弐代目・青い日記帳 

  
TB&リンク大歓迎です!
「源氏物語の1000年」展
横浜美術館で明日から開催される
特別展「源氏物語の1000年 あこがれの王朝ロマン」のプレスプレビューにお邪魔して来ました。



世の中には「源氏物語」で生業を立てている方、沢山いらっしゃいます。そのような方にとっては、また所謂「源氏物語ファン」にとっては関東では唯一最大の「源氏千年紀のイベント」黙っていても横浜まで足を運ばれることでしょう。

ところが、一般の美術愛好家にとってはどうでしょう?

今年の5月にこの展覧会の記者発表会にお邪魔させて頂き、展覧会の内容について担当者から伺った際には、正直盛り上がりに欠ける展覧会との印象を受けました。それはきっとチラシや公式サイトをご覧になられた方も多かれ少なかれ同じような感触を持たれたはずです。

でも、展覧会はいつもそうであるように、実際に出向いてみないとその良さ(悪さ)を感じ取ることがまず出来ません。半ば駄目もとで、当たって砕けろ的なノリで横浜まで。(雨が降っていたら行かなかったかも…)

で、結果はどうだったのかと言うと。。。

(いつものパターン通り)これが大正解。大当りの展覧会でした。
しかしてその訳は…

この特別展は、全体を通し「源氏物語」にまつわる古美術品がメインであるかのような印象を抱いていましたが、それはあくまでイントロ部分だけで、大半は「源氏絵」と呼ばれる源氏物語の内容や場面を絵画化した屏風絵や浮世絵そして近世の日本画まで、これでもか〜と展示されている点です。

以下掲載している写真は主催者の許可を得て撮影したものです。

展覧会に出かける前のイメージ

国宝「金剛藤原道長経筒」他


賀茂御祖神社古神宝」(御装束)他

中宮彰子に仕えた紫式部が生きた時代のお宝の数々。
当時信仰を集めていた浄土教にまつわる品々や貴族たちが纏っていた装束や「白氏文集」「和漢抄」を始めとした文字もの。確かに歴史的価値のある品々ですが、ダイレクトに「源氏物語」とは結びつけにくいものばかり。

でも、これらは20数点にとどまり、残りの大半は「源氏絵
これがとてつもなく凄い!質、量とも申し分なし!!

あれこれ語らずに展示されている現物を。
因みにここ東博ではありません、横浜美術館です。

まずは、鎌倉時代に作られた現存する最古の絵巻。

国宝「紫式部日記絵巻」(9月6日まで公開)


扇面流貼付屏風」海北友松 室町時代 


第三十四番 若菜上」西村重長「八景 石山秋月」鈴木春信 江戸時代


絵入源氏物語」他 江戸時代


左から「田舎源氏」月岡芳年 「雪月花之内石山寺秋之月」水野年方 
古代模様紫式部」小林清親 全て明治時代


左より「待月」伊藤小坡「紫式部図」上村松園 
紫式部図」菊池契月「紫式部」梥本一洋 大正〜昭和期


源氏物語絵詞」石踊達哉 平成9年

これらは、展示されているものの、ほんの一部に過ぎません。鎌倉時代から平成の世まで綿々と受け継がれてきた源氏絵を横浜美術館で目の当たりに出来るのです。日本美術史を「源氏絵」から読み解くことも可能かと。

これまでは、せいぜい浮世絵止まりだった「源氏絵」の流れを近世絵画まで含めて一挙に公開できるのはコレクションを多く有する横浜美術館ならではの発想。今までになかった源氏展に見事仕上がっています。

今回の展覧会担当学芸員の柏木智雄氏が、以前仰っていたこと思い浮かべました。曰く。1000年もの永きに渡り伝わってきたということは、その時代時代の人々が「残そう」という意識がないと到底無理な話。「源氏物語」にはそれぞれの時代に様々な受け入れられ方をしこの2008年まで残り、今でも尚読まれ続けられているのだと。

