青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ロンドン・ナショナル・ギャラリーのフェルメール | main | 「フェルメール展」 >>

チェックメイト!!フェルメール完全制覇

1998年(平成10年)から始めた「フェルメール作品完全制覇の旅」にやっと終止符を打つ日を迎えられそうです。盗難に遭ったままの「合奏」を抜かし、2005年(平成17年)の段階で残り2枚となっていました。

1枚は英国ロイヤルコレクションの「音楽のレッスン」。
もう1枚はアイルランド国立美術館の「手紙を書く婦人と召使」。

ところがそれまでとんとん拍子で観て来たフェルメール作品もコンプリート目前にして、重要な仕事を任されてしまい、それまで通り海外旅行へ出掛けることできなくなってしまいました。

2005年に日本経済新聞さんにフェルメール巡礼の旅を記事として取り上げて頂きましたが、この取材を受けた時はまさかそんなことが自分の身に起ろうとは思ってもいなかったので「来年あたり完全制覇達成します」とお答えしました。実際に記事にも「未見作品は英バッキンガム宮殿の「音楽のレツスン」、アイルランド国立美術館の「手紙を書く女と召使」の二点のみとなった。巡礼八年目で、ひとまず完結する予定だ。」と書いて頂きました。

これから数か月後に責任ある仕事がのしかかって来ようとは…

2005年の冬以降、フェルメール巡礼の旅は凍結状態となってしまいました。自分を谷川俊太郎氏になぞるのもおこがましいですが、その著書「散文―私は生きるのを好きだった」の中で「フェルメールへの渇き」と題した文章に他人事とは思えないほど共鳴し、共感を覚えたのも事実。
ワシントンのナショナル・ギャラリーで最後にフェルメールの画を見てから、一年八ヵ月になる。そして、すでに私はフェルメールに渇いている。画の前を離れた瞬間から渇いていたのかもしれない。その渇きはフェルメールを見たという束の間の満足に、ほんの少しの問いやされていたかに思えただけだったのかもしれない。
2007年にアムステルダム国立美術館所蔵フェルメール「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画展が国立新美術館で開催された時はどれほど嬉しかったことか!!

そして今年。責任ある仕事もそれなりに成し遂げ、やっと海外へ行ける身に。待ってましたとばかりに今回の海外出張。嬉しいのやら悲しいのやら複雑な気持ちでした。でもロンドンに行けるならナショナル・ギャラリーで「ヴァージナルの前に立つ女」と「ヴァージなるの前に座る女」を観ることできます。リハビリには贅沢すぎます。
ロンドン・ナショナル・ギャラリーのフェルメール

フェルメール全点踏破の旅 (集英社新書ヴィジュアル版) (集英社新書ヴィジュアル版)「フェルメール全点踏破の旅」朽木 ゆり子

そして更にロンドンで思いもよらぬことが。
それは未見の作品のひとつである「音楽のレッスン」が観られるとのこと。

1998年にロンドンを訪れた際は、自分が帰国する翌日から公開された為一日違いで観ることが出来なかった因縁の一枚です。それが今回は7月29日から一般公開されるバッキンガム宮殿内に展示されるとの情報をゲット。


The summer opening of the State Rooms at Buckingham Palace,
29 July - 29 September 2008


現地ガイドさんに伺うと、エリザベス女王がバカンス中の夏の二ヶ月間だけバッキンガム宮殿の内部に入ることができるそうです。ただしその短期間に世界中の人々が見学に訪れるためとてつもなく混雑し、チケットを買うだけでも一時間はかかるとか。下手をすると入れないこともあるそうです。確実に入る為には予約が一番ということで、早速旅行社に頼み一枚予約をしてもらってから出かけました。


チケットを買い求める人の列列列……

実際は予約をしていても40分くらいは待たされましたが、念願のフェルメール「音楽のレッスン」が観られるならそれくらい何ともありません。しかし行く手を阻むモノがまだいたのでした。屈強な体躯のゲートの係官。チケットを見せ入ろうとすると「待て」と。「ここの入口ではなくあちらだ」と。あちらとは長蛇の列を作っている予約していない飛び込み客の列(因みにチケットを買うのに1時間、それから入場までにまたしばらく並ばせられます)

「違うんだ、予約したんだ!」といくらチケット見せても「No」の一言。終いには「このチケットは無効だ」なんてことまで言ってくる。。。ここから先の遣り取りは英語だったか日本語だったか定かではありません。とにかく必死の形相で「フェルメールを観るために日本から来たんだ!」(そうだったけ??)と赤ん坊のように喚き散らしました。

