青い日記帳 

TB&リンク大歓迎です!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「ルイ・ヴィトン時空を超える意匠の旅」展 | main | アーキラボ:建築・都市・アートの新たな実験展 1950-2005 >>

2004年開催展覧会入場者ランキング

KUSAMATRlX:草間彌生展 森美術館

▲泪謄ス展 国立西洋美術館

小沢剛展/COLORS展 森美術館

ぢ膠冉酳館の至宝展 神戸市立博物館

ハ史槎撻ロッシング 森美術館

Ρ標のオランダ・フランドル絵画展 東京都美術館

大英博物館の至宝展 福岡市美術館

┘┘襯潺拭璽献緘術館展 江戸東京博物館

パリマルモッタン美術館展 東京都美術館

モネ、ルノワールと印象派展 Bunkamuraザ・ミュージアム

中国国宝展 東京国立博物館

 弘法大師入唐1200年記念
特別展「空海と高野山」 東京国立博物館

東山魁夷展 一ひとすじの道一 横浜美術館

栄光のオランダ・フランドル絵画展 神戸市立博物館

MoMAニューヨーク近代美術館展 森美術館

哀好拭次ΕΕーズ サイエンスアンドアート 国立科学博物館

 「紀伊山地の霊場と参詣道」世界遺産登録記念特別展
院峙Г蠅瞭察禅般遏Ψ野・高野の名宝〜」 大阪市立美術館

嘉貉崖^佚鍵譴劼箸垢犬瞭三譟(叱妨立美術館

灰侫レンツェ〜芸術都市の誕生展 東京都美術館

官濟咳挙 ー〈写生画〉創造への挑戦ー 江戸東京博物館


集計は開催期間が2004年1月1日から12月までに開催された展覧会が対象。
巡回展の場合は、その合計ではなく、あくまでも1会場での入場者数。

森美術館は「MoMAニューヨーク近代美術館展」以外の展覧会チケットは
展望台東京シティービュー入館可のものです。


以上の情報は
(株)生活の友社発行 月刊「MADO美術の窓」2005年2月号からのものです。

2002年、2003年開催展覧会入場者ランキング
こちらのページに数字とともにまとめてあります。
お知らせ | permalink | comments(12) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

Takさん、こんばんは。
ランキング発表されたのですね。

森美術館のセット販売は強いですね。
最近行っていませんが、
まだあの展望台は混雑しているのでしょうか。
(ちなみに私としてはあの展望台からみる東京は冴えない気がします。
台場か国際貿易センターから見る方が好きですね。)

大英博物館は強いですね…。現地が日本人ばかりなのも納得です。(?)

ところで、昨年は現美で「ジブリ」をやったと思うのですが、
ランキングに入っていませんね…。どうなんでしょうか。
長々と失礼しました…。
はろるど・わーど | 2005/02/23 12:46 AM
この雑誌(MADO)は私も立ち読みしました。
草間彌生の一位は驚きました。

森美術館の企画が多いのは展望台とセットにしている
からかしら、という気もしながら、草間の入場者数の
50万人はちょっと凄いですよね...
# あんなに混雑していた東山魁夷でさえ20万なのに...

個人的には草間さんの作品はおっかなく、それはそれ
で悪いとは思わないけれど、みんなああいうのが好き
なんだ...う〜む。
lysander | 2005/02/23 12:51 AM
@はろるど・わーどさん
おはようございます。
「スタジオジブリ立体造形物展」は
2003年開催展覧会入場者数ランキングで
12位に入っていますね。
もっと上かと思いましたが。。。客層が
限られるのでしょうか。やはり。

先日森美術館へ行ってきましたが
混雑していましたよ、展望台兼美術館(^_^;)
このカウントの仕方はないですよね。

展望台から新しい国立美術館やサントリー美術館の
建設予定地が見えました。
六本木も様変わりしますね。

@lysanderさん
おはようございます。
草間展のカウントはあきらかに
展望台のカウントとごちゃごちゃになっている数ですよね。
草間展だけで数えたら50万人なんて
行くはずないです。しかも入館料それなりにしますし。

以前じゅんさんも指摘されていましたが
展望台と美術館のお客さんをエレベーター乗る時や
チケット購入時に一緒に並ばせるので
日曜日などにいくとこの美術館は悲惨です。

アー木ラボ展の感想でもまた書きます!