時代によって様々な受容があったことは、例えば明治時代以降、特に戦前を顧みるだけでも明らかなこと。天皇を極端に祭り上げていた時代「源氏物語」は異端の書でもあったわけです(天皇家の不義を描いているわけですからね。。。)

描かれた「源氏物語」を会場で読み解く。

こんな知的な楽しみが思う存分楽しめる展覧会なのです。
雨が降ったら行かないつもりでいた自分が愚かでした…反省。

え?それでも、まだ「横浜まではな〜遠いし…」何て思っていらっしゃる方、これなら如何ですか?絶対に見逃せいない作品ですよ。ただし期間限定ですが。


岩佐又兵衛「和漢故事説話図」須磨、浮舟

文春新書から今年発売され売れに売れている辻惟雄先生の「岩佐又兵衛―浮世絵をつくった男の謎」にも当然取り上げられている作品。

須磨
雨風だけでなく、庭の木々や生垣までもが変形し源氏に襲い掛かりそうなオドロオドロシイ様子を描いています。

浮舟
言葉ではとても表せない心の内をそれぞれ抱えた二人。その心情が見事に表現された妖艶な顔。そして黒い月に触手のような木々。

この二枚、会場内でもひと際異彩を放っています。どろり、でろりとした全体の雰囲気。最も妖しい源氏絵ではないでしょうか。でももしかして最も「源氏物語」と目睫の間にある作品かもしれません。

こんな凄い作品まで出ているとは努々考えもしませんでした。
これチラシに使ったら集客力上がると思いますよ〜

ただ、この二点、展示期間が9月6日まで!(これだけの短期間でも、所蔵先の福井県立美術館に懇願しやっと借りることができたそうです。)

急がなくちゃジョギング

それでは最後に「今日の一枚

 
」(大下絵)上村松園

東京国立博物館所蔵の上村松園の名画。
謡曲「葵の上」に想を得て源氏物語に登場する六条御息所の生霊を描く。美人画作家といわれる松園の作品の中では異色の主題。

行かないとまずいでしょ!「源氏物語ファン」ならずとも。

「源氏物語の1000年展」は11月3日までです。

おまけ


「源氏物語絵巻」復元模写として以前テレビでも取り上げられ、展覧会も開催されました。現物見逃した方、ちゃーーんと展示されていますよ。最後の部屋に。

よみがえる源氏物語絵巻 DVD-BOX
よみがえる源氏物語絵巻 DVD-BOX

それでは最後に「今日の美味


横浜ロイヤルパークホテル68階日本料理レストラン四季亭の横浜美術館「源氏物語1000年展」開催記念特別ランチメニュー「源氏遊膳
源氏物語をイメージした焼物八寸、お造りから果物まで、さまざまなお料理を少しずつ楽しめるお膳を特別にご用意いたしました。平安貴族も好んで食したといわれる日本古来の乳製品「蘇」など、平安王朝の雅やかな世界を表現した、繊細で美しいお料理をお楽しみください。
早速食べに行こうと思ったらこれ、明日からの特別メニュー。。。土日も食べられるそうなので次回必ず!

【関連エントリー】
- 弐代目・青い日記帳 | 特別展「源氏物語の1000年」記者発表会
- 弐代目・青い日記帳 | 「源氏物語と和菓子」展
- 弐代目・青い日記帳 | 「よみがえる源氏物語絵巻展」
- 弐代目・青い日記帳 | 「源氏絵―華やかなる王朝の世界―」展
- 弐代目・青い日記帳 | 「王朝の恋―描かれた伊勢物語―」展
- 弐代目・青い日記帳 | 「石山寺と紫式部展」


この記事のURL
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=1496

JUGEMテーマ:アート・デザイン


日本はもとより世界の文学史における名作の一つ「源氏物語」は、「紫式部日記」の記述から、寛弘5年(1008)には宮中で読まれていたことが確認され、物語としてある程度まとまった部分が成立していたと考えられています。したがって、2008年源氏物語が歴史上に登場してちょうど1000年の節目にあたります。その「源氏物語千年紀」を記念し、特別展を開催いたします。