彼もお手上げとばかりに無線で係りの人を。駆けつけた別の係り員は打って変わってもの分かりのよいスマートな女性。チケットを見るや否や事を把握し「ごめんなさいね〜」と言って入口に案内してくれました。訳を聞くと「旅行社で予約したチケットの場合大半が団体なのでまさか個人で来ているとは思わなかった」とのこと。件の彼からこれ言われたら、何言い訳してんだ!と更に怒りが増しますが、申し訳なさそうな彼女からの言葉なら納得納得。

こうして約2時間後やっとバッキンガム宮殿に入り、フェルメールが展示してあるピクチャー・ギャラリーの間に到着すると12時を告げる鐘が。何というタイミング!


The Picture Gallery at Buckingham Palace

レンブラントやカナレット、ルーベンスなどの名画に混じり入ってすぐの右側の壁に「音楽のレッスン」が掛けられていました。絵までの距離数十センチ。バッキンガム宮殿を訪れている多くの観光客の中でこの絵の前で立ち止まる方はごく僅か。心行くまで堪能してきました。


The music lesson

感想は、少し落ち着いてからサイト(http://www.icnet.ne.jp/~take/14.html)に書くとします。

さて、これでチェックメイトです。
あと一枚アイルランド・ナショナル・ギャラリーの「手紙を書く婦人と召使」を観さえすれば完全制覇達成です。

そして、もう既にお気づきでしょうが、その絵が今、日本に初来日しているのです!しかも当初「フェルメール展」に来るはずだったウィーン美術史美術館の「絵画芸術」が諸般の事情で展示不可となり、その代わりと言ってはなんですが、開幕ぎりぎりで、アイルランド・ナショナル・ギャラリーの「手紙を書く婦人と召使」が追加出品となったのです。



こんな出来過ぎた話があっていいのでしょうか。

「『絵画芸術』がこられない事になったらしいよ。代わりに(と言ってはなんだけど)アイルランドの『手紙を書く夫人と召し使い』が来るみたい。」

この奇蹟的な事を最初に知らせてくれたのがかみさんでした。携帯の短いメールの文面には信じられないことが書いてあり、即確認したのは言うまでもありません。

待てば海路の日和あり。
待てばフェルメール来るあり。

ということで、いつ上野に行こうか迷っています。
帰国後すぐにでも行けたのですが、勿体無くて!

王手かけた今、焦ることありませんよね。「フェルメール展」
頑固な係員さんが居てもここは日本。更に駄々こねられます?!

これまでの足かけ10年に渡る「フェルメール巡礼の足跡」まとめてあります。

ユリイカ 2008年8月号 特集=フェルメール
ユリイカ 2008年8月号 特集=フェルメール

おまけ:バッキンガム宮殿で撮影してきた写真です。



衛兵交代

正面

裏面?

庭園


クイーンズ・ギャラリー(時期によって、年によってフェルメールの展示される場所が違うそうです。基本はここなのかな)

【関連エントリー】
- 弐代目・青い日記帳 | 「フェルメール展」
- 弐代目・青い日記帳 | フェルメール展 限定プレミアム券
- 弐代目・青い日記帳 | フェルメール展も忘れずに。
- 弐代目・青い日記帳 | 2008年「フェルメール展」開催!!
- 弐代目・青い日記帳 | 2008年フェルメール展「前夜祭」
- 弐代目・青い日記帳 | フェルメール・ワインに風神雷神・ベアブリック
- 弐代目・青い日記帳 | 大事な時にどうして...
- 弐代目・青い日記帳 | 「フェルメール 「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画展」
- 弐代目・青い日記帳 | レセプション:フェルメール 「牛乳を注ぐ女」と ...
- 弐代目・青い日記帳 | フェルメール「牛乳を注ぐ女」初来日!
- 弐代目・青い日記帳 | 「フェルメール展」のピーテル・デ・ホーホ


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1474

JUGEMテーマ:アート・デザイン


Each year Buckingham Palace, The Queen's official London residence, is opened to the general public for the summer months whilst Her Majesty is in Balmoral.

The State Rooms form the heart of the working palace and are lavishly furnished with some of the greatest treasures from the Royal Collection - paintings by Rembrandt, Rubens, Poussin and Canaletto; sculpture by Canova; exquisite examples of Sèvres porcelain; and some of the finest English and French furniture.

Each year, a special exhibition is held in the State Rooms during the summer opening. This year's exhibition is 'A State Banquet'. Visitors will be able to see the Ballroom set up for a State Banquet.