Tak管理人 | 2005/02/23 8:05 AM
こんばんは。

「RIMPA展」は入ってないんですね、すごく混んでた印象があるのですが・・・。
マティス人気もすごいですね。

余談ですが、森美術館に行く時は、僕はかならず「ぴあ」のチケットを買っていきます。
会期中でもファミリーマートで前売り料金(1200円)で購入できて、なぜか「ぴあ」のチケットは入場待ちの列に並ぶことなく優先的に入れてくれるのです。
ちなみに六本木ヒルズの近くだと、六本木通りを渡って渋谷方面にすこし進んだところにファミリーマートがあります。無論、当日に買っても前売り料金です。

昨年始め、あの「ハピネス展」の90分待ちの行列を一気に追い越す快感は忘れられないです(笑)。

さらに余談、東京ステーションギャラリーのチケットは、すぐそばの「びゅうプラザ」か、もしくは駅構内の「みどりの窓口」で買います。前売り料金(100円安いです)で買うことができます。

ご参考までに。。。
DADA. | 2005/02/23 6:14 PM
森美術館 いろいろクレームをつけながらも,オープニングのハピネス展以以来すべての展覧会を見ています。
六本木クロッシング,小沢剛展などは,質の高い展覧会でした。
はじめは,52階と53階の2フロアが美術館スペースだったのですが,最近,52階はホントに展望台の催事場になってしまいました。学芸員も整理されているとのことです。

DATAさん 有益な情報ありがとうございます。
1500円と1200円じゃ心理的な抵抗感がかなり違います。

入館者数とよい展覧会とは一致しないものですが,マティス展だけは例外。じゅんの2004年癸韻呂海療戸会です。


じゅん | 2005/02/23 8:14 PM
@DADA.さん
こんばんは。
なるほどーーファミマが狙いなのですね。
( ..)φメモメモ

DADA.さんすごく沢山の展覧会いかれているので
こういった点もよく御存知ですね。
展望台組みの横をスルーできるのは幸せですよね。確かに。

たまに、ここのblogでもチケットプレゼント
やってますので、どうぞ御遠慮なくメールして下さい。

ステーションギャラリーの展覧会観に行こうかどうか
迷っています。重そうな展覧会ですよね。。。
(エントリ読ませていただきました)

@じゅんさん
こんばんは。

52階は??ですよね。どうしちゃったのでしょう。
ヴィトン展もまぁそれなりには面白かったのですが…
展望台はなんとかなりませんかね。

アーキラボ展、日曜日に行ってしまったので
展望台見物の人たちと一緒になってしまい
見にくい展示が一層見難く感じました。

ふ〜
Tak管理人 | 2005/02/23 9:49 PM
なんだか意外な気もします・・・
森ですかー、私は目と鼻の先にいながらにしてまったく行く気がしない場所なのですよー。
自分の興味の対象が違うのは仕方ないとして・・・

国立美術館やサントリー美術館が出来たらどうでしょうかね?
Moebon | 2005/02/28 12:36 AM
@Moebonさん
こんばんは。

Moebonさんのテリトリーが次第に
美術マニア?に占領されつつありますね。
森美術館は展望台とセットなので一位なのでしょう。
これしか考えられません。

Moebonさん、近くのオススメのお店
またblogで書いて下さいね!
Tak管理人 | 2005/02/28 9:30 PM
突然の書き込みで失礼します。
美術館の入場者数を知りたくて、検索した結果、ここに辿り着きました。
トップのランキング、誠に勝手ながらとても参考にさせていただきました。ありがとうございます。
Takさんが参考にされた、美術の窓ですが、色々本屋をあたってみたのですが、手に入れることができませんでした。
そこで、もしお力になっていただけるのであれば、ランキングの詳細な人数を教えていただけないでしょうか。
お願いします。
Loco | 2005/07/15 2:11 PM
@Locoさん
こんばんは。

これ、編集者の方に了解得て
さらに原稿のチェックもしてもらい
ミス訂正してから載せています。

http://www.icnet.ne.jp/~take/2002best.html
2002,2003年のものでしたら
ここのページ数字も載せてありますが、
2004年に関しては編集部の了解を得ていませんので
掲載していない次第です。(数字に関して)

本は探せばあると思いますので
メールで後日お知らせできるかと思います。
来週をめどに何とか頑張ります!



Tak管理人 | 2005/07/15 9:29 PM
こういった所に掲載するだけでもやはりきちんと了解を得て掲載されているんですね。何も知らずに無理をお願いしまして、失礼いたしました。
ありがとうございます!!情報、お待ちしておりますので、よろしくお願いします☆
Loco | 2005/07/19 6:36 AM
@Locoさん
こんばんは。

先ほど、ベスト10の入場者数を
メールにて送信させて頂きました。
お役に立てれば光栄です。
Tak管理人 | 2005/07/20 10:31 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bluediary2.jugem.jp/trackback/151
この記事に対するトラックバック