本展では、「源氏物語千年紀」に関連する東日本最大の企画展として、現代にまで至るその「源氏絵」、および源氏物語や紫式部にまつわる絵画を中心に、国宝・重要文化財・重要美術品約20数件を含む豪華絢爛な作品を展観いたします。
| 展覧会 | 23:47 | comments(18) | trackbacks(4) |
わあ♪素晴らしい内容なのですね!
これはやはり…特別ランチとのセットで行かなくては!!!
最高のナビをどうもありがとうございます。
| Ichi-N | 2008/08/30 7:36 AM |

煽ってくださいますね(笑)
9月6日までは仕事で無理なのが悔しいです。
源氏物語という主題をこれだけ広いコンテンツで紹介されると
ムリヤリにも見識が広がされてしまいそうな気がします。
ちょうど父親の見舞いに行く予定があるので、そのついで(?)にぜひ観に行こうと思います。
それまでに源氏物語をざっと読んでおいた方がよいかな・・・
| | 2008/08/30 9:55 AM |

わっ、嬉しい!
これは間に合います。
Takさんがここまで書いていらっしゃる展覧会ですから。
是非参加します・・・・でも、やっぱり人ごみ必須ですよね?!
| OZ | 2008/08/30 6:38 PM |

「絵入源氏物語」
これ見てみたいですね〜
この本が出回ってた当時の様子がうかがえます。
皆さんこういうのをワクワクしながら読んでたんでしょうね。
そうそう!「あさきゆめみし」がアニメ化決定なんですよね。
なんかこの秋は源氏物語読んでみようかしら(もちろん現代語訳ですけどね)
| サッチャン | 2008/08/30 7:42 PM |

ご案内ありがとうございました。
さっそく出かけてきました。
須磨・浮舟は地味なので、多くのお客さんは
すっと見て通り過ぎていました。
私はずっと見とれていました。
ミレイ展にも出かけて、初日の展覧会を二つ
掛け持ちしたのは初めてのことでした。
| 一村雨 | 2008/08/30 8:34 PM |

こんばんは。
この展覧会を見るために?初夏から源氏、頑張って読んでいるところです。色々と引っかかってきて、なかなか前に進みません。
(竹取物語やら、白居易長恨歌やら、雅楽やら・・・)
それにしても、奥深い展覧となっているようですね。
又兵衛源氏に会えるかどうか・・・

濃いレポートありがとうございます。
しかし、驚くほど良く降る雨です。
| あべまつ | 2008/08/30 10:09 PM |

@Ichi-Nさん
こんばんは。

メッセありがとうございます。
ブツお送りしますね。
ランチも食べたかったんですけどね〜

@| | 2008/08/30 9:55 AM | さん
こんばんは。

あまり乗り気でない時に
限り素晴らしかったりするから
困ってしまいます。
源氏物語は54帖読むとなると
大変なことですので。。。
あらすじと言ってもまた大変だし。

@OZさん
こんばんは。

それほど混雑しないのでは?
でも、どうかな〜
テレビとかで紹介すると
あっという間に混雑しますからね。

@サッチャンさん
こんばんは。

「あさきゆめにし」も少しだけ
展示されていましたよ!
友人が源氏で飯食っているので
彼にもぜひとも行ってもらいたと。
橋本治さんの源氏がお勧めです!
秋の夜長に源氏。。。

@一村雨さん
こんばんは。

いえいえ。急かしてすみません。
「被害者」多いようです。

又兵衛は確かに源氏ファンの
好みではないですよね。
スルーされても当然かな。
おかげでゆったりとご覧になれたかと。
昨日遊んでしまった分、今日辛かったです。。。

@あべまつさん
こんばんは。

そろそろ野分のシーズン到来ですね。
その前にでも。

源氏は派生的に広ーーく
様々な分野に飛び火して
困ってしまいます。
民俗学的にとか好きなんですけど
お客さんよべませんよね。。。
| Tak管理人 | 2008/08/30 11:44 PM |