フェルメール | permalink | comments(17) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

「チェック・メイト」おめでとうございます.

お互い巡礼を始めた頃は情報も少なく,Takさんと目的地の情報交換をして観に行ったのが,とても懐かしく思い出されます.

私の巡礼もケンウッドハウスとバッキンガム宮殿を残すのみとなりました.
私の旅が終止符を打つのはもう少し先になると思いますが,
私も必ずやVermeerを巡る旅にピリオドを打ちたいと思います.

本当におめでとうございます

written by merion
merion | 2008/08/08 12:33 AM
読んでて興奮しました。
こんな巡り合わせってあるんですね!

しかし、世界を旅してフェルメール作品をすべて鑑賞するってなんて贅沢なことでしょう。

さあ、時間はたっぷりありますよ〜。
存分に堪能してきてくださいね。
あおひー | 2008/08/08 1:00 AM
こんばんは。Takさんの記事からその感動が伝わって、こんな時間にも関わらずこちらも興奮して寝られなくなってしまいました。(?)信じられないような最高のタイミングですね。本当におめでとうございます。

merionさんも仰るように、やはりイギリスがフェルメール巡礼の最難関なのでしょうか。
完全制覇のタイミングのその場でTakさんに祝杯を捧げたいくらいです。
いつご観覧でしょうか。またの記事、心待ちにしてます!
はろるど | 2008/08/08 1:53 AM
Congratulations! What a serendipity!
フェルメールがTakさんに会いに来ているのですね。
とら | 2008/08/08 6:58 AM
Takさま、おめでとうございます★

夢は見るものです。
恋はするものです。
念願成就、素晴らしい巡り会いに
拍手大喝采です。
ブラボ〜〜★
あべまつ | 2008/08/08 1:19 PM
check mate!
おめでとうございます。
幸運な偶然は、到達する
必然的な道筋だったのですね。
公言して夢は実現させた
さすがは 強運のTak氏です。
Vermeer巡礼の旅は、恋路に似ています。
panda | 2008/08/08 4:29 PM
「チェックメイト」おめでとうございます。

最後の一枚が都美にきてたなんて、神様が
最高の場面を用意してくださったのですね!!

ご対面の、完全制覇の瞬間、どんなでしょう。

わくわく!ほんとうにおめでとうございます。
すぴか | 2008/08/08 4:31 PM
Takさ〜ん☆
Takさんが呼んでくれた☆って思います☆手紙を書く婦人と召使〜〜☆ありがとう☆!
rossa | 2008/08/08 7:19 PM
 最後の1枚いよいよ達成ですね。おめでとうございます。至福のひと時をすごして下さい。でも、余計なお世話かもしれませんが、盗難などにあう可能性もあるので、早く行かれて感想を読ませて下さい。楽しみにしています(^_^)。
マンデーブルー | 2008/08/08 8:23 PM
チェックメイトおめでとうございます。すごいですね。最後の1枚が追加で来るなんて・・・。

私は、まだ、9点です。2005年から観始めたので、3年で9枚は出来過ぎですね。

<合奏>は、今、どこにあるのでしょう?個人のコレクターの所にあるんですかね?早く出て来て欲しいですね。

えこう | 2008/08/08 11:11 PM
うわー、読んでいて、胸が熱くなりました。
すごい巡り合わせです。
お仕事頑張ってこられて、よかったですね。
感動の最終回(?)、楽しみにしています!
ogawama | 2008/08/08 11:30 PM
もうすぐですね。(嬉!)
でも、私の場合は、ロンドンが難関だったとは思いもよらなかったです。
私の記憶違いでなければ、昔は、『音楽のレッスン』はウィンザー城にあったような気がします。というより、クイーンズギャラリー自体がウィンザー城の中?大昔(笑)に訪問して観た記憶があります。その後は、バッキンガム宮殿横にあるクイーンズギャラリーの展示場で何度か公開していました。こちらでも何度か観ています。
Slowhand | 2008/08/09 12:04 AM
東京の「フェルメール展」では『手紙を書く婦人と召使』を最後に見てください。
ともみすと | 2008/08/09 12:14 AM
Takさん
こんばんは

よかったですね!!!
読んでてちょっと熱くなりました...(^^)
lysander | 2008/08/09 1:40 AM
@merionさん
こんばんは。

ありがとうございます。
そして今日はばったりお会いできて
びっくりしました!!

イギリスのみですね。
ケンウッドはなんとかなりますが
問題はバッキンガムですね。。。
手ごわいかと。

祝杯あげましょう!

