルメールの秘密 (イメージの森のなかへ) 利倉 隆

【関連エントリー】
- 弐代目・青い日記帳 | 2008年「フェルメール展」開催!!
- 弐代目・青い日記帳 | フェルメール「牛乳を注ぐ女」初来日!
- 弐代目・青い日記帳 | あなたが選ぶ「フェルメール」
- 弐代目・青い日記帳 | フェルメール礼讃
- 弐代目・青い日記帳 | 「フェルメール・センター」閉館
- 弐代目・青い日記帳 | フェルメールの素顔?!
- 弐代目・青い日記帳 | レストラン「Johannes Vermeer」
- 弐代目・青い日記帳 | 贋作?真作?Vermeer
- 弐代目・青い日記帳 | 「婦人画報」 でVermeer
- 弐代目・青い日記帳 | すれ違い「絵画芸術」
- 弐代目・青い日記帳 | 長雨を眺めつつ
- 弐代目・青い日記帳 | フェルメール礼讃

おまけ:
以前、この記事「フェルメール展も忘れずに。」で書いて反響のあった我が家のフェルメール・ステンドグラス。写真撮ってみました。


いい感じでしょ!!

西側の高い位置にある窓なので、西日が差し込むと壁にはこんな模様が。


フェルメールのステンドグラスを自宅に!

【お知らせ】
現在海外出張中です。帰国は8月4日の予定です。ノーノー
それまでの間、毎日0時に記事が自動更新されるよう設定していきます。
ただし、コメントとTBは受け付けないように設定します(帰国後解除)
また、今までの記事に対してのコメントも承認制とさせて頂きます。
留守中何かとご不便おかけしますが、何卒ご理解下さい。


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1466

JUGEMテーマ:アート・デザイン


| フェルメール | 00:00 | comments(3) | trackbacks(0) |
おかえりなさいませ(^-^)
出張先では美術館巡り出来る時間はあったのかしら?
そう!Takさんより一足先にフェルメール展行ってきました♪
7点たっぷりと堪能してきましたよ。
今回は説明がとっても丁寧なんで
私のように美術に詳しくなくっても分かりやすかったです☆
日記を拝見して、
さらにフェルメールの絵も見てくると
デルフトに行ってみたくなります。
| サッチャン | 2008/08/04 4:51 PM |

8/25(月)の特別招待が当たりました。
これとは別に、招待券も当たってしまいました。
取りあえず、今週の夜間開館が狙い目でしょうか。
| 鼎 | 2008/08/05 12:34 AM |

@サッチャンさん
こんばんは。

ただいまです。

美術館それなりに観てきましたよ。
あちらは夜遅くまで開館しているので
有り難いです。日本も見習わなくちゃね。

フェルメール展はうちのかみさんも
既に観に行ってきてカタログだけが
部屋にあります。
今日も行くつもりなら行けたのですが
じっくり、ゆったりと鑑賞できる日を
設けてから行くことにします。

楽しみです!!!

@鼎さん
こんばんは。

凄い幸運ですね〜
倍率さぞかし高かったことでしょう。
今回ばかりは流石に夜間も見せるのですね。
来週になってしまいそうですが、楽しみです。
| Tak管理人 | 2008/08/06 12:02 AM |










http://bluediary2.jugem.jp/trackback/1466
編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 素敵な時間を楽しむ』(世界文化社)が2月18日に発売になります。


青い日記帳(編集)『美術展の手帖』小学館より発売中です。


青い日記帳「出前ブログ」連載中


gooいまトピ連載中

朝日マリオン・コム「ぶらり、ミュージアム」


山下裕二&井浦新トークショー


青い日記帳コラボグッズ

「展覧会に出かける前に準備しておきたい5つのこと。」

「展覧会を何十倍も楽しむために心がけたい5つの秘訣。」

フェルメールへの招待
國學院大學文学部教授の小池寿子先生監修。不肖私(Tak)が編集と一部執筆しました。詳細はこちら

【展覧会レビュー】
山口晃 平等院養林庵書院奉納襖絵
ゴッホの幻の「ヒマワリ」
黒田記念館リニューアルオープン
日本美術ちらし寿司
「オスカー・ニーマイヤー展」
「ディン・Q・レ展:明日への記憶」
特別展「白鳳」
「森本美由紀展」
「クレオパトラとエジプトの王妃展」
「メカニックデザイナー 大河原邦男展」
「青樹うめ展」開催!
「藤田美術館の至宝 国宝 曜変天目茶碗と日本の美」
「伝説の洋画家たち 二科100年展」
「動きのカガク展」
「ボルドー展」
「シカゴ ウェストンコレクション 肉筆浮世絵」開催!
「芸術の秋」、「琳派の秋」。
特別展「蔵王権現と修験の秘宝」
「teamLab Exhibition, Walk Through the Crystal Universe」
特別展「生命大躍進」
「SHIBUYA」
「琳派と秋の彩り」
「箱根で琳派 大公開〜岡田美術館のRIMPAすべて見せます〜」
あなたは五姓田義松を知っていますか?
「風景画の誕生展」
「国宝 一遍聖絵」が全巻全段展示されます!
美術館でコスプレ!
Ingress(イングレス)でミュージアム巡り。
2015年、都内で観られる西洋絵画の展覧会
プロが選ぶ「2014年 ベスト展覧会」
かみさんが選ぶ「2014年 ベスト展覧会」
2014年 展覧会ベスト10