こんにちは。
又兵衛に惹かれて行ってきました。
初日ということもあってか、けっこうな人出でしたが、又兵衛のところは反対側が大きな屏風ということもあってか空いていました。
その前でガラスにはりついて又兵衛はすごいとかつぶやく変な人になってしまいました。
それにしても1週間で展示替えは早すぎです。

冒頭の紫式部(詰め物でのしたかのようなボリューム)、又兵衛の表現力(ちょっと地味だけど)、そして松園の焔(怖い!)がトップ3でした。

若冲、蕭白ときた江戸絵画ブームを次ぐのはやはり又兵衛ですね。洛中洛外図屏風もあるし、浮世絵の始祖というフレーズもあるし。あとは地味な印象を払拭する起爆剤だけですね。
| mizdesign | 2008/08/31 8:01 AM |

また源氏かよー、とスルーするところでした。
情報ありがとうございます。で。
岩佐又兵衛「須磨」「浮き舟」は9月6日(土)までなんですか。
この土曜は雨に負けて家にこもり、
今日は今日とて暑さに負けて家にいて、
貴重な土日をつぶしてしまいました。不覚!
こうなったら金曜日の夜間開館を狙います。
上村松園「焰」も楽しみー。
ふふふ、待ってろ、横浜美術館。←意味なく強気。
| 菊花 | 2008/08/31 7:03 PM |

明日お休みをいただいているのでー医者に行かねばならないのですがー時間に余裕があったら、源氏に、なかったら「ミレイ」に行ってきます。
こうやって展覧会のおおよその内容を行く前に前もって知られるのもネット時代ならではですねー。
岩佐又兵衛にも結構関心があります。
この展覧会NHKプロモーションで招待券募集していたんですよね、応募したけど外れましたがー。
| oki | 2008/08/31 11:32 PM |

初めてコメントさせていただきます!
源氏物語、実は卒論のテーマでした。

気になっていたのですがのんびりしていたら
早くも展示品入れ替えがあるとは・・・(x_x;)

Takさんの熱いコメントよんでやはり、行かねば!!
と思います!
ありがとうございました。
| ココ | 2008/09/01 7:54 PM |

@mizdesignさん
こんばんは。

昨日はお疲れさまでした。

一週間でもやっと借りられたそうですよ。
福井に戻るとフツーに展示されるとのこと。
もったいないですよね〜
ある意味、これだけで目玉になるのに…
(辻先生の講演会とかも)

松園の焔の下絵はある意味
本物よりも鬼気迫るもの感じられますよね。
あれが観られたのは驚きです。

もっともっとうまく宣伝するば
源氏ファンだけでなくアートファンも
きっと大勢足を運ばれる好展覧会かと。

@菊花さん
こんばんは。

横浜美術館がいつもの横浜とは
打って変わって、さながら東博の
ような雰囲気に変身しています。
それもある意味見ものです。

金曜夜間とか確かに
狙い目かもしれませんね。
是非!!

@okiさん
こんばんは。

良い展覧会は出来るだけ多くの方に
ご覧になってもらい、感動を共有したいので
ついつい筆が。。。
チラシなどのオフィシャルなものからは
伝わってこなかった魅力をつらつら書いてみました。

必見です。(次のセザンヌも楽しみなのですが)

@ココさん
こんばんは。はじめまして。
コメントありがとうございます。

卒論で扱われたとなると
テーマを何に絞ったか
どのように設定されたか
気になるところです。

展示替えは日本美術には
つきものなので仕方ないにせよ
もう少し又兵衛展示してもな〜
| Tak管理人 | 2008/09/01 9:04 PM |

岩佐又兵衛の《須磨》と《浮舟》観てきました。
あのように上品なタッチは、浮舟にピッタリだと思いました。須磨は、又兵衛のオドロオドロシイが似合っているかもしれません。
| とら | 2008/09/01 9:10 PM |