@あおひーさん
こんばんは。

ありがとうございます。

お盆前に観ておきたいと思い
今夜行って来ました。
オリンピックの開会式そっちのけで。

満足満足。
一晩寝て起きたらまた違った感動が!

@はるるどさん
こんばんは。

実は自分も興奮していて
帰国の飛行機の中で一睡もできませんでした。
こんなこと今までありません。
すぐどこでも寝られるはずなのに・・・

イギリスは(特にバッキンガムが)難関ですね。
ただ情報を得ることは事前にできます。

で、祝杯いつあげます!!

@とらさん
こんばんは。

ありがとうございます。
こんな偶然滅多にあるものではありません。
たまにはいいことあるもんです!感謝感謝。

@あべまつさん
こんばんは。

ありがとうございます!

10年越しの恋が実りました。
夢が叶いました。
長いようで短かった10年。
じっくりこれから
ふりかえってみたいと
思っています!

@pandaさん
こんばんは。

こんな上手い具合にことが
運んでいいものか若干
不安になるくらいです。
恐ろしいものです。

>Vermeer巡礼の旅は、恋路に似ています。
そうなんですよね〜
盲目になってしまいますからね。

@すぴかさん
こんばんは。

ありがとうございます!

ほんと神様にでも何にでも
感謝してもしきれない気持ちです。
ろくな働きしてないけど
頑張った甲斐がありました。

瞬間は意外とあっさりしたものでした。
これから徐々にじわじわと実感湧いてくることでしょう。

@rossaさん
こんばんは〜☆

いやいや。。。そうかな〜
初来日ですものね。
rossaさんいつ来られます?

@マンデーブルーさん
こんばんは。

はい。早めに行って来ました。
我慢できない性分なので。
取るもの手につかずの日々から解放されます。

明るく、大きな存在感ある作品でしたよ!

@えこうさん
こんばんは。

ありがとうございます。
ミラクルですね。ほんと。

日本で観られるなんて
良い時代です。しかも
今回は7枚同時ですからね!

「合奏」はついぞ見つかりませんね。
独り占めしている人出して!!

@ogawamaさん
こんばんは。

上野でフィニッシュを迎えるなんて
自分らしいような気がします。
海外じゃ落ち着きませんからね。
感動の最終回は、まさに感動的でした。
文字では表現できませんね。

@Slowhandさん
こんばんは。

ウインザー城に展示したり
バッキンガム宮殿に展示したり
クイーンズギャラリーに展示したりと
年によって変わるそうです。
私の知人も一昨年ウインザー城で
観てきました「音楽のレッスン」
恒常的に見せてくれないのが
女王陛下の気まぐれ?

@ともみすとさん
こんばんは。

はい。そうしてきましたよ!
おかげさまでコンプリートできました。
ありがとうございます。

@lysanderさん
こんばんは。

ありがとうございます。

本当はもっともっと大変でした。。。
でも良かったです。ほんと。
乾杯付き合ってくださいね!
Tak管理人 | 2008/08/09 1:53 AM
完全制覇、本当におめでとうございます。
対決展を観に行ったその日に偉業が達成されていたとは。

「フェルメール全点踏破の旅」の本は、全点といいながら
全作品を観ていないというのがなんだかなーだったのですが、
Takさんは文字通り完全制覇したのですね。

しかも、来るはずの絵が来なくなったら普通は地団駄モノなのに、
代わりに未見の作品が来るとは、仕事をうまく活かしたことといい、
どれだけ運がTakさんに味方しているのかと・・・凄すぎます。

残っている作品数が40点というと少なく感じられますが、
フェルメール展を謳っても単独開催でないどころか
数点しか来ないことが多い中、かなり骨を折られたでしょうから
感慨もひとしおでしょうね。
次なるターゲットは、展覧会会場ではなく所蔵先で観る、でしょうか。
m25 | 2008/08/09 11:32 PM
@m25さん
こんばんは。

「フェルメール全点踏破の旅」でも同じく
最後にロンドンとダブリンが残っていましたね。
一日違いで見逃したことも一緒。
鬼門なのでしょうか。

「絵画芸術」はここ数年かなり各国の
美術館に貸し出しを行っていたので
大丈夫かな〜と思っていた矢先の出来事。
元々状態が良くないと聞いたこともあります。

所蔵美術館で観るのと企画展で観るのでは
雰囲気違いますが、どちらがいいとは判断難しいです。
これからは気張らずにのんびり観て行きたいと思います。
Tak管理人 | 2008/08/11 9:21 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック