青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 銀座でミュシャ・タイル | main | オークションゲーム? >>

上野から七尾へ


石川県七尾市美術館で国宝・松林図屏風「長谷川等伯展」が
4月25日(月)〜5月8日(日)の期日で開催されるそうです。

どうして、石川県?七尾市って??
と思ったらこの街、等伯の生まれた街だそうです。
知らなかった・・・汗

この七尾市美術館、地方の美術館ながら
平成8年から毎年「等伯」展を開催しているそうです。
これまた、知らなかった・・・汗汗

平成8年度「長谷川等伯展−能登から京へ−」
平成9年度「長谷川等伯展−信春から等伯へ−」
平成10年度「長谷川等伯展−仏画から水墨画まで−」
平成11年度「桃山の栄華 長谷川等伯展−国宝「楓図」を中心に−」
平成12年度「長谷川等伯展−妙心寺隣華院「山水図襖」を中心に−」
平成13年度「長谷川等伯シリーズ −長谷川派の絵師たち−」
平成14年度「長谷川等伯展 −妙蓮寺の長谷川派と若き日の等伯−」
平成15年度「長谷川等伯展 −描かれた動物たち−」

今年は、上野の東京国立博物館から
国宝・松林図屏風が初めて展示されるそうです。

上野から七尾へ。
博物館から故郷の地へ。

さて、今回の展覧会の出品作品一覧を見ていたら
なんと、京都市・圓徳院の重要文化財・「山水図襖絵」もリストにありました。

        

この襖絵は臨済宗大徳寺派の総本山・大徳寺三玄院にあったもの。
画像のように桐花紋雲母刷りの唐紙の上に描かれた水墨画です。
どうして、こんな珍しい襖絵が描かれたかというと・・・

大宝円鑑国師行道記』に以下のような記載があるそうです。

大徳寺に等伯は襖絵の揮毫を願いでましたが、
「選仏の場であって風雅の席ではない」と春屋和尚に峻拒されてしまいました。
たまたま春屋和尚が留守の間に来合わせた等伯は、周囲の者の制止も聞かずに
一気呵成に水墨画を描きあがって、
事を成すと無言のまま引き上げてしまったそうです。

恐るべし、等伯。冷や汗

国宝・松林図屏風は、たまに国立博物館でも展示されるので
観られるのですが、「山水図襖絵」は中々観るチャンスにめぐり逢えません。

国宝・松林図屏風と重文・山水図襖絵が同時に4月から石川県で観られます。
贅沢だ〜羨ましいぞーー
長谷川等伯は能登国七尾出身であり、当館では調査・研究はもとより平成8年度より毎年「長谷川等伯シリーズ展」を開催してきました。
 平成17年度は開館10周年、当シリーズ展も10回を迎えます。その記念の年に、日本を代表する各ジャンルの芸術家たちが国宝の中のNO.1に選び、わが国水墨画の最高峰と言われる国宝『松林図屏風』を展覧します。
 所蔵先の東京国立博物館でも3年に1度の公開とされ、地方での展覧は有り得ないとまで言われた名作…等伯の郷里七尾での公開も「恐らく最初で最後」と言われています。14日間だけの特別公開をお見逃しなく。
 また、能登の松林をテーマにした写真公募展も同時開催いたします。
お知らせ | permalink | comments(6) | trackbacks(1)

この記事に対するコメント

Takさん、こんばんは。七尾市美術館には今年、行こうと計画してます。ここは等伯の生地ですから松林図が展示されるのに相応しい所ですね。学芸員の願いがかなって嬉しいでしょう。これに答える東博もエライです。いい話ですね。

3/12から出光美術館ではじまる長谷川等伯展を今から心待ちにしています。
いづつや | 2005/02/09 11:28 PM
@いづつやさん
コメントありがとうございます。
さすが、いづつやさん、石川県まで行きますか!!
「気合」入ってますね。松林図は東博でも中々
展示してくれないので観る機会めったにありません。
それを七尾市まで貸し出すなんて確かにいい話です。
こういう交流って大事ですよね。

出光の等伯展も期待してます。

「山水図襖絵」観たいな〜
Tak管理人 | 2005/02/10 7:58 AM
TBありがとうございました!
七尾の等伯展を既にご存知だったのですね。なのに失礼を
致しました。京都市、圓徳院の重要文化財「山水図襖絵」も
見てまいりました。雲母刷りの上に描くのはなかなか
大変だったろうに、緻密な筆遣いでした。この模様を
雪景色に見立てたとか。ちょっとユーモラスな人だったん
ですね、等伯は。
tomomom | 2005/05/06 4:06 PM
@tomomomさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

失礼なんてとんでもないです。
コメント頂戴して感謝してます。
>圓徳院の重要文化財「山水図襖絵」も見てまいりました
これが一番見たいんです!!!!
羨ましい〜です。

画面や画集でしか見たことないので
是非本物が観たいです。
Tak管理人 | 2005/05/06 11:47 PM
コメントありがとうございます。
ぜひ七尾美術館にもおいで下さい。

と言っている、私も頻繁には行けませんが・・。
近いようで結構遠いのです。
いとお | 2005/05/14 8:41 AM
@いとおさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。

七尾に行くのとセットで
金沢21世紀美術館も行きたいです。
それと富山県立近代美術館も再訪したいです。

美味しい魚介類も食べたいです。。。

きりがない欲望が続きます。
Tak管理人 | 2005/05/14 6:22 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/148
この記事に対するトラックバック
 昨年秋に能登演劇堂 へ行った時、せっかくだからと県七尾美術館 に立寄りましたが、開催していたのが第9回「長谷川等伯 展」でした。  その時に「来年は第10回に当たるし、市町村合併で新七尾市が誕生するのを記念して「松林図屏風」が里帰りする」
国宝「松林図屏風」を見に行く | NPO君日記 | 2005/05/13 2:45 PM