@とらさん
こんばんは。

この二枚が観られただけでも
十分に価値ある展覧会でしたね。
「須磨」の方が辻先生好みでしょうか。
| Tak管理人 | 2008/09/01 9:20 PM |

源氏物語の引き目、鉤鼻、この頃の美意識って…、
などど昔は思っておりましたが、
喜怒哀楽、特に恋愛の複雑な想いは、言葉でだって、
簡単にあらわせるものではなく、絵巻の絵も、
読み手に、より深く想像させる為のあえての無表情だと聞き、
日本人の行間や余白を読む心に感心した次第です。
その時代、果たして本当にそこまで狙ったかは判りませんが、
そう捉えるのも興味深いなぁと思いました。
是非、足を運びたい展覧会だと思います!
いつまでたっても色男には翻弄されちゃうのね(>_<)



| nao | 2008/09/05 12:34 PM |

@naoさん
こんばんは。

オダジョー結婚した今
次は誰を狙います?

源氏物語の漫画「あさきゆめみし」が
映画化されるそうです(アニメ化)
これもまた愉しみです。
顔の違いは良く分からないので
声優さんに個性持たせてほしいです。

新日曜美術館で取り上げる前に是非!
| Tak管理人 | 2008/09/05 11:26 PM |

こんばんは。
道長をはじめ、はじめの方は「どこかで見たことが…?」のような展示でしたが、
その後に怒濤のごとく並ぶ源氏絵はさすがに壮観でしたね。
又兵衛は福井に行けば見られるのでしょうか。
急に行きたくなってきました…。

二週目の土曜、午後はまだ余裕がありました。
これからでしょうね。
| はろるど | 2008/09/11 10:01 PM |

@はろるどさん
こんばんは。

この展覧会記事にも書きましたが
正直どうかな〜と思っていました。
きっと他の方々も。。。
しかし行ってみないと分からないものです。
これだけの源氏絵をずらりとそろえてもらうと
その変遷や時代のニーズのようなものも分かります。

トリエンナーレと掛けもちする方は
流石にいないでしょうね。。。
| Tak管理人 | 2008/09/12 6:48 PM |










http://bluediary2.jugem.jp/trackback/1496
源氏物語の1000年ーあこがれの王朝ロマン @横浜美術館
 2008年は源氏物語が歴史上に登場してちょうど1000年の節目にあたるということで開かれた展覧会。 作者の紫式部が当時の文化を背景にして源氏物語を執筆して以来、現在も愛読者が増え続けている。 この展覧会では、現代までにいたるその「源氏絵」、および源氏物語や
| Art & Bell by Tora | 2008/09/01 9:11 PM |
「源氏物語の1000年」 横浜美術館
横浜美術館(横浜市西区みなとみらい3-4-1) 「源氏物語の1000年 - あこがれの王朝ロマン - 」 8/30-11/3 平安時代より現代に至るまでの『源氏絵』を一挙に総覧します。横浜美術館での「源氏物語の1000年」展へ行ってきました。 今年メモリアルを迎えた源氏の展覧
| はろるど・わーど | 2008/09/11 9:53 PM |
源氏物語の1000年 あこがれの王朝ロマン
横浜美で開催中の特別展‘源氏物語の1000年’(8/30〜11/3)への期待はそ
| いづつやの文化記号 | 2008/09/13 10:35 AM |
源氏物語の1000年 あこがれの王朝ロマン
 お待ちかねの大琳派展、本日連続講演会の落選通知が届きました。(涙) 定員380名に対して申込570名とはいえ、2倍を切っていたに...
| 千尋の美術散歩 | 2008/09/24 9:36 PM |
編集・執筆を務めた『カフェのある美術館 素敵な時間を楽しむ』(世界文化社)好評発売中です。