パリ行って来ました
オランダ行って来ました
 

BLUE HEAVEN(本館)

『文藝春秋』に寄稿しました。

『AERA』に載りました。

「マウリッツハイス美術館展公式ガイドブック」編集・一部執筆しました

「ザ・シネマ」に寄稿しました。

トークショーに出演しました

日経に掲載されました

朝日新聞に掲載されました

再び日経に掲載されました

「美連協ニュース」寄稿

『アートコレクター』で紹介されました

Yahoo!カテゴリ絵画に登録されました

+ CATEGORIES
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
moon phases
 
   
+RECOMMEND
  
ロマネスク美術革命 (新潮選書)
ロマネスク美術革命 (新潮選書) (JUGEMレビュー »)
金沢 百枝
11~12世紀のロマネスクこそは、ヨーロッパ美術を大きく塗りかえる「革命」だった。宮廷文化から民衆文化への流れのなかで、知識より感情を、写実よりかたちの自由を優先する新たな表現が、各地でいっせいに花ひらく。古代ギリシア・ローマやルネサンスだけがスタンダードではない。モダン・アートにも通じる美の多様性を、豊富な図版を例に解きあかす。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
若冲の描いた生き物たち
若冲の描いた生き物たち (JUGEMレビュー »)
小林 忠,小宮 輝之,湯浅 浩史,佐々木 猛智,本村 浩之,秋篠宮 文仁
若冲と学研がコラボした画期的な若冲本!レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
叢 小田康平の多肉植物
叢 小田康平の多肉植物 (JUGEMレビュー »)
小田 康平
「人の間にあるサボテン−自由な美しさ、見たことのないトーン。自然と人との関わり、その不思議を小田康平さんは知っている。とても豊かだ」レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ)
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ) (JUGEMレビュー »)
岡田 裕子,阿部 謙一,松下 学
現代美術家岡田裕子が主宰、会田誠顧問による謎の人形劇団「劇団★死期」の伝説の公演を小説化。アートの知識を楽しく学べる児童文学。

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
名画のネコはなんでも知っている
名画のネコはなんでも知っている (JUGEMレビュー »)
井出 洋一郎
ゴッホ、ミレー、ゴーギャン、ゴヤ、ルノワール、歌麿、北斎、国芳などの天才画家たちの思想を、まさかのネコ目線でひも解く、新感覚な名画解説書。
+RECOMMEND
  
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ) (JUGEMレビュー »)
オノユウリ
アートに囲まれて働く美術館学芸員。優雅な職業のイメージだけど、実際は日々、ドタバタの連続なのです!? 展覧会の舞台裏から、学芸員のお仕事のリアルまで。美術館の知られざる一面を描くコミックエッセイ!
+RECOMMEND
  
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556)
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556) (JUGEMレビュー »)
山本 聡美
腐敗し白骨化してゆく亡骸の様子を克明に描く「九相図」。仏教とともに伝来し、日本に深く根を下ろしたこの図像には、生と死、そして肉体の無常をめぐるいかなる想いが秘められているのか。豊富な図版とともに探る。
+RECOMMEND
  
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル)
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル) (JUGEMレビュー »)
谷口 ジロー
ルーヴル美術館とビッグコミックオリジナルの共同企画。オールカラー豪華版。
+RECOMMEND
  
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス)
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス) (JUGEMレビュー »)
黒田 いずま
美術館で働く学芸員の近江さん。個性豊かなメンツが解説、展示、監視などの仕事を通して、日々様々な工夫をしながら楽しく来館者をお出迎えする日常をユーモラスかつ鋭いツッコミで描いた作品。
+RECOMMEND
  
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡 (JUGEMレビュー »)

普段は単眼鏡で済ませていますが、どうしても隅々まで観たい作品の場合はこの双眼鏡を使ってます。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書)
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書) (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
美術史の実践方法が最後にまとめられています!世界が変わる、名画の見方。前作「西洋美術史入門」からさらに一歩奥へ。池上英洋 著

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection)
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection) (JUGEMレビュー »)
川端 康雄,加藤 明子
夏目漱石をイチコロにしたウォーターハウスの文学性と蠱惑的な魅力を余すところなく紹介!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福 (JUGEMレビュー »)
池永康晟
日本画の異才“池永康晟”がベールを脱ぐ!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
すゞしろ日記 弐
すゞしろ日記 弐 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
画家・山口晃のエッセー漫画第2弾。

面白きことも無き世を、面白く!

画家・山口晃の“どーでもいいけど楽しげなこと”満載
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
OLYMPUS ダハプリズム防水単眼鏡 ギャラリースコープ Monocular I 6×16
OLYMPUS ダハプリズム防水単眼鏡 ギャラリースコープ Monocular I 6×16 (JUGEMレビュー »)

観劇・美術鑑賞・セミナーなどの知的シーンや、コンサート会場・ファッションショーなどで大活躍!
軽いのでいつも持ち歩いています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫)
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
宮下規久朗
宮下規久朗先生の最新刊!絵画に描かれた代表的な「モチーフ」を手掛かりに美術を読み解く、画期的な名画鑑賞の入門書。カラー図版150点を収録した文庫オリジナル。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工 (JUGEMレビュー »)

「これ一冊で日本美術を鑑賞する際の知識が全て揃う」
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
アイテムで読み解く西洋名画
アイテムで読み解く西洋名画 (JUGEMレビュー »)
佐藤 晃子
西洋絵画を鑑賞する際に必要となる宗教画,神話画の50のアトリビュートを紹介。ありそうで無かった絵画ファン待望の一冊。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術鑑賞手帳
美術鑑賞手帳 (JUGEMレビュー »)

美術鑑賞の楽しみをさらに広げるこれまでになかった手帳です。ミニガイドと書き込み式の鑑賞の記録ページが一緒に。

自分もお手伝いさせて頂きました。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
画家の食卓
画家の食卓 (JUGEMレビュー »)
林 綾野
画家たちが楽しんだ26のレシピを再現。クレー、フェルメール、セガンティーニ、メムリンクの暮らしと創作現場を巡る旅。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い (JUGEMレビュー »)
サンディ ネアン
とかく扇情的に扱われる美術品盗難。だが実際は、麻薬や犯罪に絡む危険な裏社会と結びつく場合が多い。事件に巻き込まれた学芸員の立場からその実態を訴え、問題点を考察する一書。 レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
江戸の献立 (とんぼの本)
江戸の献立 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
福田 浩,松井 今朝子,松下 幸子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻))
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻)) (JUGEMレビュー »)
長岡 龍作
法隆寺金堂内陣は、普段は大変暗い上に太い円柱に加え、金網が廻らされており、その詳細はなかなか見ることができません。今までに撮影された写真も鮮明さということでは満足のゆくものではありませんでした。今回は最新の撮影技術により、南面(正面)のみならず、北面(背面)からも撮影。その結果、全く見たことがない写真を目の当たりにすることになりました。仏像の質感と量感、豊かな色彩に感嘆し、感動をおぼえる一冊となっています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
山口晃 大画面作品集
山口晃 大画面作品集 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
8年ぶり、待望の最新作品集。11月26日発売!予約しないと!!

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本)
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
山本 勉,ヤノベ ケンジ,橋本 麻里,みうら じゅん
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
知識ゼロからのキリスト教絵画入門
知識ゼロからのキリスト教絵画入門 (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
池上英洋先生が易しく紐解く『聖書』の世界。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
芸術家の家: 作品の生まれる場所
芸術家の家: 作品の生まれる場所 (JUGEMレビュー »)
ジェラール=ジョルジュ ルメール,ジャン=クロード アミエル
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
フェルメールへの招待
フェルメールへの招待 (JUGEMレビュー »)

不肖・私がフェルメール30作品の解説執筆と全体の編集に携わった一冊です。オールカラーB5版。96ページから成る、これまでにないフェルメールパーフェクトガイドです。主に「フェルメール初心者」に向け丁寧に噛み砕いた表現で綴られているので、美術の専門用語を知らずともフェルメール作品について一通りの知識を得ることが出来ます。

お手に取って頂ければ幸甚です。よろしくお願い致します。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件 (JUGEMレビュー »)
レニー ソールズベリー,アリー スジョ
来歴さえあれば、たとえ贋作でも「ほんもの」になる。詐欺師は驚くべき方法で美術史を捏造した。美術界を震憾させた事件を追うドキュメンタリー。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース)
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース) (JUGEMレビュー »)
林 綾野
林綾野さんの待望のフェルメール本!レビュー&インタビュー→こちら
+RECOMMEND
  
ヴァチカン物語 (とんぼの本)
ヴァチカン物語 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
塩野 七生,藤崎 衛,石鍋 真澄
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
野兎の眼
野兎の眼 (JUGEMレビュー »)
松本 典子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105 (JUGEMレビュー »)

掌に収まる単眼鏡は、必要なときにサッとポケットなどから取り出して使える便利な、美術館・博物館必須アイテム。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術のことば案内
日本美術のことば案内 (JUGEMレビュー »)
日高 薫
レビュー→こちら
日本美術鑑賞の際に、よく出てくる言葉を満載。絵画、彫刻、工芸品などの具体的な写真をふんだんに使い紹介
+RECOMMEND
  
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS


このページの先頭へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...