青い日記帳(編集)『美術展の手帖』小学館より発売中です。


青い日記帳「出前ブログ」連載中


gooいまトピ連載中

朝日マリオン・コム「ぶらり、ミュージアム」


山下裕二&井浦新トークショー


青い日記帳コラボグッズ

「展覧会に出かける前に準備しておきたい5つのこと。」

「展覧会を何十倍も楽しむために心がけたい5つの秘訣。」

フェルメールへの招待
國學院大學文学部教授の小池寿子先生監修。不肖私(Tak)が編集と一部執筆しました。詳細はこちら

【展覧会レビュー】
山口晃 平等院養林庵書院奉納襖絵
ゴッホの幻の「ヒマワリ」
黒田記念館リニューアルオープン
日本美術ちらし寿司
「オスカー・ニーマイヤー展」
「ディン・Q・レ展:明日への記憶」
特別展「白鳳」
「森本美由紀展」
「クレオパトラとエジプトの王妃展」
「メカニックデザイナー 大河原邦男展」
「青樹うめ展」開催!
「藤田美術館の至宝 国宝 曜変天目茶碗と日本の美」
「伝説の洋画家たち 二科100年展」
「動きのカガク展」
「ボルドー展」
「シカゴ ウェストンコレクション 肉筆浮世絵」開催!
「芸術の秋」、「琳派の秋」。
特別展「蔵王権現と修験の秘宝」
「teamLab Exhibition, Walk Through the Crystal Universe」
特別展「生命大躍進」
「SHIBUYA」
「琳派と秋の彩り」
「箱根で琳派 大公開〜岡田美術館のRIMPAすべて見せます〜」
あなたは五姓田義松を知っていますか?
「風景画の誕生展」
「国宝 一遍聖絵」が全巻全段展示されます!
美術館でコスプレ!
Ingress(イングレス)でミュージアム巡り。
2015年、都内で観られる西洋絵画の展覧会
プロが選ぶ「2014年 ベスト展覧会」
かみさんが選ぶ「2014年 ベスト展覧会」
2014年 展覧会ベスト10


パリ行って来ました
オランダ行って来ました
 

BLUE HEAVEN(本館)

『文藝春秋』に寄稿しました。

『AERA』に載りました。

「マウリッツハイス美術館展公式ガイドブック」編集・一部執筆しました

「ザ・シネマ」に寄稿しました。

トークショーに出演しました

日経に掲載されました

朝日新聞に掲載されました

再び日経に掲載されました

「美連協ニュース」寄稿

『アートコレクター』で紹介されました

Yahoo!カテゴリ絵画に登録されました

+ CATEGORIES
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
moon phases
 
   
+RECOMMEND
  
ロマネスク美術革命 (新潮選書)
ロマネスク美術革命 (新潮選書) (JUGEMレビュー »)
金沢 百枝
11~12世紀のロマネスクこそは、ヨーロッパ美術を大きく塗りかえる「革命」だった。宮廷文化から民衆文化への流れのなかで、知識より感情を、写実よりかたちの自由を優先する新たな表現が、各地でいっせいに花ひらく。古代ギリシア・ローマやルネサンスだけがスタンダードではない。モダン・アートにも通じる美の多様性を、豊富な図版を例に解きあかす。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
若冲の描いた生き物たち
若冲の描いた生き物たち (JUGEMレビュー »)
小林 忠,小宮 輝之,湯浅 浩史,佐々木 猛智,本村 浩之,秋篠宮 文仁
若冲と学研がコラボした画期的な若冲本!レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
叢 小田康平の多肉植物
叢 小田康平の多肉植物 (JUGEMレビュー »)
小田 康平
「人の間にあるサボテン−自由な美しさ、見たことのないトーン。自然と人との関わり、その不思議を小田康平さんは知っている。とても豊かだ」レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ)
現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿『銀髪の賢者と油之牝狗』(ぎんぱつのけんじゃとあぶらのビッチ) (JUGEMレビュー »)
岡田 裕子,阿部 謙一,松下 学
現代美術家岡田裕子が主宰、会田誠顧問による謎の人形劇団「劇団★死期」の伝説の公演を小説化。アートの知識を楽しく学べる児童文学。

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
名画のネコはなんでも知っている
名画のネコはなんでも知っている (JUGEMレビュー »)
井出 洋一郎
ゴッホ、ミレー、ゴーギャン、ゴヤ、ルノワール、歌麿、北斎、国芳などの天才画家たちの思想を、まさかのネコ目線でひも解く、新感覚な名画解説書。
+RECOMMEND
  
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
美術館で働くということ 東京都現代美術館 学芸員ひみつ日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ) (JUGEMレビュー »)
オノユウリ
アートに囲まれて働く美術館学芸員。優雅な職業のイメージだけど、実際は日々、ドタバタの連続なのです!? 展覧会の舞台裏から、学芸員のお仕事のリアルまで。美術館の知られざる一面を描くコミックエッセイ!
+RECOMMEND
  
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556)
九相図をよむ 朽ちてゆく死体の美術史 (角川選書 556) (JUGEMレビュー »)
山本 聡美
腐敗し白骨化してゆく亡骸の様子を克明に描く「九相図」。仏教とともに伝来し、日本に深く根を下ろしたこの図像には、生と死、そして肉体の無常をめぐるいかなる想いが秘められているのか。豊富な図版とともに探る。
+RECOMMEND
  
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル)
千年の翼、百年の夢 豪華版 (ビッグコミックススペシャル) (JUGEMレビュー »)
谷口 ジロー
ルーヴル美術館とビッグコミックオリジナルの共同企画。オールカラー豪華版。
+RECOMMEND
  
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス)
美術館のなかのひとたち(1) (バンブーコミックス) (JUGEMレビュー »)
黒田 いずま
美術館で働く学芸員の近江さん。個性豊かなメンツが解説、展示、監視などの仕事を通して、日々様々な工夫をしながら楽しく来館者をお出迎えする日常をユーモラスかつ鋭いツッコミで描いた作品。
+RECOMMEND
  
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡
PENTAX Papilio 6.5×21 双眼鏡 (JUGEMレビュー »)

普段は単眼鏡で済ませていますが、どうしても隅々まで観たい作品の場合はこの双眼鏡を使ってます。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書)
西洋美術史入門・実践編 (ちくまプリマー新書) (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
美術史の実践方法が最後にまとめられています!世界が変わる、名画の見方。前作「西洋美術史入門」からさらに一歩奥へ。池上英洋 著

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection)
ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection) (JUGEMレビュー »)
川端 康雄,加藤 明子
夏目漱石をイチコロにしたウォーターハウスの文学性と蠱惑的な魅力を余すところなく紹介!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福
池永康晟画集 君想ふ百夜の幸福 (JUGEMレビュー »)
池永康晟
日本画の異才“池永康晟”がベールを脱ぐ!

レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
すゞしろ日記 弐
すゞしろ日記 弐 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
画家・山口晃のエッセー漫画第2弾。

面白きことも無き世を、面白く!

画家・山口晃の“どーでもいいけど楽しげなこと”満載
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
OLYMPUS ダハプリズム防水単眼鏡 ギャラリースコープ Monocular I 6×16
OLYMPUS ダハプリズム防水単眼鏡 ギャラリースコープ Monocular I 6×16 (JUGEMレビュー »)

観劇・美術鑑賞・セミナーなどの知的シーンや、コンサート会場・ファッションショーなどで大活躍!
軽いのでいつも持ち歩いています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫)
モチーフで読む美術史 (ちくま文庫) (JUGEMレビュー »)
宮下規久朗
宮下規久朗先生の最新刊!絵画に描かれた代表的な「モチーフ」を手掛かりに美術を読み解く、画期的な名画鑑賞の入門書。カラー図版150点を収録した文庫オリジナル。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工
日本美術図解事典―絵画・書・彫刻・陶磁・漆工 (JUGEMレビュー »)

「これ一冊で日本美術を鑑賞する際の知識が全て揃う」
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
アイテムで読み解く西洋名画
アイテムで読み解く西洋名画 (JUGEMレビュー »)
佐藤 晃子
西洋絵画を鑑賞する際に必要となる宗教画,神話画の50のアトリビュートを紹介。ありそうで無かった絵画ファン待望の一冊。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術鑑賞手帳
美術鑑賞手帳 (JUGEMレビュー »)

美術鑑賞の楽しみをさらに広げるこれまでになかった手帳です。ミニガイドと書き込み式の鑑賞の記録ページが一緒に。

自分もお手伝いさせて頂きました。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
画家の食卓
画家の食卓 (JUGEMレビュー »)
林 綾野
画家たちが楽しんだ26のレシピを再現。クレー、フェルメール、セガンティーニ、メムリンクの暮らしと創作現場を巡る旅。
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い
美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い (JUGEMレビュー »)
サンディ ネアン
とかく扇情的に扱われる美術品盗難。だが実際は、麻薬や犯罪に絡む危険な裏社会と結びつく場合が多い。事件に巻き込まれた学芸員の立場からその実態を訴え、問題点を考察する一書。 レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
江戸の献立 (とんぼの本)
江戸の献立 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
福田 浩,松井 今朝子,松下 幸子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻))
日本美術全集2 法隆寺と奈良の寺院 (日本美術全集(全20巻)) (JUGEMレビュー »)
長岡 龍作
法隆寺金堂内陣は、普段は大変暗い上に太い円柱に加え、金網が廻らされており、その詳細はなかなか見ることができません。今までに撮影された写真も鮮明さということでは満足のゆくものではありませんでした。今回は最新の撮影技術により、南面(正面)のみならず、北面(背面)からも撮影。その結果、全く見たことがない写真を目の当たりにすることになりました。仏像の質感と量感、豊かな色彩に感嘆し、感動をおぼえる一冊となっています。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
山口晃 大画面作品集
山口晃 大画面作品集 (JUGEMレビュー »)
山口 晃
8年ぶり、待望の最新作品集。11月26日発売!予約しないと!!

+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本)
運慶: リアルを超えた天才仏師 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
山本 勉,ヤノベ ケンジ,橋本 麻里,みうら じゅん
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
知識ゼロからのキリスト教絵画入門
知識ゼロからのキリスト教絵画入門 (JUGEMレビュー »)
池上 英洋
池上英洋先生が易しく紐解く『聖書』の世界。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
芸術家の家: 作品の生まれる場所
芸術家の家: 作品の生まれる場所 (JUGEMレビュー »)
ジェラール=ジョルジュ ルメール,ジャン=クロード アミエル
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
フェルメールへの招待
フェルメールへの招待 (JUGEMレビュー »)

不肖・私がフェルメール30作品の解説執筆と全体の編集に携わった一冊です。オールカラーB5版。96ページから成る、これまでにないフェルメールパーフェクトガイドです。主に「フェルメール初心者」に向け丁寧に噛み砕いた表現で綴られているので、美術の専門用語を知らずともフェルメール作品について一通りの知識を得ることが出来ます。

お手に取って頂ければ幸甚です。よろしくお願い致します。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件
偽りの来歴 ─ 20世紀最大の絵画詐欺事件 (JUGEMレビュー »)
レニー ソールズベリー,アリー スジョ
来歴さえあれば、たとえ贋作でも「ほんもの」になる。詐欺師は驚くべき方法で美術史を捏造した。美術界を震憾させた事件を追うドキュメンタリー。レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース)
フェルメールの食卓 暮らしとレシピ (講談社ARTピース) (JUGEMレビュー »)
林 綾野
林綾野さんの待望のフェルメール本!レビュー&インタビュー→こちら
+RECOMMEND
  
ヴァチカン物語 (とんぼの本)
ヴァチカン物語 (とんぼの本) (JUGEMレビュー »)
塩野 七生,藤崎 衛,石鍋 真澄
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
野兎の眼
野兎の眼 (JUGEMレビュー »)
松本 典子
レビュー→こちら
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105
Vixen 多機能単眼鏡 マルチモノキュラー4X12 1105 (JUGEMレビュー »)

掌に収まる単眼鏡は、必要なときにサッとポケットなどから取り出して使える便利な、美術館・博物館必須アイテム。
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
+RECOMMEND
  
日本美術のことば案内
日本美術のことば案内 (JUGEMレビュー »)
日高 薫
レビュー→こちら
日本美術鑑賞の際に、よく出てくる言葉を満載。絵画、彫刻、工芸品などの具体的な写真をふんだんに使い紹介
+RECOMMEND
  
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS


このページの先頭へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...